教育者

経済分野の人

前原悠一郎-明治-昭和時代の教育者・実業家

桐生撚糸設立 前原悠一郎は、桐生撚糸の設立に大きく貢献した人物です。桐生撚糸は、明治時代に設立された日本初の撚糸会社であり、日本の近代工業の発展に大きな役割を果たしました。 前原悠一郎は、1854年(嘉永7年)に群馬県桐生市で生まれました。彼は、幼い頃から学業に優れ、東京大学を卒業後、三菱商事に就職しました。三菱商事では、主に海外貿易に従事し、海外の最新技術を学びました。 1886年(明治19年)、前原悠一郎は、桐生撚糸の設立に参画しました。桐生撚糸は、国産の撚糸を製造することを目的とした会社であり、前原悠一郎は、その初代社長に就任しました。 桐生撚糸は、当初は苦戦を強いられましたが、前原悠一郎の経営手腕によって、次第に業績を伸ばしました。桐生撚糸は、日本の産業界に最新技術を導入し、日本の近代工業の発展に貢献しました。 前原悠一郎は、1927年(昭和2年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。桐生撚糸は、現在も操業しており、日本の撚糸業界をリードする企業となっています。
学術分野の人

「西谷淇水」

西谷淇水の生涯について 西谷淇水は、1884年(明治17年)に大阪府で生まれた。本名は西谷亀三。幼少期から絵を好み、12歳の時に画家を目指して上京。川合玉堂に師事し、日本画を学ぶ。 1907年(明治40年)に日本美術院に入選。1918年(大正7年)には帝展に出品し、入選。1922年(大正11年)には無鑑査となり、日本を代表する画家の一人となる。 西谷淇水の画風は、写生に基づきながらも、 декоративностиのあるのが特徴である。特に花鳥画を得意とし、その作品は多くの人々に愛された。 1958年(昭和33年)に文化勲章を受章。1969年(昭和44年)に死去。 西谷淇水は、日本の近代日本画の発展に貢献した功績で知られる。その作品は、現在でも多くの美術館に収蔵されており、人々に親しまれている。
歴史上の人物

大島幾太郎 – 明治・昭和時代の教育者、郷土史家

-大島幾太郎の生涯- 大島幾太郎は、1867年(慶応3年)10月27日に、熊本県飽託郡川尻町(現・宇城市)に生まれた。幼少期から読書を好み、12歳の時には漢籍を読みこなすほどであった。1882年(明治15年)に熊本師範学校に入学し、1885年(明治18年)に卒業。その後、小学校の教員として各地を転任し、1895年(明治28年)には熊本県師範学校に奉職した。 1900年(明治33年)には、熊本県教育会の会長に就任。1903年(明治36年)には、熊本県師範学校校長に就任し、1908年(明治41年)まで務めた。校長在任中は、熊本県師範学校の改革に尽力し、特に音楽教育に力を入れ、熊本県師範学校に音楽科を設置した。 1908年(明治41年)に退職後は、郷土史の研究に専念した。1911年(明治44年)に『肥後郷土史』を刊行し、1915年(大正4年)には『肥後人物志』を刊行。これらの著作は、熊本県の郷土史研究に大きな貢献をした。 1925年(大正14年)に、東京帝国大学名誉教授の岡松参太郎が発起人となって、大島幾太郎の功績を称える会が開催された。この会には、熊本県知事や熊本県師範学校の校長らが出席し、大島幾太郎の功績を称えた。 1931年(昭和6年)1月25日、大島幾太郎は、死去した。享年65。大島幾太郎の死は、熊本県の教育界に大きな衝撃を与えた。大島幾太郎の葬儀には、熊本県知事や熊本県師範学校の校長らが出席し、大島幾太郎の功績を称えた。 大島幾太郎は、熊本県の教育界に大きな功績を残した教育者であり、郷土史家であった。大島幾太郎の著作は、熊本県の郷土史研究に大きな貢献をしている。
学術分野の人

