新田義貞

歴史上の偉人

長崎高重-鎌倉時代の武将

-長崎高重の生涯- 長崎高重は、鎌倉時代の武将です。肥後国長崎氏の祖であり、肥後国守護も務めました。 高重は、鎌倉幕府の御家人であった長崎高綱の子として生まれました。建久7年(1196年)に源頼朝が奥州藤原氏を討伐した奥州合戦に従軍し、戦功を挙げました。その後、承元4年(1210年)に肥後国守護に任命され、肥後国に下向しました。 高重は、肥後国守護として、肥後国の治安維持に努め、また、肥後国の開発にも尽力しました。肥後国の各地に城を築いて支配体制を固め、また、肥後国に多くの寺社を建立しました。 高重は、建暦3年(1213年)に肥後国で没しました。享年59歳でした。高重の死後、長崎氏は肥後国守護として代々肥後国を治めました。 長崎高重は、肥後国守護として肥後国の発展に貢献した人物です。また、長崎氏は、肥後国を治めた名門として知られており、高重は長崎氏の祖として後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

村上義信-鎌倉時代の武将

村上義信の生涯 村上義信は、鎌倉時代の武将です。1202年、甲斐国八代郡村上郷(現在の山梨県甲府市)に生まれました。父は村上宗光、母は甲斐源氏の一族である一条忠頼の娘です。 義信は幼い頃から武芸に秀で、13歳で初めて合戦に参加しました。その後、鎌倉幕府の御家人として活躍し、1221年の承久の乱では、幕府軍の一員として北条泰時率いる軍勢に参加し、後鳥羽上皇の軍勢を破りました。 乱後は、甲斐国守護に任命され、甲斐国の統治に当たりました。また、幕府の要職である侍所別当や六波羅探題を務め、幕政にも参与しました。 1247年、義信は56歳で亡くなりました。彼の死後、甲斐国守護の職は息子の村上頼綱が継ぎました。 義信は、鎌倉幕府の有力な御家人として活躍し、幕府の安定に貢献しました。また、甲斐国の発展にも尽力し、甲斐源氏の名門として名を残しました。 義信の生涯を振り返ると、以下のようなことが挙げられます。 ・1202年、甲斐国八代郡村上郷に生まれる。 ・幼い頃から武芸に秀でる。 ・13歳で初めて合戦に参加。 ・1221年の承久の乱で北条泰時率いる軍勢に参加。 ・乱後は、甲斐国守護に任命され、甲斐国の統治に当たる。 ・幕府の要職である侍所別当や六波羅探題を務める。 ・1247年、56歳で亡くなる。 義信は、鎌倉幕府の有力な御家人として活躍し、幕府の安定に貢献しました。また、甲斐国の発展にも尽力し、甲斐源氏の名門として名を残しました。
歴史上の偉人

大館宗氏-鎌倉時代を熱く生きた武将

大館宗氏の生涯 大館宗氏は、鎌倉時代中期から後期にかけて活躍した武将です。鎌倉幕府の有力御家人として、数々の戦いで武功を上げ、建治元年(1275年)には九州探題に任じられました。文永の役(1274年~1281年)では、第一回の戦いで元軍を撃退する功績を上げ、鎌倉幕府の重鎮として活躍しました。 大館宗氏は、元弘元年(1331年)に鎌倉幕府が滅亡すると、後醍醐天皇の建武政権に参加しました。しかし、建武政権が足利尊氏によって倒されると、足利尊氏に降伏し、室町幕府の御家人となりました。観応の擾乱(1350年~1352年)では、足利尊氏方に属して戦い、功績を上げました。 大館宗氏は、正平12年(1357年)に63歳で亡くなりました。大館宗氏は、鎌倉時代を代表する武将の一人であり、その生涯は武勇伝に彩られています。 大館宗氏の功績 大館宗氏は、数々の戦いで武功を上げ、鎌倉幕府の重鎮として活躍しました。文永の役(1274年~1281年)では、第一回の戦いで元軍を撃退する功績を上げ、鎌倉幕府の重鎮として活躍しました。 大館宗氏は、正平12年(1357年)に63歳で亡くなりました。大館宗氏は、鎌倉時代を代表する武将の一人であり、その生涯は武勇伝に彩られています。
歴史上の偉人

