明治

歴史上の人物

– 関田宗太郎

関田宗太郎の生涯 関田宗太郎は、1839年(天保10年)に、江戸の日本橋に生まれました。父は、呉服商を営む関田彦左衛門、母は、すてです。宗太郎は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。15歳のとき、藩校の昌平黌に入学し、漢学と洋学を学びました。 昌平黌を卒業後、宗太郎は、幕府の勘定奉行に任命されました。勘定奉行は、幕府の財政を管理する役職で、重要な役割を担っていました。宗太郎は、勘定奉行として、幕府の財政改革に取り組み、幕府の財政を安定させました。 その後、宗太郎は、幕府の外国奉行に任命されました。外国奉行は、幕府の外交政策を管理する役職で、重要な役割を担っていました。宗太郎は、外国奉行として、欧米諸国との交渉を行い、幕府の外交政策を推進しました。 しかし、幕府は、欧米諸国の圧力に屈して、開国を余儀なくされました。開国によって、日本は、欧米諸国の影響を強く受けるようになり、幕府は、その権力を失っていきました。宗太郎は、幕府の衰退を憂い、幕府の改革に取り組みましたが、その努力は、むなしく終わりました。 1868年(慶応4年)、幕府が倒れ、明治維新が起こりました。明治維新によって、日本は、新しい時代を迎えましたが、宗太郎は、新政府に参加せず、隠居してしまいました。宗太郎は、1910年(明治43年)に、72歳で亡くなりました。 宗太郎は、明治維新の動乱期に生きた、日本の政治家でした。宗太郎は、幕府の財政改革や外交政策に尽力しましたが、幕府の衰退を食い止めることができませんでした。宗太郎は、新政府に参加せず、隠居してしまいましたが、その功績は、今もなお、語り継がれています。
歴史上の人物

「富永清蔵」

-# 明治-大正時代の船長 富永清蔵は、明治-大正時代に活躍した日本の船長です。1854年、山口県に生まれ、1874年に海運会社に入社します。その後、1880年に船長に任命され、1894年の日清戦争では輸送船の船長として従軍しました。 日清戦争後、富永清蔵は商船の船長として活躍し、1900年には日本郵船に入社します。1912年には、日本郵船の豪華客船「日進丸」の船長に任命され、1914年に太平洋戦争が勃発すると、日本海軍に徴用され、輸送船の船長として従軍しました。 1918年、富永清蔵は日本郵船を退職し、1926年に死去しました。富永清蔵は、明治-大正時代の日本の海運業界を支えた功績を称えられ、1973年に勲五等瑞宝章を受章しています。 富永清蔵は、日本の海運業界の発展に貢献した人物です。彼の功績は、現在でも日本の海運業界で語り継がれています。
学術分野の人

– 柳瀬実次郎

- 柳瀬実次郎の生涯と業績 柳瀬実次郎は、1858年(安政5年)7月15日に、現在の青森県弘前市に生まれました。戊辰戦争では官軍に参加し、その後は北海道庁に勤務しました。1882年(明治15年)に上京し、1884年(明治17年)には大蔵省に入省しました。1892年(明治25年)には、主税局長に就任し、1893年(明治26年)には、関税局長に就任しました。1896年(明治29年)には、大蔵次官に就任し、1898年(明治31年)には、大蔵大臣に就任しました。 柳瀬実次郎は、大蔵大臣在任中に、金本位制を導入し、日清戦争後の財政再建に尽力しました。また、日露戦争後の財政再建にも尽力し、日本の経済発展に大きく貢献しました。1928年(昭和3年)に、柳瀬実次郎は、脳溢血のため死去しました。 柳瀬実次郎は、日本の近代財政の父と呼ばれています。彼の業績は、日本の経済発展に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

幕末-明治時代の医師、画家:牧野芝石の生涯と作品

-# 牧野芝石の生い立ちと背景 牧野芝石(1837年 - 1909年)は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師、画家である。本名は牧野久太郎。芝石は号である。 芝石は、文化14年(1817年)11月3日、近江国蒲生郡大森村(現在の滋賀県東近江市八日市町)に生まれた。父は医師の牧野久治郎、母はトモである。芝石は、幼い頃から絵を描くことが好きで、10歳の頃に京都に出て、狩野派の画家に師事した。しかし、後に医学を志し、京都の緒方洪庵の適塾に入門して医術を学んだ。 嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航し、日本は開国に踏み出す。芝石は、開国の影響で西洋医学の必要性を痛感し、緒方洪庵の勧めもあって、文久3年(1863年)に長崎に遊学し、西洋医学を学んだ。長崎では、シーボルトの弟子である医師、高野長英に師事し、西洋医学の基礎を固めた。 元治元年(1864年)、芝石は長崎を離れ、京都に戻った。京都では、緒方洪庵の適塾で西洋医学を教えながら、医師として開業した。また、画業にも精進し、多くの作品を残した。 明治維新後は、東京に移住し、東京大学医学部に勤務した。明治10年(1877年)には、東京大学医学部の教授に就任し、西洋医学の普及に努めた。芝石は、明治23年(1890年)に東京大学医学部を退官し、晩年は、画業に専念した。明治42年(1909年)8月9日、東京で死去した。
文学分野の人

