日本史

歴史上の偉人

「道三(2代)」

曲直瀬玄朔とは? 曲直瀬玄朔(1507-1594)は、戦国時代の医師。諱は正盛。通称は玄信。安芸郡山城代曲直瀬氏直の子として生まれる。家系は清和源氏土岐一族、代々安芸郡山を拠点とする安芸武田氏の庶家曲直瀬氏の人であった。 1534年に父が没した後、家督を継いだ玄朔は、毛利元に仕え、弘治年間には医官となった。元就の嫡男隆元と親しく、元就死後は隆元を補佐した。また、隆元が没した後も毛利輝元に仕え、輝元の朝鮮出兵にも従軍した。 玄朔は、医学に優れており、外科手術を得意とした。また、薬学にも詳しく、多くの薬を調合した。玄朔は、毛利氏に仕えた医官の中でも、最も有名な人物の一人である。 玄朔は、1594年に死去した。死後、毛利氏から重臣の位を与えられ、諡号を「道三(2代)」とされた。玄朔の墓は、広島県安芸郡府中町の曲直瀬氏墓所にある。 玄朔の功績 玄朔は、毛利氏に仕えた医官として、多くの功績を挙げた。その功績の中で、最も有名なのは、毛利氏の家臣である吉川元春の傷を治療したことである。 元春は、1555年の厳島の戦いで、陶晴賢の軍勢と戦い、右足に傷を負った。この傷は、非常に重傷であり、元春の命は危ぶまれた。しかし、玄朔が治療にあたった結果、元春は一命を取り留めた。 玄朔の治療は、非常に巧妙であり、元春の命を救うだけでなく、元春の右足を元通りにすることに成功した。この功績により、玄朔は毛利氏から重臣の位を与えられ、名声を得た。 玄朔は、また、毛利氏の家臣である児玉就忠の傷を治療したことも有名である。就忠は、1560年の桶狭間の戦いで、今川義元の軍勢と戦い、左足を傷つけた。この傷も、非常に重傷であり、就忠の命は危ぶまれた。しかし、玄朔が治療にあたった結果、就忠も一命を取り留めた。 玄朔の治療は、非常に巧妙であり、就忠の命を救うだけでなく、就忠の左足を元通りにすることに成功した。この功績により、玄朔は毛利氏からさらに重臣の位を与えられ、名声を高めた。 玄朔は、毛利氏に仕えた医官として、多くの功績を挙げた。玄朔の功績は、毛利氏の歴史において重要な意味を持っている。
歴史上の偉人

植村泰勝:江戸時代前期の武将

- 植村泰勝の生涯 植村泰勝は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将でした。豊臣秀吉、徳川家康に仕え、大坂の陣後に徳川幕府から下野国内一万石を与えられました。 泰勝は、永禄年間(1558-1570)に尾張国に生まれました。初め、織田信長に仕えましたが、信長の死後は豊臣秀吉に仕えました。朝鮮出兵では、秀吉の命を受けて九州に渡り、肥後国の豊臣秀詮の軍に属して参戦しました。 関ヶ原の戦いでは、東軍に属して参戦し、徳川家康の勝利に貢献しました。戦後、徳川家康から下野国内一万石を与えられ、大名となりました。 泰勝は、大名となった後は、領国の経営に尽力しました。また、茶道や俳句をたしなみ、文化人としても知られました。 寛永19年(1642年)、泰勝は66歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

藤堂高秭 – 江戸時代後期の伊勢久居藩主

藤堂高秭の生涯と功績 藤堂高秭(1800-1845)は、伊勢久居藩の第7代藩主。藤堂高嶷の長男として江戸に生まれる。幼名は高房。徳川家中では若年寄、寺社奉行等を歷任。文化12年(1815)に父が高嶷の死去により家督を継ぐ。藩政では、財政難に苦しむ藩の立て直しを図り、家老の牧野貞潔らとともに藩政改革を行った。また、教育の充実にも力を入れ、藩校「緝熙館」を創設した。 藤堂高秭は、天保の大飢饉の際にも藩内の救済に尽力し、領民から信頼を集めた。藩政改革と救済事業により、藩財政を好転させ、藩士の生活の安定と領民の暮らしの向上に貢献した。 藤堂高秭は、嘉永3年(1850)に46歳で死去した。子がいなかったため、実弟の高潔が家督を継いだ。高秭の死は藩内のみならず、幕府にも大きな衝撃を与えた。江戸城では、幕府の重臣たちが集まって高秭の死を弔い、その功績を称えたという。 藤堂高秭は、短命であったが、その功績は大きく、伊勢久居藩の歴史にその名を刻んだ名君として知られている。
歴史上の偉人

