新人王

スポーツカテゴリー

平成の怪物と呼ばれた男・松坂大輔

輝かしい高校時代 松坂大輔の高校時代は、輝かしいものでした。横浜高校に入学した松坂は、1年生の夏からベンチ入りを果たし、2年生の夏には全国高校野球選手権大会に出場。3年生の夏には、全国高等学校野球選手権西東京大会で優勝し、夏の甲子園に出場しました。 夏の甲子園では、松坂はエースとしてチームを牽引。初戦の熊本工業高校戦では、16奪三振の完封勝利を収めます。続く2回戦の明徳義塾高校戦では、松坂は延長17回を投げ抜き、250球を投げて3失点の完投勝利を収めました。この試合は、夏の甲子園史上最長試合として知られています。 準々決勝の智弁和歌山高校戦では、松坂はまたも完投勝利を収め、チームをベスト4に導きます。準決勝の常総学院高校戦では、松坂は9回裏にサヨナラ打を打たれ、敗退。しかし、松坂は大会を通じて、圧倒的な投球で全国の高校球児の注目を集めました。 夏の甲子園での活躍で、松坂はドラフト1位で西武ライオンズに入団。プロ入り後も、松坂は活躍を続け、平成の怪物と呼ばれました。
スポーツカテゴリー

プロ野球界のパイオニア 野茂英雄の栄光の歴史

-野茂英雄のトルネード投法が切り開いた世界- 1990年代初頭、日本のプロ野球界に旋風を巻き起こした男がいる。野茂英雄である。野茂は、類まれな速球とキレのある変化球を武器に、1990年に13勝12敗、1991年に18勝8敗、1992年に20勝4敗の成績を残し、3年連続で最多勝を獲得。1994年にはノーヒットノーランも達成するなど、日本のプロ野球界を席巻した。 野茂の代名詞ともいえるのが、トルネード投法である。トルネード投法とは、投球時に体を大きくねじりながら投げる投法で、打者にとっては球種を見極めるのが非常に難しい。野茂は、このトルネード投法を武器に、日本プロ野球界を席巻。1995年には、メジャーリーグに挑戦し、ロサンゼルス・ドジャースに入団した。 メジャーリーグでも、野茂はトルネード投法で活躍。1995年には、13勝6敗、防御率2.54の成績を残し、新人王を獲得。1996年には、16勝12敗、防御率3.46の成績を残し、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。1999年には、21勝12敗、防御率2.57の成績を残し、2度目の最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得した。 野茂のトルネード投法は、メジャーリーグでも大きな衝撃を与え、多くの打者を翻弄した。野茂の活躍により、日本のプロ野球選手がメジャーリーグで活躍できるようになった。野茂は、日本のプロ野球界とメジャーリーグ界のパイオニアであり、野球界に大きな功績を残した選手である。
スポーツカテゴリー

荒巻淳 – 昭和の火の玉左腕

-星野組時代からプロ野球選手として活躍- 荒巻淳がプロ野球の世界に足を踏み入れたのは、星野組という社会人野球チームであった。星野組は、当時の社会人野球界においても屈指の強豪チームであり、荒巻はそこでエースとして活躍した。 1964年、荒巻はドラフト1位で読売ジャイアンツに入団した。ジャイアンツは、長嶋茂雄や王貞治といったスター選手を擁する球団であり、荒巻はそこで一軍のローテーション投手として活躍した。 1967年、荒巻はジャイアンツを退団し、阪神タイガースに移籍した。阪神では、エースとして活躍し、1968年には沢村賞を受賞した。その後、荒巻は西鉄ライオンズ、日本ハムファイターズ、ロッテオリオンズを渡り歩き、1977年に引退した。 荒巻の現役時代の成績は、通算224勝184敗、防御率3.08、奪三振2,542個である。荒巻は、昭和を代表する左腕投手の一人であり、その活躍は今も語り継がれている。 荒巻は、現役引退後も野球界に身を置き、スカウトやコーチとして活躍した。2003年には、野球殿堂入りを果たした。
スポーツカテゴリー

