日本女子大卒

その他

桟敷芳子 – 社会運動家として生きた女性

近代日本の社会運動における桟敷芳子の役割 桟敷芳子は、日本の社会運動家で、自由民権運動や女性解放運動に尽力しました。彼女は、日本初の女子大学である東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業し、その後、アメリカに留学しました。帰国後は、社会運動や教育活動に参画し、近代日本の社会変革に大きな役割を果たしました。 桟敷芳子の主な業績の一つは、自由民権運動への参加です。彼女は、民権運動のリーダーである板垣退助や大隈重信と協力し、国民の権利拡大と民主化を訴えました。また、彼女は、女性解放運動にも力を入れ、女性の参政権獲得や教育機会の拡大を訴えました。 桟敷芳子は、近代日本の社会運動において、重要な役割を果たしました。彼女は、自由民権運動や女性解放運動に尽力し、近代日本の民主化と女性の権利拡大に貢献しました。また、彼女は、女子教育の推進にも尽力し、女性の社会進出を促進しました。 桟敷芳子は、近代日本の社会変革に大きな足跡を残した女性です。彼女の功績は、現代にも受け継がれており、彼女の思想は、今日の社会運動にも影響を与えています。
文学分野の人

帆足みゆき 評論家、教育者

-生い立ちと学歴- 帆足みゆきは、1948年3月10日に東京都に生まれた。父は公務員、母は主婦であった。 帆足は幼い頃から読書が好きで、特に歴史小説をよく読んでいた。読書を通じて、彼女は日本の歴史や文化に強い関心を抱いた。 帆足は、東京の公立小学校・中学校・高等学校を卒業後、1967年に東京大学文科一類に入学した。東京大学では、日本史を専攻し、1971年に卒業した。 帆足は、東京大学卒業後、大学院に進学し、1973年に日本史学の修士号を取得した。 帆足は、大学院卒業後、私立高校の歴史教師として働き始めた。帆足は、高校教師として働きながら、日本史の研究を続け、1980年に日本史学の博士号を取得した。 帆足は、博士号取得後、大学に職を得て、日本史の教授として働き始めた。帆足は、大学教授として働きながら、日本の歴史や文化に関する著書を多数出版した。 帆足は、現在、評論家、教育者として活躍している。帆足は、日本の歴史や文化に関する評論を新聞や雑誌に寄稿したり、講演会を開いたりしている。帆足は、また、日本の歴史や文化に関する教育番組に出演したり、大学の非常勤講師を務めたりしている。
政治分野の人

恩田和子:大正-昭和時代前期の新聞記者、婦人運動家の生涯

初期のキャリアと読売新聞記者としての活動 恩田和子は日本最初の新聞記者の一人であり、婦人運動の活動家として活躍した。1884年、東京に生まれた彼女は、幼い頃から文学や政治に興味を持ち、1903年に日本女子大学校に進学した。大学卒業後はいくつかの新聞社で記者として働き、その後1912年に読売新聞に入社した。 読売新聞では、社会部や文芸部に所属し、数多くの記事を執筆した。特に、労働問題や女性問題については積極的に取材を行い、新聞に掲載した。また、新聞記者として活動する傍ら、婦人運動にも精力的に参加し、1920年には婦人参政権獲得運動に参加した。同年に設立された「婦人参政権期成同盟会」の委員にも就任し、婦人参政権獲得のための活動を行った。 恩田和子は、新聞記者として、婦人運動家として、日本の社会に大きな影響を与えた。彼女の活躍は、女性の地位向上に貢献し、日本の民主主義の発展に寄与した。
芸能分野の人

「渡辺美佐」

-渡辺美佐- -昭和期を代表する芸能プロデューサー- 渡辺美佐は、昭和期を代表する芸能プロデューサーである。1910年(明治43年)に東京都に生まれた。早稲田大学を卒業後、映画会社に入社し、映画プロデューサーとして活躍した。1953年(昭和28年)に独立して渡辺プロダクションを設立し、多くの芸能人を輩出した。 渡辺プロダクションは、石原裕次郎、小林桂樹、加山雄三など、数多くのスターを輩出した。また、美空ひばり、渥美清、森繁久彌など、大物芸能人のマネージメントも行った。渡辺美佐は、芸能界のドンと呼ばれ、芸能界の発展に大きな貢献をした。 渡辺美佐は、1992年(平成4年)に亡くなった。しかし、渡辺プロダクションはその後も活動を続け、多くの芸能人を輩出している。渡辺美佐は、日本の芸能界の発展に大きな足跡を残した偉大な芸能プロデューサーである。 -渡辺美佐の功績- 渡辺美佐の功績は、以下の通りである。 * 多くの芸能人を輩出した。 * 大物芸能人のマネージメントを行った。 * 芸能界のドンと呼ばれ、芸能界の発展に大きな貢献をした。 渡辺美佐は、日本の芸能界の発展に大きな足跡を残した偉大な芸能プロデューサーである。
学術分野の人

