戯曲

文学分野の人

「春坡」(⇒下村春坡(しもむら-しゅんぱ))について

-下村春坡の生涯- -下村春坡-は、1832年(天保3年)7月24日、江戸の日本橋に生まれた。本名は下村邦太郎、春坡は号である。父は医師の下村泰助(本名は下村徳郎)、母は神田の紙問屋「神山のち」の娘・豊子である。春坡は幼少の頃より漢学を学び、1847年(弘化4年)に江戸の昌平坂学問所で学び始める。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航し、江戸に大きな衝撃が走る。春坡もこの出来事に大きな影響を受け、西洋の学問に興味を持つようになる。1856年(安政3年)、春坡は昌平坂学問所を退学し、蕃書調所に入学する。蕃書調所は、西洋の学問を学ぶための機関であり、春坡はここで英語、フランス語、ドイツ語を学ぶ。 1860年(万延元年)、春坡は蕃書調所を卒業し、幕府の翻訳官となる。幕府は、西洋の技術を導入するために、多くの翻訳官を雇用しており、春坡もその一人であった。春坡は、西洋の医学、物理学、化学などの書物を翻訳し、幕府の政策立案に貢献した。 1868年(明治元年)、明治維新が起き、徳川幕府が崩壊する。春坡は新政府に仕え、文部省の官吏となる。文部省では、西洋の学問を日本に導入するために、多くの施策を立案し、実施した。春坡は、日本の近代化に大きく貢献した人物の一人である。 1887年(明治20年)、春坡は文部省を退職し、私塾「春坡塾」を創設する。春坡塾は、英語、フランス語、ドイツ語などの西洋の学問を教える私塾であり、多くの学生が学んだ。春坡塾は、日本の近代化に大きな貢献をした教育機関の一つである。 1896年(明治29年)、春坡は死去する。享年65歳であった。春坡は、日本の近代化に大きく貢献した人物の一人であり、その功績は今日でも称えられている。
文学分野の人

村山知義:革新的な劇作家とその歩み

革新の源前衛美術団体マヴォの結成 村山知義の革新的なアプローチは、前衛美術団体マヴォの形成において重要かつ重要な役割を果たしました。このグループは、1923年に東京で村山氏を含む若手芸術家グループによって設立されました。マヴォは「前衛芸術」を意味し、彼らの目標は従来の芸術的慣習に挑戦し、新しい芸術形式を模索することでした。 マヴォのメンバーは、キュビズム、ダダイズム、シュルレアリスムなどの当時の最新の前衛運動に影響を受けていました。彼らはまた、日本伝統の芸術様式にも注目し、日本画の技術と西洋前衛の美学を融合させました。このアプローチは、マヴォの作品の独特のスタイルにつながり、日本の芸術シーンに大きな影響を与えました。 マヴォは、展覧会、出版物、公演を通じて作品を発表しました。彼らの最も重要な展覧会は、1925年に東京で行われた第1回マヴォ展でした。この展覧会は大きな成功を収め、前衛芸術の台頭を告げるものと見なされました。マヴォの出版物は、新しい芸術の理論と実践を推進するのに役立ちました。彼らの最も重要な出版物は、1925年に村山知義が編集した雑誌「マヴォ」でした。この雑誌は、西洋の前衛芸術と日本の前衛芸術を紹介するのに役立ちました。 マヴォは、1929年に解散しました。しかし、このグループは日本の前衛芸術の発展において重要な役割を果たしました。マヴォのメンバーは、新しい芸術形式を模索し、芸術における国境を押し広げることを恐れずに、日本芸術シーンに大きな影響を与えました。 マヴォは、村山知義の革新的なアプローチの重要な側面であり、彼の後の演劇作品の発展に重要な影響を与えました。マヴォを通じて、村山氏は前衛芸術の最新のトレンドに触れ、彼の演劇作品に新しいアイデアを取り入れることができたのです。
文学分野の人

成瀬無極 – ドイツ文学者として活躍した人物

- 成瀬無極の生い立ちと経歴 成瀬無極は、1875年1月15日、熊本県熊本市に生まれました。成瀬家は、熊本藩の藩士の家柄で、父・成瀬董は、肥後藩の藩校・時習館の教授を務めました。無極は、幼少期から漢学や国学を学び、1892年に熊本県立中学を卒業しました。 中学卒業後は、上京して東京専門学校(現早稲田大学)に進学し、1896年に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学文科大学ドイツ文学科に入学し、1900年に卒業しました。 東京帝国大学卒業後は、第一高等学校の教授を務め、1904年にドイツに留学しました。留学中は、ベルリン大学やミュンヘン大学で学び、1908年に帰国しました。 帰国後は、東京帝国大学文科大学教授に就任し、1922年に東京帝国大学総長に就任しました。総長在任中は、大学の改革に尽力し、1926年に辞任しました。 総長を辞任後は、貴族院議員や学術研究会議委員長など、様々な公職を歴任しました。また、1930年に日本学士院会員に選ばれました。 成瀬無極は、1945年8月15日、熊本市で死去しました。享年70歳でした。
文学分野の人

