日本

経済分野で活躍した人

水沢謙三と東京海上火災保険

-戦前の水沢謙三- 水沢謙三は、1880年(明治13年)に東京府東京市(現在の東京都中央区)に生まれた。父は帝国生命保険会社の創業者である水沢利喜造、母は同社の専務取締役を務めた水沢よねである。謙三は、開成中学校を経て東京帝国大学法学部に進学した。1904年(明治37年)に東京帝国大学を卒業後、東京海上火災保険会社(以下、東京海上)に入社した。 入社後は、火災保険や海上保険の引受業務を担当した。1910年(明治43年)には、ロンドン支店に転勤し、1年間勤務した。1911年(明治44年)に帰国し、東京本社の取締役兼営業部長に就任した。1914年(大正3年)には、東京海上の社長に就任した。 社長就任後、水沢は東京海上の経営改革を断行した。まず、保険料率の引き上げと経費の削減を実施した。また、保険商品の多角化を推進し、新しい保険商品を開発した。さらに、海外への進出を積極的に進め、1918年(大正7年)には、ニューヨーク支店を開設した。 水沢の経営改革は成功し、東京海上は日本を代表する保険会社に成長した。1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、東京海上は多額の保険金を支払ったが、財務基盤がしっかりしていたため、無事に乗り切ることができた。 1924年(大正13年)、水沢は東京海上の社長を退任した。退任後は、貴族院議員や日本商工会議所会頭などを歴任した。1945年(昭和20年)に死去した。
歴史上の偉人

「フリッツェ」について

「フリッツェ」の生涯 フリッツェは、1930年3月25日にドイツのベルリンで生まれた。父親は陸軍将校、母親は教師だった。フリッツェは、4人兄弟の末っ子として育った。フリッツェは、幼い頃から動物が大好きで、特に犬に夢中だった。フリッツェは、6歳の時に初めて犬を飼い、その犬の名前を「マックス」と名付けた。マックスは、フリッツェにとって最愛の友であり、フリッツェはマックスをどこへ行くにも連れて行った。 フリッツェは、1942年に12歳の時に第二次世界大戦が勃発した。フリッツェの父親は、すぐに戦地に召集され、フリッツェは母親と兄弟たちとベルリンで暮らすことになった。ベルリンは、連合軍の空襲に何度もさらされ、フリッツェは空襲警報が鳴るたびに防空壕に逃げ込んだ。フリッツェは、戦争の恐怖を毎日味わっていた。 1945年に、ドイツは敗戦し、連合軍がベルリンを占領した。フリッツェは、母親と兄弟たちとベルリンから脱出し、田舎町に移り住んだ。フリッツェは、田舎町で新しい生活を始めたが、戦争の傷は癒えなかった。フリッツェは、戦争で父親を亡くし、空襲で家を焼かれ、多くの友人を失った。フリッツェは、戦争の悲惨さを誰よりも知っていた。 フリッツェは、1950年に20歳の時に、ベルリンに戻った。フリッツェは、ベルリンで大学に通い、ジャーナリストになった。フリッツェは、ジャーナリストとして、戦争の悲惨さを世の中に訴え続けた。フリッツェは、1990年に60歳の時に亡くなったが、フリッツェの遺志は、今もなお、多くの人々に受け継がれている。
エンターテインメント

砂田明 – 舞台芸術と社会問題に生きた俳優

- 砂田明の生涯とキャリア 砂田明(1903年1月21日 - 1990年11月11日)は、日本の俳優、演出家、演劇評論家です。彼は、舞台芸術を通じて社会問題を提起する作品を多く手掛け、日本の演劇界に大きな影響を与えた人物として知られています。 砂田明は1903年、東京に生まれました。早稲田大学卒業後、1926年に劇団「築地小劇場」に入団しました。築地小劇場は、当時最先端の演劇を上演していた劇団であり、砂田明はそこで多くの舞台芸術を実践的に学びました。1930年に築地小劇場が解散した後、砂田明は独立して劇団「新劇協会」を結成しました。新劇協会は、社会問題を扱った作品を多く上演し、日本の演劇界に大きな影響を与えました。 1940年に新劇協会が解散した後、砂田明は舞台芸術活動から一時遠ざかりましたが、1950年代後半に演劇界に復帰しました。1960年に彼は、劇団「俳優座」の創立メンバーとなり、多くの舞台作品に出演しました。また、演出家として多くの作品を演出しました。 砂田明は、1990年に87歳で亡くなりました。しかし、彼の残した舞台芸術作品は今もなお多くの演劇人に影響を与え続けています。 砂田明の舞台芸術の特徴は、社会問題を扱った作品が多いことです。彼は、舞台芸術を通じて社会問題を提起し、人々に問題意識を持ってもらおうとしていました。また、彼は舞台芸術を単なる娯楽ではなく、社会変革の手段と考え、作品を通して世の中を変えようとしていました。 砂田明は、日本の演劇界に大きな影響を与えた人物として知られています。彼の舞台芸術作品は、今もなお多くの演劇人に影響を与え続けています。
研究者

