日露戦争

歴史上の人物

井口省吾

-井口省吾- -明治- 大正時代の軍人- 井口省吾は、明治- 大正時代の軍人。陸軍中将。陸軍士官学校第4期卒業。日清戦争、日露戦争に従軍。日露戦争では、第3軍参謀として奉天会戦に参加。その後、陸軍大学校教官、参謀本部第3部長、第19師団長などを歴任。1918年(大正7年)、陸軍中将に昇進。1921年(大正10年)、予備役に編入。 井口省吾は、1861年(文久元年)、土佐国に生まれる。父は、土佐藩士の井口省介。母は、井口仲。兄に、井口省太郎がいる。井口省吾は、幼少期から、剣術、柔術、馬術を学ぶ。1874年(明治7年)、陸軍士官学校に入学。1877年(明治10年)、陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官。 井口省吾は、1894年(明治27年)の日清戦争に従軍。第1軍第5師団歩兵第10連隊中隊長として、旅順口の戦いに参加。1895年(明治28年)、歩兵大尉に昇進。 井口省吾は、1904年(明治37年)の日露戦争に従軍。第3軍参謀として、奉天会戦に参加。1905年(明治38年)、歩兵中佐に昇進。 井口省吾は、1910年(明治43年)に陸軍大学校教官に就任。1912年(明治45年)、参謀本部第3部長に就任。1915年(大正4年)、第19師団長に就任。1918年(大正7年)、陸軍中将に昇進。1921年(大正10年)、予備役に編入。 井口省吾は、1943年(昭和18年)に死去。享年82。
歴史上の人物

原口鶴次 ― 明治時代の功績を残した軍人

原口鶴次の生涯 原口鶴次は、1853年に福岡県で生まれました。1869年に陸軍幼年学校に入学し、1871年に陸軍士官学校を卒業しました。その後、西南戦争や日清戦争に従軍し、功績を上げました。1904年に日露戦争が勃発すると、原口鶴次は第2軍の参謀長として出征し、旅順攻囲戦や奉天会戦で活躍しました。1905年、原口鶴次は陸軍中将に昇進し、1907年には陸軍大臣に就任しました。1912年に退任するまで、日本の近代化に尽力しました。原口鶴次は、1921年に亡くなりました。 原口鶴次は、明治時代の日本を代表する軍人であり、その功績は今日でも高く評価されています。原口鶴次は、日清戦争と日露戦争で活躍し、日本の勝利に貢献しました。また、陸軍大臣として日本の近代化に尽力し、日本の軍事力を増強しました。原口鶴次は、日本の近代化に貢献した偉大な軍人であり、その功績は今日でも高く評価されています。 原口鶴次は、1853年に福岡県で生まれました。原口鶴次は、幼い頃から剣術や柔術を学び、武道を身につけていました。1869年に陸軍幼年学校に入学し、1871年に陸軍士官学校を卒業しました。原口鶴次は、陸軍士官学校を卒業後、歩兵第1連隊に配属されました。1877年に西南戦争が勃発すると、原口鶴次は西南戦争に従軍しました。原口鶴次は、西南戦争で功績を上げ、陸軍少佐に昇進しました。 1894年に日清戦争が勃発すると、原口鶴次は日清戦争に従軍しました。原口鶴次は、日清戦争で功績を上げ、陸軍大佐に昇進しました。1904年に日露戦争が勃発すると、原口鶴次は第2軍の参謀長として出征しました。原口鶴次は、旅順攻囲戦や奉天会戦で活躍し、日本の勝利に貢献しました。原口鶴次は、日露戦争で功績を上げ、陸軍中将に昇進しました。 1907年に原口鶴次は陸軍大臣に就任しました。原口鶴次は、陸軍大臣として日本の近代化に尽力しました。原口鶴次は、日本の軍事力を増強し、日本の国防を強化しました。原口鶴次は、1912年に陸軍大臣を退任しました。原口鶴次は、1921年に亡くなりました。
歴史上の人物

奥宮衛(1860-1933) – 明治に活躍した海軍軍人

-日露戦争における活躍- 奥宮衛は、日露戦争の際には連合艦隊司令長官として従軍し、数多くの作戦を成功に導いた。中でも、以下の2つの作戦は、彼の名声を高めることとなった。 * -旅順口閉塞作戦- (1904年) 旅順口は、ロシア太平洋艦隊の拠点であり、日本海軍にとって大きな脅威となっていた。奥宮衛は、旅順口に停泊するロシア艦艇を封鎖するため、旅順口に石炭船やタンカーを沈めて閉塞する作戦を立案した。この作戦は成功し、ロシア艦艇は旅順口から出ることができなくなった。 * -日本海海戦- (1905年) 日本海海戦は、日露戦争最大の海戦であり、この海戦で日本海軍はロシア太平洋艦隊を完全に撃破した。奥宮衛は、この海戦で連合艦隊を指揮し、ロシア艦隊を撃破する決定的な勝利を収めた。日本海海戦は、日本の勝利に終わり、日露戦争は日本の勝利で終結した。 奥宮衛は、日露戦争における活躍により、海軍大佐に昇進し、勲一等功三級旭日章を受章した。また、1912年には、海軍大臣に任命された。奥宮衛は、1933年に73歳で死去した。
歴史上の人物

