星川皇子

歴史上の人物

磐城皇子 – 謀反をたくらんだ雄略天皇の皇子

-磐城皇子の生涯- 磐城皇子(いわきのみこ、生年不詳 - 465年)は、仁徳天皇の皇子・雄略天皇の異母弟。母は杉勾玉手姫(すぎのごたまてひめ)。允恭天皇の皇位継承に反対して謀反を起こしたが、雄略天皇によって鎮圧された。 磐城皇子は、仁徳天皇の第3皇子として誕生した。雄略天皇が即位したとき、磐城皇子は物部氏の娘・石之日売を娶り、磐城皇子を皇太子に立てた。しかし、磐城皇子は允恭天皇の皇位継承に不満を抱いており、465年に謀反を起こした。 磐城皇子は、物部氏と組んで兵を挙げ、雄略天皇を打倒しようとした。しかし、雄略天皇は磐城皇子を討伐し、磐城皇子は自害した。 磐城皇子の謀反は、雄略天皇の皇位を揺るがす大事件となった。雄略天皇は、磐城皇子を討伐したのち、物部氏を粛清し、自分の権力を固めた。 磐城皇子の一族は、磐城皇子の自害後も、雄略天皇に仕えた。磐城皇子の娘・磐之媛は、雄略天皇の妃となり、仁賢天皇を産んだ。磐城皇子の兄弟・大草香皇子も、雄略天皇に仕え、近江臣の祖となった。 磐城皇子の一族は、雄略天皇の治世を通じて栄華を誇ったが、安康天皇の死後、物部氏が台頭すると、その権力は衰退していった。磐城皇子の一族は、欽明天皇の治世に蘇我氏に滅ぼされ、歴史上から姿を消した。
歴史上の人物

都加使主-「日本書紀」にみえる渡来人

都加使主の出自と渡来 都加使主の出自については、明確な史料が残されておらず、諸説ある。有力な説の一つは、百済の王族、武寧王の末裔であるという説である。『日本書紀』には、都加使主が「百済の王族、武寧王の末裔である」と記されている。また、都加使主が百済から日本に渡来した際、百済の王から「使主」の称号を授けられたとされる。 もう一つの説は、都加使主は高句麗の出身であるという説である。この説は、都加使主が「高句麗の王族、高句麗王の末裔である」という史料に基づいている。また、都加使主が日本に渡来する際、高句麗の王から「使主」の称号を授けられたとされる。 どちらの説が正しいかは定かではないが、都加使主が渡来人であることは間違いない。都加使主は、日本に渡来した後、大和朝廷に仕え、高い地位を占めた。都加使主は、日本の政治、文化の発展に貢献したとされる。
歴史上の人物

「草香部漢彦」

「草香部漢彦」 草香部漢彦とは 草香部漢彦(くさかべ の あやひと)は、奈良時代の貴族。官位は従五位上・右京大夫。 姓は宿禰のち朝臣。参議・草香部吉隠の子。母は美努王の娘。子に正六位上・大宰府少監・草香部宇多麿。 天平宝字2年(758年)正月、外従五位下に叙爵。同年3月に吉隠が没したため、翌天平宝字3年(759年)正月には従五位上に昇叙され、越前守に任ぜられた。 天平宝字7年(763年)3月に刑部大輔に任ぜられ、翌天平宝字8年(764年)正月には左京大夫に転じる。のち、称徳朝末の天平神護元年(765年)に正五位下に昇叙されている。 光仁朝に入ると、宝亀元年(770年)左京大夫のまま、右京大夫も兼ね、翌宝亀2年(771年)には従五位上に昇叙されている。宝亀4年(773年)正月、播磨守に任ぜられた。 宝亀6年(775年)11月4日卒去。享年54。最終官位は従五位上播磨守。
歴史上の人物