藤塚鄰 (1879-1948):明治-昭和時代の中国哲学者

-藤塚鄰の生涯と学業- 藤塚鄰は、1879年(明治12年)1月25日、島根県簸川郡川跡村(現・出雲市)に藤塚清太郎の四男として生まれた。 1893年(明治26年)、島根県立松江中学校に入学。1898年(明治31年)に東京専門学校(現・早稲田大学)政治経済学部に入学。1900年(明治33年)に中国に渡り、上海で中国語を学ぶ。1903年(明治36年)に早稲田大学政治経済学部を卒業。1905年(明治38年)に再び中国に渡り、北京で中国哲学を学ぶ。1908年(明治41年)に早稲田大学政治経済学部講師に就任。 1910年(明治43年)に中国哲学の研究書『中国哲学概論』を出版。1912年(明治45年)に早稲田大学教授に就任。1921年(大正10年)に『中国哲学史』を出版。1922年(大正11年)に東京帝国大学教授に就任。1924年(大正13年)に『中国思想史』を出版。1927年(昭和2年)に『中国古典史』を出版。1931年(昭和6年)に『中国思想の展開』を出版。1933年(昭和8年)に『中国哲学の研究』を出版。1935年(昭和10年)に『中国哲学史概説』を出版。1937年(昭和12年)に『中国哲学の基礎』を出版。1941年(昭和16年)に『中国哲学の展開』を改訂。1943年(昭和18年)に『中国哲学史概説』を改訂。1948年(昭和23年)に『中国哲学の研究』を改訂。 藤塚鄰は、中国哲学の研究に多大な貢献をした。彼の研究は、中国哲学の歴史を明らかにし、中国哲学の思想体系を明らかにした。彼は、中国哲学の研究を通じて、中国文化の理解に多大な貢献をした。藤塚鄰は、1948年(昭和23年)10月15日に東京都で死去した。
歴史上の偉人

人名辞典-「恵萼」

-恵萼の生涯- 恵萼(えかく)は、平安時代初期の公卿。桓武天皇の第二皇子。母は坂上田村麻呂の娘の藤原春津。幼名は竜宮御子。 天長10年(833年)に従四位下、翌年(834年)に従三位に叙される。承和2年(835年)に仁明天皇が崩御すると、皇太子恒貞親王(文徳天皇)が践祚した。このとき、恵萼は皇太子に擬せられたが、仁明天皇・文徳天皇の母が藤原良房の娘であることを理由に良房が反対し、文徳天皇の践祚となった。 承和12年(845年)に正三位、承和14年(847年)に大納言に昇進し、承和15年(848年)には権中納言を兼任した。嘉祥3年(850年)に右大臣に任じられ、仁寿3年(853年)には左大臣に昇進した。 斉衡2年(855年)に藤原良房が左大臣を辞任すると、恵萼は右大臣に任じられた。翌年(856年)には太政大臣に昇進した。 貞観3年(861年)に病のため出家し、法名を弘覚とした。貞観6年(864年)に薨去。享年50。 恵萼は、聡明で学問にも優れていた。また、和歌にも長け、多くの和歌を残している。代表的な和歌として、「春霞たなびきにほふ山陰の石間を分く水の音かな」などが挙げられる。 恵萼は、平安時代初期の政界で重要な役割を果たした。また、和歌にも長け、多くの和歌を残している。
研究者

ロシア文学者 木村浩の生涯と功績

-木村浩の生い立ちと学歴- 木村浩は、1926年(大正15年)1月1日、東京府東京市(現東京都)に生まれた。父は医師、母は看護師であった。木村は、幼少期よりロシア文学に興味を持ち、東京大学文学部に入学後、ロシア語を専攻した。大学卒業後は、ロシアに留学し、モスクワ大学でドストエフスキーを研究した。帰国後、東京大学助教授となり、1968年(昭和43年)に教授に昇進した。 木村浩は、ロシア文学の研究において、ドストエフスキーやトルストイを中心に、その思想と文学の関係を深く考察した。また、ロシア文学の翻訳にも力を入れ、ドストエフスキーの『罪と罰』、『カラマーゾフの兄弟』、『白痴』などの名作を翻訳した。 木村浩は、1991年(平成3年)に東京大学を退官した。その後も、ロシア文学の研究と翻訳を続け、2007年(平成19年)に逝去した。 木村浩は、ロシア文学研究の第一人者として、日本のロシア文学研究の発展に大きく貢献した。また、その明晰な文体と深い洞察力によって、ロシア文学の魅力を多くの読者に伝えた。
ミュージシャン

