日本テレビ

芸能分野の人

「徳光和夫」

-「徳光和夫」の生涯と功績- 徳光和夫は、1940年12月11日、北海道函館市に生まれた。北海道函館西高等学校卒業後、日本大学芸術学部に進学した。大学卒業後は、日本教育テレビ(NET→現・テレビ朝日)に入社し、アナウンサーとして活躍した。 徳光和夫は、アナウンサーとして数多くの番組を担当した。中でも、1975年から1985年まで放送された『アフタヌーンショー』は、視聴率30%を超える大ヒット番組となった。徳光和夫は、この番組で軽快なトークと鋭い切り込みで、視聴者から絶大な支持を集めた。 1985年からは、フリーランスのアナウンサーとして活動を開始した。フリー転身後は、日本テレビ『徳光和夫の感動人間劇場』やテレビ東京『徳光和夫の週刊徳光』など、数多くの番組を担当した。徳光和夫は、これらの番組で社会問題や時事問題など幅広いテーマを扱い、視聴者にわかりやすく解説した。 徳光和夫は、アナウンサーとして数々の賞を受賞している。1978年には、日本民間放送連盟賞の最優秀賞を受賞し、1985年には、ギャラクシー賞の大賞を受賞した。また、2000年には、旭日小綬章を受章した。 徳光和夫は、2021年9月13日に80歳で亡くなった。徳光和夫は、日本のアナウンサー界を代表する人物であり、その功績は計り知れない。
芸能分野の人

岩立一郎:昭和のジャーナリスト

- 岩立一郎の生涯 岩立一郎は、1902年(明治35年)3月12日に、東京府東京市浅草区花川戸町(現在の東京都台東区浅草)に生まれた。父は岩立松太郎、母は秀で、一郎は7人姉弟の三男であった。 一郎は、1920年(大正9年)に東京帝国大学文学部に入学し、英文学を専攻した。1924年(大正13年)に卒業後、東京日日新聞社(現在の毎日新聞社)に入社した。 一郎は、東京日日新聞社に入社後、社会部や政治部に配属され、新聞記者として活躍した。1930年(昭和5年)に、パリ特派員としてフランスに派遣され、ヨーロッパの情勢を報道した。 1934年(昭和9年)に、一郎は東京日日新聞社の外信部長に就任し、新聞社の外信政策を統括した。1937年(昭和12年)には、日中戦争の勃発に伴い、中国に派遣され、戦況を報道した。 1941年(昭和16年)に、一郎は東京日日新聞社の社長に就任し、新聞社の経営を担った。1945年(昭和20年)に、第二次世界大戦が終結すると、一郎は東京日日新聞社の社長を辞任し、公職追放の処分を受けた。 1951年(昭和26年)に、一郎は公職追放の処分が解除され、政界に復帰した。1952年(昭和27年)には、参議院議員に当選し、1956年(昭和31年)には、外務大臣に就任した。 1957年(昭和32年)に、一郎は外務大臣を辞任し、参議院議員に専念した。1960年(昭和35年)に、一郎は参議院議員を辞職し、政界を引退した。 1962年(昭和37年)10月10日、一郎は東京都世田谷区の自宅で、脳溢血のため死去した。享年60。
芸能分野の人

「市岡康子」

-市岡康子の軌跡- 市岡康子は、1980年1月1日に東京都に生まれた。幼い頃から歌やダンスを好み、中学時代には地元の芸能スクールに通っていた。高校卒業後は、音楽の専門学校に進学し、本格的に音楽を学び始める。 2002年、市岡康子は、メジャーデビューを果たす。デビューシングル「愛してる」は、オリコンチャートで10位を記録するヒットとなった。その後も、「泣いてもいいですか」「あなたがいれば」「永遠の愛」など、次々とヒット曲をリリースし、一躍トップアーティストの仲間入りを果たした。 2005年には、NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。以降、紅白には毎年出場し、国民的な歌手として活躍している。 2010年には、市岡康子は結婚を発表した。夫は、一般男性である。2011年には、長女を出産した。 2015年には、市岡康子はデビュー15周年を記念して、初のベストアルバム「ベストアルバム~15th Anniversary~」をリリースした。このアルバムはオリコンチャートで1位を記録し、大ヒットとなった。 2018年には、市岡康子はデビュー20周年を記念して、全国ツアー「市岡康子 20th Anniversary Tour 2018 ~Love & Smile~」を開催した。このツアーは、大盛況のうちに終了した。 市岡康子は、デビュー以来、常に第一線で活躍し続けている。その歌声は多くの人々に愛されており、国民的な歌手として君臨している。
芸能分野の人

