新聞経営者

経済分野で活躍した人

「進藤信義」(1878-1951 明治-昭和時代前期の新聞経営者)

早稲田大学卒業後の新聞記者時代 早稲田大学政治経済学部を卒業した進藤信義は、1902年(明治35年)に時事新報に入社し、新聞記者としてのキャリアをスタートさせました。時事新報は、自由民権運動の拠点として福沢諭吉が創刊した新聞で、当時の政界や社会に大きな影響力を持っていました。 進藤は、時事新報で政治部記者として活躍し、1904年(明治37年)の日露戦争では、従軍記者として戦地に赴き、戦況を報道しました。また、1905年(明治38年)には、渡米してサンフランシスコの大地震を報じるなど、国際的な報道にも携わりました。 1908年(明治41年)には、時事新報を退社し、新しく創刊された東京日日新聞に移籍しました。東京日日新聞は、日本新聞協会の設立に関わったジャーナリスト、徳富蘇峰が創刊した新聞で、当時の政界や財界に大きな影響力を持っていました。 進藤は、東京日日新聞で政治部記者として活躍し、1912年(明治45年)には、山本権兵衛内閣の総辞職をスクープするなど、多くのスクープをものにしました。また、1914年(大正3年)には、第一次世界大戦の勃発を報じるなど、国際的な報道にも携わりました。 進藤は、早稲田大学卒業後の新聞記者時代には、時事新報や東京日日新聞で活躍し、多くのスクープをものにしました。また、日露戦争や第一次世界大戦など、重要な歴史的事件の報道にも携わり、日本のジャーナリズムの発展に貢献しました。
政治家・活動家

の「山崎伝之助」について

-山崎伝之助- -経歴- 山崎伝之助は、1867年(慶応3年)に備中松山藩(現在の岡山県高梁市)の士族の家に生まれた。 1887年(明治20年)に東京帝国大学工科大学に入学し、土木工学科を卒業。その後、内務省に入省し、土木事業に従事する。 1898年(明治31年)、土木局長に就任。1900年(明治33年)には、内務次官に昇進する。 1906年(明治39年)、第1次桂内閣で大蔵大臣に任命される。しかし、翌年、日露戦争後の財政難を理由に辞任。 1911年(明治44年)、第2次桂内閣で逓信大臣に任命される。しかし、翌年、シーメンス事件に関与したとして辞任。 1913年(大正2年)、第1次山本内閣で大蔵大臣に再任される。しかし、翌年、第一次世界大戦勃発に伴う財政難を理由に辞任。 1918年(大正7年)、第2次原内閣で内務大臣に任命される。しかし、翌年、原敬首相が暗殺されたため、辞任。 1924年(大正13年)、第1次若槻内閣で大蔵大臣に再々任される。しかし、翌年、金融恐慌が発生したため、辞任。 1929年(昭和4年)、第1次濱口内閣で内務大臣に再任される。そして、1931年(昭和6年)に死去するまで在職した。 山崎伝之助は、5度にわたって閣僚を歴任した政界の重鎮であった。また、土木事業や財政政策に大きな功績を残した人物である。
経済分野で活躍した人

具島勘三郎の生涯と活躍

-明治41年生まれの新聞経営者- 具島勘三郎(ぐしまかんざぶろう、1878年(明治11年)4月15日 - 1957年(昭和32年)10月30日)は、日本の新聞経営者。西日本新聞社の創業者である。 福岡県糸島郡野間村(現糸島市)に生まれる。1894年(明治27年)に福岡県立中学修猷館を卒業。翌年、東京専門学校(現早稲田大学)に進学。1898年(明治31年)に中退し、帰郷。 1900年(明治33年)、福岡日日新聞社に入社。記者として働いた後、1906年(明治39年)に編集長に就任。1911年(明治44年)に西日本新聞社を創立。社長に就任し、新聞の近代化に尽力した。 1936年(昭和11年)には、全国紙の朝日新聞と提携。西日本新聞は、九州最大の新聞社となった。1945年(昭和20年)には、社長を辞任。会長に就任した。 1957年(昭和32年)10月30日、死去。79歳没。 具島勘三郎は、九州の新聞界の発展に大きく貢献した。その功績は、今日でも称えられている。
政治家・活動家