辻則正 – 幕末の雅楽家

-生い立ちと背景- 辻則正は、1816年(文化13年)に京都で生まれた。幼い頃から音楽の才能を示し、10歳の時には雅楽師として内裏に出仕した。15歳の時には雅楽師としての最高の地位である「雅楽允(ががくのかみ)」に任命され、幕府の雅楽を統括する立場となった。 辻則正の生きた時代は、幕末の動乱期であった。ペリー来航による開国を契機に、日本は大きな変革の時期を迎えていた。辻則正は、このような激動の時代にあって、雅楽の伝統を守り抜くことに尽力した。 辻則正は、雅楽の演奏だけでなく、雅楽の研究にも力を注いだ。彼は、雅楽の古文献を収集し、雅楽の歴史や理論について多くの著作を残した。また、雅楽の演奏技術の向上にも努め、新しい楽器を考案するなど、雅楽の発展に貢献した。 辻則正は、1889年(明治22年)に死去した。彼の死後、雅楽は衰退の一途をたどったが、彼の残した著作や楽器は、現代の雅楽の復興に大きな役割を果たしている。
エンターテインメント

「沢村訥升(初代)」から「沢村宗十郎(5代)」について

沢村訥升(初代)のプロフィールと生涯 沢村訥升(初代)は、江戸時代前期の歌舞伎役者。初代中村勘三郎の門人。俳名として山城庵桐葉と称した。 1624年(寛永元年)、京都四条室町の呉服商に生まれる。幼名は重郎兵衛。 1642年(寛永19年)、初代中村勘三郎の門人となり、中村花之丞と名乗る。 1646年(正保3年)、中村富太郎と改名。 1650年(慶安3年)、中村訥升と改名。 1651年(慶安4年)、川原崎権十郎一座に参加し、女形として活躍。 1654年(承応3年)、中村訥升として江戸に下る。 1661年(寛文元年)、中村勘三郎の死後、坂田藤十郎、山下又四郎とともに中村座で活躍。 1666年(寛文6年)、江戸中村座の座本となり、初代沢村訥升を名乗る。 1673年(延宝元年)、江戸中村座を閉鎖し、京都に帰る。 1677年(延宝5年)、京都で死去。享年54。 沢村訥升は、江戸歌舞伎の基礎を築いた名優として知られている。女形として活躍し、その美貌と演技力で多くの観客を魅了した。また、歌舞伎の脚本にも優れ、多くの作品を残した。
研究者

小池和男 – 日本の経済学者

小池和男の経歴と研究 小池和男は、1940年10月15日に長野県で生まれました。1963年に東京大学経済学部を卒業し、1968年に同大学院経済学研究科博士課程を修了しました。その後、同大学助教授、教授を歴任し、1993年に一橋大学経済学部教授に就任しました。2004年に一橋大学を退職し、同名誉教授となりました。 小池和男の研究分野は、経済学史、公共経済学、財政学などです。特に、経済学史の分野では、経済学の基礎理論の形成過程や、日本の経済学の発展過程について研究してきました。公共経済学の分野では、公共財の供給や公共サービスの価格設定などについて研究してきました。財政学の分野では、財政政策の有効性や税制の公平性などについて研究してきました。 小池和男は、著書『経済学史入門』(日本評論社、1978年)、『公共経済学入門』(有斐閣、1985年)、『財政学入門』(有斐閣、1990年)など、多数の著書を発表しています。また、学会誌や新聞などに、多数の論文や論説を発表しています。 小池和男は、経済学の研究分野において、数多くの業績を残しました。特に、経済学史の分野では、経済学の基礎理論の形成過程や、日本の経済学の発展過程について、詳細な研究を行いました。また、公共経済学の分野では、公共財の供給や公共サービスの価格設定などについて、理論的な分析を行いました。さらに、財政学の分野では、財政政策の有効性や税制の公平性などについて、実証的な研究を行いました。小池和男の研究成果は、経済学の理論や政策の形成に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

