明治-昭和時代前期

政治分野の人

児玉伊織 – 明治・昭和時代前期の畜産家、政治家

児玉伊織の生涯 児玉伊織は、1872年(明治5年)に福島県磐城市(現いわき市)に生まれました。東京農業大学前身の東京高等農林学校を卒業後、米国に留学し、大学院で農業経済学を学びました。帰国後は、日本各地の農村を回り、農業の近代化と農民の生活改善を訴えました。 1912年(大正元年)には、衆議院議員に当選し、農林水産省前身の農商務省の政務次官を務めました。1918年(大正7年)には、農林水産大臣に就任し、農業の振興と農民の生活の安定に尽力しました。 1924年(大正13年)には、関東大震災が発生し、東京と横浜が壊滅的な被害を受けました。児玉伊織は、震災復興のため、内閣総理大臣の田中義一が任命した帝都復興院の総裁に就任しました。帝都復興院の総裁として、児玉伊織は、東京と横浜の復興事業を指揮し、わずか数年の間に、両市を復興させることに成功しました。 1932年(昭和7年)に、児玉伊織は、枢密顧問官に任命されました。枢密顧問官として、児玉伊織は、政府の重要事項について助言を行いました。児玉伊織は、1950年(昭和25年)に死去するまで、枢密顧問官を務めました。 児玉伊織は、近代日本の農業の振興と農民の生活の安定に尽力し、また、関東大震災の復興事業を指揮して、東京と横浜を復興させました。児玉伊織は、日本の近代化に大きく貢献した人物の一人です。
政治分野の人

床次竹二郎:明治・大正・昭和初期の政治家

-波瀾万丈な政治家・床次竹二郎- 床次竹二郎は、明治・大正・昭和初期の政治家で、立憲政友会の領袖として活躍しました。彼は波瀾万丈な人生を送り、数々の困難を乗り越えながら、日本の政治に大きな足跡を残しました。 床次は1861年に、現在の愛媛県今治市に生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、地元の小学校を首席で卒業しました。その後、上京して第一高等学校、東京帝国大学と進み、政治学と経済学を学びました。 大学卒業後は、内務省に入省しました。内務省では、地方行政や警察行政を担当し、その手腕を高く評価されました。1908年には、衆議院議員に当選し、政界入りを果たしました。 1913年、床次は立憲政友会の幹事長に就任しました。立憲政友会は当時、日本の政界を二分する二大政党の一つであり、床次は党の中枢を担う立場となりました。 1918年には、床次は首相に就任しました。しかし、彼の首相在任期間は短く、わずか2年で辞職しました。これは、第一次世界大戦後の混乱の中で、床次の政治手腕が批判されたためでした。 1924年、床次は再び首相に就任しました。この時は、4年間首相を務め、数々の重要政策を推進しました。例えば、普通選挙法の制定や、労働組合法の制定などが挙げられます。 しかし、1928年に床次は再び辞職しました。これは、金融恐慌の勃発による経済悪化や、政界の混乱が原因でした。 1930年、床次は政界を引退しました。その後は、私生活を送っていましたが、1936年に死去しました。 床次は波瀾万丈な人生を送り、数々の困難を乗り越えながら、日本の政治に大きな足跡を残しました。彼は、日本の民主化に貢献した政治家として、高く評価されています。
歴史上の人物

小山善に関する

-伊藤博文の主治医- 小山善は、伊藤博文の主治医を務めたことで知られる医師です。1833年(天保4年)に、江戸の谷中に生まれました。1858年(安政5年)には、幕府の医学所で蘭学を学び始め、1861年(文久元年)には、長崎の海軍伝習所で医学を学びました。1863年(文久3年)には、幕府の医学所で外科の教授となり、1868年(明治元年)には、東京大学医学部の教授となりました。 1871年(明治4年)には、伊藤博文の主治医となり、伊藤の健康管理に当たりました。伊藤は、1885年(明治18年)には、首相となり、日本を近代化へと導きました。小山は、伊藤の健康管理をうまく行い、伊藤を支えました。 1891年(明治24年)には、小山は、東京帝国大学の初代総長となりました。1898年(明治31年)には、貴族院議員となり、1904年(明治37年)には、文部大臣となりました。1907年(明治40年)には、東京帝国大学の総長に再任されました。1910年(明治43年)には、死去しました。 小山善は、伊藤博文の主治医を務めたことで知られる医師です。また、東京帝国大学の初代総長や貴族院議員、文部大臣なども務めました。小山は、日本の近代化に貢献した人物の一人です。
学術分野の人

