日本神話

歴史上の偉人

綏靖天皇-記・紀系譜における第2代天皇

綏靖天皇の生涯と業績 綏靖天皇は、記・紀系譜における第2代天皇であり、神武天皇の崩御後、即位したとされています。綏靖天皇の生涯と業績については、次のように伝えられています。 ・誕生綏靖天皇は、神武天皇とヒメタタライスズヒメノミコトの間に生まれたとされています。 ・即位神武天皇の崩御後、綏靖天皇が即位しました。綏靖天皇は、大和国畝傍山の北にある畝傍橿原宮(現・奈良県橿原市)に都を定めました。 ・治世綏靖天皇は、44年間の治世の間、国内を平定し、国力の増強に努めました。また、綏靖天皇は、農業を奨励し、民衆の生活を安定させたとされています。 ・崩御綏靖天皇は、崩御するまで、44年間の治世を続けました。綏靖天皇の墓は、奈良県橿原市にある畝傍山陵に祀られています。 ・業績綏靖天皇は、国内を平定し、国力の増強に努め、また、農業を奨励し、民衆の生活を安定させたとされています。綏靖天皇は、日本の初代天皇である神武天皇に次いで、2代目の天皇として、日本の歴史に大きな足跡を残しました。 ・綏靖天皇の崩御後、綏靖天皇の弟である安寧天皇が即位し、綏靖天皇の皇統を継承しました。
歴史上の偉人

倭迹迹日百襲姫命-古事記・日本書紀に伝わる武埴安彦命の妻

倭迹迹日百襲姫命-記紀に登場する悲劇の姫君 倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)は、記紀に登場する悲劇の姫君です。彼女は武埴安彦命(たけはにやすひこのみこと)の妻であり、二人の間には五人の子供がいました。しかし、武埴安彦命は疫病を媒介したとして、当時の支配者である景行天皇に追われる身となり、倭迹迹日百襲姫命は夫と離散することになってしまいます。 倭迹迹日百襲姫命は夫の行方を捜し求めて各地を放浪しましたが、ついに武埴安彦命の死を知ることになります。彼女は悲しみに暮れ、夫の後を追って自害してしまいました。 倭迹迹日百襲姫命の死は、記紀の中でも最も悲劇的なエピソードの一つとして知られています。彼女は夫への愛と忠誠心の強さ故に、自らの命を絶つに至りました。その姿は、古来より多くの人の心を打ってきました。 倭迹迹日百襲姫命の悲劇は、戦乱が続く日本の歴史を象徴する出来事でもあります。彼女のように、夫や家族を失い、悲嘆に暮れた人々は、日本史上数多く存在します。倭迹迹日百襲姫命の死は、戦争の悲惨さを伝えるとともに、平和の大切さを訴える物語として、これからも語り継がれていくでしょう。 倭迹迹日百襲姫命の悲劇は、古事記と日本書紀の両方で語られています。古事記では、倭迹迹日百襲姫命は武埴安彦命の死後、夫の後を追って自害したとされています。日本書紀では、倭迹迹日百襲姫命は武埴安彦命の死後、夫の墓に殉死したとされています。どちらの物語も、倭迹迹日百襲姫命の夫への愛と忠誠心の強さを伝えています。
歴史上の偉人

鳥之石楠船神とは?『古事記』に登場する船の神

鳥之石楠船神とは?『古事記』に登場する船の神 鳥之石楠船神の誕生 鳥之石楠船神は、日本神話に登場する船の神です。神産みの段で、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれたとされています。名前の「鳥之」は「鳥のように素早く」、「石楠」は「石楠花のように美しい」、「船」は「船のように運ぶ」という意味を持ち、船を素早く美しく運ぶ神であることを表しています。 鳥之石楠船神は、天孫降臨の際に、邇邇芸命を日向国に導いた神として知られています。邇邇芸命は、天照大神の命を受けて、高天原から地上へ降り立ち、日本の国を平定することになりました。しかし、邇邇芸命が日向国に到着したとき、この地は葦原中国(あしはらなかつくに)と呼ばれ、野蛮な神々によって支配されていました。 邇邇芸命は、野蛮な神々を平定するために、鳥之石楠船神に船を造るように命じました。鳥之石楠船神は、たちまち立派な船を作り上げ、邇邇芸命一行を葦原中国へと運搬しました。邇邇芸命は、鳥之石楠船神の助けを借りて、野蛮な神々を平定し、日本の国を統一しました。 このように、鳥之石楠船神は、日本の神話の重要な役割を果たした神です。船の神として、海の安全と航海の安全を守護する神として信仰されています。
歴史上の偉人

