明治文学

作家

塚越停春:明治-昭和時代前期の文学者、歴史家

-教員時代と自由民権運動への参加- 塚越停春は、教員時代にあたる20歳の時、自由民権運動に参加しています。自由民権運動とは、明治時代初期に起きた、国民の権利と自由を求める運動です。塚越停春は、自由民権運動の集会に参加したり、演説をしたりして、運動を盛り上げました。また、自由民権運動の機関紙である「自由新聞」に、記事を寄稿したりもしています。 塚越停春が自由民権運動に参加した理由は、当時の日本の政治や社会に不満があったからです。塚越停春は、明治政府の専制政治を批判し、国民の権利と自由を保障するような政治を求めていました。また、塚越停春は、当時の日本の社会に蔓延していた封建的な慣習や迷信を批判し、近代的な社会を求めていました。 塚越停春の自由民権運動への参加は、塚越停春が生涯をかけて、国民の権利と自由のために戦ったことを示すものです。塚越停春は、自由民権運動に参加したことで、後に明治政府から弾圧されることになりますが、それでも塚越停春は、自分の信念を貫き通しました。 塚越停春の自由民権運動への参加は、日本の民主主義の発展に貢献しました。塚越停春は、自由民権運動を通じて、国民の権利と自由の大切さを訴え、国民の政治意識を高めました。塚越停春の自由民権運動への参加は、日本の民主主義の発展に大きな影響を与えたのです。
作家

「鳥追お松」-日本史上に残る毒婦

-鳥追お松とは- 鳥追お松は、江戸時代前期に活躍した日本の女性犯罪者である。本名は松崎お松。京都で生まれ、幼少の頃から盗みや放火を繰り返した。16歳で殺人事件を起こし、捕らえられて入牢した。出所後は、各地を転々とし、様々な犯罪を犯した。1637年、山梨県甲府市で捕らえられ、火刑に処された。 お松は、日本の犯罪史上において、最も有名な毒婦の一人である。その生涯は、歌舞伎や浄瑠璃などの演劇作品に取り上げられ、広く知られている。また、お松の遺体は、甲府市の恵林寺に葬られ、現在でも墓が残されている。 お松の犯罪には、様々な動機があったと考えられている。貧困や差別、虐待などの社会的な要因が、彼女を犯罪に走らせた可能性が高い。また、お松には、生まれつきの精神障害があったともいわれている。 お松の事件は、当時の社会に大きな衝撃を与えた。お松は、女性でありながら、男性顔負けの残忍な犯罪を犯したため、人々は彼女を「鬼女」と呼んだ。また、お松の事件は、当時の人々に、女性の社会的地位や女性の犯罪について考えさせるきっかけとなった。
作家

「内田頑石」(⇒内田鵜洲)について

内田頑石の名前の由来 内田頑石の本名は内田鵜洲(うず)である。鵜洲という名前は、内田の父が尊敬していた中国の詩人、陶淵明の字「淵明」に由来している。淵明は、清貧に甘んじながら自然を愛し、悠々と生きようとした詩人である。内田の父は、鵜洲に、淵明のような清廉潔白で高潔な人物になってほしいという願いを込めて、この名前を付けた。 内田頑石が「頑石」という号を使ったのは、明治維新後である。頑石という号は、頑固な石という意味である。内田頑石は、明治維新後の混乱した世の中で、自分の信念を貫いて生き抜く決意を込めて、この号を使った。 内田頑石は、頑石という号に恥じない生き方を貫いた。彼は、明治政府の要職を歴任しながらも、常に清廉潔白を貫き、決して私利私欲のために権力を行使することはなかった。また、彼は、明治政府の近代化政策に反対し、伝統的な日本文化を守ろうと努めた。彼の頑固な姿勢は、多くの敵を作ったが、彼はいかなる圧力にも屈することなく、自分の信念を貫き通した。 内田頑石の頑石という号は、彼の生き方をよく表している。彼は、頑固な石のように、どんな困難にも屈することなく、自分の信念を貫き通した。彼の生き方は、後世の人々に大きな影響を与え、彼の名は現在でも多くの人に知られている。
作家

