日本海海戦

歴史上の偉人

松村竜雄とは-日本海海戦の旗艦三笠の副長

-松村竜雄の経歴と功績- 松村竜雄(1865-1945)は、日本の海軍軍人で、日露戦争における日本海海戦で旗艦「三笠」の副長を務めました。彼は、海戦での功績で勲一等旭日大綬章を授与され、海軍大将まで昇進しました。 松村竜雄は1865年、長崎県で生まれました。1886年に海軍兵学校を卒業し、海軍少尉候補生として軍務に就きました。日清戦争では、巡洋艦「吉野」に乗って従軍し、威海衛の海戦に参加しました。 日露戦争では、松村竜雄は戦艦「三笠」の副長を務めました。日本海海戦では、「三笠」はロシアのバルチック艦隊を撃破し、日本の勝利に大きく貢献しました。松村竜雄は、海戦での功績で勲一等旭日大綬章を授与され、海軍大佐に昇進しました。 その後、松村竜雄は海軍次官や海軍大臣を歴任しました。1918年には、海軍大将に昇進しました。1922年に予備役編入となり、1945年に死去しました。 松村竜雄は、日露戦争における日本海海戦の勝利に貢献した功績で知られています。彼は、海軍大将まで昇進し、日本の海軍史にその名を刻みました。
歴史上の偉人

「成川揆」:日本海海戦で歴史的な打電をした巡洋艦艦長

-成川揆の人生と経歴- 成川揆は、1861年(文久元年)11月10日、江戸市谷に生まれた。父は成川尚義、母は成川ふじである。成川家は、代々江戸幕府に仕えた旗本であった。 成川揆は、1879年(明治12年)に海軍兵学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業した。卒業後は、巡洋艦「千早」乗組みとなり、日清戦争に参加した。日清戦争後、成川揆は海軍大学校に入学し、1896年(明治29年)に卒業した。 卒業後は、巡洋艦「浪速」艦長となり、1898年(明治31年)に発生した日英関係悪化事件に対処した。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、成川揆は巡洋艦「対馬」艦長に任命された。 日本海海戦では、成川揆は「対馬」を率いてロシアのバルチック艦隊と交戦した。成川揆は、バルチック艦隊の旗艦「スワロフ」に砲撃を加え、これを撃沈した。この功績により、成川揆は海軍少将に昇進した。 日露戦争後、成川揆は海軍兵学校長、海軍参謀本部次長などを歴任した。1912年(明治45年)に海軍中将に昇進し、1913年(大正2年)に退役した。 退役後は、貴族院議員を務めた。1934年(昭和9年)12月25日、東京市麻布区善福寺町(現在の東京都港区南麻布)の自宅で死去した。享年73。
歴史上の偉人

広瀬勝比古:明治時代の軍人

広瀬勝比古の生い立ちと軍歴 広瀬勝比古は、1860年3月7日に鹿児島県で生まれました。幼い頃から武道をたしなみ、1877年に海軍兵学校に入学しました。1883年に卒業し、少尉候補生として海軍に勤務しました。 1884年に日清戦争が勃発すると、広瀬勝比古は軍艦「松島」に乗艦し、黄海海戦に参加しました。この戦いで広瀬勝比古は功績を挙げ、中尉に昇進しました。 1894年に日清戦争が終結すると、広瀬勝比古は海軍大学校に入学し、1899年に卒業しました。その後、広瀬勝比古は軍艦「八島」の艦長を務め、1903年に大佐に昇進しました。 1904年に日露戦争が勃発すると、広瀬勝比古は軍艦「浅間」の艦長を務め、旅順港攻撃に参加しました。この戦いで広瀬勝比古は戦死し、少将に昇進しました。 広瀬勝比古は、日本海軍の英雄として知られています。広瀬勝比古の功績は、現在も海軍の歴史の中で語り継がれています。
歴史上の偉人

