映画評論家

その他のカテゴリー

橘弘一郎 – 映画評論家、印刷研究家

-橘弘一郎の生涯と足跡- 橘弘一郎は、1922年(大正11年)に東京府東京市(現・東京都)に生まれた。慶應義塾大学経済学部を卒業後、1947年(昭和22年)に松竹に入社し、宣伝部に配属された。松竹では、映画の宣伝や配給に携わった。1963年(昭和38年)、松竹を退社してフリーランスの映画評論家となった。 橘弘一郎は、映画評論家として、映画の批評や解説を雑誌や新聞に寄稿した。また、1967年(昭和42年)には、映画評論誌「映画評論」を創刊し、編集長を務めた。橘弘一郎の映画評論は、映画の構造や映像を分析する緻密さが特徴であり、映画評論家として高い評価を得た。 橘弘一郎は、映画評論家としての活動以外にも、印刷技術に関する研究にも取り組んだ。1975年(昭和50年)には、印刷技術に関する著作「印刷の技法」を出版し、印刷技術の普及に貢献した。橘弘一郎の印刷技術に関する研究は、印刷業界からも高く評価され、1980年(昭和55年)には、印刷学会から印刷文化賞を贈られた。 橘弘一郎は、2007年(平成19年)に東京で死去した。享年84歳であった。橘弘一郎は、映画評論家として、映画の批評や解説を雑誌や新聞に寄稿した。また、印刷技術に関する研究にも取り組んだ。橘弘一郎の映画評論は、映画の構造や映像を分析する緻密さが特徴であり、映画評論家として高い評価を得た。橘弘一郎の印刷技術に関する研究は、印刷業界からも高く評価され、1980年(昭和55年)には、印刷学会から印刷文化賞を贈られた。
作家

石子順 – 評論家

-映画評論家としての石子順- 石子順は、映画評論家として活躍する人物である。映画に関する専門的な知識と確かな批評眼を持ち、その評論は多くの映画ファンから支持されている。 石子順は、1960年に東京都生まれ。大学卒業後、映画雑誌の編集者としてキャリアをスタートさせる。その後、フリーの映画評論家として独立し、現在は新聞や雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍している。 石子順の映画評論は、映画のストーリーや演出、演技など、あらゆる要素を総合的に評価したものである。また、映画の社会的、文化的背景にも着目しており、その評論は単なる映画のレビューにとどまらない。 石子順は、映画評論家としてだけでなく、映画監督としての一面も持つ。1990年には、初の長編映画『愛のむき出し』を発表。この作品は、国内外の映画祭で高い評価を得た。 石子順は、映画の評論家として、また映画監督として、日本の映画文化の発展に大きく貢献している。 -石子順の映画評論の特徴- 石子順の映画評論は、以下のような特徴がある。 * -専門的な知識と確かな批評眼に基づいている。- 石子順は、映画に関する専門的な知識と確かな批評眼を持っており、その評論は常に説得力がある。 * -映画のストーリーや演出、演技など、あらゆる要素を総合的に評価している。- 石子順は、映画のストーリーや演出、演技など、あらゆる要素を総合的に評価しており、その評論は単なる映画のレビューにとどまらない。 * -映画の社会的、文化的背景にも着目している。- 石子順は、映画の社会的、文化的背景にも着目しており、その評論は映画の理解を深めるのに役立つ。 * -わかりやすい文章で書かれている。- 石子順の映画評論は、わかりやすい文章で書かれており、映画に詳しくない人でも理解しやすい。 -石子順の主な著作- 石子順には、以下のような著書がある。 * 『映画の愉しみ方』 * 『映画の見方・考え方』 * 『映画史入門』 * 『映画監督論』 * 『映画俳優論』 これらの著書は、映画に関する石子順の考え方を理解するのに役立つ。
エンターテインメント

「佐怒賀三夫」とはどんな人物?

-佐怒賀三夫の生涯と経歴- 佐怒賀三夫は、1911年1月18日に東京都で生まれた。早稲田大学文学部を卒業後、1934年に毎日新聞社に入社した。 毎日新聞社では、記者として主に政治部を担当した。1940年には、第二次世界大戦の開戦にともなって、海軍報道班員として従軍した。1945年、毎日新聞社に復職し、1950年に社会部長に就任した。 1951年、毎日新聞社を退社し、参議院議員選挙に立候補して当選した。参議院議員を3期務め、1968年に引退した。 引退後は、評論家として活躍し、多くの著作を残した。また、1972年から1976年まで、日本記者クラブの会長を務めた。 佐怒賀三夫は、1999年8月18日に死去した。享年88。 佐怒賀三夫は、ジャーナリストとして、また政治家として、日本の戦後史に大きな足跡を残した人物である。
エンターテインメント

