日本共産主義者団

政治家・活動家

春日庄次郎:昭和時代の社会運動家

-春日庄次郎の生涯- 春日庄次郎は、1887年(明治20年)に東京で生まれた。15歳のとき、東京高等工業学校(現・東京工業大学)に入学したが、2年後に退学して社会運動の道に入った。 春日庄次郎は、1908年(明治41年)に日本社会党に入党し、労働者の権利向上のための運動を始めた。1917年(大正6年)には、労働組合全国協議会(全労協)の結成に参加し、同協議会の中央委員となった。 春日庄次郎は、1921年(大正10年)に日本共産党(当時)に入党した。1923年(大正12年)には、関東大震災後の混乱に乗じて、全国の労働組合を糾合して「日本労働組合評議会」(評議会)を結成した。評議会は、戦前の労働運動の中核的な組織となり、春日庄次郎は労働運動の指導者として活躍した。 しかし、1928年(昭和3年)に評議会は警察当局の弾圧により解散させられ、春日庄次郎は検挙された。彼は、治安維持法違反の容疑で起訴され、懲役10年の判決を受けた。 春日庄次郎は、1938年(昭和13年)に刑期を終えて出獄したが、すぐに再逮捕され、終戦まで投獄された。終戦後、春日庄次郎は日本社会党の再建に参加し、1946年(昭和21年)には衆議院議員に当選した。 春日庄次郎は、衆議院議員在職中に、労働組合法の制定や社会保障制度の拡充に尽力した。また、日中国交正常化や核兵器禁止運動にも積極的に取り組んだ。 春日庄次郎は、1969年(昭和44年)に死去した。享年82歳。彼は、戦前・戦後の労働運動や社会運動に大きな足跡を残した偉大な指導者である。