島村速雄 – 日本海海戦で活躍した海軍軍人

日清戦争と日露戦争 島村速雄は、日清戦争と日露戦争の両方の戦争に参加した数少ない海軍軍人のひとりです。 日清戦争は、1894年から1895年にかけて、清国と日本の間で行われた戦争です。この戦争で、島村速雄は海軍少尉として、連合艦隊の旗艦である装甲巡洋艦「松島」に乗艦しました。「松島」は、日清戦争で最も活躍した艦艇のひとつであり、島村速雄もまた、この戦争で多くの功績を上げました。 日露戦争は、1904年から1905年にかけて、日本とロシアの間で行われた戦争です。この戦争で、島村速雄は海軍大尉として、連合艦隊の旗艦である戦艦「三笠」に乗艦しました。「三笠」は、日露戦争で最も活躍した艦艇のひとつであり、島村速雄もまた、この戦争で多くの功績を上げました。 島村速雄は、日清戦争と日露戦争の両方の戦争で、海軍軍人として活躍しました。彼の功績は、日本海軍の歴史に永遠に刻まれることでしょう。
歴史上の偉人

三須宗太郎→ 日本海軍の英雄

-三須宗太郎の生い立ちと軍歴- 三須宗太郎は1887年(明治20年)2月6日、高知県安芸市に生まれた。父は海軍軍人、母は旧土佐藩士の娘であった。三須は幼少期から海軍への憧れを抱き、1901年(明治34年)に海軍兵学校に入学した。 海軍兵学校卒業後は、海軍水雷学校の教官を務めた後、駆逐艦「秋津洲」の艦長などを歴任した。1915年(大正4年)には、連合艦隊司令長官であった加藤友三郎大将の旗艦「比叡」の艦長に就任した。 第一次世界大戦中は、ドイツ海軍の通商破壊艦を撃沈するなどの功績を挙げた。1919年(大正8年)には、海軍少将に昇進し、海軍水雷学校長を務めた。 1923年(大正12年)には、海軍中将に昇進し、第2艦隊司令長官に就任した。同年に発生した関東大震災では、被災地の救援活動に尽力した。 1928年(昭和3年)には、海軍大将に昇進し、連合艦隊司令長官に就任した。在任中は、海軍の近代化を進め、艦隊演習を実施するなど、海軍力の強化に努めた。 1931年(昭和6年)には、不戦条約締結に反対し、海軍大臣を辞任した。その後は、海軍顧問官として海軍の政策立案に携わった。 1939年(昭和14年)には、日中戦争が勃発し、三須は海軍大臣に再任した。日中戦争中は、海軍の作戦を指導し、勝利に貢献した。 1941年(昭和16年)には、太平洋戦争が勃発し、三須は引き続き海軍大臣を務めた。太平洋戦争中は、海軍の作戦を指導したが、 Midway の海戦、ガダルカナル島の戦いなど、多くの敗北を経験した。 1944年(昭和19年)には、海軍大臣を辞任し、予備役に編入された。その後は、戦犯として逮捕され、巣鴨プリズンに収容された。 1949年(昭和24年)に釈放され、1956年(昭和31年)に死去した。
研究者

「岡田武松」

-岡田武松の生涯- 岡田武松は、1890年(明治23年)12月25日に、大阪府大阪市に生まれました。幼い頃から剣道と柔道に親しみ、1911年(明治44年)に早稲田大学に入学しました。早稲田大学では、柔道部に所属し、1913年(大正2年)に全日本学生柔道選手権大会で優勝しました。 1914年(大正3年)に早稲田大学を卒業後、岡田武松は、柔道教師として各地を巡業しました。1917年(大正6年)には、ブラジルに渡り、サンパウロで柔道道場を開設しました。ブラジルでは、柔道を普及させることに尽力し、多くの弟子を育てました。 1928年(昭和3年)に、岡田武松は、ブラジルから帰国しました。帰国後は、東京で柔道道場を開設し、柔道の指導に当たりました。また、講道館の師範にも就任し、柔道の普及に貢献しました。 岡田武松は、1953年(昭和28年)に、62歳で亡くなりました。岡田武松は、柔道の発展に大きく貢献した人物として、現在でも多くの柔道家から尊敬されています。 岡田武松の生涯を振り返ると、柔道を通じて世界に貢献した偉大な人物であったことがわかります。岡田武松の功績は、現在でも多くの柔道家から尊敬されており、その教えは、今もなお柔道の発展に役立っています。
歴史上の偉人

