日本再軍備

その他のカテゴリー

– 「コワルスキ」

-「コワルスキ」- -京都と大阪の軍政部長- マッカーサーの指令のもと、日本の占領政策を具体化していく機関として、連合国最高司令官総司令部(GHQ)が設立されました。GHQは、その下に総司令部参謀部を設置し、参謀部の下には、民政部、経済科学部、軍政部などの部局が置かれました。 軍政部は、日本の地方行政を監督し、軍政担当の軍人を各地方に派遣して、日本の官吏を指導監督しました。京都と大阪の軍政部長として派遣されたのは、ジョン・コワルスキ少将でした。 コワルスキは、1910年にアメリカ陸軍に入隊し、第一次世界大戦でヨーロッパ戦線で活躍しました。戦後、彼は陸軍大学校を卒業し、その後、1941年に太平洋戦争が勃発すると、太平洋戦線に派遣されました。 コワルスキは、太平洋戦争中に、フィリピンで日本軍と戦い、負傷しました。しかし、彼は怪我を克服して復帰し、1945年に京都と大阪の軍政部長に任命されました。 コワルスキは、京都と大阪で、日本の官吏と協力して、治安維持や食糧配給など、様々な問題に取り組みました。また、彼は、日本の教育制度や社会制度の改革にも尽力しました。 コワルスキは、1948年に京都と大阪の軍政部長を退任し、アメリカに帰国しました。その後、彼は、陸軍省に入り、1952年に少将で退役しました。 コワルスキは、日本占領期に、日本の民主化と近代化に貢献した功績を残しました。