「日下寛」について

#日下寛の生涯 日下寛は、1898年(明治31年)に東京市麹町区(現・東京都千代田区)に生まれた。父は実業家、母は旧加賀藩士の娘である。 日下は、幼い頃から頭脳明晰で、画家を志して東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学した。しかし、すぐに退学し、母校の日本大学で経済学を専攻した。 大学卒業後は、実業界に身を投じ、いくつかの企業を経営した。しかし、1929年の世界恐慌の影響を受けて倒産し、多額の負債を負った。 1932年(昭和7年)、日下は政界に転身し、政友会から衆議院議員に当選した。1934年には、岡田啓介内閣の商工大臣に就任した。 しかし、1936年に二・二六事件が起こり、岡田内閣は総辞職した。日下も商工大臣を辞任し、政界を引退した。 政界引退後は、再び実業界に身を投じ、いくつかの企業を経営した。また、著作活動も行い、数多くの著書を発表した。 日下は、1977年(昭和52年)に80歳で死去した。
歴史上の偉人

– 大槻磐水

-大槻磐水とは- 大槻磐水(1844年(弘化元年) - 1928年(昭和3年))は日本の国語学者、辞書編纂者。本名は元清(もときよ)。雅号を磐水と称す。 1844年(弘化元年)、常陸国鹿島郡岩瀬(現・茨城県鹿嶋市)に生まれる。父は大槻俊蔵、母はせん。1862年(文久2年)、国学者の小山田与清に師事。1868年(慶応4年)、明治政府に出仕し、文部省御用掛となる。1871年(明治4年)、文部省学務局編輯課長に任命され、辞書編纂事業に従事する。 1872年(明治5年)、広瀬重雄とともに『和英辞書』を編纂。1875年(明治8年)、『大槻国語辞典』を刊行。1889年(明治22年)、『大言海』を脱稿。1891年(明治24年)、文部省を退官し、東京帝国大学名誉教授となる。1928年(昭和3年)、東京で死去。享年85。 大槻磐水は、近代国語学の確立に貢献した学者である。また、辞書編纂事業にも尽力し、『大槻国語辞典』や『大言海』などの代表作を残した。大槻磐水は、国語学の分野で大きな功績を残した学者であり、その業績は現在も高く評価されている。
歴史上の偉人

人物事典-江戸時代中期-後期の医師・竹中東軒

-竹中東軒の生涯と経歴- 竹中東軒(1707-1769)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した医師。号は竹中東軒、中庵。名は秀英、字は元英。 1707年、京都に生まれる。幼い頃から聡明で、16歳の時に京都の儒学者である伊藤仁斎の門人となる。仁斎の死後、儒学を学びながら医術を修業し、25歳の時に医師として開業する。 開業後は、京都で多くの患者を診察し、その名声は全国に広まった。また、医術の傍ら、儒学や兵学などの学問にも精通しており、多くの著書を残した。 竹中東軒の最も有名な著書は、1763年に出版された『東軒随筆』である。この書は、儒学、医術、兵学など、さまざまなテーマについて論じたもので、江戸時代の知識人の間で広く読まれた。 竹中東軒は、1769年に京都で死去した。享年63歳。 竹中東軒は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した医師であり、儒学者でもあった。その医術は多くの人々を救い、その著書は江戸時代の知識人の間で広く読まれた。
研究者

