扇の的

歴史上の偉人

平家物語に描かれた武将・後藤実基

平治の乱での活躍 平治の乱は、1159年に平清盛と源義朝が争った内乱である。後藤実基は、平清盛方に属し、源義朝方の武将である佐々木秀義と戦い、勝利を収めた。また、源義朝が籠城した美濃国青墓城を攻め落とし、源義朝とその子である源義平を討ち取った。これらの功績により、後藤実基は平清盛から重用されるようになった。 平治の乱で後藤実基が最も活躍したのは、源義朝が籠城した青墓城の戦いである。青墓城は、美濃国青墓山に築かれた城で、天然の要害に守られていた。源義朝は、この青墓城に籠城して平清盛軍の攻撃に耐えていた。しかし、後藤実基は、青墓城の弱点である搦手口を突いて城内に侵入し、源義朝と源義平を討ち取った。 源義朝と源義平の討ち死ににより、平治の乱は平清盛方の勝利に終わった。そして、後藤実基は、平清盛から重用されるようになり、平家の棟梁である平忠盛の娘である平時子を妻に迎えるなど、平家の中で重要な地位を占めるようになった。 後藤実基は、平治の乱で源義朝方を討ち果たし、平清盛から重用されるようになった。そして、平家の棟梁である平忠盛の娘である平時子を妻に迎えるなど、平家の中で重要な地位を占めるようになった。
歴史上の偉人

那須与一の全貌は謎に包まれた武士

-那須与一の全貌は謎に包まれた武士- -那須与一の生涯- 那須与一は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将であり、源氏に仕えて活躍しました。彼の全貌は謎に包まれており、生年や没年も不明です。 那須与一は、源頼朝の挙兵に参加し、数々の戦いで功を立てました。特に、壇ノ浦の戦いで、平家の舟形の旗を射落とした話は有名です。 那須与一は、弓の達人としても知られており、後世に伝えられる逸話は数多く残されています。例えば、那須与一が、鹿の角を的にして、矢を射たところ、矢が鹿の角を貫き、鹿の角が矢の先端に刺さったままになったという逸話があります。 那須与一は、生涯にわたって源氏に忠誠を尽くしましたが、壇ノ浦の戦いの後、源頼朝が亡くなると、政権は北条氏に移り、那須与一は、鎌倉幕府から遠ざけられました。 那須与一は、晩年、故郷の那須に戻り、そこで亡くなりました。しかし、彼の墓所は現在でも不明です。 那須与一は、謎に包まれた武将であり、彼の生涯については、多くの謎が残されています。しかし、彼の武勇伝は、後世の人々に伝えられ、今もなお、人々を魅了しています。