日米大学野球大会

スポーツ分野の人

石井藤吉郎-昭和時代後期の野球界を支えた名将

早稲田大学の投手兼外野手として活躍 石井藤吉郎は、早稲田大学に入学後、投手兼外野手として活躍しました。1年春からベンチ入りを果たし、2年春にはレギュラーに定着。投手として好成績を残し、3年春にはベストナインに選出されました。4年春には打者として首位打者を獲得し、2度目のベストナインに輝きました。 大学卒業後は、社会人野球の日本石油に入社。3年目の1959年には、都市対抗野球大会で優勝を経験しました。1960年には、日本代表としてローマオリンピックに出場し、銀メダルを獲得しました。 石井藤吉郎は、早稲田大学時代から非凡な才能を見せていましたが、大学卒業後、プロ野球の道に進まず、社会人野球でプレーしたことは意外でした。しかし、社会人野球で活躍し、日本代表にも選ばれたことは、石井藤吉郎の実力の高さを物語っています。 石井藤吉郎は、社会人野球でプレーした後、1963年にヤクルトアトムズに入団しました。投手として活躍し、1年目から2桁勝利を挙げました。1967年には、セ・リーグの最多奪三振のタイトルを獲得しました。 石井藤吉郎は、ヤクルトアトムズで9年間プレーした後、1971年に引退しました。通算成績は123勝140敗18セーブ、防御率3.30でした。 石井藤吉郎は、早稲田大学時代から社会人野球、プロ野球まで、投手として活躍しました。非凡な才能を持った投手であり、昭和時代後期の野球界を支えた名将のひとりです。