松本彦次郎 – 近代日本の先駆者

- 松本彦次郎の生涯と経歴 松本彦次郎(1835年-1892年)は、日本の外交官、政治家、教育者、医師であり、近代日本の先駆者の一人であった。 彦次郎は、1835年に江戸(現在の東京)に生まれた。幼少期には、蘭学を学び、1854年に長崎の蘭学塾である精得館に入学した。1858年にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で医学を学んだ。1862年に帰国し、蘭方医として働いた。 1865年、彦次郎は、幕府の翻訳官として採用され、外国との交渉に従事した。1868年に明治維新が起こると、新政府の外交官として働き、アメリカ合衆国やイギリスなどへの使節団に参加した。1871年には、外務卿に任命された。 1873年、彦次郎は、第1回国会で衆議院議員に当選し、初代議長を務めた。1878年には、参議院議員に当選し、初代議長を務めた。1880年には、文部大臣に任命され、教育改革を推進した。 1885年、彦次郎は、初代東京帝国大学学長に就任した。1889年、憲法発布とともに枢密顧問官に任命され、1892年に死去した。 松本彦次郎は、日本の近代化に大きく貢献した人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

古事記に登場する豪族 – 物部菟代

物部菟代とは? 物部菟代(もののべ の うじ)は、古事記に登場する豪族です。物部氏の祖先の一人であり、第10代天皇である崇神天皇の時代に活躍しました。 物部菟代については、古事記に以下のような記載があります。 ・崇神天皇の時代に、物部氏の祖先である饒速日命の子孫である物部菟代が、崇神天皇に仕えていました。 ・物部菟代は、崇神天皇に忠実で、天皇の命令を忠実に実行しました。 ・物部菟代は、崇神天皇の死後、第11代天皇である垂仁天皇に仕えました。 ・垂仁天皇の時代に、物部菟代は、天皇の命を受けて、九州地方を平定しました。 物部菟代は、物部氏の祖先の一人で、崇神天皇と垂仁天皇の時代に活躍した豪族です。物部菟代は、崇神天皇と垂仁天皇に忠実で、天皇の命令を忠実に実行しました。また、物部菟代は、垂仁天皇の命を受けて、九州地方を平定しました。
歴史上の偉人

「松平辰蔵」(⇒下河内村辰蔵(しもごうちむら-たつぞう))について

資料集で見つけた素晴らしい人物下河内村辰蔵 下河内村辰蔵(しもごうちむら たつぞう)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した郷土史家、教育者、政治家です。彼は1823年、丹波国氷上郡下河内村(現在の兵庫県丹波市氷上町下河内)に生まれました。 辰蔵は幼い頃から学問を好み、地元の郷校である「西光寺学舎」に入学しました。その後、京都に出て儒学や国学を学び、1845年に帰郷して、家塾である「辰蔵塾」を開設しました。辰蔵塾は、地元の子供たちに読み書きや算術、歴史などのさまざまな科目を教える人気のある学校となり、辰蔵は地域で尊敬される存在となりました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、辰蔵は新政府軍に参加して京都を守りました。戦争が終結した後、1872年に氷上郡の郡長に任命され、地域の復興に努めました。また、1879年には兵庫県会議員に当選し、1884年には衆議院議員に当選して、国政にも参加しました。 辰蔵は郷土史にも造詣が深く、1887年に「丹波国氷上郡誌」を、1893年には「氷上郡志」を刊行しました。これらの著作は、丹波地方の歴史や文化に関する貴重な資料として、現在でも高く評価されています。 辰蔵は1898年に75歳で亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。下河内村には、辰蔵の遺徳をしのんで建てられた銅像があり、地元の人々に親しまれています。 資料集で見つけた辰蔵の人物像は、実に素晴らしいものです。彼は学問を好み、郷土史に造詣が深く、教育者としても政治家としても活躍しました。また、地域の人々から尊敬され、慕われていたことも伺えます。辰蔵のような人物がいたことは、地域にとって幸せなことであり、私たちも彼のような生き方を目標にすべきではないでしょうか。
歴史上の偉人

