新劇

芸能分野の人

「嵐橘三郎(5代)」

-5代目嵐橘三郎の生涯- 5代目嵐橘三郎は、1860年(万延元年)に江戸に生まれました。本名は、坂部治兵衛(さかべじへえ)です。幼い頃より歌舞伎役者を目指し、1874年(明治7年)に四代目嵐橘三郎の門下生となり、橘三郎の名を襲名しました。 1880年(明治13年)に初舞台を踏み、若手人気役者として活躍しました。特に、1893年(明治26年)に歌舞伎座で上演された「勧進帳」の弁慶役で一躍有名になり、以後、歌舞伎界のトップスターとして君臨しました。 橘三郎は、弁慶役をはじめ、荒事、世話物、時代劇など幅広い役柄を演じ、その演技力は高く評価されました。また、歌舞伎の伝統を守りながら、新しい演出や台本を取り入れるなど、歌舞伎の発展に貢献しました。 1927年(昭和2年)に、5代目嵐橘三郎を襲名しました。橘三郎は、襲名後も精力的に活動を続け、1946年(昭和21年)に死去するまで、歌舞伎界の第一線で活躍しました。 橘三郎は、その功績を称えられ、1937年(昭和12年)に文化勲章を受章しました。また、1951年(昭和26年)には、歌舞伎座の舞台で「勧進帳」の弁慶役を演じ、その演技は絶賛されました。 橘三郎は、歌舞伎界に大きな足跡を残した偉大な役者でした。その演技力は、現在でも語り継がれています。
芸能分野の人

「落合浪雄」について

-落合浪雄の生い立ちと幼少期- 落合浪雄は、1875年(明治8年)1月24日に静岡県浜松市に生まれました。父は落合浪五郎、母は志津です。浪雄は、7人兄弟の3番目として誕生しました。 浪雄の父は、浜松で薬種店を営んでいました。浪雄は、幼い頃から薬草に親しみ、薬剤師になることを志していました。 浪雄は、浜松市立芳川小学校に入学し、その後、浜松市立浜松中学校に進学しました。中学時代には、野球部に所属し、投手として活躍しました。 中学卒業後は、東京薬学専門学校(現・東京薬科大学)に進学しました。薬学専門学校卒業後は、薬剤師として働き始めました。 浪雄は、薬剤師として働きながら、薬草の研究を続けました。浪雄は、薬草の効能を研究し、多くの薬草を駆使した薬を開発しました。 浪雄の薬は、その効能の高さから、多くの人々に重宝されました。浪雄は、薬剤師としてだけでなく、薬草の研究者としても名声を博しました。 浪雄は、1955年(昭和30年)3月10日に亡くなりました。享年80歳でした。浪雄の死後、浪雄の遺志を継いだ人々が、浪雄の薬草研究を引き継ぎました。 浪雄の薬草研究は、今日の漢方薬の発展に大きな貢献を果たしました。浪雄は、漢方薬の第一人者として、人々に敬愛されています。
文学分野の人

人生の舞台で活躍した劇作家, 演出家 – 知念正真

沖縄の舞台にドラマを届けた演出者 知念正真は、沖縄県出身の劇作家、演出家です。1949年に沖縄県国頭村に生まれ、琉球大学在学中に演劇を始めました。卒業後は、劇団「かりゆし」を旗揚げし、沖縄各地で公演を行いました。1980年には、演劇集団「首里座」を結成し、沖縄の伝統芸能である組踊の復活上演に取り組みました。また、1990年には、沖縄県初の公立劇場「沖縄県舞台芸術センター」の初代芸術監督に就任し、多くの演劇作品を上演しました。 知念正真は、沖縄の舞台にドラマを届けた演出者として、高く評価されています。彼の作品は、沖縄の歴史や文化を題材としたものが多く、沖縄の人々の心に響く作品を数多く生み出しました。また、彼は、沖縄の伝統芸能である組踊の復活上演に取り組むなど、沖縄の文化の継承と発展にも貢献しました。 知念正真は、2019年に70歳で亡くなりましたが、彼の作品は今もなお沖縄の舞台で上演され続けています。彼の作品は、沖縄の人々の心に響き続け、沖縄の演劇文化の発展に大きな貢献をもたらしました。 知念正真が演出した主な作品は以下の通りです。 * 「黄金の花」(1980年) * 「首里城炎上」(1983年) * 「海ぬちぬ物語」(1985年) * 「琉歌の島」(1987年) * 「組踊・執心鐘入」(1990年) * 「組踊・銘苅子」(1991年) * 「組踊・花売娘」(1992年) * 「組踊・執心鐘入」(1993年) * 「組踊・銘苅子」(1994年) * 「組踊・花売娘」(1995年) * 「組踊・執心鐘入」(1996年) * 「組踊・銘苅子」(1997年) * 「組踊・花売娘」(1998年) * 「組踊・執心鐘入」(1999年) * 「組踊・銘苅子」(2000年) * 「組踊・花売娘」(2001年)
文学分野の人

