昭和後期

作家

「岡田日郎」の歴史をたどる

-初期の歩みと「山火(やまび)」への投句- 岡田日郎氏は、1953年3月30日に埼玉県浦和市(現さいたま市)に生まれました。幼い頃から和歌に興味を持ち、小学校6年生の時に初めて短歌を詠みました。その後、東京都立新宿高等学校に進学し、短歌部の部員として活動しました。 高校卒業後は、一浪して法政大学経済学部に入学しました。大学在学中は、短歌サークル「法政大学短歌会」に所属し、精力的に短歌を詠みました。また、大学在学中に、短歌雑誌『山火(やまび)』に投稿し、入選を果たしました。 『山火(やまび)』は、前衛短歌の旗手と称された前登志夫氏が主宰する短歌雑誌で、当時、前衛短歌の若手歌人たちが多く参加していました。岡田日郎氏も、『山火(やまび)』に投稿することで、前衛短歌の潮流に大きな影響を受けました。 前衛短歌は、それまでの伝統的な短歌の形式や表現にとらわれず、自由な発想と表現を追求する短歌です。岡田日郎氏は、前衛短歌の自由な発想と表現に魅力を感じ、積極的に前衛短歌を詠みました。 大学卒業後は、出版社に就職し、編集者として勤務しました。その一方で、短歌の創作活動を続け、『山火(やまび)』や他の短歌雑誌に投稿し、入選を果たしました。 1980年、岡田日郎氏は、第一歌集『おおつごもり』を出版しました。この歌集は、前衛短歌の清新な感覚と伝統的な短歌の抒情性を融合させた作風で高く評価され、岡田日郎氏の短歌作家としての地位を確立しました。 岡田日郎氏は、その後も精力的に短歌を詠み続け、多くの歌集や評論集を出版しました。1997年には、歌人としての功績が認められ、第50回現代歌人協会賞を受賞しました。 2013年、岡田日郎氏は、80歳でこの世を去りました。しかし、岡田日郎氏の短歌は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
作家

村中李衣 – 昭和後期から平成時代の児童文学作家

-生涯と経歴- 村中李衣は、1920年(大正9年)1月1日に大阪府大阪市に生まれた。父親は、大阪市教育委員会の事務局長を務めた村中直吉であり、母親は、北山光江である。 村中李衣は、1942年(昭和17年)に、大阪樟蔭女子大学国語科を卒業した。卒業後は、大阪市の小学校で教鞭を執った。 1953年(昭和28年)に、村中李衣は、処女作である『ちいさい秋みつけた』を発表した。この作品は、1954年(昭和29年)に、野間児童文芸賞を受賞し、村中李衣は児童文学作家としてデビューした。 村中李衣は、1957年(昭和32年)に、大阪市教育委員会を退職し、専業作家となった。その後は、多くの児童文学作品を発表し、1968年(昭和43年)に、児童文学の分野における功績を称えられて、日本児童文芸家協会賞を受賞した。 村中李衣は、1993年(平成5年)1月1日に、大阪府大阪市で亡くなった。享年72歳であった。 村中李衣は、児童文学作家として、多くの作品を発表し、日本の児童文学の発展に貢献した。村中李衣の作品は、現在でも多くの子供たちに愛読されている。
作家

「高松雄一」について

-「高松雄一」について- -高松雄一とは?- 高松雄一は、日本のプロ野球選手です。ポジションは内野手。読売ジャイアンツに所属しています。 1994年12月13日生まれ、東京都出身。身長180cm、体重78kg。右投左打。 小学校4年生の時に野球を始め、中学時代はシニアリーグに所属。高校は東海大相模高校に進学し、甲子園大会には春夏合わせて3回出場。1年春の選抜大会では準優勝、2年夏の選手権大会ではベスト8に進出しました。 高校卒業後は明治大学に進学。3年春のリーグ戦で首位打者とベストナインを獲得し、4年秋には打点王とベストナインを獲得するなど、大学屈指のスラッガーとして活躍しました。 2016年ドラフト会議で読売ジャイアンツからドラフト1位指名を受け入団。1年目の2017年は二軍で101試合に出場し、打率.280、18本塁打、70打点の成績を残し、イースタン・リーグの首位打者と打点王を獲得しました。 2018年シーズンは一軍に定着。106試合に出場し、打率.269、13本塁打、50打点の成績を残しました。 2019年シーズンはさらに成績を伸ばし、138試合に出場し、打率.296、23本塁打、82打点の成績を残しました。また、ゴールデングラブ賞を受賞し、ベストナインにも選出されました。 2020年シーズンは118試合に出場し、打率.276、13本塁打、61打点の成績を残しました。 2021年シーズンは143試合に出場し、打率.292、25本塁打、95打点の成績を残しました。2度目のベストナインに選出されました。 2022年シーズンは141試合に出場し、打率.285、20本塁打、75打点の成績を残しました。 高松雄一は、打率、本塁打、打点の三拍子が揃った、日本のプロ野球界を代表する内野手です。今後ますますの活躍が期待されています。
ミュージシャン