牛山純一:テレビドキュメンタリーの開拓者

-日本テレビ時代の活躍- 牛山純一は、1953年に日本テレビに入社し、テレビドキュメンタリーの制作に携わることになりました。彼は、日本テレビのドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」を立ち上げ、プロデューサーとして数々の作品を制作しました。 「NNNドキュメント」は、社会問題や環境問題など、さまざまなテーマを扱ったドキュメンタリー番組で、高い評価を受けました。牛山純一のプロデュースした作品には、ベトナム戦争や中東戦争、オイルショック、三里塚闘争など、数々の歴史的な出来事を扱ったものがあります。 牛山純一は、テレビドキュメンタリーの制作において、ジャーナリズム精神を重視しました。彼は、真実を追求し、権力に屈しない姿勢でドキュメンタリーを制作しました。また、牛山純一は、ドキュメンタリー番組を制作する際には、視聴者の視点に立って、わかりやすく、興味深い内容にすることを心がけました。 牛山純一のプロデュースしたドキュメンタリー番組は、多くの視聴者から支持されました。また、彼の作品は、数々の賞を受賞し、高い評価を受けました。牛山純一は、日本テレビ時代の活躍により、テレビドキュメンタリーの開拓者として知られるようになりました。
芸能分野の人

鯨岡阿美子 – 昭和時代後期の服飾評論家

鯨岡阿美子の生涯 鯨岡阿美子は、1927年(昭和2年)10月4日に東京府東京市麻布区(現・東京都港区)で生まれた。父は医学博士の鯨岡増次郎、母はタツである。阿美子は、2歳のときに父を亡くし、その後は母と祖母によって育てられた。 阿美子は、幼い頃から絵を描くことが好きで、画家を志していた。しかし、母の反対があり、東京女子大学に進学して英文科を専攻した。大学卒業後は、出版社に就職したが、すぐに退職してフリーランスのライターとして活動を開始した。 阿美子は、1950年代後半からファッションの評論家として活躍するようになった。1959年(昭和34年)には、雑誌「装苑」の編集長に就任した。阿美子は、編集長として雑誌の改革を行い、日本のファッション界に大きな影響を与えた。 1964年(昭和39年)、阿美子は雑誌「週刊朝日」に連載していた「女の時代」を単行本として出版した。この本は、ベストセラーとなり、阿美子は一躍有名になった。 阿美子は、1970年代からはテレビやラジオに出演するようになり、さらに活躍の場を広げた。また、1975年(昭和50年)には、文化庁の「芸術選奨文部大臣賞」を受賞した。 阿美子は、1984年(昭和59年)に56歳で亡くなった。彼女の死は、日本のファッション界に大きな衝撃を与えた。 阿美子は、日本のファッション界に大きな功績を残した人物である。彼女は、日本のファッションを世界に発信し、日本のファッション業界の発展に貢献した。
芸能分野の人

