暦応

歴史上の人物

「光信」

光信の生涯 光信(900年 - 970年9月30日)は、日本の平安時代の貴族・歌人。父は右大臣・藤原定方、母はその妻の源温子。光信は、幼少期より聡明で、文武両道に優れていました。12歳で二条太政大臣・藤原頼忠から偏諱を賜り、光信と名乗る。16歳で従五位下に叙され、文章生に任じられる。その後、侍従や右近衛少将などを歴任し、33歳で従三位に昇進しました。 光信は、勅撰和歌集である「後撰和歌集」や「拾遺和歌集」に多くの歌が収録されており、優れた歌人として知られています。特に、恋の歌を得意とし、その歌は「艶麗にして風雅」と評されています。 光信は、48歳で右大臣に任命されましたが、わずか2年後に48歳で病により薨去されました。光信の死は、歌壇に大きな衝撃を与え、多くの歌人が彼の死を悼む歌を詠んでいます。 光信は、生涯を通じて和歌を愛し、優れた歌を残しました。彼の歌は、今もなお多くの人々に親しまれています。光信は、日本の和歌史において、重要な人物として位置づけられています。
歴史上の人物

忽那重勝 – 南北朝時代の武将

-忽那重勝の生涯- 忽那重勝は、南北朝時代の武将です。忽那重信の子として生まれ、父の後を継いで忽那氏当主となりました。鎌倉幕府の御家人として活躍し、元弘の乱では足利尊氏に従って戦いました。尊氏が建武政権に反旗を翻すと、重勝も尊氏に従って戦いました。尊氏が政権を奪取した後、重勝は播磨国守護に任じられました。 重勝は、播磨国守護として、西国の平定に尽力しました。延元2年(1337年)、延元の乱が勃発すると、重勝は征西将軍足利尊氏に従って九州に渡りました。尊氏が帰京した後も、重勝は九州に残り、九州の平定に努めました。延元4年(1339年)、重勝は九州で戦死しました。 重勝は、優れた武将として知られていました。また、和歌にも優れており、彼の和歌は『風雅和歌集』に収められています。重勝の死後、彼の家督は子である忽那重基が継ぎました。 重勝の生涯は、南北朝の動乱の時代を生き抜いた武将の生涯として、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

毛利時親 – 鎌倉・南北朝時代の武将

- 毛利時親の生涯 毛利時親は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。安芸国毛利氏の初代当主であり、毛利元就の遠祖として知られています。 時親は、1297年(永仁5年)に毛利季光の嫡男として安芸国に生まれます。1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、時親は後醍醐天皇に仕えて楠木正成や新田義貞らとともに北条氏を打倒し、建武の新政に貢献しました。 1336年(建武3年)に足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻すと、時親は尊氏に従い、新田義貞を破った箱根竹の下の戦いなどで戦功を挙げます。その後、時親は九州に下って懐良親王を奉じて南朝方に付き、九州各地で転戦しました。 1352年(正平7年)に、時親は安芸国に帰国して毛利氏を興し、安芸国の国人領主として勢力を拡大します。時親は、安芸国の有力武士団を味方につけて領国支配を固め、隣国の石見国や周防国にも勢力を伸ばしました。 1366年(貞治5年)、時親は69歳で亡くなりました。時親の死後、毛利氏は子孫によって継承され、戦国時代には毛利元就が安芸国の覇者となり、毛利氏は中国地方の雄として活躍しました。 毛利時親は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将であり、毛利氏の初代当主として毛利氏の基礎を築いた人物です。時親の生涯は、戦乱の時代にあって、武士として生き抜いた姿がうかがえるとともに、毛利氏の発展の源流をたどることができる貴重な歴史資料となっています。
歴史上の人物

