新政府軍

歴史上の偉人

松南六郎兵衛 → 伯耆の郷士

- 松南六郎兵衛の生涯 -# 松南六郎兵衛の生誕と家系 松南六郎兵衛は、1780年(安永9年)に伯耆国八橋郡(現在の鳥取県倉吉市)に生まれた。父は松南六郎右衛門、母は松南はま。六郎兵衛は、幼少期から聡明で、読書を好んだと伝えられている。 -# 足軽から郷士へ 松南六郎兵衛は、成長すると、伯耆国八橋藩の足軽となった。足軽とは、藩主の直属の兵士であり、主に城の警備や雑務を担当していた。六郎兵衛は、足軽として働きながら、武芸の修練に励み、頭角を現していった。 1803年(享和3年)、松南六郎兵衛は、伯耆国八橋藩の郷士に昇格した。郷士とは、藩主に直接仕える武士であり、足軽よりも身分が高かった。六郎兵衛は、郷士として、藩主の護衛や、領内の警備を担当した。 -# 松南六郎兵衛の功績 松南六郎兵衛は、郷士として、多くの功績を挙げた。1812年(文化9年)、伯耆国八橋藩が、出雲国松江藩と争った際には、六郎兵衛は、藩主の護衛として従軍し、敵の攻撃から藩主を守り抜いた。 また、六郎兵衛は、領内の治安維持にも貢献した。1818年(文政元年)、伯耆国八橋藩領内で、一揆が発生した際には、六郎兵衛は、一揆を鎮圧するために派遣され、一揆勢を撃破した。 -# 松南六郎兵衛の死 松南六郎兵衛は、1830年(天保元年)に、51歳で死去した。六郎兵衛の死は、伯耆国八橋藩に大きな衝撃を与え、藩主以下、多くの人々がその死を悼んだという。 松南六郎兵衛は、足軽から郷士に昇格し、多くの功績を挙げた。六郎兵衛の生涯は、武士の鑑として、現在でも語り継がれている。
歴史上の偉人

大村純煕:幕末の大名

-生い立ちと家督相続- 大村純煕は、1840年(天保11年)に肥前大村藩の第10代藩主である大村純昌の長男として生まれました。幼名は勝之丞。 1847年(弘化4年)、父・純昌の死去に伴い、わずか7歳で家督を相続して第11代藩主となりました。幼少のため、藩政の実権は家老の武川秀信が握っていました。 1858年(安政5年)、純煕は江戸に出て、15代将軍・徳川慶喜に拝謁しました。また、西洋の文物にも興味を持ち、横浜で蒸気船や大砲を購入するなど、藩の近代化を進めました。 1862年(文久2年)、生麦事件が発生し、イギリス人が殺害される事件が起きました。この事件をきっかけに、イギリスは薩摩藩と長州藩に賠償金の支払いを要求しました。純煕は薩摩藩と長州藩の間を取り持ち、賠償金の支払いを承諾させました。 1863年(文久3年)、薩摩藩と長州藩が朝廷に攘夷を迫り、禁門の変が起きました。純煕は朝廷に恭順の意を示し、幕府軍に加わって薩摩藩と長州藩を討伐しました。 1864年(元治元年)、朝廷は長州藩を討伐する命令を幕府に下しました。純煕は幕府軍に加わって長州藩を攻めましたが、敗北しました。 1866年(慶応2年)、薩摩藩と長州藩が連合して幕府を討伐する薩長同盟が成立しました。純煕は薩長同盟に加わり、幕府軍と戦いました。 1868年(慶応4年)、幕府が倒れ、明治政府が成立しました。純煕は明治政府に恭順し、大村藩の藩知事に任命されました。 1871年(明治4年)、廃藩置県が行われ、大村藩は廃止されました。純煕は東京に移住し、明治政府に出仕しました。 1897年(明治30年)、純煕は亡くなりました。享年57歳でした。
歴史上の偉人

