戯作(げさく)者

文学分野の人

初代笠亭仙果:文化文政時代の洒落本・合巻・狂歌の巨匠

-笠亭仙果の生涯と作品- 笠亭仙果は、江戸時代文化・文政期の著名な洒落本・合巻・狂歌作家、俳諧師である。本名は稲垣信賀。1770年に江戸・日本橋で生れ、1832年に江戸で没した。 仙果は、早稲田の原泰蔵に俳諧を学んだ後、1798年(寛政10)年に戯作の印象記『紅団扇』を著し、戯作者としてデビューした。その後、洒落本『可笑記』(1801年)、『豊玉発句帳』(1802年)、合巻『傾城栗毛』(1802年)、『春色梅児誉美』(1804年)、『浮世床』(1809年)、『好色本懐玉の緒』(1815年)などを発表し、洒落本・合巻の第一人者として人気を博した。 仙果の作品は、ユーモアと風刺に富み、当時の庶民の生活や文化を生き生きと描いたものが多い。また、独特の文体や、挿絵に凝った装幀も特徴としている。仙果は、狂歌作家としても知られ、狂歌本『仙果狂歌集』(1810年)などを出版した。 仙果は、文化文政時代の洒落本・合巻・狂歌の巨匠として、江戸庶民の文化に大きな影響を与えた。その作品は、現在でも多くの読者に愛読されている。
文学分野の人

森本東烏と京縫鎖帷子

森本東烏とは 森本東烏は、1869年(明治2年)に高松松平家第15代藩主松平頼聰の四男として生まれました。幼名は頼策(よりかつ)。1888年(明治21年)、東京帝国大学法科大学を卒業後、内務省に入省しました。1893年(明治26年)には、鉄道院に移り、1908年(明治41年)には、鉄道院総裁に就任しました。 鉄道院総裁時代、森本東烏は、日本の鉄道網の整備に尽力しました。また、1910年(明治43年)には、鉄道局が「京縫鎖帷子(きょうぬいぐさりかたびら)」を制定し、鉄道職員の制服としました。 「京縫鎖帷子」とは、平安時代から鎌倉時代にかけて、武士が着用していた鎖帷子の改良型です。胴の部分は、金属製の鎖を細かく編み込んだ鎖帷子で、両脇と袖は、布で作られていました。この鎖帷子は、刀や矢を防ぐことができ、武士にとって重要な防具でした。 森本東烏が「京縫鎖帷子」を鉄道職員の制服に採用したのは、鉄道職員の安全性を高めるためでした。当時、鉄道は、まだ新しい交通手段であり、事故も多かったため、鉄道職員の安全を確保することが重要でした。 「京縫鎖帷子」は、鉄道職員の安全性を高めるのに役立ち、鉄道の発展に貢献しました。また、森本東烏は、日本の鉄道網の整備に尽力し、日本の近代化に大きく貢献しました。
文学分野の人

柳屋菊彦の人物像と作品の特徴 – 江戸時代後期の戯作(げさく)者

-柳屋菊彦の生涯と作風- 柳屋菊彦は、江戸時代後期の戯作者です。本名は、田中勝助。生年は不明ですが、1780年(安永9年)頃に江戸の日本橋魚河岸に生まれ、1847年(弘化4年)に同所で没しました。 菊彦は、10代後半から戯作者として活動を始め、1800年(寛政12年)に初作『鼻紙写(はながみうつし)』を刊行しました。その後、1806年(文化3年)に執筆した『傾城夢売(けいせいゆめうる)』が大ヒットし、一躍人気作家となりました。 菊彦の作品は、町人文化を反映した軽妙な作風が特徴です。また、当時の社会風俗を鋭く描いた作品も多く、庶民の人々の生活をいきいきと描いた作品も数多く残しています。 菊彦は、その作風から「洒落本(しゃれほん)」の祖と称されることもあります。洒落本とは、粋で洒落た口調で書かれた小説の一種で、菊彦の作品はその代表格でした。 菊彦の作品は、当時の庶民の間で親しまれ、広く読まれました。また、後世の作家たちにも大きな影響を与え、江戸文学の発展に貢献しました。 菊彦の代表作としては、以下の作品が挙げられます。 ・傾城夢売(けいせいゆめうる) ・鼻紙写(はながみうつし) ・半七捕物帳(はんしちとりものちょう) ・金魚づくし(きんぎょづくし) ・江戸紫(えどむらさき)
文学分野の人

