数学者

研究者

偉大な数学者:渡辺孫一郎

- 明治から昭和にかけて活躍した数学者 渡辺孫一郎は、明治から昭和にかけて活躍した日本の数学者であり、日本の数学界の父と称される。日本の数学界の発展に貢献した功績は大きく、その業績は世界からも高く評価されている。 渡辺孫一郎は、1855年(安政2年)に江戸で生まれた。1871年(明治4年)に東京大学に入学し、1875年(明治8年)に卒業した。卒業後は、東京大学で教鞭を執り、1886年(明治19年)に教授に昇進した。 渡辺孫一郎の専門分野は、解析学である。特に、関数論と微分方程式の研究で大きな功績を残した。渡辺孫一郎は、関数論の分野では、複素関数論の基礎を確立し、微分方程式の分野では、常微分方程式と偏微分方程式の解法に関する重要な結果を得た。 渡辺孫一郎は、日本の数学界の発展に貢献した功績も大きい。渡辺孫一郎は、東京大学の数学科の創設に尽力し、1887年(明治20年)に初代学科主任に就任した。また、渡辺孫一郎は、日本の数学雑誌「数学物理学会誌」の創刊にも尽力し、1897年(明治30年)に初代編集長に就任した。 渡辺孫一郎は、1933年(昭和8年)に亡くなった。渡辺孫一郎の死後、その業績は世界からも高く評価され、日本の数学界の発展に大きな貢献をした偉大な数学者として称えられている。
研究者

園正造 – 天才数学者とその研究

-園正造を知る- * -生い立ちと教育- 園正造は、1939 年 3 月 4 日、大阪府大阪市で生まれました。幼少期から数学に秀でた才能を示し、15 歳で大阪大学理学部数学科に入学しました。在学中から、数論と代数解析の分野で優れた研究を行い、19 歳で博士号を取得しました。 * -研究業績- 園正造は、数論と代数解析の分野で多くの重要な業績を残しました。その中でも、特に有名なのは、1963 年に発表した「園の予想」です。園の予想は、数論における未解決問題であり、数学者たちの注目を集めています。 * -受賞歴- 園正造は、その優れた研究業績が認められ、多くの賞を受賞しました。その中には、日本学士院賞、朝日賞、フィールズ賞などが含まれます。フィールズ賞は、数学のノーベル賞とも言われる賞であり、園正造は日本人初の受賞者となりました。 * -数学教育への貢献- 園正造は、数学教育にも力を入れました。1979 年に大阪大学理学部数学科の教授に就任し、多くの学生を指導しました。また、数学をわかりやすく伝えるための著書を執筆し、数学の普及に努めました。 * -晩年- 園正造は、2018 年 1 月 1 日に 78 歳で亡くなりました。しかし、その研究業績は今も数学界で高く評価されており、多くの数学者たちに影響を与えています。
研究者

中尾斉政 – 江戸時代の和算家

-中尾 斉政の生涯- 中尾 斉政(なかお なりまさ)は、江戸時代の和算家です。 元禄8年(1695年)に、数学者の中尾常政の息子として、江戸に生まれました。 幼い頃から数学の才能を発揮し、14歳の時に父から「円理解法」を出版しました。 この本は、円周率の計算方法について書かれたもので、斉政の才能を世に知らしめました。 享保5年(1720年)、斉政は、26歳の時に、幕府の数学家として召し出されました。 幕府の数学家として、斉政は、暦の編纂や測量など、様々な事業に携わりました。 また、和算の研究にも力を注ぎ、多くの著作を残しました。 斉政の著作の中で、最も有名なのは、「塵劫記」です。 「塵劫記」は、和算の百科全書ともいえる大著であり、和算の発展に大きく貢献しました。 斉政は、享保19年(1734年)、40歳の時に、死去しました。 しかし、斉政の業績は、和算の発展に大きな影響を与え、現在でも高く評価されています。
研究者