「頬那美神」とは – 古事記にみえる神について

頬那美神の誕生と出自 頬那美神は、古事記に登場する女神です。伊邪那岐神との間に複数の神を生み、日本の国土を形成したとされています。 頬那美神の誕生については、古事記に次のような記述があります。 「伊邪那岐神は、黄泉の国から戻った後、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊をしました。禊を終えた伊邪那岐神は、左目を洗った時に生まれたのが天照大神、右目を洗った時に生まれたのが月読命、鼻を洗った時に生まれたのが素戔嗚尊でした。」 頬那美神は、伊邪那岐神が禊をした時に生まれた神ではありません。伊邪那岐神と伊邪那美神が、天の御柱を回って結婚した時に生まれた神です。 頬那美神の出自については、古事記には次のような記述があります。 「伊邪那岐神と伊邪那美神は、天の御柱を回って結婚しました。伊邪那美神は、まず蛭子神を生みましたが、蛭子神は足が立たなかったので、葦の船に入れて海に流しました。次に、淡島を生みましたが、淡島も足が立たなかったので、海に流しました。三番目に、大国主神を生みました。大国主神は、足の強い神だったので、葦原中国を平定しました。」 頬那美神は、伊邪那岐神との間に、蛭子神、淡島、大国主神を生みました。蛭子神と淡島は、足が立たなかったので海に流されましたが、大国主神は、足の強い神だったので、葦原中国を平定しました。
歴史上の偉人

「豊国主尊」について

「豊国主尊」とはどんな神様? 「豊国主尊」とは、日本の神道における神の一柱であり、商売繁盛、産業発展、財運向上などのご利益があるとされています。別名として「恵比寿様」「戎様」「恵比寿大神」などとも呼ばれています。 「豊国主尊」は、イザナギとイザナミによって生み出された神であり、国土を創造したと伝えられています。また、産業や経済を司る神としても知られ、特に商売繁盛や財運向上にご利益があると言われています。 「豊国主尊」は、多くの神社に祀られており、その中でも有名なのが大阪府大阪市にある「今宮戎神社」です。今宮戎神社は、商売繁盛の神様として知られ、毎年1月10日には「十日戎」というお祭りが行われます。十日戎は、多くの参拝客でにぎわい、商売繁盛や財運向上を願う人々が参拝します。 「豊国主尊」は、商売繁盛や財運向上にご利益がある神様として、多くの人々から信仰されています。また、産業や経済を司る神としても知られており、経済の発展や繁栄をもたらす神様としても崇められています。
作家

椿実-昭和後期-平成時代の小説家,神話研究家

椿実(つばき みのる、1943年5月3日-2014年3月23日)は、昭和後期から平成時代の小説家、神話研究家、また中央大学の教授であった。 椿実は、1943年5月3日に東京都千代田区に生まれた。中央大学法学部を卒業した後、同大学の大学院に進学し、1972年に博士号を取得した。その後、中央大学の教授に就任し、日本文学を教えた。 椿実は、1975年に小説「水の精霊」でデビューした。この小説は、日本の神話の世界を舞台にしたファンタジー小説であり、高い評価を受けた。その後、椿実は「火の精霊」「風の精霊」「地の精霊」という3部作を刊行し、一躍人気作家となった。 椿実は、小説だけでなく、神話研究の分野でも活躍した。1985年に「日本神話の謎」という著作を刊行し、日本の神話の起源や意味について考察した。この著作は、多くの神話研究者に影響を与えた。 椿実は、2014年3月23日に70歳で亡くなった。しかし、彼の作品は現在でも多くの人々に読み継がれている。
研究者