「夢中夢助」

-「夢中夢助」とは- 「夢中夢助」は、岡本綺堂が1907年に発表した小説「半七捕物帳」の続編である。主人公の半七は、江戸時代の捕物方で、様々な難事件を解決する。本作では、半七が夢の中で事件を解決する話である。 本作は、岡本綺堂が1907年に発表した小説「半七捕物帳」の続編である。主人公の半七は、江戸時代の捕物方で、様々な難事件を解決する。本作では、半七が夢の中で事件を解決する話である。 半七は、ある夜、夢の中で事件に巻き込まれる。夢の中で、半七は、ある男が殺される現場を目撃する。半七は、犯人を追いかけるが、犯人は逃げてしまう。半七は、事件を解決するために、様々な捜査を行う。しかし、捜査は難航し、事件は迷宮入りしてしまう。 ある日、半七は、またもや夢の中で事件に巻き込まれる。夢の中で、半七は、ある女が殺される現場を目撃する。半七は、犯人を追いかけるが、犯人は逃げてしまう。半七は、事件を解決するために、様々な捜査を行う。しかし、捜査は難航し、事件はまたしても迷宮入りしてしまう。 半七は、事件を解決するために、様々な努力を重ねる。しかし、事件は難航し、半七は、ついに夢の中で事件を解決することを諦めてしまう。半七は、夢から醒めた後、事件を解決できなかったことを悔やむ。 しかし、半七は、諦めずに事件を解決するために努力を続ける。半七は、事件の捜査を続け、ついに犯人を逮捕することができた。半七は、事件を解決することができて、安堵する。
文学分野の人

桃華園三千麿 – 江戸時代後期の戯作(げさく)者,狂歌師

-桃華園三千麿の生涯と生い立ち- 桃華園三千麿は、江戸時代後期の戯作(げさく)者、狂歌師です。本名は、高木豊蔵。化政・文政のころに、大坂を中心に洒落本、狂歌本、黄表紙等を多く刊行。小粋で洒脱な作風は「三千麿風」と呼ばれ、江戸時代のみならず現代にいたるまで多くの読者を魅了してきました。 三千麿の生誕地や出生地は不詳ですが、生年は安永4年(1775年)と言われています。幼いころに大坂に移り住み、そこで狂歌を学びはじめました。その後、江戸に出て、洒落本作家としてデビューしました。 三千麿の洒落本は、軽妙洒脱な筆致で、当時の世相や風俗を生き生きと描いています。また、狂歌では、滑稽な句や風刺の効いた句を多く残しました。三千麿の洒脱な作風は、江戸庶民に広く受け入れられ、三千麿は江戸時代の代表的な戯作(げさく)者、狂歌師となりました。 三千麿は、数多くの洒落本、狂歌本、黄表紙等を刊行しました。その代表作として、洒落本『洒落本総籬(そうり)』『錦の御旗(みはた)』、『花街墨染(すみぞめ)桜』、狂歌本『三千麿狂歌集』、『三千麿狂歌合』などがあります。 三千麿は、天保4年(1833年)に亡くなりました。享年59歳でした。三千麿の死は、江戸時代の戯作(げさく)界、狂歌界に大きな衝撃を与え、多くの読者が悲しみにくれました。 三千麿の洒落本、狂歌本、黄表紙等は、江戸時代の庶民の生活や風俗を知るうえで貴重な資料となっています。また、その洒落た作風は、現代の読者にも広く受け入れられています。三千麿は、江戸時代を代表する戯作(げさく)者、狂歌師として、その名を残しています。
文学分野の人

鶯亭金升:明治・大正時代の新聞記者、戯作者の軌跡

-# 新聞記者としての経歴 鶯亭金升は、明治・大正時代の新聞記者であり、戯作者でもありました。1861年、江戸に生まれ、本名は金田信政。金升という号は、鶯の鳴き声にちなむものです。 金升は、1882年に東京日日新聞に入社し、新聞記者としての道を歩み始めます。在職中は、政治や社会問題など幅広い分野の記事を執筆し、その才能を遺憾なく発揮しました。また、金升は、新聞記者として活動する傍ら、戯作にも手を染めており、彼の作品は当時の読者に広く親しまれていました。 1890年、金升は東京日日新聞を退社し、自由民権運動に加わります。そして、1892年に、大阪朝日新聞に入社し、その後、東京朝日新聞の記者として活動しました。東京朝日新聞では、主に政治や社会問題に関する記事を執筆し、その鋭い視点と辛辣な筆致で、当時の社会に大きな影響を与えました。 金升は、1923年に東京朝日新聞を退社し、その後は、戯作に専念しました。彼の作品は、当時の世相を反映しており、人々から大きな支持を集めました。金升は、1931年にこの世を去りましたが、彼の残した作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。
文学分野の人