堀内恒夫 – 名球会入りした元巨人エースの横顔

堀内恒夫 - 巨人時代の活躍 堀内恒夫は、1948年生まれ。千葉県出身の元プロ野球選手です。 左投げ左打ちの投手として、1970年にドラフト1位で巨人に入団しました。 堀内は、ルーキーイヤーから一軍に定着し、1972年には27勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得します。 その後も、エースとして巨人の黄金時代を支え、1973年、1975年、1976年、1981年のリーグ優勝に貢献しました。 1976年には、セ・リーグ最高勝率のタイトルを獲得しています。 また、堀内は国際大会でも活躍し、1976年には、モントリオールオリンピックに出場し、金メダルを獲得しています。 堀内は、引退後も球界に残り、解説者やコーチとして活躍しています。 2010年には、野球殿堂入りを果たし、現在は、巨人のスカウトを務めています。 堀内は、巨人で通算167勝を挙げ、その功績を称えて、1996年に名球会入りを果たしました。 堀内は、コントロール抜群の投球と、左投手ながら打撃も得意とする、戦後を代表する名投手の一人です。
スポーツカテゴリー

池田浩美(1975~)~サッカー女子元日本代表、攻守に奮闘~

-池田浩美の経歴と功績- 池田浩美は、1975年3月3日に千葉県松戸市で生まれた元女子サッカー選手である。ポジションはディフェンダー。 池田は、1992年に日テレ・ベレーザに入団。1995年に日本女子サッカーリーグ(JLSL)のベストイレブンに選出されるなど、チームの主力として活躍した。 1996年、池田は日本女子代表に初選出される。2000年のシドニーオリンピックでは、日本の銀メダル獲得に貢献した。2003年のFIFA女子ワールドカップでは、チームのベスト4進出に貢献した。 2007年、池田は日テレ・ベレーザを退団し、アメリカ合衆国のオリンピック・リヨンに移籍した。オリンピック・リヨンでは、2008年のリーグ優勝に貢献した。 2009年、池田は日本女子代表から引退した。引退後は、解説者やタレントとして活動している。 池田は、日本女子サッカー界を代表する選手の一人である。攻守に優れたプレーで、チームの勝利に貢献してきた。また、日本の女子サッカーの発展に貢献した功績も大きい。
スポーツカテゴリー

有藤道世 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍したプロ野球選手

-ロッテ球団で活躍した名選手- 有藤道世は、ロッテ球団で活躍した名選手である。1974年にドラフト1位でロッテに入団し、1975年に一軍デビューを果たした。1977年にレギュラーに定着し、1979年には首位打者、1980年には打点王のタイトルを獲得した。また、1981年には日本シリーズに初出場し、チームの優勝に貢献した。 有藤は、通算2135安打、421本塁打、1266打点という素晴らしい成績を残した。また、ゴールデングラブ賞を6回受賞し、1981年にはパ・リーグMVPに輝いた。有藤は、ロッテ球団を代表する名選手の一人であり、現在でもファンから愛されている。 有藤は、ロッテ球団に在籍中に数々の名場面を残した。1981年の日本シリーズ第7戦では、9回裏に逆転サヨナラホームランを放ち、チームを日本一に導いた。また、1983年のオールスターゲームでは、史上初の満塁ホームランを記録した。 有藤は、1990年に現役を引退した。引退後は、ロッテのコーチや監督を歴任し、2005年には野球殿堂入りを果たした。有藤は、ロッテ球団の歴史に名を残す偉大な選手であり、現在でも多くのファンに愛されている。
スポーツカテゴリー

野球の鉄人-[豊田泰光]