杉山市太夫→ 幕末の武士

杉山市太夫の生涯 杉山市太夫は、江戸時代末期に活躍した幕臣です。諱は重矩(しげのり)、通称は内蔵助(くらんどすけ)です。 文政11年(1828年)8月24日、杉山郷右衛門重勝の長男として江戸に生まれました。幼名は銕太郎(てつたろう)といい、のちに市太夫と改名しました。 天保12年(1841年)、14歳のとき、父の死により家督を継ぎました。嘉永元年(1848年)、21歳のとき、幕府の勘定奉行となりました。勘定奉行として、財政改革や通貨制度の改革などに取り組みました。 安政元年(1854年)、27歳のとき、日米和親条約の締結に尽力しました。日米和親条約は、日本とアメリカ合衆国との間に締結された最初の通商条約です。杉山市太夫は、アメリカ合衆国のペリー提督と交渉し、条約の締結に成功しました。 安政2年(1855年)、28歳のとき、老中となりました。老中として、幕府の政治を主導しました。 安政7年(1860年)、33歳のとき、桜田門外の変で暗殺されました。桜田門外の変は、安政の大獄で処刑された水戸藩士の有志たちによる、幕府の老中を襲撃した事件です。杉山市太夫は、襲撃を受けて負傷し、翌日死亡しました。 杉山市太夫は、幕末の激動の時代に活躍した幕臣です。勘定奉行、老中として、幕府の政治を主導しました。また、日米和親条約の締結に尽力し、日本とアメリカ合衆国との間の通商関係を確立しました。杉山市太夫は、幕末の日本において重要な役割を果たした人物です。
歴史上の偉人

武井柯亭

-生い立ちと経歴- 武井柯亭は、1871年(明治4年)7月29日、東京府東京市(現・東京都)に生まれた。本名は武井貫一。父は旗本の出であり、明治維新後は官吏として働いていた。柯亭は、幼い頃から絵に興味を持ち、11歳の時に洋画家の松岡寿に師事し、絵画を学び始めた。1889年(明治22年)に東京美術学校を卒業後、フランスに留学し、パリのアカデミー・ジュリアンで西洋画を学んだ。1895年(明治28年)に帰国後、東京美術学校教授に就任し、西洋画の指導に当たった。1907年(明治40年)には、帝室技芸員に任命された。 柯亭は、主に風景画を描いた。彼の作品は、写実的で、光と影の表現が優れている。また、色彩感覚も豊かで、彼の作品は、見る者に鮮やかな印象を与える。彼の代表作としては、「夏の牧場」「冬の森」「夕暮れの海」などがある。 柯亭は、1946年(昭和21年)1月19日に東京で死去した。享年75。
歴史上の偉人

大久保忠尚

-大久保忠尚の生涯- 大久保忠尚は、1853年に薩摩藩家老・大久保利通の次男として生まれ、日本の政治家、外交官、陸軍軍人でした。 1873年に外務省に入省し、フランス、ドイツ、イギリスに留学。帰国後は外務卿、内務卿、農商務卿、内閣総理大臣などを歴任しました。 忠尚は、自由民権運動の鎮圧や日清戦争の勝利に貢献し、日本の近代化を推し進めました。 しかし、1889年に暗殺され、46歳で生涯を閉じました。 忠尚は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家であり、その生涯は日本の歴史において重要な意味を持っています。 -忠尚の幼少期と青年期- 忠尚は、1853年に薩摩藩家老・大久保利通の次男として生まれました。幼い頃から聡明で、1867年に藩校の集成館に入学。1871年に上京し、慶應義塾に入学しました。 1873年に外務省に入省し、フランス、ドイツ、イギリスに留学。帰国後は、外務次官、外務卿、内務卿、農商務卿、内閣総理大臣などを歴任しました。 -忠尚の政治活動- 忠尚は、自由民権運動の鎮圧や日清戦争の勝利に貢献し、日本の近代化を推し進めました。 1877年の西南戦争では、政府軍の参謀として従軍。西郷隆盛率いる薩摩軍を破り、薩摩藩の反乱を鎮圧しました。 1882年に内務卿に就任し、地方制度の整備や警察制度の改革を行いました。1885年に外務卿に就任し、日清戦争の開戦を決定。1894年に日清戦争が始まり、日本の勝利に貢献しました。 1898年に内閣総理大臣に就任。日英同盟の締結や金本位制の導入などを行い、日本の近代化を推し進めました。 -忠尚の暗殺- 1889年5月11日、忠尚は東京の九段坂で暗殺されました。犯人は、幸徳秋水率いる無政府主義団体「黒団社」のメンバーでした。 忠尚の暗殺は、日本の近代化を阻もうとする勢力によるものと考えられています。忠尚の死は、日本の近代化に大きな打撃を与え、日本の歴史の転換点となりました。 -忠尚の功績- 忠尚は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家であり、その生涯は日本の歴史において重要な意味を持っています。忠尚の功績は、以下のようにまとめることができます。 * 自由民権運動の鎮圧 * 日清戦争の勝利 * 地方制度の整備 * 警察制度の改革 * 日英同盟の締結 * 金本位制の導入 忠尚は、日本の近代化に多大な貢献をした政治家であり、その生涯は日本の歴史において重要な意味を持っています。
歴史上の偉人

