文武館

歴史上の人物

淡海槐堂 – 尊攘運動家と文武館の開祖

-淡海槐堂の生涯と功績- 淡海槐堂(たんかいかいどう)は、幕末の尊攘運動家であり、文武館の開祖である。本名は神保友次郎、通称は新蔵。淡海は号であり、槐堂は雅号である。 淡海槐堂は、1832年(天保3年)に江戸で生まれた。父は神保氏房、母は千葉君平の娘である。幼少期は、江戸で過ごし、漢学や武道を学んだ。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、尊攘運動に参加するようになった。1858年(安政5年)、文久の改革が行われると、幕府に出仕し、勘定奉行などを歴任した。しかし、1862年(文久2年)に尊攘派が失脚すると、文武館を設立して、尊攘運動を続けた。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、淡海槐堂は、薩摩藩や長州藩に協力して、幕府軍と戦った。戊辰戦争後、淡海槐堂は、明治新政府に出仕し、民部大輔や文部大丞などを歴任した。1873年(明治6年)、文部卿に就任し、学制の制定に尽力した。また、1875年(明治8年)には、東京大学の前身である東京開成学校を設立した。 淡海槐堂は、1877年(明治10年)に死去した。享年46歳。淡海槐堂は、尊攘運動家として、幕末の動乱期に活躍し、明治維新に貢献した。また、教育者として、学制の制定や東京大学の設立に尽力し、日本の近代化に貢献した。
学術分野の人

伴侗庵:江戸後期から明治時代にかけての儒者

伴侗庵の生涯と業績 伴侗庵(1797-1863)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者です。名は栄、字は子能、通称は竹五郎、号は侗庵、樵漁子、松筠舎主人などがあります。 侗庵は、常陸国新治郡小里村(現・茨城県筑西市)に生まれました。幼少期から学問を好み、14歳の時に江戸に出て、儒者・古賀侗庵に師事しました。侗庵は、古賀侗庵から朱子学を学び、その才能を高く評価されました。 20歳の時に、侗庵は江戸幕府の儒官となった。そして、書物奉行、昌平黌教授、大番頭などを歴任し、儒学の振興に努めました。また、侗庵は、多くの著作を残しており、そのうちの一つである『朱子語義』は、朱子学の入門書として広く読まれました。 1863年、侗庵は67歳で亡くなりました。侗庵は、江戸時代を代表する儒者の一人であり、その業績は後世に大きな影響を与えました。 侗庵の生涯と業績の特徴 侗庵の生涯と業績の特徴は、以下の通りです。 * 江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者である。 * 常陸国新治郡小里村(現・茨城県筑西市)に生まれた。 * 14歳の時に江戸に出て、儒者・古賀侗庵に師事した。 * 20歳の時に、江戸幕府の儒官となった。 * 書物奉行、昌平黌教授、大番頭などを歴任した。 * 多くの著作を残しており、そのうちの一つである『朱子語義』は、朱子学の入門書として広く読まれた。 * 1863年、67歳で亡くなった。 * 江戸時代を代表する儒者の一人であり、その業績は後世に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

鹿島則文-明治を彩った偉人

-鹿島則文の生涯- -生い立ち- 鹿島則文は、1850年(嘉永3年)に薩摩藩鹿児島城下で生まれました。幼名は覚太郎と言い、父は薩摩藩士の鹿島則行、母は島津氏の家臣の娘でした。鹿島則文は、幼い頃から聡明で、読書を好みました。 -維新の志士として- 鹿島則文は、1865年(慶応元年)に薩摩藩の藩校である造士館に入学しました。そして、1867年(慶応3年)に戊辰戦争が勃発すると、薩摩藩の軍隊に加わり、鳥羽伏見の戦いなどに参加しました。 -明治政府の要人として- 明治維新後、鹿島則文は明治政府に出仕しました。そして、1871年(明治4年)に大蔵大輔に任命され、1872年(明治5年)には大蔵卿となりました。鹿島則文は大蔵卿として、日本の近代化に尽力しました。 -政界への進出- 鹿島則文は、1880年(明治13年)に自由党を結成し、政界に進出しました。そして、1881年(明治14年)に初代内閣総理大臣となりました。鹿島則文は、総理大臣として、殖産興業政策を推進し、日本の近代化をさらに推し進めました。 -晩年- 鹿島則文は、1898年(明治31年)に総理大臣を辞任しました。そして、1906年(明治39年)に死去しました。鹿島則文は、日本の近代化に大きく貢献した偉人です。
学術分野の人