「吉住慈恭」

-吉住小三郎(よしずみ-こさぶろう)(4代)の生涯- 吉住小三郎(4代)は、江戸時代前期の武士であり、吉住藩(現在の北海道別海町)の第4代藩主です。 彼は、寛永2年(1625年)に江戸で生まれました。父は吉住藩の第3代藩主・吉住政介、母は正室の津軽為信(津軽氏24代当主)の娘・津軽信政です。 小三郎は、幼い頃から武術を学び、16歳で元服して小三郎を名乗りました。寛永15年(1638年)に父・政介が死去すると、小三郎が藩主を継ぎました。 小三郎は、藩政改革に着手し、藩内の治安を強化し、産業振興を図りました。また、領内の開拓を進め、新田開発や鉱山開発に努めました。 小三郎は、明暦3年(1657年)に江戸で死去しました。享年33歳でした。 小三郎は、藩政において数々の功績を残し、吉住藩の発展に貢献しました。彼の死後、藩主は弟の吉住輝房が継ぎました。
歴史上の偉人

平安時代の女御、大原浄子の一生

- 大原浄子の生い立ちと家柄 大原浄子は、平安時代前期の女御で仁明天皇の第二皇女です。仁明天皇と藤原沢子(ふじわらのさわこ)の間に生まれ、幼い頃から聡明で和歌の才能に恵まれていました。父親が嵯峨天皇であったとする説もございます。 浄子の母である藤原沢子は、右大臣藤原良房の娘です。良房は平安時代前期の政治家で、藤原北家の祖である藤原冬嗣の孫。藤原良房は、淳和天皇の時代に右大臣に任命され、文徳天皇と清和天皇の2代の天皇の摂政を務めた人物でもあります。 また、父・仁明天皇の母である藤原順子は、藤原北家の人であり、良房の姉にあたります。したがって、浄子は、平安時代前期の公家社会を代表する藤原北家の一族の名門の出と言えます。 浄子は、公家社会で育ち、高い教養を身に着けました。和歌に優れていたことは先ほど記載いたしました。また、音律にも優れており、琴や琵琶などを演奏することができました。それだけではなく、書道にも秀でていました。 浄子は、容姿端麗で気品があり、才色兼備の女性として知られていました。そのため、多くの貴族から求愛されましたが、浄子は、仁明天皇との間に生まれた子である惟喬親王(これたかしんのう)との結婚を選びました。 浄子は、惟喬親王との間に、二男三女を儲けました。しかし、惟喬親王は、仁明天皇の死後、藤原良房によって廃位され、臣籍降下となりました。そのため、浄子も女御の称号を剥奪され、大原に隠棲することとなりました。
研究者

大光院尊閑の人となりと著作

-大光院尊閑の生涯- 大光院尊閑は、1792年(寛政4年)に京都御所近くで生まれ、1872年(明治5年)に亡くなった僧侶です。幼名は鉄太郎、法号は理通、諡号は大光院尊閑です。父は京都の公家である日野家の次男・日野資忠、母は権大納言・姉小路公言の娘・愛姫です。 10歳の時に円光寺で出家し、その後、妙心寺で修業を積みました。20歳の時には、妙心寺の塔頭である大光院の住職となります。尊閑は、大光院で禅の修行に励む一方、和歌や漢詩、書画などにも優れた才能を発揮しました。 尊閑は、1823年(文政6年)に妙心寺の法主となります。法主在任中は、妙心寺の復興に尽力し、多くの塔頭や仏堂を建立しました。また、尊閑は、江戸幕府との関係も良好で、幕府から多くの資金援助を受けました。 1841年(天保12年)には、尊閑は朝廷から大僧正の位を授与されました。大僧正は、僧侶の最高位であり、尊閑は、日本の僧侶の中で最も権威のある人物となりました。 尊閑は、1872年(明治5年)に亡くなりました。享年81歳でした。尊閑の死後、妙心寺では尊閑を偲んで大法要が営まれました。また、尊閑の著作は、後世の僧侶や学者に大きな影響を与えました。 尊閑は、禅僧としてだけでなく、和歌や漢詩、書画などにも優れた才能を発揮した人物です。また、尊閑は、妙心寺の復興に尽力し、日本の僧侶の中で最も権威のある人物となりました。尊閑の著作は、後世の僧侶や学者に大きな影響を与え、現在でも多くの人々に親しまれています。
研究者

