早稲田大学

スポーツ分野の人

渡部暁斗:飛躍するノルディックスキー複合選手

-競技における功績- 渡部暁斗は、ノルディックスキー複合のワールドカップで10勝を挙げ、世界選手権で2度優勝し、オリンピックで1度優勝している。彼はまた、スキージャンプのワールドカップで2勝を挙げている。 渡部暁斗の競技における功績は、彼の優れたスキージャンプ技術と、クロスカントリーでのスタミナとスピードに支えられている。彼は、スキージャンプで高い得点を獲得し、クロスカントリーではライバルを追い抜いて勝利を収めることが多い。 渡部暁斗は、2014年のソチオリンピックで団体戦で金メダルを獲得し、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した。彼はまた、2017年の世界選手権で個人ノーマルヒルと団体戦で優勝し、2019年の世界選手権で個人ノーマルヒルで3位に入賞した。 渡部暁斗は、ノルディックスキー複合界で最も成功した選手の1人であり、今後も多くのタイトルを獲得すると期待されている。彼は、2022年の北京オリンピックで金メダルを獲得することを目指しており、その才能と努力があれば、その目標を達成する可能性は高い。
政治分野の人

– 砂川雄峻

- 砂川雄峻の生涯 砂川雄峻は、1931年(昭和6年)2月15日、東京で生まれました。1954年(昭和29年)に東京大学法学部を卒業し、同年司法試験に合格しました。1956年(昭和31年)に裁判官となり、その後、判事補、判事を歴任しました。 1989年(平成元年)に最高裁判事に就任し、2003年(平成15年)まで務めました。最高裁判事時代には、多くの判決に関わり、その裁判官としての業績は高く評価されています。 砂川雄峻は、2018年(平成30年)11月22日に死去しました。 -# 砂川雄峻の判決 砂川雄峻は、最高裁判事時代には、多くの判決に関わりました。その中でも、特に有名な判決は、次の3つです。 * 「砂川事件判決」(1959年(昭和34年)) * 「薬事法事件判決」(1966年(昭和41年)) * 「日米地位協定事件判決」(1993年(平成5年)) 「砂川事件判決」は、米軍の基地拡張に反対する住民が、基地の撤去を求めて起こした訴訟に関する判決です。この判決で、砂川雄峻は、米軍基地の設置は、日本の主権を侵害するものではないと判断し、住民の請求を棄却しました。 「薬事法事件判決」は、医薬品について、その広告や販売に制限を設ける薬事法の規定が、憲法で保障される表現の自由を侵害するかどうかが争われた事件に関する判決です。この判決で、砂川雄峻は、薬事法の規定は、表現の自由を不当に制限するものではないと判断し、合憲としました。 「日米地位協定事件判決」は、日米地位協定の適用範囲が争われた事件に関する判決です。この判決で、砂川雄峻は、日米地位協定は、在日米軍人及び軍属にのみ適用されるものであり、在日米軍基地に居住する日本人には適用されないものと判断しました。
学術分野の人

坂崎坦 – 西洋美術史の研究者

坂崎坦の生涯と功績 坂崎坦(1886-1965)は、西洋美術史の研究者であり、日本の美術史学界における先駆者の一人である。東京帝国大学に西洋美術史の講座を開設し、多くの弟子を育てた。1952年に文化勲章を受章している。 坂崎坦は、1886年に愛知県名古屋市に生まれた。1908年に東京帝国大学文科大学美学科に入学し、西洋美術史を専攻した。1912年に大学を卒業後、1913年に東京帝国大学講師に就任した。1917年に助教授、1922年に教授に昇進した。1949年には東京大学総長に就任し、1950年に退任した。 坂崎坦の研究は、西洋美術史全般にわたっているが、特にイタリア・ルネサンス美術の研究に力を注いだ。1924年には、イタリア・フィレンツェに留学し、ウフィツィ美術館やピッティ美術館のコレクションを研究した。また、1930年には、フランス・パリに留学し、ルーブル美術館のコレクションを研究した。 坂崎坦の研究は、西洋美術史の研究に大きな貢献をした。坂崎坦は、イタリア・ルネサンス美術の研究において、その様式や構成を分析し、その精神性を明らかにした。また、西洋美術史の通史を体系的にまとめ、西洋美術史の研究に新たな方向性を示した。 坂崎坦は、日本の美術史学界における先駆者の一人であり、西洋美術史の研究に大きな貢献をした。坂崎坦の研究は、今日でも多くの研究者によって継承され、発展されている。
その他