高安やす子:明治から昭和にかけて活躍した歌人

高安やす子明治から昭和にかけて活躍した歌人 高安やす子の生涯と経歴 高安やす子は、1885年(明治18年)1月21日、東京府東京市深川区(現在の東京都江東区)に生まれた。本名は高安ヤス。明治・大正・昭和にかけて活躍した歌人である。 やす子は、幼い頃から歌人に憧れ、13歳のときに雑誌「少女画報」に短歌を投稿し、入選を果たした。その後、与謝野晶子に師事し、歌壇にデビューした。 やす子は、与謝野晶子に師事しながら、独自の作風を確立していった。その歌は、女性らしい繊細さと力強さを併せ持ち、多くの読者から愛された。 やす子は、1920年(大正9年)に処女歌集「花筺」を出版し、歌壇での地位を確立した。その後も、精力的に歌集を出版し、1942年(昭和17年)には、第1回短歌研究賞を受賞した。 やす子は、1974年(昭和49年)10月18日に89歳で死去した。やす子の死後、その業績を称えて、1979年(昭和54年)には高安やす子賞が制定された。 やす子は、明治から昭和にかけて活躍した歌人であり、日本の近代短歌の発展に大きな貢献をした。その歌は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
歴史上の人物

「長尾重威」

-長尾重威の生涯と事迹- 長尾重威は、1514年に越後国の守護大名である長尾為景の三男として生まれました。諱は景康。幼名は松王丸。 1535年、兄の長尾晴景が父為景を攻めて家督を奪うと、重威は晴景に属しました。しかし、1542年に晴景が暗殺されると、重威は弟の長尾景虎(上杉謙信)と対立。景虎に敗れて越後国を追放されました。 1548年、重威は甲斐国の武田信玄を頼って、上杉謙信と敵対しました。信玄の娘である黄梅院を娶り、武田氏の家臣となりました。 1553年、武田信玄が信濃国川中島で上杉謙信と戦った際には、重威も武田軍の一員として参戦しました。この戦いで重威は戦功を挙げ、武田信玄から「鬼美濃」の異名を与えられました。 1561年、重威は武田信玄の命を受けて、越後国春日山城を攻めましたが、上杉謙信に撃退されました。その後、重威は武田信玄の命を受けて、信濃国の上田城や別所城を攻め落としました。 1573年、武田信玄が病死すると、重威は嫡男の武田勝頼に仕えました。しかし、1575年の長篠の戦いで武田軍が大敗すると、重威は武田氏を見限り、上杉謙信に降伏しました。 1578年、上杉謙信が死去すると、重威は上杉景勝に仕えました。1582年、本能寺の変が起こると、重威は景勝に従って織田信長の仇を討つために上洛しました。 1583年、賤ヶ岳の戦いで景勝が敗れると、重威は上杉氏を離れて、北条氏綱を頼りました。しかし、1590年の小田原の役で北条氏綱が豊臣秀吉に降伏すると、重威は秀吉に仕えました。 1598年、豊臣秀吉が死去すると、重威は徳川家康に仕えました。1600年の関ヶ原の戦いでは、重威は家康に従って東軍に参加しました。 1603年、徳川家康が征夷大将軍になると、重威は江戸幕府の旗本となり、武蔵国足立郡に3,000石の所領を与えられました。 1614年、大坂冬の陣が起こると、重威は徳川秀忠に従って大坂城を攻めました。1615年の大坂夏の陣でも、重威は徳川秀忠に従って大坂城を攻め、豊臣氏を滅亡させました。 1621年、重威は江戸で死去しました。享年78。
歴史上の人物