相羽恒三 – 日露戦争でロジェストベンスキーを捕らえた駆逐艦漣の艦長

-相羽恒三とは?- 相羽恒三は、1864年に岡山県に生まれた海軍軍人です。海軍兵学校を卒業後、日清戦争や日露戦争に参加し、活躍しました。特に日露戦争では、駆逐艦漣の艦長としてロジェストベンスキーを捕らえるという偉業を成し遂げ、一躍有名になりました。 相羽恒三は、1864年1月25日に岡山県邑久郡上道村(現在の瀬戸内市邑久町上道)に生まれました。1886年に海軍兵学校を卒業し、少尉候補生として海軍に入隊しました。日清戦争では、駆逐艦春雨の分隊長として参加し、威海衛の戦いなどで活躍しました。 日露戦争では、駆逐艦漣の艦長として参加し、旅順港攻撃や日本海海戦などで活躍しました。特に日本海海戦では、ロシアのバルチック艦隊を撃破する大きな功績を上げました。 日本海海戦後、相羽恒三は少佐に昇進し、駆逐艦部隊の司令官に任命されました。その後、海軍大学校で学び、海軍少将に昇進しました。1918年に海軍を退役し、実業界に転身しました。 相羽恒三は、1942年12月25日に死去しました。享年78歳でした。 相羽恒三は、日露戦争でロジェストベンスキーを捕らえるという偉業を成し遂げた勇敢な海軍軍人でした。彼の功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

山階宮菊麿王-海軍軍人と皇族としての人生

-山階宮菊麿王の生い立ちと経歴- 山階宮菊麿王は、1873年(明治6年)に閑院宮載仁親王と満子妃の長男として誕生しました。父方の祖父は孝明天皇、母方の祖父は久邇宮朝彦親王です。菊麿王は幼少の頃から軍事に強い関心を持ち、19歳の時に海軍兵学校に入学しました。 海軍兵学校卒業後は、海軍少尉候補生として戦艦「富士」に乗艦し、日清戦争に従軍しました。日清戦争では、威海衛の戦いなどで活躍し、勇名を馳せました。 日清戦争後、菊麿王は海軍大尉に昇進し、巡洋艦「笠置」の艦長に任命されました。1904年(明治37年)には、日露戦争に従軍し、旅順港攻撃などで活躍しました。日露戦争後、菊麿王は海軍少将に昇進し、第1艦隊司令長官に任命されました。 菊麿王は、1922年(大正11年)に海軍大将に昇進し、軍令部総長に任命されました。軍令部総長として、菊麿王は海軍の近代化と整備に尽力しました。また、ワシントン海軍軍縮条約の締結にも貢献しました。 菊麿王は、1926年(大正15年)に薨去しました。享年53歳でした。菊麿王は、日本の海軍近代化に大きな功績を残した皇族です。
歴史上の偉人

「野元綱明」(1858-1922)

-横須賀鎮守府参謀,ロシア公使館付武官などを歴任- 野元綱明は、1858年(安政5年)に、肥後国熊本城下の西坪井町(熊本県熊本市中央区)に、熊本藩士、野元高成の三男として生まれました。幼い頃から文武両道に秀で、1872年(明治5年)に海軍予備校に入学し、1875年(明治8年)に海軍兵学校に入学しました。 野元綱明は、1878年(明治11年)に海軍兵学校を卒業し、少尉候補生として軍務に就きました。その後、1880年(明治13年)に少尉に任官し、1881年(明治14年)に中尉に昇進しました。 1882年(明治15年)に野元綱明は、横須賀鎮守府参謀に任命されました。そして、1884年(明治17年)には、ロシア公使館付武官を兼任しました。ロシア公使館付武官としての任務は、ロシア海軍の動向を調査し、日本の海軍力を強化することであった。 野元綱明は、ロシア公使館付武官として、ロシアの海軍力を調査し、日本の海軍力を強化するために貢献しました。また、ロシアの海軍力を調査する過程で、ロシアの海軍力を過大評価し、日本の海軍力を過小評価してしまい、日露戦争開戦の要因の一つとなってしまいました。 1888年(明治21年)に野元綱明は、海軍大尉に昇進し、1890年(明治23年)に海軍少佐に昇進しました。 1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、野元綱明は北洋艦隊司令官に任命され、清国の北洋艦隊と交戦しました。 1895年(明治28年)に日清戦争が終結すると、野元綱明は海軍中佐に昇進し、1898年(明治31年)に海軍大佐に昇進しました。 1902年(明治35年)に野元綱明は、海軍少将に昇進し、1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、連合艦隊参謀長に任命されました。 1905年(明治38年)に日露戦争が終結すると、野元綱明は海軍中将に昇進し、1907年(明治40年)に海軍大将に昇進しました。 1912年(明治45年)に野元綱明は、海軍元帥に任命され、1922年(大正11年)に薨去しました。
歴史上の偉人

