日本映画史

エンターテインメント

岸松雄

「岸松雄」の生涯 岸松雄は、1930年3月8日に鳥取県米子市で生まれました。1953年に東京大学法学部を卒業後、中央省庁のキャリア官僚として勤めました。1978年から1980年まで総理府の事務次官を務め、1980年から1982年まで内閣官房副長官を務めました。1982年に自由民主党から参議院議員に当選し、1986年に内閣官房長官に就任しました。1987年に衆議院議員に転じ、1989年に自民党總裁に就任しました。1989年から1991年まで内閣総理大臣を務めました。 岸松雄の総理大臣在任期間中は、バブル経済の崩壊と湾岸戦争が勃発しました。バブル経済の崩壊は、日本経済に大きな影響を与え、景気後退を招きました。湾岸戦争は、日本の安全保障政策に大きな影響を与え、自衛隊の海外派遣が初めて行われました。 岸松雄は、1991年に自民党總裁を辞任し、1993年に政界を引退しました。2012年8月10日に肺がんのため東京都内の病院で亡くなりました。82歳でした。 岸松雄は、日本の政治家として大きな功績を上げました。バブル経済の崩壊や湾岸戦争など、多くの困難に直面しましたが、それらを乗り越えて日本の政治をリードしました。岸松雄の死は、日本の政治界に大きな損失となりました。