戦場にかける橋

芸能分野の人

– 早川雪洲

ハリウッドで活躍した国際俳優 - 早川雪洲 早川雪洲は、日本の俳優、映画監督であり、ハリウッドで活躍した国際俳優として知られています。1889年(明治22年)に京都で生まれ、1914年(大正3年)にアメリカ合衆国に渡りました。 早川雪洲は、ハリウッドで多くの映画に出演し、その演技力は高く評価されました。1925年(大正14年)に公開された「バグダッドの盗賊」では、アラブの王子を演じて大成功を収めました。その後も、「ベン・ハー」や「風と共に去りぬ」など、数多くの名作に出演しました。 早川雪洲は、ハリウッドで活躍した日本人俳優の第一人者であり、その功績は高く評価されています。1963年(昭和38年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。 早川雪洲の生涯 早川雪洲は、1889年(明治22年)10月14日に京都で生まれました。本名は早川清。父は医師、母は芸妓でした。早川雪洲は、幼い頃から演劇に興味を持ち、1907年(明治40年)に早稲田大学に入学し、演劇部に入部しました。 1914年(大正3年)、早川雪洲はアメリカ合衆国に渡りました。そして、ハリウッドで俳優として活動を開始しました。早川雪洲は、ハリウッドで多くの映画に出演し、その演技力は高く評価されました。1925年(大正14年)に公開された「バグダッドの盗賊」では、アラブの王子を演じて大成功を収めました。その後も、「ベン・ハー」や「風と共に去りぬ」など、数多くの名作に出演しました。 早川雪洲は、ハリウッドで活躍した日本人俳優の第一人者であり、その功績は高く評価されています。1963年(昭和38年)11月28日に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。 早川雪洲の代表作 * バグダッドの盗賊(1925年) * ベン・ハー(1926年) * 風と共に去りぬ(1939年) * 真珠湾攻撃(1970年)