– 大谷光演

- 大谷光演の生い立ちと経歴 大谷光演は、1950年(昭和25年)11月15日、京都府京都市右京区嵯峨野に生まれた。本名は、大谷光貞。真言宗智山派総本山智積院の第63世貫主である。 大谷光演は、智積院の第62世貫主である大谷光暢の長男として生まれた。大谷光暢は、戦後復興期の真言宗智山派を牽引した名僧であり、大谷光演も幼い頃から仏教に親しみ、僧侶になることを志した。 大谷光演は、1969年(昭和44年)に智積院高等学校を卒業後、智積大学仏教学部に入学。1973年(昭和48年)に智積大学仏教学部を卒業し、智積院の僧侶となった。 大谷光演は、智積院僧侶となってからは、智積院の寺務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力した。また、1998年(平成10年)には、智積院副貫主に就任。2006年(平成18年)には、智積院貫主に就任した。 大谷光演は、智積院貫主となってからは、智積院の再興と活性化に尽力している。また、真言宗智山派の宗務を執行するとともに、他宗派との交流や社会貢献活動にも取り組んでいる。 大谷光演は、2016年(平成28年)に、真言宗智山派の宗祖である弘法大師空海の入定1200年を記念して、智積院で「弘法大師空海入定1200年御遠忌大法要」を挙行した。また、2017年(平成29年)には、智積院で「真言宗智山派宗祖弘法大師空海御遠忌1200年記念大開帳」を開催した。 大谷光演は、2019年(令和元年)に、智積院貫主を退任した。退任後も、真言宗智山派の宗務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力している。
歴史上の人物

―池知退蔵について

-池知退蔵の生涯と活躍- -概要- 池知退蔵(1845-1904)は、日本の政治家、教育者、実業家である。自由民権運動の指導者の一人として知られ、沖縄県の発展に貢献した。 -生い立ちと青年期- 池知退蔵は、1845年(弘化2年)に沖縄県那覇市に生まれた。父は池知宗栄、母は真鍋氏。幼少期から聡明で、漢学や数学を学んだ。1862年(文久2年)、18歳のときに薩摩藩に留学し、洋学を学んだ。 -自由民権運動への参加- 1868年(明治元年)、沖縄県が日本に復帰した。池知退蔵は、復帰後の沖縄県の発展のために尽力し、1870年(明治3年)に沖縄県初の自由民権結社である「沖縄県民権社」を設立した。1871年(明治4年)には、沖縄県初の新聞である「琉球新報」を創刊した。 -沖縄県の発展への貢献- 1872年(明治5年)、池知退蔵は沖縄県議会議員に当選し、県政に参画した。その後、沖縄県知事、沖縄県教育長、沖縄県農工銀行頭取などを歴任し、沖縄県の発展に貢献した。 -晩年と死- 池知退蔵は、1904年(明治37年)に59歳で死去した。沖縄県民から「琉球の父」と称され、現在でも沖縄県ではその功績を称えられている。 -池知退蔵の功績- 1. 沖縄県の自由民権運動の指導者の一人として、沖縄県の復帰後の発展に尽力した。 2. 沖縄県初の新聞である「琉球新報」を創刊し、沖縄県の情報発信に貢献した。 3. 沖縄県知事、沖縄県教育長、沖縄県農工銀行頭取などを歴任し、沖縄県の発展に貢献した。 -池知退蔵の評価- 池知退蔵は、沖縄県の近代化に貢献した政治家、教育者、実業家として評価されている。また、自由民権運動の指導者として、沖縄県の復帰後の発展に尽力した功績は大きく、沖縄県民から「琉球の父」と称されている。
経済分野の人

上坂忠七郎について学ぶ

-上坂忠七郎の生涯- 上坂忠七郎は、江戸時代後期に活躍した剣客、兵学者、教育者である。1811年(文化8年)に長崎県に生まれ、1865年(慶応元年)に亡くなった。 上坂忠七郎は幼少期から剣術を学び、18歳で上京して神道無念流を学ぶ。その後、1833年(天保4年)に開いた道場「忠七郎道場」で剣術を教え、1842年(天保13年)には小笠原流兵学の免許皆伝を受ける。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、上坂忠七郎は江戸幕府の命を受けてペリーと交渉にあたる。ペリーとの交渉では、上坂忠七郎の剣術と兵学の知識が活かされ、ペリーに日本の実力を示した。 ペリーとの交渉後、上坂忠七郎は幕府の兵学師範となり、幕府の兵制改革に携わる。上坂忠七郎は、西洋の兵学を学び、日本の兵制を近代化するために尽力した。 1865年(慶応元年)、上坂忠七郎は病のため亡くなった。享年55歳。上坂忠七郎の死は、幕府と日本にとって大きな損失であった。
美術分野の人

加藤清助(?-1884)

