日大

スポーツ分野の人

生沢徹 – 日本にカーレース人気を生んだパイオニアレーサー

-生沢徹とは?日本レーシング界に新風を吹き込んだドライバー- 生沢徹(いくさわ とおる、1935年11月24日 - 2015年12月1日)は、日本のレーシングドライバー。愛称「ジョー」。 神奈川県横浜市鶴見区出身。横浜市立鶴見商業高等学校卒業。 1960年、プリンス自動車工業(現日産自動車)に入社。1963年、プリンス・スカイライン2000GTで日本グランプリに出場し、3位入賞を果たす。1964年、プリンス・スカイラインGTで同グランプリに出場し、2位入賞を果たす。1965年、プリンス・スカイラインGT-Rで同グランプリに出場し、優勝を果たす。 1966年、プリンス自動車工業が日産自動車と合併し、日産プリンス自動車販売㈱に移籍。1967年、日産プリンス・R380で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1968年、日産プリンス・R381で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1969年、日産プリンス・R382で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。 1970年、日産自動車を退社し、ヨーロッパに渡る。1971年、ポルシェ・917Kでル・マン24時間レースに出場し、2位入賞を果たす。1972年、フェラーリ・312PBでル・マン24時間レースに出場し、4位入賞を果たす。1973年、マツダ・RX-3でル・マン24時間レースに出場し、11位入賞を果たす。 1974年、日本に帰国。1975年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1976年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1977年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。 1978年、レーシングドライバーを引退。1980年、日産自動車に復帰。1985年、日産自動車のモータースポーツ部門の責任者となる。1990年、日産自動車を退社。 2002年、日本自動車殿堂入り。2015年12月1日、老衰のため死去。80歳没。 生沢徹は、日本のレーシングドライバーとして初めてル・マン24時間レースに出場し、2位入賞を果たした。また、日本グランプリでは7回優勝を果たし、日本を代表するレーシングドライバーの一人として活躍した。
政治分野の人

戴季陶とは-中国の政治家,ジャーナリスト

戴季陶の生い立ち 戴季陶は、1891年3月20日に四川省成都市で生まれた。彼の父である戴紹唐は、清朝の役人であり、母である劉氏も役人の娘であった。戴季陶は、幼い頃から聡明で、読書を好み、特に歴史と文学に秀でていた。1905年、戴季陶は、四川省の成都高等師範学校に入学し、ここで中国の伝統文化と西欧の近代思想を学んだ。1908年、戴季陶は、留学生として日本に留学し、東京帝国大学に入学した。ここで彼は、政治学と経済学を学び、中国の民主化運動にも参加した。1912年、戴季陶は、中華民国の成立と共に帰国し、政治活動に身を投じた。
スポーツ分野の人

体操の金メダリスト「早田卓次」の華麗なる足跡

-# 体操界のレジェンド、早田卓次 早田卓次は、体操界のレジェンドであり、オリンピックで2つの金メダルを含む8つのメダルを獲得した。彼は、1964年の東京オリンピックと1968年のメキシコシティオリンピックで、男子団体総合と男子個人総合の2種目で金メダルを獲得した。 早田は、1943年に東京で生まれた。彼は、幼い頃から体操を始め、すぐに頭角を現した。1960年に、彼は日本のナショナルチームに選ばれ、1962年の世界選手権で男子団体総合で銀メダルを獲得した。 1964年の東京オリンピックでは、早田は日本のチームのキャプテンを務め、男子団体総合で金メダルを獲得した。彼はまた、男子個人総合では銀メダルを獲得した。1968年のメキシコシティオリンピックでは、早田は再び男子団体総合で金メダルを獲得した。彼はまた、男子個人総合では銅メダルを獲得した。 早田は、1972年のミュンヘンオリンピックに出場したが、怪我のためメダルを獲得できなかった。彼は、1976年のモントリオールオリンピックには出場しなかった。 早田は、1978年に引退した。彼は、その後、コーチや解説者として活躍した。2000年には、国際体操殿堂入りを果たした。 早田は、体操界で最も偉大な選手の1人と考えられている。彼は、華麗な技と強靭な精神力で、世界中のファンを魅了した。
学術分野の人

