探芳録

研究者

ー大久保鷲山

-大久保鷲山- -大久保鷲山の生涯- 大久保鷲山は、1842年(天保13年)に、現在の岐阜県加茂郡八百津町に生まれました。幼名は、亀太郎。家は、代々、庄屋を務めていました。 鷲山は、幼い頃から、聡明で、読書を好みました。11歳の時、八百津の郷校である「習善堂」に入学しました。習善堂では、漢学や書道を学びました。 1860年(万延元年)、鷲山は、19歳の時に、江戸に出て、昌平坂学問所に入学しました。昌平坂学問所は、幕府が設置した、最高学府です。鷲山は、昌平坂学問所で、儒学や兵学を学びました。 1863年(文久3年)、鷲山は、昌平坂学問所を卒業しました。卒業後は、幕府に仕官し、勘定奉行となりました。勘定奉行は、幕府の財政を司る役職です。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発しました。戊辰戦争は、幕府軍と、新政府軍との間の内戦です。鷲山は、幕府軍に属して、戊辰戦争を戦いました。 戊辰戦争は、新政府軍の勝利に終わり、幕府は滅亡しました。鷲山は、戊辰戦争後に、新政府に出仕しました。新政府では、大蔵省に勤務しました。 1872年(明治5年)、鷲山は、大蔵省を退官しました。退官後は、実業界に転身しました。鷲山は、八百津に、製糸工場を設立しました。製糸工場は、成功し、鷲山は、実業家として成功しました。 1895年(明治28年)、鷲山は、54歳の時に、死去しました。鷲山は、八百津の功績を称えられ、従四位を追贈されました。 -鷲山の功績- 鷲山は、幕府の勘定奉行や、新政府の大蔵省で勤務し、日本の近代化に貢献しました。また、鷲山は、八百津に製糸工場を設立し、実業家として成功しました。鷲山は、八百津の功績を称えられ、従四位を追贈されました。 -鷲山の評価- 鷲山は、幕府の勘定奉行や、新政府の大蔵省で勤務し、日本の近代化に貢献しました。また、鷲山は、八百津に製糸工場を設立し、実業家として成功しました。鷲山は、八百津の功績を称えられ、従四位を追贈されました。 鷲山の功績は、今日でも高く評価されています。鷲山の名は、八百津の町に残されています。八百津には、鷲山の銅像が建てられています。また、八百津には、鷲山の功績を伝える資料館があります。 鷲山は、日本の近代化に貢献した、偉大な人物です。鷲山の功績は、今日でも高く評価されています。