小原文平

小原文平の生涯 小原文平は、1555年(弘治2年)に尾張国海部郡小原文(現在の愛知県海部郡蟹江町小原)に生まれた。父は小原文彦次、母は加賀氏の娘である。小原文氏は、藤原良基の流れをくむ名家で、代々尾張国の奉行を務めていた。 小原文平は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。15歳で元服し、小原文平と名乗った。18歳で尾張国の奉行となり、20歳で尾張国の守護代となった。 小原文平は、尾張国の奉行として、領内の治安維持に努めた。また、尾張国の守護代として、尾張国の軍事を統括し、織田信長の尾張統一に貢献した。 1560年(永禄3年)、織田信長が今川義元を桶狭間で破った際、小原文平は織田信長の軍勢に加わり、今川軍を討伐した。この功績により、小原文平は織田信長から感状を授けられた。 1562年(永禄5年)、小原文平は織田信長の命により、尾張国海部郡蟹江城の城主となった。小原文平は、蟹江城を拠点に、尾張国の東部を支配した。 1567年(永禄10年)、織田信長が美濃国に進攻した際、小原文平は織田信長の軍勢に加わり、美濃国の攻略に貢献した。この功績により、小原文平は織田信長から感状を授けられた。 1570年(元亀元年)、小原文平は織田信長の命により、尾張国海部郡蟹江城から尾張国知多郡野間城に移封された。野間城は、尾張国の南部にある城で、知多半島の付け根に位置している。 小原文平は、野間城を拠点に、知多半島を支配し、伊賀氏や土岐氏などの敵対勢力と戦った。小原文平は、勇猛果敢な武将として知られ、伊賀氏や土岐氏を破り、知多半島を平定した。 1582年(天正10年)、織田信長が本能寺の変で明智光秀に討たれた。小原文平は、織田信長の死後、豊臣秀吉に仕えた。豊臣秀吉の九州平定や小田原征伐にも参加し、武功を挙げた。 1598年(慶長3年)、小原文平は尾張国海部郡蟹江城に移封され、そのまま同地で没した。享年44。小原文平は、織田信長や豊臣秀吉に仕えた名将として知られている。
歴史上の人物

井上勝(2)(いのうえ まさる)- 明治時代の軍人

-日露戦争に従軍した井上勝- 日露戦争は、1904年(明治37年)2月から1905年(明治38年)9月まで、日本とロシアの間で行われた戦争です。井上勝は、この戦争に陸軍少将として従軍しました。 井上勝は、1854年(安政元年)、京都に生まれました。陸軍士官学校を卒業後、陸軍歩兵科の将校として勤務しました。日清戦争では、第5師団参謀として従軍し、功績を上げました。 日露戦争が勃発すると、井上勝は第5師団師団長として出征しました。第5師団は、旅順攻囲戦に参加し、激戦を繰り広げました。井上勝は、旅順陥落後、第2軍参謀長に任命され、奉天会戦に参加しました。 奉天会戦は、日露戦争最大の会戦であり、井上勝は、この戦いで負傷しました。しかし、井上勝は、負傷をものともせず、引き続き戦功を上げました。 日露戦争後、井上勝は、陸軍中将に昇進し、陸軍参謀次長や陸軍大臣などを歴任しました。井上勝は、1925年(大正14年)に死去しました。 井上勝は、日露戦争で功績を上げ、日本の勝利に貢献した軍人でした。井上勝の功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

渡辺為太郎 – 明治・大正時代の軍人

軍歴 渡辺為太郎は、1867年10月14日に熊本県鹿本郡山本村(現在の熊本県鹿本郡鹿本町)で、父・渡辺義雄、母・タカの長男として生まれた。1887年に陸軍士官学校に入学し、1890年に卒業した。日清戦争では、歩兵第14連隊の中隊長として出征し、激戦となった遼陽会戦や奉天会戦に参加した。1904年に始まった日露戦争では、歩兵第2連隊の大隊長として出征し、旅順攻囲戦や奉天会戦に参加した。1905年に大佐に昇進し、1909年に少将に昇進した。1912年に中将に昇進し、第5師団長に補任された。1914年に第10師団長に補任された。1915年に陸軍省軍務局長に補任された。1917年に大将に昇進し、教育総監に補任された。1919年に陸軍大臣に就任した。1923年に退役した。 渡辺為太郎は、日清戦争と日露戦争で功績を上げ、陸軍の大将まで昇進した。日露戦争では、旅順攻囲戦で第2連隊を率いて、ロシア軍の猛攻を撃退した。奉天会戦では、第2連隊を率いて、ロシア軍の右翼を攻撃し、勝利に貢献した。渡辺為太郎は、日清戦争と日露戦争で、勇敢な戦いをし、陸軍の英雄となった。
歴史上の人物