深見篤慶 – 幕末の商人

深見篤慶の生涯 深見篤慶は、幕末に活躍した商人である。1808年、摂津国西成郡西横堀(現在の大阪市西区)に生まれた。父は深見利兵衛、母はトミである。篤慶は5人兄弟の三男で、兄に信義、誠一郎、弟に愛蔵、義喜、妹にキクノがいる。 篤慶は幼少の頃から学問に優れ、10歳で地元の寺子屋に入学する。14歳になると大阪に出て、商家で見習い奉公を始める。17歳で独立して米穀商を営み、たちまち成功を収めた。 篤慶は、幕末の混乱期において、米穀の流通を安定させ、人々の食糧を確保するのに貢献した。また、彼は、海外貿易にも乗り出し、莫大な富を築いた。篤慶は、その富を蓄えることなく、貧しい人々を救済したり、学校や病院を建設したりするなど、社会貢献活動に努めた。 篤慶は、1878年、71歳で死去した。篤慶の死は、多くの人々に惜しまれ、彼の功績は、現在でも語り継がれている。 篤慶は、幕末の動乱期において、経済界で活躍しただけでなく、社会貢献活動にも尽力した人物である。彼の人生は、私たちに多くのことを教えてくれる。
歴史上の偉人

桑原楯雄:幕末・明治時代の神職

桑原楯雄の生涯 桑原楯雄は、1829年(文政12年)に三河国中島村(現・愛知県半田市)に生まれました。幼い頃から神道を学び、14歳の時に熱田神宮の禰宜となりました。1853年(嘉永6年)、ペリー来航の際に、将軍徳川家慶に建白書を提出して攘夷を訴えました。 1868年(明治元年)、明治維新後に神宮司庁が設置されると、桑原は神祇大副に任命されました。1871年(明治4年)には、神祇省の廃止に伴い、伊勢神宮の祠官長に任命されました。1875年(明治8年)には、神祇官の廃止に伴い、神宮司廳長官に任命されました。 桑原は、神道を国家の根本思想と位置づけ、神祇官の廃止に反対しました。また、神道を国家の宗教として公認するよう、政府に働きかけました。1890年(明治23年)には、明治天皇の勅諭によって、神道が国家の宗教として公認されました。 桑原は、1910年(明治43年)に死去しました。享年82歳でした。桑原は、神道の復興に尽力した人物として、現在でも尊敬されています。
歴史上の偉人

→ 中野竹子 – 幕末の女傑

中野竹子の生い立ちと薙刀修行 中野竹子は、1847年(嘉永4年)に江戸の牛込に生まれました。父は旗本の中野五郎左衛門で、母は同じく旗本の娘でした。竹子は5人姉弟の4番目で、幼い頃から聡明で活発な少女でした。 13歳の時、竹子は薙刀を習い始めました。薙刀は、日本古来の武器で、長い柄の先に刀身が付いたものです。竹子は薙刀の才能に恵まれ、すぐにその腕前を上げました。竹子は、薙刀を習い始めた頃から、剣術や柔術などの武術にも興味を持つようになりました。そして、竹子は剣術や柔術も習い始め、その腕前を上げました。 竹子は、17歳の時、父が亡くなり、家計を助けるために薙刀の師範として働き始めました。竹子は、薙刀の師範として働きながら、剣術や柔術の修行も続けました。そして、竹子は、薙刀、剣術、柔術の三つの武術を極め、その腕前は江戸中に知られるようになりました。 竹子は、20歳の時、幕府の直参旗本である岡本藤右衛門と結婚しました。岡本藤右衛門は、竹子の薙刀の腕前を高く評価しており、竹子は岡本家の薙刀指南役を務めました。竹子は、岡本家の薙刀指南役として、多くの弟子を育て上げました。そして、竹子は、江戸薙刀術の第一人者として、幕末の動乱期に活躍しました。
歴史上の偉人