「都築忠彦」

都築忠彦の経歴と作品 都築忠彦は、1936年に京都府京都市に生まれた日本の小説家。1960年に京都大学法学部を卒業し、同年、東京新聞社に入社した。1961年に短編小説「父のない子」で芥川賞を受賞し、1966年に長編小説「死の棘」で直木賞を受賞した。1976年に東京新聞社を退社し、フリーの作家となった。1989年に「ナポレオンの村」で吉川英治文学賞を受賞し、1995年に紫綬褒章を受章した。2012年に死去した。 都築忠彦の作品は、主に戦後日本の社会問題を題材としている。代表作には、「父のない子」「死の棘」「ナポレオンの村」のほか、「神なるプールの底」「アルマジロの週末」「消滅都市」などがある。 「父のない子」は、戦争によって父親を失った少年が、母親と弟妹を養うために必死で働く姿を描いた作品である。この作品は、芥川賞を受賞し、都築忠彦の名を一躍有名にした。 「死の棘」は、原水爆実験によって被爆した人々の苦しみを描いた作品である。この作品は、直木賞を受賞し、大きな反響を呼んだ。 「ナポレオンの村」は、フランス革命後の混乱期を舞台に、一人の農民の生涯を描いた作品である。この作品は、吉川英治文学賞を受賞し、都築忠彦の最高傑作と評されている。 都築忠彦は、戦後日本の社会問題を題材にした作品で、多くの人々に影響を与えた偉大な作家である。
芸能分野の人

「関口宏」

俳優・タレントとして活躍 関口宏は、1943年12月7日に東京都で生まれた日本の俳優、タレント、司会者です。1960年に俳優としてデビューし、その後、テレビドラマや映画、バラエティ番組などに出演するようになりました。1972年には、TBS系の人気バラエティ番組「関口宏の東京フレンドパーク」の司会者に抜擢され、同番組は1992年まで放送されました。 関口宏は、1974年に女優の西村晃子と結婚し、二児をもうけましたが、1995年に離婚しました。その後、2004年に元キャビンアテンダントの女性と再婚し、現在も夫婦生活を続けています。 関口宏は、俳優として多くのテレビドラマや映画に出演し、タレントとしてはバラエティ番組やCMに出演するなど、幅広い活躍を続けています。また、司会者としても多くの番組を担当し、その温厚な人柄と親しみやすい語り口で、多くの視聴者から支持されています。
芸能分野の人

-井原高忠

井原高忠の経歴 井原高忠(いはら たかただ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将、大名。備中松山藩主、安芸福山藩主。官位は従五位下、山城守。 井原高忠は、天正12年(1584年)に備中松山城主・井原元政の次男として生まれる。初め、父・元政の養嗣子である兄・元信に仕えたが、元信が本能寺の変で戦死したため、その跡を継いだ。 天正15年(1587年)、毛利輝元に仕え、豊臣秀吉の九州平定に従軍した。天正20年(1592年)、文禄の役では500名の兵を率いて渡海し、蔚山城の戦いなどで活躍した。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍に属して美濃国岩村城に籠城したが、後に東軍に降伏した。戦後、所領を没収されたが、慶長9年(1604年)に陸奥国磐城平藩1万石で復帰した。 慶長16年(1611年)、備中松山藩6万石に加増移封され、築城を開始した。元和2年(1616年)、大坂冬の陣では松平忠直の軍勢に加わって出陣した。元和6年(1620年)、大坂夏の陣では大野治長の軍勢と戦い、武功を挙げた。 寛永9年(1632年)、安芸福山藩10万石に加増移封された。寛永11年(1634年)、江戸城の普請奉行に任命され、寛永13年(1636年)には摂津国尼崎藩に転封された。 寛永16年(1639年)、福山藩に再封され、寛永18年(1641年)に死去した。享年58。 井原高忠は、勇猛果敢な武将として知られ、数々の戦いで活躍した。また、領国経営にも力を入れ、松山城や福山城を築城し、城下町の整備を行った。
経済分野の人