慈道法親王の生涯と作品

-足利氏との確執- 慈道法親王は、足利義持と足利義教の兄弟と対立し、度々弾圧を受けました。 義持は、慈道法親王が自分の権力を脅かす存在であると恐れていました。慈道法親王は、天皇の血を引く高貴な身分であり、多くの支持者を持っていました。また、慈道法親王は、学識が高く、政治的にも手腕を持っていました。そのため、義持は慈道法親王を弾圧し、その力を削ごうとしました。 義教は、兄の義持と同じように慈道法親王を恐れていました。しかし、義教は義持よりもさらに過激な手段で慈道法親王を弾圧しました。義教は、慈道法親王の支持者を捕らえ、拷問にかけました。また、慈道法親王の寺を焼き討ちにし、慈道法親王の財産を没収しました。 慈道法親王は、足利氏からの弾圧に耐え忍びましたが、その余生は苦難の連続でした。慈道法親王は、ついに義教によって暗殺され、その生涯を閉じました。
美術分野の人

土佐長章:鎌倉-南北朝時代の画家

-土佐長章の生涯- 土佐長章は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した画家です。土佐派の祖として知られており、彼の作品は、日本の絵画史において重要な位置を占めています。 長章は、1240年、京都で生まれました。父は、土佐派の初代の画家である土佐光信です。長章は、幼い頃から父から絵を学び、早くからその才能を開花させました。 1260年、長章は、鎌倉幕府の御用絵師に任命されました。御用絵師は、幕府の公式の画家であり、長章は、幕府の儀式や行事を描いた多くの作品を残しました。 1274年、長章は、蒙古襲来に際して、幕府軍に従軍しました。長章は、蒙古襲来の様子を克明に描いた「蒙古襲来絵巻」を残しており、この作品は、蒙古襲来の貴重な史料として知られています。 1285年、長章は、京都で亡くなりました。享年46歳でした。長章は、短い生涯でしたが、多くの作品を残し、日本の絵画史に大きな足跡を残しました。 長章の作品は、写実的で繊細な描写が特徴です。長章は、人物画、山水画、仏画など、さまざまなジャンルの絵画を描きましたが、特に、人物画を得意としました。 長章の作品は、現在、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館など、全国の美術館に所蔵されています。彼の作品は、日本の絵画史において重要な位置を占めており、多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

戦国時代の武将「土居通重」の生涯と功績

-土居通重の生い立ちと家系- 土居通重は、戦国時代に活躍した武将です。近江国(現在の滋賀県)に生まれ、幼名は源十郎と名乗っていました。土居氏は、平安時代末期に源頼朝に仕えた土居実綱を祖とする家で、通重はその10代目にあたります。 通重の父は土居宗通(宗是)といい、近江国甲賀郡土居郷を領する国人了。宗通は浅井亮政に仕えていましたが、永禄11年(1568年)、織田信長の近江侵攻によって浅井氏が滅亡すると、織田氏に降伏しました。 通重は宗通の長男として生まれ、父から家督を継ぎました。織田信長の家臣として信長の天下統一に貢献し、近江や伊勢の各地で転戦しました。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死すると、通重は信長の次男・織田信雄に仕えました。 小牧・長久手の戦いでは、信雄方の武将として徳川家康と戦いましたが、敗北を喫して信雄とともに和睦しました。その後、通重は信雄の居城である岐阜城の守備を任され、信雄の死後は豊臣秀吉に仕えました。 秀吉の死後は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦いました。戦後、通重は近江国蒲生郡・滋賀郡のうち12,000石を与えられ、蒲生姓を称しました。慶長16年(1611年)に死去し、跡を子の蒲生忠知が継ぎました。
歴史上の人物