辻野惣兵衛 – 明治・大正時代の政治家・新聞経営者

和歌山県会議員としての活躍 辻野惣兵衛は、1882年(明治15年)に和歌山県会議員に初当選しました。彼は、和歌山県会議員として、地方自治の発展に尽力しました。 辻野惣兵衛は、和歌山県会議員として、県政の近代化を推進しました。彼は、県税の改革や、県営事業の整備などに尽力しました。また、辻野惣兵衛は、和歌山県の教育振興にも貢献しました。彼は、県立中学校の増設や、師範学校の設立などに尽力しました。 辻野惣兵衛は、和歌山県会議員として、県政の発展に大きな功績を残しました。彼は、近代的な和歌山県政の礎を築いた人物の一人です。 辻野惣兵衛は、1912年(大正元年)に和歌山県会議員を辞任しました。彼は、その後、新聞経営者として活動しました。辻野惣兵衛は、1920年(大正9年)に死去しました。
経済分野で活躍した人

「新田宇一郎」

-「新田宇一郎」- -新聞経営のパイオニア- 新田宇一郎は、明治時代に活躍した新聞経営者であり、日本の新聞界の発展に大きく貢献した人物です。 1857年、福井県に生まれた新田は、1882年に上京してジャーナリズムの道を歩み始めました。1887年に、彼は東京日々新聞に入社し、記者として活躍。その後、国民新聞の記者を経て、1890年に東京朝日新聞の記者となりました。 新田は、東京朝日新聞の記者として、社会問題や政治問題を鋭く追及し、読者の支持を集めました。また、彼は新聞の編集や経営にも携わり、東京朝日新聞を日本有数の新聞に育て上げました。 1906年、新田は東京朝日新聞を退社し、民友社を設立しました。民友社は、日本初の新聞社であり、新田は民友社の初代社長を務めました。新田は、民友社で新聞の経営と編集を行い、民友社を日本の有数の新聞社に育て上げました。 新田は、日本の新聞界の発展に大きく貢献した人物であり、新聞経営のパイオニアと呼ばれています。彼は、新聞の社会的な役割を認識し、新聞の経営と編集に力を注ぎ、日本の新聞界の発展に貢献しました。 新田の新聞経営の理念は、次のとおりです。 * 新聞は、社会の公器であり、社会の利益のために働かなければなりません。 * 新聞は、真実を報道し、人々の知る権利を守らなければなりません。 * 新聞は、人々の意見を反映し、民主主義の発展に貢献しなければなりません。 新田の新聞経営の理念は、現在でも日本の新聞界に受け継がれています。新田は、日本の新聞界の発展に大きな功績を残した人物であり、彼の功績は、これからも長く語り継がれるでしょう。
歴史上の偉人

『上田重良』

-大分新聞の主筆から北海道毎日新聞へ- -大分新聞の主筆時代- 上田重良は、1867年(慶応3年)に大分県で生まれ、1892年(明治25年)に上京して新聞記者となりました。1895年(明治28年)に大分新聞の主筆に就任し、大分県の政治や社会問題について鋭い論陣を張りました。 上田重良は、大分県政の横暴に反対し、県民の権利を守ろうとしました。また、大分県の産業振興にも尽力し、大分県の発展に貢献しました。 -北海道毎日新聞への移籍- 1907年(明治40年)、上田重良は北海道毎日新聞の主筆に就任しました。北海道毎日新聞は、北海道で最も歴史のある新聞であり、上田重良は北海道の言論界の重鎮として活躍しました。 上田重良は、北海道の政治や経済、社会問題について論陣を張りました。また、北海道の文化や歴史についても積極的に発信し、北海道のアイデンティティの形成に貢献しました。 -上田重良の功績- 上田重良は、大分県と北海道で新聞記者として活躍し、地域の言論界に多大な貢献をしました。上田重良の功績は、今日でも高く評価されています。 上田重良は、自由主義と民主主義の理念を強く信じており、その信念を新聞記事を通じて発信し続けました。上田重良の新聞記事は、多くの人々に影響を与え、日本の民主主義の発展に貢献しました。 -おわりに- 上田重良は、日本のジャーナリズム界に大きな足跡を残した偉大な新聞記者でした。上田重良の功績は、今日でも高く評価されており、その精神は今も受け継がれています。
歴史上の偉人

「太田朝敷」(1865-1938)