山城正忠 – 医師でありながら歌人として活躍した沖縄の文豪

-歌人としての人生 与謝野鉄幹・晶子に師事した歌人- 山城正忠は、歌人としての一面も持っていた。与謝野鉄幹・晶子に師事し、アララギ短歌会にも参加していた。正忠が詠んだ歌は、沖縄の自然や風土を題材にしたものが多く、郷土愛に溢れていた。また、恋愛や人生観を詠んだ歌も多く、その率直な表現は読者の共感を呼んだ。正忠の歌は、多くの歌集に収録されており、現在でも多くの歌人や文学研究者に愛読されている。 正忠が歌人として最も脂がのっていた時期は、与謝野鉄幹・晶子に師事していた頃である。正忠は、鉄幹・晶子の歌に衝撃を受け、彼らの指導を受けながら歌を詠むようになった。鉄幹・晶子の指導のもと、正忠は歌の技法を磨き、独自の作風を確立していった。正忠の歌は、鉄幹・晶子の影響を受けて、自由闊達で情熱的なものとなった。正忠は、鉄幹・晶子から多くのことを学び、歌人として大きく成長したのである。 正忠は、アララギ短歌会に参加していた時期もある。アララギ短歌会は、正岡子規を創始者とする歌人グループである。正忠は、アララギ短歌会に参加することで、他の歌人と交流を深め、歌を詠む技術をさらに磨いていった。正忠は、アララギ短歌会で多くの歌友を作り、歌人としての人脈を広げていった。 正忠が詠んだ歌は、多くの歌集に収録されており、現在でも多くの歌人や文学研究者に愛読されている。正忠の歌は、沖縄の自然や風土を題材にしたものが多く、郷土愛に溢れていた。また、恋愛や人生観を詠んだ歌も多く、その率直な表現は読者の共感を呼んだ。正忠の歌は、時代を超えて人々の心を打つ名歌として語り継がれているのである。
芸能分野の人

寺島アキ子-日本の放送作家

# 寺島アキ子-生涯と作品 寺島アキ子は、日本の放送作家。1927年、東京生まれ。本名は寺島晶子。NHKプロデューサーの夫との子育ての中で、ラジオドラマの台本を書き始め、1960年にNHKラジオドラマの公募に「お父さん、お母さんご苦労様」が選ばれてデビュー。その後、ラジオ、テレビのドラマ、バラエティ番組の台本を多数手がけ、多くのヒット番組を生み出した。 彼女の作品は、日常の生活の中で起こる出来事を題材にしたものが多く、ユーモアと温かみに溢れている。代表作には、ラジオドラマ「アッと驚く為五郎」、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」「北の国から」「家政婦は見た!」などがある。これらの作品は、いずれも高視聴率を記録し、国民的な人気を博した。 寺島アキ子は、1997年に放送文化基金賞を受賞。2008年には、紫綬褒章を受章した。2012年に85歳で死去。 - 寺島アキ子-作品の特徴 寺島アキ子の作品は、以下のような特徴がある。 * 日常の生活の中で起こる出来事を題材にしている。 * ユーモアと温かみに溢れている。 * 登場人物が生き生きと描かれている。 * ストーリーが丁寧につくられている。 * 教訓的な内容が含まれている。 これらの特徴は、寺島アキ子の作品が長年愛され続けている理由である。 - 寺島アキ子-代表作 寺島アキ子の代表作は以下の通りである。 * ラジオドラマ「アッと驚く為五郎」 * テレビドラマ「寺内貫太郎一家」 * テレビドラマ「北の国から」 * テレビドラマ「家政婦は見た!」 これらの作品は、いずれも高視聴率を記録し、国民的な人気を博した。また、これらの作品は、放送文化基金賞や日本放送作家協会賞など、数多くの賞を受賞している。 寺島アキ子は、日本の放送作家として、大きな功績を残した人物である。彼女の作品は、長年愛され続け、今後も多くの人々に感動を与え続けるだろう。
芸能分野の人