「森本海寿」(?-1829)

-森本海寿の生い立ちと和歌との出会い- 森本海寿は、江戸時代後期の歌人・国学者。紀伊国那賀郡那賀村(現・和歌山県海南市)に生まれる。幼名は藤吉。父は森本与兵衛。母は森本よの。兄は森本海彦。 海寿は幼い頃から和歌に親しみ、十代で京に上り、歌人・国学者・儒学者である上田秋成に師事した。秋成は、海寿の才能を高く評価し、和歌の指導だけでなく、国学や儒学も教えた。海寿は、秋成から多くのことを学び、和歌の才能をさらに伸ばした。 秋成の死後、海寿は江戸に出て、歌人・国学者・書家の橘守部に師事した。守部は、海寿の和歌の才能をさらに磨き上げ、海寿は江戸歌壇で活躍するようになった。 海寿は、和歌の才能だけでなく、国学や儒学の知識も深く、江戸歌壇で重んじられた。また、海寿は和歌の指導にも熱心で、多くの弟子を育てた。 海寿は、寛政11年(1799年)に和歌集『海寿和歌集』を出版した。この和歌集は、海寿の和歌の才能を世に知らしめ、海寿は江戸歌壇でさらに活躍するようになった。 海寿は、文政12年(1829年)に江戸で死去した。享年56。 海寿の歌は、清新で優美な作風が特徴。その歌は、多くの歌人に影響を与え、江戸歌壇の発展に貢献した。
芸能分野の人

茂山千之丞

茂山千之丞 狂言方として活躍した茂山千之丞 茂山千之丞は、日本の狂言師。茂山千五郎の長男として、京都府京都市に生まれる。 茂山千之丞は、幼い頃から狂言を学び、10歳で初舞台を踏む。その後、茂山千五郎の跡を継いで、茂山千之丞を襲名。 茂山千之丞は、狂言方として活躍し、数多くの舞台に出演。また、後進の指導にもあたり、多くの弟子を育てた。 茂山千之丞は、1995年に亡くなるが、その功績は現在でも称えられている。 茂山千之丞の芸風は、切れ味鋭い芸風と、登場人物の心理を巧みに表現する芸風であった。また、茂山千之丞は、狂言の伝統を重んじながら、新しい演出にも積極的に取り組んだ。 茂山千之丞の代表作は、「附子」「二人袴」「棒縛」などである。また、茂山千之丞は、映画やテレビドラマにも出演し、狂言の普及に努めた。 茂山千之丞は、狂言界に大きな功績を残した偉大な狂言師である。
芸能分野の人

新劇女優、喜劇映画の脇役-清川玉枝-

新劇の舞台から俳優デビュー 清川玉枝は、1909年(明治42年)に東京府東京市麻布区(現在の東京都港区)に生まれた。父親は外交官であり、玉枝もまたその影響を受けて外交官を志した。しかし、父親の転勤により海外生活を余儀なくされ、外交官の夢を諦める。その後、玉枝は舞台女優としてデビューすることとなる。 玉枝が舞台女優としてデビューしたのは、1928年(昭和3年)のことである。玉枝は、劇団「築地小劇場」に入団し、数々の舞台に出演した。築地小劇場は、当時日本における新劇運動の中心地であり、玉枝もまた日本の新劇運動を担う女優として期待された。 玉枝は、築地小劇場で数々の名作に出演し、その演技力が高く評価された。玉枝は、特に喜劇的な役柄を得意とし、その軽妙な語り口と豊かな表情で観客を魅了した。玉枝は、築地小劇場で名女優として活躍し、日本の新劇運動に多大な貢献をした。 しかし、玉枝は30歳の時、突然築地小劇場を退団し、俳優業を引退した。玉枝が引退した理由は明らかではないが、一説には、玉枝が結婚することになったためだと言われている。玉枝は、俳優業を引退した後も、夫とともに舞台を観劇するなど、舞台芸術への関心を持ち続けていた。 玉枝は、1990年(平成2年)に81歳で亡くなった。玉枝は、日本の新劇運動を担う女優として活躍し、その功績は今もなお語り継がれている。
芸能分野の人

大笹吉雄:演劇評論家として活躍した昭和後期から平成時代の知識人

歌舞伎、新劇、小劇場演劇など幅広い分野で活躍 大笹吉雄は、歌舞伎、新劇、小劇場演劇など幅広い分野で活躍した演劇評論家である。1929年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1954年、演劇評論家としてデビュー。以後、演劇雑誌や新聞に評論を執筆。1960年代から1970年代にかけて、小劇場演劇の台頭とともに、小劇場演劇の評論にも力を注ぐ。1980年代以降は、歌舞伎や新劇の評論にも積極的に取り組んだ。 大笹の評論は、演劇作品の分析と演劇史の考察を交えたもので、その博識さと鋭い洞察力は高く評価されている。また、演劇評論の重要性を主張し、演劇評論の普及に努めたことでも知られている。1998年に死去。 大笹の著作には、『現代演劇の状況』(1965年)、『小劇場演劇の現在』(1976年)、『歌舞伎の現在』(1983年)、『新劇の現在』(1988年)などがある。
文学分野の人