松田毅一-日本史学者

-# 松田毅一の経歴 松田毅一(まつだ きいち、1936年5月3日)は、日本の歴史学者。専門は日本近代史。東京大学名誉教授,東京国立博物館館長を経て、公益財団法人日本史跡研究センター理事長。学術功労者。 松田毅一は、1936年に北海道に生まれた。1955年に北海道大学文学部に入学し、1959年に同大学を卒業した。1964年に東京大学大学院文学研究科博士課程を修了し、文学博士の学位を取得した。 1965年、東京大学教養学部助手となり、1968年に同大学の助教授に昇進した。1976年に同大学の教授に昇進し、1989年に同大学を退官した。 退官後は、東京国立博物館館長、公益財団法人日本史跡研究センター理事長などを歴任した。2006年、学術功労者に選ばれた。 松田毅一は、日本近代史の分野で多くの研究成果を挙げている。特に、日清戦争、日露戦争、明治維新などの研究で知られている。また、日本史跡研究センター理事長として、日本の史跡の保存と活用に努めている。
歴史上の偉人

– 「宮島五丈原」(⇒宮島次郎(みやじま-じろう))

-宮島五丈原の功績- 宮島五丈原は、備後国(現在の広島県)の武将で、宮島次郎とも呼ばれています。彼は、宮島厳島神社の社殿を再建した功績で知られており、その功績を称えて「宮島五丈原」という称号が贈られました。 宮島五丈原は、1533年に備後国に生まれました。幼い頃から武道を学び、15歳になると、毛利輝元に仕えました。輝元は、五丈原の武勇を高く評価し、彼を重臣に取り立てました。 1570年、宮島厳島神社の社殿が火災で焼失しました。輝元は、五丈原に社殿の再建を命じました。五丈原は、全国から優秀な職人を集めて、社殿の再建にあたりました。社殿は、1573年に完成し、その壮麗さは天下に誇りました。 五丈原は、社殿の再建以外にも、多くの功績を残しました。彼は、備後国を治めて、領内の治安と産業の発展に努めました。また、輝元の軍に従って、各地の合戦に参加し、武功を挙げました。 1582年、五丈原は、本能寺の変で輝元が織田信長に背いたことを知ると、急いで備後国に帰国して、領内の防備を固めました。1583年、羽柴秀吉が中国地方に侵攻すると、五丈原は輝元とともに秀吉に抵抗しました。しかし、輝元は秀吉に屈服し、五丈原も秀吉に臣従しました。 五丈原は、1612年に死去しました。享年80歳でした。彼は、備後国の大名として、領内の発展に努め、毛利氏に仕えて、多くの功績を残しました。彼の功績は、現在でも人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

「足利義尹」とは?足利義稙(あしかが-よしたね)について

足利義尹その生涯と功績 足利義尹(あしかが-よしたね)は、室町幕府の第12代将軍です。1508年(永正5年)に生まれ、1521年(大永元年)に将軍職を継承しました。しかし、わずか3年後の1523年(大永3年)に死去したため、在職期間は非常に短かったのです。 義尹の父は第11代将軍足利義稙であり、母は一条兼良の娘である慶寿院です。義尹は幼い頃から聡明で、早くから将軍として期待されていました。1518年(永正15年)に元服し、義尹と名を改めました。そして、1521年に義稙が将軍を辞任したことを受けて、14歳で将軍職を継承したのです。 義尹の将軍在職期間は、室町幕府が衰退の一途をたどっていた時期でした。幕府の権威は弱まり、守護大名や国人領主が台頭していました。また、畿内では、細川高国と細川澄元が争い、戦乱が続いていました。 義尹は、このような状況の中で将軍として幕府の再建を目指しました。義尹は、幕府の財政を立て直すために、新しい税を課したり、貨幣の改鋳を行ったりしました。また、守護大名や国人領主との関係を改善するために、和睦交渉をしたり、官位や所領を与えたりしました。 しかし、義尹の努力にもかかわらず、幕府の衰退は止まりませんでした。1523年(大永3年)、義尹は畿内で起こっていた細川高国と細川澄元の争いに介入し、高国を討伐しました。しかし、この戦いで義尹は戦死してしまいました。 義尹の死後、将軍職は義尹の弟である足利義晴が継承しました。しかし、義晴の将軍在職期間も長くはなく、1546年(天文15年)に義晴は京都を追放され、室町幕府は滅亡しました。 義尹は、室町幕府の衰退を食い止めるために努力した将軍でしたが、その努力は実らず、幕府は滅亡してしまいました。しかし、義尹の功績は無視することはできません。義尹は、幕府の財政を立て直し、守護大名や国人領主との関係を改善するなど、幕府の再建のために尽力しました。そして、義尹の死は、室町幕府の滅亡を早めたと言われています。
歴史上の偉人