– 中川大介

-歯科医学者・中川大介の生涯- 中川大介は、1939年4月16日に東京で生まれた。東京歯科大学を卒業後、北海道大学大学院に進学し、1971年に博士号を取得した。その後、北海道大学歯学部助教授、教授を歴任し、1991年に東京歯科大学教授に就任した。2003年に東京歯科大学学長に就任し、2007年まで務めた。 中川大介の研究分野は、歯科材料学、生体材料学、歯科組織工学などである。特に、歯科用バイオセラミック材料の研究に力を注ぎ、多くの業績を残した。また、歯科材料学の教科書を執筆し、歯科材料学の発展に大きく貢献した。 中川大介は、2019年3月2日に逝去した。享年80歳。 -中川大介の主な業績- * 歯科用バイオセラミック材料の開発 * 歯科材料学の教科書の執筆 * 歯科材料学の発展への貢献 -中川大介の人柄- 中川大介は、温厚で誠実な人柄であった。学生や後輩の面倒見がよく、多くの弟子を育て上げた。また、歯科材料学の発展に情熱を注ぎ、常に新しい研究に挑戦していた。 中川大介の死は、歯科医学界にとって大きな損失となった。彼の業績は、これからも歯科医学の発展に貢献し続けるであろう。
学術分野の人

木下亀城:明治から昭和に活躍した地質学者

-黒鉱鉱床研究の第一人者- 木下亀城は、明治から昭和にかけて活躍した日本の地質学者です。黒鉱鉱床の研究に深く関わり、日本の鉱業の発展に貢献しました。 木下亀城は、1867年(慶応3年)に岡山県に生まれました。東京帝国大学理学部で地質学を学び、1891年(明治24年)に卒業しました。卒業後、地質調査所に入所し、鉱床の調査研究に従事しました。 木下亀城は、黒鉱鉱床の研究に特に熱心に取り組みました。黒鉱鉱床は、銅、鉛、亜鉛などの金属が含まれる鉱床であり、日本では主に九州や四国に分布しています。木下亀城は、黒鉱鉱床の成因や分布を調査し、日本の鉱業の発展に貢献しました。 また、木下亀城は地質調査所だけではなく、東京帝国大学や早稲田大学でも教鞭を執りました。後進の指導にも熱心に取り組み、多くの優秀な地質学者を輩出しました。 木下亀城は、1945年(昭和20年)に亡くなりました。しかし、彼の研究成果は、日本の鉱業の発展に大きな影響を与え、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

佐々木清綱 – 大正-昭和時代の畜産学者

-佐々木清綱 - 大正-昭和時代の畜産学者- -秋田県出身の畜産学者- 佐々木清綱は、1889年(明治22年)に秋田県に生まれ、1973年(昭和48年)に亡くなった畜産学者です。東北帝国大学農学部を卒業後、北海道帝国大学助手、同教授、東北帝国大学教授などを歴任しました。専門は畜産経営学で、特に酪農経営の研究に貢献しました。 佐々木清綱は、日本における酪農経営学の第一人者と言われています。酪農経営の調査研究を数多く行い、酪農経営の改善に努めました。また、酪農経営に関する多くの著書を著し、酪農経営学の発展に貢献しました。 佐々木清綱の功績は、日本における酪農経営学の発展に大きく貢献したことにあると言えるでしょう。酪農経営の調査研究を数多く行い、酪農経営の改善に努めました。また、酪農経営に関する多くの著書を著し、酪農経営学の発展に貢献しました。 佐々木清綱の酪農経営学研究は、日本における酪農経営の発展に大きな影響を与えました。酪農経営の調査研究を数多く行い、酪農経営の改善に努めました。また、酪農経営に関する多くの著書を著し、酪農経営学の発展に貢献しました。
スポーツ分野の人