「吉備上道臣」

「吉備上道臣」 皇位継承争いに巻き込まれた末路 「吉備上道臣」とは、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した豪族・氏族のことである。主に備前国(現在の岡山県)を拠点とし、大王(天皇)の側近として仕えた。 吉備上道臣の祖先は、景行天皇の時代に備前国に派遣された吉備津彦命とされる。吉備津彦命は、備前国を平定し、吉備上道臣の祖先となった。 吉備上道臣は、飛鳥時代には大王の側近として仕え、勢力を拡大していった。天武天皇の時代には、吉備上道臣の当主である吉備上道臣御行が、皇太子である草壁皇子を支持し、壬申の乱で活躍した。壬申の乱後、吉備上道臣御行は、右大臣に任命され、朝廷で大きな権力を握った。 しかし、吉備上道臣は、その後、皇位継承争いに巻き込まれ、滅亡することとなった。天武天皇が亡くなった後、草壁皇子と大海人皇子(後の天武天皇)の間で皇位継承争いが勃発した。吉備上道臣は、草壁皇皇子を支持していたため、大海人皇子に敵視されることとなった。 大海人皇子は、壬申の乱で勝利し、天武天皇として即位した。天武天皇は、吉備上道臣を討伐するため、軍を派遣した。吉備上道臣は、天武天皇軍に敗れ、滅亡した。 吉備上道臣は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した豪族・氏族であったが、皇位継承争いに巻き込まれ、滅亡することとなった。吉備上道臣の滅亡は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇位継承争いの激しさを物語っている。
歴史上の人物

「星川皇子」

星川皇子の生涯 星川皇子(ほしかわのみこ、生没年不詳)は、日本の皇族。星川皇子の正確な生没年は不明だが、第34代舒明天皇の皇太子として、舒明天皇4年(632年)に皇后の皇極天皇から立太子されたと言われている。 星川皇子は、舒明天皇の同母弟である来目皇子の息子として生まれた。母は、蘇我倉山田石川麻呂の娘である遠智娘。 舒明5年(633年)に舒明天皇が崩御すると、皇太子である星川皇子が即位すると思われていた。しかし、皇極天皇が再び即位し、星川皇子は皇太子に留まった。 皇極3年(643年)に蘇我入鹿が暗殺され、蘇我氏の本拠地である飛鳥が滅ぶと、星川皇子は皇極天皇から廃位させられ、600人以上の家臣と共に伊豆国に流罪となった。 星川皇子は伊豆国で死去するが、正確な没年は不明である。 星川皇子の生涯は、日本の皇位継承の歴史において重要な出来事である。星川皇子は、皇后である皇極天皇に廃位させられた初めての皇太子であり、皇位を継承することができなかった唯一の皇太子である。 星川皇子の廃位は、蘇我氏と皇室の権力争いの結果であった。蘇我氏は大王家の一族であり、長年にわたって日本の政治を支配していた。しかし、皇極天皇は蘇我氏の権力を弱めようとしており、星川皇子の廃位はその一環であった。 星川皇子の廃位は、日本の政治に大きな影響を与えた。蘇我氏は弱体化し、皇室の権力が強まった。また、皇位継承のルールが明確になり、後の皇位継承争いを防ぐことになった。
歴史上の人物

吉備上道兄君 – 「日本書紀」にみえる豪族

-吉備上道兄君の生涯- 吉備上道兄君(きびのかみつみちのえのきみ)は、6世紀から7世紀にかけて活躍した古代日本の豪族です。「日本書紀」にその名が見え、吉備氏の一族とされています。 兄君の生年は不明ですが、529年に吉備氏の本拠地である吉備国に生まれたとされます。552年に吉備国君に任じられ、562年に大連に任じられました。大連は朝廷の最高官であり、兄君は朝廷で重要な役割を果たしました。 587年に兄君は推古天皇の即位に伴って大納言に任じられ、592年には右大臣に任じられました。兄君は推古天皇の治世を支え、朝廷の安定に貢献しました。 603年に兄君は死去しました。死因は不明ですが、60歳前後であったと推定されています。兄君の死は朝廷に大きな衝撃を与え、推古天皇は兄君の功績を称えて葬儀を盛大に行いました。 兄君の生涯は、吉備氏の一族の繁栄と衰退を象徴しています。兄君は吉備氏を朝廷で重要な地位に押し上げましたが、兄君の死後は吉備氏は衰退していきました。しかし、兄君の功績は今もなお語り継がれており、日本の歴史において重要な人物として知られています。