松本信広 – 日本の神話と東南アジアの民族文化

松本信広の生涯と業績 松本信広は、1911年(明治44年)に愛媛県に生まれました。文学部史学科を卒業後、1940年(昭和15年)に南洋群島に渡り、1945年(昭和20年)まで日本軍の広報官として従事しました。戦後は、中央大学で東南アジア史を講義し、1959年(昭和34年)からは千葉大学で教授を務めました。1976年(昭和51年)に定年退職しましたが、その後も盛んに研究活動を続け、1997年(平成9年)に逝去しました。 松本信広は、東南アジアの民族文化の研究で大きな功績を残しました。特に、インドネシアのジャワ島に伝わる影絵芝居"ワヤン"の研究で知られています。松本信広は、ワヤンを単なる芸能ではなく、ジャワ島の歴史や文化を伝える重要な史料であると考え、その収集と研究に力を注ぎました。また、ワヤンに関する著書や論文を数多く執筆し、ワヤンを日本に紹介する役割を果たしました。 松本信広の研究は、東南アジアの民族文化の理解に大きな貢献をしました。また、松本信広は、東南アジアの研究者との交流にも積極的で、多くの研究者に影響を与えました。松本信広は、東南アジア研究のパイオニアとして、その功績は高く評価されています。
歴史上の偉人

「山幸」(⇒彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと))について

山幸彦と豊玉姫 山幸彦は、海神・綿津見神の娘である豊玉姫と結婚しました。 ある日、山幸彦は海で釣りをしていたところ、誤って釣り針を海に落としてしまいました。山幸彦は釣り針を取り戻すために海に潜りましたが、いくら潜っても釣り針は見つかりません。 困った山幸彦は、海の神である綿津見神に助けを求めました。綿津見神は山幸彦に、釣り針を返す代わりに、娘の豊玉姫を妻にするように言いました。山幸彦は豊玉姫を妻にすることを承諾し、釣り針を返してもらいました。 山幸彦と豊玉姫は結婚して、幸せに暮らしました。そして、ある日、豊玉姫は男の子を産みました。男の子は、海神である綿津見神にちなんで、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)と名付けられました。 鵜葺草葺不合命は、後に日向の国(現在の宮崎県)の初代天皇である神武天皇の父親となりました。 山幸彦と豊玉姫の物語は、日本の神話の中で最も有名な物語の一つです。この物語は、人と海の関わりや、男女の愛と結婚について語っています。
歴史上の偉人

「世襲足媛」の系譜と人物像

-世襲足媛の生い立ちと出自- 世襲足媛は、7世紀の日本の皇族であり、第36代コウギュウ天皇の妃で、第37代コウメイ天皇、第38代サイメイ天皇の母でした。彼女は、大化4年(西暦648年)に、蘇我馬子の娘として生まれました。馬子は、当時、日本政界で最も権勢を誇った豪族の一人で、蘇我氏の当主でした。 世襲足媛は、幼い頃から、皇室と深い縁を結んでいました。彼女の兄である蘇我蝦夷は、コウギュウ天皇の即位に貢献し、天皇の側近として重きをなしていました。また、彼女の姉である蘇我間人皇女は、コウギュウ天皇の妃となり、第35代コウコク天皇を産んでいました。 世襲足媛は、美貌と教養を兼ね備えた女性として知られていました。彼女は、和歌を詠むことを好み、『万葉集』にも彼女の歌が残されています。また、彼女は、仏教にも帰依しており、仏教寺院の建立に尽力したとされています。 世襲足媛は、大化11年(西暦655年)に、コウギュウ天皇の妃となりました。彼女は、コウギュウ天皇との間に、第37代コウメイ天皇と第38代サイメイ天皇を産みました。コウギュウ天皇が崩御した後、彼女は、コウメイ天皇の摂政となり、幼い天皇を助けながら、国政を執りました。 世襲足媛は、コウメイ天皇の即位から5年後の、白鳳元年(西暦672年)に、亡くなりました。彼女が亡くなった後、コウメイ天皇は、彼女の遺徳を偲んで、彼女に「世襲足媛」の諡号を贈りました。 世襲足媛は、世襲足媛の系譜の中では、最も有名な人物の一人であり、日本の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

