懐良親王

歴史上の人物

菊池武澄 – 南北朝時代の武将

-肥後菊池氏の一族- 菊池武澄は、南北朝時代の九州で活躍した武将です。肥後菊池氏の当主であり、菊池氏の勢力拡大に大きく貢献しました。 肥後菊池氏は、平安時代末期に肥後国(現在の熊本県)に土着した武士団です。鎌倉時代には、菊池氏の本拠地である隈本城(現在の熊本城)を築城し、肥後国の有力な守護大名として君臨しました。 菊池武澄は、菊池氏の第15代当主です。1315年に生まれ、幼名は菊池武政でした。1337年に父である菊池武光が亡くなり、家督を継承しました。菊池武澄は、肥後菊池氏を率いて、南北朝時代の九州の戦乱に参戦しました。 1338年、菊池武澄は、足利尊氏に味方して、九州の南朝軍と戦いました。1339年に、菊池武澄は、足利尊氏から肥後国の守護に任命されました。菊池武澄は、肥後国守護として、南朝軍の侵攻を阻止しました。 1352年、菊池武澄は、足利尊氏から肥後国の守護職を罷免されました。菊池武澄は、足利尊氏に反旗を翻し、南朝軍に味方しました。菊池武澄は、南朝軍の九州総大将として、足利軍と戦いました。 1355年、菊池武澄は、足利軍に敗れて戦死しました。菊池武澄の死後、肥後菊池氏は衰退しました。 菊池武澄は、南北朝時代の九州で活躍した名将です。菊池氏の勢力拡大に大きく貢献し、南朝軍の九州総大将として足利軍と戦いました。菊池武澄の死後、肥後菊池氏は衰退しましたが、菊池氏の血脈は、現在も続いています。
歴史上の人物

河野通尭- 南北朝時代の武将

河野通尭の生き様 河野通尭は、南北朝時代の武将で、伊予国河野氏の第14代当主でした。1330年、河野通村の子として生まれ、幼名は通時でした。 通尭は、1358年に父が没すると、家督を継いで河野氏の当主となりました。当時、伊予国は南朝と北朝の勢力が入り乱れており、通尭は南朝に属して北朝と戦いました。 1362年、通尭は北朝の軍勢を破って、伊予国を平定しました。この功績により、南朝の征西将軍に任命されました。 1369年、通尭は北朝の軍勢に攻められ、伊予国を奪われてしまいました。しかし、通尭は諦めずに南朝に忠誠を尽くし、北朝と戦い続けました。 1373年、通尭は北朝の軍勢を破って、伊予国を奪還しました。この功績により、南朝の征西大将軍に任命されました。 通尭は、1379年に病死するまで、南朝に忠誠を尽くし、北朝と戦い続けました。通尭の死後、河野氏は衰退しましたが、通尭の功績は讃えられています。 通尭は、勇敢で智勇に優れた武将でした。また、家臣や領民を大切にし、人望を集めました。通尭の生き様は、武士の鑑として語り継がれています。
歴史上の人物

大友氏時-南北朝時代の武将

大友氏時の生涯 大友氏時は、南北朝時代の武将。豊後国の守護大名。大友貞宗の子。 氏時は、建武2年(1335年)に生まれました。建武3年(1336年)、父・貞宗が北朝に寝返ったため、後醍醐天皇から豊後国の守護職を剥奪されました。しかし、氏時は南朝に忠誠を誓い、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を奉じて北朝と戦いました。 延元元年(1336年)、氏時は懐良親王を奉じて九州に上陸し、北朝の軍勢と戦いました。しかし、延元3年(1338年)に懐良親王が九州を離れたため、氏時は豊後に帰国しました。 正平2年(1347年)、氏時は再び九州に上陸し、北朝の軍勢と戦いました。正平4年(1349年)には、懐良親王が九州に帰還し、氏時は懐良親王を奉じて九州を転戦しました。しかし、正平6年(1351年)に懐良親王が九州を離れたため、氏時は再び豊後に帰国しました。 正平11年(1356年)、氏時は北朝の軍勢に攻められ、豊後国を追われました。しかし、氏時は諦めずに戦いを続け、正平13年(1358年)に豊後国を奪還しました。 正平19年(1364年)、氏時は北朝の軍勢に攻められ、再び豊後国を追われました。しかし、氏時は諦めずに戦いを続け、正平21年(1366年)に豊後国を奪還しました。 正平23年(1368年)、氏時は北朝の軍勢に攻められ、三度豊後国を追われました。しかし、氏時は諦めずに戦いを続け、正平25年(1370年)に豊後国を奪還しました。 正平27年(1372年)、氏時は68歳で死去しました。氏時は、南朝に忠誠を誓い、最後まで北朝と戦い続けました。
歴史上の人物

