新しき村

作家

平林英子 – 昭和-平成時代の小説家

- 平林英子の生い立ちと作家活動の始まり 平林英子は、1906年(明治39年)10月20日、東京府東京市(現・東京都)本郷区本郷(現・文京区本郷)に、父・平林喜代太郎、母・タツの三女として生まれた。平林家は、父が医者を務める資産家であった。英子は、幼い頃から読書を好み、特に小説を好んだ。また、音楽にも親しみ、ピアノを習っていた。 1922年(大正11年)3月、平林英子は、東京府立第一高等女学校(現・東京都立白鷗高等学校)を卒業。その後、女子英学塾(現・東京女子大学)に入学し、英文科に進んだ。女子英学塾在学中に、『文学界』、『新潮』、『婦人公論』などの文芸雑誌に作品を発表し始めた。 1927年(昭和2年)、平林英子は、女子英学塾を卒業。卒業後は、文筆業に専念した。1928年(昭和3年)に、処女小説である『紅の雨』を『新潮』に発表。この作品は、高い評価を受け、平林英子は一躍、文壇の注目を集めた。 その後、平林英子は、次々と作品を発表し、人気作家となった。代表作には、『にごりえ』(1936年)、『夜の蝶』(1941年)、『山びこ学校』(1946年)などがある。平林英子の作品は、女性を主人公としたものが多く、女性の心の内を繊細に描いた作品が多い。また、平林英子は、社会問題にも関心を持ち、社会問題を題材にした作品も発表している。
作家

武者小路実篤 – 理想主義に生きた小説家

-武者小路実篤の生涯- 武者小路実篤は、1885年(明治18年)5月10日、東京市麹町区飯田町六丁目(現在の東京都千代田区飯田橋)に、貴族院議員や裁判官などを歴任した武者小路篤敬と、旗本の娘である母・章子の間に生まれた。 実篤は、幼い頃から文学に興味を示し、早稲田大学在学中には、同級生の志賀直哉、里見弴らと「白樺」を創刊(1910年)。「白樺」は、日本の自然主義文学の潮流に反し、理想主義とヒューマニズムを唱え、日本の近代文学に大きな影響を与えた。 実篤は、その後も小説、戯曲、詩歌など幅広い分野で活躍し、1926年(昭和元年)には、自らの理想郷「新しき村」を宮崎県に建設。戦争中には治安維持法違反で投獄され、戦後は、平和運動や原水爆禁止運動に積極的に参加した。 実篤は、1976年(昭和51年)に91歳で亡くなるまで、旺盛な創作活動を続け、2000作品以上を発表した。その作品は、今も多くの人々に親しまれている。 以下、武者小路実篤の生涯をより詳しく見ていこう。 1885年(明治18年) 東京市麹町区飯田町六丁目(現在の東京都千代田区飯田橋)に生まれる。 1906年(明治39年) 早稲田大学英文科に入学。 1910年(明治43年) 「白樺」を創刊。 1919年(大正8年) 「友情」を発表。 1926年(昭和元年) 自らの理想郷「新しき村」を宮崎県に建設。 1940年(昭和15年) 治安維持法違反で投獄される。 1945年(昭和20年) 終戦。 1954年(昭和29年) 文化勲章を受章。 1965年(昭和40年) 「わが師わが友」を発表。 1976年(昭和51年) 91歳で死去。
作家

塚原健二郎氏について

-武者小路実篤氏との出会い- 塚原健二郎氏は、武者小路実篤氏との出会いによって、人生観が大きく変わったと語っている。塚原氏が武者小路氏と初めて会ったのは、1920年のことだった。当時、塚原氏は東京帝国大学の学生で、武者小路氏はすでに著名な作家だった。塚原氏は、武者小路氏の講演会に出席し、その思想に強く感銘を受けた。武者小路氏は、自然と調和した生活の大切さを説き、物質主義を批判していた。塚原氏は、武者小路氏の思想に共感し、武者小路氏を師と仰ぐようになった。 武者小路氏との出会いは、塚原氏の人生に大きな影響を与えた。塚原氏は、武者小路氏から自然の大切さを学び、物質主義を批判するようになった。また、武者小路氏から、人間は社会の一員であり、社会に貢献することが大切だと教わった。塚原氏は、武者小路氏の思想に感銘を受け、武者小路氏を師と仰ぐようになった。 塚原氏は、武者小路氏との出会いをきっかけに、自然と調和した生活を送ることを決意した。塚原氏は、東京帝国大学を卒業後、故郷の鹿児島県に戻り、農業に従事した。塚原氏は、農作業を通して、自然の大切さを実感し、物質主義を批判するようになった。また、塚原氏は、農業を通して、人間は社会の一員であり、社会に貢献することが大切だと学んだ。 塚原氏は、武者小路氏との出会いによって、人生観が大きく変わった。塚原氏は、武者小路氏から自然の大切さを学び、物質主義を批判するようになった。また、塚原氏は、武者小路氏から、人間は社会の一員であり、社会に貢献することが大切だと教わった。塚原氏は、武者小路氏の思想に感銘を受け、武者小路氏を師と仰ぐようになった。
作家

