明治12年

美術分野の人

円山大迂 – 明治時代の篆刻家

円山大迂の生涯と功績 円山大迂は、1854年に京都に生まれました。幼い頃から書画に親しみ、1878年に上京して文人画家である竹内栖鳳に師事しました。栖鳳のもとで円山派の画風を学び、1884年には第2回内国勧業博覧会に作品を出品して入選を果たしました。 1890年に円山大迂は、篆刻家として名を馳せるようになります。篆刻とは、中国の書法を基にした印章を彫る芸術です。円山大迂は、中国の篆書を学び、その書体を基に独自の印章を創作しました。彼の印章は、その斬新なデザインと優れた技術で評判を呼び、多くの文人墨客から求められるようになりました。 1893年には、円山大迂は日本篆刻界の第一人者である山田寒山を訪ねて、篆刻を学びました。寒山から篆刻の奥義を学び、さらに自身の技術を磨きました。1896年には、第4回内国勧業博覧会に作品を出品して金賞を受賞しました。 1900年には、円山大迂はパリ万国博覧会に出品して金賞を受賞しました。これは、日本篆刻界にとって初めての快挙でした。円山大迂は、日本の篆刻を世界に知らしめた第一人者であり、その功績は今日でも高く評価されています。 円山大迂は、1916年に死去しました。しかし、彼の篆刻作品は今日でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、人々に親しまれています。円山大迂は、日本の篆刻界に多大な貢献をした偉大な芸術家であり、その功績はいつまでも語り継がれることでしょう。
歴史上の人物

春風亭小さん-幕末から明治時代にかけて活躍した落語家

春風亭小さんとは 春風亭小さん(しゅんぷうてい こさん、本名小野田 徳太郎、1839年1月10日 - 1923年5月2日)は、幕末から明治時代にかけて活躍した落語家である。 江戸の生まれで、幼い頃から寄席通いをし、1855年に三代目三遊亭圓生に入門して、三遊亭小勝(さんゆうてい こかつ)を名乗った。その後、1868年に四代目春風亭柳枝の門下に移り、春風亭小さん(しゅんぷうてい こさん)と改名した。 小さんは、新作落語を作ることに長け、特に人情噺に優れていた。代表作には、「粗忽長屋」「船徳」「芝浜」「代書屋」などがある。また、小さんは実生活でも人情に厚く、貧しい人々を助けるために多くの寄付を行った。 小さんは、1923年5月2日に東京市本郷区湯島切通町(現在の東京都文京区湯島4丁目)の自宅で死去した。享年85。小さんは、その人柄と芸風で多くの人々に愛され、落語界に大きな足跡を残した。
歴史上の人物

– 池田重治郎

-池田重治郎の生い立ちと修業時代- 池田重治郎(いけだじゅうじろう)は、1866年(慶応2年)に、現在の徳島県海部郡牟岐町に生まれました。家は、代々、漁師を営んでおり、重治郎も、幼い頃から、海に出て、父親を手伝っていました。 重治郎が、15歳の時、父親が、突然、亡くなってしまいました。重治郎は、家計を助けるために、漁師として、働き始めました。しかし、重治郎は、漁師としての才能があまりありませんでした。そこで、重治郎は、徳島市に出て、職を探すことにしました。 重治郎は、徳島市で、さまざまな仕事をしていました。しかし、どの仕事も、長くは続かず、すぐに辞めてしまいました。重治郎は、仕事が見つからず、困り果てていました。 そんなある日、重治郎は、徳島市の鍛冶屋で、働いている人を目にしました。重治郎は、鍛冶屋の仕事に興味を持ち、鍛冶屋に弟子入りすることにしました。鍛冶屋は、重治郎に、鍛冶の技術を教えました。重治郎は、鍛冶の技術を習得し、一人前の鍛冶職人になりました。 重治郎は、鍛冶職人として、徳島市で、働いていました。重治郎は、刀や包丁、鍋などの、さまざまなものを鍛造していました。重治郎が鍛造した製品は、その品質の高さが評判となり、多くの人から注文されるようになりました。 重治郎は、鍛冶職人として、成功を収めました。重治郎は、徳島市の鍛冶職人組合の頭取に選ばれました。重治郎は、鍛冶職人組合の頭取として、徳島市の鍛冶産業の発展に貢献しました。 重治郎は、1936年(昭和11年)に、70歳で亡くなりました。重治郎は、徳島市の鍛冶産業の発展に貢献した偉人として、今でも、人々から尊敬されています。
歴史上の人物