物延靖記:日本の競泳選手

-物延靖記の経歴と業績- 物延靖記は、1983年8月13日生まれ、茨城県つくば市出身の日本の競泳選手である。筑波大学附属高等学校から筑波大学に進学し、在学中の2005年に世界選手権に出場した。2007年に大学を卒業後、コナミに入社し、2008年の北京オリンピックに出場した。2010年に結婚し、2012年のロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得した。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは4位入賞を果たした。 物延靖記の主な業績は以下の通りである。 * 世界選手権 * 2005年モントリオール大会 400m自由形10位 * 2007年メルボルン大会 400m自由形11位 * オリンピック * 2008年北京大会 400m自由形16位 * 2012年ロンドン大会 400m自由形3位 * 2016年リオデジャネイロ大会 400m自由形4位 物延靖記は、日本の競泳界を代表する選手の一人である。長距離自由形を専門としており、400m自由形では日本記録保持者である。2012年のロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得し、日本の競泳選手として初のオリンピックメダルを獲得した。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは4位入賞を果たし、日本の競泳選手としてオリンピックで2大会連続のメダル獲得を果たした。 物延靖記は、2017年に現役を引退した。現在は、筑波大学大学院でスポーツ科学を専攻している。また、日本水泳連盟の理事も務めている。
学術分野の人

コタ ジュウジロウ:日本の大学経営者

-日大の工学部事務監への就任と理事長就任- コタ ジュウジロウ氏は、1996年に日本大学工学部事務監に就任しました。事務監として、工学部の教育・研究活動の支援を行うとともに、工学部と企業との連携強化に尽力しました。また、工学部の学生を対象とした起業家支援プログラムの創設にも携わり、多くの学生の起業をサポートしました。 2004年には、日本大学理事長に就任しました。理事長として、日本大学の教育・研究活動の充実強化を図るとともに、社会との連携を深めることに努めました。また、日本大学を世界有数の総合大学とすることを目指し、グローバル化を推進しました。 コタ ジュウジロウ氏のリーダーシップの下、日本大学は飛躍的に発展を遂げました。工学部は、国内有数の工学部として知られるようになり、企業との連携も強化されました。また、日本大学は、国内外から多くの学生や研究者を招き入れ、グローバルな大学として成長しました。 コタ ジュウジロウ氏は、2016年に理事長を退任しましたが、その後も日本大学の特別顧問として、大学の運営に尽力しました。2020年、コタ ジュウジロウ氏は87歳で逝去しました。 コタ ジュウジロウ氏は、日本の大学教育の発展に大きく貢献した人物として知られています。
政治分野の人

「志賀和多利」

-志賀和多利- -志賀和多利の経歴- 志賀和多利は、1883年(明治16年)7月20日に石川県金沢市に生まれた。本名は志賀直哉。父は志賀直温、母は志賀てい。直温は加賀藩士で、明治維新後には石川県庁に勤務した。ていは、加賀藩士の娘で、直温とは再婚であった。和多利は、直温とていの間に生まれた唯一の子である。 和多利は、幼少期から読書を好み、特に詩や小説を好んで読んだ。また、音楽にも興味を持ち、バイオリンを習った。 和多利は、1901年(明治34年)に第四高等学校を卒業し、東京帝国大学法科大学に入学した。しかし、法科大学を中退し、文学の道を志した。 和多利は、1904年(明治37年)に「或る朝」で文壇デビューした。この作品は、若くして亡くなった親友を悼んで書いたもので、高い評価を受けた。 その後、和多利は「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」など、数々の名作を執筆した。これらの作品は、人間の内面を鋭く描き出す心理描写と、美しい文章で知られる。 和多利は、1947年(昭和22年)に文化勲章を受章した。そして、1957年(昭和32年)に東京で死去した。享年74歳。 和多利は、日本近代文学を代表する作家の一人である。その作品は、今もなお多くの人々に読み継がれている。
芸能分野の人