演劇史に名を残す演出家・松浦竹夫

松浦竹夫の生い立ちと経歴 演劇史に名を残す演出家・松浦竹夫は、1925年に東京に生まれる。父は演劇評論家で、母は女優という芸術一家に育つ。幼い頃から演劇に親しみ、高校卒業後は新劇団に入団する。 1947年、松浦は新劇団の公演で演出を担当し、これが彼の演出家としてのデビュー作となった。その後、松浦は様々な劇団で演出を手掛けるようになり、その才能を遺憾なく発揮する。 松浦の演出の特徴は、リアリズムと詩情を融合させた独自のスタイルである。彼は、戯曲のテキストを忠実に再現しながらも、そこに独自の解釈と演出を加えることで、新しい命を吹き込むことに成功した。 また、松浦は俳優とのコラボレーションを重視し、俳優の個性を最大限に引き出すことで、作品に深みと説得力を持たせた。 松浦の演出作品は、国内外で絶賛され、多くの賞を受賞した。中でも、1964年に演出した「オイディプス王」は、松浦の代表作として知られている。 松浦竹夫は、日本の演劇界に大きな足跡を残した偉大な演出家である。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

「早坂久子」

-早坂久子の人生と作品- 早坂久子は、1903年(明治36年)1月4日に北海道小樽市に生まれた小説家です。旧姓は谷崎。父は谷崎潤一郎、姉は谷崎 diku子です。 早坂は、幼い頃から文学に親しみ、1921年(大正10年)に東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、翌年には中退し、早稲田大学文学部国文科に編入しました。 早坂は、1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した後、出版社に就職しました。その後、1928年(昭和3年)に小説家・早坂邦太郎と結婚し、1930年(昭和5年)に長女の早坂美智子を出産しました。 早坂は、1932年(昭和7年)に『暦』で芥川賞を受賞しました。この作品は、北海道の田舎町を舞台に、貧しい生活を送る少女の成長を描いたものです。 その後、早坂は『女の宿』『火の鳥』『冬の宿』『渡辺綱』『鳩とその影』『星と祭』『上海の街』など、数多くの小説を発表しました。 早坂の作品は、リアリズムと幻想主義を融合したもので、繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、早坂は、社会問題や女性の生き方にも関心を持ち、作品の中でそれらを取り上げました。 早坂久子は、1980年(昭和55年)7月2日に77歳で亡くなりました。 -主な作品- * 『暦』(1932年) * 『女の宿』(1933年) * 『火の鳥』(1934年) * 『冬の宿』(1936年) * 『渡辺綱』(1937年) * 『鳩とその影』(1938年) * 『星と祭』(1939年) * 『上海の街』(1940年) * 『橋ものがたり』(1941年) * 『春の城』(1942年) * 『秋風吹く』(1943年) * 『冬に流れる川』(1944年) * 『雪の宿』(1945年) * 『晩夏』(1946年) * 『秋雨』(1947年) * 『冬構え』(1948年) * 『暮れ行く秋』(1949年) * 『冬の海』(1950年) * 『春風の宿』(1951年) * 『夏の宿』(1952年) * 『秋の宿』(1953年) * 『冬の宿』(1954年)
文学分野の人

「国枝史郎」

-国枝史郎の生い立ちと経歴- 国枝史郎は、1993年4月15日に東京都八王子市で生まれた。先天性脊髄の病気である「二分脊椎」により、下半身に障害が残る。国枝は幼い頃から車椅子で生活するが、障害を理由に諦めることなく、スポーツに打ち込む。10歳の時に車いすテニスを始め、13歳で全日本選手権で優勝する。その後も順調に力をつけ、2006年にプロ転向。2007年に全米オープンでグランドスラム初優勝を果たし、車いすテニス界のスター選手となる。 国枝は車いすテニス界で数々の記録を樹立している。グランドスラム通算28勝は男子歴代最多であり、年間グランドスラムを2度達成している。また、2012年ロンドンパラリンピック、2016年リオデジャネイロパラリンピックで金メダルを獲得している。 国枝は車いすテニス界のレジェンドとして知られている。その卓越したプレーは世界中のファンを魅了し、車いすテニスの普及にも大きく貢献している。また、国枝は障害を理由に諦めることなく、夢を追いかけ続けた姿は多くの人々に勇気を与えている。 国枝は現在も車いすテニスの第一線で活躍している。2019年に全豪オープンで優勝し、グランドスラム優勝を28回に伸ばした。また、2020年東京パラリンピックでも金メダルを獲得するなど、今もなお世界最高の車いすテニス選手であり続けている。
学術分野の人

田中於菟弥:インド文学の日本への紹介に尽力した学者

-古代インド文化の研究の第一人者- 田中於菟弥は、古代インド文化の研究の第一人者として知られています。彼は、1895年に東京帝国大学文学部インド哲学科を卒業し、1901年に同大学講師に就任しました。その後、1906年に教授に昇進し、1923年に退職するまで務めました。 田中於菟弥は、古代インドの宗教や哲学、文学を研究し、多くの業績を残しました。彼は、1918年に『インド哲学史』を出版し、1928年には『インド文学史』を出版しました。これらの著作は、古代インド文化の研究に大きな影響を与えました。 田中於菟弥は、古代インド文化の研究だけでなく、インド文学の日本への紹介にも尽力しました。彼は、1922年に『インド文学選集』を出版し、1928年には『インド文学史』を出版しました。これらの著作は、日本のインド文学研究の発展に大きく貢献しました。 田中於菟弥は、古代インド文化の研究とインド文学の日本への紹介に尽力した学者として、日本のインド学研究の発展に大きな貢献をしました。
文学分野の人

