昭和

歴史上の人物

分部光謙 – 明治時代の大名・華族について

-分部光謙の生涯- 分部光謙は、1839年(天保10年)に播磨国三日月藩主・分部光道を父として誕生しました。1842年(天保13年)に家督を相続し、三日月藩の第10代藩主となりました。 1868年(明治元年)に戊辰戦争が勃発すると、光謙は官軍に参加し、東北地方の戦いに従軍しました。1869年(明治2年)に版籍奉還が行われると、三日月藩は廃藩となり、光謙は華族に列せられました。 1871年(明治4年)に明治政府に出仕し、元老院議官や文部卿などを歴任しました。1884年(明治17年)には、男爵に叙せられました。 1896年(明治29年)に73歳で死去しました。 分部光謙は、明治初期の日本の政治家として活躍し、近代日本の発展に貢献しました。
芸能分野の人

筑波雪子 (1906-1977) – 大正 昭和の女優

引退後も新派舞台で活躍 筑波雪子は、1939年に新派を退団してからも、引き続き舞台で活躍を続けました。戦後には、新派の再建に尽力し、1946年には「新派協同組合」を結成して理事長に就任しました。また、1949年には、新派の俳優たちと「劇団新派」を結成して、全国各地を巡演しました。 筑波雪子は、新派の舞台で、数々の名作に出演しました。代表作には、川口松太郎作の「雪国」や「人生の幸福」などがあります。また、島崎藤村作の「破戒」や夏目漱石作の「虞美人草」などの文学作品にも出演しました。 筑波雪子は、演技力が高く、美しい容姿で人気を博しました。また、真面目な性格で、舞台に真摯に取り組む姿勢が評価されました。彼女は、新派の女優として、日本の演劇界に大きな功績を残しました。 筑波雪子は、1977年に71歳で亡くなりました。しかし、彼女の演技は、今もなお、多くの演劇ファンに愛されています。 筑波雪子は、日本を代表する女優の一人であり、新派の発展に貢献した功績は大きい。彼女は、舞台で数々の名作に出演し、演技力と美しい容姿で人気を博した。また、真面目な性格で、舞台に真摯に取り組む姿勢が評価された。筑波雪子は、日本の演劇界に大きな足跡を残し、今もなお、演劇ファンに愛され続けている。
文学分野の人

「中里介山」~機竜之助の創造者~

-社会主義から虚無主義へ~中里介山の人生と思想~- -社会主義への傾倒- 中里介山は、1885年(明治18年)に東京で生まれた。父はジャーナリストで、介山は幼い頃から文学に親しんだ。1903年(明治36年)、早稲田大学政治経済学部に入学。在学中から社会主義思想に傾倒し、1906年(明治39年)には社会主義者の団体である「平民社」に参加。平民社の機関紙「平民新聞」に寄稿し、社会主義の思想を広めた。 -虚無主義への転向- 1910年(明治43年)、平民社が解散。介山は社会主義運動から離れ、文学の道に専念する。1912年(大正元年)、長編小説「大菩薩峠」の連載を開始。この作品は、関東を舞台にした壮大な時代小説で、大反響を呼んだ。しかし、1919年(大正8年)、介山は「大菩薩峠」の連載を中断。社会主義運動に再び参加する。 -晩年- 1923年(大正12年)、関東大震災が発生。介山は震災で被災し、生活に困窮する。1925年(大正14年)、「大菩薩峠」の連載を再開するが、1935年(昭和10年)に未完のまま死去した。 -介山の思想- 介山の思想は、社会主義から虚無主義へと変化した。社会主義に傾倒していた頃は、社会の不平等をなくし、誰もが平等に暮らせる社会を目指していた。しかし、平民社の解散や関東大震災などの出来事を経験し、社会を変えることは不可能であると考えるようになった。そして、虚無主義に転向し、人生の無意味さを訴えるようになった。 -介山の文学- 介山の文学は、彼の思想を反映している。社会主義に傾倒していた頃は、社会問題を扱った作品を多く発表した。虚無主義に転向してからは、人生の無意味さをテーマにした作品を多く発表した。介山の文学は、複雑で難解な内容が多いが、その独創的な世界観と文体は、多くの読者を魅了した。 -介山の功績- 介山は、日本の近代文学に大きな功績を残した作家である。社会主義から虚無主義へと変化した彼の思想は、彼の文学に大きな影響を与えた。介山の文学は、複雑で難解な内容が多いが、その独創的な世界観と文体は、多くの読者を魅了した。介山は、日本の近代文学を代表する作家のひとりである。
経済分野の人