荻昌弘 – 映画評論家と文化人

-生涯と経歴- 荻昌弘は、1932年(昭和7年)10月13日に東京都に生まれた。早稲田大学第一文学部を卒業後、1956年にキネマ旬報社に入社。映画雑誌『キネマ旬報』の記者として活躍し、1961年に『映画評論家協会賞』を受賞した。 1963年にキネマ旬報社を退社し、フリーの映画評論家として活動を開始。テレビやラジオの映画番組に出演する他、映画評論の著書も多数執筆した。1975年に『キネ旬賞』を受賞し、1982年には映画評論の最高峰とされる『毎日映画コンクール』の特別賞を受賞した。 1986年に『映画評論家協会賞』を再び受賞し、1988年に『朝日新聞』の映画評論委員に就任した。1990年に『キネ旬賞』を3度目を受賞し、1992年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を受賞した。 1994年に『キネ旬賞』を4度目を受賞し、1996年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を2度目を受賞した。1998年に『キネ旬賞』を5度目を受賞し、2000年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を3度目を受賞した。 2002年に『キネ旬賞』を6度目を受賞し、2004年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を4度目を受賞した。2006年に『キネ旬賞』を7度目を受賞し、2008年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を5度目を受賞した。 2010年に『キネ旬賞』を8度目を受賞し、2012年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を6度目を受賞した。2014年に『キネ旬賞』を9度目を受賞し、2016年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を7度目を受賞した。 2018年に『キネ旬賞』を10度目を受賞し、2020年に『毎日映画コンクール』の映画評論賞を8度目を受賞した。 荻昌弘は、日本の映画評論家として最も権威ある存在であり、その映画評論は多くの映画ファンに愛されている。
エンターテインメント

「小川徹」

-小川徹の生涯- 小川徹は、1927年に東京都に生まれました。幼少期は、父親の転勤に伴い、北海道や九州など各地を転々として過ごしました。その後、東京の高校に進学し、在学中に演劇部に所属しました。高校卒業後は、劇団四季に入団し、俳優として活躍しました。 1954年、小川徹は劇団四季を退団し、映画界に入りました。初主演映画は「高校三年生」で、この映画は大ヒットを記録しました。その後も、「太陽の季節」「野菊の墓」「伊豆の踊子」など多くのヒット映画に出演し、一躍人気俳優となりました。 1960年代には、テレビドラマにも進出しました。「ザ・ガードマン」「キイハンター」などのドラマに出演し、こちらも大ヒットを記録しました。小川徹は、映画とテレビドラマの両方で活躍し、国民的人気俳優となりました。 1970年代に入ると、小川徹は映画界から徐々に退き、テレビドラマに専念するようになりました。その後も、「大河ドラマ」「渡る世間は鬼ばかり」など多くのヒットドラマに出演し、国民的人気俳優としての地位を確固たるものにしました。 小川徹は、2018年に肺炎のため逝去しました。享年91歳でした。小川徹は、日本の映画界とテレビドラマ界に多大な功績を残した偉大な俳優でした。 小川徹の代表作は以下のとおりです。 映画 * 高校三年生(1954年) * 太陽の季節(1956年) * 野菊の墓(1958年) * 伊豆の踊子(1959年) テレビドラマ * ザ・ガードマン(1965年~1971年) * キイハンター(1968年~1973年) * 大河ドラマ「元禄繚乱」(1999年) * 渡る世間は鬼ばかり(1990年~2011年)
研究者

飯島正:映画評論界の先駆者

飯島正映画評論界の先駆者 映画美学論を確立した評論家 飯島正は、映画評論界の先駆者であり、映画美学論を確立した評論家です。1902年、東京に生まれ、1921年に東京帝国大学文学部を卒業しました。その後、映画評論家として活動を始め、1926年に「キネマ旬報」を創刊しました。 「キネマ旬報」は、日本初の映画評論誌であり、飯島正は、その編集長として、映画評論を世に広めることに貢献しました。また、飯島正は、映画美学論の研究にも取り組み、1934年に「映画美論」を出版しました。 「映画美論」は、映画の美しさについて分析した最初の理論書であり、映画評論界に大きな影響を与えました。飯島正は、映画の美しさは、映像と音響の調和によって生まれるものであると主張しました。 飯島正の映画美学論は、現在でも有効であり、多くの映画評論家が彼の理論を参考にしています。飯島正は、映画評論界の先駆者であり、映画美学論を確立した評論家として、今もなお高く評価されています。
エンターテインメント

津村秀夫:映画評論家のパイオニア

-人名辞典-「津村秀夫」- 津村秀夫は、映画評論家、映画監督である。1936年生まれ。東京都出身。1962年、映画評論家デビュー。1965年、映画監督デビュー。1983年、映画評論家協会賞特別賞を受賞。1991年、映画評論家協会賞特別賞を受賞。2001年、紫綬褒章受章。2011年、アカデミー名誉賞を受賞。2017年没。 1962年、映画誌「キネマ旬報」に映画評論を発表し、映画評論家としてデビュー。1965年、映画「真空地帯」で映画監督デビュー。以降、映画監督として、「劇画不連続殺人事件」(1966年)、「狂った果実」(1967年)、「吉原炎上」(1980年)などの作品を手がける。 1983年、映画評論家協会賞特別賞を受賞。1991年、映画評論家協会賞特別賞を受賞。2001年、紫綬褒章受章。2011年、アカデミー名誉賞を受賞。2017年没。 津村秀夫は、映画評論家として、映画の理論や歴史、美学について論じてきた。また、映画監督として、映画の表現の可能性を追求してきた。映画評論家としても、映画監督としても、大きな影響を与えた人物である。
作家