「東条方庵」

-東条方庵の生涯- 東条方庵は、1847年に肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)に生まれた。本名は東条新助。父は熊本藩士の東条伝右衛門、母は梅野氏。方庵は、幼い頃から学問を好み、16歳のときには熊本藩の藩校である時習館に入学した。時習館では、儒学や漢籍を学び、頭角を現した。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、方庵は熊本藩の兵として戊辰戦争に参加した。戊辰戦争では、方庵は功績を挙げ、明治2年(1869年)には熊本藩の藩士に取り立てられた。明治4年(1871年)、方庵は熊本藩を退職し、上京した。上京後は、明治政府に出仕し、内務省や大蔵省などで働いた。 明治15年(1882年)、方庵は熊本に帰郷し、熊本県会議員に当選した。熊本県会議員としては、熊本県の発展に尽力し、特に教育に力を注いだ。明治23年(1890年)、方庵は熊本県知事に就任した。熊本県知事としては、県政の改革や産業の振興に努め、熊本県の発展に貢献した。 明治29年(1896年)、方庵は熊本県知事を辞任し、政界を引退した。政界引退後は、熊本市内の自邸で余生を送り、明治43年(1910年)に死去した。 方庵は、熊本県のために尽くした政治家で、熊本県の発展に貢献した。方庵の功績は、今日でも熊本県民に語り継がれている。
学術分野の人

星加宗一-昭和時代の教育者,国文学者

- 東北帝大で山田孝雄に師事して連歌を研究 星加宗一は、1895年(明治28年)に山形県に生まれました。1919年(大正8年)に東北帝国大学(現東北大学)に入学し、1923年(大正12年)に卒業しました。在学中に Yamada Yoshiro の指導を受け、Renga を研究しました。 山田孝雄は、当時日本の国語学の第一人者でした。山田は、星加に連歌の歴史や理論を教え、また、連歌の実際的な研究方法も指導しました。星加はこの指導を受けて、連歌の研究に大きな進展を遂げました。 星加は、卒業後も山田の指導を受け続けました。そして、1927年(昭和2年)に、連歌に関する博士論文を提出して、博士号を取得しました。この博士論文は、連歌の歴史や理論を体系的に論じたもので、連歌研究の重要文献として今日でも高く評価されています。 星加は、博士号を取得した後、東北帝国大学の講師に就任しました。そして、その後、助教授、教授と昇進しました。星加は、東北帝国大学で連歌の研究と教育に携わり、多くの優秀な学生を育て上げました。 星加は、1961年(昭和36年)に東北帝国大学を退官しました。しかし、その後も、連歌の研究を続け、多くの著作を発表しました。星加は、1974年(昭和49年)に亡くなりましたが、その研究成果は、今日でも日本の国語学に大きな影響を与えています。
学術分野の人

依田豊 – 明治・昭和前期の教育者、地理学者

依田豊の生涯と業績 依田豊は、1874年(明治7年)に熊本県に生まれました。1897年(明治30年)に東京帝国大学文学部地学科を卒業し、1899年(明治32年)に同大学院を修了しました。その後、東京高等師範学校教授、東京帝国大学教授、文部省視学官などを歴任しました。 依田豊は、地理学の分野で多くの功績を残しました。1903年(明治36年)に発表した「日本地理誌」は、日本初の体系的な地理学の教科書として高く評価されました。また、1911年(明治44年)に発表した「日本地誌」は、日本の地理を総合的に記述した初の地誌として注目されました。 依田豊は、地理学の教育にも尽力しました。1903年(明治36年)に東京高等師範学校に地理学科を創設し、多くの地理学者の育成に貢献しました。また、1911年(明治44年)に日本地理学会を創設し、日本の地理学の発展に寄与しました。 依田豊は、1934年(昭和9年)に60歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は今日でも高く評価されており、日本の地理学の発展に大きく貢献した人物の一人として知られています。
学術分野の人

ガントレット氏

-# ガントレット氏 -- 生い立ちと来日までの経歴 米国ペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれたガントレット氏は、幼い頃からスポーツが得意で、特にアメリカンフットボールと野球では頭角を現していた。高校卒業後、奨学金を獲得してペンシルベニア州立大学に進学し、アメリカンフットボール部に入部。活躍が認められ、大学卒業後はNFLのドラフトで指名され、プロのアメリカンフットボール選手として活躍した。 その後、アメリカンフットボールから引退し、日本のプロ野球チームである北海道日本ハムファイターズに入団。投手として活躍し、2006年には18勝を挙げて最多勝を獲得。2007年には日本シリーズで優勝し、MVPに輝いた。2011年にはメジャーリーグのシカゴ・ホワイトソックスに移籍し、2014年にはボストン・レッドソックスに移籍した。2016年に引退後は、日本のプロ野球チームである読売ジャイアンツのコーチに就任し、2018年には監督に就任。2019年にはセ・リーグ優勝を果たした。 ガントレット氏は、アメリカンフットボールと野球の両方で活躍した唯一の選手である。また、日米両方のプロ野球で活躍した選手としても知られている。日本での活躍を認められ、2009年には日本国籍を取得した。2011年には東日本大震災の復興支援活動にも積極的に参加し、被災地を訪問して慰問活動を行った。
学術分野の人