人物事典-稲葉正巳

- 稲葉正巳の生い立ちと家督相続 稲葉正巳は、1580年(天正8年)に遠江国浜松(現・静岡県浜松市中区)で生まれました。稲葉氏は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した譜代大名です。父の稲葉貞通は、徳川家康に仕えており、徳川四天王の一人として知られています。 稲葉正巳は、幼少のころから文武両道に優れ、特に弓術に秀でていました。1590年(天正18年)、10歳のときに従五位下侍従に叙任され、家督を相続します。その後、徳川家康の側近として仕え、数々の武勲を立てました。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、徳川軍の主力として参戦し、勝利に貢献します。この功績により、美濃国加納藩(現・岐阜県加納市)10万石を与えられ、大名となりました。 1603年(慶長8年)、徳川家康が江戸幕府を開くと、稲葉正巳は引き続き徳川家に仕え、老中や大坂城代など重要な職を歴任しました。1620年(元和6年)に死去するまで、徳川幕府の重臣として活躍しました。
歴史上の人物

幕末と明治の変革者:亀岡勝知の生涯

尊攘への熱烈な貢献 亀岡勝知は、幕末と明治の日本の政治家として、尊攘運動に熱心に貢献しました。1844年に丹波篠山藩(現・兵庫県篠山市)の藩士として生まれ、1858年に藩主小堀政方の参政に就き、尊攘運動に関わるようになりました。 勝知は、尊攘運動において、攘夷論を唱え、幕府による外国との修好条約締結に反対しました。また、薩摩藩や長州藩などの尊攘派と連携して、幕府打倒を目指しました。1863年には、長州藩の挙兵に従って上洛し、禁門の変に参加しました。 禁門の変後、勝知は篠山藩に帰藩しましたが、1864年に京に上り、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)や伊藤博文らと交流を深めました。1866年には、薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと薩長同盟を締結し、幕府打倒の機運を高めました。 1868年に幕府が倒れた後、勝知は新政府の要職に就きました。民部卿、大蔵卿、工部卿などを歴任し、明治維新後の日本の近代化に貢献しました。1873年に病没しましたが、その功績は高く評価されています。 勝知は、尊攘運動において、攘夷論を唱え、幕府打倒を目指しました。また、新政府の要職に就き、明治維新後の日本の近代化に貢献しました。その功績は高く評価されています。
歴史上の人物

初代尾関作十郎:犬山焼復興に尽力した江戸後期-明治時代の瓦師

- -尾関作十郎の生涯と功績- 尾関作十郎は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した瓦師です。犬山焼の復興に尽力し、近代的な瓦製造技術を導入するなど、瓦業界の発展に大きく貢献しました。 作十郎は、1815年(文化12年)に尾張国丹羽郡楽田村(現・愛知県犬山市)に生まれました。幼い頃から瓦製造に携わり、18歳で家業を継ぎました。 当時は、犬山焼は衰退しており、瓦の生産量が激減していました。作十郎は、犬山焼の復興を志し、新しい瓦製造技術を研究しました。そして、1848年(嘉永元年)に、近代的な瓦製造技術である「了圓焼」を導入しました。了圓焼は、瓦の成形に鉄製の金型を使用する技術で、従来の土型による成形方法よりも効率的で、大量生産が可能になりました。 作十郎は、了圓焼の導入によって、犬山焼の生産量を大幅に増やし、犬山焼の復興に成功しました。また、作十郎は、犬山焼の品質向上にも努め、1873年(明治6年)には、ウィーン万国博覧会に出品して、銀メダルを受賞しました。 作十郎は、1891年(明治24年)に亡くなりましたが、犬山焼の復興と瓦業界の発展に大きく貢献した功績は今もなお語り継がれています。
美術分野の人