「本城安太郎」

-「本城安太郎」- -明治-大正時代の大陸浪人- 本城安太郎は、明治から大正時代にかけて活躍した大陸浪人です。1865年、薩摩藩士の子として鹿児島に生まれ、1886年に渡満しました。清国東北部で馬賊の頭目となり、また義勇軍を組織して日露戦争に参加しました。その功績により、1906年に満州総督府参事官に任命されました。しかし、袁世凱政権と対立して1912年に失脚し、1915年に死去しました。 本城安太郎は、明治-大正時代の大陸浪人の中でも、特に著名な人物です。その生涯は、日清戦争、日露戦争、辛亥革命など、激動の時代を反映しています。また、その武勇伝や人柄は、多くの人々に愛され、小説や映画の主人公にもなりました。 本城安太郎は、明治維新後の混乱期に、薩摩藩士として生まれました。幼少期から剣術や柔術を学び、1886年に渡満しました。清国東北部で馬賊の頭目となり、また義勇軍を組織して日露戦争に参加しました。その功績により、1906年に満州総督府参事官に任命されました。しかし、袁世凱政権と対立して1912年に失脚し、1915年に死去しました。 本城安太郎の生涯は、日清戦争、日露戦争、辛亥革命など、激動の時代を反映しています。また、その武勇伝や人柄は、多くの人々に愛され、小説や映画の主人公にもなりました。 本城安太郎は、明治-大正時代の大陸浪人の中でも、特に著名な人物です。その生涯は、激動の時代を反映しており、その武勇伝や人柄は、多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

田崎豊彦とは-その生涯と功績

-田崎豊彦の生い立ちと軍歴- 田崎豊彦は、1868年(明治元年)1月20日に高知県香美市土佐山田町で生まれた。父は田崎啓蔵、母は兼子である。田崎は、1886年(明治19年)に高知県師範学校を卒業し、小学校教師として教鞭を執った。しかし、1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、田崎は軍人として志願し、歩兵第11連隊に入隊した。 田崎は、日清戦争で功績を上げ、1895年(明治28年)には少尉に昇進した。その後、田崎は陸軍士官学校に入学し、1898年(明治31年)に卒業した。田崎は、卒業後は歩兵第24連隊に配属され、日露戦争に従軍した。日露戦争では、田崎は第1軍第2師団第24連隊の連隊長として、旅順攻囲戦や奉天会戦に参加した。田崎は、日露戦争で再び功績を上げ、1905年(明治38年)には中佐に昇進した。
歴史上の人物

広瀬武夫 – 明治時代の軍人

広瀬武夫の生い立ちと経歴 広瀬武夫は、1865年(慶応元年)11月29日、岡山県倉敷市に生まれました。幼少期は病弱でしたが、海軍兵学校に入学した後は健康を回復し、優秀な成績を収めました。1889年(明治22年)に海軍兵学校を卒業し、少尉に任官されました。 その後、広瀬武夫は日清戦争に参戦し、数々の戦功を挙げました。1904年(明治37年)には、日露戦争に参戦し、旅順港閉塞作戦に参加しました。この作戦で広瀬武夫は戦死しましたが、その功績は高く評価され、海軍少佐に特進し、正五位に叙せられました。 広瀬武夫は、海軍兵学校で優秀な成績を収めただけでなく、剣術や馬術にも優れていました。また、漢詩や書道にも堪能で、その才能は多岐にわたっていました。広瀬武夫は、その功績と人柄から、多くの人々に尊敬されており、今でもその名は語り継がれています。
学術分野の人