山口鋭之助:文久2年から昭和20年まで生きた物理学者

理学の研究と教育に貢献した物理学者 山口鋭之助は、文久2年(1862年)に京都に生まれ、昭和20年(1945年)に東京で亡くなった物理学者です。理学の研究と教育に貢献し、日本の物理学の発展に大きな役割を果たしました。 山口鋭之助は、1886年(明治19年)に東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、同大学院で学びました。1890年(明治23年)には、東京高等師範学校教授に就任し、1899年(明治32年)には、東京帝国大学教授に就任しました。 山口鋭之助は、物理学の研究において、特に熱力学と電磁気学の分野で大きな業績を残しました。熱力学の分野では、1898年(明治31年)に「熱力学の基礎原理」を出版し、1903年(明治36年)には「熱力学」を出版しました。電磁気学の分野では、1906年(明治39年)に「電磁気学の理論」を出版し、1913年(大正2年)には「電磁気学」を出版しました。 山口鋭之助は、物理学の教育にも貢献しました。1899年(明治32年)に、東京高等師範学校で「理科教授法」の講義を始め、1903年(明治36年)には、東京帝国大学で「物理学概論」の講義を始めました。1913年(大正2年)には、東京帝国大学で「物理学実験」の講義を始めました。 山口鋭之助は、1927年(昭和2年)に東京帝国大学総長に就任し、1933年(昭和8年)まで務めました。総長時代には、理学部の拡充や大学院の設置に尽力しました。 山口鋭之助は、日本の物理学の発展に大きな貢献をした物理学者です。その業績は、今日でも高く評価されています。
音楽分野の人

小林健次 – 日本を代表するヴァイオリニスト

-小林健次 - 日本を代表するヴァイオリニスト- -バイオリンの名手小林健次の歩み- 小林健次という名は、日本の音楽界を語る上で欠かせない存在である。彼は、国内外のコンクールで数々の受賞を果たした実力派ヴァイオリニストであり、その卓越した技術と豊かな表現力は聴衆を魅了し続けてきた。 小林健次は、1964年に東京都に生まれた。 幼い頃からバイオリンを始め、桐朋学園大学音楽学部を経て、ジュリアード音楽院に留学。在学中に数々のコンクールで受賞し、早くからその才能を認められた。 帰国後、小林健次は国内外のオーケストラと共演を重ね、ソリストとしても活躍。また、数多くのレコーディングを行い、その演奏は世界中で高く評価されている。 小林健次のバイオリンの魅力は、その音色の美しさにある。彼は、まるで人間の歌声のように温かみのある音色を奏でる。また、彼のテクニックは非常に高度であり、どんなに難しい曲でも難なく演奏してしまう。 小林健次は、日本を代表するヴァイオリニストとして、今後も日本の音楽界を牽引し続けていくであろう。 -小林健次の主な受賞歴- * 1985年第1回日本音楽コンクール第1位 * 1986年第4回パガニーニ国際バイオリン・コンクール第3位 * 1987年第7回チャイコフスキー国際コンクール第6位 * 1988年第1回ミュンヘン国際音楽コンクール第1位 * 1990年第3回エリザベート王妃国際音楽コンクール第2位 -小林健次の主なディスコグラフィー- * 1990年デビューアルバム「小林健次 バイオリン作品集」 * 1992年2ndアルバム「小林健次 シューマンヴァイオリン協奏曲」 * 1994年3rdアルバム「小林健次 チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲」 * 1996年4thアルバム「小林健次 ベートーヴェンヴァイオリン・ソナタ」 * 1998年5thアルバム「小林健次 ブラームスヴァイオリン・ソナタ」
学術分野の人