小野耕世 – 昭和後期から平成時代の評論家、映画評論家

小野耕世の生涯 小野耕世は、1935年3月25日、東京都に生まれた。東京大学文学部を卒業後、文芸評論家として活躍。1970年代以降は、映画評論家としての活動も始め、映画評論の第一人者として知られるようになる。 小野耕世は、1960年代に文芸雑誌『文學界』に評論を発表し、文芸評論家としてデビュー。1970年代には、映画雑誌『映画評論』に映画評を発表し、映画評論家としても活躍し始める。1980年代には、テレビ番組『映画の20世紀』に出演し、映画評論家として広く知られるようになった。 小野耕世は、映画評論家として、映画の美学や映画史について独自の視点から論じ、映画評論の新しい地平を切り拓いた。また、映画監督や俳優との対談やインタビューも行い、映画界に貢献した。小野耕世は、2014年4月1日に心不全のため死去。79歳だった。 小野耕世は、映画評論家としてだけでなく、文芸評論家、エッセイストとしても活躍した。また、大学で教鞭を執り、映画学の研究にも取り組んだ。小野耕世は、映画評論の第一人者としてだけでなく、映画学の研究者としても知られる存在であった。 小野耕世は、映画評論を通して、映画の美しさや素晴らしさを人々に伝え、映画文化の発展に貢献した。また、映画学の研究を通して、映画の歴史や理論を明らかにし、映画学の発展にも貢献した。小野耕世は、映画評論家として、映画学の研究者として、映画界に大きな功績を残した。
エンターテインメント

映画評論家・田山力哉氏の人物紹介

映画評論家の第一人者・田山力哉の人生と業績 映画評論家・田山力哉氏は、1960年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、映画雑誌の記者を経て、1990年に映画評論家として独立。以降、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍し、日本映画界を代表する評論家の一人として知られています。 田山氏は、映画の批評活動だけでなく、映画の製作にも携わっており、2000年には映画「閉じる日」の脚本と監督を務め、2005年には映画「いつか読書する日」の製作総指揮を務めました。また、2010年には「映画評論家・田山力哉の映画教室」を開講し、映画の鑑賞と批評について講演や執筆活動を行っています。 田山氏の映画評論は、幅広い知識と鋭い洞察力に裏打ちされたもので、映画の芸術性を評価するだけでなく、社会的、文化的背景も踏まえて考察する点が特徴です。また、映画の楽しみ方をわかりやすく解説する文章は、一般の映画ファンからも支持されています。 田山氏は、2000年に映画批評家大賞を受賞し、2005年には日本映画ペンクラブ賞を受賞しました。2010年には紫綬褒章を受章し、2015年には旭日小綬章を受章しました。 田山氏は、映画評論家として活躍する傍ら、映画の製作や講演活動など、幅広い分野で活躍する映画人として知られています。映画評論の第一人者として、映画の芸術性を評価し、映画の楽しみ方をわかりやすく解説する文章は、一般の映画ファンからも支持されています。
エンターテインメント

南部僑一郎の人生と功績

南部僑一郎の生い立ちと学生時代 南部僑一郎は、1921年1月19日に東京都で生まれました。父親は、東京帝国大学教授の南部禎造であり、母親は、数学者の児島喜久子です。南部僑一郎は、幼い頃から数学に興味を持ち、東京帝国大学理学部数学科に進学しました。 東京帝国大学在学中は、数学者の小平邦彦や岡潔のもとで学び、1942年に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、1945年に理学博士号を取得しました。 博士号取得後は、東京帝国大学理学部助手となり、1949年に助教授に昇進しました。1951年には、アメリカ合衆国のシカゴ大学に留学し、1953年に帰国しました。 帰国後は、東京帝国大学理学部教授に就任し、1965年に東京大学総長に就任しました。1968年に東京大学を退職し、カリフォルニア大学バークレー校教授に就任しました。 カリフォルニア大学バークレー校在職中は、場の量子論の研究を行い、1968年にノーベル物理学賞を受賞しました。1996年にカリフォルニア大学バークレー校を退職し、2005年に亡くなりました。
エンターテインメント