藤野準 – 機械工学のパイオニア

藤野準の生涯 藤野準は、1927年に東京都に生まれました。1951年に東京大学工学部を卒業し、1953年に同大学大学院工学研究科修士課程を修了しました。その後、東京大学工学部助手、講師、助教授を経て、1968年に同大学教授に就任しました。1990年に東京大学を退職し、名誉教授となりました。 藤野準は、機械工学のパイオニアとして知られています。1960年代に、金属塑性加工の研究を行い、金属の変形挙動を理論的に解明しました。また、1970年代には、超高圧加工の研究を行い、超高圧下での金属の変形挙動を解明しました。これらの研究成果は、自動車や航空機などの製造技術の発展に貢献しました。 藤野準は、1981年に日本機械学会会長に就任し、1985年に国際機械工学会議(ICEM)会長に就任しました。また、1991年には、日本学士院会員に選出されました。藤野準は、2008年に81歳で逝去しました。 藤野準は、機械工学の発展に大きく貢献し、世界的に著名な機械工学者でした。また、藤野準は、教育者としても優秀で、多くの学生を指導しました。藤野準の教え子には、後の東京大学工学部長となった遠藤隆雄氏や、後の東京大学工学部教授となった大竹忠夫氏などがいます。
歴史上の人物

「大儀見元一郎」

- アメリカでの神学研修と帰国 大見出し「「大儀見元一郎」」の下に作られた小見出しの「アメリカでの神学研修と帰国」は以下の内容で構成されています。 -アメリカへの留学- 大儀見元一郎は、1883年(明治16年)にアメリカ合衆国に留学しました。留学先は、マサチューセッツ州にあるボストン大学神学部でした。ボストン大学神学部は、アメリカ合衆国で最も古い神学部の1つであり、世界有数の神学研究機関として知られています。 -神学研修- 大儀見元一郎は、ボストン大学神学部で、キリスト教神学を学びました。キリスト教神学は、キリスト教の信仰、教義、倫理などを研究する学問です。大儀見元一郎は、キリスト教神学を学ぶことで、キリスト教の教えを深く理解し、キリスト教の信仰をより強固なものにしました。 -帰国- 大儀見元一郎は、1888年(明治21年)にアメリカ合衆国から帰国しました。帰国後は、日本基督教団の牧師として、キリスト教の宣教活動に努めました。大儀見元一郎は、キリスト教の信仰を日本に広めるために、精力的に活動し、多くの信徒を獲得しました。 -功績- 大儀見元一郎は、日本のキリスト教界において、重要な役割を果たした人物です。大儀見元一郎は、キリスト教神学を学び、キリスト教の信仰をより強固なものにしました。また、大儀見元一郎は、キリスト教の宣教活動に努め、多くの信徒を獲得しました。大儀見元一郎は、日本のキリスト教界に大きな功績を残した人物です。
美術分野の人

西村五雲 – 日本画家

西村五雲の生涯 西村五雲は、1873年(明治6年)1月24日に、東京市神田区(現在の東京都千代田区神田)に生まれました。本名は西村五兵衛(にしむら ごへい)といいます。幼い頃から絵を描くことが好きで、12歳の時に日本画家の山本芳翠に入門しました。15歳で東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、日本画を学びました。在学中からその才能を認められ、1894年(明治27年)に卒業後、すぐさま日本画壇で頭角を現しました。 1898年(明治31年)に、第1回文部省美術展覧会(現在の日本美術展覧会)に「孔雀」を出品し、特選を受賞しました。この作品は、華麗な孔雀をリアルに描き上げたもので、五雲の代表作の一つとなっています。その後も、数々の美術展覧会に出品し、多くの賞を受賞しました。1907年(明治40年)には、東京美術学校教授に就任し、後進の指導にあたりました。 五雲は、伝統的な日本画の技法を忠実に守りながら、新しい表現に挑戦し続けました。その画風は、写実的で繊細であり、美しい色彩感覚と豊かな想像力が特徴です。特に、花鳥画を得意とし、その作品は「五雲花鳥」と呼ばれ、多くの愛好家から親しまれています。 五雲は、1930年(昭和5年)12月29日に、東京市神田区で亡くなりました。享年58歳でした。五雲の死後、その作品は国内外の美術館や博物館に所蔵され、現在でも多くの人々に親しまれています。
経済分野の人