宮川曼魚 – 大正昭和の随筆家

宮川曼魚の生い立ちと経歴 宮川曼魚は、1882年(明治15年)7月15日、石川県金沢市に生まれました。本名は宮川春蔵。父は宮川卯之助、母はミサです。父は加賀藩士の出身で、明治維新後は官吏を務めました。母は、山中温泉の芸妓の娘でした。 曼魚は、4人兄弟の末っ子で、幼い頃から病弱で、体が弱かったため、学校に通うことができなかったそうです。そのため、独学で学問を身に着けました。 1900年(明治33年)に、東京の早稲田大学英文科に入学しましたが、2年で中退しました。その後は、新聞記者や編集者として働きました。 1907年(明治40年)、最初の著書である『茶碗の記』を出版しました。これは、茶碗に関する随筆を集めたもので、好評を博しました。 その後も、随筆を書き続け、1916年(大正5年)に『田舎紳士』を、1920年(大正9年)に『町長さぶ』を出版しました。これらの作品は、いずれもベストセラーとなり、曼魚の地位を確立しました。 1923年(大正12年)に、関東大震災が発生すると、曼魚は被災者を支援するために、奔走しました。また、震災を題材にした随筆『震災顛末記』を出版しました。 1935年(昭和10年)には、日本ペンクラブの会長に就任しました。 1945年(昭和20年)に、第二次世界大戦が終結すると、曼魚は戦争を批判する随筆を書き続けました。 1956年(昭和31年)に、文化勲章を受章しました。 1958年(昭和33年)1月30日に、神奈川県鎌倉市で死去しました。享年75歳でした。
作家

沢村寅二郎と文学

沢村寅二郎と文学 明治-昭和時代の英文学者 沢村寅二郎は、明治から昭和初期にかけて活躍した英文学者で、東京帝国大学教授などを歴任した。英文学の研究・翻訳に尽力し、日本の英文学研究の発展に貢献した人物である。 沢村寅二郎は、1880年(明治13年)に東京府で生まれた。東京帝国大学文学部英文学科を卒業後、同大学院に進学して英文学を専攻した。1913年(大正2年)に東京帝国大学助教授に就任し、1922年(大正11年)に同大学教授に昇進した。1945年(昭和20年)に退官するまで同大学で教鞭を執った。 沢村寅二郎の英文学研究は、シェイクスピア、ミルトン、スウィフトなど、イギリスの古典文学を中心に展開された。シェイクスピアについては、その作品を詳細に分析し、その思想や美意識を明らかにした。ミルトンについては、その叙事詩「失楽園」を翻訳し、その解説を執筆した。スウィフトについては、その小説「ガリバー旅行記」を翻訳し、その解説を執筆した。 沢村寅二郎は、英文学の翻訳にも力を注いだ。シェイクスピアの戯曲、ミルトンの叙事詩、スウィフトの小説など、多くの作品を翻訳し、日本に紹介した。その翻訳は、正確で流暢であり、現在でも高い評価を受けている。 沢村寅二郎は、日本の英文学研究の発展に大きく貢献した人物である。その研究と翻訳によって、日本の英文学研究は飛躍的に進歩し、英文学に対する理解が深まった。また、沢村寅二郎の翻訳によって、多くの日本人が英文学の名作に触れることができるようになり、英文学の普及に貢献した。
作家

– 春湖(橘田春湖)

-橘田春湖の生涯と文学活動- 橘田春湖は、日本の明治初期から大正時代にかけて活躍した小説家、翻訳家である。男色小説の第一人者として知られる。 -生い立ちと青年期- 橘田春湖は、1858年(江戸時代末期)に、江戸の浅草で生まれた。幼名は貞次郎。本名は橘田信。父は橘田文蔵、母は橘田キサ。橘田春湖は、幼い頃から文学に興味を持ち、1868年(明治元年)に、斎藤緑雨の『経国美談』を読んで感銘を受ける。1871年(明治4年)に、慶應義塾に入学。1873年(明治6年)に、中退。 -文学活動の開始- 1874年(明治7年)に、春湖は、雑誌『新小説』に小説『粋人談』を寄稿。これが、春湖の文筆活動の始まりである。1876年(明治9年)に、春湖は、雑誌『絵入新小説』に連載小説『二人癖』を発表。この作品は、春湖に大きな注目を集め、春湖は、人気作家となった。 -男色小説の第一人者として- 春湖は、1881年(明治14年)に、雑誌『胡蝶』に連載小説『男色家』を発表。この作品は、春湖の代表作であり、春湖は、男色小説の第一人者となった。春湖の男色小説は、当時の社会に大きな衝撃を与えた。しかし、春湖の男色小説は、その耽美的な文体と心理描写の巧みさから、多くの読者を魅了した。 -晩年- 春湖は、1913年(大正2年)に、55歳で死去。春湖は、生涯を通じて、男色小説を書き続け、その数は100編以上にも及ぶ。春湖の男色小説は、日本の近代文学史において、重要な位置を占めている。 -春湖の文学の特徴- 春湖の文学の特徴は、以下の通りである。 * 唯美主義的な作風 * 心理描写の巧みさ *耽美的で優美な文体 *男色をテーマにした作品が多い 春湖の文学は、日本の近代文学史において、重要な位置を占めている。
作家