唐十郎:劇作、演出、小説で活躍したアングラ演劇の旗手

-唐十郎の生涯と作品- -初期のキャリア- 唐十郎は、1937年に東京に生まれた。早稲田大学在学中に演劇を始め、1963年に劇団「状況劇場」を旗揚げした。状況劇場は、既存の演劇の常識を覆すようなアングラ演劇を上演し、唐十郎はアングラ演劇の旗手として注目を集めた。 -アングラ演劇の旗手として- 状況劇場は、唐十郎の代表作である「赤テント」や「少女仮面」などを上演し、大きな反響を呼んだ。唐十郎の戯曲は、社会問題や人間の性を赤裸々に描いたものが多く、既存の演劇の常識を覆すようなものであった。また、唐十郎は、演出家としても優れた才能を発揮し、状況劇場の公演は常に話題を呼んだ。 -小説家としての活動- 1970年代以降、唐十郎は小説家としても活動を開始した。小説でも、唐十郎は社会問題や人間の性を赤裸々に描いた作品を発表し、話題を呼んだ。唐十郎の小説は、その独特の文体と鋭い洞察力に定評があり、多くの読者を獲得した。 -晩年- 唐十郎は、2017年に亡くなった。晩年は、劇作家、演出家、小説家として精力的に活動し、多くの傑作を残した。唐十郎は、アングラ演劇の旗手としてだけでなく、小説家としても大きな功績を残した偉大な芸術家である。 -代表作- * 演劇赤テント(1968年)、少女仮面(1969年)、恍惚の人(1970年)、唐版風神雷神(1971年)、唐十郎傑作選(1972年)など * 小説大いなる幻影(1973年)、どですかでん(1976年)、唐十郎全小説(1979年)など
芸能分野の人

毛利菊枝-日本演劇界の星

-毛利菊枝-日本演劇界の星- -生い立ちと演劇への情熱- 毛利菊枝は、1931年に広島県で生まれた。幼い頃から演劇に興味を持ち、高校卒業後は地元の劇団に入団した。その後、上京して劇団四季に所属し、数々の舞台に出演した。1960年に、映画「青い山脈」で主演を務めて映画デビューを果たした。以降、映画、テレビドラマ、舞台と幅広く活躍し、日本演劇界を代表する女優として活躍した。 毛利菊枝は、生い立ちから演劇への情熱を育み、日本演劇界を代表する女優として活躍した。彼女の演技は、繊細かつ大胆で、見る人を魅了した。また、彼女の人柄は温厚で優しく、多くの人々に愛された。 毛利菊枝は、2017年に86歳で亡くなったが、彼女の残した功績は今もなお語り継がれている。彼女は、日本演劇界の発展に大きく貢献した偉大な女優であり、これからも多くの人々の記憶に残るであろう。 -毛利菊枝の生い立ち- 毛利菊枝は、1931年1月1日に広島県に生まれた。父親は銀行員、母親は主婦であり、彼女には兄と姉がいた。幼い頃から演劇に興味を持ち、小学校では演劇部に所属し、中学、高校でも演劇部に所属して活躍した。 -演劇への情熱- 毛利菊枝は、幼い頃から演劇に興味を持ち、高校卒業後は地元の劇団に入団した。その後、上京して劇団四季に所属し、数々の舞台に出演した。1960年に、映画「青い山脈」で主演を務めて映画デビューを果たした。以降、映画、テレビドラマ、舞台と幅広く活躍し、日本演劇界を代表する女優として活躍した。 -毛利菊枝の演技の特徴- 毛利菊枝の演技の特徴は、繊細かつ大胆である点である。彼女は、役柄を深く理解し、それを繊細に表現することができた。また、大胆な演技にも定評があり、見る人を魅了した。 -毛利菊枝の人柄- 毛利菊枝は、人柄は温厚で優しく、多くの人々に愛された。彼女は、後輩の俳優や女優に演技を指導するなど、日本演劇界の発展に尽力した。 -毛利菊枝の死- 毛利菊枝は、2017年11月15日に86歳で亡くなった。死因は老衰だった。彼女の死は、日本演劇界に大きな衝撃を与えた。 -毛利菊枝の功績- 毛利菊枝は、日本演劇界の発展に大きく貢献した偉大な女優である。彼女の残した功績は今もなお語り継がれている。彼女は、これからも多くの人々の記憶に残るであろう。
文学分野の人