塩沢美代子 – 労働問題評論家

-労働問題評論家としての塩沢美代子- 塩沢美代子は、日本の労働問題評論家、元総務官僚。1949年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、1972年、総理府入省。経済企画庁、経済産業省などでの勤務を経て、2008年、退官。 退官後、労働問題評論家としての活動を本格的に開始。著書に『日本の労働問題』(2009年)、『働くということ』(2011年)、『労働法の基礎知識』(2013年)などがある。また、テレビや新聞などのメディアにも積極的に出演・寄稿し、労働問題に関する発言を行っている。 塩沢美代子は、労働問題評論家として、日本の労働問題の現状と課題について鋭い分析を行っている。その分析は、豊富な実務経験と幅広い知識に基づいており、説得力がある。また、塩沢美代子は、労働問題に関する政策提言も積極的に行っている。その提言は、労働者の権利擁護と労働環境の改善を目的としたものであり、労働界から高く評価されている。 塩沢美代子は、労働問題評論家として、日本の労働問題の解決に大きく貢献している。その功績は、労働界のみならず、社会全体から称賛されている。
その他

早見一十一 – 美容家

-早見一十一 - 美容家- -その美容界への貢献- 早見一十一は、美容界に多大な貢献をした美容家です。1930年に日本で初めて美容学校を設立し、日本の美容業界の発展に大きな役割を果たしました。また、日本の美容師の国家資格制度の制定にも尽力し、美容師の地位向上に貢献しました。 早見一十一は、1892年に瀬戸内海の小豆島に生まれました。幼い頃から美容に興味を持ち、1912年に上京して美容院に就職しました。その後、渡米して美容技術を学び、帰国後は東京で美容室を開業しました。 早見一十一は、美容室の経営だけでなく、美容教育にも力を入れました。1930年に東京で日本初の美容学校を設立し、美容師の養成に乗り出しました。また、1934年には日本美容師協会を設立し、美容業界の団結を図りました。 早見一十一は、美容師の国家資格制度の制定にも尽力しました。1938年に美容師法が制定され、美容師の国家資格制度が確立されました。これにより、美容師の地位が向上し、美容業界の発展に拍車がかかりました。 早見一十一は、1973年に亡くなりましたが、その功績は今も美容業界で語り継がれています。早見一十一が美容業界に与えた影響は非常に大きく、日本の美容業界の発展に欠かせない人物であると言えるでしょう。
芸能分野の人

厚木たか:記録映画のパイオニア

-戦時中の抵抗と「或る保母の記録」- 厚木たかの戦時中の抵抗は、映画「或る保母の記録」にしっかりと記録されている。この映画は、戦時中、子供たちを守るために自らの命を懸けて戦った保母たちの物語である。厚木は、この映画の制作に深く関わっており、映画の中で保母役を演じている。 厚木が映画「或る保母の記録」を制作するきっかけとなったのは、戦時中に実際に起きた保母たちの抵抗運動である。1943年、東京都内の保母たちが、軍による強制疎開に抵抗し、子供たちを守るために立ち上がった。この保母たちの抵抗運動は、全国に広がり、軍の政策を撤回させることに成功した。 厚木は、この保母たちの抵抗運動に強く感銘を受け、映画「或る保母の記録」を制作することにした。映画は、保母たちの抵抗運動の経緯を忠実に再現しており、戦争の悲惨さと、保母たちの勇気と決意を伝える力強い作品となっている。 映画「或る保母の記録」は、戦後、多くの映画賞を受賞し、海外でも高い評価を得た。厚木は、この映画の制作を通して、戦時中の保母たちの抵抗運動を世に知らしめ、戦争の悲惨さを訴えることに成功した。 厚木は、映画「或る保母の記録」の制作以外にも、戦時中に様々な抵抗活動を行っていた。彼女は、反戦ビラを撒いたり、軍の施設を破壊したりしていた。また、彼女は、戦後も、戦争の悲惨さを訴え続け、平和運動に尽力した。 厚木は、戦時中、命を懸けて抵抗活動を行い、戦後も、平和運動に尽力した偉大な女性である。彼女の功績は、決して忘れてはならない。
文学分野の人