「大熊長次郎」

-大熊長次郎の概要- 大熊長次郎は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した日本の農民。 苗字帯刀を許された豪農で、秩父困民党の首領として秩父事件を指揮した。 大熊長次郎は、文政10年(1827年)に、武蔵国秩父郡大田村(現・埼玉県秩父市)で生まれた。 父は、大熊長兵衛、母は、のぶ。 長次郎は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。 16歳のとき、父が亡くなり、家督を継いだ。 長次郎は、農業に励み、家業を拡大した。 また、村の有力者としても活躍し、村役人を務めた。 安政5年(1858年)、日本は、アメリカ合衆国と修好通商条約を締結した。 この条約によって、日本は、生糸や茶などの産物をアメリカ合衆国に輸出することになった。 しかし、この条約は、日本にとって不平等なものであり、多くの農民が貧困に陥った。 秩父郡も、この条約の影響を大きく受け、多くの農民が貧困に陥った。 長次郎は、貧困に苦しむ農民を救うため、秩父困民党を結成した。 秩父困民党は、秩父郡内の貧農たちによって組織された団体である。 長次郎は、秩父困民党の首領として、秩父郡の農民たちに蜂起を呼びかけた。 明治6年(1873年)11月、秩父困民党は、秩父郡内の役所を襲撃し、秩父事件を起こした。 秩父事件は、明治政府軍によって鎮圧された。 長次郎は、秩父事件の首謀者として逮捕され、東京で裁判にかけられた。 長次郎は、死刑を宣告され、明治7年(1874年)8月21日、処刑された。 長次郎の死後、秩父困民党は解散し、秩父事件は終結した。 しかし、秩父困民党の蜂起は、日本の農民運動の歴史において重要な事件となった。
歴史上の偉人

農業指導者・上野満の生涯と功績

-昭和22年から始まった新利根川流域での農業協同組合組織- -開拓地での協同組合の役割- 昭和22年から始まった新利根川流域での農業協同組合組織は、開拓団の組織を母体として設立された。開拓団は、戦後の食糧不足を解消するために設立されたもので、全国各地に数多くの開拓団が設立された。新利根川流域には、昭和22年に「新利根川流域開拓団」が設立され、多くの開拓団員が入植した。 新利根川流域は、荒れ地が多く、開拓は困難を極めた。開拓団員は、開墾や農業技術の習得に苦労しながら、農業生産に励んだ。しかし、開拓団員の中には、農業経験のない者も多く、農業生産は思うように進まなかった。 このような状況の中で、農業協同組合が大きな役割を果たした。農業協同組合は、開拓団員に農業技術の指導を行い、農業資材を共同で購入し、農産物を共同で販売することで、開拓団員の農業生産を支援した。また、農業協同組合は、開拓団員同士の交流の場を提供し、開拓団員が互いに協力し合うことで、開拓の困難を乗り越えていった。 -農業協同組合の設立と発展- 昭和22年に設立された「新利根川流域開拓団」は、昭和24年に「新利根川流域農業協同組合」を設立した。新利根川流域農業協同組合は、開拓団員を組合員として、農業生産の支援や農産物の販売などを行った。 昭和25年には、新利根川流域農業協同組合に隣接する地域に「利根川下流農業協同組合」が設立された。利根川下流農業協同組合は、新利根川流域農業協同組合と同様に、開拓団員を組合員として、農業生産の支援や農産物の販売などを行った。 新利根川流域農業協同組合と利根川下流農業協同組合は、昭和30年に合併して「新利根川農業協同組合」となった。新利根川農業協同組合は、新利根川流域の農業協同組合の組織を統合し、農業生産の支援や農産物の販売などを行った。 新利根川農業協同組合は、昭和35年に「利根川農業協同組合」と改称した。利根川農業協同組合は、新利根川流域の農業協同組合の組織を統合し、農業生産の支援や農産物の販売などを行った。 -利根川農業協同組合の事業- 利根川農業協同組合は、農業生産の支援や農産物の販売など、様々な事業を行った。 農業生産の支援としては、農業資材の共同購入、農業機械のリース、農業技術の指導などを行った。農産物の販売としては、農産物を共同で販売し、販売先の開拓や価格交渉などを行った。 利根川農業協同組合は、農業生産の支援と農産物の販売を通じて、新利根川流域の農業の発展に貢献した。
作家