-豊田泰光の足跡- 豊田泰光は、1924年10月15日、愛知県名古屋市に生まれた。東邦高校から立教大学に進学し、1949年に中日ドラゴンズに入団した。 1年目の1949年は、14勝9敗、防御率1.81の成績で新人王を獲得。2年目の1950年も、17勝10敗、防御率1.69の好成績を収めた。 1951年は、21勝14敗、防御率1.91の成績で最多勝を獲得。その後も、1952年に21勝11敗、防御率1.76、1953年に21勝9敗、防御率1.81、1954年に21勝10敗、防御率1.91の成績で最多勝に輝いた。 1955年から1957年は、3年連続で沢村賞を獲得。この間、1956年には、21勝8敗、防御率1.06の成績で、史上初の2年連続の沢村賞を受賞した。 1958年は、15勝15敗、防御率2.31の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。1959年は、20勝11敗、防御率1.76の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。 1960年は、18勝10敗、防御率2.09の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。1961年は、17勝14敗、防御率2.21の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。 1962年は、13勝17敗、防御率2.88の成績で、10年連続の最多勝と沢村賞受賞はならなかったが、10年連続の2桁勝利を達成した。 1963年は、12勝17敗、防御率2.98の成績で、11年連続の2桁勝利を達成した。1964年は、11勝16敗、防御率3.33の成績で、12年連続の2桁勝利を達成した。 1965年は、8勝14敗、防御率3.68の成績で、13年連続の2桁勝利はならなかった。1966年は、4勝12敗、防御率4.13の成績で、14年連続の2桁勝利はならなかった。 1967年に、中日ドラゴンズを退団し、サンケイアトムズに移籍した。サンケイアトムズでは、2年間プレーし、1969年に引退した。 引退後は、中日ドラゴンズのコーチ、監督を歴任した。1974年には、中日ドラゴンズを日本一に導いた。1975年に、監督を辞任し、球界を去った。 豊田泰光は、通算407勝275敗、防御率2.24の成績を残した。1984年に野球殿堂入りを果たした。
スポーツカテゴリー

藤田元司 – 球界の歴史を彩る名将

-# 藤田元司の輝かしい野球人生 藤田元司は、1920年(大正9年)に島根県出雲市に生まれました。中学時代から野球を始め、甲子園大会を目指しましたが、戦時中のため果たせませんでした。 その後、同志社大学に進学し、野球部に所属しました。大学卒業後は、社会人野球の全鐘紡に入団。1949年(昭和24年)には、チームを都市対抗野球大会優勝に導きました。 1950年(昭和25年)、藤田元司は中日ドラゴンズに入団しました。1951年(昭和26年)には、チームのリーグ優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれました。1954年(昭和29年)には、チームを日本シリーズ優勝に導きました。 藤田元司は、中日ドラゴンズで11年間投手として活躍しました。通算成績は、243勝210敗101セーブ、防御率2.30です。1960年(昭和35年)には、野球殿堂入りを果たしました。 引退後は、中日ドラゴンズの監督を務めました。1974年(昭和49年)には、チームをリーグ優勝に導き、最優秀監督に選ばれました。1988年(昭和63年)には、チームを日本シリーズ優勝に導きました。 藤田元司は、中日ドラゴンズで合計18年間監督を務めました。通算成績は、1018勝897敗1分、勝率.532です。2006年(平成18年)には、野球殿堂入りを果たしました。 藤田元司は、日本の野球界を代表する名選手であり、名監督です。その功績は、今もなお語り継がれています。
スポーツカテゴリー

池永正明→ 昭和のプロ野球選手

-波乱の人生 栄光と挫折- 池永正明は、1946年に広島県に生まれた元プロ野球選手です。広島商業高校時代には、甲子園に出場し、準優勝を果たしました。卒業後は、読売ジャイアンツに入団し、1967年に一軍デビューを果たしました。 1968年には、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、沢村賞にも輝きました。また、1969年には、セ・リーグの優勝に貢献し、日本シリーズでも活躍しました。しかし、その後は故障に悩まされ、成績が低迷しました。1974年に現役を引退し、その後はコーチや解説者として野球界に関わりました。 池永正明は、栄光と挫折を経験した波乱の人生を歩んできました。しかし、彼は常に前向きに生きており、多くの人々に勇気と希望を与えてきました。 -栄光- 池永正明は、読売ジャイアンツに入団してすぐに頭角を現し、1968年には最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、沢村賞にも輝きました。また、1969年には、セ・リーグの優勝に貢献し、日本シリーズでも活躍しました。 池永正明は、当時、読売ジャイアンツのエースとして君臨しており、多くのファンからの人気も高かったのです。 -挫折- しかし、池永正明はその後、故障に悩まされ、成績が低迷しました。1974年に現役を引退し、その後はコーチや解説者として野球界に関わりました。 池永正明は、故障に苦しみながらも、常に前向きに生きてきました。そして、多くの人々に勇気と希望を与えてきたのです。
スポーツカテゴリー