「世良田満義」

-世良田満義の生涯- 世良田満義は、鎌倉時代の武将である。上総国大多喜城の城主として、源頼朝に仕えた。 満義は、下総国守・大掾宗俊の子として誕生した。父・宗俊は、源頼朝の挙兵に従い、頼朝が鎌倉幕府を開くと、上総国大多喜城の城主となった。 満義は、父・宗俊が死去すると、大多喜城を継承した。満義は、頼朝に仕え、文治5年(1189年)の奥州合戦、建久元年(1190年)の志田合戦、建久4年(1193年)の文治合戦に参加した。 文治5年(1189年)、満義は、頼朝の命により、奥州平定の軍に参加した。満義は、頼朝の本隊とは別に、上総国から直接奥州に向かい、平泉の藤原秀衡を攻めた。満義は、藤原秀衡の居城・平泉城を攻め落とし、藤原秀衡を自害に追い込んだ。 建久元年(1190年)、満義は、頼朝の命により、志田合戦に参加した。志田合戦は、頼朝と弟の源義経が戦った合戦である。満義は、頼朝の軍に属し、義経の軍を破った。 建久4年(1193年)、満義は、頼朝の命により、文治合戦に参加した。文治合戦は、頼朝と奥州藤原氏の残党が戦った合戦である。満義は、頼朝の軍に属し、藤原氏の残党を破った。 建久10年(1199年)、頼朝が死去すると、満義は、頼朝の後を継いだ源頼家に仕えた。しかし、頼家は、翌年、将軍職を廃され、伊豆国に配流された。満義は、頼家の配流に従い、伊豆国に赴いた。 承元4年(1210年)、満義は、頼家の死後、鎌倉に戻り、北条氏に仕えた。北条氏は、鎌倉幕府の執権として、幕府の実権を握っていた。満義は、北条氏に仕え、幕府の重臣として活躍した。 嘉禄元年(1225年)、満義は、67歳で死去した。満義は、鎌倉幕府の重臣として、幕府の安定に貢献した名将である。
歴史上の人物

「高師夏」南北朝時代の武将

-高師夏の生涯- 高師夏は、南北朝時代の武将です。高師直の弟で、建武の新政の際に足利尊氏に従い、鎌倉に攻め入りました。その後は、九州に派遣され、懐良親王を奉じて南朝方に属しました。 しかし、正平12年(1357年)に尊氏が南朝に降伏したため、師夏も尊氏に従い、北朝方に帰参しました。その後は、越後や信濃の守護を務め、尊氏や足利義満に仕えました。 正平24年(1369年)に尊氏が死去すると、義満が室町幕府の第2代将軍となりました。師夏は、義満の側近として仕え、康暦元年(1379年)に義満に従って九州に遠征しました。 永徳3年(1383年)に75歳で没した。
歴史上の人物

浄如(1236-1311 鎌倉時代の僧)

-浄如の生涯- 浄如(1236-1311)は、鎌倉時代の僧です。一遍の弟子であり、一遍の死後、時宗の第二祖となりました。浄如の生涯については、以下のようにまとめられます。 * 1236年、河内国(現在の大阪府)に生まれる。 * 1254年、法華寺で法然の門下となった。 * 1259年、一遍に出会い、弟子となる。 * 1289年、一遍の死後、時宗の第二祖となる。 * 1311年、76歳で死去する。 浄如は、一遍の弟子として、時宗の布教に尽力しました。一遍の死後は、時宗の第二祖として、時宗の教学の整備と組織の強化を行いました。浄如は、一遍の教えを忠実に守り、一遍の精神を後世に伝えました。 浄如は、また、念仏の重要性を説いたことで知られています。浄如は、「念仏は、阿弥陀如来の慈悲を信じることであり、阿弥陀如来の慈悲を信じることで、人は救われる」と説きました。浄如の念仏の教えは、多くの人々に受け入れられ、時宗の布教に大きく貢献しました。 浄如は、時宗の第二祖として、時宗の教学の整備と組織の強化に尽力し、また、念仏の重要性を説いて、多くの人々を救いました。浄如は、時宗の発展に大きく貢献した重要な人物です。
歴史上の人物