山田猪三郎

-山田猪三郎- -山田猪三郎の発明品の功績- 山田猪三郎は、1893年に日本の静岡県で生まれた発明家です。彼は、生涯にわたって数多くの発明品を開発し、その功績は世界的に認められています。 山田猪三郎の最も有名な発明品の一つは、1924年に開発した「山田式鉛筆削り器」です。この鉛筆削りは、それまでの鉛筆削りと比べてはるかに効率的で、世界中で広く使用されるようになりました。また、山田猪三郎は、1931年に開発した「山田式洗濯機」も大ヒット商品となりました。この洗濯機は、それまでの洗濯機よりもはるかに使いやすく、主婦の間で大きな支持を得ました。 山田猪三郎の発明品は、人々の生活をより便利なものにしました。彼の功績は、世界中で認められており、彼は「発明王」と呼ばれています。 -山田猪三郎の発明品の具体的な功績- 山田猪三郎の発明品は、人々の生活をより便利なものにしました。具体的には、以下の功績が挙げられます。 ・-山田式鉛筆削り器-の開発によって、鉛筆削りがより効率的になり、世界中で広く使用されるようになりました。 ・-山田式洗濯機-の開発によって、洗濯がより簡単になり、主婦の間で大きな支持を得ました。 ・-山田式冷蔵庫-の開発によって、食品の保存がより長期間可能になり、人々の健康を守りました。 ・-山田式テレビ-の開発によって、人々は自宅でテレビ番組を見ることができるようになり、娯楽の幅が広がりました。 ・-山田式パソコン-の開発によって、人々は自宅でコンピューターを使用することができるようになり、情報収集やコミュニケーションがより便利になりました。 山田猪三郎の発明品は、人々の生活をより便利なものにし、世界の発展に貢献しました。彼の功績は、世界中で認められており、彼は「発明王」と呼ばれています。
歴史上の人物

小池安之 – 明治・大正時代の軍人

日清戦争と日露戦争での活躍 小池安之は、日清戦争と日露戦争の両方で活躍した軍人です。日清戦争では、歩兵第14連隊の大隊長として、旅順の戦い、威海衛の戦いに参加し、功績を挙げました。日露戦争では、歩兵第2旅団の旅団長として、沙河の戦い、奉天の戦いに参加し、再び功績を挙げました。 日清戦争では、小池安之は歩兵第14連隊の大隊長として、旅順の戦い、威海衛の戦いに参加しました。旅順の戦いでは、小池安之は部下の兵士たちを率いて、ロシア軍の陣地を攻撃し、これを奪取しました。威海衛の戦いでは、小池安之は部下の兵士たちを率いて、清国軍の陣地を攻撃し、これを撃破しました。 日露戦争では、小池安之は歩兵第2旅団の旅団長として、沙河の戦い、奉天の戦いに参加しました。沙河の戦いでは、小池安之は部下の兵士たちを率いて、ロシア軍の陣地を攻撃し、これを撃退しました。奉天の戦いでは、小池安之は部下の兵士たちを率いて、ロシア軍の陣地を攻撃し、これを占領しました。 小池安之は、日清戦争と日露戦争の両方で活躍した功績により、勲一等旭日大綬章を授与されました。また、小池安之は、日清戦争と日露戦争の両方で活躍した功績により、男爵を授与されました。
歴史上の人物

「川尻東馬」

-# 川尻東馬の生涯 川尻東馬は、1802年(享和2年)に江戸で生まれた。父は旗本で、幼い頃から剣術や馬術を学び、12歳のときに江戸幕府の御小姓組となった。 1823年(文政6年)、東馬は18歳のときに長崎奉行所与力となり、長崎に赴任した。長崎奉行所では、異国船の取り締まりや貿易の管理を担当し、外国人の来航にも対応した。 1837年(天保8年)、東馬は32歳のときに長崎奉行に昇進し、長崎奉行所のトップとなった。長崎奉行として、東馬は外国船の取り締まりを強化し、鎖国政策を維持した。また、貿易を拡大し、長崎の経済発展に貢献した。 1846年(弘化3年)、東馬は41歳のときに江戸に戻り、勘定奉行に就任した。勘定奉行として、東馬は幕府の財政を管理し、幕府の借金を減らすことに尽力した。また、洋式軍制の導入や、海防の強化にも取り組んだ。 1853年(嘉永6年)、東馬は48歳のときに水野忠邦により老中に任命され、幕府のナンバー2となった。老中として、東馬はペリー来航に対応し、日米和親条約の締結に尽力した。また、幕府の改革にも取り組み、安政の大獄を実施した。 1859年(安政6年)、東馬は54歳のときに老中を辞任し、隠居した。隠居後は、江戸で悠々自適の暮らしを送った。 1866年(慶応2年)、東馬は61歳のときに江戸で死去した。東馬の死をもって、江戸幕府の開府以来260年続いた譜代大名の世襲は断絶した。
歴史上の人物