– 安寧天皇

-安寧天皇とは- 安寧天皇(あんねいてんのう、安寧天皇)は、日本の第3代天皇(在位紀元前497年 - 紀元前426年)である。 『古事記』では「安寧天皇」、『日本書紀』では「綏靖天皇」と表記される。在位期間は、『古事記』と『日本書紀』に共通して72年。『古事記』では孝昭天皇の子、『日本書紀』では孝昭天皇の孫とされる。 安寧天皇の治世は、日本列島における稲作文化の普及と定住生活の開始時期と重なったとされる。また、この時代には国内各地に多くの古墳が築造されており、社会階層の分化が進んでいたと考えられている。 安寧天皇は、大和国橿原宮(奈良県橿原市)に都を築き、国の統治を行った。また、安寧天皇は神武天皇以来の武勇を継承し、各地に侵攻して勢力を拡大した。 安寧天皇は、在位72年で崩御し、奈良県橿原市にある畝傍山陵に葬られた。 -安寧天皇の功績- 安寧天皇は、日本列島における稲作文化の普及と定住生活の開始に尽力した。また、各地に侵攻して勢力を拡大し、日本の統一を推進した。安寧天皇は、日本建国の功労者として尊崇されている。 -安寧天皇の伝説- 安寧天皇には、多くの伝説が残されている。その一つに、安寧天皇が神武天皇の陵墓である畝傍山陵に参拝したとき、陵墓から光が差し、安寧天皇の身体に天照大神の御神体が降りたとされる伝説がある。この伝説は、安寧天皇が天照大神の直系の子孫であることを示している。 また、安寧天皇は、各地を巡幸して民情を視察し、民衆の苦しみを救ったとされる伝説もある。この伝説は、安寧天皇が民衆に親しまれた仁君であったことを示している。 -安寧天皇の陵墓- 安寧天皇の陵墓は、奈良県橿原市にある畝傍山陵である。畝傍山陵は、安寧天皇が崩御した後に造営されたとされる。陵墓は、円形の墳丘で、直径約30メートル、高さ約10メートルである。陵墓の周辺には、多くの陪冢(ばいちょう)がある。陪冢は、安寧天皇に仕えた臣下や后妃の墓とされる。
歴史上の偉人

神渟名川耳尊(すいぜいてんのう)-

-日本書紀に現れる「神渟名川耳尊」- 神渟名川耳尊(すいぜいてんのう)は、日本書紀に登場する古代日本の天皇(第11代)である。綏靖天皇の子で、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。在位期間は93年とされている。 日本書紀によると、神渟名川耳尊は、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。綏靖天皇は、大和国(現在の奈良県)に皇居を定め、日本の初代天皇となった人物である。神渟名川耳尊は、綏靖天皇の子であり、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。神渟名川耳尊は、大和国に皇居を定め、日本の第11代天皇となった。 神渟名川耳尊は、在位中に多くの功績をあげた。神渟名川耳尊は、大和国を平定し、日本の統一を達成した。神渟名川耳尊は、また、九州を平定し、日本の版図を拡大した。神渟名川耳尊は、さらに、朝鮮半島に遠征し、朝鮮半島を日本の属国とした。神渟名川耳尊は、在位中に日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。 神渟名川耳尊は、在位93年後に亡くなった。神渟名川耳尊の死後、神渟名川耳尊の子である安寧天皇が即位した。安寧天皇は、神渟名川耳尊の在位中に日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。 神渟名川耳尊は、日本書紀に現れる古代日本の天皇の一人である。神渟名川耳尊は、在位中に多くの功績をあげ、日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。神渟名川耳尊は、日本書紀に現れる古代日本の天皇の一人である。
歴史上の偉人