岩崎俊弥 – 日本板ガラス工業の創始者

-旭硝子の創業者- 岩崎俊弥は、旭硝子の創業者であり、日本板ガラス工業のパイオニアです。1885年、彼は佐賀県に生まれ、東京帝国大学工学部を卒業後、1918年に旭硝子株式会社を設立しました。 旭硝子は、当初、板ガラスの製造に注力していましたが、その後、フロートガラスや自動車用のガラスなどの製造にも進出しました。岩崎俊弥は、常に新しい技術を導入し、品質向上に努め、旭硝子を世界有数のガラスメーカーに育て上げました。 岩崎俊弥は、1965年に亡くなるまで、旭硝子の社長を務めました。彼の死後、旭硝子は、彼の功績を称えて、岩崎俊弥賞を設立しました。この賞は、ガラスに関する研究開発に貢献した人に贈られるものです。 岩崎俊弥は、日本のガラス産業の発展に大きく貢献した人物です。彼の功績は、現在もなお、旭硝子の発展に受け継がれています。 -岩崎俊弥の功績- 岩崎俊弥は、日本のガラス産業の発展に大きく貢献しました。彼の主な功績は以下の通りです。 ・旭硝子株式会社の設立(1918年) ・フロートガラスの製造開始(1955年) ・自動車用のガラスの製造開始(1958年) ・岩崎俊弥賞の設立(1965年) 岩崎俊弥は、常に新しい技術を導入し、品質向上に努めました。その結果、旭硝子は、世界有数のガラスメーカーに成長しました。 岩崎俊弥の功績は、現在もなお、旭硝子の発展に受け継がれています。旭硝子は、岩崎俊弥の精神を受け継ぎ、今後もガラス産業の発展に貢献していくことでしょう。
学術分野の人

高根義人- 明治-昭和時代前期の法学者

-高根義人の経歴- 高根義人は、1867年(慶応3年)12月27日に、佐賀県東松浦郡田代村(現・唐津市)に生まれました。1884年(明治17年)に上京し、1889年(明治22年)に東京帝国大学法科大学を卒業しました。在学中は、穂積八束教授に師事し、商法、民法を学びました。 卒業後は、東京地方裁判所判事を経て、1895年(明治28年)に東京帝国大学法科大学助教授に就任しました。1902年(明治35年)には、ドイツとフランスに留学し、商法、民法を研究しました。 1905年(明治38年)に帰国後、東京帝国大学法科大学教授に就任し、商法、民法を講義しました。1907年(明治40年)には、商法の権威であった穂積八束教授が退官したため、商法を担当するようになりました。 高根義人は、商法の研究において、ドイツ法とフランス法を比較して、日本の商法を体系化しました。また、民法の研究においては、民法典の起草に参加し、民法の解釈・適用に大きな影響を与えました。 1918年(大正7年)には、東京帝国大学法科大学長に就任しました。法科大学長在任中は、法科大学の改革を行い、法学教育の近代化に貢献しました。 1922年(大正11年)に、東京帝国大学を退官し、弁護士を開業しました。弁護士開業後は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 1930年(昭和5年)には、最高裁判所判事に任命されました。最高裁判所判事在任中は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 1935年(昭和10年)には、最高裁判所判事を辞任し、弁護士に復帰しました。弁護士復帰後は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 高根義人は、1944年(昭和19年)12月27日に、東京市四谷区(現・新宿区)の自宅で永眠しました。享年77歳でした。 高根義人は、明治-昭和時代前期の法学者として、商法、民法の研究に大きな功績を残しました。また、東京帝国大学法科大学長として、法学教育の近代化に貢献しました。
その他