幕末・明治の武士・官僚、松平正直

-越前福井藩士として戊辰戦争に参加- 松平正直は、越前福井藩士として戊辰戦争に参加した。戊辰戦争は、1868年(慶応4年)に勃発した、江戸幕府と明治新政府の間の戦争である。松平正直は、幕府側に属し、越前福井藩の軍勢を率いて、新政府軍と戦った。 松平正直は、戊辰戦争の緒戦である鳥羽・伏見の戦いに参加した。鳥羽・伏見の戦いは、1868年(慶応4年)1月27日から28日にかけて、京都府鳥羽と伏見で起こった戦いである。松平正直は、越前福井藩の軍勢を率いて、新政府軍と戦ったが、敗北した。 その後、松平正直は、奥羽越列藩同盟に参加して、新政府軍と戦った。奥羽越列藩同盟は、1868年(慶応4年)4月に、東北地方と北陸地方の藩が結成した同盟である。松平正直は、越前福井藩の軍勢を率いて、奥羽越列藩同盟軍に加わり、新政府軍と戦った。しかし、奥羽越列藩同盟は、新政府軍に敗北し、松平正直も降伏した。 松平正直は、戊辰戦争後に、明治政府に出仕した。明治政府では、民部卿などを歴任した。1885年(明治18年)、松平正直は、死去した。
歴史上の偉人

太田健太郎 – 幕末の神職

- 代々三保神社の神職をつとめる 太田健太郎は、代々三保神社の神職を勤める家に生まれました。三保神社は、静岡県静岡市清水区三保に鎮座する神社で、海の神様である事代主命を祀っています。太田家は、鎌倉時代から三保神社の神職を務めており、代々健太郎という名前を襲名しています。 太田健太郎は、1848年に三保神社の禰宜に就任しました。禰宜とは、神職の職位の一つで、神主の次に位する役職です。太田健太郎は、禰宜として、三保神社の祭祀や神事を取り仕切りました。また、三保神社の境内にある神楽殿で、神楽を奉納することもありました。 太田健太郎は、三保神社の神職として、地域の人々に親しまれていました。また、太田健太郎は、三保神社の境内にあった学校で、子供たちに勉強を教えることもありました。太田健太郎は、1910年に73歳で亡くなりました。 太田健太郎の死後、太田家の長男である太田健太郎が、三保神社の禰宜に就任しました。太田健太郎は、1874年に生まれ、1946年に亡くなりました。太田健太郎の死後、太田家の長男である太田健太郎が、三保神社の禰宜に就任しました。太田健太郎は、1910年に生まれ、1980年に亡くなりました。 太田健太郎の死後、太田家の長男である太田健太郎が、三保神社の禰宜に就任しました。太田健太郎は、1936年に生まれ、現在も三保神社の禰宜を務めています。太田健太郎は、三保神社の神職として、地域の人々に親しまれています。
歴史上の偉人

「辻辰之助」

-辻辰之助の生涯- 辻辰之助は、1904年(明治37年)6月1日に、奈良県奈良市で生まれた。彼の父親は薬剤師で、母親は助産師であった。辻辰之助は、幼い頃から薬に興味を持ち、父親の薬局を手伝っていた。 1920年(大正9年)、辻辰之助は、東京帝国大学薬学部に入学した。彼は、薬学を学びながら、薬学研究室で研究にも励んだ。1924年(大正13年)、辻辰之助は、東京帝国大学薬学部を卒業した。 卒業後、辻辰之助は、大阪の医薬品製造会社に入社した。彼は、医薬品製造の研究開発に従事し、多くの新薬の開発に貢献した。 1935年(昭和10年)、辻辰之助は、独立して医薬品製造会社を設立した。彼は、この会社で、新薬の開発と製造を行い、多くの医薬品を世に送り出した。 辻辰之助は、新薬の開発に貢献しただけでなく、薬学教育にも尽力した。彼は、大阪薬学専門学校(現・大阪薬科大学)の校長を務め、多くの薬剤師を養成した。 辻辰之助は、1979年(昭和54年)1月1日に、74歳で亡くなった。彼は、日本の薬学の発展に大きく貢献した人物として、今日でも尊敬されている。
歴史上の偉人

田崎東-幕末の武士

-蝦夷地松前藩士- 田崎東は、江戸時代末期の蝦夷地松前藩士である。文政4年(1821年)、松前藩家老・田崎英明の長男として生まれる。幼名は東次郎。 天保8年(1837年)、17歳の時、父と共に江戸に赴き、松前藩江戸藩邸に住む。藩主・松前崇広に仕え、藩政に携わる。 嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航すると、藩主の命により、蝦夷地警備のため、松前藩兵を率いて蝦夷地に赴く。安政元年(1854年)、日米和親条約が締結されると、松前藩は箱館奉行を任命され、蝦夷地の警備を強化することになる。東は、箱館奉行のもとで、蝦夷地の警備に当たった。 安政5年(1858年)、日米修好通商条約が締結されると、箱館が開港されることになった。東は、箱館奉行のもとで、開港の準備に当たった。また、箱館奉行所を設置し、蝦夷地の統治を強化した。 文久3年(1863年)、東は、松前藩家老に就任する。藩政を総覧し、蝦夷地の警備に当たった。元治元年(1864年)、蝦夷地にロシア軍が侵攻すると、東は、松前藩兵を率いて、ロシア軍を撃退した。この功績により、松前藩主・松前崇広から、感状を授与された。 明治2年(1869年)、松前藩が廃藩置県になると、東は、松前藩知事に任命される。蝦夷地の統治に当たり、北海道の開拓に努めた。明治4年(1871年)、死去。享年51。
歴史上の偉人