「宇都宮隆房」

-# 宇都宮隆房の生涯 宇都宮隆房は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将・豪族。下野国宇都宮氏の第7代当主。宇都宮宗房の嫡男。 頼朝に仕え、寿永4年(1185年)の奥州合戦にも参戦。元暦2年(1185年)に、父宗房が没し、宇都宮氏の家督を継承。文治5年(1189年)には、源頼朝が奥州征伐をした際に、源義経追討の命を請けて武功をあげ、下野国の守護職に任命された。 建久元年(1190年)、頼朝が上洛し、鎌倉幕府を開いた際には、13人の宿老の1人に選ばれた。また、建久4年(1193年)には、征夷大将軍の頼朝に従い、奥州征伐に参加した。 元久元年(1204年)、頼朝が没すると、その遺言により、嫡男の源頼家が家督を継承し、隆房は、頼家の後見役を務めた。しかし、頼家が病弱で、政務を執れない状態が続いたため、隆房は、幕府の実権を握った。 建永2年(1207年)、頼家が、北条時政によって殺害されると、隆房は、幕府の運営を北条氏に委ね、隠居した。 建保元年(1213年)、隆房は、69歳で死去した。 宇都宮隆房は、武勇に優れた武将であり、鎌倉幕府の創設に大きく貢献した人物である。また、隆房は、宇都宮氏の基礎を固め、下野国の有力豪族として、幕府の政権運営に参画した。
歴史上の人物

「志賀頼房」

-南北朝時代の武将- 志賀頼房は南北朝時代の武将です。元弘3年(1333年)、鎌倉幕府打倒に挙兵した足利尊氏に従い、各地を転戦しました。建武の新政が崩壊して南北朝時代に入ると、南朝方に属し、九州や四国で転戦しました。永和元年(1375年)、大内弘世に攻められて戦死しました。 志賀頼房は、優れた軍略家であり、また、和歌にも優れていました。建武の新政が崩壊した際には、南朝の後醍醐天皇を奉じて京都を脱出し、九州に逃れました。九州では、南朝方の武将として、大内弘世や渋川義継らと協力して、北朝方の足利軍と戦いました。 永和元年(1375年)、志賀頼房は、大内弘世に攻められて、筑前国矢矧村で戦死しました。享年43歳でした。志賀頼房の死は、南朝方に大きな痛手となりました。 志賀頼房は、南朝方の武将として、北朝方の足利軍と戦った、忠義に厚い武将でした。また、和歌にも優れており、その作品は『新葉和歌集』や『続後拾遺和歌集』に収められています。
歴史上の人物

– 今岡通任

-今岡通任とは- 今岡通任(いまおかみちつね)とは、平安時代中期の貴族、歌人である。権中納言・源重光の三男として誕生する。官位は従三位・侍従。家集に『今岡侍従集』がある。 今岡通任は、寛弘3年(1006年)に権中納言・源重光の三男として誕生した。母は藤原重頼の娘とされる。幼少期より和歌に親しみ、15歳の時に内裏歌合に出詠して以後、和歌の道に進む。寛仁4年(1020年)に侍従に任官し、その後も順調に昇進して、従三位に至る。 今岡通任は、和歌においても優れた才能を発揮した。彼の和歌は、優美で繊細な作風が特徴であり、当時の歌人から高く評価されていた。また、歌学にも通じており、和歌の批評や指導も行っていた。 今岡通任は、寛徳2年(1045年)に薨去した。享年40。彼の死は、和歌界に大きな衝撃を与え、多くの歌人が彼の死を悼んだ。 今岡通任の和歌は、彼の家集である『今岡侍従集』に収められている。『今岡侍従集』は、全10巻から構成されており、約1,200首の和歌が収められている。彼の和歌は、優美で繊細な作風が特徴であり、当時の歌人から高く評価されていた。 今岡通任は、平安時代中期の貴族、歌人として活躍した。彼の和歌は、優美で繊細な作風が特徴であり、当時の歌人から高く評価されていた。彼の死は、和歌界に大きな衝撃を与え、多くの歌人が彼の死を悼んだ。
歴史上の人物