後藤基治の生涯と功績

-後藤基治の生涯と功績- -昭和時代の新聞記者,実業家の生涯- 後藤基治は、1896年に福島県に生まれました。1915年に東京帝国大学法科大学を卒業し、毎日新聞社に入社しました。毎日新聞社では、記者として活躍し、1923年の関東大震災では、被災地の状況をいち早く報道して高い評価を受けました。 1927年に毎日新聞社を退社し、実業家として独立しました。1928年に、日本電報通信社(現・電通)を設立しました。日本電報通信社は、日本の広告業界を牽引する企業となり、後藤基治は広告業界の父と呼ばれました。 後藤基治は、1969年に亡くなりましたが、彼の功績は今日でも高く評価されています。日本電報通信社は、日本最大の広告会社であり、日本の広告業界を牽引する存在です。また、後藤基治の生涯は、昭和時代の日本のジャーナリズムと実業界の発展を象徴しています。 -後藤基治の功績- * 毎日新聞社の記者として、関東大震災をいち早く報道して高い評価を受けた。 * 日本電報通信社(現・電通)を設立し、日本の広告業界を牽引した。 * 日本の広告業界の父と呼ばれた。 * 昭和時代の日本のジャーナリズムと実業界の発展に貢献した。 -後藤基治の人物像- 後藤基治は、誠実で努力家な人物でした。また、先見の明があり、新しいことに挑戦することを恐れませんでした。日本電報通信社を設立したのも、彼が新しいことに挑戦した結果です。後藤基治は、日本の広告業界に大きな功績を残した偉大な人物でした。
学術分野の人

森銑三-書誌学を極めた生涯

-森銑三の生涯と功績- 森銑三は、1897年1月18日に石川県金沢市に生まれた。父は森銑次郎、母は近江の丸岡藩士の Tochterである。学業成績は非常に良く、石川県立金沢第一中学校を経て、1916 年に第一高等学校に入学した。当時、第一高等学校は文科と理科に分かれていたが、森は文科を選んだ。 1919年、森は東京帝国大学文学部国文科に入学した。在学中は、坪内逍遥、佐佐木信綱、折口信夫、久保田万太郎 らに師事し、日本文学を学んだ。1923年には東京帝国大学を卒業し、卒業後は東京府立第四中学校に教諭として採用された。 森は、教員として働きながら、日本文学の研究を続けた。1927年には、処女作である『石川啄木の研究』を出版した。この本は、啄木の生涯と作品を詳細に分析したもので、高く評価された。 1930年に森は、第一高等学校の教授に就任した。第一高等学校では、日本文学を教えながら、研究を続けた。1937年には、『日本書誌学概説』を出版した。この本は、書誌学の入門書として広く読まれ、森は書誌学の第一人者として注目されるようになった。 1941年に森は、東京帝国大学文学部国文科の教授に就任した。東京帝国大学では、日本文学と書誌学を教えた。1949年には、『石川啄木』を出版した。この本は、啄木の生涯と作品をさらに詳しく分析したもので、森の代表作の一つとなった。 1957年に森は、東京帝国大学を定年退職した。退職後は、日本文学と書誌学の研究を続け、多くの著書を出版した。1962年には、文化功労者に選ばれた。1974年10月1日に死去した。享年77歳。 森は、日本文学と書誌学の研究に大きな功績を残した。森の研究は、日本文学の理解を深め、書誌学の発展に貢献した。森は、日本文学と書誌学の研究者として、今もなお高く評価されている。
学術分野の人

