文部科学大臣賞研究功績者

研究者

「神原秀記」

-「神原秀記の研究業績」- 神原秀記は、日本の工学者であり、東京大学名誉教授。専門は、応用物理学、半導体工学。 1931年、東京都生まれ。1959年、東京大学工学部電子工学科卒業。1964年、同大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了、工学博士。1970年、東京大学工学部教授に就任。1997年、定年退官、名誉教授。 神原秀記の研究業績は、主に半導体材料の研究と半導体デバイスの開発に関するものである。半導体材料の研究では、シリコンやガリウムヒ素などの半導体材料の物性や電気的特性を調査し、半導体デバイスの開発に役立つ情報を提供した。半導体デバイスの開発では、トランジスタやダイオードなどの半導体デバイスを開発し、電子機器の小型化や高性能化に貢献した。 神原秀記の研究業績は、半導体工学の発展に大きく貢献し、日本の電子産業の発展に寄与した。また、神原秀記は、東京大学工学部長や日本物理学会会長などを歴任し、学術界や産業界の発展に尽力した。 神原秀記の主な研究業績は以下の通りである。 * 半導体材料の物性や電気的特性に関する研究 * トランジスタやダイオードなどの半導体デバイスの開発 * 電子機器の小型化や高性能化への貢献 * 学術界や産業界の発展への貢献