劇作家・石崎一正の人生と作品

-石崎一正の生涯と経歴- 石崎一正は、1933年(昭和8年)5月15日東京都台東区に生まれる。父は医師、母は婦人科医であった。東京府立第三中学校(現・東京都立上野高等学校)、東京大学文学部社会学科を卒業。在学中の1956年に戯曲「家族会議」が大学の学生新聞に掲載され、翌1957年には、戯曲「船頭深山の夢」が文学座の賞を受賞する。 1960年に劇団「状況劇場」を設立し、代表作である「反逆児」「卒塔婆小町」などを発表。1962年に文学座の会員となり、戯曲「欲望という名の電車」などを演出する。1964年に「獣人」を執筆し、1965年に文学座の賞を受賞。1966年に戯曲「なまず画報」が直木賞候補となり、1967年に戯曲「夜叉ヶ池」が芸術選奨新人賞を受賞する。 1970年に「歪んだ三角形」を執筆し、1971年に「現代演劇の革命」を出版。1972年に戯曲「化物屋敷」が芸術選奨文部大臣賞を受賞。1973年に「夜の女たち」を執筆し、1974年に「現代演劇のマニフェスト」を出版。1975年に「女たちの乱世」を執筆し、1976年に「現代演劇の理論」を出版。1977年に「熱海殺人事件」を執筆し、1978年に「現代演劇の批評」を出版。1979年に「日本近代演劇史」を出版。 1980年に「非国民会議」を執筆し、1981年に戯曲「恋のレッスン」が芥川賞候補となる。1982年に「戦後演劇史」を出版。1983年に「日本演劇史」を出版。1984年に「現代演劇論」を出版。1985年に戯曲「嵐が丘」が芸術選奨文部大臣賞を受賞。1986年に戯曲「マノン・レスコ」が芸術選奨文部大臣賞を受賞。1987年に「現代演劇の展望」を出版。 1988年に「石崎一正戯曲全集」を出版。1989年に「現代演劇の課題」を出版。1990年に「石崎一正演劇論集」を出版。1991年に「現代演劇の系譜」を出版。1992年に「石崎一正演劇全書」を出版。1993年に「現代演劇の思想」を出版。1994年に「石崎一正演劇読本」を出版。1995年に「現代演劇の史料」を出版。1996年に「石崎一正戯曲選集」を出版。 1996年8月1日に脳溢血で死去。享年63歳。
文学分野の人

「水木京太」について

水木京太の生涯 水木京太は、1893年(明治26年)7月17日に、京都府京都市に生まれた。父は水木恵吉、母は水木よし。7人兄弟の末っ子であった。 京太は、1910年(明治43年)に京都府立第一中学を卒業後、1914年(大正3年)に東京帝国大学法科大学に入学した。在学中は、学生運動に参加し、1916年(大正5年)には、第1回メーデーに参加した。 京太は、1918年(大正7年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、弁護士として開業した。同年、社会主義研究会に参加し、1919年(大正8年)には、日本社会主義同盟の結成に参加した。 京太は、1920年(大正9年)に、日本社会主義同盟の機関紙「日本社会主義同盟通信」の編集長に就任した。同年、赤旗事件で逮捕され、懲役1年の判決を受けた。 京太は、1922年(大正11年)に釈放され、その後、日本共産党に入党した。1923年(大正12年)には、日本共産党中央委員に選出された。 京太は、1925年(大正14年)に、治安維持法違反で逮捕され、懲役10年の判決を受けた。1935年(昭和10年)に釈放されたが、その後も、警察の監視下に置かれた。 京太は、1945年(昭和20年)8月15日の日本の敗戦後、日本共産党再建に参加した。1946年(昭和21年)には、日本共産党中央委員に再選された。 京太は、1949年(昭和24年)に、日本共産党中央委員を辞任した。その後、弁護士として活動し、1962年(昭和37年)に、日本社会党に入党した。 京太は、1966年(昭和41年)7月15日に、東京都で死去した。享年73歳。
文学分野の人

「沓掛時次郎」

沓掛時次郎とは 沓掛時次郎は、日本の民話や歌舞伎に登場する架空の人物である。江戸時代の初期、甲州(現在の山梨県)の忍野村で生まれたとされる。本名は不詳だが、幼い頃に住んでいた沓掛村にちなんで「沓掛時次郎」と呼ばれるようになった。 時次郎は幼い頃から武芸に秀で、成人すると各地を放浪しながら旅暮らしをしていた。ある日、時次郎は京都の町で、悪代官の横暴に苦しむ人々を救うために立ち上がった。時次郎は悪代官を倒し、人々から英雄として称えられた。 その後、時次郎は諸国を巡り、各地で悪と戦い、人々を救った。時次郎の活躍は民話や歌舞伎となり、人々に語り継がれるようになった。 沓掛時次郎は、日本の民話や歌舞伎に登場する架空の人物ですが、その活躍は人々に語り継がれ、今もなお愛され続けています。
文学分野の人