添田寿一 明治-昭和時代前期の官僚、銀行家

-大蔵省での活躍と銀行制度の確立- 添田寿一は、1861年に周防国玖珂郡周東村(現・山口県周南市)で生まれました。1884年に東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。1890年に大蔵省銀行局長となり、銀行制度の改革に取り組みました。1896年に日本銀行総裁に就任し、金融政策の安定に努めました。1900年に大蔵次官に就任し、財政政策の改革を行いました。1903年に内閣総理大臣に就任し、日露戦争を戦い抜きました。1906年に外務大臣に就任し、日英同盟を締結しました。1912年に文部大臣に就任し、教育制度の改革を行いました。1914年に内務大臣に就任し、地方自治制度の改革を行いました。1916年に枢密院議長に就任し、政治改革に取り組みました。1924年に死去しました。 添田寿一は、明治-昭和時代前期の日本を代表する政治家・官僚・銀行家でした。大蔵省での活躍と銀行制度の確立は、日本の近代化に大きく貢献しました。 添田寿一が大蔵省に勤務していた頃、日本の銀行制度は混乱していました。明治政府は、1872年に国立銀行条例を制定して国立銀行の設立を奨励しましたが、設立された国立銀行の中には経営が不健全な銀行も多く、銀行破綻が相次いでいました。 添田寿一は、銀行制度の改革に取り組みました。1890年に大蔵省銀行局長に就任すると、銀行法を制定して銀行の設立・営業を規制しました。また、銀行検査制度を確立して銀行の経営を監督しました。これらの改革により、日本の銀行制度は安定しました。 添田寿一は、日本銀行総裁として金融政策の安定にも努めました。1897年に金本位制を導入して、円の価値を安定させました。また、日露戦争中に戦費調達のために国債を発行しましたが、戦後には国債を償還して財政を健全化しました。 添田寿一は、日本の近代化に大きく貢献した政治家・官僚・銀行家でした。大蔵省での活躍と銀行制度の確立は、日本の経済発展の基礎を固めました。
経済分野の人

「吉岡為次郎」

「明治-昭和時代前期の経営者」 吉岡為次郎は、明治から昭和時代前期にかけて活躍した日本の実業家、政治家です。日本軽金属の創業者であり、日本のアルミニウム工業の基礎を築きました。 吉岡は1878年(明治11年)、石川県金沢市に生まれました。東京帝国大学を卒業後、三菱財閥に入社し、三菱合資会社、三菱商事株式会社で勤務しました。1917年(大正6年)、退社して日本軽金属株式会社を設立しました。 日本軽金属は、日本のアルミニウム工業の草創期を代表する企業です。吉岡は、アルミニウムの製造技術を導入し、国内で初めてアルミニウムの量産に成功しました。また、アルミニウムの用途を拡大し、電気、自動車、航空機などの分野でアルミニウム製品の需要を拡大しました。 吉岡は、日本のアルミニウム工業の発展に貢献しただけでなく、政治家としても活躍しました。1928年(昭和3年)に衆議院議員に当選し、1946年(昭和21年)まで議員を務めました。内務大臣、商工大臣などの要職を歴任し、日本の経済政策に大きな影響を与えました。 吉岡は、1955年(昭和30年)に死去しました。日本のアルミニウム工業の父として、その功績は高く評価されています。
文学分野の人

千葉亀雄 – 明治・昭和時代前期の新聞記者・評論家

-千葉亀雄の生涯と功績- 千葉亀雄は、1872年(明治5年)に兵庫県で生まれ、1939年(昭和14年)に東京で亡くなった日本の新聞記者、評論家です。 彼は、早稲田大学を卒業後、1899年(明治32年)に朝日新聞に入社しました。朝日新聞では、政治部記者として活躍し、1914年(大正3年)には、東京朝日新聞の主筆に就任しました。 千葉亀雄は、主筆として、大正デモクラシーを推進し、軍部の台頭を批判しました。また、彼は、社会主義運動にも共感し、労働運動を支援しました。 1922年(大正11年)に、千葉亀雄は、朝日新聞を辞職し、評論家として独立しました。評論家としては、彼は、雑誌『中央公論』などに評論を発表し、社会問題や政治問題について論じました。 千葉亀雄は、ジャーナリストとして、日本の民主化に貢献しました。また、彼は、評論家として、社会問題や政治問題について鋭い評論を行い、日本の社会に影響を与えました。 千葉亀雄の主な功績は以下の通りです。 * 大正デモクラシーの推進 * 軍部の台頭の批判 * 労働運動の支援 * 社会問題や政治問題についての鋭い評論 千葉亀雄は、日本の近代化に貢献したジャーナリスト、評論家として、今日でも高く評価されています。
政治分野の人

