教育的測定

学術分野の人

岡部弥太郎 – 教育心理学分野に大きな足跡を残した偉人

岡部弥太郎の生涯と功績 岡部弥太郎は、1874年(明治7年)に和歌山県で生まれ、1952年(昭和27年)に亡くなった教育心理学者です。彼は、教育心理学分野に大きな足跡を残した偉人として知られています。 岡部は、東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業後、同校の教授を務めました。その後、1914年(大正3年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で教育心理学を学びました。留学から帰国後、岡部は東京高等師範学校の教授に再任され、1927年(昭和2年)に同校の校長に就任しました。 岡部は、教育心理学の研究において、児童・生徒の学習過程や発達過程に焦点を当てました。彼は、児童・生徒の学習を促進するために、教師が児童・生徒の興味や関心を引き出すような授業を行うことが重要であると主張しました。また、岡部は、児童・生徒の発達を促進するために、教師が児童・生徒に適切な指導と支援を行うことが重要であると主張しました。 岡部は、教育心理学の研究だけでなく、教育行政の分野においても大きな功績を残しました。彼は、1925年(大正14年)に文部省(現・文部科学省)の臨時教育制度調査会の委員に任命され、1927年(昭和2年)には同調査会の委員長に就任しました。岡部は、臨時教育制度調査会の委員長として、日本の教育制度の改革に尽力しました。 岡部は、教育心理学分野と教育行政の分野において大きな功績を残した偉人です。彼の業績は、今日でも日本の教育に大きな影響を与えています。