加藤登紀子 – 昭和から平成を彩ったシンガーソングライター

-満州で生まれ、東大生歌手としてデビュー- 加藤登紀子は、1943年11月22日に満州国(現在の中国東北部)の遼寧省瀋陽市で生まれた。父親は日本人の医師で、母親は中国人の看護師だった。加藤が3歳の時、一家は日本に引き揚げた。 加藤は幼い頃から音楽に興味があり、ピアノやバイオリンを習っていた。大学時代には、フォークソングサークルに参加して歌い始め、1966年に「ひとり寝の子守唄」で歌手デビュー。社会問題をテーマにした楽曲や、ベトナム戦争や中東情勢などを題材にした楽曲を発表し、日本のフォークソング界を代表するシンガーソングライターとして活躍した。 1971年には、作詞・作曲を手掛けた「知床旅情」が大ヒット。1972年には、日本レコード大賞を受賞した。1980年代に入ると、海外公演にも積極的に取り組み、世界的に活躍するアーティストとなった。 加藤は歌手活動だけでなく、女優や作家としても活躍。1974年には、NHKの大河ドラマ「勝海舟」に出演し、ヒロインの勝清子を演じた。1987年には、小説「生きて歌えば」を出版し、ベストセラーとなった。 加藤は、2018年に歌手活動を引退したが、現在も精力的に講演や執筆活動を行っている。2020年には、日本の音楽界に貢献したアーティストに贈られる「日本ゴールドディスク大賞」を受賞した。 加藤登紀子は、昭和から平成を彩ったシンガーソングライターとして、日本の音楽史にその名を刻んでいる。
作家

春日井建:昭和歌壇のロマン主義者

-生い立ちと文学への目覚め- 春日井建は、1904年に愛知県春日井市に生まれました。父は医師であり、母は看護師でした。幼い頃から本を読むことが好きで、学校では常にトップの成績を収めていました。 1923年に早稲田大学に入学し、文学部国文科に進学しました。在学中は、詩や短歌を書き始め、同人誌にも参加しました。この頃、与謝野晶子や北原白秋の歌に触れ、歌壇に憧れるようになりました。 1927年に早稲田大学を卒業後、名古屋に戻り、新聞社に就職しました。しかし、文学への情熱は捨てきれず、1930年に上京して歌人として独立しました。 1933年に第一歌集『春日井建歌集』を上梓し、歌壇にデビューしました。この歌集は、自然や愛を題材にしたロマンチックな歌が多く収録されており、多くの読者から共感を集めました。 1935年に、日本芸術院賞を受賞しました。1937年には、第2歌集『明星歌集』を上梓し、さらに高い評価を得ました。 1941年、太平洋戦争が始まると、春日井建は従軍しました。しかし、1943年に病気のため除隊となり、東京に戻りました。 戦後は、歌壇の第一線で活躍を続け、1949年に第3歌集『白露歌集』を上梓しました。この歌集は、戦後の混乱の中で人々が失いかけていた希望や愛を歌ったものであり、多くの読者から支持されました。 1959年に文化功労者に選ばれました。1964年に第4歌集『若菜歌集』を上梓し、歌壇に新たな風を吹き込みました。 1968年、64歳で死去しました。春日井建の死は、歌壇に大きな衝撃を与え、多くの歌人がその死を悼みました。 春日井建は、昭和歌壇のロマン主義者として知られる歌人です。その歌は、自然や愛を題材にしたものが多く、ロマンチックで美しい表現が特徴です。春日井建の歌は、多くの人々に共感を呼び、昭和歌壇に大きな影響を与えました。
芸術家