沼河姫命 – 古事記に伝わる越の国の大地神

- 沼河姫命 - 古事記に伝わる越の国の大地神 -# 沼河姫命とは 沼河姫命 (ぬかわひめのみこと) は、古事記に登場する神で、越の国の大地神とされます。別名「沼河耳命」、「渟河耳命」、「渟河姫命」、「渟河耳」、「沼河耳」などとも呼ばれています。 沼河姫命は、須佐之男命と八塩折之八百比咩命の間に生まれた娘神とされます。須佐之男命が八岐大蛇を退治した後に、八塩折之八百比咩命と結婚し、多くの子どもをもうけます。沼河姫命はその1人であり、越の国を治めたとされます。 越の国は、現在の新潟県と富山県にまたがる地域とされ、古代には独自の文化を発展させていたといわれています。沼河姫命は、越の国の人々に崇拝され、その子孫は代々越の国を統治したとされます。 沼河姫命は、大地神として、農作物の豊作や五穀豊穣を祈願される神でもあります。越の国は、稲作を中心とした農業が盛んな地域であり、沼河姫命は人々の生活に欠かせない神として信仰されていました。 また、沼河姫命は、安産の神としても信仰されています。越の国は、女性が強い地域とされ、沼河姫命は女性を守護する神として崇拝されていました。安産祈願や子宝祈願のために、沼河姫命を祀る神社に参拝する人も多くいたとされます。 沼河姫命は、越の国の大地神として、人々に崇拝された神です。農作物の豊作や五穀豊穣、安産などを祈願するために、沼河姫命を祀る神社に参拝する人も多くいました。
歴史上の偉人

「大幡主命」(⇒大若子命(おおわくごのみこと))について

-大幡主命について- 大幡主命は、古事記では、大若子命(おおわくごのみこと)と同一視されています。神武東征の際に、道案内をした神として知られています。 大幡主命は、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の供をして、高千穂に降り立ったとされます。その後、神武天皇の東征の際に、道案内を務め、天皇を大和国まで導いたとされています。 大幡主命は、道案内の神として、交通安全や旅行安全のご利益があるとされています。また、縁結びの神としても知られています。 大幡主命を祀る神社は、全国各地にありますが、その中でも特に有名なのが、奈良県天理市にある石上神宮です。石上神宮は、別名「神武天皇東征本営地」とも呼ばれており、大幡主命が神武天皇を導いた場所として知られています。 大幡主命は、古来より人々から信仰されてきた神であり、現在でも、多くの神社で祀られています。
歴史上の偉人

豊受気毘売神(⇒豊宇気毘売神)

神名の由来 豊受気毘売神(⇒豊宇気毘売神)の「豊受」の字は、「豊穣」を意味し、「気」は「神霊」、「毘」は「美しい」、「売」は「女性」を意味しています。つまり、「豊受気毘売神」とは、「豊穣をもたらす美しい女神」を意味しています。 豊受気毘売神は、穀物の女神であり、農業や食物を司る神とされています。また、五穀豊穣、商工業繁栄、海上安全、病気平癒などのご利益があるとされています。 豊受気毘売神は、日本神話では、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神とされています。伊邪那岐命と伊邪那美命は、日本の国土を創造した後、多くの神々を生み出しました。豊受気毘売神もそのうちの一柱です。 豊受気毘売神は、伊勢神宮の外宮に祀られています。伊勢神宮は、日本の神道において最も重要な神社のひとつであり、豊受気毘売神は伊勢神宮の最高神とされています。 豊受気毘売神は、日本各地に多くの神社に祀られています。また、豊作を祈願する「豊作祭」や「収穫祭」などの祭事も行われています。
歴史上の偉人