宮田光雄(1):人物像と足跡

-明治~昭和前期の政界における活躍- 宮田光雄は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した政治家である。1875年に鹿児島県に生まれ、東京帝国大学を卒業後、政界に入った。衆議院議員を5期務め、1925年には農林大臣に就任した。また、1937年には文部大臣に就任し、教育改革に尽力した。 宮田光雄は、明治維新後の日本の近代化に貢献した政治家である。特に、農林業の発展と教育の普及に力を注いだ。宮田光雄の政策は、日本の発展に大きな影響を与えた。 宮田光雄の農林政策は、農村の近代化と農民の生活の向上を目的としていた。宮田光雄は、農村の協同組合を奨励し、農産物の価格安定化を図った。また、農民の教育を推進し、農村の生活環境の改善に努めた。 宮田光雄の教育政策は、国民の教育水準の向上と日本の国際競争力の強化を目的としていた。宮田光雄は、初等教育の義務化を推進し、高等教育機関の拡充を図った。また、国民の勤労意欲の向上と社会正義の実現を目的として、社会教育の振興に努めた。 宮田光雄の政策は、日本の発展に大きな影響を与えた。宮田光雄の農林政策は、日本の食料自給率の向上と農村の近代化に貢献した。また、宮田光雄の教育政策は、国民の教育水準の向上と日本の国際競争力の強化に貢献した。 宮田光雄は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家である。宮田光雄の政策は、日本の発展に大きな影響を与えた。宮田光雄の功績は、今もなお高く評価されている。
学術分野の人

小林行昌:明治時代の商学者

-小林行昌の生い立ちと経歴- 小林行昌は、1841年(天保12年)に、尾張国(現在の愛知県)名古屋に生まれた。父は医師、母は産婆であった。小林は幼少の頃から聡明で、読書を好む少年であった。1863年(文久3年)、小林は、蘭学塾である「蘭医学塾」に入塾し、西洋の学問を学ぶ。その後、1871年(明治4年)に、東京の「慶應義塾」に入学し、経済学を学ぶ。 1875年(明治8年)、小林は、慶應義塾を卒業し、大阪の「商法講習所」の講師となる。小林は、商法講習所で、経済学や商法を教えるとともに、商業界の調査研究も行っていた。1881年(明治14年)には、商法講習所の校長に就任し、商法教育の充実を図った。 1890年(明治23年)、小林は、慶應義塾大学の教授に就任し、経済学や商法を教えた。また、小林は、1891年(明治24年)に、日本初の商学専門誌である「商業界」を創刊し、商学の普及に努めた。小林は、1901年(明治34年)に、慶應義塾大学の総長に就任し、1906年(明治39年)まで総長を務めた。 小林は、日本における商学の開祖として知られており、日本の商学の発展に大きく貢献した。小林は、1910年(明治43年)に、70歳で亡くなった。
音楽分野の人

富士松薩摩掾(3代)

富士松薩摩掾(3代)の生涯 富士松薩摩掾(3代)は、江戸時代中期に活躍した薩摩琵琶奏者。本名は山田藤吉。通称は平助。薩摩藩出身。初代富士松薩摩掾の弟子。 1688年(貞享5年)、薩摩藩に生まれる。10歳のとき、初代富士松薩摩掾に入門。琵琶を学び、15歳のときにはもう家元を継いでいる。 1713年(正徳3年)、御三家を訪問して演奏。1718年(享保3年)には、将軍徳川吉宗の前で演奏し、その演奏を大いに賞される。 1727年(享保12年)、薩摩藩から御用人として江戸に召し出され、以後、江戸で活躍。1744年(延享元年)、薩摩に帰国。1749年(寛延2年)、薩摩で死去。享年72。 富士松薩摩掾の芸風は、師匠である初代富士松薩摩掾を継承したもので、力強く雄々しい演奏が特徴であった。また、琵琶の演奏のみならず、作詩や作曲にも優れており、多くの作品を残している。 富士松薩摩掾(3代)は、薩摩琵琶の第一人者として活躍し、その演奏を大いに賞された。また、作詩や作曲にも優れており、多くの作品を残している。薩摩琵琶の発展に大きく貢献した人物である。
学術分野の人