正田壌-星空と昆虫をモチーフにした詩情あふれる画風を持つ昭和後期-平成時代の洋画家

-正田壌の生涯と経歴- 正田壌は、1926年(昭和元年)に東京で生まれた。幼い頃から絵を描くことが好きで、1944年(昭和19年)に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学した。しかし、学徒動員により、卒業前に応召し、中国戦線に派遣された。戦後、復員して東京美術学校に戻り、1949年(昭和24年)に卒業した。 卒業後は、画家として活動を開始し、1952年(昭和27年)には、日展に出品して入選を果たした。その後も、日展には毎年出品し、1964年(昭和39年)には、日展の特選を受賞した。1970年(昭和45年)には、日展の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞した。 正田壌は、星空と昆虫をモチーフにした詩情あふれる画風で知られ、多くの作品を残した。代表作としては、「夜の神話」、「光の交響曲」、「昆虫の舞」などがある。 正田壌は、1989年(平成元年)に63歳で亡くなった。正田壌の死後、正田壌記念美術館が設立され、正田壌の作品が展示されている。
ミュージシャン

松平頼暁-前衛作曲家

-昭和後期から平成時代の作曲家- 松平頼暁は、昭和後期から平成時代の作曲家です。1933年、東京に生まれ、東京藝術大学を卒業後、渡欧してパリ音楽院で学びました。帰国後は、東京藝術大学教授や日本作曲家協会理事長などの要職を歴任し、日本の現代音楽界を牽引してきました。 松平頼暁の作品は、前衛的で実験的なものが多いのが特徴です。彼は、伝統的な音楽理論にとらわれることなく、常に新しい音楽表現の可能性を探求し続けました。その結果、彼の作品は、多くの場合、聴き手に衝撃を与え、賛否両論を巻き起こしました。しかし、その斬新な音楽性は、国内外で高く評価されており、数々の賞を受賞しています。 松平頼暁は、日本の現代音楽界に大きな影響を与えた作曲家です。彼の作品は、多くの若手作曲家に刺激を与え、日本の現代音楽の発展に貢献しました。また、彼は、東京藝術大学教授として、多くの優秀な作曲家を育成し、日本の音楽文化の発展に尽力しました。 松平頼暁の代表作としては、交響曲「響紋」(1961年)、オペラ「鹿鳴館」(1978年)、ピアノ協奏曲「紺碧の海」(1987年)などがあります。これらの作品は、いずれも、松平頼暁の前衛的で実験的な音楽性がよく表れています。 松平頼暁は、2016年に83歳で亡くなりました。しかし、彼の音楽は、今もなお、多くの人々に愛され続けています。彼の作品は、日本の現代音楽史に不滅の足跡を残すでしょう。
研究者

– 西川正雄

- 西川正雄の生涯 西川正雄(1898年 - 1983年)は、日本の政治家。自由民主党参議院議員(5期)を務めた。 -# 生い立ちと若年期 西川正雄は、1898年(明治31年)12月18日、香川県三豊郡下高瀬村(現・三豊市)に生まれた。父は西川正太郎、母はキヌ。西川家は、代々農業を営む家であった。 西川は、地元の小学校を卒業後、香川県立観音寺中学校(現・香川県立観音寺第一高等学校)に進学。中学卒業後は、上京して早稲田大学政治経済学部に入学。1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した。 -# 政治家としてのキャリア 西川は、大学卒業後、政治家を志して憲政会に入党。1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙に香川県第2区から立候補し、当選を果たした。 西川は、衆議院議員として2期務めた後、1932年(昭和7年)の第17回衆議院議員総選挙で落選。しかし、1936年(昭和11年)の第19回衆議院議員総選挙で返り咲き、衆議院議員に復帰した。 西川は、衆議院議員として4期務めた後、1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙で落選。その後、1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。 1947年(昭和22年)、西川は参議院議員選挙に香川県選挙区から立候補し、当選を果たした。西川は、参議院議員として5期務め、1977年(昭和52年)に引退した。 西川は、在職中に自由民主党幹事長、参議院議院運営委員長などの要職を歴任した。また、日中友好協会会長、日ソ友好協会会長などの民間団体の役員も務めた。 西川は、1983年(昭和58年)9月29日に死去した。享年84。 -# 西川の政治理念 西川は、自由民主党の右派に位置する政治家で、保守派の政治理念を持っていた。西川は、自由や民主主義を重視し、自衛隊の強化や憲法改正に積極的だった。また、西川は、日米同盟を重視し、日米関係の強化を主張した。 西川は、政治家として、常に国民の利益を第一に考え、国民のために尽くした。西川の政治理念は、今日でも多くの政治家に受け継がれている。
芸術家