小西正二の生涯と功績

小西正二の生い立ちと経歴 小西正二は、1919年(大正8年)3月3日に、京都府舞鶴市に生まれました。実家は祖父の代から眼科医を営んでおり、父も眼科医でした。 小西正二は、幼い頃から医学に興味を持ち、京都府立医学校(現・京都府立医科大学)に進学し、1942年(昭和17年)に卒業しました。卒業後は、大阪大学医学部に入学し、1946年(昭和21年)に卒業しました。 大阪大学医学部卒業後は、大阪大学医学部附属病院に勤務し、1951年(昭和26年)には、医学博士号を取得しました。同年、大阪大学の講師に就任し、1956年(昭和31年)には、大阪大学の助教授に就任しました。 1961年(昭和36年)には、大阪大学の教授に就任し、1972年(昭和47年)には、大阪大学の医学部長に就任しました。1977年(昭和52年)には、大阪大学を退職し、京都府立医科大学の教授に就任しました。 小西正二は、1989年(平成元年)に、京都府立医科大学を退職し、1993年(平成5年)に、死去しました。
政治分野の人

坪谷善四郎「博文館」とともに生きた出版人・政治家

-博文館の功績- 博文館は、1888年(明治21年)に坪谷善四郎によって設立された日本の出版社である。坪谷は、1854年(嘉永7年)に越後国頸城郡村松町(現在の新潟県十日町市)に生まれ、1873年(明治6年)に上京して慶應義塾に入学した。卒業後は、新聞記者や出版社の編集者として働き、1888年に博文館を設立した。 博文館は、設立当初は雑誌『太陽』や『文芸倶楽部』などの文芸雑誌を発行していたが、その後、教科書や辞書などの出版にも進出し、日本最大の出版社となった。また、博文館は、夏目漱石や森鴎外、石川啄木などの多くの文豪の作品を出版し、日本の近代文学の発展に貢献した。 博文館の功績は、日本の近代化に大きく貢献したことである。博文館は、教科書や辞書などの出版を通じて、国民の教育レベルの向上に貢献した。また、文芸雑誌や小説の出版を通じて、国民の文化レベルの向上に貢献した。 博文館は、1945年(昭和20年)の空襲で焼失し、その後、解散した。しかし、博文館の功績は、現在でも語り継がれている。
歴史上の人物

岩島久夫:昭和時代から平成時代の軍事評論家

- 岩島久夫昭和時代から平成時代の軍事評論家 -# 戦前海軍少尉として特攻艇要員として終戦を迎える 岩島久夫は、1924年(大正13年)に愛媛県松山市に生まれた。1943年(昭和18年)に海軍兵学校を卒業し、海軍少尉に任官された。その後、特攻艇要員として訓練を受け、終戦を迎えた。 特攻艇とは、敵艦船に突っ込んで自爆攻撃を行う小型のボートである。岩島は、特攻艇要員として数々の作戦に参加し、その功績から二階級特進を受けた。しかし、終戦間近の激戦の中で、岩島は負傷し、特攻艇要員としての任務を終えた。 戦後、岩島は復員し、新聞記者として働き始めた。1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発すると、岩島は朝鮮半島に赴き、戦況を報道した。岩島は、朝鮮戦争の報道を通じて、戦争の悲惨さを痛感し、平和の大切さを訴えるようになった。 1955年(昭和30年)に、岩島は新聞社を退職し、フリーの軍事評論家となった。岩島は、軍事問題に関する多くの著書を執筆し、テレビやラジオに出演して、軍事問題について解説した。岩島は、自らの戦争体験を踏まえ、平和の大切さを訴え続け、2004年(平成16年)に80歳で亡くなった。
歴史上の人物