井伊道政 – 南北朝・室町時代の武将

小見出し井伊道政の生涯 井伊道政は、南北朝・室町時代の武将であり、井伊氏の始祖とされています。 道政は、承久3年(1221年)に遠江国井伊郷で生まれました。井伊氏の祖である忠清の孫にあたります。 道政は、南朝に仕え、建武2年(1335年)には、足利尊氏と戦って鎌倉を奪還する功績を挙げました。その後も、尊氏と戦い続けましたが、延元3年(1338年)に尊氏に敗れて、自害しました。 道政は、武勇に優れ、また、和歌や連歌にも通じていました。道政の和歌は、『新勅撰和歌集』や『玉葉和歌集』などの勅撰和歌集に収められています。 道政の死後、井伊氏は、遠江国井伊郷に居を構えて、代々、井伊谷を支配しました。戦国時代には、今川氏に仕え、桶狭間の戦いでは、今川義元に従って戦いました。 今川義元の死後、井伊氏は徳川家康に仕え、徳川四天王の一人である井伊直政を輩出しました。井伊氏は、江戸時代には、彦根藩主として、代々、井伊谷を治めました。 井伊道政は、井伊氏の始祖であり、武勇に優れ、和歌や連歌にも通じていました。道政の死後、井伊氏は、徳川家康に仕え、徳川四天王の一人である井伊直政を輩出し、江戸時代には、彦根藩主として、代々、井伊谷を治めました。
歴史上の人物

高師秋 – 南北朝時代の武将

- 建武の新政後、足利直義につかえる。 建武の新政が崩壊した後、高師秋は足利直義につかえた。彼は直義の信頼を得て、九州探題に任命された。九州探題とは、九州地方を管轄する武官であり、直義の九州における代理人として活躍した。 高師秋は九州探題として、九州地方の治安維持に努めた。また、直義の命令を受けて、九州地方の豪族を討伐したり、南朝軍と戦ったりした。 高師秋は、勇猛果敢な武将として知られており、南朝軍との戦いでは、数々の武功を上げた。しかし、彼はまた、残虐な性格でも知られており、敵を容赦なく殺戮した。 高師秋は、1348年に九州探題の職を解任された。その後、彼は足利直義と対立し、1350年に直義の命により殺害された。 高師秋は、南北朝時代の武将として、その武勇で名を残したが、残虐な性格でも知られている。
歴史上の人物

二条為遠→ 南北朝時代の公卿兼歌人

-二条為遠の生涯と業績- 二条為遠は、南北朝時代の公卿兼歌人である。1330年、二条良基の長男として京都に生まれる。幼名を為守といい、早くから和歌や学問に秀で、14歳の時に従三位に叙せられる。その後、参議、権中納言、権大納言を歴任し、1368年に内大臣に任じられる。しかし、翌年に参議に左遷され、出家して道誉と号した。1370年に復権し、内大臣に再任される。以後、左大臣、右大臣、太政大臣を歴任し、1394年に薨去した。 為遠は、和歌の才能に優れ、二条派の祖として知られている。1358年に『新古今和歌集』の撰集に参加し、1364年に『新葉和歌集』の撰集を主導した。また、1375年に『新千載和歌集』を撰集し、1386年に『玉葉和歌集』を完成させた。これらの和歌集は、いずれも室町時代の代表的な和歌集であり、為遠の和歌に対する功績は大きい。 為遠は、和歌以外にも、歴史書や随筆など、多くの著作を残した。代表作には、『二条河原落書』、『愚管抄』、『増鏡』などがある。『二条河原落書』は、南北朝の動乱を風刺したもので、室町時代の社会情勢を知る上で貴重な資料となっている。『愚管抄』は、日本の歴史を古代から南北朝時代まで通史的にまとめたもので、為遠の史観を知る上で重要である。『増鏡』は、平安時代末期から南北朝時代までの歴史を題材とした物語であり、為遠の文学的才能を遺憾なく発揮した作品である。 為遠は、南北朝時代の動乱に翻弄されながらも、和歌や学問に精進し、数多くの優れた作品を残した。その功績は大きく、室町時代の文化の発展に寄与した。
歴史上の人物

瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の出自と家族 瓜生照は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。瓜生氏は、現在の奈良県生駒郡瓜生町を本拠とする豪族でした。照の父は瓜生高直といい、鎌倉幕府の御家人でした。母は不明ですが、照には兄の高時と弟の高重がいました。 照は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武政権に仕えました。その後、尊氏が九州に落ち延びると、照もそれに従いました。尊氏が九州で勢力を盛り返して上洛すると、照もそれに従って上洛し、建武3年(1336年)に尊氏が室町幕府を開くと、その幕臣となりました。 照は、尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げました。正平11年(1356年)には、越後国守護に任命されました。翌正平12年(1357年)には、南朝方の新田義貞を破り、その功績により越後国守護に再任されました。 正平18年(1363年)、照は越後国で没しました。享年51歳でした。照には3人の息子がいましたが、長男の高基は照の生前に戦死し、次男の高忠は出家したため、三男の高治が瓜生氏を継ぎました。 瓜生氏は、室町時代を通じて越後国守護として活躍し、戦国時代には上杉氏に従いました。上杉氏が滅亡すると、瓜生氏も没落しました。
歴史上の人物

「浄阿(2代)」

浄阿(2代)(じょうあ、生没年不詳)は南北朝時代の僧侶、連歌師である。 浄阿(2代)は浄阿(初代)の弟子として、連歌を学びました。浄阿(初代)の没後、浄阿(2代)は連歌師として活躍し、多くの弟子を育成しました。浄阿(2代)の連歌は、風雅で優美な作風で知られています。 浄阿(2代)は、連歌師としてだけでなく、僧侶としても活躍しました。浄阿(2代)は、僧侶として、多くの人々に仏教の教えを説きました。浄阿(2代)の仏教の教えは、人々から敬愛され、浄阿(2代)は多くの人々に慕われました。 浄阿(2代)は、連歌師としても僧侶としても、多くの人に影響を与えました。浄阿(2代)の連歌は、後世の連歌師たちに大きな影響を与え、浄阿(2代)の仏教の教えは、多くの人々を救いました。浄阿(2代)は、連歌師としても僧侶としても、偉大な人物であり、その功績は今日でも語り継がれています。 浄阿(2代)の主な弟子には、以下の者がいる。 * 宗祇 * 心敬 * 宗牧 * 宗長 * 飯尾宗祇 * 細川幽斎 * 黒田如水
歴史上の人物

赤松直頼 – 南北朝時代の武将

- 赤松直頼の生涯 赤松直頼は、南北朝時代の武将で、赤松氏の一族。赤松円心の次男として生まれた。 直頼の生涯は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。 直頼は、初め南朝の忠臣として、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を奉じて、北朝と戦った。しかし、北朝の武将である足利尊氏に敗れて、降伏した。 尊氏の降伏後、直頼は北朝に仕えた。直頼は、北朝の武将として、南朝と戦った。そして、南朝を滅ぼした後は、室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。 直頼は、応安元年(1368年)に没した。享年55。 直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。 -# 直頼の功績 直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼の功績は、以下のとおりである。 * 南朝の忠臣として、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を奉じて、北朝と戦った。 * 北朝の武将として、南朝と戦った。 * 室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。 直頼の功績は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。 -# 直頼の人物像 直頼は、忠義に厚く、武勇に優れた武将であった。直頼は、南朝の忠臣として、北朝の武将として、そして室町幕府の重臣として活躍した。直頼は、その生涯を通して、主君に忠実であり、常に戦いの最前線に立って戦い続けた。 直頼は、また、知略に長けた武将でもあった。直頼は、南朝と北朝の戦いで、数々の戦功を挙げた。そして、室町幕府の重臣として、尊氏を支えた。直頼は、その知略と武勇で、室町幕府の安定に貢献した。 直頼は、南北朝時代の武将として、その名を歴史に刻んだ。直頼は、忠義に厚く、武勇に優れた武将であり、また、知略に長けた武将でもあった。直頼は、南北朝時代の武将として、その功績と人柄で、人々に敬愛された。
歴史上の人物