木庵性瑫-江戸時代に来日し、黄檗宗を広めた僧

-木庵性瑫の生涯と業績- 木庵性瑫(もくあん しょうとん、1611年 - 1684年)は、中国の僧侶で、江戸時代に来日し、黄檗宗を広めた。中国名は、木庵性瑫(もくあん しょうとん)と記す。 1611年、中国の福建省に生まれる。14歳の時に出家し、18歳の時に黄檗山万福寺に入寺する。25歳の時に渡海し、長崎に上陸する。その後、京都や九州を巡り、1655年に長崎に黄檗山万福寺を建立する。 木庵性瑫は、黄檗宗の教えを日本に広め、多くの弟子を育てた。また、中国文化の日本への伝播에도 貢献した。1662年に長崎で入寂。 木庵性瑫の業績は、大きく分けて以下の3つである。 1. 黄檗宗の日本への伝播 2. 中国文化の日本への伝播 3. 黄檗山万福寺の建立 黄檗宗は、中国の禅宗の一派で、16世紀に黄檗山万福寺で開かれた。木庵性瑫は、黄檗宗の教えを日本に伝え、多くの弟子を育てた。黄檗宗は、日本の禅宗に大きな影響を与え、現在も多くの寺院で修行されている。 木庵性瑫は、また、中国文化の日本への伝播에도 貢献した。木庵性瑫は、中国の書画や音楽、医学など、様々な分野の知識を日本に伝えた。木庵性瑫の弟子の中には、中国文化に精通した者が多く、彼らは日本の中国文化の普及に貢献した。 木庵性瑫は、1655年に長崎に黄檗山万福寺を建立した。黄檗山万福寺は、黄檗宗の総本山であり、日本の禅宗の重要な寺院の一つである。黄檗山万福寺は、中国の建築様式で建てられており、中国文化の影響を強く受けている。 木庵性瑫は、黄檗宗の日本への伝播、中国文化の日本への伝播、黄檗山万福寺の建立という3つの業績を残した偉大な僧侶である。
歴史上の偉人

ー木村秀子 (1869-1887) 明治時代の教育者

- -明治の女性教育の先駆者- 木村秀子は、明治時代の教育者であり、女子教育のパイオニアの一人です。1869年に東京に生まれ、1887年に結核のため18歳で亡くなりました。短命でしたが、その功績は大きく、日本の近代化に貢献しました。 木村秀子は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。12歳の時に、東京女子師範学校に入学し、16歳で卒業しました。卒業後は、東京府師範学校に勤め、教師として働きました。 木村秀子は、教師として、女子教育に情熱を注ぎました。当時、女子の教育は軽視されており、女子が学校に通うことは珍しいことでした。木村秀子は、女子にも男子と同じように教育を受ける権利があると主張し、女子教育の普及に努めました。 木村秀子は、また、女子教育のカリキュラムの改善にも尽力しました。当時の女子教育は、家事や裁縫などの実科教育が中心であり、学問的な教育は軽視されていました。木村秀子は、女子にも学問を学ぶ権利があると主張し、女子向けの学問的なカリキュラムを開発しました。 木村秀子は、女子教育の普及と改善に尽力した功績により、明治の女性教育の先駆者の一人として高く評価されています。木村秀子の功績は、日本の近代化に大きく貢献しました。
政治家・活動家

「長延連」の人柄と京都帝大卒後の見聞

-京都帝大卒後の警察官僚としての経歴- 長延連は、京都帝大を卒業した後、司法省に奉職しました。その後、警察官僚として警視庁に勤務し、警視庁保安部長や警視庁警務部長を歴任しました。1937年には、警視総監に就任しました。 長延連は、警視総監在任中に、太平洋戦争勃発に伴う治安維持活動や、空襲による被害を受けた国民の救助活動など、数多くの重要な任務をこなしました。また、戦後は、GHQによる占領軍統治下で、日本の治安維持に努めました。 長延連は、警察官僚として、日本の治安維持に多大な貢献をした人物でした。 長延連は、警視総監退任後は、参議院議員に当選し、文部大臣や法務大臣を歴任しました。また、日本赤十字社社長や日本遺族会会長なども務めました。 長延連は、1967年に83歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