田中徳太郎→ 写真家としての生涯と作品

田中徳太郎は、1910年(明治43年)に東京都に生まれました。幼少期に父親を亡くし、母親と妹の3人で苦労して生活しました。 15歳のときに写真に興味を持ち、写真館で働き始めました。19歳で独立して写真館を開業し、写真家としての道を歩み始めました。 1930年代には、報道写真家として活躍し、満州事変や日中戦争を取材しました。その写真は、戦争の悲惨さを伝えるものとして高く評価されました。 第二次世界大戦後は、フリーランスの写真家として活動し、風景や人物など幅広い題材を撮影しました。その写真は、日本の写真界に大きな影響を与えました。 田中徳太郎は、1990年(平成2年)に80歳で亡くなりました。その生涯は、写真家としての歩みであり、その作品は日本の写真史に残る貴重な財産です。 田中徳太郎の写真家としての歩みは、大きく分けて3つの時期に分けることができます。 第1期は、15歳から19歳までの写真館勤務時代です。この時代には、写真の基本技術を学び、写真家としての基礎を築きました。 第2期は、19歳から60歳までの報道写真家時代です。この時代には、満州事変や日中戦争を取材し、戦争の悲惨さを伝える写真を撮影しました。その写真は、日本の写真界に大きな衝撃を与え、田中徳太郎の名を一躍有名にしました。 第3期は、60歳から80歳までのフリーランス写真家時代です。この時代には、風景や人物など幅広い題材を撮影し、日本の写真界に大きな影響を与えました。田中徳太郎は、日本の写真界を代表する写真家の1人であり、その作品は日本の写真史に残る貴重な財産です。
作家

「財部鳥子」(昭和後期-平成時代の詩人)

-財部鳥子の生涯と詩作- 財部鳥子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の詩人です。1955年(昭和30年)に福島県に生まれ、1990年(平成2年)に亡くなりました。 財部鳥子は、1970年代に詩作を始め、1980年代に詩集「水のいのち」でデビューしました。その後、詩集「風のゆくえ」「光のゆくえ」などを発表し、数々の賞を受賞しました。 財部鳥子は、自然を愛する詩人として知られています。彼女の詩は、自然の美しさや生命の尊さを詠ったものが多く、読者に深い感動を与えています。 また、財部鳥子は反戦詩人としても知られています。彼女の詩には、戦争の悲惨さを訴えるものも多く、平和への願いが込められています。 財部鳥子は、短い生涯でしたが、多くの優れた詩を残しました。彼女の詩は、現在もなお多くの人々に愛され続けています。 -財部鳥子の代表作- * 「水のいのち」(1980年) * 「風のゆくえ」(1983年) * 「光のゆくえ」(1986年) * 「鳥たちのうた」(1989年) * 「いのちのうた」(1992年) -財部鳥子が受賞した賞- * 現代詩人賞(1980年) * 萩原朔太郎賞(1983年) * 高村光太郎賞(1986年) * 中原中也賞(1989年) * 山之口貘賞(1992年)
作家

白石かずこ→ 戦後詩坛の異彩

戦後詩坛への影響 白石かずこの詩は、戦後詩坛に大きな影響を与えました。その影響は、以下の3点に集約できます。 1. 社会性と政治性の導入 白石かずこの詩は、社会性と政治性を強く意識したものでした。彼女は、戦後の混乱と貧困の中で、社会の不平等や抑圧を鋭く批判しました。また、平和を希求し、戦争に反対する詩を数多く発表しました。白石かずこの詩は、戦後詩坛に社会性と政治性を導入し、詩の役割を大きく広げました。 2. 口語体の導入 白石かずこの詩は、口語体を積極的に取り入れました。彼女は、詩は難しい言葉や表現を用いるものではなく、誰でもが理解できる言葉で書かれるべきだと考えていました。白石かずこの詩は、口語体の導入によって、詩をより身近なものにし、多くの人々に親しまれるようになりました。 3. 自由詩の導入 白石かず子は、定型詩ではなく、自由詩を積極的に書きました。彼女は、詩は形式にとらわれることなく、自由に表現されるべきだと考えていました。白石かず子の詩は、自由詩の導入によって、詩の表現の可能性を大きく広げました。 白石かずこの詩は、戦後詩坛に大きな影響を与え、詩の役割や表現の可能性を大きく広げました。彼女は、戦後詩坛を代表する詩人の一人であり、その功績は今も高く評価されています。
政治家・活動家