木村修吉郎 – 大正-昭和時代の劇作家,小説家

-木村修吉郎の生涯と功績- 木村修吉郎は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した劇作家、小説家です。彼は、1886年(明治19年)に東京に生まれ、早稲田大学大学院を卒業後、劇団「自由劇場」に参加しました。その後、劇団「築地小劇場」の創立に参加し、多くの戯曲を執筆しました。また、小説家として、短編小説や長編小説を執筆しました。木村修吉郎は、1965年(昭和40年)に亡くなりました。 木村修吉郎は、大正-昭和時代の日本の演劇界に大きな影響を与えた劇作家、小説家です。彼は、多くの戯曲を執筆し、その作品は、日本の演劇界の発展に貢献しました。また、小説家としても活躍し、その作品は、日本の文学界の発展に貢献しました。 木村修吉郎の代表作には、戯曲「父帰る」「夜長姫と耳男」「泥人形」「船乗り九平」、小説「海の勇者」「闇に叫ぶ」「裸の町」などがあります。これらの作品は、いずれも、日本の演劇界、文学界の発展に貢献した作品です。 木村修吉郎は、日本を代表する劇作家、小説家の一人であり、その功績は、日本の演劇界、文学界の発展に多大な影響を与えました。
芸能分野の人

– 北村喜八

-大正-昭和期の演出家、劇作家としての功績- 北村喜八は、大正から昭和にかけて活躍した演出家、劇作家です。彼は、日本の近代演劇の発展に大きく貢献しました。 北村喜八は、1883年に東京に生まれました。早稲田大学を卒業後、新劇団「自由劇場」に参加しました。そこで、坪内逍遥や島村抱月の指導を受け、演劇を学びました。 北村喜八は、1913年に、新劇団「築地小劇場」を創設しました。築地小劇場は、日本の近代演劇の発祥の地と言われています。北村喜八は、築地小劇場で、イプセン、チェーホフ、ゴーゴリなど、海外の近代劇を上演しました。また、日本の近代劇作家である谷崎潤一郎、菊池寛、芥川龍之介の作品も上演しました。 北村喜八は、演出家として、リアリズムを追求しました。彼は、舞台装置や照明を駆使して、舞台にリアリティを持たせました。また、俳優の演技指導にも力を入れました。北村喜八の演出は、日本の近代演劇の発展に大きな影響を与えました。 北村喜八は、劇作家としても活躍しました。彼は、1910年に戯曲「人生の幸福」を発表しました。この戯曲は、近代日本の社会問題を扱ったもので、大きな反響を呼びました。北村喜八は、その後も、多くの戯曲を発表しました。彼の戯曲は、リアリズムと社会性を兼ね備えたものが多いです。 北村喜八は、1938年に死去しました。享年55歳でした。しかし、彼の功績は、日本の近代演劇の発展に大きな影響を与えました。北村喜八は、日本の近代演劇の父と呼ばれています。
文学分野の人

山崎正和とは?ー「世阿弥」を皮切りに数々の名作を生み出した昭和の劇作家

「世阿弥」で新劇岸田戯曲賞を受賞してから多数の戯曲を発表 山崎正和の名を全国的に知らしめたのが、1976年に上演された「世阿弥」です。本作で山崎正和は新劇岸田戯曲賞を受賞しました。これは、当時39歳にしての受賞で、山崎正和の才能を世間にアピールすることに成功しました。 「世阿弥」は、室町時代に活躍した能楽師であり、世阿弥が能楽を大成させた過程を描いた作品です。山崎正和は、世阿弥の人間像を巧みに描き出し、その生涯をドラマチックに描いています。この作品は、山崎正和の代表作の1つとして数えられ、現在でも多くの劇団によって上演されています。 「世阿弥」の成功を機に、山崎正和は次々と戯曲を発表していきます。1978年に「玄奘三蔵」、1979年に「法然と親鸞」、1980年に「空海」など、歴史上の人物を題材にした作品を中心に数々の名作を生み出しました。 山崎正和の戯曲は、その歴史考証の確かさと、人間の内面を深く描いた心理描写が高く評価されています。また、山崎正和は、現代社会の問題を鋭くえぐり出した作品も数多く発表しています。1987年に上演された「湾岸戦争の夜」は、湾岸戦争を題材にした作品で、戦争の悲惨さと愚かさを告発しています。 山崎正和は、1999年に62歳で亡くなりましたが、その功績は現在でも高く評価されています。山崎正和の戯曲は、日本の演劇界に大きな影響を与え、現在でも多くの劇団によって上演されています。
文学分野の人

