慶長10年

歴史上の偉人

内藤正成(2) – 武将

-内藤正成(2)について- 内藤正成(2)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将。甲斐武田氏、徳川氏の家臣。武田信玄・勝頼・徳川家康に仕えた。 正成は、内藤昌豊の子として生まれた。昌豊は、武田信玄の家臣であり、武田二十四将の一人として知られる。正成もまた、信玄に仕え、数々の戦に参加した。 信玄の死後、勝頼が家督を継ぐと、正成は引き続き勝頼に仕えた。しかし、天正10年(1582年)、織田・徳川連合軍に敗れ、武田氏は滅亡した。 武田氏の滅亡後、正成は徳川家康に仕えた。家康は、正成の武勇を重んじて、家臣として厚遇した。正成は、家康に従って小田原征伐、関ヶ原の戦いに参加した。 関ヶ原の戦い後、正成は常陸国宍戸藩1万石を与えられた。その後、大坂冬の陣、夏の陣にも参加した。 元和9年(1623年)、正成は死去した。享年68。正成の死後、その家督は子の内藤正親が継いだ。
歴史上の偉人

エルナンド デ サン ホセ アヤラ – スペインの宣教師

-布教活動- エルナンド デ サン ホセ アヤラは、1701 年にバハ カリフォルニアに到着し、その後 30 年間をイエズス会宣教師としてそこで過ごしました。彼は厳しい環境の下で宣教活動をし、バハ カリフォルニアに住む先住民の生活を改善するために努力しました。 アヤラは、まず、バハ カリフォルニアの南の方に宣教所を設立し、先住民にキリスト教の教えを伝えました。彼は、先住民の言葉も学び、彼らの文化を尊重しました。また、彼は、先住民に農業や畜産の技術を教えるなど、彼らの生活を改善するための活動も行いました。 アヤラは、バハ カリフォルニアの宣教活動に大きな貢献を果たしました。彼は、10 以上の宣教所を設立し、約 10,000 人の先住民をキリスト教に改宗させました。また、彼は、白人の入植者から先住民を守るために尽力しました。 アヤラは、1736 年にバハ カリフォルニアを離れ、メキシコシティに戻りました。その後、彼は、中央アメリカと南アメリカで宣教活動を行い、1760 年にベネズエラで亡くなりました。 アヤラは、バハ カリフォルニアで宣教活動を行ったイエズス会宣教師の中で、最も重要な人物の一人です。彼は、先住民の生活を改善し、キリスト教の教えを広めるために尽力しました。また、彼は、白人の入植者から先住民を守るために努力しました。アヤラは、バハ カリフォルニアの歴史の中で重要な人物の一人です。
作家

「西山宗因」(1605-1682 江戸時代前期の連歌師,俳人)

西山宗因の生涯 西山宗因は、1605年に近江国大津(現・滋賀県大津市)に生まれ、1682年に京都で没した江戸時代前期の連歌師、俳人です。本名は宗因、号は西山、別号に連歌法師、来山などがあります。 宗因は、幼い頃から連歌を学び、13歳の時に江戸に上り、連歌師として活躍するようになります。その後、京都に戻り、連歌の師匠として多くの弟子を育てました。 宗因は、連歌の大家として知られており、その連歌は、軽妙洒脱でユーモアに富んだ作風でした。また、俳諧の分野でも活躍し、松尾芭蕉に先駆けて、俳諧の革新に取り組みました。 宗因は、1682年、京都で亡くなりました。彼の死後、その連歌と俳諧は、多くの人々に影響を与え、江戸時代の文学に大きな影響を与えました。 宗因の主な著書としては、『西山宗因句集』、『西山宗因連歌集』、『宗因独吟』などがあります。
歴史上の偉人

「多田昌綱」

-関東入国後の役割- 多田昌綱は、文治5年(1189年)、鎌倉幕府の御家人として関東に下向した。彼は、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の信頼が厚く、関東入国後は、頼朝の側近として仕えた。 昌綱は、関東入国後、頼朝の命を受けて、鎌倉の警護を担当した。また、彼は、頼朝の命令を受けて、関東各地を巡視し、治安維持に努めた。昌綱は、頼朝の信頼に応え、関東の治安維持に貢献した。 昌綱は、建久10年(1199年)、頼朝の死後に、頼朝の嫡男である源頼家を助けて、鎌倉幕府の運営に当たった。昌綱は、頼家の側近として、頼家を支えていた。 昌綱は、承久3年(1221年)、承久の乱で、朝廷軍と戦って戦死した。昌綱は、承久の乱で、鎌倉幕府軍の勝利に貢献した。 昌綱は、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の信頼が厚く、関東入国後、頼朝の側近として仕えた。彼は、関東の警護を担当したり、関東各地を巡視して治安維持に努め、頼朝の信頼に応え、関東の治安維持に貢献した。昌綱は、建久10年(1199年)、頼朝の死後に、頼家の側近として、頼家を支えていた。そして、承久3年(1221年)、承久の乱で、朝廷軍と戦って戦死した。昌綱は、承久の乱で、鎌倉幕府軍の勝利に貢献した。
歴史上の偉人