– 大塚武松

-明治期から昭和期前半の日本史学者 - 大塚武松- -概説- 大塚武松(1888-1972)は、明治期から昭和期前半にかけて活躍した日本の歴史学者です。東京帝国大学史学科を卒業後、同大学助教授、教授を歴任し、1939年に退官しました。その後、京都帝国大学名誉教授、皇典講究所総裁などを務めました。 大塚武松の研究は、日本の古代史と中世史に集中していました。特に、古代国家の成立と発展、律令制の形成と変遷、中世封建社会の成立と展開などについて、多くの著作を発表しました。 大塚武松は、日本の歴史学の発展に大きく貢献した学者です。その研究成果は、今日の日本の歴史学の基礎を築くものであり、現在でも高く評価されています。 -生涯- 大塚武松は、1888年(明治21年)に、岡山県倉敷市に生まれました。1912年(大正元年)に、東京帝国大学史学科を卒業し、同大学助教授となりました。1919年(大正8年)に、同大学教授に昇進し、1939年(昭和14年)に退官しました。 大塚武松は、退官後も研究を続け、京都帝国大学名誉教授、皇典講究所総裁などを歴任しました。1972年(昭和47年)に、84歳で死去しました。 -業績- 大塚武松の研究は、日本の古代史と中世史に集中していました。特に、古代国家の成立と発展、律令制の形成と変遷、中世封建社会の成立と展開などについて、多くの著作を発表しました。 大塚武松の最も有名な著作は、『日本古代史研究』(1929年)と『日本中世史研究』(1931年)です。これらの著作は、日本の古代史と中世史の研究に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。 大塚武松は、日本の歴史学の発展に大きく貢献した学者です。その研究成果は、今日の日本の歴史学の基礎を築くものであり、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

福田徳三 – 明治から昭和にかけて活躍した経済学者

福田徳三の生い立ちと留学 1874年(明治7年)1月11日、福田徳三は、埼玉県入間郡川越に福田豊蔵、しずの長男として生まれる。父は川越藩の武士で、維新後は官吏となり、埼玉県の県令も務めた。母は川越藩士の娘で、気丈で聡明な女性であった。 徳三は、幼い頃から学問に優れ、川越中学校(現・埼玉県立川越高等学校)を卒業後、第一高等学校(現・東京大学教養学部)に進学する。第一高等学校では、福田は経済学を専攻し、河上肇や大内兵衛らと親交を深める。 1900年(明治33年)東京帝国大学(現・東京大学)経済学部を卒業。卒業後は大阪高等商業学校(現・大阪市立大学経済学部)で講師として教鞭を執る。 1902年(明治35年)アメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で経済学を学ぶ。留学中は、アメリカの経済学者セオドア・ヴェブレンや、ジョン・デューイらと親交を深める。そして、1904年(明治37年)に、コロンビア大学から博士号を取得して、日本に帰国する。 帰国後は、東京帝国大学経済学部で助教授に就任し、1908年(明治41年)に教授に昇進する。東京帝国大学では、経済学の分野で多くの功績を残し、経済学の理論と政策の両面に大きな影響を与えた。 福田徳三は、1938年(昭和13年)に東京帝国大学総長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めた。第二次世界大戦中には、日本の経済政策に大きな影響を与えた。戦後、福田徳三は、公職追放となり、公職には就けなかったが、経済学の研究を続け、1958年(昭和33年)に亡くなった。
歴史上の人物