保持研子

-保持研子- 保持研子は、1875年(明治8年)に生まれた、日本の女性思想家、社会運動家です。平塚らいてうとともに「青鞜(せいとう)」を創刊し、女性の権利を訴えました。 -平塚らいてう(雷鳥)らと「青鞜(せいとう)」を創刊- 1911年(明治44年)、保持研子は平塚らいてう、伊藤野枝らと「青鞜」を創刊しました。「青鞜」は、女性の権利を訴える雑誌として、当時の女性の間で大きな反響を呼びました。 保持研子は、「青鞜」において、女性の自立と自由を主張しました。また、女性が社会に参政権を持つべきだと主張し、女性の選挙権獲得運動にも参加しました。 しかし、第一次世界大戦後、「青鞜」は廃刊となりました。そして、保持研子は社会運動から身を引きました。しかし、彼女の女性解放運動への貢献は、今日でも高く評価されています。 以下は、保持研子の主な思想と主張です。 * 女性は、男性と同等の権利を持つべきである。 * 女性は、自立して自由に生きるべきである。 * 女性は、社会に参政権を持つべきである。 * 女性は、教育を受ける権利を持つべきである。 * 女性は、労働をして経済的に自立すべきである。
学術分野の人

柳沢孝(1926年~2003年):美術史家として活躍した長野県出身の研究者

1、柳沢孝のプロフィール 柳沢孝は、1926年11月23日に長野県松本市に生まれた美術史家である。長野県松本深志高等学校を卒業後、1947年に東京大学文学部に入学。同大学卒業後は、1953年に東京都立大学大学院修士課程に進学し、1955年に修士号を取得した。その後、1958年に東京教育大学大学院博士課程に進学し、1962年に博士号を取得した。 大学卒業後は、東京都立大学助教授、東京大学助教授、国立西洋美術館研究員、日本大学教授などを歴任した。1981年には、日本美術史学会の会長に就任した。 柳沢の研究は、主に西洋美術史が中心であり、特に17世紀のオランダ絵画を専門とした。また、日本美術史にも関心を持ち、日本の浮世絵や書などの研究も行っていた。 柳沢は、1972年に「オランダ絵画の巨匠たち」で毎日出版文化賞を受賞し、1973年に「日本の浮世絵」で日本美術史学会賞を受賞した。また、1986年には、紫綬褒章を受章している。 柳沢は、2003年10月23日に死去した。
その他

吉見静江(1897-1972)

- 吉見静江の生涯 吉見静江は、1897年(明治30年)1月1日に東京都で生まれた日本の政治家であり、女性初の国会議員の一人です。彼女は、夫の吉見祐徳と共に政治活動を行い、1946年(昭和21年)に第22回衆議院議員総選挙で当選しました。 吉見静江は、東京の実業家・政治家の近藤久太郎の長女として生まれました。彼女は、日本女子大学を卒業後、1921年(大正10年)に吉見祐徳と結婚しました。吉見祐徳は、政治家で、1932年(昭和7年)に衆議院議員に当選しました。 吉見静江は、夫の政治活動を支えながら、自身も政治活動を始めました。彼女は、1937年(昭和12年)に東京市会議員に当選し、1946年(昭和21年)に第22回衆議院議員総選挙で当選しました。彼女は、第23回衆議院議員総選挙でも当選し、2期連続で衆議院議員を務めました。 吉見静江は、衆議院議員在職中に、女性の権利向上や社会保障の充実などに尽力しました。彼女は、1947年(昭和22年)に公布された日本国憲法の制定に貢献し、1960年(昭和35年)に公布された児童福祉法の制定にも貢献しました。 吉見静江は、1972年(昭和47年)5月29日に75歳で死去しました。彼女は、日本の女性初の国会議員の一人として、女性の権利向上や社会保障の充実などに貢献した功績が称えられています。
文学分野の人

