日本経済新聞

政治家・活動家

斎藤栄三郎 – 経済評論家、政治家

-昭和期に活躍した経済評論家・政治家- 斎藤栄三郎は、昭和期に活躍した経済評論家・政治家である。アメリカ合衆国の経済を研究し、その成果を日本の経済政策に活かすことに努めた。また、戦後には政治家として活躍し、自由民主党の総裁も務めた。 斎藤栄三郎は、1890年(明治23年)に広島県に生まれた。旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学経済学部に進学した。大学卒業後は、三菱経済研究所に入社した。1923年(大正12年)に、アメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学で経済学を学んだ。1926年(昭和元年)に帰国後、三菱経済研究所に復職した。 斎藤栄三郎は、三菱経済研究所在職中に、アメリカの経済を研究し、その成果を日本の経済政策に活かすことに努めた。1931年(昭和6年)には、著書『アメリカの経済政策』を出版し、アメリカの経済政策を高く評価した。この本は、当時の日本の経済政策に大きな影響を与えた。 斎藤栄三郎は、1942年(昭和17年)に、衆議院議員に当選した。戦後は、自由民主党の結成に参加し、1954年(昭和29年)には、自由民主党の総裁に就任した。しかし、在任中に病気のため辞任した。 斎藤栄三郎は、1969年(昭和44年)に死去した。享年79。 斎藤栄三郎は、日本の経済政策に大きな影響を与えた経済評論家・政治家である。アメリカの経済を研究し、その成果を日本の経済政策に活かすことに努めた。また、戦後には政治家として活躍し、自由民主党の総裁も務めた。
経済分野で活躍した人

「木村清四郎」

-木村清四郎- -生い立ちと「中外物価新報」での活躍- 木村清四郎(1860-1924)は、日本のジャーナリスト、評論家。統計学の大家であり、日本の物価理論の確立に貢献した。 1860年、江戸に生まれる。1878年に東京専門学校(現東京大学)に入学し、経済学を学ぶ。卒業後は、大蔵省に入省し、統計部に配属される。 1887年、官吏を辞任し、「中外物価新報」を創刊。この新聞は、日本の経済状況を統計データに基づいて分析したもので、大きな反響を呼んだ。 木村は、「中外物価新報」で、物価の変動と経済の動きとの関係を分析し、日本の物価理論の確立に貢献した。また、彼は、日本経済の近代化を訴え、日本の経済発展に寄与した。 1924年、東京で死去。
作家

阪本牙城 – 大正から昭和にかけて活躍した風刺漫画家

風刺漫画家としての足跡 阪本牙城は、大正から昭和にかけて活躍した風刺漫画家です。その風刺漫画は、当時の社会情勢を鋭く切り取り、人々に強いインパクトを与えました。牙城は、1897年に大阪で生まれ、1927年に東京美術学校を卒業しました。卒業後は、新聞や雑誌に風刺漫画を寄稿し、その才能を認められました。 1931年には、牙城は「漫画新聞」を創刊しました。「漫画新聞」は、政治や社会問題を風刺した漫画を掲載する新聞で、当時の知識層に大きな影響を与えました。牙城の風刺漫画は、権力者を容赦なく批判し、社会の不条理を鋭くえぐり出しました。 牙城の風刺漫画は、しばしば当局の弾圧を受けました。1933年には、「漫画新聞」が当局に発行禁止処分を受け、牙城も逮捕されました。しかし、牙城は諦めずに風刺漫画を描き続け、権力者や社会の不条理に立ち向かいました。 戦後は、牙城は「朝日新聞」の漫画家として活躍しました。牙城の風刺漫画は、戦後の混乱した社会情勢を鋭く切り取り、人々に強い衝撃を与えました。牙城の風刺漫画は、日本の民主主義の発展に大きな貢献をしました。 牙城は、1974年に77歳で亡くなりました。しかし、彼の風刺漫画は、今もなお人々から愛され続けています。牙城の風刺漫画は、日本の漫画史に大きな足跡を残しており、その功績は後世に語り継がれるでしょう。
歴史上の偉人

河瀬秀治:明治・大正時代の実業家・官僚

河瀬秀治は、明治から大正時代にかけて活躍した実業家・官僚です。1860年に京都府に生まれ、東京工業学校を卒業後、三井物産に入社しました。その後、文部省に移り、博物館掛として内外の博覧会を推進しました。 河瀬は、1897年に第3回内国勧業博覧会を開催し、その後も1900年にパリ万博、1901年にグラスゴー万博、1904年にセントルイス万博など、数多くの博覧会に参加しました。これらの博覧会で、河瀬は日本の産業や文化をアピールし、日本の近代化に貢献しました。 また、河瀬は日本国内の博物館の設立にも尽力しました。1902年に奈良国立博物館を設立し、その後も京都国立博物館、大阪市立美術館など、数多くの博物館の設立に携わりました。これらの博物館は、日本の文化や芸術を保存・展示する役割を果たし、日本の文化の発展に貢献しました。 河瀬は、1929年に文部次官に就任し、その後、参議院議員や貴族院議員を務めました。1945年に死去するまで、日本の文化や産業の発展に尽力しました。 河瀬の博覧会や博物館に関する功績は、日本の近代化に大きな影響を与えました。河瀬の活動は、日本の文化や産業を世界にアピールし、日本の近代化を促進するのに役立ちました。