為永春友(1825-1898)

-為永春友の生涯と経歴- 為永春友(1825-1898)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の政治家、外交官である。第3代、4代、6代駐仏公使、外務卿、文部卿、逓信卿などを歴任した。 春友は、1825年(文政8年)に土佐国香美郡(現在の高知県香美市)に生まれた。父は土佐藩士の為永業直、母は薩摩藩士の娘である。春友は幼少の頃から聡明で、藩校である致道館で学んだ。 1851年(嘉永4年)、春友は藩命により江戸に遊学した。春友は江戸で昌平坂学問所や蕃書調所などで学び、洋学を修めた。1854年(安政元年)、春友は土佐藩の使節としてアメリカ合衆国に渡った。春友はアメリカでアメリカの政治や外交を学び、また、アメリカの文化に触れた。 1856年(安政3年)、春友は帰国して土佐藩の参政に就任した。春友は土佐藩の近代化に尽力し、殖産興業や軍備の整備を進めた。1868年(明治元年)、春友は戊辰戦争に参加し、官軍として戦った。 明治維新後、春友は明治政府に出仕した。春友は外務卿、文部卿、逓信卿などを歴任し、日本の近代化に貢献した。春友はまた、1871年(明治4年)に日本の最初の駐仏公使に任命され、1874年(明治7年)まで駐仏公使を務めた。春友は駐仏公使として、フランス政府との交渉を行い、日仏修好通商条約の締結に尽力した。 1876年(明治9年)、春友は駐仏公使を辞任し、帰国した。春友は帰国後、元老院議官、枢密顧問官などを歴任した。春友は1898年(明治31年)、東京で死去した。
文学分野の人

三亭春馬:江戸時代後期の狂歌師、戯作者

生い立ちと狂歌師としての活動 三亭春馬は、江戸時代後期の狂歌師、戯作者です。1787年(天明7年)、江戸牛込に生まれ、本名は佐藤半次郎。はじめ谷川氏を称し、号は活字亭、のち三亭と改めました。 狂歌は、庶民の間で流行した、風刺や滑稽味を込めた和歌の一種です。春馬は、1806年(文化3年)に狂歌摺物「文武両道」を刊行し、狂歌師としてデビューしました。その後、狂歌摺物を多く刊行し、狂歌師として人気を集めました。1814年(文化11年)には、狂歌集「春馬狂歌集」を刊行し、狂歌師としての一つのピークを迎えました。春馬の狂歌は、滑稽味のあるものが多いですが、社会風刺や政治批判を込めたものもあります。また、春馬は戯作者としても活躍し、1817年(文化14年)には、戯作「野郎風呂」を刊行しました。この作品は、大いに評判となり、春馬は戯作者としても人気を集めました。春馬は、狂歌師、戯作者として江戸の文壇で活躍しましたが、1834年(天保5年)に48歳の若さで亡くなりました。
文学分野の人

【】和祥

-【】和祥- -和祥とは- 和祥とは、日本の伝統的な価値観や文化を大切にし、調和のとれた社会を目指す考え方です。和祥の精神は、日本人の心の原点であると言われています。 和祥の精神は、日本の伝統的な価値観や文化に根ざしています。日本の伝統的な価値観としては、家族を大切にすること、目上の人を敬うこと、助け合うことなどがあります。これらの価値観は、日本人が古くから大切にしてきたものであり、和祥の精神の根幹をなしています。 また、和祥の精神は、日本の伝統的な文化にも根ざしています。日本の伝統的な文化としては、茶道、華道、書道などがあります。これらの文化は、日本の伝統的な価値観を表現したものであり、和祥の精神を理解するための手がかりとなっています。 和祥の精神は、日本人の心の原点と言われています。日本人は古くから、和を重んじてきました。和を重んじるということは、人々と調和のとれた関係を築き、協力して生きていくことを意味します。和祥の精神は、日本人が古くから大切にしている価値観であり、日本人の心の原点となっています。 和祥の精神は、現代社会においても重要な意味を持っています。現代社会は、競争社会であり、人々は常にストレスにさらされています。このような社会において、和祥の精神は、人々に心のゆとりを与え、穏やかな気持ちで過ごすことを可能にします。また、和祥の精神は、人々がお互いに協力し、助け合うことを促し、調和のとれた社会の実現に貢献します。 和祥の精神は、日本の伝統的な価値観や文化に根ざしたものであり、日本人の心の原点と言われています。現代社会においても、和祥の精神は重要な意味を持っており、人々に心のゆとりを与え、穏やかな気持ちで過ごすことを可能にします。また、和祥の精神は、人々がお互いに協力し、助け合うことを促し、調和のとれた社会の実現に貢献します。
歴史上の人物