武村正義

- 武村正義の経歴と生涯 武村正義は、1914年(大正3年)12月1日、東京府東京市本郷区(現・東京都)に生まれた。父親は、東京帝国大学法学部教授で、後に東京教育大学学長を務めた武村忠雄である。母親は、東京府立第一高等学校教授で、後に日本女子大学学長を務めた下田歌子である。武村正義は、4人兄弟の末っ子である。 武村正義は、東京府立第一高等学校、東京帝国大学法学部を経て、1937年(昭和12年)に東京府に奉職した。1940年(昭和15年)には、東京府庁を退職して、日本弁護士会に登録した。1942年(昭和17年)には、戦時体制下で実施された司法試験に合格した。 武村正義は、1946年(昭和21年)に、東京地方裁判所判事、1949年(昭和24年)に、東京高等裁判所判事、1958年(昭和33年)に、最高裁判所判事に任命された。1975年(昭和50年)には、最高裁判所長官に任命された。 武村正義は、最高裁長官として、1980年(昭和55年)まで在任した。武村正義は、最高裁長官として、裁判官の任命や裁判所規則の制定などを行った。また、武村正義は、裁判官の国民への理解を深めるために、裁判所の一般公開や裁判所の広報活動などを行った。 武村正義は、1980年(昭和55年)に、最高裁判所長官を退任した後、弁護士として活動した。また、武村正義は、1981年(昭和56年)に、日本司法支援センターの初代会長に就任した。日本司法支援センターは、刑事弁護に対する財政支援や刑事弁護に関する情報提供などを行う機関である。 武村正義は、1988年(昭和63年)9月3日に、東京都内の病院で、心筋梗塞のため死去した。享年73歳。
エンターテインメント

芝清之

-芝清之- _人名辞典-芝清之の足跡_ 芝清之は、1870年(明治3年)に東京都に生まれた日本陸軍の軍人である。日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦など、多くの戦争に参加し、数々の功績を挙げた。芝清之は、日本の軍人としてだけでなく、政治家としても活躍し、衆議院議員や内閣総理大臣を歴任した。 -幼少期と青年期- 芝清之は、1870年(明治3年)に東京都に生まれた。父は陸軍士官であり、芝清之も幼い頃から軍人になることを志していた。1887年(明治20年)に陸軍士官学校に入学し、1891年(明治24年)に卒業した。その後、陸軍歩兵第1連隊に配属され、日清戦争に従軍した。 -日露戦争と第一次世界大戦- 日清戦争後、芝清之は陸軍大学校に入学し、1897年(明治30年)に卒業した。その後、陸軍参謀本部で勤務し、日露戦争の作戦立案に参加した。日露戦争中、芝清之は陸軍歩兵第1連隊長として遼陽会戦や奉天会戦に参加し、数々の功績を挙げた。 日露戦争後、芝清之は陸軍大佐に昇進し、陸軍歩兵第1旅団長に任命された。その後、陸軍少将に昇進し、陸軍歩兵第2師団長に任命された。第一次世界大戦中、芝清之は陸軍中将に昇進し、陸軍第1師団長に任命された。陸軍第1師団長として、芝清之は青島攻略戦に参加し、勝利を収めた。 -第二次世界大戦- 第一次世界大戦後、芝清之は陸軍大将に昇進し、陸軍参謀総長に任命された。陸軍参謀総長として、芝清之は日本の軍事作戦を指揮し、数々の勝利を収めた。しかし、太平洋戦争末期になると、アメリカの反撃により、日本の軍勢は敗退を続けた。1945年(昭和20年)8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦は終結した。 -戦後- 第二次世界大戦後、芝清之は公職追放となり、政治活動から引退した。1953年(昭和28年)に公職追放が解除され、衆議院議員に当選した。その後、内閣総理大臣に任命され、1954年(昭和29年)から1956年(昭和31年)まで務めた。 芝清之は、1957年(昭和32年)に死去した。死後、芝清之の功績を称えて、勲一等旭日大綬章が贈られた。
作家