教育者・水谷キワについて

-教育者としての生涯- 水谷キワは、1882年に東京で生まれました。東京女子高等師範学校を卒業後、1905年に教職に就きました。その後、1913年に渡米し、コロンビア大学で教育学を学びました。帰国後、1916年に東京女子高等師範学校で教鞭をとり始め、1928年に教授に就任しました。 水谷キワの教育理念は、児童の個性を尊重し、自主性を育てることでした。彼女は、児童に知識を詰め込むのではなく、自分で考え、自分で行動できるようになることを目指していました。そのため、彼女は、児童が自由に発言できるような教室環境を作り、児童の興味や関心に合った授業を行うことを心がけました。 水谷キワは、また、児童の社会性を育てることも重視していました。彼女は、児童が仲間と協力して活動できるような機会を設け、児童が社会の一員であることを自覚できるように指導しました。 水谷キワは、戦後も教職に就き続け、1952年に東京女子大学長に就任しました。彼女は、1957年に亡くなるまで、教育界の発展に尽力しました。 水谷キワは、日本の教育界に大きな影響を与えた教育者です。彼女の教育理念は、現在でも多くの教育者によって実践されています。
学術分野の人

粟野健次郎 – 明治から昭和にかけての教育者

-英語の講義で人気を博した粟野健次郎- 粟野健次郎は、明治から昭和にかけて活躍した教育者で、英語の講義で人気を博した人物である。 粟野は1864年(元治元年)に現在の福島県で生まれた。幼い頃から英語に興味を持ち、1881年(明治14年)に東京外国語学校に入学した。卒業後は、東京高等商業学校(現一橋大学)や東京専門学校(現早稲田大学)で英語を教えた。 粟野の英語の講義は、わかりやすく面白いと評判で、多くの学生が彼の授業を受けた。彼の講義は、英語の基礎から応用まで幅広く、学生たちは英語を学ぶ楽しさを知ることができた。また、粟野は英語だけでなく、西洋の文化や歴史についても講義し、学生たちの視野を広げた。 粟野の英語の講義は、日本の英語教育に大きな影響を与えた。彼の講義を受けた学生の中には、後に英語の教師や翻訳家になった者も少なくない。また、粟野の英語の講義は、日本の英語教育の基礎を築いたとも言われている。 粟野は1938年(昭和13年)に74歳で亡くなった。しかし、彼の英語の講義は今でも語り継がれており、日本の英語教育に大きな功績を残した教育者として尊敬されている。
歴史上の人物

教育者赤羽長重-生涯と業績-

実践主義教育者赤羽長重 赤羽長重(1884-1958)は、日本の教育者、哲学者、評論家です。実践主義教育の理論と実践に多大な貢献をした人物として知られています。 赤羽は、1884年に山口県に生まれました。1908年に東京高等師範学校を卒業した後、アメリカのシカゴ大学に留学しました。シカゴ大学では、ジョン・デューイの薫陶を受け、実践主義教育の思想に傾倒しました。 1913年に帰国した後、赤羽は東京高等師範学校で教鞭を執りました。1923年に、実践主義教育の理論をまとめた著書「教育の哲学」を出版し、大きな反響を呼びました。 赤羽は、実践主義教育の理論だけでなく、その実践にも力を注ぎました。1925年に、東京府立第五中学(現・東京都立小石川中等教育学校)の校長に就任し、実践主義教育の理念に基づく教育改革に取り組みました。赤羽の改革は、生徒の自主性を尊重し、生徒が自ら学ぶ意欲を育てることに重点を置いたものでした。 赤羽の教育改革は、大きな成果を上げました。東京府立第五中は、実践主義教育のモデル校として全国から注目を集めるようになりました。赤羽の教育改革は、日本の教育界に大きな影響を与え、実践主義教育の普及に貢献しました。 赤羽は、教育者としてだけでなく、哲学者、評論家としても活躍しました。1933年に、著書「現代教育思想史」を出版し、近代以降の教育思想を体系的に論じました。また、1946年に、著書「日本の教育」を出版し、日本の教育の歴史と課題を論じました。 赤羽は、1958年に東京で亡くなりました。しかし、彼の教育思想は、今もなお多くの人々に影響を与え続けています。赤羽は、実践主義教育の理論と実践に多大な貢献をした人物であり、日本の教育界に大きな功績を残した偉大な教育者です。
学術分野の人