北村小松 – 大正-昭和期の脚本家

-北村小松の生い立ちと経歴- 北村小松は、1893年(明治26年)11月3日、愛媛県松山市権現町に、北村猪八の三男として生まれた。幼少期は、伊予鉄筋軌道(現 伊予鉄バス)の創業者である叔父・北村甚右衛門の経営する旅人宿「すずらん」で育った。 北村小松は、松山中学(現 松山東高等学校)に入学後、演劇部に所属し、芝居に親しむ。中学卒業後は、上京して早稲田大学英文科に進学する。早稲田大学在学中には、坪内逍遙の指導を受け、演劇の基礎を学ぶ。一方で、社会主義運動にも関わり、1913年(大正2年)には、社会主義学生同盟に参加する。 1916年(大正5年)、北村小松は、早稲田大学を卒業し、松竹に入社する。松竹には、1921年(大正10年)まで在籍し、多くの映画の脚本を執筆した。1921年(大正10年)、北村小松は、松竹を退社し、フリーランスの脚本家として活動を開始する。1926年(大正15年)、北村小松は、新劇団「築地小劇場」の脚本家として参加する。築地小劇場では、多くの新劇の脚本を執筆し、その才能を発揮した。 1932年(昭和7年)、北村小松は、築地小劇場を退団し、再びフリーランスの脚本家として活動を開始する。1933年(昭和8年)、北村小松は、映画「君と別れて」の脚本を執筆し、これがヒットする。このヒットにより、北村小松は、映画の脚本家として確固たる地位を確立した。1940年(昭和15年)、北村小松は、国民映画製作所(現 日活)に入社する。国民映画製作所には、1945年(昭和20年)まで在籍し、多くの映画の脚本を執筆した。 1945年(昭和20年)、北村小松は、国民映画製作所を退社し、再びフリーランスの脚本家として活動を開始する。1946年(昭和21年)、北村小松は、映画「青い山脈」の脚本を執筆し、これが大ヒットする。このヒットにより、北村小松は、映画の脚本家として不動の地位を確立した。1951年(昭和26年)、北村小松は、映画「麦秋」の脚本を執筆し、これがキネマ旬報ベスト・テン1位に選ばれる。この作品は、北村小松の代表作の一つとして知られている。 北村小松は、1955年(昭和30年)12月27日、東京都世田谷区の自宅で病死する。享年62歳だった。
文学分野の人

菊岡久利 – 孤高のアナーキズム詩人

-生涯と経歴- 菊岡久利は、1900年(明治33年)1月12日、千葉県印旛郡富里村(現・富里市)に生まれた。父は農民、母は主婦だった。菊岡は幼少期から読書に親しみ、特にロシア文学を愛読した。 菊岡は1919年(大正8年)に早稲田大学文学部国文科に入学した。在学中は島崎藤村や武者小路実篤らに師事し、詩作に励んだ。1922年(大正11年)には、詩誌「アナーキスト」を創刊した。 菊岡は大学卒業後、教員として働きながら、詩作を続けた。1926年(昭和元年)には、処女詩集「雑草の歌」を刊行した。この詩集は、社会の不条理を告発し、自由と平等を訴える内容で、大きな反響を呼んだ。 菊岡は1933年(昭和8年)に、アナキズム運動に参加した。アナキズムとは、国家や権威を否定し、自由と平等を希求する思想である。菊岡はアナキズム運動に参加した後、当局から弾圧を受け、何度も逮捕された。 菊岡は1944年(昭和19年)に、特高警察によって逮捕され、拷問を受けた。菊岡は拷問に耐えきれず、ついに転向を表明した。しかし、菊岡は転向後もアナキズム思想を捨てず、密かに活動を続けた。 菊岡は1978年(昭和53年)11月11日に、千葉県富里市の自宅で死去した。享年78歳だった。菊岡の死後、彼の遺稿集「菊岡久利詩集」が刊行された。菊岡の詩は、社会の不条理を告発し、自由と平等を訴える内容で、多くの人々に愛されている。 菊岡久利は、生涯をかけてアナキズム思想を貫いた詩人である。彼の詩は、社会の不条理を告発し、自由と平等を訴える内容で、多くの人々に愛されている。
文学分野の人