市東刑部左衛門 – 義に生きた悲劇の英雄

-市東刑部左衛門の生涯- 市東刑部左衛門は、江戸時代初期の武士です。1573年、信濃国松本城の城下町に生まれました。幼名は市東亀三郎と言い、父は市東忠吉、母は丸毛重綱の娘です。 亀三郎は、幼い頃から武芸に優れ、特に槍術を得意としました。15歳で元服し、刑部左衛門と名乗ります。 刑部左衛門は、1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康に仕え、武功を挙げて出世します。1615年の大坂夏の陣では、真田信繁の軍勢と戦い、勝利に貢献しました。 その後、刑部左衛門は江戸幕府の旗本となり、1623年には勘定奉行に任命されます。勘定奉行は、幕府の財政を司る重要な役職であり、刑部左衛門は幕府の財政改革に尽力しました。 しかし、刑部左衛門は1627年に失脚し、改易となります。これは、刑部左衛門の財政改革が多くの譜代大名や旗本の反感を買ったためだと言われています。 改易後は、刑部左衛門は浪人となります。そして、1637年に島原の乱が勃発すると、刑部左衛門は幕府軍として島原に派遣されます。 刑部左衛門は、島原の乱で活躍し、一揆勢を鎮圧するのに貢献しました。しかし、刑部左衛門は島原の乱で戦死してしまいます。享年65歳でした。 刑部左衛門は、義に生きた悲劇の英雄として知られています。刑部左衛門の生涯は、幕府の財政改革や島原の乱など、江戸時代の重要な出来事に深く関わっています。
歴史上の偉人

戦国の武将 安藤定実

-安藤定実の生涯- 安藤定実は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。美濃国安藤氏の一族で、安藤守就の長男。幼名は七郎。 1567年、父・守就が岩村城を落とした際に、定実は守備を任された。その後、定実は織田信長の家臣となり、近江国長浜城の城代を務めた。1570年、信長が越前国を手中に収めた際に、定実は越前国大野城の城代となった。 1575年、長篠の戦いで定実は徳川家康の先鋒を務めて武田軍を撃破するなど、武功を挙げた。1582年、本能寺の変で信長が討たれた後、定実は羽柴秀吉に仕えた。1583年、賤ヶ岳の戦いで秀吉が勝利した後、定実は近江国大津城の城代となった。 1585年、定実は九州征伐に参加し、秀吉の軍勢が九州を平定した後、豊後国臼杵城主となった。1592年、文禄の役では、定実は朝鮮半島に出兵し、蔚山城の戦いで明軍を撃退するなどの武功を挙げた。 1598年、定実は病気のため臼杵城で死去した。享年53。定実の死後、その家督は嫡男の安藤重信が継いだ。 定実は、織田信長や豊臣秀吉に仕え、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した名将である。定実は、武勇に優れ、また、知略にも長けた武将であった。定実は、その功績により、多くの領地を与えられた。定実の死後、その家督は嫡男の重信が継いだ。重信は、関ヶ原の戦いで徳川家康に味方し、戦後に大和国郡山藩の藩主となった。
歴史上の偉人

一条昭良 – 江戸前期の公卿

一条昭良の生涯 一条昭良(いちじょう あきたか)は、日本の江戸前期の公卿、歌人。藤原氏一条家当主。官位は従二位権大納言。 一条昭良は、慶長18年(1613年)、一条輝政の四男として京都に生まれる。慶長19年(1614年)、父・輝政が死去し、家督を継いで一条家当主となる。元和9年(1623年)、従五位下侍従に叙任される。寛永4年(1627年)、侍従のまま従四位下に昇叙される。寛永6年(1629年)、侍従を辞して左近衛権少将に転任する。寛永10年(1633年)、権少将を辞して右近衛権中将に転任する。寛永12年(1635年)、権中将を辞して参議に任じられる。寛永13年(1636年)、従三位に昇叙される。寛永15年(1638年)、権中納言に任じられる。寛永17年(1640年)、正三位に昇叙される。寛永20年(1643年)、権大納言に任じられる。正保2年(1645年)、従二位に昇叙される。 一条昭良は、寛永21年(1644年)から寛文11年(1671年)まで、28年間も権大納言の職にあり、朝廷の重要人物として活躍した。また、一条昭良は、歌人としても知られ、勅撰和歌集『新古今和歌集』や『続後拾遺和歌集』などに多くの和歌が入集している。 一条昭良は、寛文11年(1671年)に薨去した。享年59。
歴史上の偉人