小林桂樹:日本映画界の重鎮

-小林桂樹戦後の日本映画界を代表する俳優- 小林桂樹は、1923年に東京に生まれ、1941年に映画デビューした日本の俳優です。戦後、日本映画界が復興し始めると、小林桂樹は多くの映画に出演し、その演技力が評価されました。1950年代には、黒澤明監督の「七人の侍」や「羅生門」などに出演し、国際的にその名を知られるようになりました。1960年代には、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズに出演し、国民的人気を獲得しました。1970年代には、黒澤明監督の「乱」に出演し、その演技力が絶賛されました。1980年代には、テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、国民的な人気を博しました。1990年代には、映画「楢山節考」に出演し、その演技力が評価されました。2000年代には、映画「隠し剣 鬼の爪」に出演し、その演技力が評価されました。 小林桂樹は生涯にわたって多くの映画に出演し、その演技力は国内外で高く評価されました。2009年に、映画「隠し剣 鬼の爪」の演技で、キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を受賞しました。2010年に、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。享年87歳でした。 小林桂樹は日本の映画史に名を残す名優です。その演技は、多くの映画ファンに愛されています。
その他

佐川雨人:明治-昭和時代の教育者と俳人

-教育者としての佐川雨人- 佐川雨人は、明治から昭和時代にかけて活躍した教育者であり、俳人でもありました。彼は、生涯を通して教育に情熱を注ぎ、多くの若者を育て上げました。 雨人は、1876年(明治9年)に石川県金沢市で生まれました。1900年(明治33年)に東京高等師範学校を卒業し、小学校の教師となりました。その後、中学校、高等学校の教諭を歴任し、1922年(大正11年)には、新潟県立長岡高等学校の校長に就任しました。 雨人は、校長として、生徒の人格形成に力を注ぎました。彼は、生徒一人ひとりの個性を尊重し、自主性を育む教育を心がけました。また、生徒たちに、郷土愛と社会正義の精神を教え込みました。 雨人の教育は、多くの生徒に影響を与えました。彼の教え子の中には、後に政治家、経済人、学者など、各界で活躍した人物が少なくありません。 雨人は、教育者としてだけでなく、俳人としても活躍しました。彼は、1914年(大正3年)に、俳句雑誌「ホトトギス」に投句し、正岡子規に認められました。その後、雨人は、子規の門下生となり、俳句の道を究めました。 雨人は、1949年(昭和24年)に、73歳で亡くなりました。彼の死は、教育界と俳句界に大きな損失となりました。しかし、雨人の教育精神と俳句は、今もなお、多くの人々に影響を与え続けています。
スポーツ分野の人

小林孝至 – レスリングの金メダリスト

小林孝至のレスリングキャリア 小林孝至は、1983年12月8日に茨城県水戸市で生まれました。小学2年生の時にレスリングを始め、水戸市立第二中学校、茨城県立水戸農業高等学校でレスリング部に所属しました。高校3年生の時にインターハイで優勝し、全国大会で頭角を現しました。 2002年に日本大学に入学し、レスリング部に入部しました。大学4年間で全日本学生選手権で3連覇を達成し、2006年には世界学生選手権で優勝しました。 2007年に日本レスリング協会の強化指定選手に選ばれ、北京オリンピックを目指して強化合宿に参加しました。しかし、オリンピック代表選考会で敗れ、オリンピック出場は叶いませんでした。 2008年に日本大学を卒業後、日体大柏高等学校の教員として採用されました。教員として働きながら、レスリングの練習を続けました。 2012年のロンドンオリンピック代表選考会で優勝し、オリンピック出場を果たしました。オリンピックでは、60kg級に出場し、決勝でイランのハッサン・ラヒミに敗れましたが、銀メダルを獲得しました。 2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場し、65kg級に出場しました。決勝では、ウクライナのフランク・チャミソに敗れましたが、銀メダルを獲得しました。 小林孝至は、2006年の世界学生選手権優勝、2012年のロンドンオリンピック銀メダル、2016年のリオデジャネイロオリンピック銀メダルなど、輝かしい成績を残しました。2018年に現役を引退し、現在は日体大柏高等学校の教員として後進の指導をしています。
スポーツ分野の人

