日本平和委員会

文学分野の人

風間道太郎:戦前期から戦後にかけて活躍した作家

-風間道太郎の生涯- 風間道太郎は、1884年(明治17年)に宮城県仙台市に生まれた。仙台第二中学校を卒業後、東京帝国大学に進学し、英文科を専攻した。大学卒業後は、新聞記者として働き、その後、文筆業に専念した。 風間道太郎の代表作には、短編小説「風立ちぬ」(1937年)、長編小説「麦と兵隊」(1938年)などがある。これらの作品は、戦争の悲惨さを訴えたものであり、大きな反響を呼んだ。 風間道太郎は、1942年(昭和17年)に太平洋戦争に従軍し、激戦地であるガダルカナル島で戦死した。享年58歳であった。 風間道太郎の死後、彼の作品は再評価され、多くの読者から愛されるようになった。現在では、風間道太郎は、昭和期の代表的な作家の一人とされている。 風間道太郎の生涯は、激動の時代を生き抜いた作家の一生であった。彼の作品は、戦争の悲惨さを訴えたものであり、多くの読者の心に響いている。風間道太郎は、これからも語り継がれるべき作家の一人である。
学術分野の人

「長谷川正安」- 昭和後期から平成時代の憲法学者

-マルクスの法学理論に基づく憲法研究- 長谷川正安は、マルクスの法学理論に基づいて憲法研究を行った憲法学者である。彼は、マルクスの法学理論を日本の憲法学に導入し、憲法の理論的基礎を確固たるものにすることに貢献した。 長谷川は、1928年に京都市に生まれた。1951年に京都大学法学部を卒業し、1954年に同大学院修士課程を修了した。その後、京都大学法学部助手、京都産業大学法学部教授などを歴任し、1979年に京都大学法学部教授に就任した。1991年に京都大学を定年退官し、その後は京都産業大学法学部教授として教鞭を執った。2006年に京都市で死去した。 長谷川は、1960年代にマルクスの法学理論を日本の憲法学に導入し、憲法の理論的基礎を確固たるものにすることに貢献した。彼は、マルクスの法学理論を憲法学に適用することで、憲法の階級性や国家の階級性を明らかにし、憲法の限界や可能性を浮き彫りにした。 長谷川の憲法研究は、日本の憲法学に大きな影響を与えた。彼の憲法研究は、憲法の理論的基礎を確固たるものにし、憲法の階級性や国家の階級性を明らかにし、憲法の限界や可能性を浮き彫りにした。彼の憲法研究は、日本の憲法学の発展に大きく貢献した。 長谷川の主な著作には、以下のものがある。 * 『憲法学原論』(1963年) * 『憲法学の課題』(1967年) * 『国家と法の理論』(1972年) * 『憲法学の理論と方法』(1979年) * 『マルクス主義法学小史』(1984年)
政治分野の人

大山柳子:平和運動に尽力した社会運動家

-大山柳子の生涯と活動- 1889年、大山柳子は佐賀県に生まれました。彼女は、早稲田大学卒業後、社会運動の世界に身を投じました。柳子は、女性解放運動や労働運動、反戦運動など、様々な社会問題に取り組みました。 特に、柳子は、反戦運動に尽力しました。柳子は、戦争は世界に平和をもたらすことはできず、むしろ、多くの命を奪うだけだと主張しました。柳子は、反戦集会やデモに参加し、戦争反対の声を上げ続けました。 1945年、日本は戦争に敗れ、柳子は、連合国軍によって逮捕されました。柳子は、反戦活動の罪で、東京裁判で裁かれました。柳子は、無実を主張しましたが、有罪となり、死刑判決を受けました。 1951年、柳子は、死刑を執行されました。柳子の死は、世界中の反戦運動家たちに衝撃を与えました。柳子は、反戦運動のシンボルとなり、人々が戦争に反対する勇気を与えました。 柳子は、女性解放運動や労働運動、反戦運動など、様々な社会問題に取り組み、人々の権利のために戦いました。柳子は、社会運動家として、大きな功績を残した人物です。 柳子は、社会運動家として、人々の権利のために戦っただけでなく、人間として、とても優しい人でした。柳子は、家族や友人、そして、出会った人たちを大切にしました。柳子は、いつも他人を思いやり、困っている人を助けるために努力しました。 柳子は、社会運動家としてだけでなく、人間としても、素晴らしい人でした。柳子は、私たちの心の中に永遠に生き続けるでしょう。
歴史上の人物

高橋甫:軍人、評論家、平和運動家

-高橋甫軍人、評論家、平和運動家- -海軍少佐から反戦運動家へ- 高橋甫(たかはし はじめ)は、日本の元海軍少佐、評論家、平和運動家です。1907年(明治40年)に東京府に生まれ、海軍兵学校を卒業後、海軍少佐まで昇進しました。しかし、戦後、反戦運動に加わり、1950年(昭和25年)には日本平和委員会の委員長に就任しました。1980年(昭和55年)に死去。 高橋は、海軍少佐時代には、日中戦争や太平洋戦争に従軍し、戦闘機パイロットとして活躍しました。しかし、戦争の惨禍を目の当たりにし、反戦の思いを強くするようになりました。 戦後、高橋は、日本平和委員会の委員長として、反戦運動を展開しました。また、評論家としても活躍し、戦争の愚かさを訴え続ける執筆活動を行いました。 高橋の反戦運動は、当初は一部の知識人や市民活動家から支持されていましたが、次第に国民の支持を集めるようになりました。1960年(昭和35年)には、安保条約改定に反対する国民会議の議長に就任し、安保闘争を指導しました。 安保闘争は、大きな国民運動となり、政府は安保条約の改定を断念せざるを得なくなりました。高橋の反戦運動は、日本の平和運動に大きな影響を与えました。 高橋は、1980年(昭和55年)に死去しましたが、その反戦の思いは、今もなお多くの人々に受け継がれています。
政治分野の人