→ 杉浦忠 (1935-2001)

杉浦忠の生い立ちと野球との出会い 杉浦忠は、1935年8月4日に北海道旭川市に生まれた。幼い頃から野球に興味を持ち、小学校時代から野球部に所属していた。杉浦は、小学校時代から才能を発揮し、1951年に北海道旭川商業高等学校に進学した。 北海道旭川商業高等学校では、エースピッチャーとして活躍した。1953年の全国高等学校野球選手権大会では、決勝戦で早稲田実業高等学校を破り、優勝を果たした。また、杉浦は1954年の第1回アジア野球選手権大会でも、日本の代表チームとして出場し、優勝に貢献した。 高校卒業後、杉浦は読売ジャイアンツに入団した。読売ジャイアンツでは、エースピッチャーとして活躍し、チームの優勝に貢献した。杉浦は、1958年にシーズン39勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。また、杉浦は1958年と1959年の2年連続で、沢村賞を受賞した。 杉浦は、1965年に引退した。引退後は、解説者やコーチとして活躍した。1994年に野球殿堂入りを果たし、2001年に65歳で亡くなった。
スポーツカテゴリー

青木宣親 野球界のレジェンド

青木宣親の生い立ちと経歴 青木宣親は、1982年1月26日に北海道札幌市で生まれました。父親は会社員、母親は主婦。姉と弟がいます。青木が野球を始めたのは、小学1年生の時です。地元の少年野球チームに入り、すぐに頭角を現しました。中学時代は、札幌白石リトルシニアでプレー。高校は、北海道栄高等学校に進学しました。 高校時代は、甲子園出場を経験することはできませんでしたが、ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受けて、プロ野球選手となりました。2005年に一軍デビューを果たすと、すぐにレギュラーに定着。強打と俊足を武器に、2007年には盗塁王、2008年には首位打者を獲得しました。2009年には、WBC日本代表にも選出されました。 2012年オフに、ポスティングシステムを利用してMLBのミルウォーキーブルワーズに移籍。MLBでは、5年間プレーし、通算打率.292、17本塁打、180打点を記録しました。2017年に、ヤクルトスワローズに復帰し、2018年には打率.322、20本塁打、108打点を記録して、最多安打のタイトルを獲得しました。 2020年オフに、埼玉西武ライオンズに移籍。2021年は、打率.276、15本塁打、66打点を記録し、チームのリーグ優勝に貢献しました。2022年は、打率.289、15本塁打、69打点を記録し、チームの2連覇に貢献しました。 青木は、抜群の打撃技術と俊足を持ち、日本の野球界を代表する選手の一人です。2022年シーズン終了時点で、通算打率.302、243本塁打、1152打点を記録しています。
スポーツカテゴリー

津田恒実-炎のストッパーと呼ばれた剛腕投手

# 炎のストッパー誕生 津田恒実は、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手です。現役時代は近鉄バファローズに所属し、剛速球を武器に活躍しました。 津田は、小学校時代に野球を始め、中学時代には軟式野球の強豪である尼崎市立園田中学校に進学しました。園田中学校では、1年生の夏からレギュラーとして活躍し、2年生の夏には全国大会に出場しました。 その後、津田は尼崎市立園田高等学校に進学しましたが、肩を壊してしまい、1年間野球から離れてしまいます。しかし、その後リハビリに励み、3年生の夏にはエースとして甲子園に出場しました。 甲子園では、初戦で完封勝利を収め、2回戦では延長11回の熱戦の末に勝利しました。しかし、3回戦で敗退し、津田の高校野球生活は幕を閉じました。 高校卒業後は、近鉄バファローズに入団しました。入団当初は先発投手として起用されましたが、徐々に中継ぎ投手へと転向し、最終的にはクローザーとして活躍するようになりました。 津田は、90キロを超える直球と鋭い変化球を武器に、1988年には21セーブを記録し、最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。また、1989年には31セーブを記録し、再び最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。 津田は、1994年に引退するまで近鉄バファローズで活躍し、通算286セーブを記録しました。その後は、野球解説者として活躍しています。
スポーツカテゴリー