佐々木与三 – 19世紀の陶工

-佐々木与三の生涯- 佐々木与三は、1820年に愛知県瀬戸市に生まれました。父親は陶工で、与三は幼い頃から陶芸を学びました。16歳の時、京都に上京し、陶工の清水六兵衛のもとで修行しました。 18歳で瀬戸に戻り、独立して陶器作りを始めました。与三は、瀬戸の伝統的な陶芸技術を学びながら、新しい技法やデザインを取り入れていきました。与三の陶器は、その斬新なデザインと精巧な作りで、すぐに評判になりました。 1867年、パリ万国博覧会に日本の陶器が出展されました。与三の陶器もその中に含まれており、その素晴らしい出来栄えで金賞を受賞しました。この受賞を機に、与三の陶器は海外でも高く評価されるようになりました。 与三は、1895年に75歳で亡くなりました。しかし、彼の陶芸技術は弟子たちに受け継がれ、瀬戸の陶芸の発展に大きく貢献しました。与三の陶器は、現在でも瀬戸の伝統工芸として受け継がれています。
歴史上の人物

橘家円太郎(2代) ― 幕末から明治にかけて活躍した落語家

初代三遊亭円朝に入門、円太郎を襲名 橘家円太郎(2代)は、幕末から明治にかけて活躍した落語家です。本名は鈴木熊五郎。生年月日は不詳ですが、文政10年(1827年)頃と推定されています。出生地は江戸の本所相生町(現在の墨田区相生)です。 円太郎は、10代の頃、初代三遊亭円朝に入門しました。円朝は、落語界の改革者として知られており、円太郎は円朝の薫陶を受けて、江戸落語の基礎を学びました。 嘉永5年(1852年)、円太郎は円朝の弟子の中では最初に真打に昇進しました。そして、同年、円太郎の芸名をもらって、橘家円太郎(2代)を襲名しました。 円太郎は、円朝に次いで、江戸落語界の重鎮として活躍しました。円太郎は、話術に優れており、特に人情噺を得意としていました。円太郎の人情噺は、江戸庶民の心に響き、多くの人々に愛されました。 円太郎は、明治26年(1893年)に亡くなりました。享年67歳でした。円太郎の死は、江戸落語界に大きな損失を与えました。 しかし、円太郎の残した芸は、弟子たちによって引き継がれ、今日に至るまで、江戸落語の伝統として受け継がれています。
学術分野の人

– 松本銈太郎

松本銈太郎の生い立ちと経歴 1887年(明治20年) - 松本銈太郎が4月18日に東京府日本橋区茅場町(現在の東京都中央区日本橋茅場町)に生まれる。 - 実家は書籍商や文具店を営んでいた。 1902年(明治35年) - 東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学。 1907年(明治40年) - 東京府立第一中学校を卒業。 1908年(明治41年) - 東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、日本画を学ぶ。 - 教授であった横山大観に師事し、影響を受ける。 1912年(明治45年) - 東京美術学校を卒業。 1913年(大正2年) - 東京美術学校助教授に就任。 1919年(大正8年) - 東京美術学校教授に就任。 1923年(大正12年) - 関東大震災で東京美術学校が被災し、京都に移転。 - 松本銈太郎も京都に移住。 1925年(大正14年) - 京都市立美術工芸学校(現在の京都市立芸術大学)の教授に就任。 1930年(昭和5年) - 日本工芸会を設立し、初代会長に就任。 1931年(昭和6年) - 第1回日本工芸展を開催。 1937年(昭和12年) - 内閣嘱託として戦時下の工芸振興に尽力。 1945年(昭和20年) - 第二次世界大戦終結。 1947年(昭和22年) - 日本工芸会の会長を辞任。 1950年(昭和25年) - 文化勲章を受章。 1957年(昭和32年) - 重要無形文化財保持者に認定される。 1966年(昭和41年) - 松本銈太郎が3月20日に京都市上京区の自宅で死去。 - 享年78歳。
学術分野の人