伊香色雄-「記・紀」にみえる豪族。物部氏の祖

伊香色雄の概要 伊香色雄は、「記・紀」にみえる豪族である。物部氏の祖とされる人物であり、第10代崇神天皇の時代に活躍した。 伊香色雄は、崇神天皇が大和国の平定を図った際に、その軍勢に加わったとされる。崇神天皇が三輪山にいた卑弥呼を攻めた際には、伊香色雄は先鋒を務めた。三輪山攻めの後は、崇神天皇から大和国の平定を命じられ、各地を転戦して平定した。 伊香色雄は、崇神天皇の崩御後も引き続き活躍した。崇神天皇の皇后である世襲足姫が、崇神天皇の陵墓である磯城瑞籬宮に籠って出なかった際に、伊香色雄は世襲足姫を説得して陵墓から出るようにした。 伊香色雄は、物部氏の祖とされる人物であり、物部氏の発展に大きく貢献した。物部氏は、大和朝廷の軍事力を担う有力氏族であり、伊香色雄の活躍は、物部氏の勢力拡大に繋がったと言える。 伊香色雄は、「記・紀」にみえる豪族であり、物部氏の祖とされる人物である。崇神天皇の時代に活躍し、大和国の平定に貢献した。また、世襲足姫を陵墓から出るように説得したという逸話も残っている。伊香色雄の活躍は、物部氏の勢力拡大に繋がったと言える。
歴史上の偉人

海岸了義 – 臨済宗僧侶

-大徳寺宗峰妙超の弟子- 海岸了義は、大徳寺宗峰妙超の弟子である。了義は、1272年に播磨国に生まれ、18歳のときに大徳寺に剃髪した。その後、宗峰妙超に師事し、禅を学んだ。1308年に宗峰妙超が亡くなると、了義は後を継いで大徳寺の住持となった。 了義は、宗峰妙超の禅を忠実に継承し、大徳寺を臨済宗の有力な寺院に育て上げた。また、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に努めた。了義の弟子の中には、夢窓疎石、一休宗純、宗峰妙超といった、のちに臨済宗を代表する高僧となった人物もいる。 了義は、1346年に75歳で亡くなった。了義の死後、大徳寺は京都五山の筆頭寺院となり、臨済宗の中心寺院として栄えた。 -了義の禅の特徴- 了義の禅は、宗峰妙超の禅を忠実に継承したものである。宗峰妙超の禅は、臨済禅の正統であり、坐禅と公案を重視する禅である。了義もまた、坐禅と公案を重視し、弟子たちに厳しい修行を課した。 了義の禅の特徴の一つは、公案の重視である。公案とは、禅の修行において使われる難解な問答のことである。公案は、修行者の思考を混乱させることで、悟りに導くことを目的としている。了義は、公案を修行者に与えて、修行者の悟りを促した。 了義の禅の特徴のもう一つは、坐禅の重視である。坐禅とは、座って瞑想することである。坐禅は、心を落ち着かせ、雑念を払うことを目的としている。了義は、弟子たちに坐禅を課して、心を落ち着かせ、悟りに導いた。 了義の禅は、宗峰妙超の禅を忠実に継承したものであり、公案と坐禅を重視する禅であった。了義の禅は、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に努めた。
歴史上の偉人