田中純一郎 – 巨匠たちの証言から日本映画史を探る

-映画評論家、田中純一郎の生涯と功績- 田中純一郎は、1908年(明治41年)東京生まれの映画評論家、脚本家、映画監督である。日本映画史において重要な役割を果たした人物の一人として知られている。 田中は、早稲田大学在学中に映画評論を書き始め、1927年(昭和2年)に映画雑誌『キネマ旬報』に入社。その後、『映画評論』、『映画芸術』などの映画雑誌で活躍し、映画評論家としての地位を確立した。 田中は、映画評論家として数多くの作品を執筆しており、その中には「映画の芸術」「映画の社会学」「映画の歴史」など、映画に関する様々なテーマを扱ったものがある。また、脚本家としても『人生劇場』『にごりえ』『東京物語』などの名作を執筆している。 田中は、映画監督としても活躍しており、『渡り鳥』『母と子』『東京の恋人』などの作品を監督している。監督作品は、庶民の生活や社会問題を題材にしたものが多く、そのリアリティあふれる作風は、多くの観客から支持を集めた。 田中は、日本映画史において重要な役割を果たした人物の一人であり、その功績は、映画評論家、脚本家、映画監督としての活動に加え、映画教育者として後進の育成にも尽力したことに代表される。 -映画評論家としての田中純一郎- 田中は、映画評論家として、映画の芸術性や社会性を重視した評論を展開した。彼は、映画は単なる娯楽ではなく、芸術作品であるべきだと考え、映画の芸術性を高めるために努力した。また、映画は社会を反映するものであるべきだと考え、映画の社会性を重視した評論を展開した。 田中は、映画評論家として、多くの映画批評を執筆しているが、その中でも最も有名な批評の一つが、小津安二郎監督の『東京物語』に対する批評である。田中は、『東京物語』を「日本映画史上最高の傑作」と絶賛し、そのリアリティあふれる作風や、人間の哀愁を巧みに描いた演出を高く評価した。 -脚本家としての田中純一郎- 田中は、脚本家として、庶民の生活や社会問題を題材にした脚本を多く執筆している。彼の脚本は、リアリティあふれる作風で、多くの観客から支持を集めた。 田中が最も有名な脚本の一つが、黒澤明監督の『人生劇場』である。この脚本は、同名小説を原作としており、貧困に苦しむ人々の姿を描いた作品である。田中は、この脚本で、庶民の生活をリアルに描き、多くの人々の共感を呼んだ。 田中は、脚本家として、多くの名作を執筆しており、その功績は、映画評論家としての活動に加え、脚本家としての活動を通じて、日本映画の発展に貢献したことに代表される。 -映画監督としての田中純一郎- 田中は、映画監督としても活躍しており、『渡り鳥』『母と子』『東京の恋人』などの作品を監督している。彼の監督作品は、庶民の生活や社会問題を題材にしたものが多く、そのリアリティあふれる作風は、多くの観客から支持を集めた。 田中が最も有名な監督作品の一つが、『渡り鳥』である。この作品は、戦時中の日本を舞台に、二人の女性が生き抜く姿を描いた作品である。田中は、この作品で、戦時中の庶民の生活をリアルに描き、多くの人々の共感を呼んだ。 田中は、映画監督として、多くの名作を監督しており、その功績は、映画評論家としての活動に加え、映画監督としての活動を通じて、日本映画の発展に貢献したことに代表される。
作家

映画評論家「今村太平」の人生と業績

映画評論のパイオニア、今村太平 映画評論家、今村太平は1904年、東京に生まれた。早稲田大学を卒業後、朝日新聞に入社し、映画記者として活躍する。1930年代には、映画雑誌「キネマ旬報」の編集長を務め、映画評論の第一人者として認められるようになった。 今村太平は、映画評論において、映画のストーリーや俳優の演技だけでなく、映画の映像や音楽、編集などの技術的な面にも着目した。また、映画の社会的な意義や文化的背景にも目を向け、映画を単なる娯楽作品ではなく、芸術作品として捉えた。 今村太平は、映画評論を通じて、映画の正しい鑑賞方法を国民に啓蒙し、映画文化の向上に貢献した。また、映画監督や俳優たちとも親交を深め、映画界の発展に尽力した。 今村太平は、1972年に死去したが、その業績は今もなお高く評価されている。映画評論のパイオニアとして、映画文化の発展に貢献した功績は、いつまでも語り継がれるであろう。 今村太平の著書には、「映画評論集」「映画史」「映画の鑑賞法」などがある。 今村太平の代表的な映画評論は、「市民ケーン」「羅生門」「七人の侍」「東京物語」「ウエスト・サイド物語」などである。 今村太平は、映画評論だけでなく、映画監督としても活躍した。代表作には、「東京暮色」「青い山脈」「二十四の瞳」などがある。
エンターテインメント

「鳥羽幸信」

- 映画評論家として活躍 鳥羽幸信は、映画評論家としても活躍した。1960年代初頭、映画雑誌「キネマ旬報」に映画評を寄稿し始めた。キネマ旬報での映画評は、辛口で知られ、映画関係者から一目置かれていた。 1963年には、キネマ旬報の映画評論コンクールで最優秀賞を受賞した。この受賞を機に、鳥羽幸信は映画評論家としてさらに活躍するようになった。 鳥羽幸信の映画評は、映画の内容を分析するだけでなく、映画の社会的背景や文化的背景にも言及するものであった。そのため、鳥羽幸信の映画評は、映画ファンだけでなく、映画関係者からも高く評価された。 1970年代には、テレビ番組「映画天国」の司会を務めた。この番組は、映画を紹介する番組で、鳥羽幸信の映画評が好評を博した。 鳥羽幸信は、映画評論家として活躍する傍ら、映画監督としても活動した。1977年には、映画「犬神の悪霊」を監督した。この映画は、大ヒットを記録し、鳥羽幸信は映画監督としても高い評価を得た。 鳥羽幸信は、映画評論家としてだけでなく、映画監督としても活躍した。その功績は、日本の映画界に大きな影響を与えた。
エンターテインメント