中井董堂 – 江戸時代後期の書家

-中井董堂の生涯と功績- 中井董堂は、江戸時代後期に活躍した書家である。号は秋巖・深陽堂・懊悩散人など。江戸城下(現・東京都)に生まれ、本姓は浅尾、名は芳秀と称した。 董堂は、幼少期から書を好み、10歳の頃にはすでに書の才能を発揮していたという。18歳の頃には、江戸の書家である亀田鵬斎に師事し、書を学んだ。その後、董堂は江戸城の奥右筆に任命され、幕府の文書や記録の作成などに携わった。 董堂の書は、力強く重厚な風格を備えており、特に楷書と行書を得意とした。董堂は、書を単なる文字の表現だけでなく、自己の思想や感情を表現する手段と捉えており、その作品には、董堂の強い意志と情熱が込められている。 董堂の書は、江戸時代後期に大きな影響を与え、多くの書家に模倣された。また、董堂は、書論も著しており、その中で、書の重要性や書の美しさについて論じている。董堂の書論は、書を学ぶ人々にとって貴重な資料となっている。 董堂は、江戸時代後期の書壇を代表する書家であり、その功績は大きく評価されている。董堂の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、多くの人々に親しまれている。
文学分野の人

– 「歌扇亭三ツ丸」

歌扇亭三ツ丸の生涯 歌扇亭三ツ丸は、本名三村 三郎、1884年(明治17年)3月3日、東京都中央区日本橋に生まれた。 1897年(明治30年)、13歳の時に六代目歌扇亭馬生に入門し、歌扇亭三丸を名乗る。 1907年(明治40年)、23歳の時に真打に昇進し、歌扇亭三ツ丸と改名。 1912年(大正元年)、28歳の時に浅草公園六区に寄席「栄楽館」を開業。 1921年(大正10年)、37歳の時に日本芸術協会の理事に就任。 1931年(昭和6年)、47歳の時に日本芸術院会員に推挙される。 1934年(昭和9年)、50歳の時に文部大臣賞を受賞。 1941年(昭和16年)、57歳の時に日本演芸協会の会長に就任。 1947年(昭和22年)、63歳の時に重要無形文化財保持者に指定される。 1951年(昭和26年)、67歳の時に菊池寛賞を受賞。 1955年(昭和30年)、71歳の時に文化勲章を受章。 1958年(昭和33年)、74歳の時に没した。 歌扇亭三ツ丸は、落語界の重鎮として活躍し、数々の功績を残した。その功績を讃え、1960年(昭和35年)に東京都中央区日本橋に歌扇亭三ツ丸記念碑が建立された。
芸能分野の人

「桜川甚好」

桜川甚好の生涯 桜川甚好(さくらがわ じんこう、1868年(慶応4年)1月1日 - 1939年(昭和14年)2月21日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員、日本劇場社長、東京市会議員、東京府会議員、東京商工会議所会頭などを歴任した。 桜川甚好は、1868年(慶応4年)1月1日に東京府芝区三田小山町(現・東京都港区三田)に生まれた。父は桜川九郎兵衛、母はサカ。1880年(明治13年)に三田小学校を卒業し、1883年(明治16年)に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を卒業した。その後、1885年(明治18年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業し、1887年(明治20年)に三菱合資会社に入社した。 三菱合資会社では、1890年(明治23年)にロンドン支店長に就任し、1892年(明治25年)に帰国した。その後、1893年(明治26年)に日本劇場社長に就任し、1894年(明治27年)に東京市会議員に当選した。1898年(明治31年)には東京府会議員に当選し、1901年(明治34年)には東京商工会議所会頭に就任した。 1902年(明治35年)には衆議院議員に当選し、1904年(明治37年)まで務めた。その後、1906年(明治39年)に再び衆議院議員に当選し、1912年(明治45年)まで務めた。1915年(大正4年)には貴族院議員に勅選され、1925年(大正14年)まで務めた。 桜川甚好は、1939年(昭和14年)2月21日に東京市小石川区大塚坂下町(現・東京都文京区大塚)の自宅で死去した。享年71。
文学分野の人