鈴木ユリイカ-昭和後期-平成時代の詩人

-鈴木ユリイカの生涯と経歴- 鈴木ユリイカは、1945年8月15日に東京都で生まれた。1968年に東京大学文学部を卒業し、詩作を始める。1970年に第一詩集『青い鳥』を刊行し、注目を集める。1975年に第二詩集『白い花』を刊行し、女流詩人として確固たる地位を確立した。1980年に第三詩集『赤い月』を刊行し、読売文学賞を受賞する。1985年に第四詩集『黒い太陽』を刊行し、芸術選奨文部大臣賞を受賞する。1990年に第五詩集『緑の風』を刊行し、紫綬褒章を受章する。1995年に第六詩集『青い海』を刊行し、文化功労者に選出される。2000年に第七詩集『白い雲』を刊行し、文化勲章を受章する。2005年に第八詩集『赤い花』を刊行し、読売文学賞を受賞する。2010年に第九詩集『黒い月』を刊行し、芸術選奨文部大臣賞を受賞する。2015年に第十詩集『緑の風』を刊行し、紫綬褒章を受章する。2020年に第十一部詩集『青い海』を刊行し、文化功労者に選出される。 鈴木ユリイカは、2022年8月15日に死去した。享年77歳。 鈴木ユリイカの作品は、自然や愛、死など、普遍的なテーマを扱ったものが多い。その作風は、清澄で透明感のある言葉使いと、叙情的なイメージを特徴としている。鈴木ユリイカの作品は、多くの読者に親しまれ、日本を代表する詩人として高く評価されている。
芸術家

舞台美術家「高田一郎」の足跡

-昭和期の舞台美術界を牽引した高田一郎- 高田一郎は、1904年(明治37年)に東京に生まれた舞台美術家である。東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、1927年(昭和2年)に新築された帝国劇場の舞台美術部に採用された。帝国劇場では、1930年(昭和5年)に上演された「カルメン」の舞台美術を担当し、その斬新な演出で注目を集めた。 1934年(昭和9年)に帝国劇場を退職し、フリーランスの舞台美術家として活動を開始した。1935年(昭和10年)には、築地小劇場で上演された「サロメ」の舞台美術を担当し、その幻想的な舞台演出で絶賛された。1936年(昭和11年)には、松竹劇場で上演された「忠臣蔵」の舞台美術を担当し、その迫力ある舞台演出で観客を圧倒した。 戦後は、日本演劇界の復興に尽力し、1946年(昭和21年)に東京芸術座を結成した。東京芸術座では、1947年(昭和22年)に上演された「ハムレット」の舞台美術を担当し、その重厚な舞台演出で高い評価を得た。1949年(昭和24年)には、松竹劇場で上演された「羅生門」の舞台美術を担当し、その斬新な舞台演出で注目を集めた。 高田一郎は、1970年(昭和45年)に東京で死去した。享年66歳。昭和期の舞台美術界を牽引した一人として、その功績は高く評価されている。
作家

竹田真砂子→ 大正から平成にかけて活躍した novelist

-- 竹田真砂子の生誕と初期の経歴 竹田真砂子は、1887年(明治20年)6月9日、東京都に生まれました。本名は竹田豊子。父は、高鍋藩藩士の竹田直好で、母は、高鍋藩の士族である花岡豊子の次女でした。 真砂子は、幼少期から文学に興味を持ち、7歳の頃から短歌や俳句を詠み始めました。また、14歳の頃には、小説「春の雨」を執筆し、地元の新聞に掲載されました。 真砂子は、1903年(明治36年)に東京府女子師範学校に入学し、1907年(明治40年)に卒業しました。卒業後は、小学校の教員として働きながら、文学活動を続けました。 1910年(明治43年)には、処女作「伽羅木」が『新小説』に掲載され、文壇デビューを果たしました。この作品は、恋愛と結婚の問題を扱ったもので、当時の女性読者から大きな反響を呼びました。 1912年(大正元年)には、作家・記者である田山花袋と結婚しました。花袋は、真砂子より17歳年上で、真砂子の文学活動を全面的に応援しました。 真砂子は、花袋との結婚後も、執筆活動を続け、小説、戯曲、評論など、幅広いジャンルの作品を発表しました。また、女性解放運動にも積極的に参加し、女性の権利向上に努めました。 真砂子は、1966年(昭和41年)11月12日に脳溢血のため、東京都の自宅で死去しました。享年79歳でした。
作家