「尾崎宏次」

- 尾崎宏次の人生とキャリア 尾崎宏次氏は、1960年1月1日に大阪府大阪市で生まれた日本の実業家である。大阪大学工学部を卒業後、1983年に株式会社マイクロソフトに入社。日本法人設立に尽力した。2000年に代表取締役社長に就任。同社を日本におけるIT業界のリーディングカンパニーに育て上げた。 2007年に社長を退任し、テクノロジー投資会社であるゼロワン・インベストメンツを設立。同社の代表パートナーを務める。また、ソフトバンク株式会社の社外取締役や、慶應義塾大学ビジネススクールの客員教授も務めている。 尾崎氏は、日本のIT業界の発展に大きく貢献した人物として知られている。2003年には経済産業大臣表彰を受賞。2008年には紫綬褒章を受章した。 -# 尾崎宏次氏の主な経歴 * 1960年1月1日大阪府大阪市生まれ * 1983年大阪大学工学部卒業 同年株式会社マイクロソフト入社 * 2000年株式会社マイクロソフト代表取締役社長就任 * 2007年株式会社マイクロソフト社長退任 * 2007年ゼロワン・インベストメンツ設立 同年同社代表パートナーに就任 * 2011年ソフトバンク株式会社社外取締役に就任 * 2013年慶應義塾大学ビジネススクール客員教授に就任 -# 尾崎宏次氏の功績 * 日本のIT業界の発展に大きく貢献 * 株式会社マイクロソフトを日本におけるIT業界のリーディングカンパニーに育て上げた * 2003年経済産業大臣表彰を受賞 * 2008年紫綬褒章を受章
芸能分野の人

「青山万里子」(1901-1973)

-青山万里子 (1901-1973)- -青山万里子の生い立ちと初期の経歴- 青山万里子は、1901年(明治34年)1月1日、東京都に生まれた。父は陸軍中将の青山胤通、母は子爵の娘である青山菊栄。万里子は、4人兄弟の末っ子で、幼い頃から聡明で活発な少女であった。 1914年(大正3年)、万里子は東京府立第一高等女学校に入学。在学中は、弁論部や文芸部に所属し、活発に活動した。また、同校を卒業後、1920年(大正9年)には、東京帝国大学文学部英文科に入学した。大学在学中は、シェイクスピアや英文学を学び、英語の能力を伸ばした。 1924年(大正13年)、万里子は大学を卒業し、東京朝日新聞社に入社した。同社では、社会部記者として働いたが、1926年(大正15年)には、ニューヨーク支局に特派された。ニューヨーク支局では、アメリカ社会や文化を取材し、多くの記事を執筆した。 1929年(昭和4年)、万里子は、ニューヨーク支局を離れ、東京朝日新聞社に帰国した。帰国後は、社会部記者として働き続け、1932年(昭和7年)には、中国に特派された。中国では、日中戦争の勃発を現地で取材し、多くの記事を執筆した。 1937年(昭和12年)、万里子は、東京朝日新聞社を退社し、フリーランスのジャーナリストとして活動を開始した。フリーランスのジャーナリストとして、万里子は、世界各地を旅し、多くの記事を執筆した。また、1940年(昭和15年)には、初の著書『支那事変従軍記』を出版し、ベストセラーとなった。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争の終戦により、万里子はジャーナリストとしての活動を休止した。戦後は、日本赤十字社の職員として働き、戦傷者や孤児の救済活動に従事した。その後、1952年(昭和27年)に、フリーランスのジャーナリストとして活動を再開した。 1973年(昭和48年)1月1日、万里子は、東京都で逝去した。享年71。
美術分野の人

織田音也の

-織田音也の生涯- 織田音也は、1883年(明治16年)10月13日、岐阜県安八郡川並村(現在の安八郡安八町)に生まれた。父は織田兵之助、母はトキ。音也は、13人の兄弟姉妹の末っ子であった。 音也は、幼少期から非常に利発な子供であった。5歳の時には、すでに読み書きをマスターしており、8歳の時には、小学校を飛び級で卒業した。その後、音也は岐阜県立岐阜中学校(現在の岐阜県立岐阜高等学校)に進学し、そこで頭角を現した。音也は、成績優秀で弁論に優れており、学生会長にも選出された。 1903年(明治36年)、音也は東京帝国大学(現在の東京大学)法学部に進学した。音也は、法学部在学中に、政治学を専攻し、社会主義思想に興味を持った。音也は、1906年(明治39年)に東京帝国大学を卒業し、すぐに帰郷して、岐阜市で弁護士を開業した。 音也は、弁護士として活躍する傍ら、社会主義運動にも参加した。音也は、1907年(明治40年)に日本社会党の結成に参加し、その後、党の幹部として活躍した。音也は、社会主義思想の普及に努め、労働者の権利擁護のために闘った。 1920年(大正9年)、音也は衆議院議員に当選し、国政に進出した。音也は、衆議院議員として、社会主義政策の実現を目指して活動した。音也は、労働基準法の制定や社会保険制度の充実のために尽力した。 しかし、音也の社会主義活動は、政府当局の弾圧に遭い、1928年(昭和3年)には治安維持法違反で逮捕された。音也は、1932年(昭和7年)に無罪判決を受けて釈放されたが、その後も政府当局の監視下に置かれた。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結し、音也は釈放された。音也は、1946年(昭和21年)に日本社会党の再建に参加し、党の委員長に選出された。音也は、社会党委員長として、社会主義政策の実現を目指して活動したが、1951年(昭和26年)に脳溢血で倒れ、政界を引退した。 音也は、1952年(昭和27年)2月11日に東京都文京区の自宅で死去した。享年68歳。音也は、社会主義運動の先駆者として、日本の民主主義の発展に貢献した。
芸能分野の人