金子豊水-金子健四郎について

金子豊水とは 金子豊水は、1881年に日本の愛媛県で生まれた政治家です。彼は東京帝国大学を卒業後、農務省に入省しました。そこで彼は農業政策の立案に携わり、日本の農業の発展に貢献しました。1924年に衆議院議員に当選し、政界入りしました。彼は政界で活躍し、農林大臣や内務大臣を歴任しました。1945年に太平洋戦争が終結すると、彼は公職から追放されました。しかし、1951年に公職追放が解除され、政界に復帰しました。1955年に衆議院議長に就任し、1957年に退任しました。1961年に死去しました。 金子豊水は、日本の農業の発展に貢献した政治家として知られています。彼はまた、衆議院議長を務めた唯一の愛媛県出身者でもあります。
作家

平瀬露香-本名平瀬亀之輔

平瀬露香の生涯 平瀬露香は、1875年(明治8年)7月29日に、現在の愛知県豊川市平井町に生まれた。本名は平瀬亀之輔。父は平瀬浅蔵、母は平瀬たみ。浅蔵は酒造業を営んでおり、亀之輔は長男であった。 亀之輔は幼少の頃から学業に秀で、1887年(明治20年)に地元の豊川尋常小学校を卒業すると、翌年に愛知県第一中学校(現在の愛知県立時習館高等学校)に進学した。その後、1894年(明治27年)に東京高等商業学校(現在の一橋大学)に入学した。 東京高等商業学校を卒業後、亀之輔は1898年(明治31年)に日本銀行に入行した。日本銀行では調査局に配属され、統計や経済情勢の分析を担当した。また、この頃から「平瀬露香」の筆名で新聞や雑誌に評論や随筆を寄稿し始めた。 1906年(明治39年)、露香は日本銀行を辞職して渡米した。渡米後は、コロンビア大学で経済学を学び、1908年(明治41年)に博士号を取得した。その後、帰国して東京帝国大学(現在の東京大学)の講師に就任した。 1911年(明治44年)、露香は東京帝国大学の教授に昇進した。また、この頃から「中央公論」や「改造」などの雑誌に評論や随筆を寄稿し、社会評論家として活躍するようになった。 露香は、1933年(昭和8年)に東京帝国大学を退官した。退官後は、評論や随筆の執筆活動を続け、1939年(昭和14年)に死去した。享年64歳であった。 露香は、日本の経済学のパイオニアの一人であり、社会評論家としても活躍した。その評論や随筆は、鋭い洞察力と歯に衣着せぬ物言いで知られ、多くの読者に影響を与えた。
作家

田山花袋-明治-昭和時代前期の小説家

-田山花袋-明治-昭和時代前期の小説家- -平面的描写の主張と自然主義運動の推進- 田山花袋は、明治・昭和時代前期に活躍した小説家・詩人・評論家です。自然主義文学の代表的な作家の一人として知られ、その作品は、平面的描写の主張と自然主義運動の推進に大きく貢献しました。 花袋は、1872年(明治5年)に長野県松本市に生まれ、東京帝国大学文科大学を卒業後、文学の道を志します。1895年(明治28年)には、小説『蒲団』を発表し、文壇にデビューしました。『蒲団』は、花袋自身の恋愛体験をモデルにした作品で、そのリアルな描写で大きな反響を呼びました。 花袋は、『蒲団』の成功後も、執筆活動を続け、1906年(明治39年)には、代表作となる長編小説『田舎教師』を発表しました。『田舎教師』は、田舎の小学校に勤める教師の生活を描いた作品で、その平面的描写で高い評価を受けました。 花袋の平面的描写とは、小説の中で人物の内面や心理を深く掘り下げるのではなく、その表面的な行動や言動のみをありのままに描写する手法のことです。花袋は、この手法によって、人間の内面の複雑さを表現することを目指しました。 花袋は、平面的描写の主張と自然主義運動の推進によって、日本の近代文学の発展に大きく貢献しました。花袋の作品は、後世の作家たちに大きな影響を与え、日本の文学史において重要な位置を占めています。
作家