畠山健:明治時代の国文学者

畠山健の生涯 畠山健は、明治時代初期の国文学者です。1839年、下総国佐倉(現在の千葉県佐倉市)に生まれました。幼名は萬次郎といい、後に健と改めます。父親は佐倉藩士の畠山久太夫でした。 畠山健は、幼少期から漢学を学び、16歳のときに江戸に出て、昌平黌に入学します。昌平黌で漢学を学びながら、国学にも興味を持ち、私塾に通って国学を学びました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、畠山健は新政府軍に参加し、彰義隊との戦いで功績を上げます。戦後、新政府に出仕し、国文学の研究と教育に携わりました。 1871年、畠山健は Tokyo大学 (当時の名称は東京大学) の教授に任命され、国文学の講義を担当しました。 1878年、畠山健は、国文学研究の成果をまとめた「国文学史」を出版しました。この本は、日本の国文学の歴史を体系的にまとめた最初の著書であり、国文学研究において画期的な役割を果たしました。 1885年、畠山健は Tokyo大学 を退職し、私塾を開いて国文学の研究と教育を続けました。 1897年、畠山健は永眠しました。享年59歳でした。畠山健は、国文学研究の分野で多くの功績を残した偉大な学者です。 畠山健の主な業績は以下の通りです。 * 「国文学史」の出版(1878年) * 「新撰和歌集」の編纂(1884年) * 「源氏物語」の注釈(1887年) * 「古今和歌集」の注釈(1894年) 畠山健は、国文学研究の分野で多くの功績を残した偉大な学者です。その業績は、現代の国文学研究の基礎を築いたといっても過言ではありません。
歴史上の人物

→ 坂本三郎

-坂本三郎- -明治・大正時代の官僚- 坂本三郎(1861年12月9日 - 1924年8月19日)は、明治・大正時代の官僚。内務次官、台湾総督府民政長官などを歴任した。 -略歴- 坂本三郎は、1861年12月9日に、現在の鹿児島県に生まれた。1879年に東京帝国大学法学部を卒業後、内務省に入省した。1890年に内務次官に就任し、1895年に台湾総督府民政長官に就任した。1906年に内務大臣に就任し、1911年に退任した。その後、1912年に枢密顧問官に任命された。 -功績- 坂本三郎は、内務次官として、地方自治制度の整備に尽力した。また、台湾総督府民政長官として、台湾の近代化に貢献した。坂本三郎は、日本の近代化に大きな功績を残した官僚である。 -主な著書- * 『地方自治に関する講演集』 * 『台湾統治の回顧』 -関連文献- * 『坂本三郎伝』 * 『明治・大正期の官僚』
学術分野の人

高杉滝蔵:早稲田英学三名人の一人

-高杉滝蔵の生涯と経歴- 高杉滝蔵は、1853年(嘉永六年)12月18日、現・愛媛県越智郡上島町弓削に生まれました。父は福山藩士・森沢基。母は、商人・高杉丈造の娘・たけ。高杉滝蔵は、養子に出され、高杉姓を名乗るようになりました。 高杉滝蔵は、1872年(明治5年)に上京し、慶應義塾に入学しました。慶應義塾では、福沢諭吉や中村敬宇などの指導を受け、英語や法律を学びました。1875年(明治8年)に慶應義塾を卒業し、1876年(明治9年)に司法省に入省しました。 司法省では、民事局長や刑事局長などの要職を歴任しました。1898年(明治31年)には、大審院判事に任命されました。1900年(明治33年)には、早稲田大学の学長に就任しました。 早稲田大学では、大学院の設置や図書館の拡充など、多くの改革を行いました。また、早稲田大学出版部を設立し、学術書の出版に力を入れました。1905年(明治38年)には、早稲田大学総長に就任しました。 高杉滝蔵は、1916年(大正5年)に亡くなりました。享年63歳でした。 高杉滝蔵は、日本の法曹界や教育界に大きな功績を残した人物です。また、早稲田大学の発展に尽くし、早稲田大学の礎を築いた人物として知られています。
経済分野の人

林癸未夫 – 日本を代表する経済学者

人名辞典 - 林癸未夫 林癸未夫(はやし とみお)は、1927年12月1日に東京で生まれ、2012年12月27日に東京で死去した日本の経済学者である。専門はマクロ経済学、経済政策、財政学であり、一橋大学名誉教授、日本経済研究センター名誉理事長、経済審議会会長、等を歴任した。 林癸未夫は、1951年に一橋大学経済学部を卒業し、1953年に同大学院経済学研究科修士課程を修了した。その後、1956年に一橋大学経済学部助教授となり、1963年に同教授に昇進した。1972年から1976年まで一橋大学経済学部長を務め、1977年から1981年まで一橋大学学長を務めた。 1981年に一橋大学を定年退職後、日本経済研究センター名誉理事長、経済審議会会長、価格安定推進議員連盟会長、等を歴任した。また、1982年から1986年まで日本経済学会会長を務めた。 林癸未夫は、経済政策の研究において、景気動向の予測や経済成長のメカニズムを分析するマクロ経済学を専門としていた。また、財政政策や金融政策の有効性についても研究していた。 林癸未夫は、経済政策の研究において、景気動向の予測や経済成長のメカニズムを分析するマクロ経済学を専門としていた。また、財政政策や金融政策の有効性についても研究していた。 林癸未夫の著書には、以下のようなものがある。 * 『マクロ経済学の基礎』(1964年) * 『財政学の基礎』(1968年) * 『経済政策の基礎』(1973年) * 『経済学の歩み』(1982年) * 『経済学の課題』(1986年)
歴史上の人物