柳園種春:寛政から明治にかけて活躍した戯作(げさく)者

-柳園種春の生涯- 柳園種春は、寛政から明治にかけて活躍した戯作(げさく)者です。本名は田中茂兵衛といい、享和2年(1802年)に江戸の深川に生まれました。 種春は幼い頃から学問を好み、15歳のときに戯作者の鶴屋南北の門下に入りました。その後、南北の娘のおとまと結婚し、南北の養子となりました。 種春は、南北の死後、戯作者として独立し、多くの作品を発表しました。その作品は、人情本から合戦物、世話物まで幅広く、庶民の生活や風俗をリアルに描いたものが多く、当時の読者に人気を博しました。 種春の代表作には、人情本『春色梅児誉美』『春色辰巳園』など、合戦物『大岡政談』など、世話物『豆腐屋おさん繁昌記』などがあります。 種春は、明治14年(1881年)に東京で亡くなりました。享年80。 種春の作品は、江戸時代の庶民の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっています。また、その作品は、その後の大衆文学にも大きな影響を与えました。
文学分野の人

萩原乙彦(1826-1886) 幕末-明治時代の俳人,戯作(げさく)者

萩原乙彦の生涯 萩原乙彦は、1826年(文政9年)に江戸本郷の家具製造業の家に生まれた。ただし、生まれは、本郷とも芝ともいわれる。生家は、研師町にあった。研師町は、のち、永楽町と改称される。もともと父は、桐生で、呉服屋を営んでいたが、藤山図書助定休の創業した「勤王党」に多数の資金を提供しており、藤山が刑死すると、一家は、江戸に逃れた。乙彦は、幼い頃から頭がよく、学問に優れていた。1838年(天保9年)には、頼山陽の門下に入り、漢学を学んだ。1846年(弘化3年)には、水戸藩の彰考館に入って、日本史を研究した。 乙彦は、もともと漢学の学者として活躍していたが、のちに、戯作(げさく)を書き、俳諧にも精通するようになった。戯作は、江戸時代中期から流行した、滑稽本や読本などの大衆向けの小説である。乙彦の戯作は、当時の社会風刺や人情機微を巧みに描いたもので、多くの人々に読まれた。 1868年(明治元年)に明治維新が起こると、乙彦は、新政府に出仕して、官僚として活躍した。乙彦は、学問に優れ、政治手腕にも長けており、政府のさまざまな改革に貢献した。しかし、1886年(明治19年)に、病気のため、59歳で亡くなった。 乙彦は、戯作(げさく)や俳諧の分野で大きな功績を残した人物である。また、新政府に出仕して、官僚として活躍し、政治手腕にも長けていた。乙彦の死は、日本にとって大きな損失であった。
文学分野の人

鶴鳴堂主人について

-鶴鳴堂主人とは ?- 鶴鳴堂主人は、江戸時代後期に活躍した文人画の画家です。本名は蕭澗、字は松林、号は鶴鳴堂主人です。剃髪後は、一圭と号しました。 鶴鳴堂主人は、1757年に肥前国松浦郡(現在の佐賀県松浦市)に生まれました。父は松浦藩の藩士で、鶴鳴堂主人は幼い頃から絵を学びました。18歳で江戸に出て、谷文晁に師事しました。その後は、京都や大阪に遊学し、南蘋派の画風を学びました。 鶴鳴堂主人は、写生を重視した画風で知られています。花鳥画を得意とし、特に鶏を描くことを好みました。その画風は、写実的で繊細であり、清雅な美しさがあります。 鶴鳴堂主人は、多くの弟子を輩出し、文人画の普及に貢献しました。また、俳諧や和歌にも通じ、文人としても活躍しました。1832年に、76歳で亡くなりました。 鶴鳴堂主人は、江戸時代後期の文人画を代表する画家の一人です。その画風は、写実的で繊細であり、清雅な美しさがあります。また、多くの弟子を輩出し、文人画の普及に貢献しました。
文学分野の人