戦国の名将武田信玄の母、を読む「大井夫人」

大井夫人の生涯 大井夫人の生誕については史料が少なく不明な点が多い。 武田信玄は1521年に甲斐国守護・武田信虎と信虎の側室大井の方との間に生まれた。 大井夫人は、武田信玄の母の他、武田信繁、武田信廉、武田信実、武田信千代の母でもある。 甲斐源氏・武田信昌の長女として誕生し、信虎に嫁いだ。清心が強い女性で、夫・信虎と共に武田氏の一門を統率した。彼女は子女の教育にも力を入れ、特に信玄の教育には厳格だった。 信玄が12歳の時、信虎は病気を理由に隠居した。信玄は家督を継ぎ、大井夫人は隠居した信虎を支えた。 1541年、信虎は信玄を廃嫡し、信繁を家督にたてようとした。 しかし、大井夫人が信玄を擁護し、信繁の謀反を阻止した。 1543年、信虎は信玄を攻めたが、信玄はこれを撃退した。信虎は甲斐国を追放され、信玄は甲斐国の支配を確立した。 大井夫人は信玄の死後も甲斐国に残った。彼女は信玄の子どもたちの教育に力を入れ、武田氏の一門を支えた。 1567年、大井夫人は死去した。享年67歳。 彼女の死は武田氏に大きな衝撃を与え、武田氏の衰退を招いた。 大井夫人は、戦国の名将武田信玄の母として知られる。彼女は清心が強く、子女の教育にも力を入れ、武田氏の発展に貢献した。
歴史上の偉人

武久三保三郎:日清戦争と北清事変で活躍した明治時代の軍人

- 日清戦争での功績 武久三保三郎は、日清戦争において、第2師団歩兵第2旅団長として出征し、活躍しました。 戦前は歩兵第17連隊長として日清戦争に向けての戦備に尽力、日清戦争勃発に際して武久は第2師団歩兵第2旅団長として旅順攻略戦、金州攻略戦、威海衛攻略戦などに参加しています。 特に、旅順攻略戦では、武久率いる第2旅団は、敵の激しい抵抗を押し切って、旅順要塞を陥落させることに成功しました。この戦功により、武久は少将に昇進し、勲三等旭日章を授与されました。 また、金州攻略戦においても、武久率いる第2旅団は、敵の反撃を撃退して金州城を占領することに成功しました。この戦功により、武久は功四級金鵄勲章を授与されました。 さらに、威海衛攻略戦においても、武久率いる第2旅団は、敵の守備を突破して威海衛を陥落させることに成功しました。この戦功により、武久は功三級金鵄勲章を授与されました。 日清戦争における武久の功績は、日本の勝利に大きく貢献し、武久は日清戦争の英雄として国民から称賛されました。
歴史上の偉人

– 山岡静山:幕末の武士

-山岡静山の生涯- 山岡静山は、1811年、備後福山藩士の子として生まれました。幼い頃から学問に秀で、16歳のときに江戸に出て、昌平黌に入学しました。昌平黌では、儒学を学び、特に朱子学に傾倒しました。 1840年、静山は、福山藩に仕官し、藩校・明倫館の教授になりました。1853年、黒船来航の際には、藩主・阿部正弘に従って、江戸に出向き、開国問題について意見を述べました。 1858年、静山は、幕府の勘定奉行に任命され、安政の大獄では、幕府の政策を批判した人々を弾圧しました。しかし、1860年に桜田門外の変で井伊直弼が暗殺されると、静山は失脚し、罷免されました。 1862年、静山は、将軍・徳川家茂に従って、京都に向かい、公武合体を推進しました。しかし、1863年、薩摩藩と長州藩が朝廷に迫って、攘夷を実行すると、静山は再び失脚し、蟄居を命じられました。 1864年、静山は赦免され、幕府の参与に任命されました。1867年、大政奉還が行われると、静山は、新政府の参与に任命されました。しかし、1868年、戊辰戦争が始まると、静山は新政府軍に抵抗し、会津藩にたてこもりました。 1869年、会津藩が降伏すると、静山は捕えられ、斬首されました。享年59歳でした。 静山は、幕末の激動の時代を生き抜いた武士であり、政治家でした。彼は、幕府の開国政策を支持し、公武合体を推進しましたが、薩摩藩と長州藩の台頭によって失脚しました。戊辰戦争では、新政府軍に抵抗しましたが、敗北し、処刑されました。
歴史上の偉人