仁誉法親王 – 南北朝時代の天台宗聖護院門跡

仁誉法親王の生涯 仁誉法親王(1334~1401)は、南北朝時代の天台宗聖護院門跡である。後醍醐天皇の第一皇子で、母は日野資朝の娘である贈太皇太后珣子である。 仁誉法親王は、1334年に京都で生まれた。1339年に父の後醍醐天皇が後醍醐天皇が鎌倉幕府に捕らえられ、隠岐島に流された。仁誉法親王は、幼い頃から仏門に入り、1340年に聖護院門跡となった。 1368年に後醍醐天皇が崩御すると、仁誉法親王は南朝の後亀山天皇を奉じて、北朝に対抗した。1371年に南朝が北朝に降伏すると、仁誉法親王は聖護院門跡を退隠し、吉野に隠棲した。 1392年に南朝が滅亡すると、仁誉法親王は京都に戻り、聖護院門跡に復帰した。1401年に聖護院門跡で崩御した。享年68。 仁誉法親王は、南朝を支えた皇族であり、天台宗の優れた僧侶でもあった。また、書道や和歌にも優れ、多くの作品を残している。
歴史上の人物

愚谷常賢 – 鎌倉・南北朝時代の曹洞宗の僧

肥後大慈寺の寒巌義尹の法をつぐ 愚谷常賢は、肥後大慈寺の寒巌義尹の高弟の一人であった。彼は、寒巌義尹の法を継いで、曹洞宗を広めた。 愚谷常賢は、1293年に肥後国(現在の熊本県)に生まれた。彼は、幼い頃から仏教に帰依し、10代の頃に大慈寺に入門した。寒巌義尹のもとで修行を重ね、1317年に印可を得た。 愚谷常賢は、その後、大慈寺の住職となり、寒巌義尹の法を広めた。彼は、厳格な修行を重視し、曹洞宗の純粋さを守った。また、彼は、曹洞宗の教義をわかりやすく説き、多くの人々の尊敬を集めた。 愚谷常賢は、1366年に大慈寺で亡くなった。享年73歳であった。彼は、曹洞宗の開祖瑩山紹瑾に次ぐ偉大な僧侶の一人とされている。 愚谷常賢の法は、彼の弟子たちによって受け継がれた。彼の弟子には、崇山紹瑾、月溪周穏、租山法雲などがいる。彼らは、曹洞宗を全国各地に広め、曹洞宗の発展に貢献した。
歴史上の人物

貞真 – 南北朝時代の刀工

貞真の生涯 貞真は、南北朝時代の刀工で、相州伝の一派を興した人物です。通称は四郎五郎、新三郎、新四郎。法号は光台院。生没年は不詳ですが、1332年(元弘2年)から1362年(正平17年)にかけて活躍したと推定されています。 貞真は、相模国足柄郡貞光(現在の神奈川県足柄下郡開成町)の出身であり、家業の刀鍛冶を継いで刀工となりました。貞真は、刀工として優れた才能を持っていたため、すぐに頭角を現し、数多くの名刀を制作しました。貞真の刀は、切れ味と耐久性に優れており、多くの武士に愛されました。 貞真は、南北朝時代の動乱期に活躍したため、戦乱に巻き込まれることも多くありましたが、その都度、刀工としての技量を発揮して、多くの武士を救いました。貞真は、刀工としてだけでなく、人間としても優れた人物であり、多くの人々に慕われていました。 貞真は、1362年(正平17年)に亡くなったと推定されています。貞真の死後、その刀工の技術は、子孫に受け継がれ、貞真一派は、相州伝の一派として繁栄しました。貞真の刀は、現在でも多くの刀剣愛好家から珍重されており、その切れ味と耐久性は、今もなお高く評価されています。
歴史上の人物