- 太田朝敷の生涯 太田朝敷は、1865年(慶応元年)に、備後国(現在の広島県)で生まれました。幼名は忠吉、号は桐華。 1879年(明治12年)に上京し、工部大学校に入学しました。工部大学校卒業後は、内務省に入り、土木局長を務めました。 1900年(明治33年)に、東京市助役となりました。東京市助役在任中は、東京市内の道路や橋梁の建設に尽力しました。 1908年(明治41年)に、東京市長となりました。東京市長在任中は、東京市内の公園の整備や、東京市内の電気事業の整備に尽力しました。 1912年(明治45年)に、東京市長を退任しました。東京市長退任後は、貴族院議員を務めました。 1938年(昭和13年)に、東京で亡くなりました。
歴史上の偉人

小林光政:大正・昭和時代の官僚、新聞経営者

-官僚としての小林光政- 小林光政は、1877年(明治10年)に愛知県で生まれました。1898年(明治31年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、地方自治、警察、衛生などの行政を担当しました。 1912年(大正元年)には、内務省から大蔵省に移り、主税局長、理財局長、主計局長を歴任しました。1924年(大正13年)に、大蔵次官に就任しました。 1926年(昭和元年)には、第1次若槻内閣で内務大臣に任命されました。内務大臣としては、治安維持法を制定し、社会主義運動を取り締まりました。 1927年(昭和2年)には、第2次若槻内閣で内務大臣に再任されました。内務大臣としては、普選法を制定し、衆議院議員選挙に普通選挙を導入しました。 1929年(昭和4年)には、第1次浜口内閣で内務大臣に三度目の任命を受けました。内務大臣としては、地方自治制度の改革や、社会政策の充実を図りました。 1931年(昭和6年)には、第2次若槻内閣で内務大臣に四度目の任命を受けました。内務大臣としては、満州事変に対応し、戒厳令を敷きました。 1932年(昭和7年)には、第1次犬養内閣で内務大臣に五度目の任命を受けました。内務大臣としては、五・一五事件に対応し、戒厳令を敷きました。 1934年(昭和9年)に、小林光政は内務大臣を辞任しました。その後は、貴族院議員や枢密顧問官を務めました。1945年(昭和20年)に、小林光政は死去しました。
経済分野で活躍した人

円城寺次郎→ 新聞業界の革新者

新聞製作の自動化システムの完成 円城寺次郎は、新聞業界の革新者として知られている。彼は、新聞製作の自動化システムを完成させ、新聞業界に大きな変革をもたらした。 円城寺次郎は、1900年に東京で生まれた。彼は、早稲田大学を卒業後、新聞社に入社した。彼は、新聞社の記者として働きながら、新聞製作の自動化システムの開発に取り組んだ。 1930年代に、円城寺次郎は、新聞製作の自動化システムを完成させた。このシステムは、新聞の原稿を自動的に組版し、印刷するものであった。このシステムの導入により、新聞製作にかかる時間が大幅に短縮された。 円城寺次郎の新聞製作の自動化システムは、新聞業界に大きな変革をもたらした。このシステムの導入により、新聞の発行部数は増加し、新聞業界は大きな利益を上げた。また、このシステムの導入により、新聞業界の労働環境も改善された。 円城寺次郎は、新聞業界の発展に貢献した偉大な人物である。彼の新聞製作の自動化システムは、新聞業界に大きな変革をもたらし、新聞業界の発展に大きく貢献した。
経済分野で活躍した人

官僚・新聞経営者「岡実」の生涯

-明治・大正・昭和前期における岡実の功績- 岡実氏は、明治、大正、昭和前期にかけて活躍した官僚、新聞経営者です。その功績は、官界、財界、言論界に及び、近代日本の発展に大きく貢献しました。 -官界での活躍- 岡実氏は、1864年に肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。1889年に東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主税局長、横浜税関長、税務監督官などを歴任し、税制改革や財政政策の立案などに手腕を発揮しました。 1918年に、大蔵次官に就任。1923年には、高橋是清内閣の蔵相に任命されました。蔵相としては、関東大震災後の復興事業や金融恐慌への対応など、数多くの重要政策を推進しました。 -新聞経営者としての活躍- 1926年、岡実氏は、朝日新聞社社長に就任しました。朝日新聞社は、当時、国内最大の新聞社でしたが、経営状況は悪化しており、岡実氏の就任は、大きな期待を集めました。 岡実氏は、経営改革に手腕を発揮し、朝日新聞社の経営を立て直しました。また、全国紙としての朝日新聞の地位を確立し、言論界に大きな影響力を持つようになりました。 -言論界での活躍- 岡実氏は、言論界でも活躍しました。1932年に、東京日日新聞社長に就任し、言論統制を強化する政府の方針に反対しました。また、1937年に、日本新聞協会会長に就任し、新聞の自由と独立を守ろうとしました。 岡実氏は、1940年に死去しましたが、その功績は、近代日本の発展に大きく貢献しました。
その他のカテゴリー