「脚摩乳・手摩乳」:日本神話の神秘的な夫婦

「脚摩乳・手摩乳」:日本神話の神秘的な夫婦
歴史上の偉人

人名辞典-「表春命」(⇒天表春命(あめのうわばるのみこと))について

-天表春命(あめのうわばるのみこと)とは?- 天表春命は、日本神話に登場する神である。伊奘諾尊と伊奘冉尊の間に生まれた神で、別名は大山祇神(おおやまつみのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)とも呼ばれる。 天表春命は、山や森を司る神として信仰されており、山の神、森の神として祀られている。また、縁結びの偉神でもあり、縁結びの神として祀られている。 天表春命は、日本神話の中で重要な役割を果たしている。伊奘諾尊と伊奘冉尊が国生みをした際に、天表春命が山や森を生み出したとされている。また、天表春命は、日本神話の中で最初に結婚した神とされており、縁結びの偉神としても信仰されている。 天表春命は、日本各地に祀られている。代表的な神社としては、兵庫県の氷ノ山にある氷ノ山神社、奈良県の三輪山にある大神神社、静岡県の富士山本宮浅間大社などがある。 天表春命は、山や森を司る神として、縁結びの偉神として、日本各地で信仰されている。
歴史上の偉人

– 天火明命(あめのほのあかりのみこと)について

天火明命とは 天火明命(あめのほのあかりのみこと)は、日本神話に登場する神であり、火の神として崇められています。天照大神の弟神であり、日本の国土を照らす太陽を司る神とされています。天火明命は、火の神として、火を起こすことや、火を扱うこと、火を祀ることなどを司っているとされています。また、火は生命を育む力とされており、天火明命は、生命の誕生や、成長、繁栄などの神としても崇められています。 天火明命は、火を司る神として、火を扱う職業の人々から篤く信仰されています。鍛冶師や、料理人、火を使う仕事をしている人々は、天火明命に祈願することで、火を安全に扱うことができ、火災を起こさないようにすることができるとされています。また、天火明命は、火を司る神として、火災を起こさないように祈願することもできます。火災は、家や財産を焼失するだけでなく、人命を奪うこともあります。天火明命に祈願することで、火災を起こさないようにし、人命を守ることができます。 天火明命は、火を司る神として、火を祀る神社が各地にあります。火を祀る神社では、天火明命に祈願することで、火を安全に扱うことができ、火災を起こさないようにすることができるとされています。また、天火明命に祈願することで、火災を起こさないようにし、人命を守ることができます。
歴史上の偉人

「迦具夜比売命」

- 迦具夜比売命とは 迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)は、日本神話に登場する女神であり、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の妹です。別名として、瓊琼杵尊(ににぎのみこと)の妻であり、皇室の祖神でもある木花咲耶姫(このはなさくやひめ)も同一視されています。 迦具夜比売命は、天照大御神が岩戸に隠れた際、その岩戸を開くために踊ったとされる女神です。この踊りは「迦具夜比売命の舞」と呼ばれ、日本舞踊の源流のひとつとされています。 また、迦具夜比売命は、瓊瓊杵尊の妻となり、木花咲耶姫を産んだとされています。木花咲耶姫は、火の神である軻遇突智命(かぐつちのみこと)との間に、火の神である火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)と、海の神である海幸彦(うみさちひこ)と山幸彦(やまさちひこ)の双子の兄弟を産みました。 迦具夜比売命は、日本の神話の中で重要な役割を果たした女神であり、皇室の祖神としても崇められています。
歴史上の偉人

天火明命(瓊瓊杵尊の子、尾張氏の祖先)

天火明命の父瓊瓊杵尊と天忍穂耳尊 天火明命は、天孫降臨において邇邇芸命に従って日向に降臨した神々の一人である。瓊瓊杵尊の子であり、尾張氏の祖先とされている。 瓊瓊杵尊は、高天原を治める天照大神の子である。天照大神は、天岩戸に隠れてしまったため、高天原に太陽が昇らなくなってしまった。そこで、天忍穂耳尊が天岩戸の前で舞を舞い、天照大神を誘い出した。天照大神が天岩戸から出てきたことで、高天原に再び太陽が昇るようになった。 天忍穂耳尊は、瓊瓊杵尊の父であり、天孫降臨において瓊瓊杵尊を日向に降臨させた。瓊瓊杵尊は、日向で木花之佐久夜毘売と結婚して、天火明命をもうけた。天火明命は、尾張氏を名乗るようになった。その後、子孫は尾張に渡り治めたと伝えられている。 天火明命は、尾張氏を名乗るようになったことから、尾張氏の祖先とされている。また、天火明命は、天孫降臨において邇邇芸命に従って日向に降臨した神々の一人であることから、天孫降臨における重要な神とされている。
歴史上の偉人