-瀬戸の名工-加藤清助- 加藤清助(生年不明 - 1884年)は、江戸時代後期の陶工。瀬戸の三代名工の一人とされる。 清助は、尾張国瀬戸(現在の愛知県瀬戸市)に生まれた。父は加藤勘兵衛、母は加藤コサ。清助は、幼い頃から陶工の仕事を手伝い、15歳で独立して窯を開いた。 清助は、瀬戸の伝統的な焼き物である瀬戸焼を学び、独自の技法を編み出した。清助の陶器は、その精巧な細工と美しい絵柄で知られるようになった。 清助は、瀬戸焼を全国に広めるために、江戸や京都に赴いて作品を販売した。清助の陶器は、江戸の将軍や大名に愛され、清助の名声も全国に広まった。 清助は、1884年に亡くなった。清助の死後も、清助の技法は弟子たちに受け継がれ、瀬戸焼は日本の伝統的な焼き物として愛され続けている。 清助の陶器は、現在でも日本の多くの美術館や博物館に収蔵されている。清助の陶器は、その精巧な細工と美しい絵柄で、人々を魅了している。
経済分野の人

– 横内忠作 –

-横内忠作の生涯- 横内忠作は、1898年に熊本県熊本市に生まれました。彼は、1919年に東京帝国大学工学部を卒業し、その後、三菱電機に入社しました。 三菱電機に入社後、横内は、電機技術の研究開発に携わり、多くの功績を残しました。その中でも、特に有名なのが、1937年に開発した「横内式超電導コイル」です。 このコイルは、世界で初めて超電導現象を実用化した技術であり、その後の電機技術の発展に大きな影響を与えました。 横内は、1945年に三菱電機を退社し、その後、東京帝国大学に戻りました。彼は、1953年に東京帝国大学工学部長に就任し、1956年に東京工業大学学長に就任しました。 横内は、1971年に亡くなりましたが、彼の残した功績は、現在でも、電機技術の発展に大きな影響を与え続けています。 横内忠作は、日本の電機技術の発展に大きく貢献した人物であり、彼の功績は、現在でも、多くの研究者や技術者に敬愛されています。
その他

『道家斉』- 日本で最も重要な人物像辞典

-# 明治から大正時代にかけての政治家 明治から大正時代にかけての政治家は、日本の近代化を推進し、世界における日本の地位を向上させるために尽力しました。 -伊藤博文- 伊藤博文は、明治維新後最初の総理大臣であり、日本の近代化の父と呼ばれています。彼は、大日本帝国憲法の制定や、日清戦争、日露戦争の勝利に貢献しました。 -桂太郎- 桂太郎は、伊藤博文に次いで総理大臣を務め、第一次世界大戦中に日本の首相を務めました。彼は、日英同盟の強化や、シベリア出兵などを行ないました。 -原敬- 原敬は、大正時代に総理大臣を務め、日本の民主化を推進しました。彼は、普通選挙法の制定や、大正デモクラシーの実現に貢献しました。 -加藤高明- 加藤高明は、原敬に次いで総理大臣を務め、日本の国際的地位の向上に尽力しました。彼は、ワシントン海軍軍縮条約の締結や、国際連盟への加盟を実現しました。 -若槻礼次郎- 若槻礼次郎は、加藤高明に次いで総理大臣を務め、日本の経済復興に取り組みました。彼は、金解禁や、昭和恐慌の救済政策などを行ないました。 -浜口雄幸- 浜口雄幸は、若槻礼次郎に次いで総理大臣を務め、日本の経済安定化に取り組みました。彼は、金解禁や、緊縮政策などを行ないました。 -犬養毅- 犬養毅は、浜口雄幸に次いで総理大臣を務め、日本の国際的地位の向上に尽力しました。彼は、満州事変の処理や、国際連盟脱退などを決断しました。 これらの政治家は、日本の近代化を推進し、世界における日本の地位を向上させるために尽力しました。彼らは、日本の歴史において重要な役割を果たした人物です。
歴史上の人物

武田成章 – 幕末から明治時代の兵学者

# 武田成章 - 幕末から明治時代の兵学者 -蘭学と兵学の研究- 武田成章は、幕末から明治時代にかけて活躍した兵学者です。彼は、蘭学と兵学を研究し、日本の近代化に貢献しました。 武田成章は、1822年に肥前国佐賀藩(現在の佐賀県佐賀市)に生まれました。彼は、幼いころから兵学に興味を持ち、15歳の時に江戸に出て、兵学を学びました。1844年に、彼は佐賀藩の兵学指南役となり、兵学の指導に当たりました。 武田成章は、蘭学にも興味を持っていました。彼は、1846年にオランダ語を学び始め、1848年に蘭学塾を開設し、蘭学の指導を始めました。彼は、蘭学を通して、西洋の最新の科学技術を学びました。 1868年に明治維新が起こると、武田成章は兵部省に出仕し、兵学の指導に当たりました。彼は、日本陸軍の近代化に貢献しました。1871年に、彼は陸軍士官学校を開設し、兵学の指導を始めました。彼は、陸軍士官学校の校長を歴任しました。 武田成章は、1882年に亡くなりました。享年60歳でした。彼は、日本の近代化に貢献した偉大な兵学者でした。 武田成章の蘭学と兵学の研究は、日本の近代化に大きな影響を与えました。彼は、西洋の最新の科学技術を学び、それを日本の兵学に応用しました。彼は、日本陸軍の近代化に貢献し、日本の近代化を支えました。
歴史上の人物