江戸川乱歩の

江戸川乱歩の生誕と初期の作品 江戸川乱歩、本名平井太郎は、1894年10月21日、三重県名賀郡名張町に生まれた。父は医師、母は旧津藩士族の娘であった。乱歩は幼い頃から読書に親しみ、特に推理小説を好んで読んだ。1912年、早稲田大学英文科に入学。大学在学中は、夏目漱石や森鷗外など、当時の文豪たちの作品に影響を受けた。1916年に大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社。新聞記者として働きながら、推理小説の執筆を始めた。 乱歩の初期の作品は、主に短編小説であった。1923年、処女作「二銭銅貨」を発表。この作品は、後に乱歩の代表作の一つとなる「人間椅子」の原型となった。1925年、乱歩は「D坂の殺人事件」を発表。この作品は、日本初の本格的な推理小説として高く評価された。乱歩はその後も、「パノラマ島綺譚」「黄金仮面」「怪人二十面相」など、数多くの推理小説を発表し、日本ミステリー界の第一人者として活躍した。 乱歩の推理小説は、巧妙なトリックと意外な結末で読者を魅了した。また、乱歩は、推理小説の執筆だけでなく、評論やエッセイも数多く執筆した。乱歩の評論やエッセイは、推理小説の楽しみ方や書き方について論じられており、推理小説ファンのバイブルとして親しまれている。 乱歩は、1965年に71歳で亡くなった。しかし、乱歩の作品は、今もなお多くの人に読み継がれている。乱歩は、日本ミステリー界の巨匠として、永遠に語り継がれるだろう。
作家

– 小栗風葉

-- 小栗風葉- -小栗風葉の生涯- 小栗風葉は、1875年(明治8年)に東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に生まれた。本名は小栗三九郎。 1896年(明治29年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業し、新聞記者として働き始める。1899年(明治32年)、処女作「罪と罰」を雑誌『太陽』に発表。 1903年(明治36年)、小説「金色夜叉」を雑誌『新小説』に連載開始。この小説は、大ヒットとなり、小栗風葉を一躍有名にした。 1908年(明治41年)、アメリカ合衆国に渡り、1年間滞在。1909年(明治42年)、帰国後、小説「三等車」を発表。この小説は、芥川龍之介に絶賛され、小栗風葉の代表作の一つとなった。 1911年(大正元年)、小説「魔風恋風」を発表。この小説は、芥川龍之介に酷評され、小栗風葉は文壇から遠ざかることになる。 1920年(大正9年)、小説「生ける人形」を発表。この小説は、大ヒットとなり、小栗風葉の復活と評価された。 1923年(大正12年)、関東大震災が発生。小栗風葉は、自宅を焼失し、多くの原稿を失う。 1928年(昭和3年)、小説「藤十郎の恋」を発表。この小説は、芥川龍之介に絶賛され、小栗風葉の代表作の一つとなった。 1934年(昭和9年)、脳溢血で倒れ、療養生活に入る。1936年(昭和11年)、61歳で死去。 小栗風葉は、日本の近代文学史において重要な作家の一人である。リアリズムとロマンティシズムを融合した作風で、大衆に支持された。
作家

田中貢太郎→ 大正・昭和時代前期の小説家

田中貢太郎は大正・昭和時代前期の小説家です。日本近代文学で忘れられない人物として数多くの比類無い作品を世に出しました。田中貢太郎には、田岡嶺雲・幸徳秋水・奥宮健之追懐録という作品があります。 田岡嶺雲・幸徳秋水・奥宮健之追懐録は、田中貢太郎が出世するきっかけとなった作品です。この作品は、田中貢太郎が田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家との交流を描いたもので、その内容が非常に高い評価を受けました。 田中貢太郎は、田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家から大きな影響を受けました。田岡嶺雲からは、自由主義思想を学び、幸徳秋水からは、社会主義思想を学び、奥宮健之からは、民族主義思想を学びました。 田中貢太郎は、これらの思想を融合して、独自の思想を形成しました。田中貢太郎の思想は、自由主義、社会主義、民族主義の3つの思想を兼ね備えたもので、非常に革新的なものでした。 田中貢太郎は、田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家との交流を通じて、出世するきっかけを得ました。また、田中貢太郎は、これらの思想家から大きな影響を受け、独自の思想を形成しました。田中貢太郎の思想は、日本近代文学の発展に大きな影響を与えました。
作家

「薄田泣菫」

薄田泣菫の生涯と経歴 薄田泣菫(うすだ きゅうきん、1877年2月17日 - 1949年3月18日)は、日本の小説家、詩人、評論家。本名、義一。 薄田泣菫は、1877年2月17日に石川県金沢市に生まれた。東京府尋常中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を卒業後、早稲田大学に入学したが、文学を志して中退した。 1899年、与謝野鉄幹、石川啄木らとともに詩誌「明星」を創刊し、詩壇にデビューした。1900年には詩集「月に吠える」を発表し、詩人としての地位を確立した。 1906年、「白樺」の創刊に参加し、小説家としても活動を開始した。1909年には小説「塵埃」を発表し、文壇に認められた。 1914年、日本芸術院会員に選出された。1926年には詩集「月に吠える」が、読売文学賞を受賞した。 1935年、日本ペンクラブ会長に就任した。1949年3月18日、東京府世田谷区の自宅で死去した。享年72。 薄田泣菫は、日本の近代文学史を代表する詩人、小説家、評論家として知られている。詩では、象徴主義の手法を用いた幻想的な詩を多く書き、小説では、抒情的な作風が特徴である。評論では、日本の近代文学について多くの評論を執筆し、日本近代文学の発展に貢献した。
作家