 阿部行蔵

賀川豊彦の影響でキリスト教に入信 阿部行蔵は、日本初のプロテスタント宣教師であり、明治学院の創立者である。彼は、1843年に薩摩藩の士族の家に生まれ、1865年に渡米した。アメリカでキリスト教に入信し、1870年に日本に戻ってきた。彼は、東京で伝道活動を始めたが、1872年に明治学院を創立し、日本のキリスト教教育に貢献した。 阿部行蔵がキリスト教に入信するきっかけとなったのは、賀川豊彦との出会いである。賀川豊彦は、1888年に大阪で生まれ、1908年に渡米した。アメリカでキリスト教に入信し、1914年に日本に戻ってきた。彼は、東京で伝道活動を始めたが、1920年に神戸に移り、神戸 YMCA の総主事を務めた。 阿部行蔵と賀川豊彦は、1922年に神戸 YMCA で出会った。阿部行蔵は、賀川豊彦の熱心な伝道活動に感銘を受け、1923年にキリスト教に入信した。阿部行蔵は、その後、明治学院の総理事を務め、日本のキリスト教教育に貢献した。
政治分野の人

堀真琴 – 社会学者であり政治家

-堀真琴の経歴と功績- 堀真琴は、奈良県生まれの社会学者であり政治家です。1952年に東京大学社会学部を卒業し、1956年に東京大学大学院社会学研究科博士課程を修了しました。その後、東京都立大学助教授、東京大学教授、東京大学総長を歴任しました。 堀真琴は、社会調査や比較社会学の分野で多くの業績を残しました。特に、1960年代に実施した「日本の社会階層の研究」は、日本における社会階層の構造を明らかにした画期的な研究として評価されています。また、1970年代以降は、ヨーロッパ諸国との比較社会学的研究に力を入れ、日本社会の特質を明らかにしました。 堀真琴は、社会学の研究だけでなく、政治活動にも積極的でした。1980年に参議院議員に当選し、1986年には参議院議長に就任しました。また、1993年には村山内閣の文部大臣を務めました。 堀真琴は、社会学の研究と政治活動を通じて、日本の社会の発展に大きく貢献しました。2003年に逝去しましたが、その業績は今もなお受け継がれています。 -堀真琴の主な業績- * 日本の社会階層の研究(1960年) * 比較社会学入門(1970年) * ヨーロッパ社会の変動(1975年) * 日本社会の特質(1980年) * 社会学の課題(1985年)
政治分野の人

熊倉啓安:昭和から平成初期の社会運動家

熊倉啓安昭和から平成初期の社会運動家 レッドパージ反対闘争と東大退学 熊倉啓安は、昭和から平成初期にかけて活躍した社会運動家です。彼は、東京大学在学中にレッドパージ反対闘争に参加し、退学処分を受けました。 レッドパージとは、冷戦下のアメリカ合衆国で、共産主義者や共産主義的思想を持つ者に対する弾圧を指します。日本でも、1950年代にレッドパージが行われ、多くの知識人が職を追われました。 熊倉啓安も、レッドパージの対象となりました。彼は、1951年に東京大学の学生自治会委員長を務めており、レッドパージ反対闘争の先頭に立っていました。そのため、1952年に東大を退学処分となりました。 東大退学後、熊倉啓安は社会運動家として活動を始めました。彼は、1953年に日本社会党に入党し、党の役員を務めました。また、1960年代には、安保闘争に参加し、反戦運動を展開しました。 熊倉啓安は、1991年に死去するまで、社会運動家として活躍を続けました。彼は、戦後の民主化運動に大きな功績を残した人物として、現在も高く評価されています。 熊倉啓安のレッドパージ反対闘争と東大退学は、戦後の日本における民主化運動の重要な一幕でした。熊倉の闘いは、多くの知識人に勇気を与え、日本の民主主義を守ることに貢献しました。
学術分野の人

– 平野義太郎

-平野義太郎の生涯- 1897年、平野義太郎は大阪府大阪市に生まれた。父は平野富太郎、母はフミである。義太郎は、6人兄弟の末っ子として生まれた。 義太郎は、幼い頃から植物に興味を持ち、家の裏にある小さな庭で植物を育てていた。また、よく野山に出かけて植物を観察していた。 1918年、義太郎は京都帝国大学理学部に入学した。植物学を専攻し、1922年に卒業した。 卒業後、義太郎は京都帝国大学植物学教室の助手となった。1925年、植物学の博士号を取得した。 1928年、義太郎は大阪市立高等女学校(現在の大阪市立天王寺高等学校)の教員となった。1931年、大阪市立自然科学博物館の学芸員となった。 1936年、義太郎は京都帝国大学助教授に就任した。1941年、京都帝国大学教授に就任した。 義太郎は、植物学の研究に生涯を捧げた。植物の分類学、植物の生態学、植物の生理学など、幅広い分野で研究を行った。 義太郎は、1978年に亡くなった。享年81歳であった。 義太郎は、日本の植物学の発展に大きな貢献をした。また、多くの後進の植物学者を育て上げた。 義太郎の功績を称えて、1980年に大阪市立自然科学博物館に「平野義太郎記念館」が設立された。また、1987年に平野義太郎賞が設けられた。