ペリーと方眼紙

-ペリーとは?- ペリーとは、方眼紙のマス目の交点を示す点のことです。交点と言っても、点ではなく小さな四角形で表記されることが多いです。ペリーは、方眼紙に図形を描いたり、表を作ったりするときに、位置を正確に示すために使われます。 ペリーという名前の由来は、英語の「Perry」から来ています。「Perry」は、ラテン語の「pirum」に由来する言葉で、梨を意味します。梨は、果実の中で最も形が規則正しく、対称的であることから、方眼紙のマス目の交点を表す言葉として使われるようになりました。 ペリーは、方眼紙のマス目の交点以外にも、様々な分野で使われています。例えば、地図では、緯度と経度の交点を示すために使われます。また、建築では、建物の平面図や立面図の交点を示すために使われます。さらに、工学では、機械や部品の設計図の交点を示すために使われます。 ペリーは、方眼紙にとってなくてはならない存在です。ペリーがあることで、方眼紙に図形を描いたり、表を作ったりすることが容易になります。ペリーは、私たちの生活の中で、様々な分野で活躍しているのです。
歴史上の偉人

マーシャルとは?明治時代に来日したイギリスの数学者

-来日の背景と目的- マーシャルが来日した背景には、明治政府の近代化政策があります。明治政府は、欧米諸国に追いつくために、近代的な科学技術を導入する必要性を感じていました。そこで、欧米諸国から優秀な人材を招聘し、日本の近代化に協力してもらうことにしました。 マーシャルは、イギリスの数学者であり、ケンブリッジ大学で教えていました。マーシャルは、数学の分野で優れた業績を上げており、明治政府はマーシャルを招聘することで、日本の数学の発展を期待していました。 マーシャルは、1873年(明治6年)に来日しました。マーシャルは、東京大学で数学を教えていました。マーシャルは、日本の学生に数学の基礎を教え、日本の数学の発展に貢献しました。 マーシャルは、1880年(明治13年)に日本を離れました。マーシャルは、日本の数学の発展に貢献した功績で、明治政府から勲章を授与されました。 マーシャルは、日本の数学の発展に貢献しただけでなく、日本の文化にも興味を持っていました。マーシャルは、日本の文化について研究し、日本の文化を紹介する本を執筆しました。マーシャルは、日本の文化を理解し、日本の人々との交流を深めました。
研究者

功力金二郎 – 昭和時代の数学者

-功力金二郎の半生- 功力金二郎は、1908年(明治41年)に埼玉県熊谷市に生まれました。1931年(昭和6年)に東京帝国大学理学部数学科を卒業後、同大学大学院に進学し、1934年(昭和9年)に博士号を取得しました。その後、1936年(昭和11年)に東京帝国大学助教授に就任し、1942年(昭和17年)には同大学教授に昇進しました。 功力金二郎は、解析学と代数学の分野において数多くの重要な業績を残しました。特に、解析関数論と代数的数論における彼の業績は高く評価されています。1950年(昭和25年)には、日本学士院賞を受賞し、1964年(昭和39年)には、文化勲章を受章しました。 功力金二郎は、1995年(平成7年)に亡くなりましたが、彼の業績は現在でも多くの数学者に影響を与え続けています。 -功力金二郎の主な業績- * 解析関数論における「功力定理」の発見 * 代数的数論における「功力数」の発見 * 「功力予想」の提唱 *「数学基礎論」の研究 -功力金二郎の人物像- 功力金二郎は、非常に勤勉で几帳面な人物でした。また、非常に博学で、数学だけでなく、物理学、哲学、文学などにも造詣が深かったです。彼は、学生や研究者に対して非常に厳しく、時に暴言を吐くこともありましたが、それは彼の人柄を慕う者にとってはむしろ励みになりました。 功力金二郎は、日本数学界の巨星でした。彼の業績は現在でも多くの数学者に影響を与え続けており、その功績は永遠に語り継がれるでしょう。
研究者

内田五観 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した和算家・暦算家

- 内田五観の生涯と業績 内田五観は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した和算家・暦算家です。1812年(文化9年)に、現在の三重県四日市市に生まれました。幼少の頃から算術の才能を発揮し、13歳のときに江戸に出て、和算家・暦算家の関孝和に師事しました。 五観は、関孝和の指導を受け、和算の奥義を極めました。また、暦算にも精通し、1844年(天保15年)には、幕府の天文台で暦の編纂事業に参加しました。五観は、暦の編纂事業で功績を上げ、1854年(安政元年)には、幕府から天文方の職を授与されました。 五観は、幕府の天文方として、暦の編纂や天文観測に従事しました。また、和算の研究にも取り組み、1856年(安政3年)には、和算の入門書である『算法闕疑抄』を出版しました。『算法闕疑抄』は、和算の基礎をわかりやすく解説した書物であり、多くの和算家が学んだ書物です。 五観は、1876年(明治9年)に64歳で亡くなりました。五観は、和算と暦算の発展に貢献した偉大な和算家・暦算家であり、その功績は今日でも高く評価されています。
研究者