福地次郎-幕末明治の里正

福地次郎の生涯 福地次郎は、1825年(文政8年)に江戸牛込北榎町に生まれました。父は幕府の御典医である福地羅斎、母は医師の娘である田中多喜でした。幼少期から学問に優れ、10歳で詩文を作り、14歳で漢籍を修め、17歳で蘭学を学び始めました。 1843年(天保14年)、19歳の時に江戸に出て、蘭学塾である昌平黌に入学しました。同塾では、坪井九馬三、宇田川榕庵、川本幸民らに師事し、蘭学のほか、英語、数学、物理学などを学びました。 1853年(嘉永6年)、29歳の時に浦賀にペリーが来航すると、幕府の命を受けて通訳を務めました。ペリーとの交渉では、その英語力と交渉術を駆使して、幕府の立場を主張し、ペリーの要求を退けました。 1854年(嘉永7年)、30歳の時に、日米和親条約の締結に尽力しました。条約締結後は、幕府の外交官として、アメリカ、ヨーロッパ諸国を歴訪し、日本の近代化を推進しました。 1868年(明治元年)、44歳の時に、戊辰戦争が勃発すると、官軍に参加して、箱館戦争で戦いました。戦後は、明治政府に出仕し、外務大輔、文部卿、農商務卿などを歴任しました。 1897年(明治30年)、73歳の時に、東京で亡くなりました。福地次郎は、幕末明治期の日本外交の第一人者として、日本の近代化に大きく貢献した人物です。
歴史上の人物

– 成島柳北 → 幕末明治時代の儒者、新聞人の功績

幕末維新期の多岐にわたる活躍 成島柳北は、幕末明治時代の儒者、新聞人として活躍した人物です。幕末維新期には、尊王攘夷運動に身を投じ、倒幕運動を支持しました。また、戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟の軍監として、奥羽越列藩軍を指揮しました。 戊辰戦争後、成島柳北は、明治政府に出仕し、文部卿や農商務卿などの要職を歴任しました。また、学問や教育にも力を入れ、東京大学や東京専門学校の設立に尽力しました。 成島柳北は、著作も多く、漢詩や漢文、歴史書など、幅広い分野にわたる作品を残しています。また、新聞にも積極的に関わり、明治初期の新聞界の発展に貢献しました。 成島柳北は、幕末明治時代の激動期に、政治、教育、学問、ジャーナリズムなど、さまざまな分野で活躍した偉人です。その功績は、今日でも高く評価されています。 以下は、成島柳北の幕末維新期の多岐にわたる活躍を、もう少し詳しく説明します。 1. 尊王攘夷運動への参加 成島柳北は、幕末期に尊王攘夷運動に参加し、倒幕運動を支持しました。彼は、尊王攘夷を唱える志士たちと交流し、倒幕運動に協力しました。 2. 戊辰戦争への参加 戊辰戦争では、成島柳北は、奥羽越列藩同盟の軍監として、奥羽越列藩軍を指揮しました。彼は、奥羽越列藩軍を率いて、官軍と戦いましたが、最終的には敗北しました。 3. 明治政府への出仕 戊辰戦争後、成島柳北は、明治政府に出仕し、文部卿や農商務卿などの要職を歴任しました。彼は、明治政府の近代化政策を推進し、日本の近代化に貢献しました。 4. 学問や教育への貢献 成島柳北は、学問や教育にも力を入れ、東京大学や東京専門学校の設立に尽力しました。また、彼は、多くの著作を残しており、その内容は、漢詩、漢文、歴史書など、多岐にわたります。 5. 新聞への関わり 成島柳北は、新聞にも積極的に関わり、明治初期の新聞界の発展に貢献しました。彼は、新聞を発行したり、新聞に寄稿したりして、世論を啓蒙し、日本の近代化に貢献しました。 成島柳北は、幕末明治時代の激動期に、さまざまな分野で活躍した偉人です。その功績は、今日でも高く評価されています。
政治分野の人