岡野養之助-明治-昭和時代前期の新聞人とその功績

岡野養之助の生い立ちと経歴 岡野養之助は、1872年(明治5年)に兵庫県神戸市に生まれました。幼い頃から新聞に興味を持ち、1888年(明治21年)に大阪朝日新聞社に入社しました。その後、1891年(明治24年)に東京朝日新聞社に移り、1902年(明治35年)には社長に就任しました。 岡野養之助は、社長在任中に数多くの功績を残しました。その一つが、1904年(明治37年)に日露戦争の戦況を報道するために、特派員を戦場に派遣したことでした。これは、日本初の海外特派員の派遣であり、岡野養之助のジャーナリズムに対する情熱を物語るエピソードです。 また、岡野養之助は、1908年(明治41年)に日本初の総合週刊誌「サンデー毎日」を創刊しました。これは、日本のジャーナリズムの発展に大きく寄与した功績であり、岡野養之助は日本の新聞界の発展に欠かせない人物であると言えます。 岡野養之助は、1940年(昭和15年)に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。
文学分野の人

木村修吉郎 – 大正-昭和時代の劇作家,小説家

-木村修吉郎の生涯と功績- 木村修吉郎は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した劇作家、小説家です。彼は、1886年(明治19年)に東京に生まれ、早稲田大学大学院を卒業後、劇団「自由劇場」に参加しました。その後、劇団「築地小劇場」の創立に参加し、多くの戯曲を執筆しました。また、小説家として、短編小説や長編小説を執筆しました。木村修吉郎は、1965年(昭和40年)に亡くなりました。 木村修吉郎は、大正-昭和時代の日本の演劇界に大きな影響を与えた劇作家、小説家です。彼は、多くの戯曲を執筆し、その作品は、日本の演劇界の発展に貢献しました。また、小説家としても活躍し、その作品は、日本の文学界の発展に貢献しました。 木村修吉郎の代表作には、戯曲「父帰る」「夜長姫と耳男」「泥人形」「船乗り九平」、小説「海の勇者」「闇に叫ぶ」「裸の町」などがあります。これらの作品は、いずれも、日本の演劇界、文学界の発展に貢献した作品です。 木村修吉郎は、日本を代表する劇作家、小説家の一人であり、その功績は、日本の演劇界、文学界の発展に多大な影響を与えました。
文学分野の人

浅原六朗-モダニズム文学の作家

浅原六朗の生涯 浅原六朗は、1885年(明治18年)に北海道小樽市に生まれました。父親は医師、母親は教育者という裕福な家庭に育ち、幼少期から読書に親しんでいました。1903年(明治36年)に東京帝国大学に入学し、英文科を専攻しました。在学中に「白樺」同人となり、武者小路実篤、志賀直哉、有島武郎らと親交を深めました。 1908年(明治41年)に大学卒業後、北海道庁に入庁し、地方官吏として働きました。しかし、すぐに文学への情熱が再燃し、1912年(明治45年)に退職して上京しました。翌年には、処女作である小説「或る女」を発表し、文壇にデビューしました。 1914年(大正3年)に、第二作目の小説「泡」を発表し、一躍脚光を浴びるようになりました。この作品は、人妻と青年との不倫を描いたもので、当時の社会に大きな波紋を投げかけました。浅原六朗は、この作品で「モダニズム文学の作家」としての地位を確立しました。 その後も、浅原六朗は数多くの小説を発表し続けました。代表作として、「妻と女」(1916年)、「不倫」(1918年)、「死の誘惑」(1920年)などがあります。これらの作品は、いずれも人間の心理や社会の問題を描いたもので、鋭い洞察力と文才が光っています。 浅原六朗は、1969年(昭和44年)に84歳で亡くなりました。遺作となった小説「告別」は、死の直前に執筆されたもので、人生の終わりを悟った主人公の心情が描かれています。この作品は、浅原六朗の文学の集大成であり、彼の死後も長く読み継がれています。
学術分野の人