「清原和博」-昭和後期-平成時代のプロ野球選手

-PL学園で甲子園に出場し活躍- 清原和博は、1985年の全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場し、4番打者、投手として活躍してチームを準優勝に導いた。 この大会の清原は、打撃では打率.529、本塁打2本、12打点を記録し、大会最優秀選手に選ばれた。また、投手としても登板し、3試合に登板して防御率1.80を記録した。 清原の活躍で、PL学園は準決勝に進出したが、決勝戦で横浜商業高校に敗れ、準優勝に終わった。しかし、清原の活躍はプロ野球のスカウトの目に留まり、ドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受けた。 清原は西武ライオンズに入団後も、1年目からレギュラーとして活躍し、ルーキーイヤーに17本塁打、68打点を記録して新人王を獲得した。その後も、清原は西武ライオンズの中心打者として活躍し、日本シリーズ優勝に貢献した。 清原は、1997年に巨人へ移籍した後も、活躍を続け、通算2000本安打、525本塁打、1319打点を記録して引退した。また、清原は、オリンピック、ワールドカップなど日本代表として国際大会にも出場し、活躍した。 清原は、甲子園で活躍してプロ野球選手となっただけでなく、プロ野球でも活躍して、数々の記録を残したレジェンドである。
スポーツカテゴリー

「尾崎行雄(2)」

-# 剛速球で法政二高の柴田勲になげかち優勝 尾崎行雄は、法政二高の柴田勲と対戦した試合で、剛速球で投げ勝ち、優勝を飾った。この試合は、尾崎行雄にとって、高校野球人生のハイライトの一つとなった。 当時、法政二高は、柴田勲を擁する強豪校として知られていた。柴田勲は、のちにプロ野球で活躍する大打者で、高校時代からその才能を遺憾なく発揮していた。 そんな柴田勲に対して、尾崎行雄は、臆することなく真っ向勝負を挑んだ。尾崎行雄の剛速球は、柴田勲を圧倒し、法政二高打線は、ほとんど打つことができなかった。 尾崎行雄は、この試合で、ノーヒットノーランを達成した。これは、尾崎行雄にとって、高校野球人生で初めてのノーヒットノーランだった。 尾崎行雄の活躍で、尾崎行雄は、優勝を飾った。尾崎行雄はこの優勝を機に、プロ野球選手になることを決意した。 尾崎行雄は、プロ野球選手として、大活躍した。尾崎行雄は、通算200勝以上を挙げ、日本を代表する投手となった。尾崎行雄は、日本の野球界に大きな足跡を残した。
スポーツカテゴリー

長嶋茂雄 – 日本野球界のレジェンド

プロ野球選手としての長嶋茂雄の戦績は驚異的です。彼は1951年から1974年まで巨人でプレーし、1958年から1965年まで8年連続でリーグMVPを獲得しました。また、1965年に三冠王を獲得し、1963年から1965年まで3年連続で首位打者を獲得しました。長嶋茂雄は通算2442安打、467本塁打、1565打点を記録し、打率.319を誇りました。また、守備でも名手として知られ、1963年から1965年まで3年連続でゴールデングラブ賞を受賞しました。 長嶋茂雄は巨人を10回のリーグ優勝と9回の日本一に導き、日本プロ野球史上最も成功したチームの一員となりました。また、1964年には東京オリンピックで日本の金メダル獲得に貢献しました。 長嶋茂雄は日本の野球史において最も偉大な選手の一人と考えられており、1990年に野球殿堂入りを果たしました。彼は野球界への貢献により、2013年に国民栄誉賞を受賞しました。 長嶋茂雄は野球選手としての実績だけでなく、その人柄でも愛されました。彼は常にファンに優しく接し、チームメイトや対戦相手からも尊敬を集めました。長嶋茂雄は、日本プロ野球界の真のレジェンドとして、これからも語り継がれることでしょう。
スポーツカテゴリー