坂崎紫瀾-日本ジャーナリズムの創始者

- 坂崎斌から坂崎紫瀾へ - 名前の変遷 坂崎紫瀾は、本名坂崎斌(ばん)である。その名には、どのような経緯があったのだろうか。 斌は、1860年に江戸の麻布に生まれた。父は、幕府の書物御用掛を務めた坂崎紫翠である。紫翠は、紫式部の「源氏物語」にちなんで、息子に「斌」という字を与えた。 しかし、斌は幼少期に父を亡くし、貧しい暮らしを送った。そのため、学費を稼ぐために、14歳の時に新聞記者となった。 新聞記者として働きながら、斌は次第に頭角を現す。そして、1882年には、日本初の新聞小説「金色夜叉」を連載開始した。 「金色夜叉」は、大ヒットとなり、斌の名を一躍有名にした。そして、斌は、それまで使っていた「斌」という字を「紫瀾」に変更した。 「紫瀾」は、紫色の波という意味である。斌は、この字を、父が自分にくれた「斌」という字に、波の字を加えて作った。 紫瀾は、その後も、作家として活動を続け、日本のジャーナリズムの発展に貢献した。そして、1934年に死去するまで、坂崎紫瀾として活躍した。 紫瀾という名は、斌が父への想いを込め、また、波のように世の中の流れを捉えていきたいという願いを込めた名前であった。
文学分野の人

秋浜悟史

秋浜悟史の生涯 秋浜悟史は、1957年8月15日、鹿児島県鹿児島市に生まれる。 1976年、鹿児島県立甲南高等学校を卒業。 1980年、九州大学法学部を卒業。 1982年、司法試験に合格。 1984年、弁護士登録。 1987年、秋浜法律事務所を開設。 1990年、鹿児島県弁護士会会長に就任。 1995年、鹿児島地方裁判所判事に任命される。 2000年、鹿児島地方裁判所所長に就任。 2005年、福岡高等裁判所判事に任命される。 2010年、福岡高等裁判所長官に就任。 2015年、最高裁判事に任命される。 2022年、最高裁判所長官に就任。 秋浜悟史は、2022年現在、最高裁判所長官を務めている。
歴史上の人物

佐野袈裟美:大正-昭和時代前期の社会運動家・評論家

明治19年2月2日生まれの長野県出身の社会運動家・評論家 佐野袈裟美は、明治19年(1886年)2月2日、長野県南安曇郡穂高村(現在の安曇野市穂高)に生まれました。長野県師範学校(現長野大学)を卒業後、小学校教師を務めました。1911年(明治44年)、25歳のとき、社会運動家であり、評論家でもある大杉栄と結婚しました。 大正6年(1917年)に、大杉栄とともに「無産階級新聞」を創刊し、社会主義思想の発展に貢献しました。また、大正9年(1920年)には、大杉栄とともに「労働運動通信社」を創設し、労働運動の支援を行いました。 大正12年(1923年)、関東大震災の際に、大杉栄とともに憲兵隊に逮捕され、虐殺されました。享年37歳でした。 佐野袈裟美は、社会主義思想の普及と、労働運動の発展に尽力した女性社会運動家であり、評論家でした。また、反戦・反軍国主義の活動にも積極的に参加しました。
文学分野の人

木村修吉郎 – 大正-昭和時代の劇作家,小説家

-木村修吉郎の生涯と功績- 木村修吉郎は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した劇作家、小説家です。彼は、1886年(明治19年)に東京に生まれ、早稲田大学大学院を卒業後、劇団「自由劇場」に参加しました。その後、劇団「築地小劇場」の創立に参加し、多くの戯曲を執筆しました。また、小説家として、短編小説や長編小説を執筆しました。木村修吉郎は、1965年(昭和40年)に亡くなりました。 木村修吉郎は、大正-昭和時代の日本の演劇界に大きな影響を与えた劇作家、小説家です。彼は、多くの戯曲を執筆し、その作品は、日本の演劇界の発展に貢献しました。また、小説家としても活躍し、その作品は、日本の文学界の発展に貢献しました。 木村修吉郎の代表作には、戯曲「父帰る」「夜長姫と耳男」「泥人形」「船乗り九平」、小説「海の勇者」「闇に叫ぶ」「裸の町」などがあります。これらの作品は、いずれも、日本の演劇界、文学界の発展に貢献した作品です。 木村修吉郎は、日本を代表する劇作家、小説家の一人であり、その功績は、日本の演劇界、文学界の発展に多大な影響を与えました。
歴史上の人物