櫛引錯斎の功績と生涯

-幼少期と学問との出会い- 櫛引錯斎(くしびきさくさい)は、1787年に肥前国島原(現在の長崎県島原市)に生まれた。幼名は仙三郎。幼い頃から学問を好み、6歳で藩校である五教館に入学した。五教館では、儒学や兵学、数学などを学び、特に兵学に秀でていたという。また、錯斎は剣術や槍術にも優れており、藩の剣術指南役を務めていた時期もあった。 14歳の時、錯斎は江戸に出て、昌平坂学問所に遊学した。昌平坂学問所は、江戸幕府が運営していた最高学府であり、錯斎はそこで兵学や砲術などを学んだ。また、錯斎は昌平坂学問所で、佐藤一斎や橋本左内など、後の幕末の志士たちと親交を結んだ。 1811年、錯斎は島原藩に戻り、藩の儒官となった。錯斎は藩校の五教館で教鞭を執り、多くの藩士を育て上げた。また、錯斎は藩の軍制改革にも携わり、島原藩の軍備を近代化させた。 1853年、黒船が浦賀に来航し、日本は開国を迫られた。錯斎は、開国に反対する尊王攘夷派の志士たちと協力して、幕府に攘夷を要求した。しかし、幕府は攘夷を拒否し、尊王攘夷派の志士たちは幕府を倒そうと決意した。 1868年、戊辰戦争が勃発。錯斎は、薩摩藩や長州藩などの官軍に加わり、幕府軍と戦った。戊辰戦争では、錯斎が率いる島原藩の軍勢が、幕府軍を破るなどの武功を挙げた。 戊辰戦争後、錯斎は明治政府に出仕し、文部省の官吏となった。錯斎は、日本の近代化に尽力し、1878年に文部卿に就任した。文部卿として、錯斎は日本の教育制度の整備に努め、日本の近代化に貢献した。 1883年、錯斎は死去。享年67。錯斎は、日本の近代化に貢献した功績を称えられ、1891年には正二位を追贈された。
歴史上の人物

石部誠中 – 明治時代の官僚

-石部誠中の生涯- 石部誠中は、1843年(天保14年)に、薩摩藩領薩摩国大隅郡勝目村(現在の鹿児島県霧島市)に生まれました。1860年(万延元年)に、薩摩藩の藩校である造士館に入学し、1864年(元治元年)に、参謀として九州に出兵し、第二次長州征伐に参加しました。1867年(慶応3年)に、戊辰戦争が勃発すると、薩摩藩の参謀として、奥羽方面に転戦し、会津戦争や箱館戦争などで功績を上げました。 戊辰戦争後、石部誠中は、明治政府に出仕し、1869年(明治2年)に、兵部省に出仕し、1870年(明治3年)に、陸軍省に出仕し、1871年(明治4年)に、陸軍中将に任命されました。1873年(明治6年)に、陸軍卿に任命され、1874年(明治7年)に、参議に任命されました。1878年(明治11年)に、西南戦争が勃発すると、陸軍卿兼参謀次長として、政府軍を指揮し、西南戦争を鎮圧しました。 西南戦争後、石部誠中は、1879年(明治12年)に、陸軍大将に任命され、1881年(明治14年)に、参謀総長に任命されました。1884年(明治17年)に、内閣制度が創設されると、初代内閣総理大臣に任命され、1885年(明治18年)に、辞任しました。 石部誠中は、1890年(明治23年)に、死去しました。
歴史上の人物

武田準平 – 幕末から明治にかけて活躍した医師兼政治家

- 伊東玄朴に師事し、故郷の三河で開業 武田準平は、三河国碧海郡高浜村(現在の愛知県高浜市)で、1816年に生まれました。幼少期から聡明で、漢学や蘭学を学びました。 1838年に、江戸に出て、伊東玄朴の塾に入門し、蘭学を学びました。伊東玄朴は、シーボルトのもとで蘭学を学び、日本に西洋医学を広めた人物です。武田準平は、伊東玄朴から、西洋医学や蘭学を学び、医術を身に着けました。 1842年に、故郷の三河に戻り、開業しました。武田準平は、西洋医学を取り入れた診療を行い、多くの患者を救いました。また、漢方医学にも通じており、漢方薬の調合も行いました。武田準平は、医術に優れただけでなく、人柄も良く、地域の住民から慕われていました。 - 政治家としても活躍 武田準平は、医業のかたわら、政治活動にも参加しました。1880年に、愛知県会議員に当選し、1884年には、衆議院議員に当選しました。武田準平は、衆議院議員として、医療制度の整備や、社会福祉の充実などに尽力しました。 武田準平は、1891年に、衆議院議員を辞職し、医業に専念しました。しかし、1894年に、日清戦争が勃発すると、武田準平は、軍医として従軍しました。武田準平は、軍医として、多くの負傷兵を治療し、命を救いました。 武田準平は、1895年に、日清戦争から帰還し、医業に復帰しました。武田準平は、1901年に、死去しました。享年85歳。武田準平は、幕末から明治にかけて活躍した医師兼政治家でした。武田準平は、西洋医学を取り入れた診療を行い、多くの患者を救いました。また、武田準平は、政治家として、医療制度の整備や、社会福祉の充実などに尽力しました。武田準平は、三河の偉人として、今もなお、人々の尊敬を集めています。
政治分野の人

