改地暦

研究者

川谷薊山 – 江戸時代中期の暦算家

-川谷薊山の生い立ちと経歴- 川谷薊山(かわたに きざん)は、江戸時代中期の暦算家です。1663年(寛文3年)に、播磨国飾東郡川谷村(現・兵庫県姫路市夢前町川谷)に生まれました。幼い頃から聡明で、数学に興味を持っていました。 17歳の時、江戸に出て、安井算哲に弟子入りしました。安井算哲は、当時を代表する暦算家で、川谷薊山に数学の基礎を教えました。川谷薊山は、安井算哲のもとで、数学の才能を伸ばし、やがて師匠を超えるほどになりました。 川谷薊山は、19歳の時、幕府の天文方に出仕しました。天文方は、暦の作成や天文観測を行う機関で、川谷薊山はそこで暦の計算を担当しました。川谷薊山は、暦の計算に優れた才能を発揮し、幕府から高く評価されました。 川谷薊山は、1738年(元文3年)に、76歳で亡くなりました。川谷薊山は、生涯にわたって暦の計算に尽力し、江戸時代の暦学の発展に大きく貢献しました。 川谷薊山の主な業績としては、以下のものがあります。 * 安井算哲の『暦学啓蒙』を補完する『暦学啓蒙補遺』を著した。 * 暦の計算に用いられる「恒星術」を研究し、その成果を『恒星図説』にまとめた。 * 幕府の命を受けて、1725年(享保10年)に日食の観測を行った。 * 1727年(享保12年)に、彗星の観測を行った。 川谷薊山は、江戸時代を代表する暦算家で、暦学の発展に大きく貢献しました。