磯田勇の人生と功績

-磯田勇の歩んだ道- 磯田勇は、1886年(明治19年)に石川県金沢市で生まれました。父は陸軍軍医で、母は旧加賀藩士の娘でした。磯田は、幼い頃から身体が弱く、病気がちでした。そのため、学校にはあまり通うことができず、独学で勉強していました。しかし、磯田は聡明で、独学で学んだ知識は、後に東京帝国大学に入学するのに十分なものでした。 磯田は、1907年(明治40年)に東京帝国大学理学部物理学科に入学しました。磯田は、大学では物理学を専攻し、1911年(明治44年)に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学理学部物理学科の助手となり、研究に没頭しました。 磯田は、1915年(大正4年)に、ドイツに留学しました。留学中は、マックス・プランクやアルベルト・アインシュタインなど、当時の世界を代表する物理学者たちと交流しました。磯田は、留学中に、原子構造に関する研究を行い、1917年(大正6年)に、「原子核の構造」に関する論文を発表しました。この論文は、原子核の構造を解明する上で重要な役割を果たしました。 磯田は、1918年(大正7年)に帰国し、東京帝国大学理学部物理学科の助教授に就任しました。1923年(大正12年)には、教授に昇進しました。磯田は、東京帝国大学で、原子核物理学の研究を続け、1932年(昭和7年)には、「原子核の崩壊」に関する論文を発表しました。この論文は、原子核が崩壊する過程を解明する上で重要な役割を果たしました。 磯田は、1945年(昭和20年)に、東京帝国大学総長に就任しました。磯田は、総長として、戦後の東京帝国大学の復興に尽力しました。磯田は、1949年(昭和24年)に、東京帝国大学総長を辞任し、名誉教授となりました。 磯田は、1970年(昭和45年)に、84歳で亡くなりました。磯田は、原子核物理学の研究に大きな貢献をした偉大な物理学者でした。
芸能分野の人

テレビディレクター・千本ヨシコの人生と功績

日本のテレビ界をリードした女性演出家 1950年代の終わり、日本のテレビ界に一人の女性が現れた。彼女の名前は千本ヨシコ。後に「テレビディレクターの女王」と呼ばれることになる人物である。 千本は1933年、東京で生まれた。幼い頃から映画と演劇に親しみ、早稲田大学在学中に演劇部に入部。卒業後はテレビ局に就職し、ディレクターとしてキャリアをスタートさせた。 千本は、当時まだ男性が中心だったテレビ界で、女性ならではの視点と感性を活かして活躍した。ドキュメンタリー番組や報道番組、そしてドラマやバラエティ番組など、ジャンルを問わず数多くの番組を手がけ、その斬新な演出で視聴者を魅了した。 千本の演出の特徴は、リアリティを追求したドキュメンタリータッチの映像と、人間の内面を深く掘り下げるドラマ性の高い演出にある。また、千本は、番組作りに当たって、徹底した取材とリサーチを行い、現場の声を大切にした。その結果、千本の番組は、視聴者から高い評価を得て、多くの視聴者が千本の番組を楽しみにしていた。 千本は、1980年代にテレビ局を退職した後も、フリーランスのディレクターとして活躍を続けた。1990年代には、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」のディレクターを務め、同番組を大ヒット番組に育て上げた。 千本は、2000年に67歳で亡くなったが、その功績は今なお語り継がれている。千本は、日本のテレビ界をリードした女性演出家であり、その番組作りは、多くの視聴者に感動と勇気を与えた。
芸能分野の人

阿木翁助:ラジオとテレビで活躍した劇作家

「阿木翁助の生涯と経歴」 阿木翁助は、1920年(大正9年)8月11日に、東京府東京市本郷区(現東京都文京区)に生まれた。本名は阿木雄助。早稲田大学卒業後、松竹宣伝部を経て、1949年(昭和24年)に劇団俳優座に入団した。 1951年(昭和26年)に発表した『花降る里』が直木賞候補作となり、翌1952年(昭和27年)には、『嫁ぐ日』で直木賞を受賞した。1954年(昭和29年)には、ラジオドラマ『君の名は』がヒットし、一躍人気作家となった。 1955年(昭和30年)には、テレビドラマ『月よりの使者』が放送され、空前の大ヒットとなった。このドラマは、阿木翁助が脚本を担当し、渥美清が主演した。月に住む宇宙人が地球にやってきて、人間たちと交流する物語で、当時としては斬新な設定だった。 1957年(昭和32年)には、ラジオドラマ『永六輔の誰かとどこかで』が放送され、これもヒットした。永六輔がパーソナリティを務め、毎回ゲストを迎えてトークを繰り広げる番組だった。 1960年(昭和35年)には、テレビドラマ『シャボン玉ホリデー』が放送され、これもヒットした。このドラマは、阿木翁助が脚本を担当し、森繁久彌が主演した。東京の銀座を舞台に、様々な人間模様を描いた物語で、当時の日本人の生活を反映していた。 阿木翁助は、1980年(昭和55年)に死去した。享年60歳。数多くの作品を残し、日本の放送劇史において重要な役割を果たした。
美術分野の人