原田鋼

- 原田鋼の人物像 原田鋼は、日本の実業家で、ソニーの創業者の一人です。1925年、東京に生まれ、東京工業大学を卒業後、ソニーの前身である東京通信研究所に入社しました。1946年には、井深大氏らとともにソニーを設立し、トランジスタラジオの開発に成功しました。その後、ソニーの社長に就任し、ウォークマンやプレイステーションなど、数々のヒット商品を世に送り出しました。2005年に逝去するまで、ソニーの会長兼CEOを務めました。 原田鋼は、ソニーの成功を支えた功績で高く評価されています。彼は、技術革新に積極的で、常に新しい製品の開発に取り組んでいました。また、優れた経営手腕を発揮し、ソニーを世界有数の大企業に育て上げました。 原田鋼は、情熱的でクリエイティブな人物でした。彼は、新しいアイデアを思いつくと、すぐに実行に移しました。また、失敗を恐れませんでした。何度失敗しても、諦めずにチャレンジし続けました。 原田鋼は、ソニーの社風を形作った人物でもあります。彼は、社員に自由な発想を奨励し、チャレンジ精神を養いました。また、社員一人ひとりを大切にし、敬意を持って接していました。 原田鋼は、日本の経済界を代表する人物の一人でした。彼は、ソニーの成功を支えただけでなく、日本の産業発展にも貢献しました。彼の功績は、いつまでも語り継がれるでしょう。
学術分野の人

兼子宙 – 社会心理学者のパイオニア

- 兼子宙 - 社会心理学者のパイオニア -# 社会心理学者としての功績 兼子宙は、日本における社会心理学の黎明期を代表する人物の一人です。彼は、社会心理学を「社会現象の心理学的分析」と定義し、個人の心理を社会的な文脈の中で理解する必要性を説きました。また、社会心理学における実験的研究の重要性を強調し、多くの実験研究を行いました。 兼子宙の社会心理学者としての功績は、大きく以下の3つにまとめられます。 1. 社会心理学の確立と発展 兼子宙は、社会心理学を独立した学問分野として確立するために尽力しました。彼は、1933年に日本社会心理学会を設立し、1934年に日本社会心理学雑誌を創刊しました。また、社会心理学の研究と教育に携わる多くの優れた研究者を育成しました。 2. 社会的影響の研究 兼子宙は、社会的影響の研究に大きな貢献をしました。彼は、社会的な状況が個人の行動や態度に与える影響を研究し、社会的な影響のプロセスを明らかにしました。例えば、彼は、多数派の意見が少数の意見より優れていると信じられる傾向があることを明らかにし、これを「多数派の影響」と名付けました。 3. 社会的態度と偏見の研究 兼子宙は、社会的な態度と偏見の研究にも大きな貢献をしました。彼は、社会的態度がどのように形成され、変化するのかを研究し、社会的態度と偏見の関係を明らかにしました。例えば、彼は、社会的態度がしばしばステレオタイプに基づいていることを明らかにし、ステレオタイプが偏見を助長することを指摘しました。 兼子宙の社会心理学の研究は、社会心理学の発展に大きな影響を与えました。彼の研究成果は、今日でも社会心理学の研究者や教育者によって広く引用されています。また、彼の研究は、社会問題の解決や社会政策の立案にも貢献しています。
文学分野の人