国之久比奢母智神 – 古事記にみえる水神

-# 国之久比奢母智神の神話 国之久比奢母智神(くにのくひさももちのかみ)は、古事記にみえる水神です。別名、久久母智神(くくももちのかみ)、国之久母智神(くにのくもちのかみ)、国之久久母智神(くにのくくももちのかみ)などとも呼ばれます。 国之久比奢母智神は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が、国産みにおいて最初に生んだ神です。伊邪那岐命と伊邪那美命は、まず淡路島(あわじしま)を生み、次に伊予之二名島(いよのふたなじま)、隠岐之三子島(おきののさんこじま)、筑紫島(つくしのしま)、壱岐島(いきしま)、対馬島(つしま)、佐渡島(さどがしま)、隠岐島(おきしま)などの島々を生み、最後に日本列島を形づくりました。 国之久比奢母智神は、日本列島の最初に生まれた神であり、水の神として崇められています。また、国土を産み育てた神であり、豊穣の神、安産の神としても信仰されています。 国之久比奢母智神を祀る神社は、日本各地にありますが、特に有名なのは、滋賀県大津市にある延喜式内社の石山寺(いしやまでら)です。石山寺は、天台宗の寺ですが、もともとは国之久比奢母智神を祀る神社でした。 石山寺は、平安時代初期に、弘法大師(こうぼうだいし)によって開かれたと伝えられています。弘法大師は、国之久比奢母智神を祀る神社に、天台宗の寺を建立しました。 石山寺は、国之久比奢母智神を祀る神社として、古くから人々に信仰されてきました。また、石山寺は、弘法大師が開いた寺としても有名であり、多くの観光客が訪れます。
歴史上の偉人

伊奘諾尊(国を生んだ神)

伊奘諾尊と伊奘冉尊 伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)は、日本神話に登場する男女の神であり、日本の国土を創造したとされています。伊奘諾尊は男神であり、伊奘冉尊は女神であり、二神は夫婦として日本の国土を創造しました。 伊奘諾尊と伊奘冉尊は、天照大神(あまてらすおおみかみ)や須佐之男命(すさのおのみこと)などの神々を産んだとされています。また、二神は日本の国土を創造した後、それぞれ日本の国土の東西に分かれて住み、日本の国土を統治したとされています。 伊奘諾尊と伊奘冉尊は、日本の神話において非常に重要な神であり、日本の国土の創造や神々の誕生に関わる重要な役割を果たしています。また、二神は日本の国土を統治したとされており、日本の歴史においても重要な存在となっています。 伊奘諾尊と伊奘冉尊は、日本の神話において最も有名な神々であり、多くの神話や伝説に登場しています。また、二神は日本の文化や芸術にも大きな影響を与えており、日本の伝統芸能や工芸品にも二神の姿を見ることができます。 伊奘諾尊と伊奘冉尊は、日本の神話において非常に重要な神であり、日本の国土の創造や神々の誕生に関わる重要な役割を果たしています。また、二神は日本の国土を統治したとされており、日本の歴史においても重要な存在となっています。
歴史上の偉人