「吉江石之助」

-「吉江石之助」- -軍人としての歩み- 吉江石之助は、1883年(明治16年)に長野県に生まれました。1904年(明治37年)に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官しました。日露戦争には、第2師団歩兵第23連隊の少尉として出征し、旅順攻略戦に参加しました。 日露戦争後、吉江は陸軍大学校に入学し、1909年(明治42年)に卒業しました。その後、参謀本部員として勤務し、1914年(大正3年)には陸軍中佐に昇進しました。 第一次世界大戦中、吉江は欧州に出張し、ドイツ軍の戦術を研究しました。1918年(大正7年)に帰国した後、参謀本部第3部長に就任し、陸軍の作戦計画立案を担当しました。 1923年(大正12年)関東大震災が発生すると、吉江は戒厳司令官として東京の治安維持にあたりました。1925年(大正14年)に陸軍少将に昇進し、1927年(昭和2年)には第1師団長に就任しました。 1931年(昭和6年)に満州事変が勃発すると、吉江は関東軍参謀長として満州に出動しました。吉江は、張作霖爆殺事件や満州国建国に関与し、満州における日本の権益拡大に貢献しました。 1933年(昭和8年)に陸軍中将に昇進し、1935年(昭和10年)には第5軍司令官に就任しました。1937年(昭和12年)に盧溝橋事件が発生すると、吉江は第11軍司令官として華北に出動しました。吉江は、北支那方面軍司令官として第2次上海事変を指揮し、国民政府軍を撃破しました。 1938年(昭和13年)に陸軍大将に昇進し、1939年(昭和14年)には支那派遣軍総司令官に就任しました。吉江は、汪兆銘政権の樹立や日中和平交渉を進めましたが、1941年(昭和16年)に病のため帰国しました。 1944年(昭和19年)に吉江は死去しました。
歴史上の人物

伊藤俊三

伊藤俊三の生涯 1. 幼少期と学生時代 伊藤俊三は1963年7月31日、岐阜県中津川市で生まれた。彼は幼い頃から漫画に興味を持ち、小学生の頃にはすでに漫画を描き始めていた。中学校卒業後は、岐阜県立中津高等学校に進学。高校時代は美術部に所属し、漫画の制作に励んだ。 2. デビュー 高校卒業後は、東京藝術大学に進学。大学在学中に、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の漫画賞に応募し、入賞を果たした。1987年、同誌に掲載された「富江」でデビューした。 3. 代表作 伊藤俊三の代表作は、「富江」「うずまき」「ギョ」「トミエ」「首吊り気球」などがある。これらの作品は、ホラー漫画の傑作として高く評価されている。 4. 作風 伊藤俊三の作風は、ホラー、サスペンス、オカルト、SFなど、さまざまな要素を組み合わせたものである。彼の作品は、人間の恐怖や不安をリアルに描き、読者に強いインパクトを与える。 5. 受賞歴 伊藤俊三は、数々の漫画賞を受賞している。主な受賞歴は、以下の通りである。 * 1989年小学館漫画賞(『富江』) * 1993年第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『うずまき』) * 2001年第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞(『ギョ』) * 2003年第48回小学館漫画賞(『トミエ』) 6. 影響 伊藤俊三は、多くの漫画家に影響を与えている。彼の作風は、ホラー漫画の新しい潮流を生み出し、日本の漫画界に大きな影響を与えた。 7. 現在 現在も、伊藤俊三は漫画の制作を続けている。2020年には、新作「残響」を連載開始した。
歴史上の人物

江頭安太郎 – 海軍軍人として活躍した明治-大正時代の傑物

江頭安太郎の生涯と功績 佐賀県佐賀郡久保田村(現・佐賀市)に生まれた江頭安太郎は、海軍軍人として明治から大正時代にかけて活躍した傑物です。日露戦争における旅順攻囲戦や、第一次世界大戦における青島攻略戦で活躍し、「海軍の鬼傑」として名声を得ました。 江頭安太郎は、佐賀県立佐賀中学校卒業後、海兵機関学校に入学し、首席で卒業しました。日清戦争では、巡洋艦「吉野」の機関長として従軍し、功績を挙げました。日露戦争では、旅順攻囲戦において、水雷艇隊を率いてロシア艦隊を攻撃し、旅順港を閉塞することに成功しました。この功績により、江頭安太郎は少佐に昇進し、旭日小綬章を受章しました。 日露戦争後、江頭安太郎は、海軍省の機関部員として勤務し、海軍の近代化に尽力しました。1910年には、巡洋戦艦「筑波」の艦長に任命され、第一次世界大戦では、青島攻略戦に参加しました。青島攻略戦では、江頭安太郎は水雷戦隊を率いて、ドイツ海軍の駆逐艦を撃沈しました。この功績により、江頭安太郎は中佐に昇進し、功三級金鵄勲章を受章しました。 第一次世界大戦後、江頭安太郎は、海軍省の機関部員として勤務し、海軍の近代化に尽力しました。1920年には、海軍中将に昇進し、1923年には、海軍次官に就任しました。海軍次官として、江頭安太郎は、海軍の軍備拡張を推進し、海軍力の強化に貢献しました。 江頭安太郎は、1926年に海軍大将に昇進し、1927年に海軍大臣に就任しました。海軍大臣として、江頭安太郎は、海軍の軍備拡張を推進し、海軍力の強化に貢献しました。また、国際軍縮会議に参加し、海軍の軍縮に尽力しました。 江頭安太郎は、1930年に海軍大臣を辞任し、予備役に編入されました。その後、江頭安太郎は、海軍の顧問として、海軍の近代化に尽力しました。江頭安太郎は、1936年に死去しました。
歴史上の人物