田中将大 – メジャーリーグを席巻した日本の野球スター

華々しいプロ野球キャリア 田中将大は、2007年に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、プロ野球のキャリアをスタートさせました。1年目から先発ローテーションに定着し、11勝を挙げる活躍を見せました。2009年には、24勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得し、パ・リーグの優勝に貢献しました。また、2011年には、東北楽天ゴールデンイーグルスを初の日本一に導き、胴上げ投手となりました。 田中将大は、プロ野球在籍中に、通算99勝を挙げ、最多勝利2回、最多奪三振3回、最高勝率1回、沢村賞1回、ゴールデングラブ賞4回を受賞するという輝かしい成績を残しました。また、2008年には、北京オリンピックの野球日本代表に選出され、金メダルを獲得しました。 2014年オフに、田中将大は、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドルの大型契約を結びました。メジャーリーグ1年目から先発ローテーションに定着し、13勝を挙げる活躍を見せました。2015年には、17勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得し、オールスターにも選出されました。また、2017年には、ワールドシリーズに出場し、優勝を経験しました。 田中将大は、メジャーリーグ在籍中に、通算78勝を挙げ、最多勝利1回、最高勝率1回、オールスター選出2回、ワールドシリーズ優勝1回という輝かしい成績を残しました。2021年オフに、ニューヨーク・ヤンキースを退団し、東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰しました。 田中将大は、プロ野球とメジャーリーグの両方で活躍した、日本の野球界を代表するスター選手です。その投球技術の高さは、世界中から高く評価されています。
スポーツカテゴリー

権藤博→ 戦後の名投手から名監督へ

-権藤博の経歴とプロ野球での活躍- 権藤博(ごんどう ひろし)は、1938年1月8日に愛知県名古屋市で生まれた元プロ野球選手(投手)・監督。 権藤は、名古屋市立山田中学校卒業後、同県立享栄高校に進学。3年次に夏の甲子園に出場し、準々決勝に進出した。 高校卒業後は、1956年に中日ドラゴンズに入団。1年目から先発投手として活躍し、10勝5敗の成績を記録。1957年には、20勝9敗、防御率1.73の好成績で最多勝・最優秀防御率のタイトルを獲得。 1958年には、22勝12敗、防御率2.25の成績で最優秀防御率のタイトルを連覇。1959年には、21勝12敗、防御率2.27の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1960年には、22勝12敗、防御率2.12の成績で最多勝・最優秀防御率のタイトルを同時獲得。1961年には、21勝13敗、防御率2.38の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1962年には、21勝12敗、防御率2.36の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1963年には、22勝11敗、防御率2.16の成績で最多勝・最優秀防御率のタイトルを同時獲得。 1964年には、21勝11敗、防御率2.32の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1965年には、23勝10敗、防御率2.44の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1966年には、21勝12敗、防御率2.29の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1967年には、20勝12敗、防御率2.39の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1968年には、24勝10敗、防御率2.18の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1969年には、21勝12敗、防御率2.38の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1970年には、22勝11敗、防御率2.17の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1971年には、20勝13敗、防御率2.32の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1972年には、22勝10敗、防御率2.17の成績で最多勝のタイトルを獲得した。1973年には、21勝12敗、防御率2.34の成績で最多勝のタイトルを獲得した。 1974年に、現役を引退した。通算成績は、348勝192敗、防御率2.29、奪三振2,355個、110完封、74完投、継投1、無四球ノーヒットノーラン1回、8回完封1回。 1975年から、中日ドラゴンズの監督に就任。1976年には、チームをセ・リーグ優勝に導いた。1977年には、チームを日本シリーズ優勝に導いた。 1978年に、監督を辞任した。通算成績は、296勝261敗6分け、勝率.533。 1980年、野球殿堂入りを果たした。
スポーツカテゴリー

「秋山登」

-秋山登の球歴- 秋山登は、1938年11月19日生まれの日本の元プロ野球選手である。ポジションは外野手。 秋山は、神奈川県横浜市で生まれた。横浜商業高等学校時代に、1956年の夏の甲子園大会に出場している。 高校卒業後は、大毎オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団した。1958年に一軍デビューを果たし、1960年にはレギュラーに定着した。 秋山は、1964年に南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に移籍した。南海では、主に外野手で起用された。1968年には、ベストナインに選出されている。 秋山は、1972年に引退した。通算1,563試合に出場し、打率.267、149本塁打、678打点を記録した。 秋山は、引退後はコーチ・監督・球団フロントなどとして、プロ野球界に残った。2006年には、野球殿堂入りを果たした。