文芸評論家・渡辺澄子の人生と功績

-渡辺澄子の生涯- 渡辺澄子は、1913年(大正2年)3月26日、東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれ、東京府立第三高等女学校(現・東京都立八潮高等学校)卒業後、東京女子大学英文科に進学。卒業後、出版社に勤務した後、文芸評論家として独立しました。 1937年(昭和12年)に文芸評論誌「新潮」に「湯ヶ原にて」を発表し、文芸評論家としてデビュー。1941年(昭和16年)、「新潮」に連載した文芸評論「無常感と官能」が第1回新潮社文学賞を受賞しました。 1954年(昭和29年)に、女性では初めて日本文芸家協会の理事となり、1962年(昭和37年)には、日本芸術院会員に選出されました。 1965年(昭和40年)、「現代日本文学の輪郭」で第3回菊池寛賞を受賞。1978年(昭和53年)に、文化功労者に選出されました。 1982年(昭和57年)に逝去。享年68歳でした。 渡辺澄子は、戦後日本の文芸評論界を代表する評論家の一人であり、その評論は、鋭い洞察力と、明晰で美しい文章で知られています。 渡辺澄子は、また、多くの作家や評論家と親交があり、その交流は、彼女の評論活動に大きな影響を与えました。 渡辺澄子は、その評論活動を通じて、日本の文学の発展に大きな貢献をした評論家であり、その功績は高く評価されています。
文学分野の人

三枝佐枝子 – 昭和後期から平成時代の編集者、社会評論家

-大正9年10月4日生まれ。昭和21年中央公論社に入社。- 三枝佐枝子は、昭和後期から平成時代の編集者、社会評論家です。昭和21年(1946年)に中央公論社に入社し、女性誌『婦人公論』の編集に携わりました。その後、『中央公論』の編集長も務め、日本のジャーナリズム界を牽引する存在となりました。 三枝は、女性初の日本雑誌編集者協会会長、日本ペンクラブ会長を歴任しました。また、社会評論家としても活躍し、著書『女たちの戰后史』『マリーの心』『私の母は中国残留孤児』など多数を発表しました。 三枝は、昭和60年(1985年)に中央公論社を退社し、フリーランスのジャーナリストとして活動しました。平成17年(2005年)には、文化功労者に選出されました。 三枝は、昭和62年(1987年)に夫を亡くし、一人暮らしをしていました。平成27年(2015年)11月25日、老衰のため東京都内の病院で死去。享年96歳でした。 三枝は、日本のジャーナリズム界に大きな功績を残した人物です。彼女の著書は、今もなお多くの人に読み継がれています。
心に関する分野の人

水野くら子について

-大正8年12月1日に広島県で生まれる- 水野くら子は、1919年(大正8年)12月1日に広島県で生まれました。幼い頃から読書を好み、小学校卒業後は広島県立広島第一高等女学校(現在の広島県立広島皆実高等学校)に進学しました。 女学校卒業後は上京し、女子美術専門学校(現在の女子美術大学)で日本画を学びました。在学中は、同級生だった岡本太郎と交際していました。 1941年(昭和16年)、女子美術専門学校を卒業し、日本画壇で活動を開始しました。1943年(昭和18年)には、第6回新文展に入選しました。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結し、日本は連合国軍に占領されました。水野くら子も、戦争中は疎開生活を送っていました。 戦後は、占領軍の検閲を逃れながら、日本画の制作を続けました。1950年(昭和25年)には、第1回日展に入選しました。 1955年(昭和30年)、水野くら子は、第2回日展で特選を受賞し、日本画壇で注目を集めるようになりました。1957年(昭和32年)には、第3回日展で文部大臣賞を受賞し、日本画壇のトップアーティストの地位を確立しました。 水野くら子は、1995年(平成7年)に亡くなりました。享年75歳でした。
文学分野の人

あまん-きみこ:児童文学の世界で心を温めるファンタジー

-あまん-きみこの生涯と経歴- あまん-きみこは、1932年(昭和7年)に高知県高知市で生まれました。本名は「天野喜美子」です。幼い頃から本が好きで、小説や童話をよく読んでいました。 1951年(昭和26年)に短大を卒業後、結婚して主婦となりました。しかし、子育ての合間に執筆活動を続け、1961年(昭和36年)に「ちいさなからす」でデビューしました。 以降、「ティモテオのうた」「かばくん」「おこめさんの冒険」「14ひきのあさごはん」など、数多くの児童文学作品を発表しました。その作品は、子どもたちの心に響くファンタジーに満ちており、高く評価されています。 あまん-きみこは、1981年(昭和56年)に「ちいさなきつね」で野間児童文芸賞を受賞しました。1988年(昭和63年)には、文化功労者に選出されました。 あまん-きみこは、2004年(平成16年)に72歳で亡くなりましたが、その作品は今も多くの読者に愛され続けています。
文学分野の人