「岩田正」

「岩田正」 「歌人としての岩田正」 岩田正(1925年 - 2010年)は、日本の歌人、詩人、評論家です。東京都出身。早稲田大学文学部卒業。歌誌「未来」同人となり、前川佐美雄に師事しました。 岩田正は、1952年に第一歌集「青茎」を刊行し、歌壇にデビューしました。その後、「花筐」「草の実」「石楠花」などの歌集を次々と発表し、高い評価を得ました。また、評論家としても活躍し、「現代短歌」「短歌入門」などの著書を執筆しました。 岩田正の歌は、日常的な風景や出来事を詠んだものが多いですが、その中に独自の感性と鋭い洞察力が感じられます。また、言葉の美しさにもこだわり、その歌は「珠玉の歌」「美の歌」と評されています。 岩田正は、1980年に迢空賞、1995年に日本歌人クラブ賞、2002年に蛇笏賞を受賞しました。また、2005年には文化功労者に選出されました。 岩田正は、2010年に85歳で亡くなりましたが、その歌は今もなお多くの人々に愛されています。 岩田正の歌の魅力の一つは、その言葉の美しさにあります。岩田正は、和歌の伝統的な言葉遣いを大切にしながらも、新しい言葉や表現を積極的に取り入れました。また、比喩や象徴を巧みに使って、読者に強い印象を与える歌を詠みました。 例えば、岩田正の代表作の一つである「青茎」の歌集に収められた「青茎」という歌では、青々とした稲の茎を詠みながら、人間の生命の力強さと美しさを表現しています。 青茎の風にそよぎて立つ姿に 人の命の強さを見る この歌では、「青茎」という植物を詠みながら、人間の命の力強さと美しさという抽象的な概念を表現しています。岩田正は、植物や動物、自然の風景などの具体的なものを詠みながら、人間の命や愛、死などの抽象的な概念を表現することに長けていました。 岩田正の歌の魅力のもう一つは、その鋭い洞察力にあります。岩田正は、日常的な風景や出来事の中から、鋭い洞察力でその本質を見抜き、それを歌に詠みました。 例えば、岩田正の歌集「花筐」に収められた「花筐」という歌では、花束を詠みながら、人生の無常と美しさを表現しています。 花筐に盛られし花は零れけり 人の命もまたかくのごと この歌では、「花筐」という具体的なものを詠みながら、人生の無常と美しさをという抽象的な概念を表現しています。岩田正は、花束が零れ落ちる様子を見て、人間の命の無常さと美しさを感じ取ったのです。 このように、岩田正の歌は、言葉の美しさと鋭い洞察力によって、読者に強い印象を与える歌となっています。岩田正は、日本歌壇を代表する歌人の一人であり、その歌は今もなお多くの人々に愛されています。
学術分野の人

「上坂酉三」

-「上坂酉三の生涯」- 上坂酉三は、1892年(明治25年)10月20日に東京府東京市日本橋区(現在の東京都中央区日本橋)で生まれた。父は上坂酉太郎、母はアヤである。酉三は、4人兄弟の末っ子であった。 酉三は、1909年(明治42年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後、東京帝国大学法学部に入学した。大学では、政治学を専攻した。 酉三は、1916年(大正5年)に東京帝国大学を卒業後、内務省に入省した。内務省では、地方局、警保局、社会局などで勤務した。 酉三は、1926年(昭和元年)に内務省を退官後、弁護士を開業した。また、1928年(昭和3年)には、社会民衆党に入党した。 酉三は、1932年(昭和7年)、総選挙に立候補して当選し、衆議院議員となった。衆議院議員としては、法務委員長、内務委員長などを歴任した。 酉三は、1942年(昭和17年)に、翼賛政治会に参加した。しかし、1945年(昭和20年)には、翼賛政治会を脱退した。 酉三は、1946年(昭和21年)に、公職追放となった。しかし、1951年(昭和26年)に、公職追放が解除された。 酉三は、1952年(昭和27年)に、再び総選挙に立候補して当選し、衆議院議員に返り咲いた。衆議院議員としては、法務委員長、内務委員長などを歴任した。 酉三は、1960年(昭和35年)に、衆議院議員を引退した。 酉三は、1975年(昭和50年)12月24日に、老衰のため東京都世田谷区の自宅で死去した。83歳没。
政治分野の人

小此木彦三郎 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した政治家

-小此木彦三郎の経歴と功績- 小此木彦三郎は、1932年(昭和7年)9月19日に福岡県北九州市で生まれた。九州大学法学部を卒業後、1955年(昭和30年)に北九州市議会議員選挙に出馬し、見事当選を果たす。その後、北九州市議会議長や福岡県議会議員などを歴任し、1976年(昭和51年)には衆議院議員に初当選した。 衆議院議員として、小此木彦三郎は主に経済政策や財政政策を担当した。1982年(昭和57年)には、中曽根康弘内閣の運輸大臣に任命され、1986年(昭和61年)には竹下登内閣の建設大臣に任命された。 建設大臣在任中には、バブル景気の最盛期にあって、公共事業の積極推進を図り、日本のインフラ整備に貢献した。また、1987年(昭和62年)には、国鉄分割民営化を実現し、日本の鉄道事業の改革に大きな足跡を残した。 その後、小此木彦三郎は、1991年(平成3年)に宇野宗佑内閣の官房長官に任命され、1992年(平成4年)には宮澤喜一内閣の経済企画庁長官に任命された。経済企画庁長官在任中には、バブル経済崩壊後の不景気対策に取り組み、日本の経済復興に尽力した。 小此木彦三郎は、1993年(平成5年)に衆議院議員を引退し、政界を引退した。2006年(平成18年)12月23日、脳梗塞のため東京都内の病院で死去した。享年74歳であった。 小此木彦三郎は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した政治家であり、日本の経済政策や財政政策に大きな影響を与えた。また、国鉄分割民営化や公共事業の積極推進など、日本のインフラ整備にも貢献した。
政治分野の人

