時間ですよ

エンターテインメント

藤竜也 – 昭和後期の代表的俳優

-藤竜也の生い立ちとデビュー- 藤竜也は、1942年(昭和17年)9月27日、東京都に生まれた。本名は、藤岡竜也。父は、戦後、農業や魚屋を営んでいたが、藤竜也が10歳の時に病死。母は、藤竜也を女手一つで育てた。 藤竜也は、幼い頃から映画が好きで、よく映画館に通っていた。中学卒業後は、俳優を志して、劇団俳優座の養成所に合格。養成所卒業後は、劇団俳優座に入団し、舞台を中心に活躍した。 1965年(昭和40年)、映画『飢餓海峡』で映画デビュー。この映画で、藤竜也は、主人公の漁師を演じ、注目を集めた。1967年(昭和42年)、映画『愛と死の記録』で、主人公の青年を演じ、映画俳優としての地位を確立した。 藤竜也は、その後も、数多くの映画に出演し、幅広い役柄を演じてきた。1970年代には、『仁義なき戦い』シリーズや、『竜馬暗殺』など、ヤクザ映画や時代劇で活躍した。1980年代には、『刑事物語』シリーズや、『影の軍団』シリーズなど、刑事ドラマや時代劇で主演を務めた。 1990年代以降も、藤竜也は、映画やドラマで活躍を続けている。2000年(平成12年)、映画『たそがれ清兵衛』で、主人公の老剣豪を演じ、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。2010年(平成22年)、映画『悪人』で、主人公の父親を演じ、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した。 藤竜也は、昭和後期の代表的俳優の一人である。渋い演技と圧倒的な存在感で、数多くの映画やドラマに出演し、日本映画界に多大な貢献をした。
エンターテインメント

柴英三郎 – 昭和後期から平成時代の脚本家

-柴英三郎の生涯と功績- 柴英三郎は、1928年(昭和3年)10月19日に東京府東京市(現・東京都)で生まれた。文学座の演出部を経て、1953年(昭和28年)に脚本家としてデビューした。 柴英三郎は、1950年代から1960年代にかけて、テレビドラマの脚本を多く手がけ、ヒット作を連発した。「七人の孫」(1961年)、「三匹の侍」(1963年)、「細うで繁盛記」(1965年)、「水戸黄門」(1969年)など、国民的人気を誇るドラマの脚本を執筆した。 1970年代以降も、柴英三郎はテレビドラマの脚本を執筆し続け、ヒット作を生み出した。「大河ドラマ・勝海舟」(1974年)、「大河ドラマ・黄金の日日」(1978年)、「大河ドラマ・いのち」(1986年)など、大河ドラマの脚本も執筆した。 柴英三郎は、1993年(平成5年)に紫綬褒章を受章し、2005年(平成17年)に旭日小綬章を受章した。2010年(平成22年)10月28日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。 柴英三郎は、日本のテレビドラマ脚本界を牽引した脚本家である。その作品は、幅広い世代に愛され、今もなお視聴されている。
エンターテインメント

「樹木希林」

女優という生き方〜樹木希林〜 樹木希林は、1931年に東京で生まれ、1977年に映画『はなれ瞽女おりん』で主演を務めて以来、50年以上にわたって第一線で活躍した女優です。 樹木希林の演技は、その自然体で飾らない演技が特徴で、見る者に強い印象を残しました。また、樹木希林は女優としてだけでなく、エッセイストやタレントとしても活躍し、その飾らない人柄で多くの人から愛されました。 樹木希林は、女優という生き方について「女優は、社会の鏡であるべきだ」と語っていました。樹木希林は、女優として、社会の問題や人々の苦しみを伝える役割を担っていたのです。 樹木希林は、2018年に肺がんのため亡くなりましたが、その死後もその演技と生き方は多くの人々に影響を与え続けています。樹木希林は、女優としてだけでなく、一人の人間としても輝きを放ち続けた偉大な女優でした。 樹木希林の女優としての軌跡 樹木希林は、1931年に東京で生まれました。父親は俳優の岸田森、母親は女優の岸田今日子です。樹木希林は、幼い頃から両親の影響を受けて芸能界に興味を持っていました。 樹木希林は、1953年に劇団民藝に入団し、女優としての活動を本格的に開始します。樹木希林は、劇団民藝で多くの舞台に出演し、演技の基礎を学びました。 1977年、樹木希林は映画『はなれ瞽女おりん』で主演を務めます。この映画で樹木希林は、盲目の瞽女を演じ、その圧倒的な演技で絶賛されました。樹木希林は、この映画で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞し、一躍トップ女優の仲間入りを果たしました。 樹木希林は、その後も『男はつらいよ』『寅次郎物語』シリーズ、『釣りバカ日誌』シリーズなど多くの映画に出演し、国民的女優として活躍しました。 樹木希林は、映画だけでなく、テレビドラマや舞台にも多く出演しました。樹木希林は、その自然体で飾らない演技で、見る者に強い印象を残しました。 樹木希林の女優としての魅力 樹木希林の女優としての魅力は、その自然体で飾らない演技でした。樹木希林は、役柄に入り込むのではなく、役柄を演じるというよりも、役柄を生き抜くというような演技をしていました。その演技は、見る者に強い印象を残し、多くのファンを魅了しました。 また、樹木希林は、その飾らない人柄も魅力でした。樹木希林は、女優としてだけでなく、エッセイストやタレントとしても活躍し、その飾らない人柄で多くの人から愛されました。 樹木希林の女優としての生き方 樹木希林は、女優という生き方について「女優は、社会の鏡であるべきだ」と語っていました。樹木希林は、女優として、社会の問題や人々の苦しみを伝える役割を担っていたのです。 樹木希林は、女優としてだけでなく、一人の人間としても輝きを放ち続けた偉大な女優でした。