福地文乃(1901-1984):昭和時代後期の小説家

-福地文乃の生涯と作品 - 生涯 * 1901年(明治34年)東京市本所区(現在の墨田区)に生まれる。 * 1916年(大正5年)高等女学校を卒業後、姉の夫である小説家の里見弴に師事。 * 1919年(大正8年)処女作「青い蝶」を『新潮』に発表。 * 1920年(大正9年)『中央公論』に「花籠」を発表、「青い鳥」を創刊。 * 1921年(大正10年)『文藝春秋』に「或る妻」を発表。 * 1922年(大正11年)『婦人公論』に「目覚め」を発表。 * 1923年(大正12年)『改造』に「生ける人形」を発表。 * 1924年(大正13年)『中央公論』に「二人姉妹」を発表。 * 1925年(大正14年)『文藝春秋』に「野菊の墓」を発表。 * 1926年(大正15年)『改造』に「腕白坊主」を発表。 * 1927年(昭和2年)『中央公論』に「父帰る」を発表。 * 1928年(昭和3年)『文藝春秋』に「花ふぶき」を発表。 * 1929年(昭和4年)『改造』に「雪国」を発表。 * 1930年(昭和5年)『中央公論』に「春琴抄」を発表。 * 1931年(昭和6年)『文藝春秋』に「瀧の音」を発表。 * 1932年(昭和7年)『改造』に「名残の雪」を発表。 * 1933年(昭和8年)『中央公論』に「彼岸過迄」を発表。 * 1934年(昭和9年)『文藝春秋』に「二人で行く世界」を発表。 * 1935年(昭和10年)『改造』に「残雪」を発表。 * 1936年(昭和11年)『中央公論』に「三人家族」を発表。 * 1937年(昭和12年)『文藝春秋』に「夫婦善哉」を発表。 * 1938年(昭和13年)『改造』に「歩兵」を発表。 * 1939年(昭和14年)『中央公論』に「秋刀魚の味」を発表。 * 1940年(昭和15年)『文藝春秋』に「掌の小説」を発表。 * 1941年(昭和16年)『改造』に「勝利の日」を発表。 * 1942年(昭和17年)『中央公論』に「戦後派」を発表。 * 1943年(昭和18年)『文藝春秋』に「奥さん」を発表。 * 1944年(昭和19年)『改造』に「晩秋」を発表。 * 1945年(昭和20年)『中央公論』に「亡命者」を発表。 * 1946年(昭和21年)『文藝春秋』に「帰郷」を発表。 * 1947年(昭和22年)『改造』に「妻の死」を発表。 * 1948年(昭和23年)『中央公論』に「老いの旅」を発表。 * 1949年(昭和24年)『文藝春秋』に「人生漂流記」を発表。 * 1950年(昭和25年)『改造』に「虹」を発表。 * 1951年(昭和26年)『中央公論』に「風吹く谷」を発表。 * 1952年(昭和27年)『文藝春秋』に「野の花」を発表。 * 1953年(昭和28年)『改造』に「星影」を発表。 * 1954年(昭和29年)『中央公論』に「夏草」を発表。 * 1955年(昭和30年)『文藝春秋』に「雪解け」を発表。 * 1956年(昭和31年)『改造』に「春の庭」を発表。 * 1957年(昭和32年)『中央公論』に「木枯らし」を発表。 * 1958年(昭和33年)『文藝春秋』に「冬将軍」を発表。 * 1959年(昭和34年)『改造』に「春の雷」を発表。 * 1960年(昭和35年)『中央公論』に「花に雨」を発表。 * 1961年(昭和36年)『文藝春秋』に「秋風の歌」を発表。 * 1962年(昭和37年)『改造』に「雪景色」を発表。 * 1963年(昭和38年)『中央公論』に「春の風」を発表。 * 1964年(昭和39年)『文藝春秋』に「夏の夜」を発表。 * 1965年(昭和40年)『改造』に「秋の月」を発表。 * 1966年(昭和41年)『中央公論』に「冬の雪」を発表。 * 1967年(昭和42年)『文藝春秋』に「花に嵐」を発表。 * 1968年(昭和43年)『改造』に「秋風」を発表。 * 1969年(昭和44年)『中央公論』に「冬の星」を発表。 * 1970年(昭和45年)『文藝春秋』に「春の雷鳴」を発表。 * 1971年(昭和46年)『改造』に「夏の夕立」を発表。 * 1972年(昭和47年)『中央公論』に「秋の陽ざし」を発表。 * 1973年(昭和48年)『文藝春秋』に「冬の枯れ葉」を発表。 * 1974年(昭和49年)『改造』に「春の嵐」を発表。 * 1975年(昭和50年)『中央公論』に「夏の雲」を発表。 * 1976年(昭和51年)『文藝春秋』に「秋の夕暮れ」を発表。 * 1977年(昭和52年)『改造』に「冬の雪景色」を発表。 * 1978年(昭和53年)『中央公論』に「春の朝」を発表。 * 1979年(昭和54年)『文藝春秋』に「夏の風物詩」を発表。 * 1980年(昭和55年)『改造』に「秋の紅葉」を発表。 * 1981年(昭和56年)『中央公論』に「冬の星明かり」を発表。 * 1982年(昭和57年)『文藝春秋』に「春の旅」を発表。 * 1983年(昭和58年)『改造』に「夏の海」を発表。 * 1984年(昭和59年)『中央公論』に「秋の夕暮れ」を発表。同年に死去。 -# 作品 * 『青い鳥』(1920年) * 『花籠』(1920年) * 『或る妻』(1921年) * 『目覚め』(1922年) * 『生ける人形』(1923年) * 『二人姉妹』(1924年) * 『野菊の墓』(1925年) * 『腕白坊主』(1926年) * 『父帰る』(1927年) * 『花ふぶき』(1928年) * 『雪国』(1929年) * 『春琴抄』(1930年) * 『瀧の音』(1931年) * 『名残の雪』(1932年) * 『彼岸過迄』(1933年) * 『二人で行く世界』(1934年) * 『残雪』(1935年) * 『三人家族』(1936年) * 『夫婦善哉』(1937年
学術分野の人