服部卓四郎-軍人と研究者としての実績を残した人物

- 服部卓四郎の軍歴と功績 服部卓四郎は、軍人と研究者として活躍した人物です。軍人としては、日露戦争や第一次世界大戦で功績を挙げ、研究者としては、航空工学の分野で重要な業績を残しました。 服部卓四郎は、1868年(慶応4年)に、現在の兵庫県姫路市に生まれました。1889年(明治22年)に、東京帝国大学工学部航空学科を卒業し、陸軍技術将校となりました。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、服部卓四郎は、工兵大尉として遼東半島に出征し、旅順攻囲戦に参加しました。服部卓四郎は、旅順攻囲戦で、敵陣地への攻撃に使用する爆薬の開発などに携わり、その功績により、勲三等単光旭日章を受章しました。 さらに、役職が昇進して中佐となった後、第一次世界大戦中にフランスに駐在し、協商国軍の航空機開発を支援しました。 1919年(大正8年)に、服部卓四郎は、陸軍技術少将に昇進し、航空部長に就任しました。航空部長として、服部卓四郎は、日本の航空機の開発を推進し、国産初の戦闘機「九一式戦闘機」の開発に成功しました。九一式戦闘機は、優れた性能を備えており、日中戦争や太平洋戦争で活躍しました。 1922年(大正11年)に、服部卓四郎は、陸軍技術中将に昇進し、航空総監に就任しました。航空総監として、服部卓四郎は、日本の航空戦力の充実を図り、航空機産業の発展にも努めました。 1924年(大正13年)に、服部卓四郎は、退役しました。退役後は、東京帝国大学航空学科の教授となり、航空工学の研究に専念しました。服部卓四郎は、航空機の設計や構造に関する研究を行い、多くの論文を発表しました。服部卓四郎の研究は、日本の航空工学の発展に大きく貢献しました。 1932年(昭和7年)に、服部卓四郎は、東京帝国大学航空学科の教授を退官しました。退官後は、日本航空学会の会長に就任し、日本の航空業界の発展に尽力しました。服部卓四郎は、1945年(昭和20年)に、死去しました。
政治分野の人

鳩山威一郎 – 昭和後期・平成時代の官僚、政治家

-鳩山威一郎の生涯- 鳩山威一郎は、昭和後期・平成時代の官僚、政治家である。内閣総理大臣を2度務めた鳩山一郎の三男として生まれ、早くから政界入りを志した。 1924年、東京帝国大学法学部に入学。在学中は学生運動に参加し、東大新聞の編集長を務めた。1928年、大学卒業後、大蔵省に入省。主税局に配属され、財政政策の策定に携わる。 1932年、大蔵省を退官し、立憲政友会に入党。1937年、衆議院議員に初当選し、国政の場に進出する。政務次官、運輸大臣などを歴任し、1948年に首相に就任した兄・一郎の政権で外務大臣に就任した。 1954年、鳩山一郎が首相を辞任すると、後継総裁に選出され、政権を継いだ。しかし、同年12月、造船疑獄事件に連座したとして逮捕され、総理大臣を辞任した。 1957年、裁判で無罪となり、政界に復帰。1960年、首相に返り咲くが、1962年に再び造船疑獄事件で逮捕され、総理大臣を辞任した。 1965年、裁判で再び無罪となり、政界に復帰。1972年に引退するまで、衆議院議員として活動した。 鳩山威一郎は、政界において波乱万丈な人生を送ったが、そのカリスマ性と政策手腕で、国民から大きな支持を集めた。昭和の政界において重要な役割を果たした政治家の一人である。 -鳩山威一郎の主な業績- * 1948年、外務大臣として、サンフランシスコ講和条約に調印。 * 1954年、総理大臣として、日ソ共同宣言に調印。 * 1960年、総理大臣として、日米安保条約を改定。
歴史上の人物

土岐政夫→ 大正から昭和にかけて活躍した官僚

-土岐政夫の生い立ちと経歴- 土岐政夫(ときた まさお)は、1886年(明治19年)4月14日、岐阜県各務原市で生まれた。旧制第一高等学校を経て東京帝国大学法学部に入学し、1910年(明治43年)に卒業した。 卒業後は農商務省に入り、1919年(大正8年)に水産局長に就任した。1924年(大正13年)には、商工省に移り商務局長に就任した。1927年(昭和2年)には、内務省に移り総務局長に就任した。 1929年(昭和4年)には、内閣書記官長に就任した。1931年(昭和6年)には、文部大臣に就任した。1932年(昭和7年)には、農林大臣に就任した。1934年(昭和9年)には、大蔵大臣に就任した。 1936年(昭和11年)には、総理大臣に就任した。1937年(昭和12年)には、日中戦争が勃発し、土岐政夫は戦争指導に当たった。1939年(昭和14年)には、総理大臣を辞任した。 1940年(昭和15年)には、枢密院議長に就任した。1945年(昭和20年)には、日本の降伏に伴い枢密院議長を辞任した。1953年(昭和28年)4月26日に死去した。
経済分野の人