不屈の女性-武者小路房子の生涯

-青鞜社の社員として- 武者小路房子は、1897年に青鞜社に入社しました。青鞜社は、伊藤野枝と平塚らいてうが創設した日本の女性解放運動団体です。武者小路房子は、青鞜社の機関誌である「青鞜」の編集に携わり、女性の権利や解放についての記事を執筆しました。 武者小路房子は、「青鞜」誌上で、女性の参政権や労働権、教育権などの権利を主張しました。また、女性の恋愛や結婚、出産などに関する記事も執筆し、女性の生き方について新しい視点を提示しました。 武者小路房子の「青鞜」誌での活動は、日本の女性解放運動に大きな影響を与えました。武者小路房子は、女性の権利や解放について声を上げ、女性の生き方について新しい視点を提示することで、日本の女性たちの意識を変えていきました。 武者小路房子は、1911年に青鞜社を退社しましたが、その後も女性解放運動に携わり続けました。武者小路房子は、1920年に女性参政権運動団体である「婦人参政権協会」を設立し、女性の参政権獲得に尽力しました。また、武者小路房子は、1924年に女性解放運動団体である「日本婦人同盟」を設立し、女性の権利や解放を訴えました。 武者小路房子の女性解放運動への貢献は、日本の女性解放運動の歴史に大きな足跡を残しています。武者小路房子は、日本の女性たちの権利や解放のために声を上げ、女性の生き方について新しい視点を提示することで、日本の女性たちの意識を変えていきました。武者小路房子の活動は、今日の日本の女性の権利や解放に大きな影響を与えています。
作家

(石山徹郎)

# 石山徹郎の生涯 -石山徹郎-(1910年-1988年)は、日本の化学者であり、電気化学の分野で重要な貢献を果たしたことで知られています。 石山徹郎は1910年、愛知県名古屋市に生まれました。1933年に東京帝国大学(現在の東京大学)を卒業し、その後は同大学の工学部で助教授を務めました。 1941年に、石山徹郎は東京帝国大学を退職し、電気化学研究所を設立しました。電気化学研究所は、電気化学の分野で世界有数の研究機関となり、石山徹郎は同研究所の所長を務めました。 1965年に、石山徹郎は東京大学に戻り、工学部の教授を務めました。1973年に退職するまで、東京大学で教鞭を執りました。 石山徹郎は、電気化学の分野で多くの業績を残しました。特に、電極反応の研究において大きな貢献を果たしました。石山徹郎の研究は、燃料電池や水素エネルギーの開発に役立てられています。 石山徹郎は、1988年に78歳で亡くなりました。石山徹郎の死は、電気化学の分野に大きな損失となりました。 石山徹郎は、電気化学の分野で先駆的な研究を行った偉大な化学者でした。石山徹郎の研究は、今日の電気化学の基礎を築き、燃料電池や水素エネルギーの開発に役立てられています。
作家