峰隆一郎 – 昭和後期から平成時代の小説家

-峰隆一郎の生涯と経歴- 峰隆一郎は、1931年(昭和6年)に、東京市神田区(現・東京都千代田区)に生まれた。父は医学博士で、母は旧華族の娘であった。幼い頃から文学に興味を持ち、小学校時代にはすでに短編小説を書いていた。 中学校卒業後は、東京大学文学部国語国文科に進学した。大学在学中には、文芸サークル「早稲田文学」に参加し、小説を書き始めた。1953年(昭和28年)に大学を卒業後、出版社に勤務した。 出版社勤務時代には、小説を書き続け、1957年(昭和32年)に「青い月」で第3回芥川賞を受賞した。1961年(昭和36年)には、「冬の旅」で第1回谷崎潤一郎賞を受賞した。 1965年(昭和40年)に、出版社を退職して専業作家となった。1970年(昭和45年)に、「父と暮せば」で第2回大佛次郎賞を受賞した。1977年(昭和52年)には、「人間の土地」で第3回川端康成文学賞を受賞した。 1980年(昭和55年)に、日本芸術院会員に選出された。1981年(昭和56年)には、文化勲章を受章した。1997年(平成9年)に、85歳で死去した。 峰隆一郎は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した小説家である。その作品は、人間存在の根源的な問題をテーマにしたものが多く、高い評価を受けている。また、その文体は、簡潔で明快であり、多くの読者から親しまれている。
経済分野で活躍した人

古田徳昌

- 昭和後期-平成時代の官僚,経営者の生涯 古田徳昌は、1936年(昭和11年)7月1日に北海道函館市で生まれました。1955年(昭和30年)に北海道函館西高等学校を卒業後、1959年(昭和34年)に東京大学経済学部を卒業しました。卒業後は、経済企画庁に入庁し、官僚としてのキャリアをスタートさせました。 経済企画庁では、主に国民所得統計や経済予測を担当し、1972年(昭和47年)には、経済企画庁長官官房参事官に就任しました。1974年(昭和49年)には、経済企画庁を退職し、日本経済新聞社に入社しました。日本経済新聞社では、経済部長や論説委員長を歴任し、1990年(平成2年)には、常務取締役に就任しました。 1994年(平成6年)には、日本経済新聞社を退職し、日本航空(JAL)の副社長に就任しました。JALでは、主に路線開発や経営戦略を担当し、1998年(平成10年)には、社長に就任しました。社長就任後は、JALの経営再建に取り組み、2002年(平成14年)には、JALを民営化しました。 2005年(平成17年)には、JALを退任し、東京大学公共政策大学院の教授に就任しました。東京大学公共政策大学院では、主に経済政策や経営学を担当し、2012年(平成24年)に退職しました。 古田徳昌は、2020年(令和2年)7月1日に84歳で死去しました。
芸術家

「わたなべ まさこ」

- 洗練された画風で人気をえる わたなべ まさこの作品は、洗練された画風で人気を博しています。彼女の作品は、繊細な筆遣いと鮮やかな色使いが特徴的で、見る人を魅了します。また、彼女の作品には、自然の美しさや人々の優しさが表現されており、多くの人々に共感をもたらしています。 わたなべ まさこは、1960年に東京都に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、美術大学に進学しました。大学卒業後は、イラストレーターとして活躍した後、画家としての道を歩み始めました。 彼女の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示され、高い評価を得ています。また、彼女の作品は、多くの書籍や雑誌に掲載されており、多くの人々に親しまれています。 わたなべ まさこは、現在も精力的に制作活動を続けています。彼女の作品は、今後も多くの人々に愛され続けることでしょう。
エンターテインメント

「三笑亭夢楽(2代)」の紹介

三笑亭夢楽(2代)のプロフィール 三笑亭夢楽(2代)は、日本の落語家。落語協会に所属。本名は、福崎五勇太。出囃子は「とっぴんしゃん」。 1977年4月9日、東京都江東区に生まれる。法政大学社会学部卒業後、2001年4月に七代目橘家圓蔵に入門。前座名「橘家ぽん太」を名乗る。2003年9月に二ツ目昇進し、「橘家夢楽」を名乗る。2012年3月に真打昇進し、「三笑亭夢楽(2代)」を襲名した。 明るく元気な芸風で、幅広い年齢層に人気がある。得意ネタは「お見立て」「初天神」「権助魚」など。 落語以外では、バラエティ番組やドラマなどにも出演している。また、2017年には自叙伝「夢楽 落語家として生きると決めた人生」を出版した。 夢楽は、落語界の若手ホープとして注目されている。今後も、活躍が期待されている。
ミュージシャン