火雷神とは?-黄泉国で生まれた雷神

-# 火雷神の特徴と性格 火雷神は、荒々しく恐ろしい神として恐れられてきました。その特徴は、次の通りです。 * -雷を操る能力- 火雷神は、雷を操る能力を持っています。雷は、古代では非常に恐ろしい自然現象であり、火雷神は、その雷を操る力を持つことから、人々から恐れられていました。 * -赤い髪と髭- 火雷神は、赤い髪と髭をしています。赤い色は、炎の色であり、火雷神の荒々しさを象徴しています。 * -大きな角- 火雷神は、大きな角を持っています。角は、力と権力の象徴であり、火雷神の強さを表しています。 * -荒々しい性格- 火雷神は、荒々しい性格をしています。怒りっぽく、すぐに手が出る傾向があります。また、非常に行動的で、落ち着きがありません。 火雷神は、人々から恐れられている神ですが、同時に、人々を災いから守ってくれる神としても信仰されています。火雷神は、雷を操る能力を使って、悪霊や疫病を退治してくれると信じられています。また、火雷神は、稲妻を落とすことで、田畑に雨を降らせてくれると信じられています。 火雷神は、日本の神話に伝わる、非常に重要な神です。その荒々しい性格と雷を操る能力は、人々から恐れられてきました。しかし、同時に、火雷神は、人々を災いから守ってくれる神としても信仰されています。
歴史上の偉人

越道伊羅都売 – 道伊羅都売とは?

越道伊羅都売の生涯 越道伊羅都売は、日本神話に登場する女神です。別名として、道伊羅都売とも呼ばれます。彼女は、高天原に降りてきた天孫邇邇芸命(ににぎのみこと)の妻となり、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を産みました。 越道伊羅都売は、伊邪那岐命と伊邪那美命の娘で、八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)の妹にあたります。彼女は、天孫邇邇芸命が高天原に降りてきたとき、その先導役を務めました。そして、天孫邇邇芸命と結ばれて、瓊瓊杵尊を産みました。 瓊瓊杵尊は、その後、日向の国に降り立ち、日本の初代天皇である神武天皇の祖先となりました。そのため、越道伊羅都売は、日本の皇室の祖先にあたる女神として崇敬されています。 越道伊羅都売は、主に縁結びと安産の神として信仰されています。そのため、縁結びを願う人や、安産を願う妊婦などが、彼女の神社に参拝することが多いです。 越道伊羅都売を祀る神社は、全国各地にありますが、中でも有名なのは、京都府にある貴船神社です。貴船神社は、縁結びと安産の神として知られており、多くの参拝者が訪れます。 越道伊羅都売は、日本の皇室の祖先にあたる女神であり、縁結びと安産の神として信仰されています。そのため、多くの人々に親しまれている女神です。
歴史上の偉人

真敷刀婢

- 真敷刀婢とは 真敷刀婢とは、日本の神話に登場する女性である。 彼女は天照大神の姉であり、月読命の妻である。 別名は、須佐之男命の妻である櫛稲田姫とも同一視され、真敷刀弁命(ましきのとべのみこと)とも呼ばれる。 また、国常立之神や、瀬織津姫の子としても伝えられる。 和歌の神、酒の神、刀鍛冶の神として信仰されている。 真敷刀婢は、天照大神と月読命の間に生まれたとされる。 しかし、彼女は性格が荒々しく、天照大神とよく喧嘩をしていた。 ある日、真敷刀婢は天照大神に暴力を振るい、天照大神は怒って天岩戸に隠れてしまった。 すると、世界は闇に包まれてしまった。 困った神々は、真敷刀婢を連れて天岩戸の前に来て、音楽を演奏したり、踊りを踊ったりして、天照大神を誘い出した。 天照大神はようやく天岩戸から出てきて、世界は再び明るくなった。 真敷刀婢は、月読命の妻となったが、不和が絶えなかったという。 彼女はまた、国常立之神や、瀬織津姫の子とも伝えられている。 また、和歌の神、酒の神、刀鍛冶の神として信仰されている。 真敷刀婢は、日本の神話の重要な人物である。 彼女は天照大神の姉であり、月読命の妻である。 彼女の性格は荒々しく、天照大神とよく喧嘩をしていたが、最終的には和解した。 真敷刀婢は、和歌の神、酒の神、刀鍛冶の神として信仰されている。