「清水千代太」

「清水千代太」 戦前の映画批評家として活躍した清水千代太 清水千代太は、1889年(明治22年)に東京に生まれ、1954年(昭和29年)に亡くなった映画批評家です。戦前の映画界で活躍し、「日本映画批評の父」とも呼ばれています。 清水千代太は、早稲田大学を卒業後、新聞記者として働き始めました。その後、映画評論の執筆を手がけるようになり、1923年(大正12年)には映画雑誌「キネマ旬報」の創刊に関わりました。 清水千代太は、映画評論家として、映画の芸術性や社会性を重視しました。また、映画の興行的な成功も重要視しており、興行的成功を収めた映画を高く評価することが多かったのです。 清水千代太の映画批評は、当時の映画界に大きな影響を与えました。清水千代太が評価した映画は、多くの観客に支持され、興行的成功を収めることが多かったのです。また、清水千代太の映画批評は、映画監督や映画俳優にも影響を与え、映画の製作に大きな影響を与えました。 清水千代太は、戦前の映画界を代表する映画批評家であり、日本映画批評の父とも呼ばれています。清水千代太の映画批評は、当時の映画界に大きな影響を与え、映画の製作にも大きな影響を与えました。 清水千代太は、1954年(昭和29年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。清水千代太の映画批評は、今もなお多くの映画ファンや映画研究者に読み継がれており、映画批評の参考とされています。
エンターテインメント

白井佳夫(1932~)

-白井佳夫生涯とキャリア- -初期の人生と教育- 白井佳夫は1932年1月15日、東京都中央区に生まれた。父親は漆器店を経営する実業家で、母親は裁縫師だった。白井は幼少期から芸術に興味を持ち、油絵や水彩画を習い始めた。 1950年、白井は東京藝術大学に入学し、油絵を専攻した。在学中、白井は多くの著名な芸術家に出会い、その影響を受けて自身の作風を形成していった。1954年に東京藝術大学を卒業後、白井は渡欧し、フランスやイタリアで絵画を学んだ。 -画家のキャリア- 1957年に日本に帰国後、白井は画家として活動を開始した。1960年代には、白井は国内外で個展を開催し、その作品が高く評価された。1964年には、サンパウロ・ビエンナーレに入選し、国際的な注目を集めた。 1970年代には、白井は抽象画から具象画へと作風を変化させた。この頃の白井の作品は、鮮やかな色彩と大胆な筆致が特徴である。1974年には、白井は東京国立近代美術館で個展を開催し、その作品は大好評を博した。 1980年代以降、白井はさらに独自の作風を確立し、国内外で多くの展覧会を開催した。1990年には、白井はフランス政府から芸術文化勲章を授与され、その功績を称えられた。 -晩年と死- 白井は2018年11月15日、東京都内の病院で死去した。享年86歳だった。白井は日本を代表する画家として、その作品は国内外で高く評価されている。
作家

岡田真吉(1903-1964)- 昭和時代の映画評論家

-岡田真吉の生涯と功績- 岡田真吉は、1903年3月21日に東京で生まれました。彼はすぐに映画に夢中になり、14歳のときに映画雑誌に記事を書き始めました。1921年、彼は映画評論家としての人生をスタートさせ、すぐに日本の映画批評界の第一人者になりました。 岡田真吉は、映画を単なる娯楽ではなく、芸術として捉えていました。彼は、映画の美しさ、力、そして社会に対する影響を高く評価していました。彼は、映画批評において、映画の芸術性を重視し、映画のストーリーや演技のみならず、映画の映像美や音楽にも注目しました。 岡田真吉は、映画批評家としての活動に加えて、映画の脚本や監督も務めました。彼は、1930年に映画「街の灯」の脚本を書き、1932年には映画「君の名は」を監督しました。これらの映画は、いずれも高い評価を受け、岡田真吉の才能を証明しました。 岡田真吉は、映画批評家として、映画の芸術性を重視した批評を行い、映画評論界に大きな影響を与えました。彼はまた、映画の脚本や監督としても活躍し、映画界の発展に貢献しました。岡田真吉は、1964年12月24日に亡くなりましたが、彼の功績は今でも語り継がれています。 岡田真吉の功績は、次のとおりです。 * 映画評論において、映画の芸術性を重視した批評を行い、映画評論界に大きな影響を与えた。 * 映画の脚本や監督としても活躍し、映画界の発展に貢献した。 * 日本映画の発展に尽力し、日本映画の国際的地位を高めた。 * 映画評論家として、映画の芸術性を重視した批評を行い、映画評論界に大きな影響を与えた。 * 映画の脚本や監督としても活躍し、映画界の発展に貢献した。 * 日本映画の発展に尽力し、日本映画の国際的地位を高めた。 * 映画評論家として、映画の芸術性を重視した批評を行い、映画評論界に大きな影響を与えた。 * 映画の脚本や監督としても活躍し、映画界の発展に貢献した。 * 日本映画の発展に尽力し、日本映画の国際的地位を高めた。
エンターテインメント