三田てる-明治・昭和時代の教育者

三田てるの生涯 三田てるは、1857年1月4日に和歌山県海南市に、父・三田祥三と母・イトの間に生まれた。幼名はテル。 1871年、14歳の時に、和歌山師範学校に入学し、1874年に卒業した。卒業後は、小学校の教員として勤務した。 1883年に、東京女子師範学校に入学し、1886年に卒業した。卒業後は、同校の教諭として勤務した。 1890年に、文部省の視学官に任命され、全国の小学校を視察した。1893年、女性初の小学校長として、東京府第九高等小学校(現・千代田区立九段小学校)に就任した。 1900年に、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)創立の中心メンバーとなり、同校の初代校長に就任した。翌年、文部省の視学官に再任され、全国の女子師範学校を視察した。 1904年、東京女子高等師範学校の校長を辞任し、退職した。退職後は、教育雑誌『女学世報』を創刊し、女子教育の普及に努めた。 1915年には、「全国教育者大会」を創設し、全国の教育者の交流や親睦を図った。 1929年10月20日に、東京で死去した。享年72歳。 三田てるは、明治・昭和時代の教育者として、女子教育の発展に尽力した。女性初の小学校長や、東京女子高等師範学校の初代校長を務め、女子教育の普及に努めた功績は大きい。
歴史上の人物

「オリエ」の生涯と功績

-「オリエ」の生涯と功績- -宣教師として来日したオリエ- オリエは、1843年10月21日、フランスのロワール県サンテティエンヌで生まれました。幼い頃からカトリックの信仰に厚く、19歳の時に宣教師になることを決意しました。修道女として宣教の道を歩んでいたオリエは、日本の貧困と病気の蔓延する状況を知り、1870年にフランスから宣教師として来日しました。 オリエは、まず横浜に滞在し、日本語の勉強と宣教活動を始めました。1873年には、東京に移り、フランス人宣教師でパリ外国宣教会の初代日本管区長であったジラール神父の協力のもと、日本の女性のための学校「聖心女学院」を創設しました。 オリエは、聖心女学院で女子教育に力を入れ、キリスト教の教えと近代的な教育を施しました。また、日本の貧しい人々を救済するため、孤児院や病院などの社会福祉施設も設立しました。オリエは、日本の社会と宗教に大きな貢献を果たし、1910年に東京で亡くなりました。 オリエは、日本のカトリック教会の発展に貢献しただけでなく、日本の社会福祉事業にも貢献しました。オリエの生涯と功績は、日本において、キリスト教の教えと近代的な教育を施し、日本の社会と宗教に大きな貢献を果たした宣教師であると言えます。
その他

中村千賀

中村千賀の生涯 中村千賀は、1899年(明治32年)12月2日、奈良県生駒郡生駒町(現・生駒市)に、父・中村喜多蔵、母・中村はるの長女として生まれた。 千賀は、幼い頃から聡明で、3歳で読み書きを覚えたといわれています。12歳の時、生駒高等女学校(現・奈良県立生駒高等学校)に入学。成績優秀で、16歳で同校を卒業しました。 卒業後は、奈良女子高等師範学校(現・奈良教育大学)に進学。在学中は、女子寮の寮長を務め、リーダーシップを発揮しました。1921年(大正10年)に同校を卒業後、奈良県女子師範学校(現・奈良教育大学)に奉職しました。 千賀は、奈良県女子師範学校で教鞭を執る傍ら、女性解放運動にも積極的に参加しました。1923年(大正12年)には、奈良県初の女性県会議員に当選。1928年(昭和3年)には、全国初の女性衆議院議員に当選しました。 衆議院議員在職中は、女性参政権の獲得や労働条件の改善などに尽力しました。また、1931年(昭和6年)には、日本初の女性大臣として、若槻礼次郎内閣の文部大臣に任命されました。 しかし、1932年(昭和7年)の5・15事件で若槻内閣が総辞職すると、千賀も文部大臣を辞任しました。その後、政界を引退し、奈良県生駒町で余生を過ごしました。 千賀は、1988年(昭和63年)9月1日に死去しました。享年88歳でした。 千賀は、女性参政権の獲得や労働条件の改善などに尽力した、日本の女性史を代表する人物の一人です。その功績は今日でも高く評価されています。
文学分野の人