「橋元 正明」

-薩摩藩出身の武士- 橋元 正明は、薩摩藩出身の武士。 橋元正明は、薩摩藩の武士として生まれた。幕末には、薩摩藩の軍隊である薩摩藩軍に参加して戊辰戦争を戦い、維新後は明治政府の官吏として活躍した。 戊辰戦争では、薩摩藩軍の軍監として奥羽越列藩同盟軍と戦い、功績を挙げた。維新後は、明治政府の官吏として内務省や大蔵省で勤務し、西南戦争にも出陣した。 西南戦争では、政府軍の参謀として薩摩藩軍と戦い、薩摩藩軍の降伏に貢献した。西南戦争後は、明治政府の官吏として引き続き勤務し、1890年に退官した。 橋元正明は、薩摩藩の武士として戊辰戦争や西南戦争を戦い、明治政府の官吏として活躍した人物である。
歴史上の人物

相原文四郎 – 日本海軍の軍人

-人名辞典-相原文四郎- 相原文四郎(そうげんぶんしろう、1888年(明治21年)4月10日 - 1945年(昭和20年)6月18日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。太平洋戦争において、第一遊撃隊の司令官としてソロモン諸島方面で活躍した。 相原文四郎は、1888年(明治21年)4月10日、静岡県浜松市に生まれた。1904年(明治37年)に海軍兵学校に入学し、1907年(明治40年)に卒業。卒業後は、戦艦「扶桑」乗組員、海軍砲術学校教官、海軍省軍務局員などを歴任した。 1941年(昭和16年)太平洋戦争が勃発すると、相原文四郎は第一遊撃隊司令官に任命された。第一遊撃隊は、空母4隻、巡洋艦2隻、駆逐艦10隻で構成されており、連合艦隊の主力部隊の一つであった。 相原文四郎は、第一遊撃隊を率いて、ソロモン諸島方面の戦いにおいて活躍した。1942年(昭和17年)5月、珊瑚海海戦に参加し、アメリカ海軍の空母「レキシントン」を撃沈した。また、同年10月、南太平洋海戦に参加し、アメリカ海軍の空母「ホーネット」を撃沈した。 しかし、1943年(昭和18年)6月、第一遊撃隊はミッドウェー海戦で壊滅的な打撃を受けた。相原文四郎は、この海戦で負傷し、その後、海軍省軍務局長に転任した。 相原文四郎は、1945年(昭和20年)6月18日、呉市で戦死した。享年57。
政治分野の人

中村清造と明治-昭和の政治

- 中村清造の生涯 中村清造は、1857年(安政4年)に、現在の福島県磐梯町で、中村清兵衛の五男として生まれました。1876年(明治9年)に、東京大学法学部を卒業し、司法省に入省しました。1881年(明治14年)には、ドイツに留学し、政治学を学びました。 1886年(明治19年)に帰国すると、内務省に入省し、地方行政を担当しました。1893年(明治26年)には、衆議院議員に当選し、政治家としての道を歩み始めました。1898年(明治31年)には、法制局長官に任命され、法律の整備に尽力しました。 1901年(明治34年)には、第1次桂内閣で内務大臣に就任し、その後も、数多くの閣僚を歴任しました。1916年(大正5年)には、第2次大隈内閣で首相に就任しました。しかし、第一次世界大戦の影響を受けて、政権は短命に終わりました。 首相退任後も、中村清造は、政界で活躍を続けました。1925年(大正14年)には、枢密院議長に任命され、1936年(昭和11年)まで務めました。1937年(昭和12年)に死去するまで、政治家として日本の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

後藤常伴-陸軍少将として明治時代に活躍した軍人

-嘉永元年生まれの播磨出身の軍人- 後藤常伴は、嘉永元年(1848年)播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)に生まれた。幼名は与三郎、通称は玄一郎。明治維新後は、陸軍少将まで昇進した軍人である。 後藤は、姫路藩校の好古堂で学んだ後、藩兵として戊辰戦争に参加。その後、明治政府の陸軍に入隊し、西南戦争で功績を上げた。日清戦争では、第2師団参謀長として出征し、威海衛の攻略に貢献した。 後藤は、明治35年(1902年)に陸軍少将に昇進し、翌年に退役した。退役後は、貴族院議員に勅選され、明治43年(1910年)まで務めた。後藤は、明治45年(1912年)に死去した。 後藤は、明治維新後、陸軍の発展に貢献した軍人である。また、貴族院議員として、日本の政治にも携わった。
歴史上の人物