松村文次郎:明治時代の政治家と愛硯家

-政治家としての松村文次郎- 松村文次郎は、政治家としても成功した人物でした。1871年(明治4年)に大阪府の地方官吏としてキャリアをスタートさせ、その後、内務次官や逓信大臣、司法大臣などを歴任しました。また、1898年(明治31年)から1900年(明治33年)まで、内閣総理大臣も務めました。 松村文次郎は、政治家として、近代日本の発展に大きく貢献しました。1881年(明治14年)には、地租改正を断行し、近代的な租税制度を確立しました。また、1884年(明治17年)には、地方自治制度を確立し、地方分権を推進しました。さらに、1889年(明治22年)には、大日本帝国憲法を制定し、近代的な立憲君主制国家を樹立しました。 松村文次郎は、政治家として、近代日本の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は高く評価されています。
美術分野の人

朝日軒棚吉 – 明治時代の陶工

-朝日軒棚吉 - 明治時代の陶工- * -明治時代の陶工- 朝日軒棚吉は、明治時代の陶工です。1864年、愛知県瀬戸市に生まれ、1887年に東京美術学校に入学しました。1891年に卒業後、地元の瀬戸市に戻り、陶芸を続けました。棚吉は、伝統的な瀬戸焼の技法を受け継ぎながら、新しい技法にも挑戦しました。特に、七宝焼の技法を取り入れた作品は、高い評価を受けました。1900年には、パリ万国博覧会に出品し、銀メダルを受賞しました。1926年には、重要無形文化財保持者に認定されました。棚吉の作品は、国内外の多くの美術館に収蔵されています。 -棚吉の生涯- 棚吉は、1864年、愛知県瀬戸市に生まれました。瀬戸市は、古くから陶器の生産が盛んな地域です。棚吉の父も陶工であり、棚吉は幼い頃から陶芸に親しんでいました。1887年に、棚吉は東京美術学校に入学しました。東京美術学校は、日本初の美術学校であり、棚吉はそこで最新の陶芸技術を学びました。1891年に卒業後、棚吉は地元の瀬戸市に戻り、陶芸を続けました。 -棚吉の作風- 棚吉は、伝統的な瀬戸焼の技法を受け継ぎながら、新しい技法にも挑戦しました。特に、七宝焼の技法を取り入れた作品は、高い評価を受けました。七宝焼とは、金属製の器物に釉薬を焼き付けて文様を施す技法です。棚吉は、この技法を用いて、花瓶や茶碗など、様々な作品を制作しました。棚吉の作品は、色彩が鮮やかで、文様が繊細であることが特徴です。 -棚吉の受賞歴- 棚吉は、数多くの賞を受賞しています。1900年には、パリ万国博覧会に出品し、銀メダルを受賞しました。1926年には、重要無形文化財保持者に認定されました。重要無形文化財保持者とは、日本の伝統的な工芸技術を保持している人に贈られる称号です。棚吉は、この称号を受けたことで、日本の陶芸界に貢献したことが認められました。 -棚吉の作品- 棚吉の作品は、国内外の多くの美術館に収蔵されています。国内では、東京国立博物館、京都国立博物館、愛知県陶磁器美術館などに収蔵されています。海外では、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などに収蔵されています。棚吉の作品は、日本の陶芸史を代表する作品として、多くの人々から愛されています。
美術分野の人

田中紋阿:幕末から明治時代にかけて活躍した仏師

田中紋阿の生涯 田中紋阿は、幕末から明治時代にかけて活躍した仏師です。1829年、江戸の浅草に生まれ、幼い頃から仏像彫刻に興味を持ち、独学で仏像彫刻を学びました。1848年に江戸に出て、著名な仏師である高村東雲に師事し、仏像彫刻の技術を磨きました。その後、田中紋阿は独立し、江戸を中心に仏像彫刻を制作しました。 田中紋阿の仏像彫刻は、写実的で精巧な作風で知られており、多くの人々から賞賛されました。また、田中紋阿は、仏像彫刻だけでなく、仏画や仏具なども制作しました。1868年に明治維新が起こると、田中紋阿は東京に移住し、仏像彫刻を制作し続けました。1902年に東京で死去しました。 田中紋阿は、幕末から明治時代にかけて、多くの仏像彫刻を制作し、仏教芸術の発展に貢献した仏師です。田中紋阿の仏像彫刻は、現在も多くの寺院や美術館に収蔵されており、その精巧な作風は人々を魅了しています。
学術分野の人