安武厳丸 – 江戸後期・明治時代の儒者と国学者

-安武厳丸の生涯- 安武厳丸は、1801年(享和元年)に江戸で生まれた。幼名は光之助といい、父は旗本の安武高顕、母は旗本堀田氏の娘である。厳丸は、幼少の頃から聡明で、儒学や国学を学び、17歳で大学頭となった。 1825年(文政8年)、厳丸は京都に遊学し、国学者である賀茂真淵の門下生となった。真淵から国学を学び、また、京都の文化サロンである三条西家に出入りし、多くの知識人や文人と交流した。 1830年(天保元年)、厳丸は江戸に戻り、昌平坂学問所に奉職した。昌平坂学問所では、儒学と国学を教え、多くの弟子を育てた。また、幕府の諮問機関である昌平黌の学頭も務め、幕政に関与した。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航し、日本は開国を迫られた。厳丸は、開国に反対し、攘夷を主張した。しかし、幕府は開国を決定し、厳丸は昌平坂学問所を辞職した。 1868年(明治元年)、明治維新が起こり、新政府が成立した。厳丸は、新政府に仕え、文部省の官僚として教育改革に携わった。また、東京帝国大学の設立にも尽力した。 1871年(明治4年)、厳丸は文部卿に就任した。文部卿として、学制を制定し、近代的な教育制度を確立した。また、東京帝国大学を創設し、近代的な高等教育機関を設立した。 1872年(明治5年)、厳丸は文部卿を辞任し、隠居した。1879年(明治12年)、厳丸は東京で死去した。享年78。
歴史上の人物

加藤謙二郎 – 幕末の尊攘運動家

- -加藤謙二郎 - 幕末の尊攘運動家- -# -早すぎる死を遂げた九州藩士- 加藤謙二郎は、1838年(天保9年)に肥前国佐賀藩(現在の佐賀県)で生まれた。諱は尚徳、号は静斎。通称は謙次郎とも呼ばれた。父は佐賀藩士・加藤尚平、母は町田氏。幼少期から聡明で、藩校・弘道館で学んだ。1854年(安政元年)、ペリー来航に際しては、佐賀藩の海防策に貢献した。 1860年(安政7年)、23歳の時に上洛し、尊攘運動に加わった。攘夷派公卿の三条実美や姉小路公知らと親交を深め、尊攘運動の急先鋒として活躍した。1862年(文久2年)、尊王攘夷派が中心となった八月十八日の政変で、公武合体を主張する一橋慶喜が将軍職を辞任し、尊攘派が政権を掌握した。加藤謙二郎は、新政府で議定役に任命された。 しかし、新政府の足場は固まらず、1863年(文久3年)に尊攘派と公武合体派が衝突する八月十八日の政変が発生した。加藤謙二郎は、公武合体派の襲撃を受け、京都で暗殺された。享年26歳。 加藤謙二郎の死は、尊攘運動に大きな打撃を与えた。尊攘運動は、その後も続いたが、やがて公武合体派が優勢となり、1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発した。戊辰戦争は、新政府軍が勝利し、明治維新が実現した。 加藤謙二郎は、尊攘運動の急先鋒として活躍した若き志士であった。早すぎる死を遂げたが、日本の近代化に貢献した人物である。
歴史上の人物