「五返舎半九」

-五返舎半九の生涯- 五返舎半九は、1765年(明和2年)に江戸で生まれた浮世草子作家、戯作者です。本名は関根金三郎。通称は阿波屋。別号は予行、予明、春朗、喜泉、柳増、其柳、柳ら、柳ら亭、柳生、柳生亭、柳全、方柳軒、方柳家等です。 半九は、幼少期から学問を好み、特に国学に優れていました。しかし、家業の油問屋が倒産したため、浮世草子作家として身を立てることになりました。 半九は、1785年(天明5年)に『傾城絹垣色紙』でデビューし、一躍人気作家となりました。その後も『洒落本春告鳥(しゃれほんはるとり)』、『通言総籬』(つうげんそうがき)、『日本永代蔵』(にほんえいたいぐら)など、多くの傑作を残しました。 半九は、浮世草子と洒落本の第一人者として知られており、その作品は江戸庶民の生活や風俗を生き生きと描いたものが多いです。また、半九は、戯作だけでなく、狂歌や浄瑠璃も手がけており、江戸文化の発展に大きな貢献をしました。 半九は、1831年(天保2年)に66歳で亡くなりました。半九の墓は、東京都墨田区業平にある本所回向院にあります。 -五返舎半九の代表作- * 傾城絹垣色紙 * 通言総籬 * 日本永代蔵 * 洒落本春告鳥 * 浮世床 * 万金丹 * 其磧莠物語 * 翁草 * 鍪鉢磨 * 続浮世床 * 殺生禁断物語 * 小栗判官復仇談 * 文盲訓蒙抄 * 俳諧道指南書 など
文学分野の人

藤寿亭松竹 – 江戸時代後期の戯作者

-生没年と活動時期- 藤寿亭松竹の生没年は不詳です。しかし、彼の活動時期は、江戸時代後期、 genauerには1804年(文化元年)から1830年(天保元年)頃と推定されています。 松竹の活動時期は、江戸戯作界において大きな変化があった時期でした。この時期、それまでの浮世草子に代わって、滑稽本や人情本が人気を博すようになりました。また、従来の上方文化中心の戯作界に、江戸の戯作者たちが進出するようになりました。 松竹は、この新しい時代の戯作者の一人でした。彼は、滑稽本や人情本を中心に執筆し、当時の読者から多くの人気を博しました。また、松竹は江戸戯作界の重鎮的存在でもあり、多くの戯作者と交流がありました。 松竹の最も有名な作品は、やはり滑稽本『浮世風呂』でしょう。この作品は、江戸の町の様子をユーモラスに描いたもので、江戸の人々の生活ぶりを垣間見ることができます。 松竹は、江戸戯作界の黄金期を代表する戯作者の一人でした。彼の作品は、当時の世相や風俗をよく反映しており、貴重な歴史資料となっています。
文学分野の人

芍薬亭長根 – 江戸時代後期の狂歌師・戯作家の生涯

-本阿弥家の系譜と朋誠堂喜三二との出会い- 芍薬亭長根は、本阿弥家の出身である。本阿弥家は、室町時代から続く刀剣鑑定の名家で、長根の父である本阿弥光徳も刀剣鑑定家であった。長根は、幼少の頃から父から刀剣鑑定の知識を学び、その才能を開花させていった。 長根は、18歳のときに江戸に出て、刀剣商として独立した。しかし、長根は刀剣の鑑定だけではなく、狂歌や戯作にも興味を持ち、やがてそれらの創作に没頭するようになった。長根の狂歌や戯作は、江戸の人々から人気を博し、長根は江戸の文壇で活躍するようになった。 長根が江戸に出て間もない頃、朋誠堂喜三二という人物と出会った。喜三二は、江戸の町人であり、狂歌や戯作の愛好家であった。長根と喜三二は、意気投合して親友となり、長根は喜三二の家に寄宿するようになった。 喜三二は、長根の才能を高く評価し、長根の狂歌や戯作の創作を支援した。また、喜三二の長根への援助は金銭面だけではなく、精神面でもあった。喜三二は、長根の相談に乗ってくれたり、長根を励ましたりしてくれた。 長根は、喜三二の支援を受けて、狂歌や戯作の創作に励み、やがて江戸の文壇で第一人者となった。長根の狂歌や戯作は、江戸の人々から愛され、長根は江戸の人々に親しまれる存在となった。
文学分野の人