渡辺誠毅(1914-2007):昭和時代後期の新聞経営者

-新聞王と呼ばれた男- 渡辺誠毅は、1914年(大正3年)に滋賀県大津市で生まれた。父は新聞記者、母は教師という家庭に育ち、幼い頃から新聞に親しんでいた。1937年(昭和12年)に京都帝国大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社した。 毎日新聞社入社後は、記者として活躍し、1945年(昭和20年)には東京本社社会部次長に就任した。1952年(昭和27年)には毎日新聞社取締役となり、1959年(昭和34年)には同社社長に就任した。 社長就任後は、毎日新聞社を日本を代表する新聞社へと成長させた。1960年(昭和35年)には、毎日新聞の朝刊発行部数が読売新聞を抜いて日本一となり、1964年(昭和39年)には、毎日新聞の夕刊発行部数が読売新聞、朝日新聞を抜いて日本一となった。 渡辺誠毅は、新聞経営者としての手腕だけではなく、言論人としても活躍した。1971年(昭和46年)には、日本新聞協会会長に就任し、1974年(昭和49年)には、国際新聞発行者協会会長に就任した。また、1980年(昭和55年)には、文化勲章を受章した。 渡辺誠毅は、2007年(平成19年)に93歳で死去した。新聞王と呼ばれた男は、日本の言論界に大きな足跡を残した。
経済分野で活躍した人

務台光雄-昭和時代の新聞経営者

-販売拡張と全国紙体制の確立- 務台光雄は、新聞販売の拡大に注力した。それまでは、新聞は主に関東地方と近畿地方の主要都市部でしか読まれず、地方ではほとんど読まれていなかった。務台は、新聞を全国紙にして、全国の読者に読んでもらうことを目指した。 務台は、全国各地に販売店を開設し、新聞の販売網を拡大した。また、新聞の内容を地方の読者にアピールするために、地方版を発行した。地方版には、その地方のニュースや広告を掲載し、地元の読者に新聞を購読するきっかけを作った。 務台は、新聞の販売を拡大しただけでなく、新聞の発行部数も大幅に増加させた。1920年には、日本全国で発行される新聞の発行部数は約1,000万部だったが、1930年には約5,000万部にまで増加した。この増加は、務台が全国各地に販売店を開設し、地方版を発行したことによるものである。 務台の努力により、新聞は全国紙となり、全国の読者に読まれるようになった。新聞は、人々に情報を提供し、世論を形成する重要な役割を果たした。務台は、新聞の全国紙化に成功し、昭和時代の日本に大きな影響を与えた。
経済分野で活躍した人

「山田潤二」の人生

-山田潤二の生い立ちと経歴- 山田潤二は、1980年4月1日に東京都で生まれた。父親は会社員、母親は専業主婦で、2人の姉がいる。 潤二は幼い頃から運動が得意で、小学校では野球部に所属していた。また、成績も優秀で、中学校では生徒会長を務めた。 高校は、地元の進学校である東京都立青山高等学校に進学した。高校でも野球部に所属し、甲子園大会に出場した。また、学業成績も優秀で、東大理系に合格した。 大学では、物理学を専攻した。卒業後は、大手電機メーカーに就職した。しかし、潤二はすぐに会社を辞めて、実業家として独立した。 潤二は、IT業界で成功し、30代で億万長者となった。その後、潤二は政界に転身し、国会議員に当選した。 潤二は、現在も国会議員として活躍している。また、講演会や執筆活動も行っている。 潤二は、努力家で、常に前向きな姿勢を崩さない人物である。また、正義感が強く、困っている人を助けるために尽力している。 潤二は、多くの人から尊敬されており、日本を代表する人物の一人である。
その他のカテゴリー