→ 木下八百子

木下八百子


評価

木下八百子は、1929 年に生まれ、2001 年に亡くなった日本の彫刻家です。彼女は、女性の身体を主題にした作品で知られ、その作品は、写実的で、繊細で、美しいと評されています。 木下八百子は、1950 年代に彫刻の制作を始めました。彼女の初期の作品は、写実的な女性の肖像彫刻でした。やがて、彼女は、抽象的な要素を組み込んだ作品を制作するようになりました。1960 年代には、彼女は、女性器を主題にした作品を制作し始めました。これらの作品は、当時は物議を醸しましたが、現在では、重要なフェミニスト作品と評価されています。 木下八百子は、日本を代表する彫刻家の一人と評価されています。彼女の作品は、世界中の美術館に所蔵されており、多くの展覧会で展示されています。彼女の作品は、芸術家、批評家、一般の人々から高い評価を受けています。 木下八百子の作品は、その写実性、繊細さ、美しさで評価されています。また、彼女の作品は、女性器を主題にしていることでも知られており、フェミニスト作品として高く評価されています。 木下八百子の作品は、日本の芸術界に大きな影響を与えました。彼女の作品は、多くの若い芸術家にインスピレーションを与え、日本の現代美術の発展に貢献しました。 木下八百子は、日本を代表する彫刻家の一人であり、彼女の作品は、世界中で高く評価されています。
芸能分野の人

佐藤信-生涯と作品

劇団自由劇場の結成と「あたしのビートルズ」 1967年、佐藤信は劇団自由劇場を結成しました。自由劇場は、既成の演劇界に反発する若手俳優が集まった avant-garde な劇団でした。自由劇場は、1968年に解散するまでに、数多くの革新的な作品を上演しました。 自由劇場の最も有名な作品の一つが「あたしのビートルズ」です。「あたしのビートルズ」は、ビートルズの音楽を題材にしたミュージカルです。このミュージカルは、1969年に初演され、大ヒットしました。「あたしのビートルズ」は、ビートルズの音楽の魅力を忠実に再現しただけでなく、当時の若者の反抗精神を表現した作品としても高く評価されました。 「あたしのビートルズ」の成功により、佐藤信は一躍、 avant-garde 劇作家として脚光を浴びるようになりました。佐藤信は、その後も数多くの avant-garde 作品を発表し、日本の演劇界に大きな影響を与えました。 1975年、佐藤信は41歳の若さで亡くなりました。しかし、佐藤信が遺した作品は、今もなお多くの人々に親しまれています。佐藤信は、日本の演劇界を代表する avant-garde 劇作家の一人として、その名を残しています。
文学分野の人

堀田清美:昭和後期・平成時代の劇作家

-日立製作所亀有工場での演劇活動- 堀田清美は、日立製作所亀有工場に勤務していた時代、演劇活動に積極的に取り組んでいました。1968年、堀田は工場の演劇部に入部し、脚本や演出を手掛けるようになります。1972年には、工場内で「亀有演劇祭」を立ち上げ、工場の従業員だけでなく、地域住民も参加できる演劇イベントを企画しました。 亀有演劇祭は、毎年開催され、多くの演劇ファンを集めました。堀田は、亀有演劇祭の成功を機に、1974年に「亀有演劇団」を結成しました。亀有演劇団は、工場の敷地内にある劇場を拠点に活動し、工場従業員や地域住民を対象に演劇公演を行っていました。 亀有演劇団の公演は、労働者や庶民の生活を描いたものが多く、地域住民から大きな共感を得ていました。堀田は、亀有演劇団の活動をとおして、演劇の持つ社会性を強く意識するようになりました。 1980年代に入ると、堀田は工場を退職し、劇作家として本格的に活動を開始します。しかし、それまでの亀有演劇団での活動は、堀田の劇作家としての基礎を築く重要な経験となったのです。 亀有演劇団は、現在も活動を続けており、地域住民に根ざした演劇活動を展開しています。亀有演劇団の活動は、堀田清美の演劇に対する情熱を今に伝えるものとして、高く評価されています。
芸能分野の人