瓜生忠夫:映画評論家と駅弁研究家

-映画評論家としての瓜生忠夫- 瓜生忠夫は、映画評論家として活躍しながら、駅弁研究家としても知られた人物です。映画評論家としては、映画の知識と批評眼に優れ、多くの映画ファンからの支持を集めました。また、駅弁研究家としては、全国各地の駅弁を食べ歩き、その魅力を多くの人に紹介しました。 瓜生忠夫が映画評論家として活躍し始めたのは、1960年代のことです。当時は映画評論家の数も少なく、映画評論の専門誌もありませんでした。そんな中で、瓜生忠夫は映画雑誌に映画評論を寄稿し、映画評論家として頭角を現していきます。また、ラジオやテレビの番組にも出演し、映画の魅力を多くの人に伝えました。 瓜生忠夫の映画評論は、非常にわかりやすく、映画の楽しみ方を教えてくれるような内容でした。また、映画評論家としては珍しく、映画の欠点についても言及することが多かったのが特徴です。瓜生忠夫の映画評論を読めば、映画の楽しみ方を知ることができ、映画を見る目が養われると言われました。 瓜生忠夫は、映画評論家として活躍する傍ら、駅弁研究家としても活動を続けていました。駅弁研究家としての瓜生忠夫は、全国各地の駅弁を食べ歩き、その魅力を多くの人に紹介しました。瓜生忠夫は、駅弁の美味しさだけでなく、駅弁の歴史や文化についても研究しており、駅弁に関する著書も執筆しています。 瓜生忠夫は、映画評論家としても、駅弁研究家としても、その専門的な知識と優れた文章力で多くの人に支持された人物です。瓜生忠夫の映画評論や駅弁に関する著作は、現在でも多くの人に読まれ続けています。
エンターテインメント

筈見恒夫 – 映画評論家、プロデューサー

- -筈見恒夫の略伝- 映画評論家、プロデューサー。1928年、福岡県生まれ。9歳で松竹蒲田撮影所の見学をして映画の魅力に取り憑かれる。1951年に早稲田大学教育学部を卒業後、岩波映画製作所に入社。その後、東宝に入社し、宣伝部で働いた。1961年に東宝を退社し、フリーランスの映画評論家として活動を開始。1963年に映画雑誌『映画芸術』を創刊し、編集長を務めた。1967年には、映画製作会社「ATG」を設立し、プロデューサーとして活躍。ATGでは、『愛の亡霊』、『戒厳令』、『麻雀放浪記』など、多くの名作を世に送り出した。1984年にATGを退社し、フリーランスのプロデューサーとして活動。1995年には、映画監督の市川崑と「市川崑プロダクション」を設立。1997年に市川崑プロダクションを退社し、フリーランスのプロデューサーとして活動。2000年に死去。 筈見恒夫は、映画評論家として、映画の芸術性を高く評価し、映画の批評を芸術評論と同じレベルに引き上げた。また、プロデューサーとして、ATGで多くの名作を世に送り出し、日本映画の発展に貢献した。彼は、映画を愛し、映画に情熱を注いだ人物であった。 -# 筈見恒夫の映画評論 筈見恒夫は、映画評論家として、映画の芸術性を高く評価した。彼は、映画は単なる娯楽ではなく、芸術であると主張した。彼は、映画の批評を芸術評論と同じレベルに引き上げ、映画の批評を映画芸術の理解に役立つものにした。 筈見恒夫の映画評論は、映画の芸術性を重視したものである。彼は、映画の美しさ、映画の力強さ、映画の感動を評論した。彼は、映画は単なる娯楽ではなく、芸術であると主張した。彼は、映画の批評を芸術評論と同じレベルに引き上げ、映画の批評を映画芸術の理解に役立つものにした。 筈見恒夫の映画評論は、映画ファンや映画関係者から高く評価された。彼は、映画評論家として、映画の芸術性を高く評価し、映画の批评を芸術評論と同じレベルに引き上げた。また、プロデューサーとして、ATGで多くの名作を世に送り出し、日本映画の発展に貢献した。彼は、映画を愛し、映画に情熱を注いだ人物であった。
エンターテインメント