新聞経営の先駆者-西尾吉太郎について

新聞経営の先駆者-西尾吉太郎について 西尾吉太郎は、1854年、兵庫県赤穂郡上郡町に生まれました。 幼少期より聡明で、10歳の時には漢文を読み書きすることができたといいます。 1872年、18歳の時に上京し、新聞記者を志しました。 1875年、21歳の時、山陽新報を創刊しました。 山陽新報は、西尾吉太郎の経営手腕と記者魂によって、瞬く間に全国にその名が知れ渡りました。 西尾吉太郎は、新聞の読者を増やすために、さまざまな工夫を凝らしました。 例えば、新聞の価格を下げたり、新聞に懸賞を設けたりしました。 また、西尾吉太郎は、記者に厳しい取材姿勢を求めました。 西尾吉太郎は、記者に対して、「新聞記者は、社会の良心にあらねばならぬ。 不正を暴き、権力に屈することなく、真実を報じるのが新聞記者の使命である」と語っていました。 西尾吉太郎の経営手腕と記者魂によって、山陽新報は、日本有数の大新聞に成長しました。 西尾吉太郎は、新聞経営のパイオニアとして、日本の新聞業界の発展に大きな貢献をしました。 西尾吉太郎は、1926年、72歳で亡くなりました。 しかし、西尾吉太郎が創刊した山陽新聞は、現在でも、日本の大手新聞のひとつとして、人々に読み継がれています。
経済分野で活躍した人

「上野理一」

-「上野理一」- -新聞経営者としての功績- 上野理一は、日本の新聞経営者であり、毎日新聞社の元社長である。1931年に毎日新聞社に入社し、1977年に社長に就任した。社長在任中は、毎日新聞の朝刊と夕刊の一本化、新聞広告の拡大、地方支局の拡充など、多くの改革を断行した。また、日本新聞協会の会長も務め、新聞業界の発展に貢献した。 * -毎日新聞の朝刊と夕刊の一本化- 上野理一が社長に就任した1977年、毎日新聞は朝刊と夕刊の2本立てで発行されていた。しかし、上野は新聞業界の競争激化を踏まえ、朝刊と夕刊の一本化を決定した。これは毎日新聞にとって大きな改革だったが、上野の決断により、毎日新聞は一本化を成功させ、新聞業界での競争力を維持することができた。 * -新聞広告の拡大- 上野理一は、新聞広告の拡大にも力を注いだ。上野は、新聞広告は企業にとって重要な宣伝手段であり、また、新聞社にとっても重要な収入源であると考えていた。そのため、上野は新聞広告の拡大に積極的な姿勢をとり、新聞広告の営業力を強化した。その結果、毎日新聞の新聞広告収入は大幅に増加し、毎日新聞の経営を安定させることに貢献した。 * -地方支局の拡充- 上野理一は、地方支局の拡充にも力を注いだ。上野は、地方支局は新聞社の重要な拠点であり、地方の読者に新聞を届けるために必要不可欠であると考えていた。そのため、上野は地方支局の拡充に積極的な姿勢をとり、地方支局の数を大幅に増加させた。その結果、毎日新聞は地方での読者数を拡大し、全国紙としての地位を確固たるものとした。 * -日本新聞協会の会長- 上野理一は、1981年から1983年まで日本新聞協会の会長を務めた。日本新聞協会は、日本の新聞社が加盟する業界団体であり、新聞業界の発展に貢献している。上野理一は、日本新聞協会の会長として、新聞業界の自主規制や新聞の倫理綱領の制定など、新聞業界の発展に貢献した。 上野理一は、日本の新聞経営者に大きな影響を与えた新聞経営者である。上野の新聞経営者としての功績は、今日の毎日新聞の礎を築いたものとして高く評価されている。
経済分野で活躍した人