佐藤甫

- 佐藤甫 -# 佐藤甫の人生 佐藤甫は、1882年(明治15年)に東京で生まれました。生家は、江戸時代から続く商家でした。佐藤は、幼い頃から聡明で、勉強熱心な子供でした。10歳の時に、東京帝国大学予備門に入学。15歳の時に、東京帝国大学工科大学に入学しました。佐藤は、大学在学中に、電気工学と機械工学の研究に没頭しました。18歳で、東京帝国大学を卒業。卒業後は、三菱造船所に入社しました。佐藤は、三菱造船所で、船舶の設計と建造に携わりました。1910年(明治43年)、佐藤は、ドイツに留学しました。ドイツで、佐藤は、機械工学を学びました。1912年(大正元年)、佐藤は、ドイツから帰国しました。帰国後は、三菱造船所で、造船部長に就任しました。佐藤は、造船部長として、数多くの優秀な船舶を建造しました。1920年(大正9年)、佐藤は、三菱造船所を退社しました。退社後は、佐藤工業を設立しました。佐藤工業は、工作機械の製造販売を行っていました。佐藤は、佐藤工業の社長として、会社を経営しました。1945年(昭和20年)、佐藤は、63歳で亡くなりました。 -# 佐藤甫の業績 佐藤甫は、日本の造船界に多大な功績を残した人物です。佐藤は、三菱造船所で、数多くの優秀な船舶を建造しました。佐藤の建造した船舶は、日本の海運業の発展に貢献しました。また、佐藤は、佐藤工業を設立し、工作機械の製造販売を行いました。佐藤の製造した工作機械は、日本の産業の発展に貢献しました。 -# 佐藤甫の評価 佐藤甫は、日本の造船界と産業界に多大な貢献をした人物として評価されています。佐藤は、聡明で、勉強熱心な人物でした。佐藤は、東京帝国大学を卒業後は、三菱造船所に入社し、造船部長として、数多くの優秀な船舶を建造しました。また、佐藤は、佐藤工業を設立し、工作機械の製造販売を行いました。佐藤の製造した工作機械は、日本の産業の発展に貢献しました。佐藤は、日本の造船界と産業界の発展に貢献した人物として、高く評価されています。
芸能分野の人

歌舞伎役者「市川右団次(2代)」の音無しの演技

初代市川右団次の長男 市川右団次(2代)は、初代市川右団次の長男として、1681年に江戸に生まれた。幼名は団三郎。18歳の時に父が死去すると、家督を継いで2代目を襲名した。 2代目は、父譲りの優れた演技力で人気を集めた。特に、音無しの演技では、その真骨頂を発揮した。音無しの演技とは、セリフを一切発せずに、表情や身振りだけで演技をすることである。2代目は、この音無しの演技で、観客を魅了した。 2代目の音無しの演技の代表的な演目には、『仮名手本忠臣蔵』の「勘平腹切り」や『菅原伝授手習鑑』の「寺子屋」などがある。これらの演目では、2代目は、悲しみや苦しみを表情や身振りだけで表現し、観客の感動を誘った。 2代目の音無しの演技は、歌舞伎の歴史に残る名演技として、今日でも語り継がれている。
経済分野の人

森矗昶 – 実業家と森コンツェルンの創始者

-森矗昶の生涯明治から昭和初期の実業家- 森矗昶(もり・のぶあき)は、日本の実業家、森コンツェルンの創始者である。1865年(元治2年)に石川県金沢市で生まれ、1959年(昭和34年)に東京で亡くなった。 森矗昶は、1888年(明治21年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、三菱合資会社に入社した。その後、1893年(明治26年)に森商店を創業し、1900年(明治33年)には森コンツェルンを設立した。森コンツェルンは、製紙、製材、鉱山、鉄道、電力など、さまざまな事業を展開し、日本の経済界で大きな影響力を及ぼした。 森矗昶は、実業家としてだけでなく、社会貢献にも熱心であった。1918年(大正7年)には、森文庫を設立し、1926年(大正15年)には、森記念財団を設立した。森文庫は、貴重な書籍や資料を収蔵した図書館であり、森記念財団は、学術研究や文化事業を支援する団体である。 森矗昶は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家である。その業績は現在も高く評価されており、森コンツェルンや森文庫、森記念財団などの組織は、今でも日本の社会に大きな影響を与え続けている。
経済分野の人