大久保利貞:明治時代の軍人の生涯と功績

大久保利貞の生い立ちと軍歴 大久保利貞は、1830年(天保元年)、薩摩藩藩士・大久保利通の長男として鹿児島に生まれた。幼名は利右衛門。1847年(弘化4年)、18歳のときに薩摩藩の藩校である造士館に入学し、剣術や兵学を学ぶ。1853年(嘉永6年)、ペリー来航に際して、薩摩藩の藩兵として江戸に派遣される。1854年(安政元年)、薩摩藩の藩兵として日米修好通商条約の調印式に随行し、アメリカに渡る。1855年(安政2年)、薩摩藩の藩兵として下田奉行所詰となり、外国船の監視にあたる。1857年(安政4年)、薩摩藩の藩兵として日米修好通商条約の批准書交換式に随行し、アメリカに渡る。1858年(安政5年)、薩摩藩の藩兵として日英修好通商条約の締結交渉に随行し、イギリスに渡る。1859年(安政6年)、薩摩藩の藩兵として日米修好通商条約の批准書交換式に随行し、アメリカに渡る。 1860年(万延元年)、薩摩藩の藩兵として日仏修好通商条約の締結交渉に随行し、フランスに渡る。1861年(文久元年)、薩摩藩の藩兵として日蘭修好通商条約の締結交渉に随行し、オランダに渡る。1862年(文久2年)、薩摩藩の藩兵として生麦事件の処理にあたり、イギリス軍と交戦する。1863年(文久3年)、薩摩藩の藩兵として薩英戦争に参加し、イギリス軍と交戦する。 1864年(元治元年)、薩摩藩の藩兵として第一次長州征伐に参加し、長州藩と交戦する。1865年(慶応元年)、薩摩藩の藩兵として第二次長州征伐に参加し、長州藩と交戦する。1866年(慶応2年)、薩摩藩の藩兵として戊辰戦争に参加し、幕府軍と交戦する。1867年(慶応3年)、薩摩藩の藩兵として江戸城を無血開城させ、幕府を倒す。1868年(明治元年)、明治政府の陸軍少将に任命される。 1869年(明治2年)、明治政府の陸軍中将に任命される。1870年(明治3年)、明治政府の陸軍大将に任命される。1871年(明治4年)、明治政府の参議に任命される。1873年(明治6年)、明治政府の陸軍卿に任命される。1874年(明治7年)、明治政府の文部卿に任命される。1875年(明治8年)、明治政府の農商務卿に任命される。1876年(明治9年)、明治政府の内務卿に任命される。1877年(明治10年)、明治政府の陸軍卿に任命される。 1878年(明治11年)、明治政府の参議に任命される。1879年(明治12年)、明治政府の陸軍卿に任命される。1880年(明治13年)、明治政府の文部卿に任命される。1881年(明治14年)、明治政府の農商務卿に任命される。1882年(明治15年)、明治政府の内務卿に任命される。1883年(明治16年)、明治政府の陸軍卿に任命される。
歴史上の人物

竹田宮恒久王について

-竹田宮恒久王の生涯- 竹田宮恒久王は、1882年(明治15年)1月22日に、久邇宮邦彦王の第四王子として誕生しました。母は、北白川宮能久親王妃祥子です。 恒久王は、幼少期から聡明で、学習院初等科から中等科まで首席で卒業しました。1902年(明治35年)に陸軍士官学校に入学し、1904年(明治37年)に卒業しました。その後、近衛歩兵第一連隊に配属され、日露戦争に従軍しました。 日露戦争後、恒久王はドイツに留学しました。ドイツでは、陸軍大学校で学び、1909年(明治42年)に卒業しました。帰国後は、近衛歩兵第一連隊の大隊長や、陸軍士官学校の教官を歴任しました。 1915年(大正4年)、恒久王は竹田宮を創設し、皇族になりました。竹田宮は、京都市上京区に邸宅を構え、皇族としての公務をこなしながら、陸軍士官学校の校長や、陸軍省の次官などを歴任しました。 恒久王は、1922年(大正11年)に、久宮静子内親王と結婚しました。静子内親王は、大正天皇の第二皇女です。恒久王と静子内親王の間には、3男3女をもうけました。 恒久王は、1940年(昭和15年)に、陸軍大将に昇進しました。太平洋戦争中は、陸軍大臣や、参謀総長などを歴任しました。しかし、戦争末期になると、恒久王は戦争の終結を主張するようになりました。1945年(昭和20年)8月15日、恒久王は、終戦の詔書を朗読しました。 終戦後、恒久王は、公職から退きました。晩年は、京都市上京区の邸宅で、靜子内親王と静かに暮らしました。恒久王は、1945年(昭和20年)12月28日に、63歳で薨去しました。
美術分野の人