顔思斉:明の海賊

-顔思斉の生い立ちと海賊としての活動- 顔思斉は、16世紀半ばから17世紀初頭にかけて活動した明の海賊である。福建省漳州府出身で、幼い頃から海で育ち、水練を得意とした。 顔思斉は、倭寇の一員として海賊行為を働き始め、やがて頭角を現して、倭寇の頭目となった。かれは、福建省沿岸を拠点に、日本、朝鮮、東南アジア諸国を襲撃し、莫大な富を蓄積した。 顔思斉は、明の朝廷から何度も討伐されたが、そのたびに逃げ延び、海賊としての活動を続けた。1592年には、豊臣秀吉の朝鮮出兵に乗じて、朝鮮半島に侵攻し、ソウルを占領した。 顔思斉は、1628年に明の軍隊に敗れて投降し、処刑された。しかし、かれの海賊としての活動は、明の海防を弱体化させ、明の衰退に拍車をかけた。 顔思斉は、勇猛果敢な海賊として知られているが、残忍な一面もあった。かれは、敵対する勢力を容赦なく虐殺し、その残虐性は、人々を恐怖に陥れた。 顔思斉の海賊としての活動は、明の衰退を象徴する出来事であり、かれは、明の海防の弱体化に大きく貢献した人物である。
歴史上の偉人

土岐熊雄(1868-1904):明治時代の軍人

-文武講習館の創設にかかわる- 土岐熊雄は、文武講習館の創設にかかわった人物です。文武講習館は、1881年に創設された陸軍軍人向けの教育機関であり、現在の陸上自衛隊幹部学校の前身です。土岐熊雄は、文武講習館の創設にあたり、そのカリキュラムや教育方針の策定に尽力しました。 土岐熊雄は、文武講習館の創設にあたり、陸軍の近代化を推進するためには、陸軍軍人に西洋式の軍事教育を施すことが必要であると考えました。そのため、文武講習館では、西洋式の軍事学や戦術を重点的に教育しました。また、土岐熊雄は、文武講習館の教育方針として、陸軍軍人に忠誠心と愛国心を養うことを重視しました。 土岐熊雄の尽力により、文武講習館は、陸軍の近代化に大きく貢献しました。文武講習館で教育を受けた陸軍軍人は、日清戦争や日露戦争で活躍し、日本の勝利に貢献しました。また、文武講習館で教育を受けた陸軍軍人は、日本の陸軍の近代化に貢献し、日本の陸軍を世界有数の軍隊に育て上げました。 土岐熊雄は、文武講習館の創設にかかわった功績により、陸軍少将に昇進しました。また、土岐熊雄は、日露戦争で戦死したため、陸軍中将に特進されました。土岐熊雄は、日本の陸軍の近代化に貢献した功績により、現在でも尊敬を集めています。
歴史上の偉人

「法載」(?-? 唐(中国)の僧。鑑真(がんじん)について受戒,衢州(くしゅう)(浙江(せっこう)省)霊耀(れいよう)寺で律の教えをひろめる。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)鑑真にしたがって来日。天平宝字(ほうじ)7年(763)師なきあと唐招提(とうしょうだい)寺2世となった。)

-法載の生涯- 法載は、唐の僧侶。鑑真について受戒し、衢州霊耀寺で律の教えを広めた。天平勝宝5年(753年)に鑑真に従って来日し、天平宝字7年(763年)に師なきあと唐招提寺2世となった。 法載は、唐の荊州出身。幼少期に父母を亡くし、出家して僧となった。その後、鑑真について受戒し、衢州霊耀寺で律の教えを広めた。 天平勝宝5年(753年)、鑑真が日本に渡航する際、法載も同行した。鑑真一行は、暴風雨に遭って漂流し、ようやく翌年に九州に漂着した。その後、鑑真一行は奈良に赴き、唐招提寺を建立した。 天平宝字7年(763年)、鑑真が亡くなると、法載が唐招提寺の2世となった。法載は、鑑真の遺志を継いで、律の教えを日本に広めた。また、唐招提寺を一大伽藍に整備し、多くの弟子を育て上げた。 法載は、延暦4年(785年)に亡くなった。享年80歳。法載は、鑑真と共に、日本の律宗の発展に大きな貢献をした。
エンターテインメント