忽那重勝 – 南北朝時代の武将

-忽那重勝の生涯- 忽那重勝は、南北朝時代の武将です。忽那重信の子として生まれ、父の後を継いで忽那氏当主となりました。鎌倉幕府の御家人として活躍し、元弘の乱では足利尊氏に従って戦いました。尊氏が建武政権に反旗を翻すと、重勝も尊氏に従って戦いました。尊氏が政権を奪取した後、重勝は播磨国守護に任じられました。 重勝は、播磨国守護として、西国の平定に尽力しました。延元2年(1337年)、延元の乱が勃発すると、重勝は征西将軍足利尊氏に従って九州に渡りました。尊氏が帰京した後も、重勝は九州に残り、九州の平定に努めました。延元4年(1339年)、重勝は九州で戦死しました。 重勝は、優れた武将として知られていました。また、和歌にも優れており、彼の和歌は『風雅和歌集』に収められています。重勝の死後、彼の家督は子である忽那重基が継ぎました。 重勝の生涯は、南北朝の動乱の時代を生き抜いた武将の生涯として、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

肥後南朝の中心菊池武朝-九州探題今川貞世と激闘-

-肥後菊池氏惣領として九州南朝方を統率- 菊池武朝は、肥後菊池氏の第11代当主であり、九州南朝方を統率した武将である。武朝は、建武2年(1335年)に菊池氏惣領を継承し、わずか17歳で肥後国司となった。建武3年(1336年)には、足利尊氏軍と戦い、肥後国守護職を奪回した。 その後、武朝は九州南朝方の盟主として、九州各地の南朝勢力を糾合し、九州探題今川貞世の軍勢と激戦を繰り広げた。建武4年(1337年)には、肥後国府を陥落させ、貞世の軍勢を筑後国に撤退させた。また、建武5年(1338年)には、菊池氏の本拠地である菊池郡(現在の熊本県菊池郡)で貞世の軍勢を破り、貞世を九州から逃亡させた。 武朝は、その後も貞世の軍勢と戦い続け、九州南朝方の勢力を拡大した。建武6年(1339年)には、肥後国守護職に任命され、肥後国を完全に掌握した。また、建武7年(1340年)には、九州南朝方の総帥として、貞世の軍勢と九州各地で戦い、貞世の軍勢を筑後国に押し返した。 しかし、武朝は建武7年(1340年)に、貞世の軍勢に敗れて戦死した。武朝の死により、九州南朝方は衰退し、九州は足利氏の支配下に入った。 武朝は、わずか22歳という若さで戦死したが、九州南朝方の盟主として、九州各地の南朝勢力を糾合し、貞世の軍勢と激戦を繰り広げた武将であった。武朝の死により、九州南朝方は衰退したが、武朝の功績は、九州の歴史において重要な意味を持っている。
歴史上の人物

・菊池武光

-# 菊池武光とは 菊池武光(きくち たけみつ、1842年12月2日 - 1914年11月24日)は、日本の元警察官、政治家。警視総監、北海道庁長官、元老、枢密顧問官、貴族院議員、子爵。 菊池武光は、1842年12月2日、肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池郡菊池町)に菊池氏族の菊池武信の長男として生まれた。菊池氏は、肥後国を支配した大名であり、菊池武光は、その家系に生まれた。菊池武光は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。1860年、18歳の時に、江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌は、幕府が運営する最高学府であり、菊池武光は、そこで、朱子学や漢学を学んだ。 1863年、菊池武光は、昌平黌を卒業し、幕府の役人となった。菊池武光は、若くして頭角を現し、1867年、25歳の時に、勘定吟味役に任命された。勘定吟味役は、幕府の財政を監査する役職であり、菊池武光は、この役職で、幕府の財政改革に尽力した。 1868年、戊辰戦争が勃発し、幕府が倒壊した。菊池武光は、新政府に出仕し、1869年、27歳の時に、警視総監に任命された。警視総監は、東京の警察を統括する役職であり、菊池武光は、この役職で、東京の治安維持に尽力した。菊池武光は、警視総監として、警察の近代化を推進し、日本の警察制度の基礎を築いた。 1871年、菊池武光は、北海道庁長官に任命された。北海道庁長官は、北海道を統治する役職であり、菊
歴史上の人物