大江賢次:昭和を代表する小説家

大江賢次昭和を代表する小説家 大江賢次は、明治36年(1903年)に京都府に生まれた、日本の小説家です。昭和時代を代表する作家の一人であり、日本文学史にその名を残す偉大な作家です。昭和9年(1934年)、「暖流」で芥川賞を受賞し、小説家としてデビューしました。その後、「青年」「歩きながら書く」など、数々の名作を世に送り出しました。昭和43年(1968年)、「燃え尽きることなく」で再び芥川賞を受賞し、国民的作家としての地位を確立しました。 武者小路実篤とプロレタリア文学 大江賢次が活躍した昭和時代は、プロレタリア文学が盛んだった時代です。プロレタリア文学とは、労働者や農民など、社会の底辺にいる人々の生活を描いた文学のことです。武者小路実篤は、このプロレタリア文学の代表的な作家の一人でした。 武者小路実篤は、明治24年(1891年)に東京に生まれた、日本の小説家、思想家です。早稲田大学を卒業後、白樺派の同人として活躍しました。大正4年(1915年)に「貧しき人々の群」を発表し、プロレタリア文学の旗手として注目を集めました。その後、「或る日の出来事」「蟹工船」など、数々の名作を世に送り出しました。 大江賢次と武者小路実篤は、ともに日本の近代文学を代表する作家です。しかし、二人はその作風や思想において対照的な作家でもありました。大江賢次は、伝統的な日本文学の美意識を受け継ぎ、私小説的な作品を多く残しました。一方、武者小路実篤は、プロレタリア文学の旗手として、社会の底辺にいる人々の生活を描いた作品を多く残しました。 大江賢次と武者小路実篤は、日本の近代文学において、その作品が対照的でしたが、どちらも日本の文学史にその名を残す偉大な作家です。
歴史上の偉人

杉山正雄の生涯と新しき村

明治36年(1903年)に山口県で生まれた 杉山正雄は、明治36年(1903年)に山口県熊毛郡田布施町(現・周南市)で、父・杉山儀助、母・きんの次男として生まれた。儀助は、地元の農家の長男で、正雄が生まれた頃には、田布施町で薬屋を営んでいた。きんは、儀助の再婚相手で、正雄の異母兄妹が3人いた。 正雄は、幼い頃から利発で、勉強熱心な少年だった。田布施小学校を卒業後、山口県立山口中学校(現・山口県立山口高等学校)に進学した。山口中学校では、成績優秀で、特に数学と理科を得意としていた。また、野球部にも所属し、活躍していた。 大正12年(1923年)、正雄は山口中学校を卒業後、京都帝国大学工学部に入学した。京都帝国大学では、電気工学科を専攻し、大正15年(1926年)に卒業した。卒業後は、逓信省に入省し、東京の電気試験所に配属された。 電気試験所では、無線通信の研究に携わった。正雄は、無線通信の研究に没頭し、次々と成果を上げた。大正15年(1926年)には、世界で初めて超短波による長距離無線通信に成功した。この功績により、正雄は、逓信省から表彰された。 大正16年(1927年)、正雄は逓信省を退職し、渡米した。渡米後は、マサチューセッツ工科大学で電気工学を学び、博士号を取得した。博士号取得後は、アメリカで就職し、無線通信の研究を続けた。 昭和12年(1937年)、正雄は日本に帰国し、東京帝国大学工学部教授に就任した。東京帝国大学では、無線通信の研究を続け、昭和16年(1941年)には、世界で初めてマイクロ波による長距離無線通信に成功した。この功績により、正雄は、東京帝国大学から表彰された。 昭和20年(1945年)、終戦後、正雄は東京帝国大学を退職し、京都大学工学部教授に就任した。京都大学では、無線通信の研究を続け、昭和25年(1950年)には、世界で初めてミリ波による長距離無線通信に成功した。この功績により、正雄は、京都大学から表彰された。 昭和30年(1955年)、正雄は京都大学を退職し、日本電信電話公社(現・NTT)の技術顧問に就任した。日本電信電話公社では、通信技術の開発に携わり、昭和35年(1960年)には、世界で初めて人工衛星による通信に成功した。この功績により、正雄は、日本電信電話公社から表彰された。 昭和40年(1965年)、正雄は日本電信電話公社を退職し、新しき村の創立者である賀川豊彦の弟子である矢内原忠雄の紹介で、新しき村に入村した。新しき村では、農業や酪農を営み、村の運営にも携わった。 昭和48年(1973年)、正雄は新しき村を退村し、東京都三鷹市に転居した。三鷹市では、執筆活動や講演活動を行い、晩年まで精力的に活動した。 昭和55年(1980年)、正雄は老衰のため、東京都三鷹市内の病院で死去した。享年77歳。正雄の死は、日本の無線通信界に大きな衝撃を与え、多くの追悼記事が新聞や雑誌に掲載された。 正雄は、無線通信の分野で世界的な功績を上げた偉大な技術者である。また、新しき村に入村し、村の運営にも携わった社会活動家でもあった。正雄の生涯は、まさに波乱万丈であり、多くの人々に感動を与えた。
エンターテインメント