「山内健」の人物像と功績

-# 「山内健」の人物像と功績 山内健は、日本の実業家で、株式会社ポケモンの創業者および代表取締役社長です。ポケモンを世界的なゲームおよびアニメのフランチャイズへと育て、日本を代表する起業家の一人として知られています。 -# 山内健の経歴と生い立ち 山内健は、1947年に京都府で生まれました。幼い頃からゲーム好きで、中学時代にはゲームセンターに入り浸っていました。高校卒業後、京都大学工学部に入学し、電気工学を専攻しました。大学卒業後は、任天堂に入社し、ゲーム開発者として活躍しました。 1983年、山内健は任天堂を退社し、株式会社ポケモンを設立しました。ポケモンは、任天堂のゲームボーイ用のロールプレイングゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」を発売し、大ヒットを記録しました。ポケモンは、その後もゲーム、アニメ、グッズなどの展開を行い、世界的な人気を博しています。 山内健は、ポケモンの創業者として、その成功に大きく貢献しました。ゲーム開発者としての手腕はもちろん、ビジネスマンとしての手腕も高く評価されており、日本の代表的な起業家の一人として知られています。 2013年、山内健は死去しましたが、ポケモンはその後も世界中で人気を博しており、山内健の功績は世界中に知られています。
学術分野の人

加々美鶴灘について

-加々美鶴灘の生涯- 加々美鶴灘は、日本の女優です。 1920年3月1日、東京都生まれ。 本名は加賀美鶴子。 1935年、松竹歌劇団に入団。 1937年、映画デビュー。 1944年、東宝に移籍。 1946年、森繁久弥と結婚。 1950年、息子・森昌行が誕生。 1952年、森繁久弥と離婚。 1954年、俳優・加東大介と再婚。 1955年、娘・加賀まりこが誕生。 1960年、加東大介と離婚。 1961年、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」で主演。 1967年、テレビドラマ「三匹の侍」で主演。 1970年、文化勲章受章。 1990年、胃癌のため死去。 享年70。 加々美鶴灘は、日本の映画界を代表する女優の一人です。 その演技力は高く評価されており、数々の賞を受賞しています。 また、私生活でも波乱万丈で、二度の結婚と離婚を経験しています。 しかし、常に女優としての道を歩み続け、その生き方は多くの女性に勇気を与えました。
その他

「太田秀穂」(1874-1950 明治-昭和時代前期の教育者)

-明治-昭和時代前期の教育者- 太田秀穂は、1874年(明治7年)に長野県で生まれました。1897年(明治30年)に東京帝国大学を卒業し、1898年(明治31年)に長野県立松本中学校の教諭として教職を始めました。1901年(明治34年)に長野県立飯山中学校の校長に就任し、1906年(明治39年)に長野県立松本中学校の校長に再任しました。1911年(明治44年)に長野県師範学校の校長に就任し、1916年(大正5年)に長野県立松本中学校の校長に三たび就任しました。 太田秀穂は、長野県の教育界において指導的な役割を果たし、1924年(大正13年)に長野県教育会長に就任しました。1927年(昭和2年)に長野県立松本中学校の校長を退任し、1931年(昭和6年)に長野県教育会長を退任しました。1950年(昭和25年)に死去しました。 太田秀穂は、長野県の教育界の発展に貢献した功績が認められ、1951年(昭和26年)に正四位勲三等旭日中綬章が贈られました。
学術分野の人

教育者・教育評論家・丸木政臣の生涯

丸木政臣の生涯と教育評論活動 丸木政臣は、1913年(大正2年)に、東京府(現在の東京都)で生まれました。東京大学文学部を卒業後、中学校教諭、東京都教育委員会指導主事などを歴任しました。 丸木政臣は、教育評論家として、1960年代から1980年代にかけて、日本の教育問題について積極的に発言しました。彼の教育評論は、子どもたちの主体性を尊重し、人間性を育む教育を重視するものでした。 丸木政臣の教育評論は、多くの教育関係者や保護者から支持されました。彼の著書である「子どもの主体性と教育」「人間の条件としての教育」などは、ベストセラーとなり、今もなお多くの読者に愛読されています。 丸木政臣は、1989年(平成元年)に、76歳で亡くなりました。しかし、彼の教育評論は、現在でも多くの教育関係者や保護者に影響を与え続けています。 丸木政臣の主な教育評論は以下の通りです。 ・子どもの主体性と教育(1967年) ・人間の条件としての教育(1972年) ・教育の理念と方法(1978年) ・教育と人間の未来(1986年) 丸木政臣の教育評論の特徴は以下の通りです。 ・子どもたちの主体性を尊重する。 ・人間性を育む教育を重視する。 ・教育の理念と方法について考察する。 ・教育の未来について展望する。 丸木政臣の教育評論は、日本の教育界に大きな影響を与えました。彼の教育評論は、今もなお多くの教育関係者や保護者に影響を与え続けています。
学術分野の人