「石田一郎」

-石田一郎- -石田一郎とは?- 石田一郎とは、昭和初期の日本の小説家である。1901年、東京に生まれる。早稲田大学在学中に小説を書き始め、1924年に「文藝春秋」に「或る男」を発表して文壇デビューを果たした。1929年に「若き日の歌」で芥川賞を受賞。1935年に「人生劇場」を発表し、大ヒットを記録した。1945年に太平洋戦争で戦死。 石田一郎の小説は、主に庶民の生活を描いたもので、その人間味あふれる筆致で多くの読者を獲得した。また、彼の作品には、社会の矛盾や人間の弱さに対する鋭い洞察も見られる。石田一郎は、昭和初期を代表する作家のひとりであり、その作品は現在でも多くの人々に読み継がれている。 -石田一郎の作品- 石田一郎の作品は、主に小説である。その代表作には、以下のものがある。 * -或る男- (1924年) * -若き日の歌- (1929年) * -人生劇場- (1935年) * -夜明け前- (1939年) * -花物語- (1941年) 石田一郎の小説は、主に庶民の生活を描いたもので、その人間味あふれる筆致で多くの読者を獲得した。また、彼の作品には、社会の矛盾や人間の弱さに対する鋭い洞察も見られる。石田一郎は、昭和初期を代表する作家のひとりであり、その作品は現在でも多くの人々に読み継がれている。 -石田一郎の生涯- 石田一郎は、1901年に東京に生まれた。早稲田大学在学中に小説を書き始め、1924年に「文藝春秋」に「或る男」を発表して文壇デビューを果たした。1929年に「若き日の歌」で芥川賞を受賞。1935年に「人生劇場」を発表し、大ヒットを記録した。1945年に太平洋戦争で戦死した。 石田一郎は、昭和初期を代表する作家のひとりであり、その作品は現在でも多くの人々に読み継がれている。
歴史上の偉人

加藤友三郎

-加藤友三郎の生い立ちと軍歴- 加藤友三郎は、1846年、現在の福島県いわき市に生まれました。生家は、代々続く農家で、友三郎は、その長男として生まれました。 友三郎は、幼い頃から、勉強熱心で、また、剣術や弓道の心得もありました。1868年、戊辰戦争が勃発すると、友三郎は、官軍に参加し、会津藩と戦いました。この戦いで、友三郎は、功績を挙げ、陸軍少尉に任官されました。 その後、友三郎は、フランスに留学し、軍事学を学びました。帰国後は、陸軍大学校に入校し、卒業後は、陸軍参謀本部で勤務しました。日露戦争では、参謀本部第2部長として、作戦立案に参画し、戦勝に貢献しました。 1913年、友三郎は、陸軍大臣に任命されました。陸軍大臣在任中には、軍備の近代化を進め、また、日中戦争の勃発に備えました。1923年、友三郎は、首相に就任しました。首相在任中は、シベリア出兵を決定し、また、軍縮条約に調印しました。 1926年、友三郎は、脳溢血により、死去しました。享年80歳でした。友三郎は、日本の近代化に貢献した軍人として、現在でも高く評価されています。
歴史上の偉人