色部長門の人生の軌跡と功績

-奥羽越列藩同盟と新潟出陣- 戊辰戦争(1868年 - 1869年)において、奥羽越列藩同盟は、東北地方の諸藩と越後国の諸藩が結成した同盟で、明治政府軍と戦った。奥羽越列藩同盟は、旧幕府軍と連携して、明治政府軍を東北地方から駆逐することを目的としていた。 色部長門は、奥羽越列藩同盟の結成に深く関わり、また同盟軍の新潟出陣を指揮した。 1868年1月、奥羽列藩同盟が結成され、同盟軍の総督に仙台藩主伊達宗城が任命された。色部長門は、同盟軍の参謀として、伊達宗城を補佐した。 1868年4月、奥羽越列藩同盟は、新潟に向けて出陣した。同盟軍は、約2万人の兵力で、新潟を占領することを目指していた。 同盟軍は、新潟に接近するにつれて、明治政府軍と交戦した。両軍は、数度にわたって激戦を繰り広げた。 1868年5月、同盟軍は、新潟を占領することに成功した。しかし、同盟軍は、新潟を占領した後、明治政府軍の反撃に遭い、敗退した。同盟軍は、東北地方に撤退した。 同盟軍の敗退を受けて、奥羽越列藩同盟は瓦解した。同盟軍は、明治政府軍に投降した。 色部長門は、奥羽越列藩同盟の敗退後、仙台藩に帰国した。色部長門は、1869年に死去した。享年34歳。 奥羽越列藩同盟と新潟出陣は、戊辰戦争における大きな転換点となった。同盟軍の敗退により、明治政府軍は東北地方を制圧し、戊辰戦争は終結に向かった。
歴史上の偉人

海江田信義 – 幕末から明治の激動を生き抜いた薩摩藩士の生涯

薩摩藩士としての海江田信義 海江田信義は、薩摩藩の下級武士の家に生まれた。幼少期から剣術や槍術を学び、長じて薩摩藩の藩校である造士館に入学した。造士館では、儒学や兵学を学び、薩摩藩の将来を担う人材として育成された。 卒業後は藩主である島津斉彬に仕え、その側近として活躍した。斉彬は、西洋文明に積極的な藩主であり、海江田は斉彬の改革を支える役割を果たした。斉彬の死後は、後を継いだ島津忠義に仕え、引き続き藩政を担った。 戊辰戦争では、薩摩藩の軍勢を率いて、幕府軍と戦った。戊辰戦争の勝利後は、明治政府で活躍し、民部省御用掛、大蔵省御用掛、元老院議官などを歴任した。 海江田は、薩摩藩士として、維新の変革に貢献した功績が評価されている。また、明治政府で活躍し、近代日本の発展に寄与した。海江田は、幕末から明治の激動の時代を生き抜いた薩摩藩士の代表格の一人である。
歴史上の偉人

内藤文成とは?幕末・明治に活躍した大名

-内藤文成の生涯- 内藤文成は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した大名です。彼は、1823年(文政6年)に、越後国高田藩の第10代藩主・内藤信成の長男として生まれました。文政11年(1828年)、父の死去に伴い、わずか6歳で藩主を継ぎました。 文成は、幼少期から聡明で、学問を好みました。特に、兵学と洋学に優れていました。また、剣術や馬術にも長けており、藩士たちから尊敬を集めていました。 文成は、藩主になると、藩政改革に取り組みました。彼は、藩士の俸禄を削減し、経費を節約して藩の財政を立て直しました。また、洋式の軍備を導入し、藩の軍事力を強化しました。 文成は、幕末の動乱期においても、藩の安定を保ちました。戊辰戦争では、新政府軍に味方し、会津藩や庄内藩と戦いました。戦後、文成は、明治政府から賞賛され、伯爵を授けられました。 文成は、明治17年(1884年)に、52歳で死去しました。彼の死後、高田藩は廃藩となり、文成の功績は忘れ去られてしまいました。しかし、近年になって、文成の功績が見直され、彼の生涯を記した書籍なども出版されています。 文成は、幕末・明治の動乱期において、藩の安定を保ち、藩政改革にも取り組んだ名君でした。彼の功績は、現代にも語り継がれるべきものです。
歴史上の偉人