「暉峻淑子」

「暉峻淑子の生涯と業績」 暉峻淑子(てるひよしゅくし)は、1926年(大正15年)1月18日に東京都に生まれた英文学者、翻訳家です。大阪大学や東京都立大学で教鞭を執り、1983年(昭和58年)には紫綬褒章を受章しました。 1946年(昭和21年)に東京女子大学英文科に入学し、1950年(昭和25年)に卒業しました。大学卒業後は、英語教師として働いていましたが、1955年(昭和30年)に大阪大学文学部英文科の助手となりました。1958年(昭和33年)に同大学講師に昇進し、1964年(昭和39年)には同大学助教授に昇進しました。1968年(昭和43年)には、東京都立大学文学部英文科の教授に就任しました。 暉峻淑子は、英文学の研究者として、ジェームズ・ジョイスやヴァージニア・ウルフなどの作品を研究しました。また、翻訳家としても活躍し、ジョイスの「ユリシーズ」やウルフの「ダロウェイ夫人」などの作品を日本語に翻訳しました。 暉峻淑子は、1983年(昭和58年)に紫綬褒章を受章しました。また、1997年(平成9年)には、大阪大学名誉教授の称号を授与されました。 暉峻淑子は、2015年(平成27年)6月21日に東京都で亡くなりました。享年89歳でした。
文学分野の人

原條あき子:口語の押韻定型詩をこころみた女性詩人

- 原條あき子の生涯と経歴 原條あき子は、1895年(明治28年)12月25日に、東京府東京市下谷区(現台東区)に生まれました。父は官僚の原條孝介、母は寿美子です。あき子は、幼少期から文学に興味を持ち、8歳の頃から詩を書き始めました。1912年(大正元年)には、日本女子大学校英文科に入学し、在学中は詩作に励みました。そして、1916年(大正5年)に、処女詩集『青踏』を出版しました。 『青踏』は、口語の押韻定型詩で書かれた詩集で、当時の文壇に大きな衝撃を与えました。あき子は、口語の押韻定型詩をこころみた、最初の女性詩人として知られるようになりました。また、あき子は、詩作だけでなく、小説や戯曲も執筆しました。1922年(大正11年)には、長編小説『女の友情』を出版し、1924年(大正13年)には、戯曲『女の一生』を上演しました。 あき子は、1926年(昭和元年)に、詩人の中村憲吉と結婚しました。憲吉との間には、1男1女が生まれました。あき子は、結婚後も詩作を続け、1929年(昭和4年)には、第二詩集『白樺』を出版しました。また、あき子は、1933年(昭和8年)には、童謡集『ひばり』を出版し、1936年(昭和11年)には、エッセイ集『女の風景』を出版しました。 あき子は、1945年(昭和20年)に、疎開先の群馬県で空襲により亡くなりました。享年49歳でした。あき子は、短命でしたが、その詩作は、多くの読者に愛され続けています。
政治分野の人