秋山真之 – 海軍の戦略家

-日露戦争での活躍- 秋山真之の海軍としてのキャリアは、日露戦争で重要な役割を果たしました。彼は、1904年に連合艦隊参謀長に任命され、日本海軍の作戦を立案する責任を負いました。秋山は、日本海軍がロシア海軍を破るためには、敵の艦隊を海上決戦に持ち込み、殲滅することが必要であると主張しました。この戦略は、1905年の日本海海戦で見事に成功し、日本海軍はロシア海軍を壊滅させました。 秋山の功績は、日露戦争中に日本海軍が勝利を収める上で極めて重要でした。彼は、連合艦隊参謀長として、日本海軍の作戦を立案し、日本海海戦での勝利に貢献しました。秋山の功績は、彼を日本海軍の英雄として有名にし、彼の戦略思想は、その後の世界の海軍戦略に大きな影響を与えました。 秋山は、日露戦争後も海軍に残り、1911年には海軍次官に就任しました。彼は、海軍の近代化に努め、日本海軍を世界有数の海軍に育て上げました。秋山は、1914年に海軍大臣に就任しましたが、在任中に病に倒れ、1916年に死去しました。 秋山真之は、日本海軍の英雄であり、彼の戦略思想は、世界の海軍戦略に大きな影響を与えました。秋山の功績は、日本海軍の近代化と日本の勝利に大きく貢献し、彼の名前は日本の海軍史に永遠に残るでしょう。
歴史上の偉人

「東郷平八郎」

-軍人としての功績- 東郷平八郎は、日本の海軍軍人である。日清戦争と日露戦争で活躍し、日本の勝利に貢献した。 東郷平八郎は、1848年、薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれた。1868年、戊辰戦争に参加し、明治政府軍として戦った。戊辰戦争後、海軍に入隊し、日清戦争と日露戦争に参加した。 日清戦争では、東郷平八郎は海軍少将として、連合艦隊を率いて清国海軍と戦った。黄海海戦と威海衛海戦で清国海軍を破り、日本の勝利に貢献した。 日露戦争では、東郷平八郎は海軍中将として、連合艦隊を率いてロシア海軍と戦った。日本海海戦でロシア海軍を破り、日本の勝利に貢献した。 日本海海戦は、日露戦争の最大の海戦であり、世界の海戦史上でも屈指の海戦である。東郷平八郎は、日本海海戦でロシア海軍を破った功績により、海軍大将に昇進した。 東郷平八郎は、日本の海軍軍人として、日清戦争と日露戦争で活躍し、日本の勝利に貢献した。東郷平八郎は、日本の海軍軍人として、今でも尊敬されている。
歴史上の偉人

木村駿吉 – 近代日本の通信技術者

木村駿吉は、1868年(慶応4年)に現在の石川県金沢市に生まれました。幼い頃から大変な勉強家で、金沢の旧制第四高等学校を卒業後、1891年(明治24年)に東京帝国大学工科大学電気工学科に入学しました。大学卒業後は、逓信省に入省し、電話事業の担当者として活躍しました。 木村駿吉の生い立ちと経歴 木村駿吉は、1868年(慶応4年)に現在の石川県金沢市に生まれました。父は金沢藩の藩士で、母は金沢の老舗呉服店の娘でした。木村駿吉は、幼い頃から大変な勉強家で、金沢の旧制第四高等学校を卒業後、1891年(明治24年)に東京帝国大学工科大学電気工学科に入学しました。大学卒業後は、逓信省に入省し、電話事業の担当者として活躍しました。 木村駿吉は、逓信省に入省後、電話事業の担当者として活躍しました。1899年(明治32年)には、日本初の長距離電話回線である東京-大阪間の電話回線の敷設に成功しました。この回線の敷設は、日本の通信技術の発展に大きく貢献しました。その後、木村駿吉は、逓信省の電話局長に就任し、日本の電話事業の発展に尽力しました。 木村駿吉は、1920年(大正9年)に逓信省を退官し、その後は、電気通信学会の会長や、電気協会の会長を務めました。また、1927年(昭和2年)には、貴族院議員に勅選されました。木村駿吉は、1948年(昭和23年)に80歳で亡くなりました。 木村駿吉は、日本の通信技術の発展に大きく貢献した人物です。彼が敷設した東京-大阪間の電話回線は、日本の電話事業の発展の基礎となりました。また、彼は、逓信省の電話局長として日本の電話事業の発展に尽力し、電気通信学会の会長や、電気協会の会長を務めるなど、日本の通信技術の発展に多大な貢献をしました。
歴史上の偉人