香椎瑞穂-戦後の大学野球と高校野球の名監督

-日大野球部監督として東都大学リーグを12回制覇- 香椎瑞穂氏は、1970年から1990年まで日大野球部の監督を務め、東都大学リーグを12回制覇した。 香椎氏は、1932年に広島県に生まれ、日大三高、日大野球部を経て、社会人野球の東洋レーヨンでプレーした。1965年に日大野球部のコーチに就任し、1970年に監督に昇格した。 香椎氏は就任1年目にリーグ優勝を果たし、1972年には全日本大学野球選手権大会と明治神宮大会の2冠を達成した。1975年から1981年まで7連覇を飾るなど、日大野球部を東都大学リーグの強豪に育て上げた。 香椎氏はまた、1980年のモスクワオリンピックに日本代表監督として出場し、銅メダルを獲得した。 香椎氏は1990年に日大野球部の監督を退任したが、その後も日本野球連盟の理事や日本オリンピック委員会の委員を務めるなど、日本の野球界に貢献した。 2016年に84歳で死去した。
スポーツ分野の人

高垣信造 – 柔道を世界中に広めた偉人

-高垣信造の生涯- 高垣信造は、1891年、鹿児島県鹿児島市に生まれました。幼い頃から柔道に親しみ、地元の柔道大会で優勝するなど、頭角を現しました。16歳の時に上京し、講道館に入門。講道館の創始者、嘉納治五郎に師事して柔道の奥義を学びました。 高垣信造は、その卓越した技術と、柔道を世界に広めるという強い意志を持っていました。1912年、アメリカに渡り、柔道の指導を始めました。アメリカでは、柔道の認知度が低く、最初は苦労しましたが、高垣信造の熱意と努力により、柔道が徐々に広まっていきました。 1920年、高垣信造は、国際柔道連盟を創設し、柔道の国際化に尽力しました。1932年のロサンゼルスオリンピックで柔道が正式種目として採用されたのは、高垣信造の努力の賜物でした。 高垣信造は、柔道の普及と発展に生涯を捧げ、1946年に逝去しました。しかし、彼の功績は柔道界に今もなお語り継がれています。高垣信造は、柔道を世界中に広めた偉大な人物であり、柔道の発展に多大な貢献をした功労者です。 高垣信造が柔道を世界中に広めるために特に力を入れたのは、海外への柔道指導者の派遣でした。高垣信造は、海外からの柔道家からの指導者派遣の要請があれば、講道館の有段者を派遣して指導にあたらせました。また、海外の柔道家や武道家に対して講道館での柔道修行を奨励しました。 高垣信造の海外への柔道指導者の派遣は、海外の柔道の発展に大きな貢献をしました。また、海外の柔道家や武道家に対して講道館での柔道修行を奨励したことも、海外の柔道の発展に貢献しました。
政治分野の人

「秋田明大」

-「秋田明大」- -昭和時代後期の学生運動家- 秋田明大は、1947年11月29日に秋田県大館市に生まれた。父は東北電力社員、母は専業主婦だった。秋田は、幼い頃から勉強熱心で成績優秀だったが、学生時代は、学生運動に熱中し、秋田大学では全共闘運動に参加した。卒業後は、東京大学大学院に進学し、社会学を専攻した。 秋田は、大学院在学中に、日本共産党の党員となり、党の活動に積極的に参加した。1970年代には、反戦運動や反原発運動に参加し、逮捕されることもあった。1980年代には、日本共産党の党員を辞め、市民運動団体を設立して活動した。 秋田は、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、被災者の支援活動に奔走した。また、原発反対運動にも積極的に参加し、2012年には、福島県知事選に立候補して落選した。 秋田は、2016年11月29日に、肺癌のため、東京都内の病院で死去した。享年69歳だった。 秋田は、昭和時代後期の学生運動を代表する人物の一人であり、その生涯は、日本の社会運動史の縮図である。秋田の死は、日本の社会運動にとって大きな損失である。
スポーツ分野の人