「佐藤忠男」

佐藤忠男の略歴 佐藤忠男(さとう・ただお、1930年1月24日 - 2023年1月10日)は日本の映画評論家、映画史家、翻訳家。静岡県熱海市生まれ。学習院大学文学部仏文科卒業。 映画評論家の山根貞男とともに、日本における映画史研究の第一人者として知られる。また、映画監督の黒沢明、小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男、今村昌平らの作品を海外に紹介するなど、日本の映画文化の発展に貢献した。 1930年、静岡県熱海市に生まれる。学習院大学文学部仏文科卒業。 1954年、映画雑誌『映画評論』の編集部に勤務。 1957年、映画評論家の山根貞男とともに、映画史研究団体「映画史研究会」を設立。 1959年、映画監督の黒沢明の『野良犬』を海外に紹介する。 1960年、映画雑誌『映画芸術』の編集長に就任。 1962年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を創刊。 1964年、映画監督の小津安二郎の『東京物語』を海外に紹介する。 1965年、映画監督の溝口健二の『雨月物語』を海外に紹介する。 1966年、映画監督の成瀬巳喜男の『浮雲』を海外に紹介する。 1967年、映画監督の今村昌平の『豚と軍艦』を海外に紹介する。 1968年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を休刊。 1969年、映画評論家の山根貞男とともに、映画史研究団体「映画史研究会」を解散。 1970年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を復刊。 1971年、映画監督の黒沢明の『どですかでん』を海外に紹介する。 1972年、映画監督の小津安二郎の『東京暮色』を海外に紹介する。 1973年、映画監督の溝口健二の『山椒大夫』を海外に紹介する。 1974年、映画監督の成瀬巳喜男の『浮草』を海外に紹介する。 1975年、映画監督の今村昌平の『赤い殺意』を海外に紹介する。 1976年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を再休刊。 1977年、映画評論家の山根貞男とともに、映画史研究団体「映画史研究会」を再設立。 1978年、映画監督の黒沢明の『乱』を海外に紹介する。 1979年、映画監督の小津安二郎の『秋刀魚の味』を海外に紹介する。 1980年、映画監督の溝口健二の『西鶴一代女』を海外に紹介する。 1981年、映画監督の成瀬巳喜男の『めし』を海外に紹介する。 1982年、映画監督の今村昌平の『楢山節考』を海外に紹介する。 1983年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を再復刊。 1984年、映画監督の黒沢明の『夢』を海外に紹介する。 1985年、映画監督の小津安二郎の『父ありき』を海外に紹介する。 1986年、映画監督の溝口健二の『雨月物語』を海外に紹介する。 1987年、映画監督の成瀬巳喜男の『青ヶ島の対決』を海外に紹介する。 1988年、映画監督の今村昌平の『黒い雨』を海外に紹介する。 1989年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を再再休刊。 1990年、映画監督の黒沢明の『乱』を海外に紹介する。 1991年、映画監督の小津安二郎の『東京物語』を海外に紹介する。 1992年、映画監督の溝口健二の『山椒大夫』を海外に紹介する。 1993年、映画監督の成瀬巳喜男の『浮草』を海外に紹介する。 1994年、映画監督の今村昌平の『赤い殺意』を海外に紹介する。 1995年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を再再復刊。 1996年、映画監督の黒沢明の『夢』を海外に紹介する。 1997年、映画監督の小津安二郎の『父ありき』を海外に紹介する。 1998年、映画監督の溝口健二の『雨月物語』を海外に紹介する。 1999年、映画監督の成瀬巳喜男の『青ヶ島の対決』を海外に紹介する。 2000年、映画監督の今村昌平の『黒い雨』を海外に紹介する。 2001年、映画評論家の佐藤重臣とともに、映画評論誌『映画評論』を再再再休刊。 2002年、映画監督の黒沢明の『乱』を海外に紹介する。 2003年、映画監督の小津安二郎の『東京物語』を海外に紹介する。 2004年、映画監督の溝口健二の『山椒大夫』を海外に紹介する。 2005年、映画監督の成瀬巳喜男の『浮草』を海外に紹介する。 2006年、映画監督の今村昌平の『赤い殺意』を海外に紹介する。 2007年、映画評論家の山根貞男とともに、映画史研究団体「映画史研究会」を再再設立。 2008年、映画監督の黒沢明の『夢』を海外に紹介する。
エンターテインメント

リチー – 占領期に日本映画を世界の映画界に紹介したアメリカ人

-映画評論家としてのリチー- リチーは、映画評論家としても活躍した。1946年から1950年まで、彼は「ニューヨーク・タイムズ」紙に映画評を寄稿した。また、1951年から1953年までは、「ニュー・リパブリック」誌の映画批評家を務めた。 リチーの映画評は、その鋭い洞察力和、映画に対する深い愛によって高く評価された。彼は、映画の美しさや力を称賛するとともに、映画の欠点を指摘することもいとわなかった。また、彼は、映画を単なる娯楽作品と見るのではなく、社会や文化を反映する重要な芸術作品であると主張した。 リチーの映画評は、アメリカにおける映画批評のレベルを向上させるのに貢献した。また、彼の映画評は、多くの映画ファンに映画をより深く理解するきっかけを与えた。 リチーの映画評は、現在でも多くの映画評論家に影響を与えている。彼の映画評は、映画批評の古典的名著として読み継がれている。 リチーは、映画評論家としてだけでなく、映画監督としても活躍した。彼は、1959年に「黒いオルフェ」という映画を監督した。この映画は、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。 リチーは、1987年に亡くなった。しかし、彼の映画評と映画監督としての作品は、現在でも多くの映画ファンに愛されている。
エンターテインメント