ー南仙笑楚満人

-南仙笑楚満人の生涯- 南仙笑楚満人(なんせんしょうそまんじん、1879年 - 1958年)は、中国の武術家である。南仙拳の創始者であり、中国武術史上最も重要な人物の一人である。 南仙笑楚満人は、中国福建省の生まれである。幼い頃から武術を学び、1895年に少林寺に入門した。少林寺で6年間武術を学び、その後中国各地を放浪しながら武術の修行を積んだ。 1910年に南仙拳を創始し、中国武術界に大きな衝撃を与えた。南仙拳は、少林拳の技法をベースに、南派武術の技法を取り入れた新しい武術である。南仙拳は、中国武術史上初めて、内功と外功を統合した武術であり、その後の中国武術の発展に大きな影響を与えた。 1920年に南仙武館を設立し、南仙拳の指導を開始した。南仙武館は、中国武術界で最も権威のある武館の一つであり、多くの著名な武術家がこの武館で武術を学んだ。 1958年に死去した。 南仙笑楚満人は、中国武術史上最も重要な人物の一人であり、その武術技術と武術理論は、中国武術の発展に大きな影響を与えた。 南仙笑楚満人の武術技術は、非常に高度で、特に、内功と外功を統合した技法は、中国武術史上初めてのものである。南仙笑楚満人の武術理論は、非常に奥深く、中国武術の根本原理を解説した「南仙拳真伝」は、中国武術の古典の一つである。 南仙笑楚満人は、中国武術界に大きな影響を与えた武術家であり、その武術技術と武術理論は、中国武術の発展に大きな貢献をした。
文学分野の人

花笠文京(初代)

-戯作(げさく)者としての花笠文京- 花笠文京は、江戸時代後期の戯作者である。本名は田中千歳。但馬国豊岡藩士の子として江戸で生まれる。文京は幼い頃から文才に優れており、10代半ばで戯作を書き始める。その後、江戸市中を放浪しながら戯作を書き続け、その数は100編を超える。 文京の戯作は、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多く、ユーモアや風刺に富んでいる。また、社会問題や政治問題を題材にした作品もあり、その鋭い洞察力は当時の知識人から高く評価された。 文京の代表作には、『浮世風呂』、『東海道中膝栗毛』、『色道中膝栗毛』などがある。『浮世風呂』は、江戸市中の銭湯を舞台にした作品で、銭湯に通う人々の様々な人間模様を描いている。『東海道中膝栗毛』は、東海道を旅する弥次さんと喜多さんの珍道中を描いた作品で、庶民の旅情をユーモラスに表現している。『色道中膝栗毛』は、遊女と客の情愛を描いた作品で、当時の遊廓の様子をリアルに伝えている。 文京の戯作は、江戸庶民の生活や風俗を知るための貴重な資料である。また、そのユーモアと風刺は、現代人にとっても十分に楽しめるものである。 文京は、戯作以外にも、狂歌、俳諧、浄瑠璃、浮世絵など、様々な分野で活躍した。まさに、江戸時代のマルチタレントであったと言える。
文学分野の人

鳥亭焉馬(初代)とその生涯 – 狂歌と落語の巨匠

-狂歌師として活躍- 鳥亭焉馬(初代)は、狂歌師としても活躍し、狂名「焉馬」を名乗りました。狂歌とは、滑稽で風刺的な内容の和歌の一種で、江戸時代に庶民の間で流行しました。焉馬は、狂歌師として多くの狂歌を詠み、そのユーモアと機知に富んだ作風で人気を集めました。 焉馬の狂歌の特徴は、社会風刺的な内容が多かったことです。当時の社会情勢を風刺的に詠んだ狂歌を多く詠み、庶民の共感を集めました。また、焉馬は落語家としても活躍していたため、その落語の技法を狂歌にも活かし、ユーモアにあふれた狂歌を詠みました。 焉馬の狂歌は、庶民の間で広く親しまれ、狂歌師としての名声は高まりました。多くの狂歌集にも作品が収録され、江戸時代の狂歌を代表する人物の一人として知られています。 狂歌師としての焉馬の活躍は、当時の社会情勢を反映したものであり、江戸時代の庶民文化を理解する上でも重要な資料となっています。焉馬の狂歌は、ユーモアと機知に富んだ作風で、現代でもなお多くの人々に親しまれています。
文学分野の人