大井田氏経

-大井田氏経新田義貞の忠臣- -新田義貞の忠臣- 大井田氏経は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。新田義貞の忠臣として知られ、活躍しました。 -生涯- 大井田氏経は、武蔵国児玉郡大井田郷(現在の埼玉県本庄市)で生まれたとされます。父は、大井田氏経の兄である大井田常通。母は、新田政光の娘である政子です。 1331年(元弘元年)、新田義貞が鎌倉幕府打倒の兵を挙げると、大井田氏経はこれに従いました。1333年(元弘3年)の鎌倉攻めでは、新田義貞の軍勢に加わって鎌倉を攻略するのに貢献。幕府を滅亡に追い込みました。 その後、大井田氏経は新田義貞の命を受けて各地を転戦。1336年(建武3年)には、足利尊氏と戦った新田義貞の援軍として、九州に渡りました。しかし、この戦いで新田義貞は敗北を招き、戦死。大井田氏経は、新田義貞の遺体を収容して関東に帰還しました。 新田義貞の死後、大井田氏経は南朝に仕えました。1348年(貞和4年)、足利直義と戦い、これを破ることに成功しました。しかし、1350年(観応2年)に足利尊氏と戦い、敗れて戦死しました。 -人物像- 大井田氏経は、勇猛果敢な武将として知られていました。また、主君である新田義貞に対して忠義を尽くし、新田義貞の死後も南朝に仕え続けました。 -逸話- 大井田氏経には、次のような逸話が残されています。 ・鎌倉攻めの際に、大井田氏経は新田義貞の軍勢に加わって鎌倉を攻めました。このとき、大井田氏経は鎌倉幕府の重臣である北条時政の首を討ち取り、新田義貞に献上しました。 ・足利尊氏と九州で戦った際、大井田氏経は新田義貞の援軍として加わりました。このとき、大井田氏経は足利尊氏の軍勢と一騎打ちを行い、これを打ち破りました。 -評価- 大井田氏経は、新田義貞の忠臣として知られる武将であり、その武勇と忠義は高く評価されています。また、大井田氏経は、南朝に仕えて最後まで戦い抜いたことから、南朝の忠臣としても称えられています。
歴史上の偉人

– 赤松貞範

- 赤松貞範とは? 赤松貞範は、平安時代中期の武将・歌人です。播磨国の豪族、赤松氏の祖とされ、赤松円心の父、赤松則村の曽祖父にあたります。 貞範は宇多天皇の子孫であり、内蔵頭藤原公通の娘を妻としています。 貞範は、940年に平将門の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて左衛門尉に任命されました。 947年には、平将門の残党が再び反乱を起こしたときに、追討使として派遣され、乱を鎮圧しました。 949年には、藤原純友の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて、播磨介に任命されました。 貞範は、播磨介として、播磨国の武士を統治し、播磨国の治安維持に努めました。 955年には、摂津国で起きた平将門の残党の乱を鎮圧したときに、功績を評価されて、筑前守に任命されました。 貞範は、筑前守として、筑前国の武士を統治し、筑前国の治安維持に努めました。 961年に貞範は、参議に任命されましたが、参議就任後まもなく51歳で亡くなりました。 貞範は、歌人としても知られており、彼の歌は『古今和歌集』に収められています。 貞範の歌は、自然や風物、恋愛などを題材としており、繊細で優美な作風で知られています。 貞範は、播磨国の武士の祖として、また、歌人として、平安時代中期に活躍した人物です。
歴史上の偉人

うみやすやすとう – 備前守護を務めた鎌倉-南北朝時代の武将

宇都宮公綱の傍らで成長した若武者 うみやすやすとうの幼少期について、詳しいことはわかっていません。しかし、彼は宇都宮公綱の傍らで育ち、公綱から武芸を学びました。公綱は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将で、宇都宮氏の第18代当主です。公綱は、足利尊氏に仕え、尊氏の長男である足利義詮の補佐役を務めました。義詮が将軍になると、公綱は京都に上洛し、幕府の要職に就きました。 うみやすやすとうは、公綱の傍らで育つことで、武芸を学び、また、政治についても学ぶことができました。やがて、うみやすやすとうは、公綱の嫡男である宇都宮基綱の補佐役を務めるようになりました。基綱は、公綱の死後、宇都宮氏の第19代当主となりました。基綱は、父である公綱と同じく、足利義詮に仕えました。義詮が将軍になると、基綱は京都に上洛し、幕府の要職に就きました。 うみやすやすとうは、基綱の補佐役として、幕府の政務にも参与しました。やがて、うみやすやすとうは、備前国守護に任命されました。備前国は、現在の岡山県東部にあたる地域です。うみやすやすとうは、備前国守護として、備前国の治安維持に努めました。また、うみやすやすとうは、備前国の経済発展にも貢献しました。彼は、備前国の特産品である備前焼の生産を奨励し、備前焼の販路を拡大しました。 うみやすやすとうは、備前国守護として、13年間在職しました。彼は、備前国を安定させ、備前国の経済発展にも貢献しました。うみやすやすとうは、1372年に亡くなりました。享年56歳でした。
歴史上の偉人