松村謙三 – 富山県出身の政治家

松村謙三の生い立ちと経歴 松村謙三は、1933年9月15日、富山県魚津市に生まれた。魚津尋常高等小学校、旧制富山県立魚津中学校を経て、1954年に国立富山大学経済学部を卒業した。大学卒業後は、北日本新聞社に入社し、新聞記者として活躍した。 1972年に北日本新聞社を退社し、政界入りを決意。1974年の参議院議員選挙に富山県選挙区から無所属で出馬し、初当選を果たした。1977年には自民党に入党し、以後、参議院議員を4期連続で務めた。 1994年には、自民党参議院議員会長に就任。1998年には、第2次橋本内閣で通商産業大臣に任命された。2000年には、第1次森内閣で経済産業大臣に任命された。 2001年に参議院議員を退任し、自由民主党衆議院議員総選挙公認候補として、富山県第3区から出馬し、初当選。2003年には、第2次小泉内閣で総務大臣に任命された。2005年に衆議院議員を辞任し、政界を引退した。 松村謙三は、富山県出身の政治家である。参議院議員を4期連続で務め、通商産業大臣、経済産業大臣、総務大臣を歴任した。2005年に政界を引退した。
学術分野の人

中村宗雄→ 法学における多大な貢献を残した学者

-学問の道へ進み、ウィーン大学に留学- 中村宗雄は、1866年(慶應2年)に、現在の秋田県秋田市に生まれました。父は、秋田藩士の佐竹与八郎、母は、佐代でした。宗雄は、幼い頃から頭がよく、学問に秀でていました。1886年(明治19年)に、東京大学法学部に入学すると、法学を学びました。在学中は、法学の基礎を固め、将来の法学研究者としての道を歩むことを決意しました。 1890年(明治23年)、中村宗雄は、東京大学を卒業すると、すぐさまドイツのベルリン大学とウィーン大学に留学しました。ベルリン大学では、法学の第一人者であるフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーに師事し、法学の基礎をさらに固めました。また、ウィーン大学では、法学の第二人者であるルドルフ・フォン・イェリングに師事し、法学の応用を学びました。 中村宗雄は、留学中に、多くの法律書を読み漁り、法学の知識を深めました。また、ドイツの法学の最先端の研究に触れ、法学の研究者としての志をさらに強くしました。1895年(明治28年)に、中村宗雄は、留学を終えて帰国しました。
芸能分野の人

「福地悟朗」

-福地悟朗の生い立ちと家族- 福地悟朗は、1952年11月10日に東京都で生まれた。父親は、元外交官で、外務大臣も務めた福地茂雄である。母親は、元華族で、侯爵である松平頼則の娘である松平満子である。 福地悟朗は、幼少期を外交官の家庭で過ごした。そのため、世界各地を転々とし、様々な文化に触れた。また、外交官の家庭であったため、国際情勢にも関心を持っていた。 福地悟朗は、慶應義塾大学経済学部を卒業後、外務省に入省した。外務省では、主に欧州局を担当し、ヨーロッパ諸国との外交交渉に従事した。また、外務省在勤中に、アメリカ合衆国のハーバード大学に留学し、公共政策を学んだ。 福地悟朗は、外務省を退官後、政治家として活動を開始した。2005年に東京都知事選挙に立候補し、当選を果たした。都知事在任中は、東京オリンピック・パラリンピックの招致に尽力し、2013年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定した。 福地悟朗は、2016年に東京都知事を退任し、現在に至るまで、政治家として活動している。 福地悟朗は、妻と娘の3人家族である。妻は、元フジテレビのアナウンサーである福地美穂である。娘は、慶應義塾大学在学中に、アメリカのハーバード大学に留学した。
政治分野の人