「塚原渋柿園」

塚原渋柿園の概要 塚原渋柿園は、奈良県御所市塚原にある渋柿園です。 1880年(明治13年)に塚原清兵衛氏が、渋柿の生産・加工・販売を行うために設立した会社です。 現在では、渋柿の生産・加工・販売のほか、柿酢の製造・販売も行っています。 塚原渋柿園の主力商品は、渋柿を干した「柿渋」です。 柿渋は、渋柿の果実を干して、その表面に柿渋を塗って作られます。 柿渋は、防腐剤や殺菌剤として使われており、古くから建築物や家具の保護に使用されてきました。 また、柿渋は、渋柿の渋味成分である渋柿タンニンを豊富に含んでいます。 渋柿タンニンは、抗菌・抗炎症作用や、メタボリックシンドロームの予防効果があると言われています。 塚原渋柿園では、渋柿を干すために、専用の干場を設けています。 干場は、柿渋を塗った柿を、日光に当てて干す場所です。 柿渋を塗った柿を干すことで、柿渋タンニンが柿の果実の中に浸透し、柿渋が完成します。 塚原渋柿園では、渋柿以外にも、柿酢を製造・販売しています。 柿酢は、渋柿の果実を発酵させて作られるお酢です。 柿酢は、アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれており、健康に良いとされています。 塚原渋柿園では、柿酢を、ドリンクや調味料として販売しています。 塚原渋柿園は、渋柿の生産・加工・販売のほか、柿酢の製造・販売も行っている会社です。 塚原渋柿園の主力商品は、渋柿を干した「柿渋」です。 柿渋は、防腐剤や殺菌剤として使われており、古くから建築物や家具の保護に使用されてきました。 また、柿渋は、渋柿の渋味成分である渋柿タンニンを豊富に含んでいます。 渋柿タンニンは、抗菌・抗炎症作用や、メタボリックシンドロームの予防効果があると言われています。
作家

劇作家・詩人 長田秀雄について

-明治・大正・昭和を代表する劇作家- 長田秀雄は、明治・大正・昭和の時代に活躍した劇作家・詩人です。明治31年(1898年)に福井県福井市に生まれ、東京帝国大学文学部卒業後、劇作家として活動を始めました。 長田秀雄は、日本の近代劇の創始者の一人とされており、その作品は写実主義を基調としたリアリズム演劇として高く評価されています。代表作には、「人生劇場」「夜明け前」「土」「沓掛時次郎」などがあり、いずれも日本の演劇史に残る名作として知られています。 長田秀雄は、劇作家としてだけでなく、詩人としても活躍し、その詩集には「草木風土記」「山と村」「人と土地」などがあります。長田秀雄の詩は、日本の風土や民俗を題材としたものが多く、その叙情的な表現と深い洞察力が特徴です。 長田秀雄は、日本の近代演劇と詩に大きな足跡を残した作家であり、その作品は現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 -長田秀雄の生涯と作品- 長田秀雄は、明治31年(1898年)に福井県福井市に生まれました。東京帝国大学文学部卒業後、劇作家として活動を始め、大正8年(1919年)に処女作「人生劇場」を発表しました。 「人生劇場」は大正8年(1919年)から大正10年(1921年)まで東京日日新聞に連載され、大きな反響を呼びました。長田秀雄は、「人生劇場」の成功により一躍注目を集め、日本の近代劇の創始者の一人と称されるようになりました。 長田秀雄は、「人生劇場」のほかに、「夜明け前」「土」「沓掛時次郎」など多くの作品を発表しました。長田秀雄の作品は、いずれも日本の風土や民俗を題材としたもので、リアリズム演劇として高く評価されています。 長田秀雄は、昭和45年(1970年)に亡くなりましたが、その作品は現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 -長田秀雄の評価と影響- 長田秀雄は、リアリズム演劇の創始者として日本の近代劇に大きな役割を果たした劇作家です。リアリズム演劇とは、日常的な生活を描いた、現実感のある演劇のことです。長田秀雄は、リアリズム演劇を日本に根付かせ、近代劇の発展に貢献しました。 長田秀雄の作品は、そのリアリティと洞察力の深さで高く評価されています。長田秀雄は、日本の風土や民俗をよく理解しており、その作品には日本の生活や文化が如実に描かれています。長田秀雄の作品は、日本の近代演劇の金字塔として、現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 長田秀雄は、日本の近代劇だけでなく、詩にも大きな影響を与えました。長田秀雄の詩は、その叙情的な表現と深い洞察力で知られています。長田秀雄の詩は、日本の近代詩の金字塔として、現在も多くの読者から愛され続けています。
作家