白川和子 – 昭和後期から平成時代の女優

-白川和子のデビューと映画での活躍- 白川和子は、1926年3月15日に東京府東京市芝区白金台町(現在の東京都港区白金台)で、実業家である父・白川久太郎と、母・白川民子の間に生まれた。2人姉妹の長女である。白川は、幼い頃から映画や演劇に興味を持ち、1945年に松竹歌劇団に入団した。松竹歌劇団では、1948年に主演を務めた『アラビアンナイト』が大ヒットし、一躍人気女優となった。 1950年に松竹歌劇団を退団し、映画界に本格的に進出した。1951年に公開された『羅生門』で、主人公の妻である真砂を演じ、高い評価を得た。この作品は、第24回アカデミー賞で名誉賞を受賞し、白川は世界的に知られる女優となった。 その後も、白川は多くの映画に出演し、その演技力は高く評価された。1952年に公開された『生きものの記録』では、主人公の妻である杉村初子を演じ、第6回毎日映画コンクールで女優主演賞を受賞した。1954年に公開された『七人の侍』では、主人公の妻である志乃を演じ、第8回毎日映画コンクールで女優主演賞を受賞した。 1960年代以降も、白川は多くの映画に出演し、その演技力は衰えを見せなかった。1964年に公開された『東京オリンピック』では、聖火ランナーを務めた。1970年に公開された『家族』では、主人公の母である山田芳子を演じ、第25回毎日映画コンクールで女優主演賞を受賞した。 白川は、1991年に公開された『息子』を最後に映画界を引退した。しかし、その後もテレビドラマや舞台に出演し、女優として活躍を続けた。2005年に脳梗塞を発症し、2010年に東京都内の病院で死去した。享年84歳。 白川和子は、その演技力で多くの賞を受賞し、世界的に知られる女優となった。その功績は、日本の映画史に残るものとして高く評価されている。
歴史上の偉人

北ケ市市太郎 – 明治時代の英雄的人力車引き

-明治24年のおおつ事件で犯人を捕まえ、英雄になる。- 明治24年、北ケ市市太郎は、おおつ事件で犯人を捕まえて英雄になりました。 おおつ事件とは、明治24年11月、滋賀県大津市で起きたロシア皇太子ニコライ・アレクサンドロヴィチ(後のニコライ2世)暗殺未遂事件のことです。 この事件は、ロシア皇太子と随行員が、京都から東京へ向かう途中、大津市の馬場で、巡査津田三蔵が皇太子を狙撃したというものでした。 津田三蔵は、皇太子をライフルで撃ちましたが、皇太子は負傷することなく、津田三蔵はすぐに逮捕されました。 この事件は、日本とロシアの関係を悪化させる恐れがありましたが、日本の政府はすぐに謝罪し、事件の調査を開始しました。 事件の調査の結果、津田三蔵は、精神障害者であることが判明し、無罪となりました。 しかし、津田三蔵を逮捕したのは、北ケ市市太郎でした。 北ケ市市太郎は、おおつ事件の現場に居合わせており、津田三蔵が皇太子を狙撃する瞬間を目撃しました。 北ケ市市太郎は、すぐに津田三蔵を追いかけ、津田三蔵を捕まえて警察に引き渡しました。 北ケ市市太郎の活躍により、津田三蔵はすぐに逮捕され、おおつ事件は解決しました。 北ケ市市太郎の活躍は、日本全国で称賛され、北ケ市市太郎は英雄になりました。 北ケ市市太郎は、明治24年のおおつ事件で犯人を捕まえて英雄になり、その後も人力車引きとして働き続け、明治38年に亡くなりました。
作家

小杉天外(1865-1952)

-小杉天外の生涯- 小杉天外は、1865年9月4日に信濃国松本(現在の長野県松本市)に生まれました。本名は小杉恒太郎です。家は旗本で、父は松本藩の儒学者でした。天外は幼い頃から漢学を学び、松本藩の藩校である修文館に学びました。 1882年、天外は上京し、東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学しました。ここで彼は文学に目覚め、1885年に小説『花の雨』を執筆しました。この小説は、当時の文壇に大きな反響を呼び、天外は一躍有名になりました。 1887年、天外は早稲田大学を卒業し、新聞記者になりました。その後、雑誌『文学界』を創刊し、作家として活躍しました。天外は、浪漫主義文学の旗手として活躍し、多くの傑作を残しました。代表作としては、『魔風恋風』『南蛮寺門前』『稲妻』『妖雲』『害毒』『はつ姿』などがあります。 天外は、1952年8月24日に東京で死去しました。享年86歳でした。天外は、日本の文学史において重要な作家であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。
エンターテインメント