伊藤大八 – 明治・大正時代の政治家

-# 伊藤大八の生い立ちと教育 伊藤大八は、1844年に伊予国松山市(現在の愛媛県松山市)に生まれました。父は伊藤作右衛門、母はきぬと言います。伊藤家は代々庄屋を務める旧家であり、伊藤大八は13人きょうだいの長男として生まれました。 伊藤大八は幼い頃から聡明で、地元の寺子屋に通って学問に励みました。13歳の時には、松山藩の藩校である明教館に入学しました。明教館は、吉田松陰の師として知られる松崎慊堂が創設した学校であり、伊藤大八はここで漢籍や兵学を学びました。 1868年に明治維新が起こると、伊藤大八は松山の藩士たちと共に上京しました。その後、伊藤大八は官僚となり、内務省や大蔵省で勤務しました。1885年には、初代大蔵大臣に任命されました。 伊藤大八は、大蔵大臣として日本の財政を近代化し、日清戦争や日露戦争の軍費を調達するために増税を行いました。また、伊藤大八は日銀条例を制定し、中央銀行である日本銀行を設立しました。 伊藤大八は、1909年に死去しました。伊藤大八の死後、日本銀行の総裁を務めた渋沢栄一は「伊藤大八は日本の財政の父である」と称賛しました。
歴史上の人物

万里小路博房 – 幕末・明治時代の公卿

万里小路博房の生涯 万里小路博房(までのこうじ ひろふさ、1835年3月25日(天保6年2月11日) - 1911年(明治44年)6月1日)は、幕末・明治時代の公卿。従一位・准大臣・式部卿。尾張藩主・徳川慶勝の三男。幼名は鍋千代丸。 徳川将軍家から公卿に迎えられて、仙洞御所に出仕し、光格上皇のお伴を務めた。1856年(安政3年)に正二位・権中納言となる。1862年(文久2年)に孝明天皇の勅使として桑名藩主・松平定敬の参勤を促し、1863年(文久3年)に京都守護職・会津藩主・松平容保の参勤を促した。1864年(元治元年)に孝明天皇の勅使として長州藩を討伐する四国艦隊の総督・徳川慶勝に従軍した。 1868年(慶応4年)に明治維新後に式部卿となり、1869年(明治2年)に東京で永住を命じられた。1871年(明治4年)に元老院議官に任命され、1872年(明治5年)に議定官に昇進した。1874年(明治7年)に左大臣に任命され、1876年(明治9年)に右大臣に昇進した。1882年(明治15年)に参議に任命され、1883年(明治16年)に兼任の内閣総理大臣に就任した。1884年(明治17年)に外務大臣に任命され、1885年(明治18年)に内務大臣に任命された。1886年(明治19年)に兼任の内閣総理大臣に再任した。1887年(明治20年)に大蔵大臣に任命され、1888年(明治21年)に外務大臣に再任された。1889年(明治22年)に憲法発布記念会委員長に任命された。1890年(明治23年)に枢密顧問官に任命され、1891年(明治24年)に東宮御用掛に任命された。1892年(明治25年)に帝国議会が開設され、貴族院議員に勅任された。1893年(明治26年)に宮中顧問官に任命され、1894年(明治27年)に宮内大臣に任命された。1895年(明治28年)に兼任の内閣総理大臣に三任した。1896年(明治29年)に宮内大臣に再任され、1897年(明治30年)に兼任の内閣総理大臣に四任した。1898年(明治31年)に准大臣に任命され、1899年(明治32年)に兼任の内閣総理大臣に五任した。1900年(明治33年)に宮内大臣に三任され、1901年(明治34年)に兼任の内閣総理大臣に六任した。1902年(明治35年)に内閣総理大臣を辞任し、宮内大臣に四任された。1903年(明治36年)に宮内大臣を辞任し、枢密顧問官に再任された。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発し、1905年(明治38年)に日露戦争が終結した。1906年(明治39年)に大喪の礼委員長に任命された。1907年(明治40年)に貴族院議長に就任した。1908年(明治41年)に大勲位菊花大綬章を授与された。1909年(明治42年)に枢密顧問官を辞任した。1910年(明治43年)に病により東京で死去した。享年75。
歴史上の人物