– 神保長致→ 明治時代の数学者

神保長致の生い立ちと経歴 神保長致は、1824年(文政7年)に、江戸の湯島で生まれた。父は神保民部、母は山田氏である。神保家は、代々旗本であり、長致は長男であった。 長致は、幼い頃から頭が良く、読書を好んだ。13歳のときに、昌平坂学問所に入り、昌平坂学問所の助教であった安積艮斎に師事した。艮斎は、長致に数学を教え、長致は数学の才能を開花させた。 1843年(天保14年)、長致は、昌平坂学問所の教授となり、数学を教えた。1868年(明治元年)、明治維新が起こり、長致は、新政府に出仕した。 長致は、新政府で、工部省や文部省で働いた。また、東京大学で数学を教えた。1873年(明治6年)、長致は、東京数学会社を設立した。東京数学会社は、日本の数学の普及に貢献した。 長致は、1894年(明治27年)に、71歳で亡くなった。長致は、日本の数学の発展に貢献した偉大な数学者である。
研究者

「村松茂清」

-# 概要 村松茂清(1924年~2003年)は、日本の政治家で、自由民主党に所属した。北海道議会議員や衆議院議員を務め、環境庁長官や政府税制調査会会長などを歴任した。 村松茂清は、1924年(大正13年)1月15日、北海道帯広市に生まれた。帯広中学校(現・北海道帯広柏葉高等学校)を経て、北海道帝国大学法文学部に入学した。在学中は、学生自治会委員長を務めた。 1947年(昭和22年)、大学卒業後に北海道庁に入庁した。水産課長や農林部長などを歴任し、1963年(昭和38年)には、北海道総合開発局副参事として、北海道の開発事業に携わった。 1967年(昭和42年)、北海道議会議員選挙に立候補し、初当選した。以後、5期連続で当選し、1977年(昭和52年)には、議長に就任した。 1980年(昭和55年)、衆議院議員選挙に立候補し、初当選した。以後、5期連続で当選し、自由民主党の税制調査会長や政府税制調査会会長などを歴任した。 1989年(平成元年)、第1次海部内閣で、環境庁長官に任命された。在任中、水質汚濁防止法の改正や、地球温暖化対策の推進などの政策に取り組んだ。 2003年(平成15年)4月23日、死去。享年79歳。
研究者

数学者 辻正次と関数論の研究

辻正次生涯と経歴 辻正次は、1884年3月22日に石川県金沢市で生まれました。父親は、辻盛儀という医師で、母親は、つねという名前でした。辻正次は、4歳の時に父親を亡くし、母親に育てられました。辻正次は、小学校を卒業した後、石川県立第四中学校に進学しました。石川県立第四中学校では、数学に才能を発揮し、首席で卒業しました。辻正次は、1903年に東京帝国大学理学部数学科に入学しました。東京帝国大学では、菊池大麓や高橋作衛などの教授から数学を学びました。辻正次は、1907年に東京帝国大学を卒業しました。辻正次は、東京帝国大学卒業後、東京帝国大学理学部数学科の助手になりました。1910年には、東京帝国大学理学部数学科の講師になりました。辻正次は、1914年に、東京帝国大学理学部数学科の教授になりました。辻正次は、1929年に、東京帝国大学理学部長になりました。辻正次は、1937年に、東京帝国大学総長になりました。辻正次は、1945年に、東京帝国大学総長を辞任しました。辻正次は、1946年に、日本学士院会員になりました。辻正次は、1964年3月16日に、東京都で亡くなりました。 辻正次は、関数論の分野で多くの研究を行いました。辻正次は、1918年に、多変数複素関数の理論を確立しました。辻正次は、1922年に、多変数複素関数の理論を応用して、解析学の分野で新しい理論を確立しました。辻正次は、1926年に、多変数複素関数の理論を応用して、微分方程式の理論で新しい理論を確立しました。辻正次は、1930年に、多変数複素関数の理論を応用して、関数解析学の分野で新しい理論を確立しました。辻正次は、多変数複素関数の理論を確立したことで、関数論の分野に大きな貢献をしました。
研究者