金谷経氏

-南北朝時代の武将- 金谷経氏は、南北朝時代の武将です。京極氏の家臣で、但馬国出石郡金谷郷を本拠としていました。 金谷経氏は、1331年に足利尊氏の挙兵に参加し、建武政権に敵対しました。足利尊氏が京都を制圧すると、金谷経氏は但馬守護職に任じられました。 金谷経氏は、1336年に湊川の戦いで楠木正成を破り、南朝勢力を但馬から駆逐しました。しかし、1338年に南朝方の新田義貞に敗れ、但馬守護職を解任されました。 金谷経氏は、1340年に足利尊氏が再度挙兵すると、再びこれに協力し、京都を制圧しました。足利尊氏が室町幕府を開くと、金谷経氏は但馬守護職に再任されました。 金谷経氏は、1352年に亡くなりました。享年42でした。 金谷経氏は、南北朝時代の有力武将の一人でした。足利尊氏を支え、室町幕府の成立に貢献しました。
歴史上の偉人

「世良田満義」

-世良田満義の生涯- 世良田満義は、鎌倉時代の武将である。上総国大多喜城の城主として、源頼朝に仕えた。 満義は、下総国守・大掾宗俊の子として誕生した。父・宗俊は、源頼朝の挙兵に従い、頼朝が鎌倉幕府を開くと、上総国大多喜城の城主となった。 満義は、父・宗俊が死去すると、大多喜城を継承した。満義は、頼朝に仕え、文治5年(1189年)の奥州合戦、建久元年(1190年)の志田合戦、建久4年(1193年)の文治合戦に参加した。 文治5年(1189年)、満義は、頼朝の命により、奥州平定の軍に参加した。満義は、頼朝の本隊とは別に、上総国から直接奥州に向かい、平泉の藤原秀衡を攻めた。満義は、藤原秀衡の居城・平泉城を攻め落とし、藤原秀衡を自害に追い込んだ。 建久元年(1190年)、満義は、頼朝の命により、志田合戦に参加した。志田合戦は、頼朝と弟の源義経が戦った合戦である。満義は、頼朝の軍に属し、義経の軍を破った。 建久4年(1193年)、満義は、頼朝の命により、文治合戦に参加した。文治合戦は、頼朝と奥州藤原氏の残党が戦った合戦である。満義は、頼朝の軍に属し、藤原氏の残党を破った。 建久10年(1199年)、頼朝が死去すると、満義は、頼朝の後を継いだ源頼家に仕えた。しかし、頼家は、翌年、将軍職を廃され、伊豆国に配流された。満義は、頼家の配流に従い、伊豆国に赴いた。 承元4年(1210年)、満義は、頼家の死後、鎌倉に戻り、北条氏に仕えた。北条氏は、鎌倉幕府の執権として、幕府の実権を握っていた。満義は、北条氏に仕え、幕府の重臣として活躍した。 嘉禄元年(1225年)、満義は、67歳で死去した。満義は、鎌倉幕府の重臣として、幕府の安定に貢献した名将である。
歴史上の偉人

林源琳

林源琳の生涯 林源琳は、1922年(大正11年)1月1日に兵庫県加古郡稲美町に生まれました。父は林源治、母は林マスです。林源琳は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 林源琳は、幼い頃から病弱で、よく入院していました。そのため、学校にはあまり通えませんでした。しかし、林源琳は読書が好きで、独学で勉強していました。 林源琳は、1941年(昭和16年)に、大阪市立工業専門学校(現在の大阪公立大学)に入学しました。しかし、すぐに徴兵され、中国戦線に派遣されました。 林源琳は、中国戦線で1年間従軍し、1942年(昭和17年)に除隊しました。除隊後、林源琳は大阪市立工業専門学校に戻り、1945年(昭和20年)に卒業しました。 林源琳は、卒業後、日立製作所に就職しました。林源琳は、日立製作所で主に半導体の研究開発に従事し、多くの成果を上げました。 林源琳は、1972年(昭和47年)に、日立製作所の半導体研究所長に就任しました。林源琳は、研究所長として、半導体の研究開発を推進し、日立製作所を世界有数の大手半導体メーカーに育て上げました。 林源琳は、1980年(昭和55年)に、日立製作所の取締役社長に就任しました。林源琳は、社長として、日立製作所の経営改革を断行し、日立製作所を世界有数の総合電機メーカーに育て上げました。 林源琳は、1992年(平成4年)に、日立製作所の会長に就任しました。林源琳は、会長として、日立製作所の国際化を推進し、日立製作所を世界有数のグローバル企業に育て上げました。 林源琳は、2004年(平成16年)11月29日に、82歳で亡くなりました。林源琳は、日本の半導体産業の発展に大きく貢献した日本の半導体産業の先駆者でした。