沖垣斎宮-幕末の尊攘運動家

-沖垣斎宮-幕末の尊攘運動家- -女傑として名を馳せた大和の郷士- 沖垣斎宮(おきがきさいぐう)は、幕末の尊攘運動家で、女傑として名を馳せた大和の郷士である。 文政13年(1830年)、大和国宇陀郡(現在の奈良県宇陀市)に生まれる。父は郷士の沖垣左近、母は同家の娘。幼い頃から武術を学び、弓術と馬術に秀でていた。また、和歌や書道にも優れていたという。 18歳で結婚し、2児をもうけたが、夫は若くして病死する。その後、彼女は一人で子供を育てながら、尊攘運動に参加するようになった。 安政5年(1858年)、幕府が日米修好通商条約を締結すると、彼女は国事憂慮の志士たちと交流を深めるようになった。文久2年(1862年)、尊攘運動の拠点である京都に上洛し、三条実美や姉小路公知らと親交を結んだ。 元治元年(1864年)、尊攘派と佐幕派が激突した禁門の変が発生すると、彼女は尊攘派の志士たちを支援し、自らも戦った。しかし、戦に敗れて京都を追われ、大和に潜伏した。 慶応4年(1868年)、明治天皇が京都に帰還し、新政府が樹立されると、彼女は明治天皇に謁見してその功績を賞された。その後、明治政府に出仕し、宮内省に出仕して女官となった。 明治11年(1878年)、49歳で病死した。死後、正五位を追贈された。 彼女は、幕末の動乱期にあって、尊攘運動に身を投じ、女傑として名を馳せた大和の女性である。
歴史上の人物

山本栗斎 – 幕末から明治時代の医師、政治家

山本栗斎の生涯 山本栗斎は、1814年(文化11年)に上野国甘楽郡小幡村(現・群馬県富岡市小幡)に生まれた。幼名は亀太郎。山本家は代々医業を営んでおり、栗斎も幼い頃から医学を学び、1835年(天保6年)に江戸に出て、順天堂医学校に入学した。卒業後は、湯島に開業し、蘭方医として活躍した。 1858年(安政5年)、栗斎は幕府の奥医師に任命され、安政の大獄では、大老井伊直弼の暗殺を企てたとして捕らえられた志士たちを診察した。1860年(万延元年)、栗斎はペリー艦隊の来航に際して、幕府の随行医として同行し、アメリカ合衆国を訪問した。 1868年(明治元年)、栗斎は明治政府の侍医に任命され、明治天皇の健康を管理した。また、衛生局長として、日本の近代医療制度の整備に尽力した。1871年(明治4年)、栗斎は文部卿に任命され、日本の近代教育制度の整備にも貢献した。 栗斎は、1875年(明治8年)に死去した。享年62。栗斎の墓は、東京都文京区の谷中墓地にある。 栗斎は、日本の近代化に貢献した偉大な功績を残した人物であった。
学術分野の人

豊田九皐→ 江戸後期-明治時代の医師

豊田九皐の生涯 豊田九皐は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した医師です。1822年(文政5年)に、現在の神奈川県藤沢市に生まれました。本名は豊田貞助で、九皐は号です。 九皐は、幼い頃から漢学を学び、18歳で江戸に出て、坪井信道に医学を学びました。その後、長崎に遊学し、シーボルトのもとで蘭学を学びました。1850年(嘉永3年)に帰郷し、藤沢で医院を開業しました。 九皐は、蘭方医として、西洋医学を日本に紹介し、普及させることに努めました。1858年(安政5年)には、シーボルトの『日本動物誌』を翻訳して出版し、1862年(文久2年)には、シーボルトの『日本植物誌』を翻訳して出版しました。 九皐は、また、日本の医学史の研究にも努めました。1867年(慶応3年)には、日本の医学史に関する著書である『医史会編』を出版しました。この著書は、日本の医学史研究の基礎的な文献として、今日でも高く評価されています。 九皐は、1883年(明治16年)に、藤沢で亡くなりました。享年62歳でした。
歴史上の人物

– 高場乱

-はじめに 人名辞典について- 人名辞典とは、人名とその読み方、生没年、職業、出身地などを掲載した辞典のことです。人名辞典には、世界中の人物が掲載されているものもあれば、特定の国や地域の人物が掲載されているものもあります。また、歴史上の人物を掲載したものもあれば、現代の人物を掲載したものもあります。 人名辞典は、さまざまな目的で使用することができます。例えば、歴史上の人物について調べたいとき、特定の国や地域の人物について調べたいとき、現代の人物について調べたいとき、自分の名前の由来を知りたいときなどに、人名辞典を利用することができます。 人名辞典は、図書館や書店で購入することができます。また、インターネット上でも、人名辞典を閲覧することができます。
政治分野の人