島田鉄弥 – 幕末の激動に生きた若き志士

越後村上藩士としての誇り 島田鉄弥は、1833年に越後国村上藩(現在の新潟県村上市)に生まれた。村上藩は、江戸時代には村上城を居城とする小さな藩であり、幕末には総石高1万7000石ほどの規模であった。 島田は、村上藩士の家に生まれ、藩校である致道館で教育を受けた。致道館では、儒学や武術を学び、武士としての心構えを身につけた。 島田は、村上藩士としての誇りを強く持ち、藩のために尽力することを決意していた。幕末の動乱期には、藩主・村上忠順の命を受け、京都に上洛し、幕府の政局を視察した。 また、戊辰戦争では、村上藩兵を率いて、奥羽越列藩同盟軍と戦った。島田は、戦場で命を落としたが、その功績は村上藩士の間で語り継がれた。 島田の死 после смерти島田の死後、村上藩は廃藩置県となった。しかし、村上藩士の誇りは、今もなお、村上市の町に残っている。村上市には、島田の功績を称えた銅像が建てられ、毎年、島田の命日を記念する祭りが行われている。 島田鉄弥は、越後村上藩士としての誇りを持ち、藩のために尽力した。その功績は、今もなお、村上市の町に残っている。
歴史上の偉人

石原倉右衛門とは?幕末の武士

-石原倉右衛門の生涯- 石原倉右衛門は、幕末の武士であり、新撰組の初代局長として知られている人物です。1831年(天保2年)に京都で生まれ、本名は佐藤彦五郎(ひこごろう)でした。 1859年(安政6年)に、京都守護職の松平容保が新選組を結成すると、倉右衛門は初代局長に任命されました。倉右衛門は、新選組を率いて京都の治安維持に努め、尊王攘夷派の志士たちを弾圧しました。 1864年(元治元年)に、倉右衛門は池田屋事件で長州藩士を襲撃し、多くの志士を殺害しました。しかし、この事件を機に新選組は幕府から離反し、倉右衛門は局長を辞任しました。 その後、倉右衛門は薩摩藩に身を寄せましたが、1868年(明治元年)に戊辰戦争が勃発すると、新選組を率いて薩摩藩に加勢しました。しかし、新選組は薩摩藩に敗れ、倉右衛門は捕らえられて処刑されました。 倉右衛門は、新選組の初代局長として知られ、幕末の動乱期に活躍した人物です。その生涯は、新選組の歴史と深く関わっており、日本の歴史を学ぶ上で重要な人物と言えます。
歴史上の偉人

小笠原明大 – 幕末・明治の武士、官吏

-小笠原明大の生い立ちと経歴- 小笠原明大は、1836年に江戸の旗本・小笠原家に生まれた。幼名は萬次郎。家は旗本ではあるが困窮していたため、12歳の時に叔父・小笠原長行の養子となる。 1853年にペリーが浦賀に来航すると、翌年、幕府は小笠原長行を正使、新見正興を副使とする使節団をアメリカに派遣した。明大は、この使節団に随行し、アメリカに渡った。 アメリカ滞在中は、英語を学び、アメリカの文化や制度を視察した。また、アメリカ独立戦争の英雄であるジョージ・ワシントンについて学び、その思想に感銘を受けた。 1857年に帰国し、幕府の外交官として活躍する。1860年には、日米修好通商条約の批准書交換のため、再びアメリカに渡った。 1868年に戊辰戦争が勃発すると、幕府軍として参戦。しかし、官軍に敗れ、捕虜となる。その後、明治政府に登用され、外交官として活躍した。 1871年、初代駐米公使に任命され、ワシントンD.C.に赴任した。公使として、日米関係の改善に努め、1873年には、日米修好通商条約を改正する条約を締結した。 1875年に帰国し、外務卿に就任。外務卿として、日清戦争の外交交渉を担当し、1895年に下関条約を締結した。 1898年に外務卿を辞任し、1900年に死去した。
歴史上の偉人