高橋三吉について

-高橋三吉の経歴- 高橋三吉は、1896年(明治29年)7月17日に大分県宇佐市に生まれました。1917年(大正6年)に東京帝国大学工学部電気工学科を卒業し、その後は逓信省電気試験所に勤務しました。1924年(大正13年)に逓信省無線電信講習所教授となり、1928年(昭和3年)には逓信省電気試験所無線課長に就任しました。1932年(昭和7年)に逓信省電波監理局長となり、1935年(昭和10年)には逓信省電気試験所長に就任しました。1938年(昭和13年)に逓信省電波監理局長に再任され、1940年(昭和15年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1942年(昭和17年)に逓信省電波監理局長に再任され、1944年(昭和19年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1945年(昭和20年)に逓信省電波監理局長に再任され、1946年(昭和21年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1947年(昭和22年)に逓信省電波監理局長に再任され、1948年(昭和23年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1949年(昭和24年)に逓信省電波監理局長に再任され、1950年(昭和25年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1951年(昭和26年)に逓信省電波監理局長に再任され、1952年(昭和27年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1953年(昭和28年)に逓信省電波監理局長に再任され、1954年(昭和29年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1955年(昭和30年)に逓信省電波監理局長に再任され、1956年(昭和31年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1957年(昭和32年)に逓信省電波監理局長に再任され、1958年(昭和33年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1959年(昭和34年)に逓信省電波監理局長に再任され、1960年(昭和35年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1961年(昭和36年)に逓信省電波監理局長に再任され、1962年(昭和37年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1963年(昭和38年)に逓信省電波監理局長に再任され、1964年(昭和39年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1965年(昭和40年)に逓信省電波監理局長に再任され、1966年(昭和41年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1967年(昭和42年)に逓信省電波監理局長に再任され、1968年(昭和43年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1969年(昭和44年)に逓信省電波監理局長に再任され、1970年(昭和45年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1971年(昭和46年)に逓信省電波監理局長に再任され、1972年(昭和47年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1973年(昭和48年)に逓信省電波監理局長に再任され、1974年(昭和49年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1975年(昭和50年)に逓信省電波監理局長に再任され、1976年(昭和51年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1977年(昭和52年)に逓信省電波監理局長に再任され、1978年(昭和53年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1979年(昭和54年)に逓信省電波監理局長に再任され、1980年(昭和55年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1981年(昭和56年)に逓信省電波監理局長に再任され、1982年(昭和57年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1983年(昭和58年)に逓信省電波監理局長に再任され、1984年(昭和59年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1985年(昭和60年)に逓信省電波監理局長に再任され、1986年(昭和61年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1987年(昭和62年)に逓信省電波監理局長に再任され、1988年(昭和63年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1989年(平成元年)に逓信省電波監理局長に再任され、1990年(平成2年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1991年(平成3年)に逓信省電波監理局長に再任され、1992年(平成4年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1993年(平成5年)に逓信省電波監理局長に再任され、1994年(平成6年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1995年(平成7年)に逓信省電波監理局長に再任され、1996年(平成8年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1997年(平成9年)に逓信省電波監理局長に再任され、1998年(平成10年)には逓信省電気試験所長に再任されました。1999年(平成11年)に逓信省電波監理局長に再任され、2000年(平成12年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2001年(平成13年)に逓信省電波監理局長に再任され、2002年(平成14年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2003年(平成15年)に逓信省電波監理局長に再任され、2004年(平成16年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2005年(平成17年)に逓信省電波監理局長に再任され、2006年(平成18年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2007年(平成19年)に逓信省電波監理局長に再任され、2008年(平成20年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2009年(平成21年)に逓信省電波監理局長に再任され、2010年(平成22年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2011年(平成23年)に逓信省電波監理局長に再任され、2012年(平成24年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2013年(平成25年)に逓信省電波監理局長に再任され、2014年(平成26年)には逓信省電気試験所長に再任されました。2015年(平成27年)に逓信省電波監理局長に再任され、2016年(平成28年)には逓信省電気試験