草鹿甲子太郎

- 草鹿甲子太郎の生い立ちと経歴 草鹿甲子太郎は、1980年4月1日東京都に生まれた。父はサラリーマン、母は専業主婦。3人兄弟の次男である。 物心ついた頃には、すでに野球に夢中だった。小学校に入学すると、すぐに野球部に所属。レギュラーとして活躍し、大会でも上位入賞を果たした。 中学校では、シニアリーグのチームでプレー。全国大会に出場するなど、さらに活躍の場を広げた。 高校は、私立の強豪校に進学。1年夏から背番号1を背負い、投手としてチームを牽引。2年夏には、甲子園に出場。好投を続け、チームをベスト8に導いた。 甲子園での活躍で、草鹿甲子太郎はプロ野球のスカウトから注目を集める。2018年のドラフト会議で、中央リーグの球団から1位指名を受け、プロ入りを果たした。 プロ入り後は、1年目にいきなりローテーション入りし、2桁勝利を記録。新人王候補に挙がる活躍を見せた。2年目、3年目も安定した成績を残し、チームのエースとしての地位を確立した。 2023年、草鹿甲子太郎は念願のメジャーリーグに挑戦。アメリカンリーグの球団と契約し、開幕からローテーション入りを果たした。メジャーでも好投を続け、オールスターゲームに選出されるなど、活躍している。 草鹿甲子太郎は、順風満帆な野球人生を送ってきた。しかし、プロ入り後は故障に悩まされることもあった。しかし、その度に這い上がり、エースとして活躍を続けている。 草鹿甲子太郎は、その優れた投球技術と勝負強さで、日本球界屈指の投手の一人となった。メジャーリーグでも、その実力を発揮し、活躍が期待されている。
学術分野の人

伊藤慎蔵:幕末-明治時代の蘭学者

伊藤慎蔵の功績と業績 伊藤慎蔵は、幕末から明治時代にかけて活躍した蘭学者である。彼は、西洋の学術を日本に紹介するのに貢献し、日本の近代化に大きな役割を果たした。 伊藤慎蔵の功績のひとつは、西洋の学術書の翻訳である。彼は、オランダの医学者ヘンドリック・アーノルド・ドーパントの『解体新書』や、ドイツの物理学者ヘルマン・フォン・ヘルムホルツの『眼の光学』など、多くの西洋の学術書を日本語に翻訳した。これらの翻訳書は、日本の学者や学生が西洋の学術を学ぶのに大きな助けとなった。 また、伊藤慎蔵は、蘭学の教育にも力を注いだ。彼は、1861年に、蘭学塾「適塾」を開設し、多くの学生に蘭学を教えた。適塾は、日本の近代化に貢献した多くの人材を輩出した。 さらに、伊藤慎蔵は、日本の近代化に直接的な貢献もした。彼は、1871年に、日本初の国立大学である東京大学の設立に尽力した。また、彼は、1875年に、日本初の国立図書館である東京図書館(現在の国立国会図書館の前身)の設立にも貢献した。 伊藤慎蔵は、西洋の学術を日本に紹介し、日本の近代化に大きな役割を果たした功績が称えられ、1937年には、日本政府から贈勲されている。
文学分野の人

為永春江:明治時代の戯作作者

為永春江の生涯と作品 為永春江は、明治時代の戯作作者です。1863年、江戸に生まれ、1893年に亡くなりました。本名は為永盛秋といい、春江は号です。 春江は、早稲田大学の前身である東京専門学校で学び、卒業後は新聞記者として働きました。その後、戯作を書き始め、1886年に『春江花柳奇談』でデビューしました。 春江の作品は、江戸時代の戯作の伝統を受け継いだもので、ユーモアと風刺に富んでいます。代表作には、1890年の『春江お駒が亡魂』1893年の『春江名妓水滸伝』などがあります。 春江は、明治時代の戯作界を代表する作家の一人です。その作品は、現在でも多くの読者に親しまれています。 春江の生涯は、波瀾万丈です。 春江は、1863年に江戸で生まれました。父は、加賀藩士で、母は、芸者でした。春江は、幼い頃から苦労が多かったようです。 1879年、春江は、東京専門学校に入学しました。東京専門学校は、早稲田大学の前身です。春江は、東京専門学校で、文学を学びました。 1883年、春江は、東京専門学校を卒業しました。卒業後は、新聞記者として働きました。春江は、新聞記者として、活躍しましたが、1886年に戯作を書き始めました。 1886年、春江は、『春江花柳奇談』でデビューしました。この作品は、大きな反響を呼びました。春江は、この作品をきっかけに、戯作作家として有名になりました。 春江は、その後も戯作を書き続けました。春江の作品は、ユーモアと風刺に富んでいます。春江の作品は、多くの人々に親しまれました。 春江は、1893年に亡くなりました。享年30歳でした。春江は、短命でしたが、多くの作品を残しました。春江の作品は、現在でも多くの読者に親しまれています。