新猿楽記

歴史上の偉人

藤原明衡 – 平安時代中期の官吏,漢詩人

- 藤原明衡の生涯 藤原明衡は、平安時代中期の官吏、漢詩人である。 彼の生年は不詳だが、貞観14年(872年)に生まれたと推定されている。 父は藤原基経、母は藤原良房の娘である明子である。 明衡は、延喜2年(902年)に文章生に任官し、その後、主計允、大蔵少輔、左少弁などを歴任した。 また、文章博士、権左中弁も務めた。 明衡は、930年(延長8年)に59歳で亡くなった。 明衡は、漢詩に優れており、その詩は『本朝文粋』や『和漢朗詠集』に収められている。 明衡の詩は、平明でわかりやすく、当時の世相を反映している。 また、明衡は、日本語を漢字で表記する方法である仮名文字の使用を積極的に取り入れた。 明衡の仮名文字の使用は、日本語の発展に大きな影響を与えた。 明衡は、平安時代中期の文化に大きな貢献をした人物である。 彼の漢詩は、当時の世相を反映しており、日本語の発展にも貢献した。 明衡は、平安時代中期の文化を代表する人物の一人である。
歴史上の偉人

田中豊益

- 田中豊益 田中豊益は、江戸時代初期の猿楽師で、宗家である観世流より分かれて、独自の流派である豊益流を創始しました。 -# 新猿楽記に登場する田中豊益 田中豊益は、野村家による芸能史書である『新猿楽記』に多く登場しています。 『新猿楽記』は、野村家が代々受け継いできた芸能に関する記録を集めたもので、 田中豊益の芸の噂を聞いた徳川家康が、彼を招いて歌舞伎を披露させたという逸話や、 豊益流の芸の特色などが記されています。 『新猿楽記』によると、田中豊益は、1588年に堺で生まれ、子供の頃から猿楽を学びました。 父親が豊臣秀吉に仕えていたことから、豊益も豊臣家に仕えることになりました。 豊臣家に仕えていた時代、豊益は、歌舞伎の演技や舞を披露して、豊臣秀吉や、豊臣秀頼らから愛されました。 しかし、関ヶ原の戦いで豊臣家が滅亡すると、豊益は主君を失い、流浪の身となりました。 その後、豊益は、京都や奈良で猿楽を披露しながら生活しました。 そして、1629年に、徳川家康の命によって江戸城に招かれて、歌舞伎を披露しました。 徳川家康は、豊益の芸を気に入り、彼に江戸に留まることを許しました。 豊益は、江戸で豊益流を創始し、多くの弟子を育てました。 田中豊益は、1654年に亡くなりました。 彼の死後、豊益流は、さらに発展し、江戸歌舞伎を代表する流派となりました。