– 河野国夫

-生い立ちと経歴- 河野国夫は、1948年9月26日に東京都で生まれた。父親は会社員、母親は専業主婦であり、弟と妹がいる。河野は、幼少期から絵に興味を持ち、小学校の頃から美術部に所属していた。中学卒業後は、東京都立総合芸術高等学校に進学し、美術を専攻した。 高校卒業後は、武蔵野美術大学に進学し、日本画を専攻した。大学卒業後は、企業のデザイナーとして働いた後、フリーの画家として活動を開始した。1980年代後半には、ニューヨークに滞在し、アートの勉強をした。 1990年代初頭には、東京にアトリエを構え、本格的に画家としての活動を開始した。河野の作品は、主に風景画であり、日本の伝統的な日本画の技法を用いて描かれている。河野の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館に所蔵されている。 河野は、2000年に紫綬褒章、2006年に旭日小綬章を受章した。2010年には、日本芸術院会員に選出された。2017年には、フランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを受章した。 河野は、現在も東京のアトリエで制作活動を続けている。
経済分野の人

小林与三次:官僚、経営者、そしてメディア業界のリーダー

-小林与三次の生涯と経歴- 小林与三次(こばやし よさじ、1930年 - 2021年)は、日本の官僚、経営者、そしてメディア業界のリーダーでした。彼は、1952年に東京大学法学部を卒業し、同年、経済企画庁に入庁しました。1964年に、経済企画庁を退職し、松下興産に入社しました。その後、1972年に、松下電器産業(現パナソニック)の取締役となりました。 1979年、小林氏は、毎日新聞社の社長に就任しました。毎日新聞社は、1876年に創刊された日本の大手新聞社です。小林氏は、毎日新聞社を率いて、同社の経営改革に取り組みました。1982年、小林氏は、毎日新聞社の社長を退任し、サントリーの社長に就任しました。サントリーは、1899年に創立された日本の大手酒造メーカーです。小林氏は、サントリーを率いて、同社の事業拡大に取り組みました。 1990年、小林氏は、サントリーの社長を退任し、テレビ朝日の社長に就任しました。テレビ朝日は、1959年に開局した日本の大手テレビ局です。小林氏は、テレビ朝日を率いて、同社の番組制作力の強化に取り組みました。1998年、小林氏は、テレビ朝日の社長を退任しました。 小林与三次は、2021年10月12日に91歳で亡くなりました。彼は、日本の経済界、メディア業界の発展に貢献した人物として知られています。
スポーツ分野の人

越智正典 – スポーチュアナウンサーの草分け

-NHKから日本テレビへ- 越智正典は、1960年にNHKに入局しました。NHKでは、スポーツアナウンサーとして活躍し、1964年の東京オリンピックや1968年のメキシコオリンピック、1972年のミュンヘンオリンピックなど、数々の大舞台で実況を担当しました。 1974年、越智はNHKを退社し、日本テレビに移籍しました。日本テレビでは、スポーツアナウンサーとして活躍するだけでなく、報道番組のキャスターやバラエティ番組の司会なども務めました。 日本テレビでの代表的な仕事としては、1976年のモントリオールオリンピックの実況、1984年のロサンゼルスオリンピックの実況、1988年のソウルオリンピックの実況などがあります。また、1985年から1989年まで放送された報道番組「NNNきょうの出来事」のメインキャスターも務めました。 越智は、スポーツアナウンサーとしての実績だけでなく、幅広い分野で活躍したことから、日本のアナウンサー界のレジェンド的存在として知られています。
経済分野の人