猪俣公章:昭和と平成の時代を彩った作曲家の生涯と作品

作曲家としての猪俣公章 猪俣公章は、昭和と平成の時代に活躍した日本の作曲家です。1931年に東京に生まれ、東京藝術大学で作曲を学びました。卒業後は、TBSに音楽プロデューサーとして入社し、数々のテレビドラマや映画の音楽を担当しました。1973年にTBSを退社してフリーランスとなり、以降は作曲活動に専念しました。 猪俣公章の作品は、日本の伝統音楽と西洋音楽の要素を融合させた独特のスタイルが特徴です。代表作には、テレビドラマ「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」のテーマ曲、映画「男はつらいよ」シリーズの音楽などがあります。また、数多くの歌謡曲も作曲しており、都はるみさんの「アンコ椿は恋の花」、石原裕次郎さんの「北の宿から」などがよく知られています。 猪俣公章の音楽は、多くの人々に愛され、昭和と平成の時代を彩りました。2018年に87歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に親しまれています。 猪俣公章の主な作品 * テレビドラマ「水戸黄門」テーマ曲(1969年) * テレビドラマ「暴れん坊将軍」テーマ曲(1978年) * 映画「男はつらいよ」シリーズ音楽(1969年~1995年) * 都はるみ「アンコ椿は恋の花」(1969年) * 石原裕次郎「北の宿から」(1975年) * 五木ひろし「浪花節だよ人生は」(1981年) * 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」(1987年)
ミュージシャン

「今藤政太郎(2代)」について

-今藤政太郎(2代)の経歴と功績- 今藤政太郎(ニダイ)は、1903年(明治36年)に福岡県にて生まれました。1926年(昭和元年)に九州帝国大学工学部を卒業後、九州電気軌道株式会社に入社しました。その後、1931年(昭和6年)に今藤特許事務所を設立して、弁理士として活躍しました。 1942年(昭和17年)には、戦時下の統制強化の一環として、特許制度の簡素化を目的とした「特許法改正法」が制定されました。この改正法により、従来は特許庁で審査されていた発明の審査が、弁理士による審査に変更されました。今藤政太郎はこの改正法に賛同し、弁理士による審査制度の確立に尽力しました。 戦後、今藤政太郎は、弁理士業界のリーダーとして活躍しました。1948年(昭和23年)には、弁理士会を設立して、初代会長に就任しました。また、1954年(昭和29年)には、弁理士法が制定されて、弁理士の資格制度が確立されました。今藤政太郎は、弁理士法の制定にも尽力しました。 今藤政太郎は、1974年(昭和49年)に、脳梗塞で急逝しました。享年71歳でした。今藤政太郎は、弁理士業界の発展に多大な貢献をした人物として、今でもその功績を称えられています。
芸術家

浜田昇児 – 昭和後期-平成時代の日本画家

-浜田観の子として生まれる- 浜田昇児は、1936年(昭和11年)9月22日、日本画家・浜田観の子として東京に生まれる。父・観は、戦前に東京美術学校を卒業し、花鳥画や人物画で活躍した日本画家であり、昇児は幼い頃から絵画に触れて育つ。 昇児は、1944年(昭和19年)に太平洋戦争が激化する中、埼玉県吉川町に疎開する。疎開先では、田園風景を描いた絵画を制作し、その才能を発揮し始める。 1945年(昭和20年)に戦争が終結し、昇児は東京に戻り、東京芸術大学附属高等学校に入学する。高校卒業後は、東京芸術大学美術学部日本画科に進学し、父・観に師事する。 大学在学中の1957年(昭和32年)には、第9回安井賞展に「春野」を出品し、二席を受賞する。翌1958年(昭和33年)には、第10回安井賞展に出品し、奨励賞を受賞する。
研究者

「今堀宏三」について

-今堀宏三の経歴と功績- 今堀宏三は、1934年、当時東京都であった府中市に生まれました。 1956年に東京大学を卒業後、建設省(現国土交通省)に入省。 1971年に河川局次長、1974年に河川局長、1978年に技監を歴任しました。 1980年に退官後、日本建設業連合会会長、建設省顧問、国土交通省顧問を歴任。 2000年に勲一等旭日大綬章を受章しました。 今堀宏三は、河川局長時代に、建設省による河川改修事業の推進に尽力しました。 また、技監時代には、建設省の総合計画である「建設白書」の策定に携わりました。 退官後も、日本建設業連合会会長として、建設業界の発展に貢献しました。 今堀宏三は、河川改修事業の推進や、建設白書の策定など、日本の建設業界の発展に大きな貢献をした人物です。