五条頼治 – 南北朝・室町時代の武将

五条頼治の生涯 五条頼治は、南北朝・室町時代の武将です。五条氏第12代当主。室町幕府の奉公衆、京都奉行、備後守護を歴任しました。 1367年(貞治6年)、五条倫治の子として誕生しました。 1390年(明徳元年)、室町幕府の奉公衆に任命されました。 1399年(応永6年)、京都奉行に任命されました。 1409年(応永16年)、備後守護に任命されました。 1415年(応永22年)、備後守護を辞任しました。 1420年(応永27年)、京都奉行を辞任しました。 1428年(正長元年)、奉公衆を辞任しました。 1430年(正長2年)、死去しました。 五条頼治は、南北朝・室町時代の動乱期に活躍した武将でした。室町幕府の奉公衆、京都奉行、備後守護を歴任し、幕府の安定に貢献しました。
歴史上の人物

「坂口典助」

- 坂口典助の生涯 -幼少期と青年期- 坂口典助は、1859年(安政6年)に、現在の静岡県浜松市に生まれた。父は庄屋、母は農家の娘だった。典助は、幼い頃から頭が良く、読書が好きだった。10歳の時に、寺子屋に入り、漢学や数学を学んだ。15歳の時には、浜松藩校の藩士子弟のために設けられていた、藩校・稽古所に入学し、さらに学問を深めた。 -上京と西洋文明への目覚め- 1875年(明治8年)、典助は上京して、東京外国語学校に入学した。英語やフランス語を学び、西洋の文化や文明に興味を持った。特に、自由と平等を重んじる思想に共感し、次第に欧化思想を強く抱くようになった。 -自由民権運動への参加- 1880年(明治13年)、典助は東京外国語学校を卒業し、新聞記者となった。そして、自由民権運動に参加し、民権派のリーダーとして活躍した。民権派は、政府の専制政治に反対し、国民の権利と自由を求めて闘った。典助は、民権派の機関紙である『自由新聞』に寄稿し、政府を批判するとともに、民権の重要性を訴えた。 -国会議員として- 1890年(明治23年)、典助は、第1回衆議院議員総選挙に立候補して当選し、国会議員となった。民権派の議員として活躍し、政府の政策を批判するとともに、民権の拡大を求めて闘った。また、1898年(明治31年)には、第2代衆議院議長に就任した。 -晩年と死- 1903年(明治36年)、典助は、病気のため、衆議院議長を辞任した。そして、1906年(明治39年)に、東京で死去した。享年47歳だった。 -功績- 典助は、自由民権運動のリーダーとして活躍し、民権の拡大に貢献した。また、国会議員としても活躍し、政府の政策を批判するとともに、民権の拡大を求めて闘った。典助の功績は、日本の近代化に大きく貢献した。
歴史上の人物

村上義弘→ 南北朝時代の海賊大将

村上義弘の生涯 村上義弘は、南北朝時代の海賊大将。伯父は村上吉継。足利尊氏に仕え、九州が南朝に寝返ったことにより、九州に派遣された。その後、九州の守護となった島津貞久を討ち、九州を平定した。しかし、足利直義の謀略により、南朝に寝返った。その後、北朝に寝返り、再度九州を平定した。 村上義弘は、1300年頃、現在の岡山県倉敷市に生まれた。幼名は次郎。伯父である村上吉継に育てられた。村上吉継は、鎌倉幕府の御家人であり、海賊衆を率いて活動していた。 1333年、鎌倉幕府が滅亡すると、村上義弘は足利尊氏に仕えた。足利尊氏は、建武の新政を樹立したが、すぐに南朝と対立した。1336年、足利尊氏は九州に派遣され、南朝と戦った。村上義弘も足利尊氏に従い、九州に渡った。 九州に渡った村上義弘は、南朝の将である菊池武光と戦った。菊池武光は、九州で大きな勢力を持っていたが、村上義弘は菊池武光を破り、九州を平定した。 1339年、足利尊氏は将軍となり、室町幕府を開いた。村上義弘は、室町幕府の御家人となり、九州の守護に任命された。九州の守護となった村上義弘は、九州の統治に努めた。しかし、1343年、足利直義の謀略により、南朝に寝返った。 南朝に寝返った村上義弘は、菊池武光と協力して、足利尊氏と戦った。しかし、1349年、村上義弘は足利尊氏に敗れ、降伏した。降伏した村上義弘は、室町幕府に仕え、九州の平定に努めた。 1361年、村上義弘は死去した。享年62。村上義弘は、南北朝時代の海賊大将として、その名を知られた。
歴史上の人物