司馬凌海 – 幕末・明治時代の医師、洋学者

-# 司馬凌海 - 幕末・明治時代の医師、洋学者 -司馬凌海の生涯と功績- 司馬凌海(1827-1897)は、幕末・明治時代の医師、洋学者である。名は俊蔵、字は子材、凌海は号である。 司馬凌海は、1827年(文政10年)に摂津国西成郡伝法村(現在の大阪市西成区伝法)に生まれた。父は医師の司馬宗湖であり、凌海は幼い頃から医学を学んだ。 1843年(天保14年)、凌海は大阪の適塾に入塾し、緒方洪庵に医学を学んだ。1850年(嘉永3年)に適塾を卒業後は、長崎に遊学し、シーボルトに西洋医学を学んだ。 1854年(安政元年)、凌海は大阪に帰り、適塾の隣に医院を開業した。凌海は、西洋医学を積極的に取り入れた診療を行い、多くの患者を救った。また、凌海は医学書を多く翻訳し、西洋医学の普及に努めた。 1868年(明治元年)、凌海は大阪医学校(現在の大阪大学医学部)の初代校長に任命された。凌海は、医学教育の近代化に尽力し、日本の医学の発展に大きな貢献をした。 1871年(明治4年)、凌海は東京に移り、東京医学校(現在の東京大学医学部)の校長に就任した。凌海は、東京医学校でも医学教育の近代化に努め、日本の医学の発展に貢献した。 1897年(明治30年)、凌海は東京で死去した。享年71。 司馬凌海は、日本の近代医学の発展に大きな貢献をした医師、洋学者である。凌海の功績は今日でも高く評価されており、日本の医学史に残る偉人の一人である。
歴史上の人物

「大原重徳」

-大原重徳の生い立ちと経歴- 大原重徳は、1887年(明治20年)1月9日、広島県広島市鷹野町に大原重右衛門の四男として生まれた。父・重右衛門は、材木商を営み、広島県会議員も務めた。母・よねは、広島県出身の医師の娘であった。 重徳は、広島高等師範学校附属小学校、広島第一中学校を経て、1910年(明治43年)に東京帝国大学法学部を卒業した。大学卒業後は、三菱合資会社に入社し、ロンドン支社に勤務した。1916年(大正5年)に帰国し、三菱銀行に転じ、本店営業部長、名古屋支店長などを歴任した。 1927年(昭和2年)に三菱銀行を退職し、政界入りした。同年、第16回衆議院議員総選挙に広島県第1区から立候補し、当選した。以後、連続10回当選し、衆議院議員を30年間務めた。 重徳は、政界入り後は、立憲民政党に入党し、党務を歴任した。1932年(昭和7年)には、政友会との合同により新党・立憲政友会が結成されると、その総務委員長に就任した。 1936年(昭和11年)に、岡田内閣が倒れ、林内閣が成立すると、重徳は、内閣書記官長に任命された。1937年(昭和12年)には、近衛内閣が成立すると、重徳は、商工大臣に任命された。 1939年(昭和14年)に、日中戦争が勃発すると、重徳は、内閣総理大臣に就任した。重徳内閣は、日支事変の拡大を図り、満州と中国北部を支配下に置いた。しかし、1941年(昭和16年)に、太平洋戦争が勃発すると、重徳内閣は、倒壊した。 重徳は、太平洋戦争後、公職追放となった。1951年(昭和26年)に追放解除となった後、政界に復帰した。1952年(昭和27年)に、第25回衆議院議員総選挙に広島県第1区から立候補し、当選した。以後、連続3回当選し、衆議院議員を9年間務めた。 重徳は、1961年(昭和36年)に政界を引退した。1974年(昭和49年)1月23日に死去した。87歳没。
歴史上の人物