→ 竹原荘次郎 – 実業家としての実績と功績

竹原荘次郎の生い立ちと家系 竹原荘次郎は、明治4年1月1日に奥州白河に生まれました。現在の福島県白河市です。竹原家は、代々、白河藩の御用商人をつとめてきた豪商でした。荘次郎の父親である竹原善次郎は、白河城の御普請や、城下町の整備などに携わり、大きな功績を残しました。荘次郎の母親であるタキは、会津藩の重臣である西郷頼母の娘でした。 荘次郎は、幼い頃から、両親から、商人の心得や、奉公人の心構えを厳しく教えられました。また、白河藩の藩校である白河学校に通い、儒学や漢学を学びました。荘次郎は、聡明で、物覚えが良く、藩校では、常にトップクラスの成績を収めていました。 18歳になった荘次郎は、江戸に出て、叔父の竹原東吾の店に奉公しました。竹原東吾は、白河藩の御用商人で、江戸で呉服店を営んでいました。荘次郎は、東吾のもとで、商売のやり方を学び、次第に、頭角を現すようになりました。 25歳になった荘次郎は、白河に戻り、父親の善次郎から、竹原家の家業を譲り受けました。荘次郎は、家業を拡大し、白河藩の御用商人として、ますます活躍するようになりました。
美術分野の人

– 「不玉」(⇒伊東不玉(いとう-ふぎょく))

伊東不玉とは? 伊東不玉(いとう-ふぎょく)は、1876年(明治9年)に静岡県沼津市で生まれた日本画家です。本名は伊東一(いち)。不玉は号で、本名の「一」を、江戸っ子の気質を表現する「玉」に変化させたものです。 不玉は幼い頃から絵を描くことが好きで、1894年(明治27年)に上京して、日本画家・浅井忠(あさい-ちゅう)に師事しました。その後、1907年(明治40年)に文展で入選し、1911年(明治44年)には日本美術院の会員となりました。 不玉は、美人画や風俗画を得意とし、特に花を題材にした作品に定評があります。その作品は、優美で繊細なタッチと、鮮やかな色彩が特徴です。 不玉は、1944年(昭和19年)に68歳で亡くなしましたが、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。代表作としては、「花魁図」「風俗図」「花鳥図」などがあります。 不玉は、日本画壇に大きな足跡を残した画家であり、その作品は日本美術史において重要な位置を占めています。
歴史上の人物

広瀬猛 – 明治-昭和時代前期の軍人

- 日露戦争とその後 大見出し「広瀬猛 - 明治-昭和時代前期の軍人」の下に作られた小見出しの「日露戦争とその後」では、広瀬猛と日露戦争との関係について説明します。 日露戦争は、1904年(明治37年)2月から1905年(明治38年)9月まで日本とロシア帝国との間で行われた戦争です。日露戦争は、ロシア帝国の南下政策と日本の大陸進出政策が衝突した結果勃発しました。 広瀬猛は、日露戦争の開戦直後、海軍の駆逐艦「吹雪」の艦長として、旅順港に停泊していたロシア太平洋艦隊を攻撃する作戦に参加しました。この作戦は成功し、ロシア太平洋艦隊は壊滅的な打撃を受けました。 その後、広瀬猛は海軍の駆逐艦「朝潮」の艦長として、日本海海戦に参加しました。日本海海戦は、1905年(明治38年)5月27から28日にかけて行われた海戦で、日本海軍がロシア海軍に勝利しました。 日本海海戦の勝利により、日露戦争は日本の勝利で終結しました。日露戦争の勝利は、日本の国際的地位を高め、日本を世界有数の大国へと押し上げるきっかけとなりました。 広瀬猛は、日露戦争の勝利に大きく貢献した功績を認められ、海軍大佐に昇進し、勲一等旭日章を授与されました。 1908年(明治41年)12月15日、広瀬猛は海軍の練習艦隊の旗艦「敷島」の艦長として、瀬戸内海で航行中に暴風雨に遭い、遭難して死亡しました。広瀬猛の死は、全国に衝撃を与え、英雄として悼まれました。
政治分野の人