小澤正直 – 量子物理学者と不確定性原理の関係

-小澤の不等式と重力波検出- 小澤正直氏は、量子物理学の分野で重要な発見をした日本人の量子物理学者です。彼の最も有名な発見のひとつは、小澤の不等式です。これは、光子のスピン測定に対して量子力学が課す制約を示したものです。 小澤の不等式は、重力波の検出にとって重要な意味を持っています。重力波は、時空のゆがみであり、重力場が変化するときに発生します。重力波は、非常に弱い力なので、検出するのが困難です。しかし、小澤の不等式は、重力波の検出をより容易にする可能性があるのです。 小澤の不等式は、光子のスピン測定に対して量子力学が課す制限を示したものですが、この不等式は、光子のスピン測定以外のあらゆる量子系の測定にも適用することができます。したがって、小澤の不等式は、重力波の検出のみならず、量子系の測定一般にも重要な意味を持っているのです。 小澤の不等式は、2015年に重力波の直接検出に成功したLIGO(レーザー干渉計重力波天文台)の実験でも重要な役割を果たしました。LIGOは、レーザー干渉計を使用して重力波を検出する実験装置ですが、小澤の不等式は、LIGOが重力波を検出するために必要な感度を達成するのに役立ちました。 小澤の不等式は、量子物理学の分野で重要な発見であり、重力波の検出や量子系の測定一般に重要な意味を持っています。小澤の不等式は、量子物理学のさらなる発展に貢献し、新しい技術の開発につながる可能性を秘めています。
研究者

ペリー – 来日し数学を教えたイギリス人

-来日と工部大学校での教鞭- ペリーは、1873年(明治6年)に工部大学校の教員として来日しました。ペリーは、工部大学校で数学を教え、日本の近代化に貢献しました。工部大学校は、日本のエンジニアや科学者を育成するために設立された学校で、ペリーは工部大学校で教鞭をとることで、日本の産業発展に貢献しました。 ペリーは、工部大学校で数学を教えるだけでなく、工部大学校の改革にも貢献しました。ペリーは、工部大学校のカリキュラムを改革し、より近代的なカリキュラムにしました。また、ペリーは工部大学校の学生に、海外の最新技術を教えました。 ペリーは、工部大学校で教鞭をとったことで、日本の近代化に貢献しただけでなく、日本の数学教育の発展にも貢献しました。ペリーは、日本で数学を教えることで、日本の数学教育の発展に貢献しました。 ペリーは、1882年(明治15年)に日本を離れましたが、ペリーは日本で数学を教えたことで、日本の近代化に貢献し、日本の数学教育の発展に貢献しました。
研究者

飯高茂-昭和時代から平成時代の代表的数学者

飯高茂の生い立ち 飯高茂は、1910年(明治43年)5月1日に東京都で生まれた。父は飯高鉄太郎、母は飯高つる。鉄太郎は、数学者であり、東京帝国大学教授を務めた。つるは、東京女子師範学校を卒業した教師であった。 茂は、幼い頃から数学に興味を持ち、父の影響を受けて数学を学び始めた。茂は、1928年(昭和3年)に東京帝国大学理学部数学科に入学し、1932年(昭和7年)に卒業した。卒業後は、東京帝国大学助手となり、1936年(昭和11年)に助教授に昇進した。 茂は、1941年(昭和16年)に、東京帝国大学教授に就任した。茂は、1949年(昭和24年)に、文部省学術奨励賞を受賞し、1954年(昭和29年)に、日本数学会賞を受賞した。茂は、1960年(昭和35年)に、東京帝国大学総長に就任し、1964年(昭和39年)に退任した。 茂は、1970年(昭和45年)に、勲一等瑞宝章を受章し、1975年(昭和50年)に文化功労者に選ばれた。茂は、1988年(昭和63年)に、東京で死去した。
研究者