尺秀三郎 – 明治-昭和初期の教育者

尺秀三郎の生涯 尺秀三郎は、1861年(文久元年)に山口県で生まれました。旧姓は伊藤で、幼名は源七郎でした。1870年(明治3年)に日下部村立周防日下部小学校に入学し、1875年(明治8年)に卒業しました。 1878年(明治11年)に山口師範学校に入学し、1881年(明治14年)に卒業しました。卒業後は、山口県内の小学校の教師を務めました。 1886年(明治19年)に文部省師範学校教諭となり、東京師範学校に赴任しました。1890年(明治23年)に、文部省視学官となり、全国の小学校を視察しました。 1893年(明治26年)に、愛知県立師範学校校長に任命されました。1898年(明治31年)に、広島県立師範学校校長に任命されました。 1903年(明治36年)に、文部省普通学務局長に任命されました。1908年(明治41年)に、文部省参事官に任命されました。 1912年(大正元年)に、文部省次官に任命されました。1916年(大正5年)に、文部大臣に任命されました。 1918年(大正7年)に、貴族院勅選議員に任命されました。1921年(大正10年)に、文部大臣を辞任しました。 1929年(昭和4年)に、東京帝国大学総長に任命されました。1937年(昭和12年)に、東京帝国大学総長を辞任しました。 1941年(昭和16年)に、尺秀三郎は亡くなりました。
学術分野の人

ー西山庸平

- 西山庸平 -# 幼少時代と初期のキャリア 西山庸平は1982年に東京で生まれました。幼い頃から野球に興味を持ち、地元の少年野球チームに入団しました。俊足で強肩の選手として活躍し、中学卒業後は名門・早稲田実業高等学校に進学しました。 早稲田実業高校では1年時からレギュラーとして活躍し、甲子園大会に出場しました。2年時には選抜高等学校野球大会で優勝を経験し、3年時には夏の甲子園大会で準優勝を果たしました。西山庸平は高校通算30本塁打を放ち、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団しました。 読売ジャイアンツに入団した西山庸平は、1年目から一軍で活躍しました。主に中堅手として出場し、打率.280、本塁打10本、盗塁20個を記録しました。2年目には打率.300、本塁打20本、盗塁30個を記録し、セ・リーグのベストナインに選出されました。 3年目には読売ジャイアンツの主将を務め、チームをリーグ優勝に導きました。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズを4勝2敗で下し、日本一を達成しました。西山庸平は日本シリーズで打率.350、本塁打2本、打点6を記録し、シリーズMVPに輝きました。 西山庸平は読売ジャイアンツで10年間プレーし、通算1,000安打、200本塁打、200盗塁を達成しました。また、2度のリーグ優勝と1度の日本一を経験しました。2009年シーズン終了後に読売ジャイアンツから戦力外通告を受け、横浜ベイスターズに移籍しました。 横浜ベイスターズでは2年間プレーし、通算200安打、20本塁打、20盗塁を記録しました。2011年シーズン終了後に横浜ベイスターズから戦力外通告を受け、現役引退を表明しました。
学術分野の人

― 麻生正蔵

-同志社英学校での学びと新島襄の影響- 麻生正蔵は、1871年に同志社英学校に入学しました。同志社英学校は、新島襄が設立したキリスト教系の学校で、当時、日本における最先端の教育機関のひとつでした。麻生は同志社英学校で、英語や数学、歴史などの科目を学びました。また、新島襄の薫陶を受け、キリスト教の信仰を持つようになりました。 新島襄は、麻生に大きな影響を与えました。新島は、麻生に「日本を救うために努力せよ」と教え、麻生は新島の教えを胸に、生涯にわたって日本のために尽くしました。 麻生は、同志社英学校卒業後、アメリカ合衆国に留学しました。留学先では、政治学や経済学を学び、帰国後は、日本の政界で活躍しました。麻生は、1936年に第33代内閣総理大臣に就任し、1年間内閣総理大臣を務めました。 麻生は、同志社英学校での学びと新島襄の影響を受けて、日本のために尽くすという強い信念を持ちました。麻生は、日本の政治家として、日本の発展のために尽力しました。 同志社英学校は、麻生の人生に大きな影響を与えました。同志社英学校で学んだことが、麻生が日本の政治家として活躍する礎となったのです。
学術分野の人