岩崎昶:日本の映画界に大きな影響を与えた映画プロデューサーとその生涯

-岩崎昶の初期の経歴と映画界への参入- 岩崎昶は、1900年(明治33年)8月15日に東京府芝区(現在の東京都港区)で生まれた。父は、日本の映画界の父と呼ばれた映画監督の岩崎昶。母は、女優の岩崎昶。昶は、長男であった。 昶は、幼い頃から映画に興味を持っており、父親の映画を何度も見ていた。また、映画館にもよく通い、さまざまな映画を観ていた。昶は、映画を観ることで、映画の作り方や映画の面白さを学んでいった。 昶は、早稲田大学を卒業後、映画会社に入社した。昶は、映画会社で助監督として働き、映画の作り方を学んでいった。昶は、助監督として働いた後、監督として映画を撮るようになった。昶が監督した映画は、好評を博し、昶は映画監督として成功を収めた。 昶は、映画監督として成功した後、映画プロデューサーとして映画を制作するようになった。昶がプロデュースした映画は、どれも大ヒットし、昶は映画プロデューサーとして成功を収めた。昶は、映画プロデューサーとして、日本の映画界に大きな影響を与えた。
エンターテインメント

「野口久光」

野口久光の生涯 野口久光は、明治4年(1871年)9月14日、茨城県久慈郡大子町に、父・野口久治、母・マスエの長男として産まれた。父・久治は豪農で、野口家は代々名主を務めていた。 野口久光は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。12歳の時に上京し、学習院中等科に入学。その後、東京帝国大学法科大学を卒業した。大学卒業後は、司法官僚として裁判所勤務を経験。その後、政治家として政界入りした。政界 entry 後、衆議院議員に当選し、農商務大臣、逓信大臣を歴任。さらに、第2次大隈内閣総理大臣として国政を担った。 総理大臣在任中の野口久光は、日露戦争に勝利し、日本の国力を大きく向上させた。また、鉄道や電信などのインフラ整備にも力を入れ、日本の近代化を推進した。しかし、日露戦争後の不況に苦しみ、第2次大隈内閣は総辞職に追い込まれた。 政界を引退した後、野口久光は、実業家として活躍。日本興業銀行の頭取を務め、日本の産業発展に貢献した。 野口久光は、大正15年(1926年)1月7日に、72歳で死去した。
エンターテインメント

映画評論家・田中三郎について

-映画評論家・田中三郎について- -田中三郎の生涯- 田中三郎は、1930年に東京都に生まれた。幼い頃から映画を愛し、映画館に通いつめていた。映画評論家としてデビューしたのは、1950年頃のことである。当時はまだ映画評論家が少なく、田中三郎は早くから注目を集めた。 田中三郎の映画評論は、ユーモアとウィットに富んでおり、読者からの人気を集めた。また、映画の分析が鋭く、映画の新しい魅力を指摘した評論も多かった。田中三郎は、映画評論家としてだけでなく、映画監督や映画プロデューサーとしても活躍した。 田中三郎は、1990年に60歳で亡くなった。しかし、その評論は今でも読み継がれている。田中三郎は、日本の映画評論界に大きな足跡を残した映画評論家である。 -田中三郎の映画評論の特徴- 田中三郎の映画評論は、ユーモアとウィットに富んでおり、読者からの人気を集めた。また、映画の分析が鋭く、映画の新しい魅力を指摘した評論も多かった。田中三郎は、映画評論家としてだけでなく、映画監督や映画プロデューサーとしても活躍した。 田中三郎の映画評論は、映画の新しい魅力を指摘する評論が多かった。田中三郎は、映画の新しい表現方法や新しいテーマを積極的に評価した。また、映画の新しい才能をいち早く見出し、その才能を世に送り出した。田中三郎は、日本の映画界の発展に大きな貢献をした映画評論家である。 田中三郎は、映画評論家としてだけでなく、映画監督や映画プロデューサーとしても活躍した。田中三郎は、映画監督として、1960年に「黒い河」を、1961年に「湖の氷」を監督した。また、映画プロデューサーとして、1962年に「サラリーマン忠臣蔵」、1963年に「社長洋行記」をプロデュースした。
エンターテインメント

岸松雄

「岸松雄」の生涯 岸松雄は、1930年3月8日に鳥取県米子市で生まれました。1953年に東京大学法学部を卒業後、中央省庁のキャリア官僚として勤めました。1978年から1980年まで総理府の事務次官を務め、1980年から1982年まで内閣官房副長官を務めました。1982年に自由民主党から参議院議員に当選し、1986年に内閣官房長官に就任しました。1987年に衆議院議員に転じ、1989年に自民党總裁に就任しました。1989年から1991年まで内閣総理大臣を務めました。 岸松雄の総理大臣在任期間中は、バブル経済の崩壊と湾岸戦争が勃発しました。バブル経済の崩壊は、日本経済に大きな影響を与え、景気後退を招きました。湾岸戦争は、日本の安全保障政策に大きな影響を与え、自衛隊の海外派遣が初めて行われました。 岸松雄は、1991年に自民党總裁を辞任し、1993年に政界を引退しました。2012年8月10日に肺がんのため東京都内の病院で亡くなりました。82歳でした。 岸松雄は、日本の政治家として大きな功績を上げました。バブル経済の崩壊や湾岸戦争など、多くの困難に直面しましたが、それらを乗り越えて日本の政治をリードしました。岸松雄の死は、日本の政治界に大きな損失となりました。