「橋本徳瓶」-江戸時代中期-後期の戯作者

橋本徳瓶の作品「小野小町戯場化粧(かぶきけしょう)」 橋本徳瓶は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した戯作者です。政治や社会風刺を扱った作品が多く、その作品は庶民に人気を博しました。 橋本徳瓶の代表作の一つが「小野小町戯場化粧」です。この作品は、小野小町が歌舞伎役者に化粧を施すという内容です。小野小町は、平安時代前期の歌人で、その美しさで知られています。歌舞伎役者は、小野小町に化粧を施してもらうことで、より美しくなり、舞台で活躍できるようになります。 「小野小町戯場化粧」は、橋本徳瓶の他の作品と同様に、政治や社会風刺を扱っています。小野小町は、当時の権力者に媚びへつらう役者たちを批判しています。また、歌舞伎役者が、化粧によって美しく見せかけることに対しても批判しています。 「小野小町戯場化粧」は、橋本徳瓶の戯作の代表作の一つです。この作品は、政治や社会風刺を扱っており、当時の庶民に人気を博しました。 「小野小町戯場化粧」のあらすじ 小野小町は、平安時代前期の歌人で、その美しさで知られています。ある日、小野小町は、歌舞伎役者である太郎冠者から化粧を施してほしいと頼まれます。太郎冠者は、小野小町に化粧を施してもらうことで、より美しくなり、舞台で活躍できるようになりたいと考えています。 小野小町は、太郎冠者の頼みを承諾します。小野小町は、太郎冠者に 化粧を施し、太郎冠者はより美しくなります。太郎冠者は、小野小町に感謝し、舞台で活躍できるようになります。 しかし、小野小町は、太郎冠者が美しくなったことで、権力者に媚びへつらうようになります。小野小町は、太郎冠者を批判し、太郎冠者は改心します。 「小野小町戯場化粧」は、小野小町と太郎冠者の交流を通じて、政治や社会風刺を扱った作品です。この作品は、当時の庶民に人気を博しました。
文学分野の人

玉虹楼一泉 – 江戸時代後期の戯作者

玉虹楼一泉 - 江戸時代後期の戯作者 玉虹楼一泉の生涯 玉虹楼一泉(たまこうろういっせん)は、江戸時代後期の戯作者、狂歌師です。本名は大森眞次。通称は伊織。寛政3年(1791年)に江戸で生まれ、天保5年(1834年)に44歳で没しました。 一泉は若くして狂歌を学び、文政年間(1818年~1830年)に狂歌師としてデビューしました。安政2年(1855年)に出版された『狂歌撰』(安政6年)に「玉虹楼一泉狂歌」として作品が掲載されています。また、文化10年(1813年)には浮世草子『書肆雑記』を刊行し、戯作者としての活動も始めました。 一泉の戯作は、江戸の庶民の生活や風俗を描いたものが多く、洒落本や人情本、滑稽本など、幅広いジャンルで活躍しました。代表作には、天保2年(1831年)に出版された洒落本『春駒乗児』(しゅんこうのりこ)や、天保3年(1832年)に出版された人情本『浮世風呂』(うきよぶろ)などがあります。これらの作品は、江戸の庶民の生活や風俗を生き生きと描き、当時の読者に大きな人気を集めました。 一泉は、江戸時代後期の戯作者として、江戸の庶民の生活や風俗を生き生きと描き、当時の読者に大きな人気を集めました。『春駒乗児』や『浮世風呂』などの作品は、現在でも多くの読者に親しまれています。
文学分野の人

– 武内確斎

- 武内確斎 -# 「武内確斎」とは 武内確斎(たけうち かくさい、1743年(寛保3年) - 1811年(文化8年))は、江戸時代後期の医師、蘭学者、本草学者。名は淳、字は景春。号は虚谷、あるいは鶴山、確斎・確庵。 安永7年(1778年)からは、出生地である播磨国太市村(現在の兵庫県揖保郡太市町)に「小銷園」を訪れるようになった平賀源内と交際し、医学・本草学の知識を学んだ。 確斎は、平賀の教えを忠実に守り、後年に平賀が開発した「根切丸」を販売し、多くの利益を得た。 また、確斎は、平賀の著した本草事典『物類品隲』の改訂・補完も行っており、文化3年(1806年)には、『物類品隲』の改訂版である『新編物類品隲』を刊行した。 確斎は、平賀源内の教えに従い、蘭学や本草学を研究する一方、医師としても活躍した。 確斎は、安永9年(1780年)には、播磨国姫路藩の藩医に任命された。 また、確斎は、平賀源内の死後、平賀の遺志を継いで、平賀の著した医学書『三国通覧』の改訂・補完も行い、文化5年(1808年)には、『新編三国通覧』を刊行した。 確斎は、文化8年(1811年)に死去した。 享年69。