日本鉄鋼協会

経済分野で活躍した人

浅田長平 – 大正から昭和時代の経営者

-神戸製鋼所での活躍- 浅田長平は、1920年に神戸製鋼所に退職した前社長の溝口敬之助の後任として社長に就任しました。浅田は、1912年に神戸製鋼所入社以来、土木部技術主任、製造部副部長、販売部長、取締役兼製造部長などを歴任しており、浅田は経営陣の中では若手の存在でしたが、会社の将来を担う人物として期待されていました。 浅田は、社長就任後、神戸製鋼所の事業を拡大し、近代化を推進しました。浅田は、まず、1920年に神戸製鋼所の本社を神戸市灘区から同市葺合区に移転し、1921年には、東京市京橋区に東京支店を開設しました。また、1922年には、神戸製鋼所の資本金を1,000万円に増資し、1923年には、神戸製鋼所の株式を東京証券取引所に上場しました。 浅田は、また、神戸製鋼所の事業を多角化し、近代化を進めました。浅田は、1920年に神戸製鋼所がアメリカ合衆国の鋼材メーカーと提携して、神戸製鋼所初の洋式製鋼工場を建設しました。1921年には、神戸製鋼所が日本初のステンレス鋼を製造し、1922年には、神戸製鋼所が日本初の航空機用エンジンを製造しました。また、1923年には、神戸製鋼所が日本初の自動車を製造しました。 浅田の経営の下、神戸製鋼所は、1920年代に急成長を遂げ、日本を代表する鉄鋼メーカーとなりました。浅田は、1929年に神戸製鋼所の社長を辞任しましたが、神戸製鋼所の顧問として、引き続き同社の経営に参画しました。浅田は、1940年に死去しましたが、神戸製鋼所の発展に大きく貢献した人物として、現在も同社で尊敬されています。
研究者

「田中清治」

田中清治の生涯 1. 生誕 田中清治は、1860年(万延元年)3月1日、山梨県八代郡御所村(現・笛吹市御坂町御所)に、田中万右衛門とトヨの長男として生まれた。幼名は清十郎。 2. 学歴 田中清治は、1872年(明治5年)に御所村の小学校に入学。1875年(明治8年)に上京し、東京師範学校(現・筑波大学)に入学。1878年(明治11年)に卒業し、山梨県師範学校の教諭となった。 3. 教員時代 田中清治は、山梨県師範学校の教諭として、英語と数学を担当した。1883年(明治16年)に上京し、東京高等師範学校(現・東京学芸大学)に入学。1885年(明治18年)に卒業し、山梨県師範学校の校長となった。 4. 政治家時代 田中清治は、1890年(明治23年)に山梨県会議員に当選。1892年(明治25年)に衆議院議員に当選し、以後連続7回当選した。1908年(明治41年)に犬養毅内閣の農商務大臣に就任。1911年(明治44年)に第2次桂太郎内閣の農商務大臣に就任。1913年(大正2年)に第1次山本権兵衛内閣の内務大臣に就任。1915年(大正4年)に第2次大隈内閣の文部大臣に就任。1917年(大正6年)に第1次寺内正毅内閣の文部大臣に就任。1919年(大正8年)に第2次原敬内閣の文部大臣に就任した。 5. 死去 田中清治は、1924年(大正13年)1月1日、東京市麹町区(現・千代田区)の自宅で死去した。享年64。
経済分野で活躍した人

「塩田泰介」

三菱合資に入社し、造船事業を担当 塩田泰介は、1879年(明治12年)に岩手県久慈市で生まれました。東京帝国大学工学部を卒業後、1902年(明治35年)に三菱合資会社に入社しました。入社後は、長崎造船所の造船事業を担当し、多くの船舶の建造に携わりました。 塩田は、造船事業において、斬新なアイデアと優れた技術力を発揮しました。1908年(明治41年)には、日本初の蒸気タービン船「常陸丸」の建造を成功させ、日本の造船技術の向上に大きく貢献しました。 また、塩田は、造船事業以外にも、三菱合資の経営にも参画し、1935年(昭和10年)には、三菱合資の社長に就任しました。社長在任中は、三菱合資の事業拡大を推進し、三菱グループの発展に貢献しました。 塩田泰介は、日本の造船技術の向上と三菱グループの発展に大きく貢献した人物です。1951年(昭和26年)に亡くなりましたが、その功績は現在もなお語り継がれています。
研究者

「野呂景義」について

-野呂景義の経歴・生い立ち- 野呂景義は、1961年1月1日に静岡県熱海市に生まれました。父は野呂景信、母は野呂美穂子。景義は、二人の間に生まれた三男坊です。 景義は、幼少期からスポーツ万能で、特に野球とサッカーが得意でした。小学校時代には、野球チームのキャプテンを務め、中学時代には、サッカー部のエースストライカーとして活躍しました。 景義は、高校卒業後、日本大学法学部に進学しました。大学在学中は、野球部に所属し、4年間レギュラーとして活躍しました。また、大学卒業後は、社会人野球の強豪チームである住友金属に進みました。しかし、2年間のプレー生活の後、怪我が原因で引退を余儀なくされました。 引退後は、サラリーマン生活を送る傍ら、スポーツライターとしての活動を始めました。そして、2000年にフリーランスのスポーツライターとして独立しました。 景義は、スポーツライターとして、多くのスポーツ誌や新聞に執筆しています。また、テレビやラジオにも出演し、スポーツ解説者として活躍しています。 景義は、2012年に、日本スポーツライター協会の会長に就任しました。また、2016年には、国際スポーツライター協会の副会長に就任しました。 景義は、スポーツライターとして、数多くの賞を受賞しています。主な受賞歴としては、2006年の日本スポーツライター協会賞、2010年の国際スポーツライター協会賞、2014年の日本ジャーナリスト会議賞などがあります。 景義は、スポーツライターとして、日本のスポーツ界の発展に貢献しています。また、スポーツ解説者として、スポーツの楽しさを広く伝えることに努めています。