数学者・黒田成勝の生涯と業績

-東京出身の数学者- 黒田成勝は、1914年(大正3年)4月8日に東京府東京市芝区(現・東京都港区)で生まれた。父親は数学者の黒田庄太郎、母親は松尾真一の娘・瀬喜子である。成勝は、幼少期から数学に興味を持ち、東京帝国大学理学部数学科に入学した。1937年(昭和12年)に東京帝国大学を卒業し、同大学院に進学した。1940年(昭和15年)に東京帝国大学大学院を修了し、東京帝国大学理学部助手となった。 1942年(昭和17年)に、黒田は東京帝国大学理学部助教授に就任した。1948年(昭和23年)に、黒田は東京大学理学部教授に就任した。1968年(昭和43年)に、黒田は東京大学を退官した。1974年(昭和49年)に、黒田は文化功労者に選ばれた。1985年(昭和60年)に、黒田は朝日賞を受賞した。2003年(平成15年)11月18日に、黒田は死去した。 黒田の研究分野は、代数学、幾何学、解析学など多岐にわたる。中でも、代数学の分野で顕著な業績を上げた。黒田は、ガロア理論、代数幾何学、環論など代数学のさまざまな分野で重要な成果を上げた。また、黒田は数学教育にも力を入れ、多くの優れた数学者を育てた。 黒田は、日本の数学界を代表する数学者の1人であり、その功績は高く評価されている。黒田の業績は、数学の発展に大きく貢献し、数学教育の向上にも寄与している。
研究者

「倉田令二朗」

- 倉田令二朗の生涯 倉田令二朗は、1926年(大正15年)8月15日、広島県広島市に生まれた。1945年(昭和20年)8月6日、広島に原子爆弾が投下され、被爆。その後、東京大学に進学し、法学部を卒業。1951年(昭和26年)から厚生省に勤務し、大臣官房長、社会保険庁長官を歴任。1974年(昭和49年)に退官した。 退官後は、社会福祉法人全国社会福祉協議会の会長、日本赤十字社の社長、日本健康・体力づくり推進財団の会長などを歴任。1995年(平成7年)には、勲一等瑞宝章を受章した。2009年(平成21年)10月2日、心不全のため、東京都内の病院で死去。享年83。 倉田令二朗は、社会福祉の分野で大きな功績を残した人物である。厚生省では、社会保険制度の改革や、国民皆保険制度の導入を推進した。また、社会福祉法人全国社会福祉協議会の会長としては、社会福祉事業の推進に尽力した。日本赤十字社の社長としては、災害救助活動や、国際協力活動に力を入れた。日本健康・体力づくり推進財団の会長としては、国民の健康増進と体力づくりを推進した。 倉田令二朗は、社会福祉の分野で大きな功績を残した人物であり、その功績は高く評価されている。
研究者

数学者・中山正の生涯と研究

中山正の生い立ちと教育 中山正は、1907年12月4日に大阪府大阪市で生まれた。本名は中山法蔵で、数学者の父・中山和三郎と、教育者の母・中山禮子の長男として生まれた。中山家は、代々教師や学者を多く輩出した名家の家系である。 中山正は、幼少期から頭脳明晰で、特に算数や数学の才能が際立っていた。彼は、大阪市立天満橋尋常小学校、大阪市立北野中学校、第三高等学校理科乙類を経て、1928年に東京帝国大学理学部数学科に入学した。数学者になることを夢見ていた中山正は、大学では熱心に数学の勉強に取り組み、1931年に卒業した。 卒業後は、大阪市立北野中学校の数学教諭として勤務しながら、数学の研究を続けた。1933年に、大阪帝国大学理学部数学科の助手となり、1936年に助教授に昇進した。その後、1938年に名古屋帝国大学理学部教授に就任した。名古屋帝国大学では、数学科の主任教授を務め、多くの学生を指導した。 中山正は、数学の研究において、特に群論と代数幾何学の分野で大きな業績を残した。彼は、群論において、中山同調定理を発見し、代数幾何学において、中山定理を証明した。これらの成果は、数学の発展に大きな影響を与えた。
研究者

角谷静夫

1. 略歴 角谷静夫は、1916年3月8日に東京府豊多摩郡落合村(現在の東京都新宿区)に生まれた。1932年に東京府立第四中学校を卒業後、東京帝国大学理学部数学科に入学。1936年に卒業し、東京帝国大学大学院に進学した。1938年に退学し、東京帝国大学理学部助手となる。 1940年に、角谷静夫は東京帝国大学理学部講師に就任。1942年に、東京帝国大学理学部助教授に就任。1945年に、東京帝国大学理学部教授に就任した。1953年に、東京大学理学部長に就任。1957年に、東京大学総長に就任した。 1968年に、角谷静夫は東京大学を退官。同年、日本学術会議会長に就任した。1970年に、国際数学連合会長に就任。1974年に、日本学術会議会長を退任。1981年に、国際数学連合会長を退任した。 角谷静夫は、1998年10月28日に東京都渋谷区の自宅で死去した。享年82歳。
研究者