小林範仁-「」

小林範仁- 小林範仁の経歴 小林範仁は、1964年1月15日に東京都で生まれました。1983年に慶應義塾大学商学部を卒業後、同年に日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行しました。 日本興業銀行では、融資部、企画部、人事部などで勤務し、1997年に取締役に就任しました。その後、2002年に常務取締役、2005年に専務取締役、2006年に副頭取を歴任しました。 2009年にみずほ銀行が設立されると、小林範仁は副社長に就任しました。2011年に社長に昇格し、2015年まで務めました。 小林範仁は、在任中にみずほ銀行の経営改革を進め、収益性を向上させました。また、顧客サービスの改善にも取り組むなど、みずほ銀行の経営を立て直しました。 2015年にみずほ銀行の社長を退任した後、小林範仁は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の理事長に就任しました。JAXAでは、宇宙探査や宇宙開発を推進し、宇宙における日本のプレゼンス向上に貢献しました。 2018年にJAXAの理事長を退任した後、小林範仁は、三井住友信託銀行の取締役会長に就任しました。三井住友信託銀行では、信託事業や資産運用事業を拡大し、企業や個人の資産形成を支援しました。 小林範仁は、2022年に三井住友信託銀行の取締役会長を退任しました。現在は、一般社団法人日本経済研究センターの理事長を務めています。
学術分野の人

「石田幹之助」

- 石田幹之助の生涯 石田幹之助は、1910年(明治43年)1月1日に東京府豊多摩郡渋谷村(現・東京都渋谷区)に生まれた。父は陸軍主計大佐の石田幹之助、母はヒサ。幹之助は、幼少期から海軍兵学校への進学を志し、海軍兵学校予科に入学。しかし、1923年(大正12年)の関東大震災で校舎が倒壊し、予科は閉鎖されたため、海軍兵学校本科には進学できなかった。 その後、幹之助は一般の高等学校に進学し、1930年(昭和5年)に東京帝国大学法学部に入学。在学中は、学生運動に参加するなど、活発に活動した。1934年(昭和9年)に大学を卒業後、内務省に入省。地方官として、香川県、高知県、熊本県、宮城県などに勤務した。 1940年(昭和15年)、幹之助は内務省を退官し、大日本航空に入社。1943年(昭和18年)には、大日本航空の社長に就任した。戦後、幹之助は大日本航空の再建に尽力したが、1949年(昭和24年)に公職追放処分を受けた。 公職追放処分が解除された後、幹之助は政界に進出。1952年(昭和27年)に衆議院議員選挙に立候補し、当選。以後、連続6期当選を果たした。1960年(昭和35年)には、運輸大臣に就任。1962年(昭和37年)には、自由民主党総裁の座を争い、佐藤栄作に敗れた。1963年(昭和38年)には、防衛庁長官に就任。1964年(昭和39年)には、オリンピック組織委員会会長に就任した。 1965年(昭和40年)、幹之助は病気のため衆議院議員を辞職。1966年(昭和41年)1月25日に死去した。享年56。
政治分野の人

佐々木文一(1869*-1930)

佐々木文一(1869*-1930) 明治末期から昭和初期の政治家 佐々木文一は、1869年(明治2年)に愛知県に生まれました。東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業後、家業である酒造業を継ぎ、栄町酒造取締役を務めました。また、1897年(明治30年)には豊橋市議会議員に当選し、市政に参画しました。 1902年(明治35年)には、衆議院議員に当選し、政界入りを果たしました。立憲政友会に所属し、1912年(明治45年)には衆議院議長に就任しました。1918年(大正7年)には、寺内正毅内閣の内務大臣に任命され、1920年(大正9年)には、原敬内閣の鉄道大臣に就任しました。 1922年(大正11年)には、第2次山本権兵衛内閣の農商務大臣に就任しました。1923年(大正12年)には、第2次加藤高明内閣の鉄道大臣に就任しました。1924年(大正13年)には、清浦奎吾内閣の文部大臣に就任しました。 1925年(大正14年)には、若槻礼次郎内閣の鉄道大臣に就任しました。1927年(昭和2年)には、田中義一内閣の文部大臣に就任しました。1929年(昭和4年)には、濱口雄幸内閣の鉄道大臣に就任しました。 1930年(昭和5年)に死去しました。 佐々木文一は、明治末期から昭和初期にかけて、日本の政界で活躍した政治家でした。立憲政友会に所属し、衆議院議員、衆議院議長、内閣大臣を歴任しました。日本の発展に貢献した人物の一人です。
文学分野の人