黒河内伝五郎:会津藩の武芸者

-黒河内伝五郎の人生- -若き頃と剣術修行- 黒河内伝五郎は、1832年、会津藩の郷士・黒河内左ヱ門の三男として生まれました。幼少の頃から武芸に秀でており、8歳の時に地元の剣術道場に入門しました。その後、江戸に出て、幕府の剣術指南役を務めていた桶町道場の千葉定吉に師事し、剣術の腕を磨きました。 -会津藩の剣術師範として- 1853年、黒河内伝五郎は会津藩の剣術師範に取り立てられました。藩主・松平容保の命により、藩士の剣術の指導にあたりました。黒河内伝五郎は、厳しい指導で知られ、また、剣術の技術だけでなく、精神修養の大切さも説きました。 -戊辰戦争での活躍- 1868年、戊辰戦争が勃発すると、黒河内伝五郎は会津藩の軍に加わり、戦いました。白河口の戦いや二本松の戦いで活躍し、数々の武功を上げました。しかし、会津藩は新政府軍に敗れ、降伏しました。 -晩年- 戊辰戦争後、黒河内伝五郎は故郷の会津に戻り、剣術の指導を続けました。明治政府の要職に就くことも勧められましたが、それを固辞し、剣術の普及に生涯を捧げました。大正11年、82歳で死去しました。 -黒河内伝五郎の剣術の特徴- 黒河内伝五郎は、小柄ながら力強く、素早い剣さばきを得意としました。また、剣術だけでなく、柔術や槍術、弓術にも通じており、武芸十八般に通じる武芸者でした。 -黒河内伝五郎の功績- 黒河内伝五郎は、会津藩きっての剣術師範として、藩士の教育に尽力しました。また、戊辰戦争では、会津藩の軍に加わり、戦いました。黒河内伝五郎の剣術は、現代にも受け継がれており、多くの剣術家がその教えを学んでいます。
歴史上の偉人

「和田三兵衛」

-和田三兵衛とは- 和田三兵衛とは、戦国時代の武将。尼子氏の家臣。出雲国松江城城主。通称は右衛門尉。法名は常甫。 尼子氏の家臣として、毛利氏との合戦で活躍。尼子氏の没落後は、毛利氏に仕えた。 1561年、陶晴賢の謀反により尼子晴久が自害すると、三兵衛は尼子氏を再興するために毛利氏と同盟を結んだ。 1562年、毛利・尼子連合軍は陶氏の軍勢を破り、陶晴賢を自害させた。 1564年、毛利元就が死去すると、三兵衛は毛利輝元の家臣となる。 1569年、三兵衛は松江城を築城し、城主となった。 1570年、三兵衛は毛利輝元に従い、織田信長の軍勢と戦った。 1572年、三兵衛は織田信長の軍勢に敗れ、松江城を明け渡した。 1573年、三兵衛は尼子勝久の謀反に加わり、松江城を奪還した。 1575年、三兵衛は毛利輝元の軍勢に敗れ、松江城を再び明け渡した。 1576年、三兵衛は毛利輝元の臣下となって、松江城の城主となった。 1580年、三兵衛は毛利輝元の命により、尼子勝久を討伐した。 1582年、三兵衛は本能寺の変で織田信長が自害すると、毛利輝元に従い、羽柴秀吉と和睦した。 1583年、三兵衛は病死した。
歴史上の偉人

笠松謙吾-幕末の尊攘運動家

笠松謙吾の生涯 笠松謙吾は、幕末の尊攘運動家で、水戸藩士。安政の大獄で処刑された。 1827年、水戸藩士笠松正雄の長男として誕生。幼名は源之丞。 1848年、水戸藩校弘道館に入学。そこで尊攘思想に傾倒する。 1853年、ペリーが浦賀に来航。笠松は攘夷運動に参加する。 1854年、安政の大獄が起こり、笠松は捕らえられる。 1859年、笠松は死刑を宣告され、斬首された。享年33歳。 笠松は、攘夷運動の先駆者として、幕末史において重要な役割を果たした。
歴史上の偉人