織田東禹:明治・昭和期の偉大な洋画家

-織田東禹の生い立ちと経歴- 織田東禹は、1885年(明治18年)2月18日に岐阜県郡上郡八幡町に生まれました。幼少期から絵を描くことが大好きで、独学で絵を学びました。 1907年(明治40年)に、上京して東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。在学中は、洋画を学び、特に西洋近代絵画を研究しました。 1912年(明治45年)に、東京美術学校を卒業しました。卒業後は、ヨーロッパに留学しました。フランス、イタリア、スペインなどを巡り、西洋近代絵画を学びました。 1917年(大正6年)に、日本に帰国しました。帰国後は、東京美術学校で教鞭を執りました。また、洋画壇の重鎮として、活躍しました。 1933年(昭和8年)に、帝国美術院会員に選出されました。1944年(昭和19年)に、文化勲章を受章しました。 1954年(昭和29年)7月7日に、東京都で死去しました。享年69歳でした。 織田東禹は、明治・昭和期の偉大な洋画家でした。西洋近代絵画を学び、日本独自の洋画を確立しました。その作品は、現在でも多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

山岡熊治 – 明治時代の軍人・社会事業家

山岡熊治の生涯 山岡熊治は、1841年(天保12年)に愛知県渥美郡長沢村(現・豊橋市)に生まれた。幼名は熊太郎。農家の次男坊だったが、幼い頃から頭が良く、10歳の時には村の寺子屋で漢学を学び始めた。15歳の時には、名古屋にある藩校の明倫堂に入学。そこで、儒学や兵学を学び、剣術や槍術にも優れていた。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、山岡は尾張藩の兵士として参戦。各地を転戦し、功績を挙げた。1869年(明治2年)には、陸軍少尉に任官。翌年には、フランスに留学し、軍事学を学んだ。 1874年(明治7年)に帰国した後、山岡は陸軍中尉に昇進し、熊本鎮台の歩兵第2連隊の連隊長に任命された。1877年(明治10年)の西南戦争では、政府軍として参戦し、激戦地の田原坂で活躍した。 1881年(明治14年)には、陸軍大佐に昇進し、歩兵第1連隊長に任命された。翌年には、陸軍少将に昇進し、歩兵第1旅団長に任命された。1885年(明治18年)には、陸軍中将に昇進し、第3師団長に任命された。 1894年(明治27年)の日清戦争では、山岡は第2軍の司令官として出征し、平壌や旅順の戦いで清国軍を破り、連戦連勝を収めた。1895年(明治28年)には、陸軍大将に昇進し、第1軍の司令官に任命された。 1904年(明治37年)の日露戦争では、山岡は満州軍の総司令官として出征し、遼陽会戦や奉天会戦でロシア軍を破り、日本の勝利に貢献した。1906年(明治39年)には、元帥に昇進し、陸軍大臣に任命された。 1914年(大正3年)には、退役し、政界入りした。1915年(大正4年)には、貴族院議員に勅選され、その後、枢密顧問官や内閣顧問などを歴任した。 1933年(昭和8年)、山岡は93歳で亡くなった。死後、従一位大勲位に叙せられ、靖国神社に合祀された。
歴史上の人物

高村謹一:明治~昭和前期の国家主義者

-国家主義者・高村謹一- 高村謹一は、明治~昭和前期に活躍した国家主義者であり、右翼思想家であります。1875年(明治8年)に長野県小県郡荒井村(現上田市)に生まれ、1944年(昭和19年)に69歳で死去しました。 高村は、若い頃から国粋主義や反共主義の思想に傾倒し、1901年(明治34年)には、右翼団体「黒龍会」に入会しました。黒龍会は、ロシアの南下政策に対抗するため、清朝を支援することを目的とした団体で、高村は、その中心メンバーとして活動しました。 1910年(明治43年)には、黒龍会の機関誌「黒龍」を創刊し、編集長を務めました。「黒龍」は、国粋主義や反共主義を主張する記事を掲載し、大きな反響を呼びました。 また、高村は、1911年(明治44年)の辛亥革命の際には、清朝を支援するため、義勇軍を組織して中国に渡りました。しかし、義勇軍は、袁世凱率いる中華民国軍に敗北し、高村は日本に帰国しました。 高村は、帰国後も、国家主義や反共主義の思想を主張し続け、1925年(大正14年)には、右翼団体「建国義塾」を設立しました。建国義塾は、国家主義教育を行う学校であり、高村は、その校長を務めました。 1930年代に入ると、高村は、軍部や右翼団体との関係を強め、1932年(昭和7年)の五・一五事件では、首謀者の1人として逮捕されました。しかし、まもなく釈放されて、活動を再開しました。 1936年(昭和11年)には、二・二六事件の際には、決起した青年将校を支援し、事件の拡大を図りました。しかし、事件は失敗に終わり、高村は再び逮捕されました。 高村は、その後も、国家主義や反共主義の思想を主張し続けましたが、1944年(昭和19年)に死去しました。 高村謹一は、明治~昭和前期の国家主義運動を代表する人物の1人であり、その思想は、日本の近代史に大きな影響を与えました。