谷衛昉 – 江戸時代後期の大名

-谷衛昉の生涯- -生い立ちと藩主就任- 谷衛昉は、寛政12年(1800年)に谷衛昌の次男として生まれました。幼名は藤五郎。谷藩は、近江国(滋賀県)に所領を持つ小藩で、藩主家は徳川氏の一族とされ、代々江戸城の番役を務めていました。 衛昉は、文政13年(1830年)に兄の衛彰が死去したため、藩主を継ぎました。藩主となった衛昉は、藩政改革に力を入れました。まず、藩の財政を立て直すために、年貢の増徴や倹約令を断行しました。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校である「彰考館」を設立しました。 -幕末期の動乱- 衛昉は、藩主在職中に、幕末の動乱を経験しました。安政5年(1858年)、日米修好通商条約が締結されると、衛昉は攘夷派の諸藩と連携し、幕府に条約の破棄を求めました。しかし、幕府はこれを拒否し、衛昉は一時的に江戸城を退去することになりました。 慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発すると、衛昉は官軍に恭順し、新政府側に味方しました。戊辰戦争後、衛昉は藩知事に任命され、藩政改革を続けました。 -明治維新後の活躍- 明治4年(1871年)、版籍奉還が行われると、衛昉は藩知事を辞任し、東京に移住しました。明治8年(1875年)、衛昉は元老院議官に任命され、明治15年(1882年)には、枢密顧問官に任命されました。 衛昉は、明治21年(1888年)に死去しました。享年89。衛昉は、江戸時代後期から明治時代にかけて、日本の近代化に貢献した人物として知られています。
歴史上の偉人

– 佐久命

- 佐久命とは 佐久命(さくのみこと)とは、日本の神道の神であり、医療の神として知られています。「佐久」とは、「助ける」という意味で、佐久命は、人々を病気や怪我から助けるために働くと信じられています。 佐久命は、古事記や日本書紀などの日本の神話に登場します。神話によると、佐久命は、イザナギとイザナミの間に生まれた神であり、アマテラスオオミカミやスサノオノミコトの兄弟です。佐久命は、出雲の国に降り立ち、医療の神として人々を助けました。 佐久命は、医療の神としてだけでなく、農業の神としても崇拝されています。神話によると、佐久命は、稲作を人々に教えたと言われています。そのため、佐久命は、農民から厚く信仰されています。 佐久命は、日本の各地に神社が祀られています。中でも有名なのは、島根県の佐太神社です。佐太神社は、佐久命が最初に降り立った場所とされ、医療の神として多くの人が参拝に訪れます。 佐久命は、医療の神として人々から厚く信仰されている神様です。佐久命に祈ると、病気や怪我から回復し、健康を維持することができると信じられています。
歴史上の偉人

「巴雀」(⇒武藤巴雀(むとう-はじゃく))-について

「巴雀」(⇒武藤巴雀(むとう-はじゃく))-について
歴史上の偉人

余元澄(青木東庵)について

-余元澄(青木東庵)について- -余元澄の人物像- 余元澄(青木東庵)は、1628年に中国・浙江省寧波府余姚県に生まれた。幼い頃から学問に優れ、16歳で科挙に合格し、順調に出世を重ねていった。しかし、30歳のときに恩師が亡くなり、その死を悼んで官職を辞した。その後、故郷に戻り、私塾を開いて後進の指導にあたった。 余元澄は、儒教の精神に基づく高潔な人格者として知られた。彼は、権力や富に惑わされず、常に清貧に甘んじていた。また、義侠心にも厚く、困っている人々を助けるために惜しみなく施しを行った。 余元澄は、儒教の精神を日本に伝えるために、1684年に来日した。彼は、京都で私塾を開き、多くの日本人に儒教を講じた。彼の講義は、明快でわかりやすく、多くの日本人の心を捉えた。 余元澄は、1703年に京都で亡くなった。享年76歳。彼の死は、日本儒学界に大きな損失をもたらした。しかし、彼の残した儒教の精神は、日本の文化や社会に大きな影響を与え続けた。 余元澄は、高潔な人格者であり、儒教の精神を日本に伝えるために尽くした偉大な人物である。彼の功績は、今日でも高く評価されている。