「品川弥二郎」

幕末-明治時代の武士、政治家 品川弥二郎は、幕末から明治時代に活躍した武士、政治家です。江戸幕府の旗本であり、幕末にはペリー来航や黒船来航などの外交交渉に携わりました。明治維新後は、新政府で要職を歴任し、初代外務卿、初代内務卿などを務めました。また、日本の近代化に尽力し、日本の近代化の礎を築いた人物の一人です。 品川弥二郎は、1810年に江戸で生まれました。父は旗本の品川弥太郎、母は酒井忠義の娘です。幼少期から聡明で、学問に優れていました。1830年に父が死去したため、家督を相続して旗本となりました。 1841年、品川弥二郎は幕府の外国掛となり、ペリー来航や黒船来航などの外交交渉に携わりました。1854年には、アメリカのペリー提督と日米和親条約を締結しました。この条約は、日本とアメリカの間に開国と通商を定めたもので、日本の近代化に大きな影響を与えました。 1860年、品川弥二郎は幕府の外国奉行に就任しました。外国奉行は、幕府の外交政策を統括する役職であり、品川弥二郎は幕府の外交政策を主導する立場にありました。1862年には、イギリス、フランス、オランダ、ロシアの四カ国と日米修好通商条約を締結しました。この条約は、日本の関税自主権を制限する内容のもので、日本に不平等な条約でした。しかし、品川弥二郎は、日本の近代化のためにこの条約を締結したのです。 1868年、明治維新が起こり、幕府が倒壊しました。品川弥二郎は、新政府に参加し、要職を歴任しました。初代外務卿、初代内務卿などを務め、日本の近代化に尽力しました。1873年に死去しました。 品川弥二郎は、幕末から明治時代に活躍した武士、政治家です。日本の近代化に尽力し、日本の近代化の礎を築いた人物の一人です。
歴史上の偉人

「楢山佐渡」

武藤家に生まれた、「楢山佐渡」 「楢山佐渡」のモデルとなった人物は、新潟県佐渡郡佐和田町(現・佐渡市)に実在した武藤佐渡という女性です。武藤佐渡は、1784年に武藤家に生まれました。武藤家は、代々佐渡で農業を営む家柄でした。佐渡は、新潟県佐渡郡佐和田町(現・佐渡市)にある小さな集落です。佐渡は、佐渡島の北部に位置し、日本海に面しています。佐渡は、面積が約10平方キロメートルで、人口は約100人です。佐渡は、自然豊かな町で、山や海に囲まれています。佐渡は、漁業や農業が盛んな町です。 武藤佐渡は、幼い頃から両親を亡くし、祖父母に育てられました。武藤佐渡は、祖父母に育てられて、健やかに成長しました。武藤佐渡は、18歳で結婚し、子供を2人授かりました。武藤佐渡は、結婚後も祖父母と暮らし続けました。武藤佐渡は、祖父母と暮らしながら、農業を営んでいました。武藤佐渡は、働き者で、家族のために尽くしていました。武藤佐渡は、60歳の時に祖父母を亡くしました。武藤佐渡は、祖父母の死後も農業を営んでいました。武藤佐渡は、70歳の時に子供たちと離れて暮らし始めました。武藤佐渡は、子供たちと離れて暮らしてからも、農業を営んでいました。武藤佐渡は、80歳の時に亡くなりました。武藤佐渡は、生涯を通じて農業に励みました。武藤佐渡は、佐渡の誇りです。
歴史上の偉人

相馬誠胤-幕末から明治にかけての大名

相馬誠胤の生い立ちと家系 相馬誠胤(そうま まさただ)は、幕末から明治にかけての大名である。相馬氏の第18代当主であり、相馬中村藩の第12代藩主を務めた。 相馬誠胤は、文化13年(1816年)に相馬中村藩の第11代藩主である相馬益胤の長男として生まれた。幼名は万次郎。母は松平定信の五女である信姫。 相馬家は、相模国(現在の神奈川県)に発祥し、鎌倉時代には御家人の地位にあった。戦国時代には、相模国の小大名として活躍し、小田原征伐後には豊臣秀吉に仕えた。江戸時代には、陸奥国(現在の福島県)に封じられ、相馬中村藩を立藩した。 相馬誠胤は、幼い頃から文武両道に秀でた少年であった。12歳の時には、藩校である相馬藩校に入学し、学問を修めた。また、剣術や馬術にも優れ、藩士たちから「若様」と敬称された。 弘化4年(1847年)、父である相馬益胤の死去に伴い、相馬藩の第12代藩主を継いだ。当時は、幕末の動乱期であり、相馬藩も勤王派と佐幕派に分かれて争っていた。相馬誠胤は、当初は幕府に恭順の姿勢を見せていたが、やがて勤王派に与して倒幕運動に加わった。 慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発すると、相馬藩は新政府軍に属して奥羽越列藩同盟と戦った。相馬誠胤は、自ら軍を率いて出陣し、白河口の戦いや磐城の戦いで奮戦した。しかし、新政府軍は敗北し、相馬藩も降伏した。 明治2年(1869年)、相馬藩は廃藩置県により廃止され、相馬誠胤は藩主の座を退いた。その後、東京に移り住み、明治14年(1881年)に死去した。享年66。