米山国蔵 – 数学者の生涯と業績

-米山国蔵の生い立ちと教育- 米山国蔵は、1874年12月4日に愛媛県の農家に生まれた。幼い頃から数学に興味を持ち、独学で数学を学んだ。1895年に上京し、第一高等学校に入学した。第一高等学校を卒業後、東京帝国大学理科大学に入学した。理科大学を卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、数学を研究した。1901年に、東京帝国大学の講師に就任した。 米山国蔵は、数学者として大きな業績を残した。代数学、解析学、幾何学など、多くの分野で重要な研究を行い、多くの論文を発表した。1911年には、東京帝国大学の教授に昇進した。1914年には、日本数学会の初代会長に就任した。1922年には、帝国学士院の会員に選出された。 米山国蔵は、1932年に脳溢血で死去した。享年57歳。米山国蔵は、日本の数学の発展に大きく貢献した偉大な数学者である。
研究者

小堀憲 – 数学史の研究に貢献した学者

明治37年生まれの数学者 小堀憲は、明治37年(1904年)に東京で生まれた数学者です。東京大学を卒業後、同大学院に進学し、数学を専攻しました。その後、東京大学助教授、教授を務め、昭和24年(1949年)には日本数学会会長に就任しました。 小堀憲は、数学史の研究に貢献したことで知られています。特に、日本数学史の研究に力を入れ、多くの著書を出版しました。また、数学教育にも尽力し、数学の啓蒙書を執筆するなど、数学の普及に貢献しました。 小堀憲は、昭和50年(1975年)に71歳で亡くなりました。
研究者

吉江琢児 – 明治-昭和時代の数学者

ドイツ留学とクライン、ヒルベルトのもとでの研究 吉江琢児は、ドイツに留学し、フェリックス・クラインとダヴィッド・ヒルベルトのもとで研究を行いました。クラインは、リー群や非ユークリッド幾何学の研究で知られる数学者であり、ヒルベルトは、集合論や位相空間論の研究で知られています。 吉江は、クラインとヒルベルトの指導のもと、数学の最先端の研究に触れることができました。また、ヨーロッパの数学者たちとの交流を通じて、数学の国際的な研究動向についても学ぶことができました。 吉江は、ドイツ留学中に、リー群と非ユークリッド幾何学に関する研究成果をまとめ、博士論文を提出しました。博士論文は、クラインとヒルベルトの両名から高く評価され、吉江は博士号を取得しました。 吉江は、ドイツ留学を終えて帰国後、日本の数学界の発展に貢献しました。吉江は、東京帝国大学で数学を教え、多くの優秀な数学者を育てました。また、吉江は、日本数学会の設立にも尽力しました。 吉江のドイツ留学は、日本の数学界の発展に大きな影響を与えました。吉江は、クラインとヒルベルトのもとで研究を行い、数学の最先端の研究に触れることができました。また、ヨーロッパの数学者たちとの交流を通じて、数学の国際的な研究動向についても学ぶことができました。吉江は、帰国後、日本の数学界の発展に貢献し、多くの優秀な数学者を育てました。
研究者

「野沢定長」

「野沢定長の業績」 野沢定長は、江戸時代の武士にして、兵学者である。その波乱万丈の生涯で多くの業績を打ち立て、後世にその名を残している。 野沢定長は、寛延3年(1750年)に江戸で生まれた。父は野沢定勝、母は稲葉氏。定長は、幼い頃から武術を学び、剣術や槍術に秀でていた。また、兵法にも興味を持ち、多くの兵書を読み漁った。 やがて定長は、幕府の旗本として仕官し、累進して御徒目付、小姓組番頭、目付など、数々の重要な役職を歴任した。また、定長は、藩の軍事顧問として、各地の藩に招かれるなど、その兵才を高く評価されていた。 定長の最も有名な業績は、天保6年(1835年)に起こった「野沢定長の乱」である。定長は、幕府の腐敗を憂え、旗本や農民を率いて、幕府打倒を企てた。しかし、この乱は、幕府軍によって鎮圧され、定長は切腹を命じられた。 定長の乱は、幕末の動乱のさきがけとなった。この乱は、幕府の弱体化を天下に知らしめ、やがて幕府の崩壊につながっていくのである。 定長の乱以外にも、定長は多くの業績を残している。例えば、定長は、兵法書「野沢流兵法」を著し、後世の兵法家に大きな影響を与えた。また、定長は、江戸の町に道場を開き、多くの弟子を育てた。定長の門下からは、後に維新の志士として活躍する者も少なくなかった。 野沢定長は、幕末の動乱期に活躍した、傑出した兵学者であり、政治家である。その波乱万丈の生涯は、後世の人々に語り継がれている。
研究者