大泉梅冶郎-明治-昭和時代前期の実業家

- 大泉梅冶郎-明治-昭和時代前期の実業家 - -# 仙台のホテル経営で先見の明を発揮した大泉梅冶郎 -# 大泉梅冶郎は、明治21年(1888年)に宮城県仙台市に生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、仙台一高を卒業後は早稲田大学に進学しました。大学卒業後は、地元の新聞社に記者として入社しましたが、すぐに実業家としての才能を発揮し、仙台市内のホテル経営に乗り出しました。 当時は、仙台市にはまだまともなホテルがなく、大泉梅冶郎は仙台に近代的なホテルを建設する構想を抱きました。そして、明治40年(1907年)に、仙台市の中心部に「仙台ホテル」を開業しました。 仙台ホテルは、当時としては画期的な設備を備えた近代的なホテルで、すぐに地元の人々や旅行客に人気を集めました。大泉梅冶郎は、仙台ホテルの成功を機に、ホテル経営を拡大し、東北地方を中心に複数のホテルを経営するようになりました。 大泉梅冶郎は、ホテル経営だけでなく、他の事業にも手を広げ、金融業や鉱業などにも進出しました。また、地元の経済界や社会活動にも積極的に参加し、仙台商工会議所の会頭や、仙台市会議員も務めました。 大正12年(1923年)に発生した関東大震災では、仙台ホテルが倒壊しましたが、大泉梅冶郎はすぐに新しい仙台ホテルを建設し、復興に貢献しました。昭和7年(1932年)には、全国のホテル経営者を代表する団体である日本ホテル協会の会長に就任しました。 大泉梅冶郎は、昭和14年(1939年)に51歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。仙台ホテルは、大泉梅冶郎の死後も営業を続け、現在でも仙台市のランドマークとして親しまれています。
学術分野の人

外科のパイオニア、猪子止戈之助

-明治・昭和時代前期の外科学者- 猪子止戈之助(1876-1955)は、明治・昭和時代前期の外科学者であり、日本の外科医学の発展に大きく貢献した人物である。 猪子は、1876年(明治9年)に長崎県に生まれた。1906年(明治39年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、大学院で外科を専攻した。1912年(大正元年)に医学博士の学位を取得し、1914年(大正3年)に東京帝国大学医科大学助教授に就任した。1923年(大正12年)に同教授に昇任し、1938年(昭和13年)に東京帝国大学総長に就任した。 猪子は、外科の分野で多くの業績を残した。1916年(大正5年)に、日本で初めて胃癌の手術に成功した。1922年(大正11年)に、日本で初めて胆嚢摘出手術に成功した。1929年(昭和4年)に、日本で初めて肺癌の手術に成功した。 猪子は、外科医としての功績だけでなく、医学教育者としても活躍した。1938年(昭和13年)に東京帝国大学総長に就任し、日本の医学教育の改革に尽力した。猪子は、医学教育の重点を基礎医学から臨床医学に移し、医学部を医学科と歯学科の2科に分離した。また、医学部の学生数を増やし、医学部の設備を拡充した。 猪子は、1955年(昭和30年)に死去した。猪子は、日本の外科医学の発展に大きく貢献した人物であり、日本の医学史にその名を残した。
音楽分野の人

竹本小清 – 明治から昭和にかけて活躍した女義太夫

初代竹本綾之助とともに名を馳せた女義太夫 初代竹本綾之助は、明治から昭和にかけて活躍した女義太夫であり、竹本小清は初代綾之助の弟子であり、両者は二人で女義太夫界に君臨し、一世を風靡しました。 竹本小清は、明治13年(1880年)に東京に生まれ、初代綾之助に入門して女義太夫を学びました。小清は天性の美声と優れた演技力で、早くから頭角を現し、明治30年(1897年)には、初代綾之助とともにアメリカに巡業し、大成功を収めました。 その後、小清は初代綾之助の引退後、女義太夫界の第一人者として活躍し、数々の名演を残しました。小清の芸は、華やかさと艶やかさを兼ね備えており、聴衆を魅了しました。 小清は、昭和22年(1947年)に死去するまで、女義太夫界の第一線で活躍し、数多くの後進を育てました。その門下からは、竹本綾之助 (3代目)や、竹本津大夫 (8代目)などの名人が輩出し、女義太夫界の発展に貢献しました。 小清は、初代綾之助とともに女義太夫界を牽引した偉大な女義太夫であり、その功績は今もなお語り継がれています。
経済分野の人

「金原磊」

-金原磊の生涯- 金原磊は、日本の陸軍軍人、政治家。大日本帝国陸軍の歩兵科士官として日露戦争に参加し、その後は主に朝鮮総督府で要職を歴任した。 1876年、熊本県で生まれた。1899年、陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官。1904年、日露戦争に従軍し、旅順攻囲戦に参加した。1905年、歩兵中尉に昇進。 1910年、朝鮮総督府に転じ、陸軍参謀部員、京城憲兵隊長などを歴任した。1915年、歩兵大佐に昇進。1919年、独立守備隊司令官に就任。1920年、歩兵少将に昇進。 1923年、朝鮮総督府政務総監に就任。1924年、朝鮮総督に昇進。1927年、退官。 1928年、衆議院議員に当選。1932年、第1次若槻内閣の陸軍大臣に就任。1934年、第1次近衛内閣の陸軍大臣に就任。 1936年、陸軍大将に昇進。1937年、第2次近衛内閣の陸軍大臣に就任。1939年、第1次平沼内閣の陸軍大臣に就任。 1940年、第2次近衛内閣の陸軍大臣に就任。1941年、大東亜戦争が勃発。1942年、第3次近衛内閣の陸軍大臣に就任。 1943年、第4次近衛内閣の陸軍大臣に就任。1944年、第2次小磯内閣の陸軍大臣に就任。 1945年、大東亜戦争が終結。1946年、公職追放の対象となった。1950年、公職追放が解除された。 1951年、死去。
学術分野の人