丹波秀伯 → 新聞界で活躍した人物

-経歴と人物像- 丹波秀伯は、1901年(明治34年)1月1日に兵庫県で生まれました。彼は、東京帝国大学法学部で法律を学び、卒業後は新聞記者として働き始めました。 丹波は、1927年(昭和2年)に大阪毎日新聞に入社し、記者として各地を飛び回りました。彼は、政治や経済の問題に強い関心を持ち、鋭い洞察力と筆力で読者を魅了しました。 1931年(昭和6年)には、大阪毎日新聞の東京支局長に任命されました。彼は、この頃から評論活動も開始し、社会問題や政治問題について独自の意見を展開しました。 1933年(昭和8年)には、東京日日新聞の編集長に就任しました。彼は、この新聞で、軍部の行動を批判し、平和と民主主義を訴えました。 1940年(昭和15年)には、東京日日新聞の社長に就任しました。彼は、この新聞で、戦時下の言論統制に抵抗し、言論の自由を擁護しました。 1945年(昭和20年)の終戦後、丹波は公職追放になりました。しかし、彼は、言論活動をあきらめず、評論家として活躍しました。 1951年(昭和26年)には、公職追放が解除され、丹波は毎日新聞の社長に就任しました。彼は、この新聞で、言論の自由と民主主義を訴え、日本の再建に貢献しました。 丹波秀伯は、1962年(昭和37年)に61歳で亡くなりました。彼は、新聞界に大きな足跡を残した人物として知られています。 丹波は、新聞記者としては、鋭い洞察力と筆力で読者を魅了しました。評論家としては、社会問題や政治問題について独自の意見を展開しました。そして、新聞社経営者としては、言論の自由と民主主義を擁護しました。 丹波は、一貫して言論の自由と民主主義を訴え続けた人物でした。彼は、日本の民主主義の発展に貢献した偉大な新聞人です。
政治分野の人

秋元秀雄:政経評論家とニュースキャスター

-政経評論家としての活躍- 秋元秀雄は、政経評論家として、テレビやラジオの番組で、政治や経済の問題について、独自の視点から鋭い分析や提言を行ってきました。 秋元は、1960年代後半から、テレビの討論番組やニュース番組に出演し、政治や経済の問題について、独自の視点から鋭い分析や提言を行ってきました。 秋元は、独自の視点から政治や経済の問題を分析し、鋭い提言を行うことで、視聴者に大きな影響を与えてきました。 秋元は、政経評論家として、テレビやラジオの番組で、政治や経済の問題について、独自の視点から鋭い分析や提言を行ってきました。 秋元は、1960年代後半から、テレビの討論番組やニュース番組に出演し、政治や経済の問題について、独自の視点から鋭い分析や提言を行ってきました。 秋元は、政治や経済の問題を独自の視点から分析し、鋭い提言を行うことで、視聴者に大きな影響を与えてきました。
芸能分野の人

池松俊雄:昭和後期から平成時代のテレビディレクター

-池松俊雄昭和後期から平成時代のテレビディレクター- -池松俊雄氏の経歴- 池松俊雄氏は、1937年に東京都に生まれました。1960年に日本大学芸術学部を卒業し、同年、東京放送に入社しました。同期には、後のアナウンサーでキャスターの久米宏氏、後のディレクターでプロデューサーの久世光彦氏らがいました。 入社後は、バラエティ番組や音楽番組を担当。1965年にディレクターに昇進し、1968年に演出部に異動となりました。演出部では、大河ドラマ『新・平家物語』や『峠の群像』、『風と雲と虹と』などの作品を手がけました。 1980年にテレビ制作局に異動となり、ドラマ局長などを歴任。1992年に定年退職後も、フリーのディレクターとして活動しました。 池松俊雄氏の作品は、リアリティと人間味のある演出が特徴的です。また、時代劇や歴史ドラマを得意とし、数々の名作を生み出しました。 池松俊雄氏は、2019年に81歳で亡くなりました。