ー玄宥(1529-1605 戦国-江戸時代前期の僧)

- 根来をはなれる 玄宥は、永禄6年(1563)の重須城の戦いで織田軍に攻められ、根来寺は焼失し、灰燼に帰しました。玄宥は、根来を離れ、美濃の岩村城に身を寄せました。 岩村城は、斎藤道三の三男・斎藤龍興が城主でしたが、龍興は、織田信長に攻められ、岩村城は落城寸前でした。玄宥は、岩村城の戦いで、龍興を助け、信長の軍勢を撃退しました。 その後、玄宥は、甲斐の武田信玄に仕えました。信玄は、玄宥の武勇を高く評価し、重用しました。玄宥は、信玄の軍勢に従って、各地を転戦し、武功を上げました。 天正10年(1582)、信玄は、病死し、武田家は滅亡しました。玄宥は、武田家を離れ、放浪の旅に出ました。放浪の旅の途中、玄宥は、豊臣秀吉に仕えました。秀吉は、玄宥の武勇を高く評価し、重用しました。玄宥は、秀吉の軍勢に従って、各地を転戦し、武功を上げました。 慶長10年(1605)、玄宥は、京都で亡くなりました。享年77歳でした。玄宥は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した、僧侶であり、武将でした。玄宥は、根来寺の復興に尽力し、武田信玄や豊臣秀吉に仕えて、武功を上げました。玄宥は、戦国時代の動乱を生き抜いた、豪胆な僧侶であり、武将でした。
芸術家

「伝古」

-「伝古の生涯」- 伝古は、江戸時代中期から末期にかけて活躍した浮世絵師です。彼の生涯についてはあまり知られていませんが、作風から推測すると、江戸の下町に生まれ、若くして浮世絵師の弟子入りしたと考えられています。 伝古は、浮世絵のさまざまなジャンルで活躍しましたが、特に美人画を得意としました。彼の美人画は、端正な顔立ちと華やかな衣装で描かれたものが多く、当時の江戸の女性たちの憧れの対象となっていました。 また、伝古は、役者絵や風景画も手がけました。彼の役者絵は、歌舞伎の舞台を写実的に描いたものが多く、当時の歌舞伎の人気役者の姿を今に伝えています。風景画は、江戸の街並みや名所旧跡を描いたものが多く、当時の江戸の生活の様子を垣間見ることができます。 伝古は、浮世絵師として活躍しただけでなく、浮世絵の版元の経営にも携わりました。彼は、江戸の浮世絵版元の中でも最大手の一つであった蔦屋重三郎の経営に加わり、浮世絵の普及に貢献しました。 伝古は、浮世絵師として、版元として、江戸の浮世絵文化の発展に大きく貢献した人物です。彼の作品は、江戸の庶民の生活や文化を伝える貴重な資料として、現在でも高い人気を誇っています。
歴史上の偉人

「加賀殿」

-「加賀殿」とは- 加賀殿とは、加賀藩前田家の藩邸の通称である。江戸城の桜田門外に位置し、現在の東京都千代田区一番町に相当する。加賀藩は加賀国(現在の石川県)を治めた大名で、前田家は加賀藩の藩主を務めた。加賀殿は、前田家の江戸での屋敷であり、前田家の政治・経済・文化活動の中心地として機能していた。 加賀殿は、1603年に前田利長が加賀藩の藩主となった際に、江戸城の桜田門外に屋敷を構えたのが始まりである。その後、利長の息子である前田利常が藩主となった際に、加賀殿は大幅に拡張され、現在の規模となった。加賀殿は、本丸、二の丸、三の丸から構成され、本丸には前田家の居館や政庁が、二の丸には家臣の屋敷や庭園が、三の丸には蔵や馬小屋などが配置されていた。 加賀殿は、江戸城に隣接する場所に位置していたため、加賀藩は江戸幕府の政治や経済に大きな影響力を与えた。また、加賀藩は、前田利常が茶道を奨励したことから、加賀殿は茶道の文化の中心地としても栄えた。加賀殿には、前田利常が自ら設計した「前田家茶室」があり、多くの茶人たちが集まって茶会が行われていた。 明治維新後、加賀藩は廃藩置県となり、加賀殿は政府の手に渡った。その後、加賀殿は、逓信省の建物として使用されたり、東京帝国大学の構内となったりした。現在、加賀殿の跡地には、東京大学法学部や東京大学経済学部などの建物が建っている。