西海枝静-明治から昭和にかけて生きた神学者

西海枝静の生涯と経歴 西海枝静は、明治20年(1887年)に東京で生まれた。父は牧師、母は宣教師の娘であった。枝静は幼い頃からキリスト教に親しみ、16歳のときに洗礼を受けた。 枝静は1910年(明治43年)に東京女子大学英文科を卒業し、その後はアメリカに留学した。留学中は、ニューブランズウィック神学校で神学を学び、1914年(大正3年)に帰国した。 帰国後は、東京一致神学校で教鞭を執りながら、キリスト教に関する著書を多数発表した。枝静の著書は、キリスト教の信仰を分かりやすく解説したもので、多くの読者に親しまれた。 1923年(大正12年)には、関東大震災が発生した。震災後、枝静は被災者の救援活動に尽力し、また、キリスト教による復興運動にも積極的に参加した。 枝静は1945年(昭和20年)に東京で亡くなった。享年58歳であった。枝静は、明治から昭和にかけて活躍した神学者であり、キリスト教の信仰を日本に広めることに貢献した人物である。
美術分野の人

尾竹国観 – 明治・昭和時代前期の日本画家

- 尾竹国観の生涯と人物 尾竹国観は、明治・昭和時代前期の日本画家です。1885年(明治18年)に福岡県に生まれました。尾竹竹之介のもとで日本画を学び、1904年(明治37年)に東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。在学中に日本美術院の創立に参加し、横山大観や下村観山らに師事しました。 1911年(明治44年)に東京美術学校を卒業後、日本美術院同人となり、1923年(大正12年)に同院の理事長に就任しました。1935年(昭和10年)には、文化勲章を受章しました。 尾竹国観は、日本画の伝統を重んじながらも、西洋絵画の技法を積極的に取り入れた作風で知られています。花鳥画や山水画を得意とし、特に桜を描いた作品が多く残されています。 1945年(昭和20年)に東京で死去しました。 尾竹国観は、日本画の発展に大きく貢献した画家であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。
経済分野の人

清水及衛 – 明治・昭和時代前期の農業指導者

-清水及衛の生涯- 清水及衛は、1867年(慶応3年)3月15日、愛知県中島郡下小見村(現・豊川市)に生まれた。父は清水新八郎、母はよね。清水家は、代々農業を営む家柄で、及衛も幼い頃から農業に親しんだ。 及衛は、1884年(明治17年)に上京し、東京農林学校(現・東京農業大学)に入学した。卒業後は、農商務省に入省し、全国各地を巡回して農業指導を行った。1897年(明治30年)には、農商務省農事試験場(現・農業・食品産業技術総合研究機構)に転任し、水稲の品種改良や栽培法の研究に従事した。 1905年(明治38年)、及衛は農商務省農務局長に就任した。農務局長時代には、全国各地に農業試験場を設置し、農業技術の普及に尽力した。また、1908年(明治41年)には、農事講習会を開催し、農家の子弟に農業技術を指導した。 1912年(大正元年)、及衛は農商務次官に就任した。農商務次官時代には、農業基本法の制定に尽力した。また、1918年(大正7年)には、産業組合法を制定し、農家の協同組合化を推進した。 1922年(大正11年)、及衛は農商務大臣に就任した。農商務大臣時代には、農地改革を実施し、自作農の育成を図った。また、農業生産の増大を目指して、産業組合の活動を支援した。 及衛は、1924年(大正13年)に農商務大臣を辞任した。その後は、日本農業会会長、帝国学士院会員、貴族院議員などを歴任した。1939年(昭和14年)10月28日、東京府東京市麹町区富士見町(現・東京都千代田区)で死去した。享年73。