重井鹿治 – 社会運動家、政治家

-農民運動と労働運動への関わり- 重井鹿治は、早くから農民運動と労働運動に身を投じ、社会変革を目指しました。彼は、農民の生活を向上させるために、農民組合の結成や小作争議の指導を行いました。また、労働者の権利を守るために、労働組合の結成やストライキの指導にも積極的に関わりました。 重井鹿治が農民運動と労働運動に参画するようになったきっかけは、彼が幼少期に貧しい農家の家に生まれ、生活の苦しさを身をもって体験したことでした。彼は、農民や労働者が搾取され、貧困に苦しんでいる現状を変えたいという思いから、社会運動の道に進んだのです。 重井鹿治は、農民組合の結成や小作争議の指導を通じて、農民の生活を向上させるために尽力しました。彼は、小作人が地主から土地を借りて耕作する際の条件を改善するために、小作争議を指導し、地主に小作料の減額や小作権の確立を求めました。また、農民組合を結成し、農民の団結を促すことで、農民の権利を擁護し、生活の向上を目指しました。 重井鹿治は、労働組合の結成やストライキの指導を通じて、労働者の権利を守るために尽力しました。彼は、労働者が団結して経営者と交渉することで、労働条件の改善や賃金の上昇を実現できるように、労働組合の結成を指導しました。また、ストライキを指導し、経営者に対して労働者の要求を認めさせることで、労働者の権利を守りました。 重井鹿治は、農民運動と労働運動を通じて、社会変革を目指し、農民や労働者の生活の向上に貢献しました。彼は、農民組合や労働組合を結成し、農民や労働者の団結を促すことで、彼らの権利を擁護し、生活の向上を実現するための闘いを続けました。
歴史上の人物

千容子

-千容子の人生- 千容子は、1943年、東京都に生まれた。幼少期から歌と踊りが大好きで、高校卒業後は音楽学校に入学した。その後、劇団に入り、女優としてデビューした。 1965年、テレビドラマ「氷点」に出演し、一躍人気女優となった。その後も、多くのテレビドラマや映画に出演し、国民的女優として活躍した。 1972年、歌手としてデビューし、「雨の慕情」が大ヒットした。その後も、「愛の終着駅」「北の宿から」など、数々のヒット曲をリリースした。 1980年代に入ると、映画やテレビドラマに出演する機会が減り、歌手としての活動に専念するようになった。1986年、NHK紅白歌合戦に初出場し、以後、常連出場者となった。 1990年代以降も、歌手として活動を続け、多くのヒット曲をリリースした。また、女優として、映画やテレビドラマにも出演した。 2013年、歌手活動50周年を記念して、東京ドームでコンサートを開催した。 2016年、脳梗塞で倒れ、芸能活動を休止した。 2022年、脳梗塞の後遺症のため、79歳で逝去した。 千容子は、日本の歌謡界を代表する歌手であり、女優であった。その功績は、多くの人々に愛され、尊敬されている。
歴史上の人物

「内田司馬彦」

- 明治-大正時代に活躍した司法官 内田司馬彦(1851-1924)は、明治-大正時代に活躍した司法官です。東京大学卒業後、司法省に入り、判事、検事、裁判所長などを歴任しました。また、法制局長官や司法大臣も務めました。内田は、近代日本の司法制度の確立に貢献した人物です。 内田は、1851年に京都府に生まれました。1874年に東京大学を卒業後、司法省に入り、判事として各地を転任しました。1885年には、帝国裁判所評定官となり、1890年には、検事総長に就任しました。1896年には、大審院院長となり、1901年には、法制局長官に就任しました。1903年には、司法大臣に就任し、1905年に退任しました。 内田は、近代日本の司法制度の確立に貢献したことで知られています。彼は、近代法典の制定に尽力し、裁判所の制度や運営の改革にも携わりました。また、司法官の養成や研修にも力を入れていました。内田は、近代日本の司法制度の父と呼ばれています。 内田は、1924年に死去しました。享年73歳でした。内田の功績は、今日でも高く評価されています。
芸能分野の人

俳優の長門裕之 – 昭和-平成時代の青春スター

生い立ちとデビュー 長門裕之は、1934年7月27日、東京市本郷区(現・東京都文京区)に生まれた。父親は長門裕、母親は長門美江。父はドイツ語の研究者、母は元女優だった。裕之は、長女と長男の間に生まれた次男だった。 裕之は、幼い頃から映画や芝居が好きだった。小学校5年生のとき、劇団新国劇の公演を見て、俳優を志すようになった。中学校卒業後、俳優養成所である新国劇演技研究所に入所した。 演技研究所での2年間の研修を終えた後、裕之は1952年に映画『愛染かつら』でデビューした。この映画は、裕之の演技力が絶賛され、一躍スターの仲間入りを果たした。その後、裕之は『君の名は』『青春の門』『白い巨塔』など、数多くのヒット映画に出演した。 1960年代に入ると、裕之はテレビドラマにも進出するようになった。『七人の刑事』『大河ドラマ』など、数多くのドラマに出演し、国民的なスターとなった。裕之は、映画とテレビドラマの両方で活躍した、昭和-平成時代の青春スターの代表格である。
美術分野の人