「平野太郎」

-平野太郎- 平野太郎は、1963年1月14日に東京都に生まれた日本の政治家です。自由民主党に所属し、現在は自由民主党の総務会長を務めています。 -平野太郎の経歴- 平野太郎は、1963年1月14日に東京都に生まれました。父は政治家で外務大臣を務めた平野貞三、母は外交官の平野雅子は元皇族です。平野太郎は、学習院高等科を卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学しました。卒業後は、大和証券に入社し、その後、野村證券に転職しました。 2005年、平野太郎は衆議院議員選挙に出馬し、当選しました。当選後は、外務委員会、安全保障委員会、決算行政監視委員会、経済産業委員会、財務金融委員会、国土交通委員会の各委員を務めました。 2010年、平野太郎は内閣総理大臣の菅義偉氏から外務副大臣に任命されました。2011年、東日本大震災が発生した後は、内閣総理大臣の野田佳彦氏から内閣府副大臣(国家戦略担当)に任命されました。 2012年、平野太郎は衆議院議員選挙に再び当選し、衆議院議員に返り咲きました。2013年、平野太郎は自由民主党の総務会長に就任しました。 現在、平野太郎は自由民主党の総務会長を務めており、党内でも重要なポストを担っています。
歴史上の偉人

萩谷籌夫-明治-大正時代の新聞経営者

-常陸(ひたち)出身の萩谷籌夫- 萩谷籌夫は、1861年(文久元年)に常陸国新治郡真鍋村(現在の茨城県石岡市)に生まれた。父は萩谷貞右衛門といい、地元の名望家であった。籌夫は幼い頃から聡明で、10歳の時には漢学を学び始めた。17歳の時、東京に出て慶應義塾に入学し、新聞学を専攻した。 慶應義塾を卒業後、籌夫は新聞記者として働き始めた。最初は『郵便報知新聞』に記者として入社し、その後、『時事新報』に移籍した。『時事新報』では、政治部記者として活躍し、明治維新後の日本の政治情勢を鋭く報道した。 1888年(明治21年)、籌夫は『時事新報』を退社し、自分で新聞を創刊することを決意した。筹夫は、近代的な新聞経営を目指し、東京築地の地に『日本』という日刊新聞を創刊した。 『日本』は、政治、経済、社会、文化など、幅広いジャンルのニュースを掲載し、読者から好評を博した。籌夫は、新聞の販売網を整備し、全国津々浦々まで『日本』を配布することに成功した。 籌夫はまた、言論の自由を擁護し、政府の弾圧に抗議する運動を積極的に展開した。1897年(明治30年)、政府は『日本』に対して発行禁止処分を下したが、籌夫は屈することなく、発行禁止を解除するまで抗議活動を続けた。 籌夫の粘り強い努力が実り、1898年(明治31年)、政府は『日本』の発行禁止処分を解除した。籌夫は再び『日本』を発行し、言論の自由を擁護する活動を続けた。 籌夫は、1931年(昭和6年)に71歳で亡くなった。筹夫は、明治-大正時代の新聞経営者として、言論の自由を擁護し、近代的な新聞経営を確立した功績を称えられている。
経済分野で活躍した人

→ 大石光之助

大石光之助の生涯 大石光之助は、1899年(明治32年)10月20日に、茨城県多賀郡北小川村(現在の小美玉市)に生まれました。父は農業を営んでおり、母は専業主婦でした。光之助には、兄と姉が一人ずついました。 光之助は、幼い頃から身体が弱く、病気がちでした。しかし、その一方で、勉強熱心な少年で、小学校では常に成績優秀でした。また、光之助は剣道や柔道にも打ち込み、どちらも得意としていました。 光之助は、中学卒業後、東京に出て、日本大学に入学しました。しかし、光之助は大学卒業後も就職が決まらず、しばらくはアルバイトで生計を立てていました。 1924年(大正13年)、光之助は満25歳で、騎兵連隊に入隊しました。光之助は、騎兵連隊で訓練を受け、騎兵少尉に任官されました。 1927年(昭和2年)、光之助は、騎兵連隊を退官しました。光之助は退官後、故郷の小川町に戻り、農業を営むようになりました。 光之助は、農業を営む傍ら、地域の青年団活動にも積極的に参加していました。光之助は、青年団の指導者として、地域の青年たちに農業技術や社会情勢について指導していました。 1937年(昭和12年)、日中戦争が勃発しました。光之助は、日中戦争に招集され、中国に出征しました。光之助は、中国戦線で活躍し、勲功を立てました。 1941年(昭和16年)、太平洋戦争が勃発しました。光之助は、太平洋戦争にも招集され、フィリピンに出征しました。光之助は、フィリピン戦線で活躍し、勲功を立てました。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結しました。光之助は、終戦後、故郷の小川町に戻り、農業を営むようになりました。 光之助は、1970年(昭和45年)12月1日に、満71歳で亡くなりました。
その他のカテゴリー

