新日本婦人の会

政治分野の人

苅田アサノの生涯 – 戦前から戦後までの人生

-革命運動への参加- 1920年代後半、苅田アサノは革命運動に関わるようになりました。彼女は中国の毛沢東率いる共産党に感化され、1928年に中国共産党に入党しました。入党後、彼女は共産党の地下活動に参加し、プロパガンダ活動や労働運動を支援しました。また、彼女は共産党の機関紙である「赤旗」の記者としても活動し、共産党の主張を広く世に発信しました。 1931年、日本が満州に侵攻し、日中戦争が勃発しました。苅田アサノは日本軍の侵略に反対し、反戦運動に参加しました。彼女は反戦デモを組織し、日本軍の暴行を告発するビラを配布しました。また、彼女は共産党の地下組織を通じて、日本の軍需工場で働く労働者をストライキに誘導するなどの活動も行いました。 1937年、日本軍が盧溝橋事件を起こし、日中戦争が本格化しました。苅田アサノは共産党の指示のもと、日本軍の侵略に抵抗するゲリラ組織を結成しました。彼女はゲリラ組織のリーダーとして、日本軍と戦い、多くの戦果を挙げました。しかし、1940年に日本軍に逮捕され、投獄されました。 苅田アサノは獄中で拷問を受けましたが、最後まで共産党の信念を貫き通しました。彼女は1945年に獄中で死亡しましたが、彼女の革命運動への貢献は今日でも高く評価されています。
政治分野の人

帯刀貞代の足跡:婦人運動家、女性史研究家、そして日本の戦後民主主義の草分け的存在

-女性運動のパイオニアとして- 帯刀貞代は、日本の女性運動のパイオニアの一人であり、女性の権利向上のための活動に尽力した。彼女は、1901年に東京に生まれ、津田塾専門学校を卒業後、アメリカに留学して社会学を学んだ。帰国後、彼女は女子経済専門学校(現在の東京家政大学)で教鞭を執り、女性の経済的自立を訴えた。 1920年に、帯刀貞代は女性参政権獲得運動に参加し、婦人参政権同盟を結成した。彼女は、女性が選挙権を持てないのは不平等だと主張し、国民投票法改正運動を展開した。1925年に、彼女は日本婦人会議(現在の日本女性会議)の結成に参加し、女性の社会参加を訴えた。 1945年の日本の敗戦後、帯刀貞代は、新しい憲法の制定に尽力した。彼女は、女性の権利を保障する条項を憲法に盛り込むことを主張し、その結果、憲法第24条に「婚姻は、両性の合意のみによって成立し、夫婦が同等の権利を有する」という条項が盛り込まれた。 帯刀貞代は、1955年に死去したが、彼女の活動は、日本の女性の権利向上に大きな影響を与えた。彼女は、女性参政権の獲得、女性の社会参加、女性の権利保障など、日本の女性運動の礎を築いた女性の一人である。
政治分野の人

「勝目テル」

# 勝目テル - 生い立ちと消費組合運動への参加 勝目テルは、1884年(明治17年)12月13日に、現在の埼玉県東松山市に生まれました。家は貧しく、小学校を卒業した後は、丁稚奉公に出されました。その後、東京に出て、印刷工として働きながら、労働運動に参加するようになりました。 1910年(明治43年)、勝目は、東京消費組合を設立しました。これは、日本で最初の消費組合であり、勝目が会長を務めました。消費組合は、組合員が出資金を出し合って、共同で商品を購入し、組合員に安く販売するという組織です。これによって、組合員は、生活に必要な物資を安く購入することができ、生活を向上させることができました。 消費組合運動は、順調に拡大し、1923年(大正12年)には、東京市内の消費組合が合併して、東京市消費組合連合会が設立されました。勝目は、この連合会の会長に就任しました。 1925年(大正14年)、勝目は、消費組合中央会を設立しました。これは、全国の消費組合を統括する組織であり、勝目が会長を務めました。消費組合中央会は、消費組合運動の普及と発展に尽力し、やがて、全国に消費組合が広がるようになりました。 勝目は、消費組合運動以外にも、労働運動や社会運動にも積極的に参加しました。1921年(大正10年)には、日本労農党を結成し、1926年(昭和元年)には、全国水平社を結成しました。これらの組織は、労働者や農民、部落民の権利向上を目指して活動しました。 勝目は、1940年(昭和15年)に死去しました。しかし、消費組合運動は、その後も発展を続け、現在では、全国に多くの消費組合があります。消費組合は、人々の生活を向上させるために重要な役割を果たしています。