「五条頼元」

-五条頼元- -五条頼元の生涯と功績- 五条頼元は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士、公卿です。近衛基通の子として生まれ、母は源頼朝の妹である大姫です。頼朝が鎌倉幕府を開いた後、頼元は朝廷との連絡役として活躍しました。 1185年(文治元年)、頼元は平家一門の壇ノ浦の戦いで戦功を上げ、平家滅亡に貢献しました。この功績により、頼元は右近衛権少将に任命されました。 1189年(建久元年)、頼元は源頼朝が上洛した際に随行し、京都に入りました。頼朝は頼元に朝廷との交渉を任せ、頼元は朝廷と幕府の間の仲介役を務めました。 1192年(建久3年)、頼元は右近衛権中将に任命されました。1199年(正治元年)、頼朝が死去すると、頼元は鎌倉幕府の第2代将軍となった源頼家に仕えました。 1203年(建仁3年)、頼家は和田義盛の反乱により失脚し、頼元は鎌倉幕府を追放されました。頼元はその後、京都に戻って隠棲しました。 1221年(建保9年)、頼元は62歳で死去しました。 頼元は、源頼朝の信頼を得て、朝廷との交渉役として活躍した人物です。頼元の功績により、鎌倉幕府と朝廷の関係が安定し、鎌倉幕府の安定した統治に貢献しました。
歴史上の人物

「赤星武貫」

赤星武貫とは 赤星武貫(あかほしぶかん)は、プロ野球・広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)である。 赤星は、1996年10月24日に鹿児島県志布志市で生まれた。志布志市立志布志中学校時代には、軟式野球部に所属していた。3年時には、主将としてチームを全国大会出場に導いた。 中学卒業後は、鹿児島実業高等学校に進学した。1年時からベンチ入りを果たし、2年秋にはエースとして鹿児島大会決勝まで進出した。3年夏には、夏の甲子園大会に出場した。鹿児島実業は、1回戦で花咲徳栄高等学校(埼玉県)に敗れたが、赤星は先発登板で3回を無失点に抑える好投を見せた。 高校卒業後は、早稲田大学に進学した。1年春からベンチ入りを果たし、2年秋には明治神宮大会に出場した。4年春には、東京六大学野球リーグで優勝を果たし、最優秀選手に選出された。 2019年のドラフト会議で、広島東洋カープから1位指名され、入団した。1年目から一軍で登板し、10勝5敗、防御率2.98の成績を残した。2年目は、15勝6敗、防御率2.50の成績を残し、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得した。3年目は、12勝8敗、防御率2.78の成績を残した。4年目は、13勝7敗、防御率2.65の成績を残した。 赤星は、188cmの長身から投げ下ろす直球と、切れ味鋭いスライダーを武器とする投手である。コントロールが良く、奪三振率が高いことも特徴である。 赤星は、2021年に東京オリンピックの日本代表に選出された。同大会では、4試合に登板し、2勝0敗、防御率0.00の成績を残した。
歴史上の人物

忽那義範 – 南北朝時代の武将

# 忽那義範とは? 忽那義範(くつな よしのり)は、南北朝時代の武将。菊池氏の家臣。肥後国菊池郡河尻城主。菊池武重の曾孫。父は忽那資元。子に忽那義通、菊池武安(菊池武装の父)、菊池武包。義父は菊池武敏。 諱については、義範のほか、範義、義矩、範成、義泰など諸説ある。また、菊池氏の一族であることから、菊池義範とも呼ばれる。 忽那氏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて肥後国菊池郡に勢力を有した豪族。菊池氏の庶流にあたる。忽那義範は、その忽那氏の当主であり、菊池氏の有力な家臣であった。 忽那義範は、元弘3年(1333年)に、鎌倉幕府の倒幕運動に参加。建武政権成立後は、肥後国の守護代に任命された。しかし、建武2年(1335年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、忽那義範は菊池武敏に従って南朝に属した。 南北朝時代を通して、忽那義範は南朝方の武将として活躍。肥後国を中心に転戦し、足利尊氏方の軍勢と戦った。また、菊池武敏の死後は、菊池氏を支え、菊池武重の孫である菊池武光を擁立した。 至徳3年/元中9年(1386年)、忽那義範は、老齢のため、嫡男の忽那義通に家督を譲って隠居した。隠居後は、菊池氏の重臣として、菊池武光を支え続けた。 明徳2年(1391年)、忽那義範は死去。享年72。忽那義範の死後は、その子である忽那義通が忽那氏の当主となり、菊池武光を支え続けた。 忽那義範は、南朝方の武将として活躍し、菊池氏を支えて南朝政権の存続に貢献した。その功績は大きく、南朝史において重要な人物である。