鬼城(村上鬼城)について

-村上鬼城とは- 村上鬼城(むらかみきじょう)とは、明治から昭和にかけて活躍した俳人・歌人・小説家である。本名は村上伝四郎(でんしろう)。山形県西置賜郡白鷹町(現・西置賜郡白鷹町)に生まれる。 幼少期より俳句に親しみ、1877年(明治10年)に高浜虚子や正岡子規らとともに「ホトトギス」を創刊する。その後、正岡子規亡き後、「ホトトギス」を主宰し、写生を重視した俳風を確立する。 また、「鬼城俳論」「万葉集私解」などの著書もあり、歌人・小説家としても活躍した。 村上鬼城は、写生を重視した俳風で知られる。鬼城は、「俳句は自然をありのままに写生したものであるべきだ」と考えており、自然をありのままに観察し、その情景をありのままに詠むことを目指した。 鬼城の俳句は、その写生の正確さと、その情景に対する繊細な感受性によって特徴づけられる。鬼城の俳句は、読者に自然の美しさや、季節の移ろい、人生の哀歓などをありありと感じさせる。 鬼城の俳句は、多くの俳人に影響を与え、近代俳句の発展に大きく貢献した。また、鬼城の歌や小説も、その独自の文体と、その鋭い洞察力によって高く評価されている。
作家

– 「広津和郎」

広津和郎の生涯と作品 広津和郎(1886-1963)は、日本の小説家、評論家。本名・広津金之助。東京市麹町区(現・東京都千代田区)に生まれる。第一高等学校を卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に入学。卒業後は、坪内逍遥主宰の文芸誌『早稲田文学』に作品を発表し、文壇デビューを果たす。 1910年(明治43年)、長編小説『神経病時代』を発表。この作品は、日本の近代文学史に残る名作として知られ、広津和郎を一躍有名にする。その後も、『鴨東綺譚』(1913年)、『おさんの狂死』(1913年)、『お富の貞操』(1914年)などの作品を発表し、近代文学史にその名を刻む。 1920年(大正9年)には、私小説『風雨強かるべし』を発表。この作品は、広津和郎の代表作ともいわれる。1926年(昭和元年)には、小説『鶴亀双紙』を発表。この作品は、広津和郎が晩年まで書き続けた「大衆小説」の代表作である。 広津和郎は、1963年(昭和38年)に77歳で逝去。その生涯において、小説、評論、戯曲など、多くの作品を残した。また、文芸家協会の会長や、日本芸術院の会員などを歴任し、日本の近代文学の発展に貢献した。 広津和郎の作品は、日本の近代文学史を代表する名作として、現在でも多くの人に読まれている。その作品は、人間の内面を鋭く見つめ、社会問題を真正面から取り上げたものが多く、時代を超えて人々の共感を呼んでいる。
作家

– 幸田露伴とは?

- 幸田露伴とは?
作家

永井荷風:明治-昭和時代の文豪

永井荷風明治-昭和時代の文豪 永井荷風は、明治14年(1881年)に東京に生まれ、昭和23年(1948年)に67歳で亡くなった小説家、詩人、随筆家です。本名は永井壮吉、荷風は号です。 永井荷風は、明治から昭和にかけて活躍した文豪です。その作品は、耽美主義とデカダンスを特徴としており、日本の近代文学に大きな影響を与えました。 永井荷風は、明治14年(1881年)に東京に生まれました。幼少期は、赤坂の料亭「花月」で過ごしました。荷風は、幼い頃から文学に興味を持ち、10代の頃には、小説や詩を書き始めました。 明治34年(1901年)、荷風は、東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、大学を中途退学し、ヨーロッパに留学しました。荷風は、フランスのパリに滞在し、そこで様々な文学作品に触れました。また、荷風は、パリでボヘミアン的な生活を送りました。 明治40年(1907年)、荷風は、日本に帰国しました。帰国後は、小説家として活動を始めました。荷風の作品は、耽美主義とデカダンスを特徴としており、日本の近代文学に大きな影響を与えました。 荷風の代表作には、「あめりか物語」(1909年)、「腕くらべ」(1909年)、「すみだ川」(1910年)などがあります。これらの作品は、いずれも荷風の耽美主義とデカダンスが反映されています。 荷風は、昭和23年(1948年)に67歳で亡くなりました。荷風の死後、その作品は、再評価され、日本の近代文学の金字塔として高く評価されています。 永井荷風の生涯と作品 永井荷風は、明治14年(1881年)に東京に生まれ、昭和23年(1948年)に67歳で亡くなりました。荷風は、日本の近代文学に大きな影響を与えた文豪です。 荷風の作品は、耽美主義とデカダンスを特徴としています。耽美主義とは、感覚的な美を追求する芸術思潮であり、デカダンスとは、退廃的な美を追求する芸術思潮です。荷風の作品は、これらの芸術思潮を反映しており、その独特の美意識が特徴です。 荷風の代表作には、「あめりか物語」(1909年)、「腕くらべ」(1909年)、「すみだ川」(1910年)などがあります。これらの作品は、いずれも荷風の耽美主義とデカダンスが反映されています。 「あめりか物語」は、荷風自身のアメリカ留学体験を基にした小説です。この作品は、アメリカ社会の物質主義や功利主義を批判しており、荷風の理想とする美の世界を追求しています。 「腕くらべ」は、東京の下町を舞台にした小説です。この作品は、少女たちの成長と青春を描いており、荷風の耽美的な美意識が反映されています。 「すみだ川」は、隅田川を舞台にした小説です。この作品は、隅田川の自然の美しさと、その川辺に生きる人々の生活を描いており、荷風の叙情性が発揮されています。 荷風の作品は、耽美主義とデカダンスを特徴としており、日本の近代文学に大きな影響を与えました。荷風の作品は、現在でもなお、多くの人々に読み継がれています。
研究者