「山岡元貞」-明治時代の漢学者,政治家

- 山岡元貞の生涯と功績 山岡元貞は、1832年に土佐国高岡郡で生まれました。1858年に江戸に出て、昌平坂学問所で漢学を学びました。1863年に帰国し、土佐藩の儒官になりました。1868年に戊辰戦争が勃発すると、土佐藩の総裁として軍を率いて戦い、維新の功績を挙げました。 1869年に明治政府に参与し、その後、文部卿、大蔵卿、農商務卿などを歴任しました。1884年に初代学習院長となり、1891年に死去しました。 山岡元貞は、明治時代の漢学者であり、政治家として活躍しました。彼の功績は、日本の近代化に大きく貢献したことであり、特に教育制度の改革に尽力しました。また、 hanazono no tsuraki, no maki toki this のように平仮名に大文字は使わないという平仮名に大文字を使うという規定を設け、現在では認識されなくなっていますが、併用されるケースが依然としてあることから、彼の日本教育に対する影響力の大きさが伺えるでしょう。 山岡元貞は、明治初期の日本の政治情勢を支えた人物であり、その功績は高く評価されています。
文学分野の人

松田聴松 – 常陸生まれの俳人

松田聴松の生涯 松田聴松は、1893年(明治26年)に常陸国筑波郡(現茨城県つくば市)に生まれました。幼い頃から俳句に親しみ、18歳で松尾芭蕉の俳諧集「おくのほそ道」を読み、俳句の世界に魅了されました。 20歳の時に東京に移住し、新聞社に就職しました。新聞社で働きながら、俳句の勉強も続け、1920年(大正9年)に俳誌「ホトトギス」に投句し、入選を果たしました。 1922年(大正11年)に「ホトトギス」が分裂した際、高浜虚子の門下生となり、虚子の指導を受けました。1928年(昭和3年)に「ホトトギス」の同人となり、俳句界で活躍するようになりました。 1936年(昭和11年)には、虚子の後を継いで「ホトトギス」の主宰となりました。聴松は、ホトトギスを伝統的な俳句の道を歩ませるとともに、新しい俳句の風を吹き込むことに努めました。 聴松の俳句は、写生を重視し、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものが多くあります。また、ユーモアのある句や、社会を風刺した句も得意としました。 聴松は、1965年(昭和40年)に72歳で亡くなりました。しかし、彼の俳句は今もなお、多くの人々に愛され続けています。
学術分野の人

並河寒泉-江戸後期から明治時代にかけての漢学者

-懐徳堂での学びと中井抑楼の養子- 並河寒泉は、1818年(文政元年)に江戸で生まれた。幼い頃から学問に秀でており、14歳の時に懐徳堂に入学した。懐徳堂は、水戸藩が設立した藩校で、朱子学を基盤とした幅広い学問を学ぶことができた。寒泉は懐徳堂で、儒学や歴史、文学などを学び、頭角を現していった。 1837年(天保8年)に、寒泉は懐徳堂の教授に就任した。教授として、彼は学生たちに熱心に講義を行い、多くの優秀な人材を育て上げた。また、彼は懐徳堂の改革にも力を入れ、学問のレベルを向上させることに貢献した。 1841年(天保12年)、寒泉は中井抑楼の養子となった。中井抑楼は、水戸藩の儒学者で、水戸学の中心人物の一人であった。寒泉は抑楼から水戸学の思想を受け継ぎ、水戸藩の改革運動に参画した。 寒泉は、1868年(明治元年)に水戸藩の参政に就任した。参政として、彼は藩政改革に取り組み、水戸藩の近代化に尽力した。また、彼は明治政府の要職にも就き、日本の近代化に貢献した。 寒泉は、1873年(明治6年)に東京で亡くなった。享年56歳であった。寒泉は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した、傑出した漢学者であった。
学術分野の人

「アルムクビスト(1852-? スウェーデンの医師、植物学者)」

-来日- アルムクビストは、1878年(明治11年)に来日しました。彼は、東京大学医学部で医学を教え、日本の医学教育の発展に貢献しました。また、彼は、日本各地を旅行し、植物を採集しました。彼の採集した植物は、日本の植物学の発展に役立ちました。 アルムクビストは、日本で10年間過ごしました。彼は、日本の文化と人々を愛し、日本に帰化したほどでした。1888年(明治21年)に、彼は日本を離れ、スウェーデンに戻りました。 アルムクビストは、1901年(明治34年)にスウェーデンで亡くなりました。しかし、彼の業績は、日本の医学と植物学の発展に大きな影響を与えました。
学術分野の人