– 大浜英子

-大浜英子の生涯と功績- 大浜英子(1901年 - 1978年)は、日本の女性政治家、社会運動家である。自由民主党に所属し、衆議院議員を3期務めた。婦人参政権獲得運動や、労働者・農民の権利擁護に尽力した。 1901年、和歌山県に生まれる。小学校卒業後、女学校に進学するが、家計の都合で中退し、簿記学校に通う。1920年、大阪の出版社に就職し、労働組合の結成に参加する。1923年、日本共産党に入党し、党の機関紙「赤旗」の編集に携わる。1925年、治安維持法違反で逮捕され、懲役2年の判決を受ける。 1927年に釈放された後、労働組合運動や婦人運動に関わる。1932年、婦人参政権獲得同盟を結成し、婦人参政権運動を展開する。1938年、衆議院議員に当選する。1945年の敗戦後、公職追放されるが、1952年に解除され、再び衆議院議員に当選する。1955年、第1次鳩山一郎内閣で婦人少年局長官に任命される。 1956年に退官し、労働者・農民の権利擁護に尽力する。1978年に死去。 大浜英子は、婦人参政権獲得運動や、労働者・農民の権利擁護に尽力した功績が称えられている。また、女性初の自由民主党衆議院議員としても知られている。
文学分野の人

「早坂久子」

-早坂久子の人生と作品- 早坂久子は、1903年(明治36年)1月4日に北海道小樽市に生まれた小説家です。旧姓は谷崎。父は谷崎潤一郎、姉は谷崎 diku子です。 早坂は、幼い頃から文学に親しみ、1921年(大正10年)に東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、翌年には中退し、早稲田大学文学部国文科に編入しました。 早坂は、1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した後、出版社に就職しました。その後、1928年(昭和3年)に小説家・早坂邦太郎と結婚し、1930年(昭和5年)に長女の早坂美智子を出産しました。 早坂は、1932年(昭和7年)に『暦』で芥川賞を受賞しました。この作品は、北海道の田舎町を舞台に、貧しい生活を送る少女の成長を描いたものです。 その後、早坂は『女の宿』『火の鳥』『冬の宿』『渡辺綱』『鳩とその影』『星と祭』『上海の街』など、数多くの小説を発表しました。 早坂の作品は、リアリズムと幻想主義を融合したもので、繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、早坂は、社会問題や女性の生き方にも関心を持ち、作品の中でそれらを取り上げました。 早坂久子は、1980年(昭和55年)7月2日に77歳で亡くなりました。 -主な作品- * 『暦』(1932年) * 『女の宿』(1933年) * 『火の鳥』(1934年) * 『冬の宿』(1936年) * 『渡辺綱』(1937年) * 『鳩とその影』(1938年) * 『星と祭』(1939年) * 『上海の街』(1940年) * 『橋ものがたり』(1941年) * 『春の城』(1942年) * 『秋風吹く』(1943年) * 『冬に流れる川』(1944年) * 『雪の宿』(1945年) * 『晩夏』(1946年) * 『秋雨』(1947年) * 『冬構え』(1948年) * 『暮れ行く秋』(1949年) * 『冬の海』(1950年) * 『春風の宿』(1951年) * 『夏の宿』(1952年) * 『秋の宿』(1953年) * 『冬の宿』(1954年)
文学分野の人

遠藤はつ-明治から昭和の俳人

-遠藤はつの生涯- 遠藤はつは、1864年(元治元年)に東京神田に生まれた。幼い頃より俳句を嗜み、1883年(明治16年)に最初の句集『うの』を刊行した。その後、正岡子規や高浜虚子らと交流を深め、1902年(明治35年)には女性初の俳誌「ほととぎす」の同人を務めた。 1911年(明治44年)には、夫の遠藤為助が死去し、はつは夫の遺志を継いで俳誌「ほととぎす」の主宰となった。はつは、主宰として俳壇に大きな影響を与え、多くの俳人を育て上げた。 1932年(昭和7年)には、初の句集『青葉』を刊行し、1936年(昭和11年)には、第二句集『花』を刊行した。はつの句は、自然を詠んだものが多く、素朴で温かみのある作風で知られている。 1946年(昭和21年)、遠藤はつは82歳でこの世を去った。はつの死後、その遺志を引き継いで、俳誌「ほととぎす」は遠藤惟助が主宰を務めた。 遠藤はつは、明治から昭和にかけて活躍した俳人であり、女性初の「ほととぎす」の同人を務め、俳壇に大きな影響を与えた。はつの句は、自然を詠んだものが多く、素朴で温かみのある作風で知られている。
学術分野の人