桜井勝美 – 愛と人生の詩人

桜井勝美 - 愛と人生の詩人 桜井勝美の生涯と作品 桜井勝美は、1893年(明治26年)に広島県福山市に生まれ、1975年(昭和50年)に死去した日本の詩人です。彼は、愛と人生をテーマにした詩を多く残しており、その作品は多くの読者から親しまれています。 桜井勝美は、幼い頃から詩作に興味を持ち、1917年(大正6年)に第一詩集「愛の讃歌」を出版しました。この詩集は、当時としては画期的なものであり、多くの読者に衝撃を与えました。桜井勝美は、その後も詩作を続け、1926年(大正15年)に第二詩集「人生の讃歌」、1935年(昭和10年)に第三詩集「愛の詩集」を出版しました。 桜井勝美の詩は、愛と人生をテーマにしたものが多く、その作品には、温かい人間愛と豊かな人生観が溢れています。彼の詩は、多くの読者に共感と感動を与え、今もなお読み継がれています。 桜井勝美は、1975年(昭和50年)に死去しましたが、彼の作品は今もなお多くの読者に親しまれています。彼の詩は、私たちに愛と人生の素晴らしさを教えてくれます。
文学分野の人

「C・W・ニコル」

-# 「海洋生物学から作家へ」 「C・W・ニコル」は、海洋生物学者として、そして作家として幅広く活躍した人物である。ニコルは、1870年にカナダのオンタリオ州で生まれた。子供の頃から自然に親しみ、特に海洋生物に興味を抱いていた。ニコルは、トロント大学の動物学科を卒業後、海洋生物学の研究に従事した。その傍ら、ニコルは海洋生物に関する記事を執筆し、雑誌などに投稿していた。 海洋生物学の研究で得た知識を元にして、ニコルは海洋生物を題材にした小説やノンフィクション作品を執筆するようになった。ニコルの作品は、その正確な描写と、海洋生物に対する深い愛情で高く評価された。ニコルの代表作である「海の生物学」は、海洋生物学の教科書としても使用されるほどの人気作となった。 ニコルは、海洋生物の魅力を多くの人に伝えることに尽力した。ニコルは、海洋生物に関する講演会を各地で開催したり、海洋生物の保護活動にも積極的に参加した。ニコルの活動は、海洋生物に対する人々の意識を高めるのに大きな貢献をした。 ニコルは、1952年に亡くなった。しかし、ニコルの作品は現在でも読み継がれ、海洋生物学の発展に多大な影響を与えている。ニコルは、海洋生物学と文学の両分野において、偉大な足跡を残した人物である。
文学分野の人

歌人・国文学者 藤森朋夫

-歌人・国文学者 藤森朋夫- 小見出し -万葉集研究の第一人者- 藤森朋夫は、1928年生まれの歌人・国文学者です。広島県安芸郡生まれで、東京大学文学部国文学科を卒業しました。その後、東京大学助手、東京都立大学教授、学習院大学教授を歴任し、2003年に定年退職しました。 藤森朋夫は、万葉集の研究で知られています。1965年に刊行した『万葉集全注釈』は、万葉集の注釈書として広く使用されています。また、1973年に刊行した『万葉集の世界』は、万葉集の文学史的位置や世界観を論じた名著です。 藤森朋夫は、万葉集研究だけでなく、和歌の創作でも知られています。1959年に第一歌集『草野風』を刊行し、その後も多くの歌集を刊行しています。また、1986年には、現代短歌の評論集『短歌の現在』を刊行し、歌壇に大きな影響を与えました。 藤森朋夫は、2017年に逝去しましたが、その業績は現在も高く評価されています。2018年には、藤森朋夫の歌集『草野風』が現代短歌大賞を受賞しました。 藤森朋夫は、万葉集研究の第一人者であり、和歌の創作でも大きな業績を残した歌人・国文学者でした。その業績は、現在も歌壇に大きな影響を与え続けています。
美術分野の人