 研辰物で知られる研ぎ職人辰蔵

研辰物で知られる研ぎ職人辰蔵 研屋辰蔵の生涯 研辰物で知られる研ぎ職人辰蔵は、1800年(寛政12年)に江戸に生まれた。父は研師であり、辰蔵も幼い頃から研ぎの技術を学んだ。辰蔵は天性の才能に加え、努力を惜しまず、やがて一流の研ぎ師として知られるようになった。 辰蔵は、研ぎの技術に独自の工夫を加え、研辰物と呼ばれる新しい研ぎ方を編み出した。研辰物とは、研ぎ澄まされた刃物のことである。辰蔵の研辰物は、江戸の武士や商人たちに大好評を博し、辰蔵は江戸屈指の研ぎ師として名を馳せた。 辰蔵は、研ぎの技術だけでなく、人柄も優れており、多くの人々に慕われた。辰蔵は、研ぎの技術を惜しみなく教え、多くの人材を育て上げた。辰蔵の弟子の中には、後に一流の研ぎ師となった者も少なくなかった。 辰蔵は、1860年(万延元年)に亡くなったが、辰蔵の研ぎの技術は、弟子たちによって受け継がれ、今日に至るまで脈々と続いてきた。辰蔵の研辰物は、日本の伝統工芸として高く評価されており、世界中の人々から愛されている。 辰蔵は、研辰物の名匠としてだけでなく、人々から慕われた人情家としても知られている。辰蔵は、貧しい人々には無料で研ぎの技術を教え、困っている人々を助けるために常に尽くした。辰蔵の優しさは、江戸の人々に広く知られており、辰蔵は江戸の町民たちから「研辰の辰さん」と呼ばれて親しまれた。 辰蔵は、江戸の庶民文化に大きな影響を与えた人物である。辰蔵의 研辰物は、武士や商人だけでなく、庶民の間でも広く愛され、辰蔵は江戸の町民たちに親しまれた。辰蔵の生涯は、江戸の庶民文化を象徴するエピソードに満ちている。
文学分野の人

絵本作家「木村祐一」の生涯と作品

- 木村祐一の生い立ちと絵本作家になるまでの経歴 木村祐一は、1962年(昭和37年)に北海道釧路市に生まれました。幼い頃から絵を描くことが大好きで、小学生の頃から絵本作家になることを夢見ていました。 高校卒業後は、武蔵野美術大学に進学し、絵画を学びました。大学卒業後は、イラストレーターとして活動を始め、雑誌や広告などの挿絵を手がけました。 しかし、木村祐一は、絵本作家になるという夢を諦めていませんでした。そして、1993年に絵本『はらぺこあおむし』を出版し、絵本作家としてデビューを果たしました。 『はらぺこあおむし』は、カラフルなイラストとシンプルなストーリーで、子供たちから大好評を博し、世界的ベストセラーとなりました。 その後、木村祐一は数多くの絵本を出版し、国内外で多くの賞を受賞しています。その作品は、子供たちの想像力を豊かにし、夢を与えるものとして高く評価されています。 木村祐一は、2018年に56歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に読み継がれています。
文学分野の人

武者小路実篤 – 理想主義に生きた小説家

-武者小路実篤の生涯- 武者小路実篤は、1885年(明治18年)5月10日、東京市麹町区飯田町六丁目(現在の東京都千代田区飯田橋)に、貴族院議員や裁判官などを歴任した武者小路篤敬と、旗本の娘である母・章子の間に生まれた。 実篤は、幼い頃から文学に興味を示し、早稲田大学在学中には、同級生の志賀直哉、里見弴らと「白樺」を創刊(1910年)。「白樺」は、日本の自然主義文学の潮流に反し、理想主義とヒューマニズムを唱え、日本の近代文学に大きな影響を与えた。 実篤は、その後も小説、戯曲、詩歌など幅広い分野で活躍し、1926年(昭和元年)には、自らの理想郷「新しき村」を宮崎県に建設。戦争中には治安維持法違反で投獄され、戦後は、平和運動や原水爆禁止運動に積極的に参加した。 実篤は、1976年(昭和51年)に91歳で亡くなるまで、旺盛な創作活動を続け、2000作品以上を発表した。その作品は、今も多くの人々に親しまれている。 以下、武者小路実篤の生涯をより詳しく見ていこう。 1885年(明治18年) 東京市麹町区飯田町六丁目(現在の東京都千代田区飯田橋)に生まれる。 1906年(明治39年) 早稲田大学英文科に入学。 1910年(明治43年) 「白樺」を創刊。 1919年(大正8年) 「友情」を発表。 1926年(昭和元年) 自らの理想郷「新しき村」を宮崎県に建設。 1940年(昭和15年) 治安維持法違反で投獄される。 1945年(昭和20年) 終戦。 1954年(昭和29年) 文化勲章を受章。 1965年(昭和40年) 「わが師わが友」を発表。 1976年(昭和51年) 91歳で死去。
文学分野の人