– 尾上松之助

-旅役者から銀幕のスターへ- 尾上松之助は、1910年(明治43年)1月15日、東京府東京市本所区横網町(現在の東京都墨田区横網)に、父・尾上松竹、母・杉野の九男として生まれた。本名は、尾上松之助(おのえ まつのすけ)。幼少のころから芝居好きで、5歳の時には兄の松緑に連れられて新橋演舞場で初舞台を踏んだ。その後、父とともに旅役者として各地を巡業し、1923年(大正12年)に父が亡くなると、一家を支えるためにさらに積極的に舞台に立つようになった。 1926年(大正15年)、16歳の時にマキノ・プロダクションに入社し、映画デビューを果たす。同年、マキノ・プロダクションが解散すると、松竹キネマに入社し、時代劇の主演俳優として活躍するようになった。1930年(昭和5年)、20歳の時には「女房世帯」に出演し、今までの三枚目役から色男役へと変貌を遂げた。この映画は大ヒットし、尾上松之助は一躍スターとなった。 1931年(昭和6年)に松竹キネマを退社し、フリーとなり、各社の映画に出演するようになった。1932年(昭和7年)には「忠臣蔵」に出演し、大石内蔵助を演じた。この映画も大ヒットし、尾上松之助はさらに人気俳優となった。その後も「元禄忠臣蔵」(1934年)、「次郎長三国志」(1936年)、「血槍富士」(1937年)、「忠臣蔵」(1938年)など、数多くの映画に出演し、国民的人気俳優となった。 1941年(昭和16年)には、太平洋戦争が始まり、映画界も戦時体制に突入した。尾上松之助も他の俳優たちとともに戦意高揚映画に出演し、国策に協力した。1945年(昭和20年)の終戦後は、焼け野原となった東京で、映画の撮影を再開した。1946年(昭和21年)には「情炎の涯」に出演し、戦後の映画界を牽引する俳優の一人となった。 1951年(昭和26年)に東映に入社し、時代劇の主演俳優として活躍を続けた。1954年(昭和29年)には「新忠臣蔵」に出演し、大石内蔵助を再び演じた。この映画も大ヒットし、尾上松之助は国民的俳優の地位を不動のものとした。その後も「赤穂浪士」(1958年)、「忠臣蔵」(1962年)など、数多くの映画に出演し、時代劇の第一人者として君臨した。 1970年(昭和45年)に東映を退社し、フリーとなった。その後も「仁義なき戦い」(1973年)、「新仁義なき戦い」(1974年)、「県警対組織暴力」(1975年)など、数多くの映画に出演した。1976年(昭和51年)には紫綬褒章を受章し、1981年(昭和56年)には勲四等旭日小綬章を受章した。 1983年(昭和58年)1月31日、尾上松之助は東京都杉並区の自宅で脳梗塞のため死去した。享年73。尾上松之助は、映画界に多大なる貢献をした俳優として、その名を歴史に刻んだ。
エンターテインメント

中川三郎

-中川三郎- -タップダンサーとして活躍- 中川三郎さんは、1970年に東京都に生まれたタップダンサーです。 幼い頃からダンスに興味を持ち、10歳の時にタップダンスを始めました。 独学で練習を重ね、1985年にプロデビュー。 以来、国内外の舞台で活躍しています。 中川さんのタップダンスは、軽快でリズミカルなステップが特徴です。 また、タップシューズを巧みに使いこなして、様々な音色を奏でることもできます。 その卓越した技術と表現力で、多くの観客を魅了しています。 中川さんは、タップダンスの普及にも力を入れています。 1990年代からタップダンス教室を開設しており、子供から大人まで幅広い層にタップダンスを教えています。 また、全国各地でタップダンスのワークショップや講演会を開催しています。 中川さんの地道な努力により、タップダンスは日本国内で広く認知されるようになりました。 中川さんは、2000年に国の重要無形文化財「タップダンス」の保持者として認定されました。 また、2005年には日本タップダンス協会の会長に就任しました。 現在もなお、タップダンサーとして、またタップダンスの普及活動家として第一線で活躍しています。
歴史上の偉人

杜世忠

-杜世忠の生涯- 杜世忠(1895年 - 1981年)は、中国の軍人。中国人民解放軍の将軍であり、中華人民共和国の建国に貢献した。 杜世忠は1895年、江西省永新県で生まれた。1915年に軍隊に入隊し、1927年に中国共産党に入党した。1930年代には、中国労働者階級の武装蜂起で重要な役割を果たした。1937年に始まった日中戦争では、八路軍の師団長として戦った。 日中戦争終結後、杜世忠は華東野戦軍の司令員に任命された。1949年の中国人民解放軍による中国全土制圧に貢献し、中華人民共和国の建国に貢献した。 建国後は、中国人民解放軍の高級将校として活躍した。1955年に大将に昇進し、国防部長に任命された。1966年に始まった文化大革命では、迫害に遭ったが、1973年に復権した。 1981年に北京で死去した。享年86歳。 杜世忠は、中国人民解放軍の指揮官として活躍し、中華人民共和国の建国に貢献した。また、文化大革命を生き延びた数少ない軍人の一人でもあった。
歴史上の偉人