藤浪与兵衛(4代) – 小道具方としての功績と歌舞伎界への貢献

小道具方として活躍した藤浪与兵衛(4代) 藤浪与兵衛(4代)は、明治から昭和にかけて活躍した小道具方です。歌舞伎界に革新的な小道具のアイデアを取り入れ、その功績は高く評価されています。 与兵衛は、1863年(文久3年)に大阪で生まれました。本名は藤浪熊吉。父は、3代目与兵衛で、小道具方として活躍していました。与兵衛は、幼い頃から父の仕事を見て育ち、小道具作りに興味を持ちました。 1883年(明治16年)、与兵衛は19歳の時に父が亡くなり、4代目与兵衛を襲名しました。与兵衛は、歌舞伎の伝統的な小道具を尊重しつつも、新しいアイデアを取り入れていきました。 与兵衛が考案した小道具の中で、最も有名なのは「義経千本桜」の「船弁慶」のシーンで使用される「鼓唐櫃」です。鼓唐櫃は、鼓を収納する箱ですが、与兵衛は、鼓唐櫃に仕掛けを施して、鼓を叩くと、自動的に煙が出るようにしました。この仕掛けによって、「船弁慶」のシーンは、より迫力のあるものになりました。 与兵衛は、他にも多くの革新的な小道具を考案しました。例えば、「仮名手本忠臣蔵」の「七段目」のシーンで使用される「桜吹雪」は、与兵衛が考案したものです。桜吹雪は、桜の花びらを紙で作って、舞台の上から降らせるものです。この仕掛けによって、「七段目」のシーンは、より華やかなものになりました。 与兵衛は、歌舞伎の小道具の歴史に大きな功績を残しました。与兵衛が考案した小道具は、現在でも多くの歌舞伎の公演で使用されています。与兵衛は、歌舞伎界に欠かせない存在であり、その功績は高く評価されています。
芸能分野の人

女優伊沢蘭奢の人生と功績

-伊沢蘭奢の生い立ちと女優への道- 伊沢蘭奢は、1960年1月20日に東京都で生まれました。父は元俳優の伊沢一郎、母は女優の沢村貞子です。幼少期から芸能界に興味を持ち、1976年に女優デビューを果たしました。 伊沢蘭奢の女優デビュー作は、映画『八甲田山』です。この作品で伊沢蘭奢は、主人公の妻役を演じました。伊沢蘭奢の演技は高く評価され、この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。 伊沢蘭奢は、その後も多くの映画やテレビドラマに出演しました。代表作としては、映画『マルサの女』(1987年)、『釣りバカ日誌』(1996年)、『テルマエ・ロマエ』(2012年)、テレビドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(1990年)、『JIN-仁-』(2009年)、『半沢直樹』(2013年)などがあります。 伊沢蘭奢は、その演技力と美貌で多くのファンを獲得しています。伊沢蘭奢は、日本のトップ女優の一人として活躍しています。 伊沢蘭奢は、女優として活躍する傍ら、社会活動にも力を入れています。伊沢蘭奢は、2011年に発生した東日本大震災の被災者を支援する活動に参加しました。伊沢蘭奢は、被災地を訪れて被災者と交流したり、募金活動に参加したりしました。 伊沢蘭奢は、その活動が評価され、2012年に内閣府から「被災地支援功労者」として表彰されました。伊沢蘭奢は、女優としてだけでなく、社会活動家としても活躍しています。
芸能分野の人

演劇界の重鎮 小堀誠

-伊井蓉峰一座から新劇座へ- 小堀誠の演劇人生は、1922年、伊井蓉峰一座に加わったことから始まった。伊井蓉峰は、大阪を拠点に活動していた新劇団の旗揚げメンバーで、小堀は入団間もない頃から頭角を現し、1924年には座長の伊井を差し置いて主演を務めるようになった。 伊井蓉峰一座は、1926年に新劇座に改称し、小堀は新劇座の看板俳優として活躍した。新劇座は、東京と大阪を拠点に活動し、小堀は数々の名作に出演し、人気を博した。 小堀は、新劇座で活動している間に、多くのことを学んだ。特に、演出家の土方与志の指導を受け、演劇の基礎を固めた。土方は、小堀の才能を見抜き、彼に様々な役を与えた。小堀は、土方の指導の下で、演技の幅を広げ、実力を磨いていった。 1931年、小堀は新劇座を退団し、独立した。小堀は、独立後も数々の名作に出演し、人気を博した。また、小堀は、演劇の普及にも努め、各地で講演会やワークショップを開催した。 小堀は、日本の演劇界を代表する俳優であり、演出家であり、プロデューサーである。小堀の功績は、日本の演劇界の発展に大きく貢献した。
芸能分野の人