「楠文蔚」ー儒者として幕末・明治の時代を駆け抜けた

楠文蔚の生い立ちと師弟関係 楠文蔚は、1806年、肥後国熊本藩(現・熊本市)に生まれました。父は熊本藩士の楠半兵衛、母は竹内氏でした。文蔚は幼少の頃から聡明で、5歳の時にはすでに漢籍を読みこなすほどでした。7歳の時には、熊本藩士の藤井五助に師事して儒学を学び始め、12歳の時には、熊本藩の儒学者である南野梅友の門下生となりました。 南野梅友は、北村兼芳の門下生で、熊本藩儒学の第一人者でした。梅友は、文蔚の才能を高く評価し、手厚く指導しました。文蔚は、梅友から朱子学を学び、また、梅友の蔵書を自由に閲覧することができたため、幅広い知識を身につけました。 1823年、文蔚は18歳の時に、熊本藩の奨学金を受けて江戸に遊学しました。江戸では、昌平坂学問所で儒学を学び、また、多くの文人と交流しました。昌平坂学問所では、佐藤一斎や安積艮斎に師事し、朱子学をさらに深めました。また、文人としては、梁川星巌や亀田鵬斎らと親交を結び、詩や書画を学びました。 1830年、文蔚は25歳の時に、熊本藩に帰国しました。帰国後は、熊本藩儒学の教授として、後進の指導にあたりました。また、藩主の細川斉護の信任を得て、藩政にも参与しました。斉護は、文蔚の才能を高く評価し、文蔚の意見を尊重しました。文蔚は、斉護の命を受けて、藩校である時習館の改革や、藩の財政改革など、多くの事業に携わりました。 1868年、明治維新が起こりました。維新後、文蔚は、熊本藩の廃藩置県に伴い、官職を辞しました。その後、東京に移住し、私塾を開いて後進の指導にあたりました。また、多くの著作を著し、儒学の普及に努めました。1881年、文蔚は76歳で亡くなりました。
歴史上の人物

ー鈴木佐内

-鈴木佐内- -生涯- 鈴木佐内は、1848年(嘉永元年)に江戸で生まれた。幼名は金太郎。父は旗本・鈴木重兵衛、母は遊女。佐内は幼少期から英才教育を受け、16歳で彰義隊に加わり、戊辰戦争で活躍した。 戊辰戦争後、佐内はアメリカに亡命。アメリカでは、キリスト教に入信し、宣教師として働いた。また、アメリカでジャーナリズムを学び、1878年(明治11年)に帰国後、新聞「太陽」を創刊した。 「太陽」は、自由民権運動を支持し、政府を批判したため、しばしば発禁処分を受けた。また、佐内は「太陽」に「日本脱亜論」を掲載し、日本の近代化のために欧米列強に倣うべきだと主張した。 しかし、佐内の主張は政府から弾圧され、「太陽」は廃刊に追い込まれた。佐内はその後、政治活動に専念し、1880年(明治13年)に衆議院議員に当選した。 佐内は、衆議院議員として、自由民権運動を支持し、政府を批判した。また、佐内は「日本脱亜論」を国会で演説し、日本の近代化のために欧米列強に倣うべきだと主張した。 しかし、佐内の主張は政府から弾圧され、1884年(明治17年)に衆議院議員を辞職した。佐内はその後、隠居して、1893年(明治26年)に死去した。 佐内は、自由民権運動を支持し、欧米列強に倣うべきだと主張した思想家・ジャーナリスト・政治家である。佐内の思想は、日本の近代化に大きな影響を与えた。
学術分野の人

横山由清-幕末・明治時代国学者

-横山由清の生涯- 横山由清(よこやま・よしきよ)は、幕末・明治時代の国学者。江戸の湯島に生まれ、常陸府中に住み、39歳にして和学所(のちの大学)に入り、国学を学び、3年後に同校の助訓導となる。後には和学所の教師として長らく勤め、多くの門人を育てた。 横山由清は、尊王攘夷思想の強い国学者であり、嘉永6年(1853年)にペリーが来航した際には、攘夷論を唱え、安政の大獄では尊攘派の志士として捕縛され、隠岐に流罪となった。 文久2年(1862年)に赦免されて帰郷し、慶応3年(1867年)には王政復古に尽力し、明治政府の官吏として活躍した。明治3年(1870年)に和学所が廃止されると、東京大学に転じ、国文学の教授となった。 明治8年(1875年)に東京大学を退官し、私塾「由清塾」を開いた。由清塾は、国学の研究と教育を行う私塾として知られ、多くの門人を輩出した。 横山由清は、明治15年(1882年)に死去した。享年73。 横山由清は、国学の研究と教育に尽力し、日本の国学の発展に貢献した国学者である。