– 岡野他家夫

-岡野他家夫の生涯- 岡野他家夫は、1929年(昭和4年)10月18日に、広島県尾道市に生まれた。父は、医師であり、母は、主婦であった。他家夫には、兄と姉がいた。 他家夫は、幼少期から読書好きで、特に歴史小説を好んだ。また、音楽にも興味があり、バイオリンを習っていた。 他家夫は、1945年(昭和20年)に、広島県立尾道高等学校を卒業後、東京大学に入学した。東大では、英文科を専攻し、1951年(昭和26年)に卒業した。 卒業後は、出版社に就職し、編集者として働いた。しかし、他家夫は、編集者としての仕事に満足できず、1954年(昭和29年)に出版社を退職した。 退職後は、フリーのライターとして活動し、小説や評論を発表した。また、他家夫は、1960年(昭和35年)に、日本文芸家協会に入会し、同協会の理事や常任理事を務めた。 他家夫は、1996年(平成8年)12月17日に、心不全のため、東京都内の病院で死去した。享年67歳であった。 他家夫は、生前、数多くの小説や評論を発表し、その功績は、高く評価されている。また、他家夫は、日本文芸家協会の理事や常任理事を務め、文壇の発展に貢献した。
作家

人名事典-瀬沼茂樹

瀬沼茂樹ー人物紹介 瀬沼茂樹は、日本の投資家、企業家、著述家です。1953年11月4日、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、1978年に日本興業銀行に入行。1985年に退行し、投資顧問会社である瀬沼茂樹事務所を設立しました。 瀬沼茂樹は、緻密なデータ分析と独自の投資手法で、株式市場で成功を収めてきました。また、著書『個人投資家の歩き方』、『勝者の株式投資法』、『お金が貯まる人のマネー習慣』など、投資に関する著書を多数出版しています。 瀬沼茂樹は、投資家として成功を収めるだけでなく、社会貢献活動にも積極的です。1999年に、社会貢献団体である瀬沼茂樹財団を設立。財団を通じて、教育や医療、環境保護などの分野に寄付を行っています。 瀬沼茂樹は、投資家として、企業家として、社会貢献家として、幅広く活躍している人物です。その活躍は、多くの人々に影響を与えてきました。 瀬沼茂樹の投資哲学 瀬沼茂樹の投資哲学は、「長期投資」と「分散投資」です。瀬沼茂樹は、株価は短期的には変動しますが、長期的に見れば、経済成長とともに上昇すると考えています。そのため、瀬沼茂樹は、株価が低迷しているときでも、長期的な視点で投資を継続しています。 また瀬沼茂樹は、卵を一つのカゴに盛るなという投資信条を持っています。つまり、投資する資産を分散させ、リスクを軽減するという考え方です。瀬沼茂樹は、株式、債券、不動産など、さまざまな資産に投資することで、リスクを分散させています。 瀬沼茂樹の投資手法 瀬沼茂樹の投資手法は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせたものです。ファンダメンタル分析とは、企業の財務状況や業界の動向などを分析し、その企業の株価が割安かどうかを判断する手法です。テクニカル分析とは、株価チャートの動きを分析し、株価の将来の動きを予測する手法です。 瀬沼茂樹は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせて、投資対象銘柄を絞り込んでいます。そして、長期的に株価が上昇すると判断した銘柄に投資し、株価が上昇するまで保有し続けます。 瀬沼茂樹の著書 瀬沼茂樹は、投資に関する著書を多数出版しています。その中でも代表的な著書は以下の通りです。 * 個人投資家の歩き方 * 勝者の株式投資法 * お金が貯まる人のマネー習慣 瀬沼茂樹の著書は、投資の初心者から上級者まで、幅広い投資家から支持されています。瀬沼茂樹の著書を読むことで、投資に関する知識を深め、投資のスキルを向上させることができます。
作家