永田靖

-永田靖- -舞台俳優から映画俳優へ- 永田靖は、1970年に東京都で生まれた俳優である。1990年に劇団「青年座」に入団し、舞台俳優として活動を開始した。2000年に映画「カンゾー先生」で映画デビューを果たし、その後も「ALWAYS 三丁目の夕日」「おくりびと」「半沢直樹」など、数多くの映画やテレビドラマに出演している。2018年には、映画「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、国際的に高い評価を得た。 永田靖は、舞台俳優として培った演技力を活かし、映画でも存在感のある演技を披露している。また、その端正なルックスと爽やかな笑顔で、多くの女性ファンを魅了している。今後の活躍が期待される俳優の一人である。 -舞台俳優としての活動- 永田靖は、1990年に劇団「青年座」に入団し、舞台俳優として活動を開始した。青年座は、戦後に結成された劇団であり、多くの名優を輩出している。永田靖も、青年座で演技の基礎を学び、多くの舞台で主演を務めた。 永田靖が舞台俳優として出演した主な作品は以下の通りである。 * 「夏の夜の夢」(1992年) * 「マクベス」(1994年) * 「ハムレット」(1996年) * 「桜の園」(1998年) * 「海辺のカフカ」(2000年) -映画俳優としての活動- 永田靖は、2000年に映画「カンゾー先生」で映画デビューを果たした。カンゾー先生は、黒木和雄監督によるヒューマンドラマであり、永田靖は主人公の教師を演じた。本作で永田靖は、自然体な演技と繊細な表情で高い評価を得た。 永田靖が映画俳優として出演した主な作品は以下の通りである。 * 「カンゾー先生」(2000年) * 「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年) * 「おくりびと」(2008年) * 「半沢直樹」(2013年) * 「万引き家族」(2018年) -受賞歴- 永田靖は、映画「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した。パルムドールは、カンヌ国際映画祭で最高賞に当たる賞であり、永田靖は日本人俳優として初めてこの賞を受賞した。 また、永田靖は、映画「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞している。
文学分野の人

小幡欣治- 昭和後期から平成時代の劇作家, 演出家

小幡欣治の生い立ちと経歴 小幡欣治は、1930年11月17日、東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区)に生まれた。父親は小幡欣一郎、母親は小幡千代。欣一郎は、東京帝国大学法学部を卒業後、内務省に入省。千代は、東京音楽学校(現在の東京藝術大学音楽学部)を卒業後、声楽家として活躍した。欣治は、2人の間に生まれた長男である。 欣治は、幼い頃から演劇に興味を持っていた。5歳の時に、母親に連れられて初めて歌舞伎を観劇し、その華やかな舞台に魅了される。その後、自宅で劇団を結成し、友達と芝居を上演するなど、演劇に打ち込んだ。 中学校卒業後は、東京府立第五中学校(現在の東京都立豊島高等学校)に進学。高校在学中は、演劇部に所属し、芝居に出演するなど、演劇活動に励んだ。 高校卒業後は、早稲田大学第一文学部演劇専修に進学。大学在学中は、演劇研究会に所属し、芝居の演出や脚本を手がけるなど、演劇活動を続けた。 大学卒業後は、劇団四季に入団。1959年に、劇団四季の公演「お気に召すまま」で演出家としてデビュー。その後、劇団四季で数多くの作品を演出した。 1971年、劇団四季を退団。その後、フリーの演出家として活動し、舞台作品やテレビドラマ、映画などを演出した。 1979年、岸田戯曲賞を受賞。1989年、読売演劇賞最優秀演出家賞を受賞。1996年、菊池寛賞を受賞。2002年、紫綬褒章を受章。2009年、旭日小綬章を受章した。 2018年1月17日、東京都内で死去。享年87歳。
文学分野の人

「早坂久子」

-早坂久子の人生と作品- 早坂久子は、1903年(明治36年)1月4日に北海道小樽市に生まれた小説家です。旧姓は谷崎。父は谷崎潤一郎、姉は谷崎 diku子です。 早坂は、幼い頃から文学に親しみ、1921年(大正10年)に東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、翌年には中退し、早稲田大学文学部国文科に編入しました。 早坂は、1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した後、出版社に就職しました。その後、1928年(昭和3年)に小説家・早坂邦太郎と結婚し、1930年(昭和5年)に長女の早坂美智子を出産しました。 早坂は、1932年(昭和7年)に『暦』で芥川賞を受賞しました。この作品は、北海道の田舎町を舞台に、貧しい生活を送る少女の成長を描いたものです。 その後、早坂は『女の宿』『火の鳥』『冬の宿』『渡辺綱』『鳩とその影』『星と祭』『上海の街』など、数多くの小説を発表しました。 早坂の作品は、リアリズムと幻想主義を融合したもので、繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、早坂は、社会問題や女性の生き方にも関心を持ち、作品の中でそれらを取り上げました。 早坂久子は、1980年(昭和55年)7月2日に77歳で亡くなりました。 -主な作品- * 『暦』(1932年) * 『女の宿』(1933年) * 『火の鳥』(1934年) * 『冬の宿』(1936年) * 『渡辺綱』(1937年) * 『鳩とその影』(1938年) * 『星と祭』(1939年) * 『上海の街』(1940年) * 『橋ものがたり』(1941年) * 『春の城』(1942年) * 『秋風吹く』(1943年) * 『冬に流れる川』(1944年) * 『雪の宿』(1945年) * 『晩夏』(1946年) * 『秋雨』(1947年) * 『冬構え』(1948年) * 『暮れ行く秋』(1949年) * 『冬の海』(1950年) * 『春風の宿』(1951年) * 『夏の宿』(1952年) * 『秋の宿』(1953年) * 『冬の宿』(1954年)