詩人・風山瑕生 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した北海道の詩人

-北海道の開拓民として幼少期を過ごす- 風山瑕生(ふうざんかしょう、1921年(大正10年)11月15日 - 2001年(平成13年)4月8日)は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した北海道の詩人。 風山瑕生は、1921年(大正10年)11月15日、北海道札幌市に生まれる。父は、福島県出身の開拓民であり、母は、秋田県出身の農家の娘であった。瑕生は、6人兄弟の次男であり、幼少期は、北海道の開拓民として過ごした。 瑕生は、幼い頃から、自然を愛し、自然の美しさに心を動かされていた。また、瑕生は、読書家で、幼い頃から、多くの本を読み漁っていた。瑕生は、自然と読書を通じて、豊かな感性を育んでいった。 瑕生は、1941年(昭和16年)に、北海道帝国大学文学部に入学した。瑕生は、大学在学中に、詩作を始めた。瑕生の詩は、自然への愛と、人生への洞察に満ちたものであった。瑕生の詩は、多くの読者に共感され、瑕生は、北海道を代表する詩人として知られるようになった。 瑕生は、1945年(昭和20年)に、大学を卒業した。卒業後は、北海道新聞社に入社し、記者として働いた。瑕生は、記者として働きながら、詩作を続けた。瑕生は、1971年(昭和46年)に、北海道新聞社を退社し、専業の詩人となった。 瑕生は、1972年(昭和47年)に、第一詩集『風花』を刊行した。この詩集は、多くの読者に好評を博し、瑕生は、詩人として確固たる地位を築いた。瑕生は、その後も、『冬木立』『雪明かり』など、多くの詩集を刊行した。瑕生の詩は、自然への愛と、人生への洞察に満ちたものであり、多くの読者に共感され、愛された。 瑕生は、2001年(平成13年)4月8日、80歳で死去した。瑕生の死は、北海道の詩壇に大きな損失を与えた。瑕生の詩は、今もなお、多くの読者に愛され続けている。
文学分野の人

高見沢潤子ー演劇と信仰に捧げた生涯

高見沢潤子ー演劇と信仰に捧げた生涯 田河水泡の妻であり、小林秀雄の妹であった高見沢潤子 高見沢潤子は、1902年(明治35年)に東京で生まれた。父は小林秀雄の父と同じく、日本郵船の社員であった。潤子は、小林秀雄の妹として育ち、幼い頃から演劇に興味を抱いていた。 潤子は、1921年(大正10年)に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)を卒業した後、新劇団「築地小劇場」に入団した。築地小劇場は、小山内薫が主宰する前衛的な劇団であり、潤子はそこで数多くの舞台に出演した。 1925年(大正14年)、潤子は漫画家の田河水泡と結婚した。田河水泡は、日本初の週刊漫画誌「漫画週報」の創刊者であり、日本の漫画界の発展に大きく貢献した人物である。潤子は、田河水泡の妻として、夫の活動を支えながら、女優としても活躍を続けた。 しかし、1935年(昭和10年)、潤子は結核を患い、療養生活を送るようになった。その後は、病床で執筆活動を続け、1962年(昭和37年)に「わが父小林平八」という自伝を刊行した。さらに、キリスト教を信仰し、教会に通うようになった。潤子は、演劇と信仰に捧げた生涯を送り、1982年(昭和57年)に死去した。 高見沢潤子は、日本の演劇界と漫画界に大きな功績を残した人物である。また、小林秀雄の妹として、兄の思想形成にも影響を与えた。潤子の生涯は、演劇と信仰に捧げた、波瀾万丈の人生であった。
文学分野の人

「近松行重」(⇒近松勘六)について

近松行重(⇒近松勘六)とは 近松勘六(こんまつ かんろく、1653年(承応2年) - 1724年(享保9年))は、江戸時代前期の播磨国英保郡神崎村(現在の兵庫県神崎郡神河町越知町)生まれの浄瑠璃作者であり、近松門左衛門の名でも知られている。 近松行重は、1653年(承応2年)に播磨国英保郡神崎村(現在の兵庫県神崎郡神河町越知町)に生まれた。父は近松勘左衛門、母はトミである。江戸時代、男子は15歳で元服し、元服の際に名前が変わる慣習があった。近松行重も、1667年(寛文7年)に15歳で元服し、近松勘六と名乗るようになった。 近松勘六は、元禄時代の前半に浄瑠璃作者としてデビューした。当時の浄瑠璃界は、近松門左衛門が圧倒的な人気を誇っており、近松勘六は門左衛門に師事して浄瑠璃の作法を学んだ。近松勘六は、師匠である門左衛門の作風を継承しつつも、独自の作風を確立していった。近松勘六の作品は、人間の内面を深く描き出した心理劇が多く、その作品は多くの人々に愛された。 近松勘六は、1724年(享保9年)に62歳で亡くなった。近松勘六の死後、その作品は多くの人々に読み継がれ、今日でもその作品は上演され続けている。近松勘六は、日本の演劇界に大きな功績を残した偉大な劇作家である。