林昌二

-林昌二の経歴- 林昌二氏は、1944年1月15日に石川県金沢市で生まれました。金沢市立高岡中学校、石川県立金沢二水高等学校を経て、1967年に金沢大学法学部を卒業しました。 1967年に、日本電信電話公社に入社し、北陸電信局に配属されました。その後、東北郵政局、北陸郵政局などを経て、1996年に日本電信電話株式会社の副社長に就任しました。 1998年、日本電信電話株式会社の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、2001年まで務めました。在任中には、インターネットの普及に伴う通信市場の変革に対応するため、NTTグループの大規模なリストラを実施しました。 2001年、日本郵政公社(当時)の初代社長に就任し、2007年まで務めました。在任中には、郵便事業、貯金事業、保険事業の民営化を推進しました。 2007年、アジア開発銀行(ADB)の総裁に就任し、2013年まで務めました。在任中には、アジア太平洋地域の経済成長と貧困削減に貢献しました。 2013年、株式会社リクルートホールディングスの取締役会長に就任し、2019年まで務めました。在任中には、同社のデジタル化を推進しました。 現在、林昌二氏は、株式会社リクルートホールディングスの取締役相談役を務めています。また、日本経済団体連合会(経団連)の副会長も務めています。
芸能分野の人

「南都雄二」漫才と司会の名手

ミヤコ蝶々とコンビを組み、夫婦善哉の司会で人気を博した 南都雄二とミヤコ蝶々の漫才コンビは、1950年代から1960年代にかけて活躍した人気コンビでした。南都雄二は、1925年に大阪市に生まれ、戦後すぐに漫才の世界に入りました。ミヤコ蝶々は、1923年に兵庫県に生まれ、1949年に南都雄二とコンビを結成しました。 南都雄二とミヤコ蝶々の漫才は、夫婦漫才の代名詞とも言われるほどの人気でした。二人は、夫婦の日常をコミカルに描いた漫才で、多くの人々を笑わせていました。また、二人は司会者としても人気があり、特に1964年から1970年まで放送された「夫婦善哉」の司会を務めていました。「夫婦善哉」は、夫婦の日常を描いたホームドラマで、南都雄二とミヤコ蝶々の司会で人気を博しました。 南都雄二は、2003年に78歳で亡くなりました。ミヤコ蝶々は、2000年に77歳で亡くなりました。二人は、漫才と司会の分野で大きな功績を残しました。
芸能分野の人

原駒子:妖婦や毒婦役が得意な姐御女優

-女優としての原駒子- 原駒子は、1907年(明治40年)に東京で生まれ、1928年(昭和3年)に松竹蒲田撮影所に入社しました。松竹蒲田撮影所にいた時期には、『 モダンボーイ』(1929年)、『娘道成寺』(1936年)、『夫婦善哉』(1935年)などに出演し、女優としてのキャリアを積みました。 1937年(昭和12年)にフリーランスとなり、様々な映画会社で活動しました。この時期には、『無法松の一生』(1943年)、『人生劇場』(1941年)、『泥だらけの純情』(1946年)などに出演し、女優としての地位を確立しました。 原駒子は、妖婦や毒婦役を得意とする女優として知られていました。その妖艶で魅力的な演技は、多くの映画ファンを魅了しました。また、原駒子は、コメディ映画にも出演しており、その軽妙な演技で観客を笑わせました。 原駒子は、1989年(平成元年)に死去しました。享年82歳でした。原駒子は、日本の映画史に残る名女優として、現在でも多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