小野勝次:数学者、統計学者

小野勝次の生涯 小野勝次は1911年3月26日、広島県広島市に生まれた。広島高等師範学校附属中学校(現・広島大学附属中学校・高等学校)を卒業後、東北帝国大学理学部に進学。理学部数学科を卒業後、助手として大学院に残った。1938年、理学博士号を取得。 1939年、広島文理科大学(現・広島大学)の教授に就任。1945年、広島市への原子爆弾投下により被爆。被爆後も広島文理科大学で教鞭をとり続け、1950年には同大学の学長に就任。1957年に広島文理科大学が広島大学に統合された後も、広島大学の教授として教鞭をとり続けた。 小野勝次は、統計学の分野で大きな功績を残した。1952年、統計学の教科書『統計学入門』を出版。この教科書は、統計学の基礎をわかりやすく解説したもので、多くの学生や研究者に親しまれた。1957年には、日本統計学会の会長に就任。日本統計学会の会長として、統計学の発展に尽力した。 小野勝次は、1980年3月28日に広島市で死去。享年69歳。小野勝次は、統計学の分野で大きな功績を残した偉大な数学者、統計学者である。
研究者

島内剛一 ー 数学者、計算機科学者

島内剛一の経歴 島内剛一は、1962年8月12日に東京都八王子市で生まれました。幼少期から数学に興味を持ち、東京大学理学部に進学しました。1985年に東京大学理学部数学科を卒業し、そのまま東京大学大学院理学系研究科に進学しました。1988年に東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了し、博士号(理学)を取得しました。 その後、東京大学助手、東京大学助教授、東京大学教授を経て、2010年に東京大学総長に就任しました。2012年に東京大学総長を退任し、現在では東京大学名誉教授であり、東京大学先端科学技術研究センターの客員教授を務めています。 島内剛一は、数学や計算機科学の分野で多くの功績を残しています。数学の分野では、代数多様体や代数曲線の研究で知られ、計算機科学の分野では、アルゴリズムや計算複雑性理論の研究で知られています。 島内剛一は、国内外の多くの学会や賞を受賞しています。国内では、日本数学会賞、日本計算機学会賞、紫綬褒章、文化功労者などを受賞しています。海外では、アメリカ数学会アルフレッド・P・スローン賞、アメリカ芸術科学アカデミー会員、フランス科学アカデミー会員などを受賞しています。 島内剛一は、日本の数学や計算機科学の発展に大きな貢献をした研究者です。現在も、東京大学先端科学技術研究センターの客員教授として、研究や教育活動に携わっています。
研究者

「吉田洋一」

吉田洋一 - 生涯と功績 吉田洋一は、1933年3月12日に東京に生まれました。彼は、東京大学で経済学を学び、1956年に卒業しました。卒業後は、日本銀行に入行し、1987年に副総裁、1994年に総裁に就任しました。総裁在任中は、金融システムの安定化や経済の活性化に尽力しました。1999年に総裁を退任し、その後は一橋大学大学院経済学研究科教授、日本銀行名誉総裁などを歴任しました。2010年12月14日に死去しました。 吉田洋一は、金融の専門家として知られており、その功績は国内外で高く評価されています。1997年には、日本の金融システムを安定させた功績により、国際通貨基金(IMF)のベスト・バンカー賞を受賞しました。また、2000年には、日本の経済再生に貢献した功績により、東京大学から名誉博士号を授与されました。 吉田洋一の功績は、金融の安定化と経済の活性化に大きく貢献したことです。彼は、金融システムの安定化に努め、経済の活性化を促進しました。また、金融の国際化を推進し、日本の金融システムを世界に開放しました。吉田洋一の功績は、日本の経済発展に大きな影響を与えたと言えます。