横田実-大正-昭和時代の新聞記者,新聞経営者

-横田実の生い立ちと経歴- 横田実は、1873年(明治6年)に、現在の東京都世田谷区砧に生まれました。父は横田五郎兵衛、母はまつです。五郎兵衛は、1868年(明治元年)に世田谷宿の戸長に任命され、1871年(明治4年)には世田谷区の助役を務めました。 実の幼少期について、詳しくは分かっていません。おそらく、世田谷の小学校に通い、その後、東京の専門学校に進学したと思われます。1893年(明治26年)に、実業之日本社に入社し、新聞記者としてのキャリアをスタートさせました。 1898年(明治31年)に、実業之日本社の社長に就任します。そして、1900年(明治33年)には、「日本」という新聞を創刊しました。「日本」は、自由主義を標榜する新聞で、政治や社会問題について、鋭い論陣を張りました。 1912年(明治45年)に、実業之日本社と「日本」を売却し、新聞界から引退します。その後、実業界で活躍し、多くの企業の役員を務めました。 1940年(昭和15年)に、実業之日本社を再び買収し、「日本」を復刊します。しかし、太平洋戦争の激化に伴い、1942年(昭和17年)に、「日本」は廃刊を余儀なくされます。 1945年(昭和20年)に、実業之日本社と「日本」を再び売却し、新聞界から完全に引退します。そして、1951年(昭和26年)に、81歳で亡くなりました。
経済分野で活躍した人

刀禰館正雄 – 明治から昭和前期の新聞経営者

刀禰館正雄の人物像 刀禰館正雄は、1862年(文久2年)に越後国蒲原郡(現在の新潟県新潟市)に生まれた。父は刀禰館常雄、母は早野つる。刀禰館家は、江戸時代初期から続く豪商の家柄で、正雄は長男として生まれた。 正雄は、幼い頃から学問に秀で、東京に出て大学予備門(現在の東京大学教養学部)に入学。1886年(明治19年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、報知新聞社に入社した。 報知新聞社では、記者として活躍し、すぐに頭角を現した。1890年(明治23年)には、報知新聞の主筆に就任。その後、東京日日新聞(現在の毎日新聞)の主筆も務めた。 正雄は、新聞経営者としての手腕にも優れており、報知新聞と東京日日新聞の経営を立て直し、両紙を一流新聞に育て上げた。また、日本新聞協会の会長も務め、日本の新聞界の発展に貢献した。 正雄は、新聞人としてだけでなく、政治家としても活躍した。1912年(明治45年)に衆議院議員に当選し、その後、文部大臣や逓信大臣などを歴任した。 正雄は、1936年(昭和11年)に死去した。享年74歳。正雄の死は、日本の新聞界に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼んだ。 正雄は、新聞経営者としてだけでなく、政治家としても大きな功績を残した人物である。正雄の功績は、現在もなお語り継がれている。
政治家・活動家

「吉田円助」

-「吉田円助」- -吉田円助の生涯- 吉田円助は、1904年(明治37年)に大阪府大阪市に生まれた。幼少期から絵に興味を持ち、15歳の時に京都市立美術工業専門学校(現在の京都市立芸術大学)に入学した。卒業後は広告会社に就職し、デザイナーとして活躍した。 1934年(昭和9年)、円助は独立して吉田広告社を設立した。同社は広告業界で成功を収め、円助は「広告界の巨匠」の異名をとった。また、円助は映画監督としても活躍し、1955年(昭和30年)に公開された映画「裸の太陽」は、大ヒットを記録した。 1978年(昭和53年)、円助は文化勲章を受章した。1987年(昭和62年)に死去。享年83。 円助は、日本の広告業界の発展に多大なる貢献をした人物である。また、映画監督としても活躍し、多くの名作を世に送り出した。日本を代表する文化人の一人である。 -主な業績- * 1955年(昭和30年)「裸の太陽」を監督し、大ヒットを記録する。 * 1961年(昭和36年)「吉田広告社」を設立。同社は日本の広告業界を牽引する存在となる。 * 1978年(昭和53年)文化勲章を受章。 * 1987年(昭和62年)死去。享年83。 -栄誉- * 文化勲章(1978年) * 菊花賞(1987年)
経済分野で活躍した人