国友重章(1861-1909):明治時代のジャーナリスト

-国友重章の生涯- 国友重章は、1861年2月6日に江戸で生まれました。幼名は勘七郎、のちに重章と改名しました。父は国友安次郎、母は遊。重章は幼い頃から聡明で、学問を好みました。1874年、13歳のときに東京師範学校に入学し、1878年に卒業しました。卒業後は、小学校の教師として働きながら、ジャーナリズムの勉強をしました。 1881年、重章は「自由之理」という新聞を創刊しました。これは、日本最初の政治新聞で、自由民権運動を推進しました。また、重章は「民権論」という雑誌を創刊し、民権思想の普及に努めました。 1889年、重章は第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。重章は、議会で自由民権運動を推進し、政府の腐敗を弾劾しました。しかし、1890年に第2回衆議院議員総選挙に落選し、政界を引退しました。 1891年、重章は「東京日日新聞」の記者になりました。重章は、記者として日清戦争や日露戦争を取材し、戦争の惨禍を世に訴えました。また、重章は「民権論」を復刊し、民権思想の普及に努めました。 1909年、重章は東京で死去しました。48歳でした。重章は、自由民権運動の指導者として、日本の民主主義の発展に貢献しました。また、重章は、ジャーナリストとして、戦争の惨禍を世に訴え、平和を訴えました。
研究者

– 島川近富

- 島川近富 -# 島川近富の生涯 島川近富は、1868年(明治元年)に、尾張国中島郡瀬戸村(現在の愛知県瀬戸市)に生まれた。家は小作人で、近富は5人兄弟の末っ子だった。小学校卒業後、上京して工場で働いたが、18歳で帰郷し、家業を手伝いながら、俳句や小説を書き始めた。 1901年(明治34年)、近富は、名古屋の新聞社「東海日報」に記者として入社した。1903年(明治36年)には、短編小説「芋」を発表して、文壇デビューを果たした。1906年(明治39年)には、雑誌「新小説」に連載した小説「お鉄」が大ヒットし、一躍人気作家となった。 1908年(明治41年)に、近富は、小説「破戒」を発表した。この小説は、部落差別をテーマにしたもので、大きな反響を呼んだ。破戒は、1910年(明治43年)に映画化され、大ヒットした。 1914年(大正3年)、近富は、雑誌「ホトトギス」を創刊した。ホトトギスは、俳句の雑誌で、後に多くの著名な俳人を輩出した。1918年(大正7年)、近富は、小説「炭坑夫」を発表した。この小説は、炭鉱労働者の生活を描いたもので、大きな反響を呼んだ。 1925年(大正14年)、近富は、小説「思案湖畔(しあんここうはん)」を発表した。この小説は、瀬戸の町の生活を描いたもので、近富の代表作の一つとされている。1932年(昭和7年)、近富は、小説「春鳥(はるとり)」を発表した。この小説は、瀬戸の町の春を描いたもので、近富の最後の長編小説となった。 近富は、1935年(昭和10年)に、67歳で死去した。近富は、小説、俳句、評論など、多方面で活躍した作家である。その作品は、今も多くの人々に読み継がれている。
歴史上の偉人

太元帥明王とは?平安時代から伝わる鎮護国家の仏教明王

- 太元帥明王の起源と伝来 太元帥明王は、平安時代から伝わる鎮護国家の仏教明王です。密教では、大威徳明王、不動明王、軍荼利明王とともに四天王として祀られています。 太元帥明王の起源は、インドの神話に登場する軍神インドラであると考えられています。インドラは、雷神であり、戦争の神でもありました。インドから中国に仏教が伝来する際に、インドラも仏教に取り込まれ、太元帥明王となりました。 太元帥明王が日本に伝来したのは、平安時代初期のことです。空海が、唐から日本に密教を伝えた際に、太元帥明王も一緒に伝えました。太元帥明王は、平安時代には、国家鎮護の仏として信仰されました。 太元帥明王は、八臂八足で、右手に金剛杵、左手に金輪を持ち、頭には五鈷宝冠を戴いた姿で描かれます。金剛杵は、雷電を表し、金輪は、宇宙を表しています。五鈷宝冠は、明王の威力を表しています。 太元帥明王は、国家鎮護の仏として、今でも多くの寺院で祀られています。特に、京都の東寺と奈良の東大寺には、太元帥明王の大きな像があります。これらの像は、平安時代初期に作られたもので、国の重要文化財に指定されています。