「矢野勘治」

明治・昭和時代の銀行家と歌人 矢野勘治は大正から昭和初期にかけて活躍した銀行家であり、歌人でもありました。1866年(慶応2年)に東京に生まれ、1891年(明治24年)に東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業しました。卒業後は第一国立銀行(現・みずほ銀行)に入行し、頭取まで上り詰めます。また、歌人としても活躍し、1921年(大正10年)に歌集『山河草木』を出版しました。1931年(昭和6年)に65歳で亡くなりました。 矢野勘治は、銀行家としてだけでなく、歌人としても高い評価を受けていました。その歌は、自然を愛し、身近な出来事を詠んだものが多いのが特徴です。また、彼の歌は、平易な言葉で書かれており、多くの人々に親しまれています。 矢野勘治の歌は、現代でも多くの歌人に愛されています。彼の歌は、自然の美しさを詠んだものが多いのですが、その美しさは、決して派手なものではありません。むしろ、彼の歌は、日常の何気ない風景に潜む美しさに注目しています。それは、彼が銀行家として、厳しい社会に身を置く中で、自然の美しさに心の安らぎを見出していたことを表しているのかもしれません。 矢野勘治は、明治・昭和時代の銀行家と歌人として、大きな功績を残しました。彼の歌は、多くの歌人に愛されており、現代でも親しまれています。
文学分野の人

小説家・小沢清:生い立ちから功績

小沢清の生い立ちと初期の経歴 1962年、東京都に生まれる。幼い頃から本を読むことが好きで、小学校6年生のときには「トム・ソーヤの冒険」をきっかけに小説家になることを決意する。 中学、高校時代は、文学部に進学するために、猛勉強を続け、第一志望の慶應義塾大学文学部に入学する。大学では、専攻である日本文学の勉強に励むとともに、文芸サークルにも所属し、小説の執筆を始める。大学卒業後、編集プロダクションに就職し、編集者として働く。 1990年、編集者を退職し、執筆活動に専念する。この頃、小説「ちりめんじゃこの詩」を執筆し、文學界新人賞を受賞する。これがデビュー作となり、文壇にその名を轟かせる。1992年、小説「家路」で芥川賞を受賞し、一気に人気作家となる。 その後も、小説「履歴書」「クレイマー、クレイマー」「十七歳」などを執筆し、いずれもベストセラーとなり、多くの読者に愛される作家となる。2010年、小説「父と暮せば」で直木賞を受賞する。 小沢清は、小説家としてだけではなく、エッセイストとしても活躍している。エッセイ「猫が教えてくれたこと」は、猫を飼うことの素晴らしさを綴ったエッセイで、多くの人に読まれている。 小沢清は、現在も執筆活動を続けており、多くの読者から支持されている。
美術分野の人

伊藤鳳雲 [1916-2001] – 昭和から平成にかけて活躍した書家

- 伊藤鳳雲の生い立ちと経歴 伊藤鳳雲は、1916年(大正5年)3月16日、東京都文京区で生まれた。本名は伊藤博喜(ひろき)。幼少期から書に関心を持ち、10歳の頃から書道を始める。15歳の時、書道展に入選し、その才能を認められる。 1934年(昭和9年)、18歳の時に上京し、大東文化学院書道部に入学。翌1935年(昭和10年)、書道展で特選を受賞し、頭角を現す。1937年(昭和12年)に大東文化学院を卒業後、書家として独立。二紀展、日展に出品を続け、入選を重ねる。 1942年(昭和17年)、第2回二紀展で特選を受賞。翌1943年(昭和18年)、日展で特選を受賞し、文部大臣賞を受賞。書壇で注目を集める存在となる。 1954年(昭和29年)、二紀展で文部大臣賞を受賞。1955年(昭和30年)、日展で再び特選を受賞し、文部大臣賞を受賞。1965年(昭和40年)に二紀展を退会し、書道芸術院を創設。 1972年(昭和47年)、日展で会員に推挙される。1976年(昭和51年)、日展で審査員に就任。1980年(昭和55年)、日展で理事長に就任。1984年(昭和59年)に書道芸術院を解散。 1986年(昭和61年)、日展で常任理事長に就任。1990年(平成2年)、日展で名誉会員に推挙される。1993年(平成5年)、日展で特別会員に推挙される。 2001年(平成13年)1月27日、東京都内で逝去。享年84。 伊藤鳳雲は、昭和から平成にかけて活躍した書家であり、書壇に大きな足跡を残した。力強く躍動感あふれる書風で知られ、多くの書道を愛好する人々に影響を与えた。