戸川正章 – 江戸時代後期の尊王派の武士

-# 戸川正章 - 江戸時代後期の尊王派の武士 -尊王派の武士として活躍した生涯- 戸川正章(戸川又一郎)は、江戸時代後期の尊王派の武士です。薩摩藩士であり、国学者であり、勤皇の志士でありました。 戸川正章は、1807年(文化4年)に薩摩藩士の家に生まれました。幼い頃から学問に励み、18歳で藩校の造士館に入学しました。造士館では、儒学や兵学を学び、頭角を現しました。 1829年(文政12年)、戸川正章は、江戸藩邸に詰めました。江戸では、国学を学び、尊王攘夷の思想に触れました。1842年(天保13年)、薩摩藩に帰郷し、藩主の島津斉彬に重用されました。 斉彬は、尊王攘夷を唱える英明な藩主であり、戸川正章は、斉彬の政策を支えました。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、戸川正章は、薩摩藩の代表としてペリーと交渉しました。 1860年(万延元年)、斉彬が急死すると、藩内は佐幕派と尊王攘夷派に分裂しました。戸川正章は、尊王攘夷派の中心人物として活躍し、幕府と対立しました。 1863年(文久3年)、薩摩藩は、幕府の命令に従って、長州藩を攻撃しました。戸川正章は、薩摩藩の総司令官として、長州藩と戦いました。しかし、薩摩藩は、長州藩に敗北し、戸川正章は、責任を取って切腹しました。 戸川正章は、尊王攘夷の志士として、幕府と戦い、その生涯を閉じました。戸川正章は、日本の近代化に貢献した人物として、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

内海釣経の生涯と著書

-内海釣経の生涯と著書- -内海釣経の生い立ちと教育- 内海釣経(1887-1980)は、日本の医師、小説家、エッセイスト。本名は内海永治。徳島県徳島市出身。 内海釣経は、1887年(明治20年)に徳島県徳島市に生まれた。父は医者の内海半三郎、母はキヨ。釣経は長男で、弟に作家・評論家の内海繁がいる。 釣経は幼い頃から聡明で、地元の小学校を卒業後は徳島県尋常中学校(現・徳島県立城南高等学校)に進学。中学時代には、校長だった小西重孝の影響を受けて文学に興味を持つようになった。 1904年(明治37年)、釣経は中学を卒業して上京。東京帝国大学医学部に入学した。大学時代は、文芸部に所属して小説や詩を執筆。1911年(明治44年)、医学部を卒業して医者の資格を取得した。 卒業後は、徳島市の内海医院に勤務。1914年(大正3年)に、結婚して妻との間に三人の娘をもうける。1922年(大正11年)、釣経は内海医院を辞めて上京。東京で専業作家として活動を開始した。 釣経は、小説家として、1924年(大正13年)に『釣のある生活』でデビュー。その後、『釣三昧』『釣道』『釣聖』など、釣を題材にした小説を多く執筆した。釣経の小説は、ユーモアと風刺に富んでおり、多くの読者に親しまれた。 釣経は、小説家としてだけでなく、エッセイストとしても活躍した。1925年(大正14年)に『釣りの文学』を刊行。その後、『釣りの随筆』『釣りの旅』など、釣を題材にしたエッセイを多く執筆した。釣経のエッセイは、釣りの楽しさや釣りにまつわる文化について、ユーモアと愛情を込めて綴られており、多くの読者に親しまれた。 釣経は、1980年(昭和55年)に死去。享年93歳。釣経は、日本の釣文学の第一人者として、多くの読者に親しまれた作家であり、エッセイストである。
歴史上の人物

近藤浩斎

- 近藤浩斎の生涯(1866-1942) 近藤浩斎は、1866年(慶応2年)に肥後国下益城郡小川町(現熊本県宇城市小川町)に生まれました。幼名は長蔵、後に浩蔵と改名しました。 浩斎は幼い頃から絵画に興味を持ち、12歳の時に肥後熊本藩の画師、高田敬輔に入門しました。敬輔は、南画を専門とする画家で、浩斎に中国の伝統的な絵画技法を教えました。浩斎は敬輔のもとで絵画の基礎を学び、18歳で上京しました。 上京した浩斎は、洋画家、浅井忠から西洋画を学びました。浅井は、日本の洋画界を代表する画家で、浩斎に西洋の近代的な絵画技法を教えました。浩斎は浅井のもとで西洋画の基礎を学び、1894年(明治27年)に東京美術学校に入学しました。 東京美術学校で浩斎は、洋画科で学びました。浩斎は、東京美術学校で西洋の近代的な絵画技法を学び、1897年(明治30年)に卒業しました。 卒業後、浩斎は画家として活動しました。浩斎は、1907年(明治40年)に帝展に入選し、1919年(大正8年)には文展の審査員に任命されました。浩斎は、1942年(昭和17年)に77歳で亡くなりました。 浩斎は、日本の洋画界を代表する画家の一人で、数多くの作品を残しました。浩斎の作品は、現在、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館などに収蔵されています。