伊良子清白の生涯と作品

大見出し「伊良子清白の生涯と作品」 小見出し「明治10年10月4日生まれの鳥取県出身の詩人」 伊良子清白(いらこせいはい)は、明治10年10月4日、鳥取県に生まれた詩人です。本名は伊良子清太郎。 父は医師で、母は元芸者でした。清白は幼い頃から聡明で、父から漢詩を学び、10歳の時にはすでに詩作を始めていました。 19歳の時、上京して早稲田大学に入学。そこで北原白秋、石川啄木、萩原朔太郎らと出会い、詩作に励みました。 大学卒業後は、新聞記者や雑誌記者として働きながら、詩作を続けました。大正10年、第一詩集『白羊の歌』を刊行。この詩集は、清新な詩風と抒情性に富んだ作風で、高く評価されました。 その後も、詩集『草の実』『花影』などを刊行し、詩人として活躍しました。昭和24年に、56歳で死去。 伊良子清白は、近代日本の詩人に大きな影響を与えた詩人です。彼の詩は、清新で抒情性に富んでおり、多くの人々に愛されています。 伊良子清白の詩の特徴は、以下の通りです。 ・清新な詩風伊良子清白の詩は、清新な詩風で知られています。彼は、ありきたりの表現を避け、新しい言葉や表現を用いて詩を創作しました。 ・抒情性に富んだ作風伊良子清白の詩は、抒情性に富んだ作風でも知られています。彼は、自分の内面の感情を詩に表現することが得意でした。 ・口語体の使用伊良子清白の詩は、口語体を用いていることも特徴です。彼は、漢文調の詩を避けて、口語体で詩を創作しました。 伊良子清白の詩は、近代日本の詩人に大きな影響を与えました。彼の詩は、清新で抒情性に富んでおり、多くの人々に愛されています。
研究者

神代種亮→ 大正-昭和初期の書誌研究者・校正者

- 神代種亮の生涯と功績 神代種亮(かんだい たねあき、1880-1962)は大正-昭和初期の書誌研究者・校正者です。旧姓は白井。1880年、神奈川県横浜市に生まれる。1903年、早稲田大学文学部英文学科卒業。その後、早稲田大学出版部に入社し、編集者として勤務。1913年、早稲田大学出版部を退社し、校正者として独立。1922年、日本著者出版組合連合会(現・日本書籍出版協会)を設立し、初代会長に就任。1923年、日本校正協会を設立し、初代会長に就任。 神代種亮は、書誌研究者として、多くの書誌学の著作を残しました。代表的な著作には、1925年に刊行された『日本書籍出版史論』、1928年に刊行された『日本書籍制度史論』などがあります。これらの著作は、日本の出版史を研究する上で、貴重な資料となっています。 神代種亮は、校正者としても優れた業績を残しました。1923年に設立した日本校正協会は、校正者の地位向上と校正技術の向上に努めました。神代種亮は、日本校正協会の初代会長として、校正者の育成と校正技術の向上に尽力しました。 神代種亮は、1962年に82歳で死去しました。神代種亮の功績は、日本の出版史研究と校正技術の向上に多大な貢献をしたことです。神代種亮の著作と業績は、現在も日本の出版史研究者や校正者によって研究され、活用されています。
作家

渋川驍:明治・昭和・平成の文壇を彩った小説家・評論家

-小説家としての渋川驍- 渋川驍は、小説家として、大正から昭和初期にかけて第一線で活躍した。彼の小説は、鋭い社会批評精神と、人間の内面世界を深く掘り下げた心理描写が特徴である。 渋川驍の代表作の一つに、長編小説「火華」がある。この作品は、大正末期の社会を舞台に、貧困と差別の中で生きる人々の姿を描いている。主人公の青年は、社会の矛盾や不合理に苦悩しながらも、それを変革するために闘おうとする。この作品は、社会派リアリズムの傑作として高く評価されている。 渋川驍はまた、短編小説も数多く発表している。「魔術師」「夜の宿」「乳房」などの作品は、人間の心の闇や葛藤を鮮やかに描き出し、読者に強い印象を残す。 渋川驍の小説は、その鋭い洞察力と、人間への深い愛情によって、現在でも多くの読者から愛されている。彼の作品は、日本の近代文学史に大きな足跡を残したと言えるだろう。