山本勝次 – 明治から昭和初期にかけて活躍した政治家

- 山本勝次の生い立ち 山本勝次は、1858年(安政5年)1月1日に、江戸の旗本に生まれた。幼名は延蔵。父は山本帯刀、母は堀田正衡の娘。山本家は代々、江戸幕府の旗本として仕えていた。 勝次は、幼少期から漢学や武術を学び、学問と武芸の両方に秀でていた。1867年(慶応3年)、10歳の時に、戊辰戦争が勃発。勝次は、父の帯刀に従って奥羽越列藩同盟に加わり、東北各地を転戦した。 戊辰戦争後、勝次は、東京に戻り、大学予備門に入学。その後、1874年(明治7年)に司法省に入省し、裁判官として働いた。1880年(明治13年)に、司法省を退官し、弁護士を開業した。 - 山本勝次の政治家としての活動 1890年(明治23年)、勝次は、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。以後、10期連続で衆議院議員を務めた。1894年(明治27年)には、第2次伊藤内閣で司法大臣に就任。その後、隈板内閣や西園寺内閣でも司法大臣を務めた。 勝次は、司法大臣として、法典の整備や裁判所の改革などに尽力。また、司法権の独立を主張し、司法権の強化を図った。 1913年(大正2年)、勝次は、第1次山本内閣で総理大臣に就任。しかし、在任中に第一次世界大戦が勃発。勝次は、大戦中の日本の進路について、慎重な態度をとったが、1916年(大正5年)に退陣した。 山本勝次は、1937年(昭和12年)12月10日に、79歳で死去した。
学術分野の人

実藤恵秀

-実藤恵秀の生涯- 実藤恵秀は、1828年(文政11年)に、摂津国八部郡西田中村(現・兵庫県川西市)に生まれた。幼名は恵八郎。高槻藩士であった父・実藤玄蔵と母・りんの長男である。 恵秀は、幼い頃から聡明で、5歳の時に藩校・成器館に入学した。15歳の時に江戸に遊学し、昌平坂学問所で儒学を学んだ。1849年(嘉永2年)に帰国し、高槻藩の儒官に任命された。 恵秀は、藩主・永井直胤に仕えて、藩政改革に尽力した。1868年(明治元年)に、戊辰戦争が勃発すると、恵秀は、官軍に加わり、鳥羽・伏見の戦いや北越戦争などに参戦した。1871年(明治4年)に、新政府に出仕し、大蔵省の官僚となった。 恵秀は、大蔵省で、租税制度の改革や新貨幣の発行などに携わった。1875年(明治8年)に、大蔵省を退官し、帰郷した。1881年(明治14年)に、大阪の私塾・適塾の塾頭となり、多くの門下生を育てた。1885年(明治18年)に、塾頭職を辞任し、翌1886年(明治19年)に死去した。享年59。 恵秀は、藩政改革や新政府の財政改革に尽力した功績が称えられ、正四位を追贈された。また、その学識と教育者としての功績を称えて、1894年(明治27年)に、従五位に叙された。
文学分野の人

– 山本茂実

山本茂実の生涯 1924年に高知県吾川郡に生まれた山本茂実は、太平洋戦争中に陸軍通信兵として従軍した後、終戦後にはGHQの通訳や新聞記者として働きました。1949年には小説「わが谷は緑なりき」で直木賞を受賞し、作家としての道を歩み始めます。 1950年代以降、山本茂実は「母狩り」「秋刀魚の味」「炎立つ」など、数々の名作を生み出し、日本国内だけでなく海外でも高い評価を受けました。また、1961年には文化功労者に選出され、1975年には日本芸術院会員に任命されました。 1994年、山本茂実は70歳でこの世を去りました。しかし、彼の作品は今もなお読み継がれ、多くの読者に感動を与え続けています。 山本茂実の小説は、日本人の心の故郷である故郷や家族をテーマにしたものが多いのが特徴です。また、戦争や貧困など、当時の日本が抱えていた社会問題を扱った作品も数多く執筆しました。 山本茂実の小説は、そのリアリティあふれる描写と人間に対する深い洞察で、多くの読者を魅了しました。また、彼の作品は映画やテレビドラマにも数多く映像化され、日本人の心に深く刻まれています。 山本茂実は、日本を代表する作家の一人であり、彼の作品は今もなお読み継がれ、多くの読者に感動を与え続けています。
学術分野の人

– 野尻抱影 (1885-1977)

- 野尻抱影 (1885-1977)