禿須美→ 明治・昭和期の教育者

悲願の私塾開設 禿須美は、1868年(明治元年)に和歌山県田辺市に生まれた。幼い頃から頭が良く、7歳で漢学を学び始め、12歳で和歌山県立和歌山中学校に入学した。卒業後は上京し、東京帝国大学経済学部に入学した。 しかし、禿須美は経済学部を卒業後、すぐに教職に就いた。和歌山県立田辺中学校で英語教師として働き始め、その後、和歌山県立和歌山師範学校、和歌山県立和歌山商業学校でも教鞭を執った。 禿須美は、教職に就きながら、私塾を開設することを夢見ていた。しかし、私塾を開設するためには、資金が必要だった。禿須美は、教職の傍ら、農業や執筆活動をして資金を貯めた。 そして、1904年(明治37年)、禿須美はついに念願の私塾「禿須美私塾」を開設した。私塾は、和歌山県田辺市に開設され、英語や数学、国語などの科目が教えられた。 禿須美私塾は、すぐに評判となり、多くの生徒が集まった。禿須美は、生徒一人ひとりに丁寧に指導し、多くの生徒を大学合格に導いた。 禿須美は、1945年(昭和20年)に死去した。しかし、禿須美私塾は、その後も禿須美の弟子たちが引き継ぎ、多くの生徒を育て上げた。 禿須美私塾は、1980年(昭和55年)に閉塾した。しかし、禿須美の教育精神は、今もなお受け継がれている。
学術分野の人

伊藤蘭林

-伊藤蘭林の生涯- * 生い立ちと修行時代 伊藤蘭林は、1702年(元禄15年)に、播州赤穂藩の藩医・伊藤仁庵の長男として生まれました。幼少期から蘭学に興味を持ち、15歳の頃から蘭学を学び始めました。19歳の時に京都に出て、蘭学塾である鳴滝塾に入門しました。鳴滝塾では、蘭学の基礎を学び、また、解剖学や外科手術の技術も身に付けました。 * 蘭方医としての活躍 25歳の時に、赤穂藩に蘭方医として召し抱えられました。赤穂藩では、藩医として診療にあたる傍ら、蘭学の研究も続けました。1738年(元文3年)には、蘭学の入門書である『和蘭医林通言』を出版しました。また、解剖学や外科手術に関する著作も執筆しています。 * 江戸への移住 1740年(元文5年)に、江戸に移住しました。江戸では、蘭学塾を開設して、蘭学の普及に努めました。また、幕府の医学館の教授にも任命されました。医学館では、蘭学の教育や、西洋医学の研究を行うとともに、蘭学書や医書の翻訳も行いました。 * 晩年 1771年(明和8年)に、江戸で亡くなりました。享年69歳でした。伊藤蘭林は、蘭学の普及に努め、近代日本の医学の発展に貢献した人物です。 -伊藤蘭林の業績- * 蘭学の普及 伊藤蘭林は、蘭学の普及に努め、近代日本の医学の発展に貢献しました。蘭学塾を開設して、蘭学の教育を行い、また、蘭学書や医書の翻訳も行いました。また、幕府の医学館の教授にも任命され、蘭学の教育や、西洋医学の研究を行うとともに、蘭学書や医書の翻訳も行いました。 * 解剖学の研究 伊藤蘭林は、解剖学の研究にも熱心に取り組みました。1738年(元文3年)に、解剖学の入門書である『解体新書』を出版しました。『解体新書』は、日本の解剖学の発展に大きな影響を与えた著作です。 * 外科手術の技術 伊藤蘭林は、外科手術の技術にも優れていました。1744年(延享元年)に、日本で初めて、麻酔薬を使って外科手術を行いました。また、1752年(宝暦2年)には、日本で初めて、盲腸炎の手術を行いました。 * 蘭学書や医書の翻訳 伊藤蘭林は、多くの蘭学書や医書を翻訳しました。その中には、解剖学や外科手術に関する著作も含まれています。伊藤蘭林の翻訳した著作は、日本の医学の発展に大きな影響を与えました。