写真家・高梨豊の紹介

- 写真家として高梨豊の功績 高梨豊は、日本を代表する写真家の一人であり、写真界に多大な功績を残しました。 その功績の一つは、日本の写真表現に新しい風を吹き込んだことです。高梨豊は、従来の日本写真の特徴である情緒性や叙情性を排し、大胆かつ革新的な写真表現を追求しました。例えば、彼は被写体を正面から捉えたポートレートや、モノクロ写真を使った風景写真など、それまでの日本写真には見られない新しいスタイルの作品を多く残しました。 もう一つの功績は、日本の写真を国際的に発信したことです。高梨豊は、海外の写真展に積極的に参加し、日本写真の魅力を世界に知らしめました。また、彼はアメリカの写真雑誌に寄稿したり、海外の美術館で個展を開いたりするなど、精力的に海外で活動しました。その結果、高梨豊の写真は世界中で高い評価を得るようになり、日本の写真が国際的な舞台で注目されるようになりました。 このように、高梨豊は日本の写真表現に新しい風を吹き込み、日本の写真を国際的に発信したという功績を残しました。彼は、日本の写真界に大きな影響を与えた写真家の一人であり、その作品は今もなお多くの人々から愛されています。
学術分野の人

→ 山際靖

-山際靖- -職歴- * 1989年東京大学法学部卒業 * 1991年財団法人日本貿易振興会(ジェトロ)入社 * 1995年商工省入省 * 2001年経済産業省通商政策局国際経済課長 * 2003年内閣府国際政策局審議官 * 2005年経済産業省通商政策局経済協力課長 * 2007年経済産業省通商政策局総務課長 * 2009年経済産業省通商政策局次長 * 2011年経済産業省通商政策局長 * 2013年経済産業省経済産業政策局長 * 2015年経済産業省事務次官 * 2017年経済産業大臣就任 * 2018年経済再生担当大臣就任 * 2019年経済産業大臣に再任 * 2020年内閣府特命担当大臣(経済安全保障担当)に就任 * 2021年経済産業大臣に再任 -受賞歴- * 2016年ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の「世界で最も影響力のある50人」に選出 * 2017年フォーブス誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出 * 2018年タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出 * 2019年英国王立国際問題研究所の「世界で最も影響力のある100人」に選出 * 2020年世界経済フォーラムの「世界で最も影響力のある100人」に選出
文学分野の人

「平林彪吾」

- 平林彪吾の功績 平林彪吾は、日本のプロ野球選手。ポジションは投手。 * -巨人で活躍- 平林は、1955年に読売ジャイアンツに入団。1年目から先発ローテーションの一角として活躍し、13勝5敗、防御率1.82の成績を残して新人王を獲得した。その後も巨人で活躍を続け、1961年には25勝5敗、防御率1.69の成績を残して最多勝、最優秀防御率、沢村賞を獲得した。 * -先発ローテーションの中心- 平林は、巨人の先発ローテーションの中心として活躍し、1965年には18勝12敗、防御率2.34の成績を残して最多勝利を獲得した。また、1969年には19勝9敗、防御率2.14の成績を残して最多勝と最優秀防御率を獲得した。 * -日米野球で躍動- 平林は、1965年の日米野球でも活躍し、2試合に先発して2勝0敗、防御率0.00の成績を残した。また、1969年の日米野球でも活躍し、2試合に先発して1勝1敗、防御率1.80の成績を残した。 * -日本シリーズの活躍- 平林は、日本シリーズでも活躍し、1965年の日本シリーズでは2試合に先発して2勝0敗、防御率0.00の成績を残した。また、1969年の日本シリーズでも活躍し、2試合に先発して1勝1敗、防御率2.70の成績を残した。 * -引退後- 平林は、1973年に現役を引退した。引退後は、読売ジャイアンツのコーチやスカウトを務めた。 平林は、日本のプロ野球を代表する投手の一人であり、その功績は多大なものがある。