– 小国英雄

-新しき村の思想に影響を受け参加- 新しき村の思想は、1931年に、農業を中心に据えた理想の社会を建設することを目指して、農本主義の思想家である武者小路実篤によって提唱されました。この思想に共鳴した人々により、各地に新しき村が建設され、共同生活が行われました。 絹谷幸二は、新しき村の思想に感銘を受け、1933年に妻のあい子とともに、茨城県に新しき村の分村である小国村を建設しました。小国村は、農業を中心とした共同生活が行われ、村民たちは互いに助け合いながら、豊かに暮らしました。 絹谷は、小国村の村長として、村民たちを指導して、農業や畜産業の発展に努めました。また、小国村に学校や病院を建設し、村民たちの教育や医療の充実にも尽力しました。 絹谷の努力により、小国村は、新しき村の理想を実現した村として全国的に知られるようになりました。そして、絹谷は、新しき村の思想を広めるために、全国各地を講演して回り、多くの人々に感銘を与えました。 絹谷は、1984年に亡くなりましたが、彼の理念に基づいて、小国村は現在でも、農業を中心とした共同生活が行われています。そして、絹谷の思想は、今もなお、多くの人々に影響を与え続けています。
作家

「木村荘太」の魅力

木村荘太の生涯 木村荘太は、1906年(明治39年)2月23日に東京府北豊島郡日暮里町(現在の東京都荒川区日暮里)に生まれた。父親は木村荘十郎、母親はシマである。荘太は、4人兄弟の末っ子として育った。 荘太は、幼い頃から体が弱く、病気がちであった。そのため、学校にはあまり通えず、主に自宅で過ごしていた。しかし、荘太は勉強が好きで、独学で多くのことを学んだ。 荘太は、15歳の時に、東京高等工業学校(現在の東京工業大学)に入学した。そこで、荘太は機械工学を学び、優秀な成績を収めた。 荘太は、1927年(昭和2年)に東京高等工業学校を卒業し、三菱重工業に入社した。三菱重工業では、荘太は航空機エンジンの開発に携わった。荘太は、三菱重工業で多くの功績を上げ、航空機エンジンの開発に大きく貢献した。 荘太は、1945年(昭和20年)に三菱重工業を退職し、独立して航空機エンジンの開発会社を設立した。荘太は、独立後も航空機エンジンの開発に情熱を注ぎ、多くの功績を上げた。 荘太は、1991年(平成3年)に85歳で亡くなった。荘太は、日本の航空機エンジンの開発に大きく貢献した人物であり、その功績は高く評価されている。
エンターテインメント

木村荘十二

-木村荘十二の生涯- 木村荘十二は、1894年(明治27年)1月31日に福岡県嘉穂郡穂波村(現・嘉麻市)に生まれた。本名は木村荘太郎。1912年(大正元年)、福岡県立中学嘉穂分校(現・福岡県立嘉穂高等学校)を卒業。1916年(大正5年)、東京帝国大学文学部英文科に入学。1920年(大正9年)、東京帝国大学文学部英文科を卒業。 1921年(大正10年)、東京日日新聞に入社。1923年(大正12年)、関東大震災が発生し、東京日日新聞は大きな被害を受けた。木村莊十二は、関東大震災の被災者を救うために奔走した。 1924年(大正13年)、木村莊十二は、東京日日新聞を退社し、文筆活動に専念した。1925年(大正14年)、処女作『新人』を刊行。1928年(昭和3年)、『漂泊』を刊行。1930年(昭和5年)、『白痴』を刊行。1932年(昭和7年)、『弱者』を刊行。1934年(昭和9年)、『宿命』を刊行。1936年(昭和11年)、『罪と罰』を刊行。 1937年(昭和12年)、木村莊十二は、応召して日中戦争に出征した。1939年(昭和14年)、日中戦争に従軍した体験を基に『戦野』を刊行。1941年(昭和16年)、太平洋戦争が始まり、木村莊十二は、南方戦線に出征した。1942年(昭和17年)、木村莊十二は、ニューギニア島で戦死した。 木村莊十二は、生涯にわたって弱者や貧しい人々を救うために奔走した。その作品は、社会の矛盾や不条理を鋭く批判しており、多くの人々に支持された。木村莊十二は、日本の近代文学を代表する作家の一人である。