– 「西村道太郎」

西村道太郎の生い立ちと学生時代 西村道太郎は、1887年(明治20年)1月1日に、愛知県名古屋市で生まれました。父は西村道治、母はサダです。道太郎は、4人の兄弟姉妹の長男として育ちました。 道太郎は、幼い頃から頭がよく、勉強熱心な少年でした。小学校卒業後は、愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)に入学し、そこで英語と数学を学びました。中学卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)に進学し、政治経済学部で学びました。 大学卒業後は、内務省に入省し、地方官僚として各地を転任しました。1924年(大正13年)に、警視総監に就任し、1926年(昭和元年)に、内務大臣に就任しました。 内務大臣在任中、道太郎は、治安維持法を制定し、労働運動や社会主義運動の弾圧を強化しました。また、満州事変勃発を受けて、軍部を支持し、日本の大陸進出を推進しました。 1931年(昭和6年)に、内務大臣を辞任し、1932年(昭和7年)に、立憲政友会総裁に就任しました。1936年(昭和11年)に、政友会が解散し、1937年(昭和12年)に、大政翼賛会が結成されると、道太郎は大政翼賛会の翼賛議員会の会長に就任しました。 1945年(昭和20年)8月15日、日本が終戦を迎えると、道太郎は大政翼賛会の会長を辞任し、政界を引退しました。1946年(昭和21年)12月26日、道太郎は、死去しました。享年59歳でした。
経済分野で活躍した人

勝田重太朗 – 大正昭和の新聞・放送経営者

- 新聞業界での功績 勝田重太朗は、大正昭和期に活躍した新聞・放送経営者です。新聞業界では、日刊新聞の普及に努め、新聞の近代化を推進しました。 勝田は、1904年に東京朝日新聞に入社し、編集記者として活躍しました。その後、1911年に大阪朝日新聞の主筆に就任し、新聞の近代化に努めました。勝田は、日刊新聞の普及に力を入れ、大阪朝日新聞の発行部数を大幅に伸ばしました。また、新聞の編集方針を刷新し、社会問題や政治問題を積極的に取り上げるようになりました。 勝田の新聞近代化への取り組みは、他の新聞社にも大きな影響を与え、日本の新聞業界の発展に貢献しました。勝田は、1922年に東京朝日新聞の社長に就任し、1928年には日本新聞協会の会長に就任しました。また、1937年には日本放送協会の会長に就任し、日本の放送事業の発展にも貢献しました。 勝田重太朗は、大正昭和期に活躍した新聞・放送経営者であり、新聞業界の発展に大きな貢献をした人物です。
政治家・活動家

久下豊忠:新聞経営者であり政治家

-大阪英学舎での教育と読売新聞社でのキャリア- 久下豊忠は、1863年(文久3年)に大阪の船場で生まれました。父は裕福な商人であり、豊忠は幼い頃から英語を学びました。1877年(明治10年)、豊忠は大阪英学舎に入学し、英語と数学を学びました。大阪英学舎は、当時の日本で最も進歩的な学校の一つであり、豊忠はそこで自由主義と民主主義の考え方に触れました。 1881年(明治14年)、豊忠は大阪英学舎を卒業し、読売新聞社に入社しました。読売新聞社は、1874年(明治7年)に創刊されたばかりの新聞社であり、豊忠はそこで記者として働きました。豊忠は記者として、自由民権運動や社会問題を積極的に報道し、読売新聞の人気を向上させました。 1889年(明治22年)、豊忠は読売新聞社の社長に就任しました。社長として、豊忠は読売新聞の発行部数を伸ばし、日本最大の新聞社に育て上げました。豊忠はまた、読売新聞を利用して、自由民権運動や社会問題を世論に訴えました。 1898年(明治31年)、豊忠は衆議院議員に当選しました。衆議院議員として、豊忠は自由主義と民主主義の理念に基づいて、政治改革や社会改革を推進しました。豊忠はまた、日露戦争に反対し、帝国主義を批判しました。 1908年(明治41年)、豊忠は読売新聞社の社長を辞任し、政界を引退しました。豊忠はその後、大阪で私塾を開設し、若者たちに自由主義と民主主義の考え方を教え続けました。1937年(昭和12年)、豊忠は大阪で亡くなりました。