原口鶴子 – 大正時代の女性心理学者

女性初の博士号取得者としての功績 原口鶴子は、大正時代に活躍した女性心理学者です。彼女は、1891年に東京女子高等師範学校を卒業した後、東京帝国大学の心理学専攻に進学しました。そして、1915年に日本の女性として初めて博士号を取得しました。原口鶴子の博士論文のテーマは、「記憶における意識と潜在意識の相互関係」でした。この論文は、記憶のメカニズムを解明し、潜在意識の役割を明らかにするなど、当時の心理学界に大きな衝撃を与えました。 原口鶴子は、博士号取得後、東京女子高等師範学校で教鞭をとりました。そして、1920年に同校の教授に就任しました。原口鶴子は、東京女子高等師範学校で、心理学の講義や研究を行い、多くの学生を指導しました。また、原口鶴子は、日本心理学会の設立にも尽力し、1921年に同会の初代会長に就任しました。 原口鶴子は、女性初の博士号取得者として、日本の女性に大きな勇気を与えました。また、原口鶴子は、心理学の研究や教育に尽力し、日本の心理学の発展に貢献しました。原口鶴子は、日本の女性心理学者として、先駆的な役割を果たした人物です。
文学分野の人

村山リウ – 昭和後期~平成時代の評論家

村山リウ の生涯と業績 村山リウは、1925年(大正14年)に兵庫県姫路市に生まれた評論家です。本名は村山ヒサエ。 東京に出て大学を卒業後、1948年(昭和23年)に文壇デビューしました。1957年(昭和32年)に「婦人画報」に連載した「女が男をどう見るか」がベストセラーとなり、女性評論家として注目を集めました。 その後も「女の世間学」「女の勉強法」「女の惚れ学」など、女性に関する著書を多数発表し、人気を博しました。 また、テレビやラジオにも積極的に出演し、歯に衣着せぬ発言で話題を呼びました。 1982年(昭和57年)には、女性初の文化庁長官に就任し、文化芸術の振興に尽力しました。 2001年(平成13年)に亡くなりましたが、その業績は高く評価されており、現在でも多くの人々に影響を与え続けています。 村山リウの評論は、女性の生き方を肯定的に捉え、女性の自立と自己実現を訴えたものでした。 また、男性社会の矛盾や女性の差別を指摘し、社会の変革を訴えました。 彼女の評論は、多くの女性に勇気を与え、女性の社会進出を後押ししました。 村山リウは、女性評論家としてだけでなく、社会活動家としても活躍しました。 1970年(昭和45年)には、女性解放運動団体「全国婦人問題研究会」を結成し、会長を務めました。 また、1981年(昭和56年)には、女性初の文化庁長官に就任し、文化芸術の振興に尽力しました。 村山リウは、女性が男性と対等に生きられる社会を目指し、生涯にわたって活動しました。 彼女の業績は高く評価されており、現在でも多くの人々に影響を与え続けています。
歴史上の人物

三田庸子 – 日本初の女性刑務所長

-三田庸子の生涯- 三田庸子は1915年、三重県に生まれました。1938年に東京女子大学を卒業後、財団法人東京女子研修所で教鞭を執りました。1954年に法務省に入省し、少年鑑別所の所長や教導院の院長などを歴任した後、1976年に日本初の女性刑務所長として京都刑務所に着任しました。 京都刑務所長時代には、受刑者の人権尊重を重視し、受刑者の処遇改善に努めました。また、刑務作業の改善にも取り組み、受刑者が社会復帰後の生活に役立つ技術を身につけることができるようにしました。 1981年に京都刑務所を退官し、1983年に法務省を退官しました。その後は、法務省の顧問や、社会福祉法人更生保護社会事業団の理事長などを歴任しました。 三田庸子は、2013年に97歳で亡くなりました。その功績を称え、2015年には三重県庁舎に胸像が建立されました。 三田庸子は、日本の刑務所制度の改革に大きな貢献をした女性です。彼女の功績は、これからも長く語り継がれていくでしょう。