高津長幸→ 鎌倉から南北朝時代にかけて活躍した石見の豪族

-高津長幸の生涯- 高津長幸は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した石見の豪族である。石見国邑智郡高津川流域を領し、鎌倉幕府の御家人として活躍した。 長幸の生年や出自については不明な点が多いが、鎌倉時代には石見国邑智郡高津川流域を領し、鎌倉幕府の御家人として活躍していたと考えられている。建長5年(1253年)には、蒙古襲来に備えて九州に出陣している。 元弘元年(1331年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、長幸は建武の新政に参加した。しかし、建武3年(1336年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、長幸は尊氏に帰順した。 貞和2年(1346年)、長幸は鎌倉から九州に下向し、菊池武敏に仕えた。しかし、翌年には鎌倉に戻り、尊氏に帰参した。 正平11年(1356年)、長幸は足利義詮に従って南朝方の菊池武光を討伐し、その功績により石見守護に任じられた。しかし、正平21年(1366年)に南朝方の今川了俊に攻められ、討死した。 長幸の死後、その子孫は石見国邑智郡高津川流域を領し、室町時代を通じて石見の有力豪族として活躍した。
歴史上の人物

忽那義範 – 南北朝時代の武将

# 忽那義範とは? 忽那義範(くつな よしのり)は、南北朝時代の武将。菊池氏の家臣。肥後国菊池郡河尻城主。菊池武重の曾孫。父は忽那資元。子に忽那義通、菊池武安(菊池武装の父)、菊池武包。義父は菊池武敏。 諱については、義範のほか、範義、義矩、範成、義泰など諸説ある。また、菊池氏の一族であることから、菊池義範とも呼ばれる。 忽那氏は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて肥後国菊池郡に勢力を有した豪族。菊池氏の庶流にあたる。忽那義範は、その忽那氏の当主であり、菊池氏の有力な家臣であった。 忽那義範は、元弘3年(1333年)に、鎌倉幕府の倒幕運動に参加。建武政権成立後は、肥後国の守護代に任命された。しかし、建武2年(1335年)に足利尊氏が鎌倉幕府を再興すると、忽那義範は菊池武敏に従って南朝に属した。 南北朝時代を通して、忽那義範は南朝方の武将として活躍。肥後国を中心に転戦し、足利尊氏方の軍勢と戦った。また、菊池武敏の死後は、菊池氏を支え、菊池武重の孫である菊池武光を擁立した。 至徳3年/元中9年(1386年)、忽那義範は、老齢のため、嫡男の忽那義通に家督を譲って隠居した。隠居後は、菊池氏の重臣として、菊池武光を支え続けた。 明徳2年(1391年)、忽那義範は死去。享年72。忽那義範の死後は、その子である忽那義通が忽那氏の当主となり、菊池武光を支え続けた。 忽那義範は、南朝方の武将として活躍し、菊池氏を支えて南朝政権の存続に貢献した。その功績は大きく、南朝史において重要な人物である。
歴史上の人物

「瓊子内親王」

「瓊子内親王」 皇女としての誕生 瓊子内親王は、皇太子豊仁親王(後の第34代天皇、元号令和)と、皇太子妃久子妃(旧姓川嶋)の第一皇女として、2023年10月12日午前6時25分に、東京の赤坂御用地にある病院で誕生しました。 瓊子内親王の誕生は、日本中を歓喜に包みました。天皇皇后両陛下は、孫の誕生を心から喜ばれ、皇太子豊仁親王と久子妃も、我が子の誕生を喜びに輝かせていました。 瓊子内親王は、誕生後、すぐに宮内庁病院に移送され、そこで健康診断を受けました。その結果、瓊子内親王は、体重3,026グラム、身長48センチで、健康状態も良好であることが確認されました。 瓊子内親王は、誕生後、すぐに「瓊子」という名を賜りました。瓊子は、美しい玉という意味であり、瓊子内親王には、美しい玉のように、美しく成長してほしいという願いが込められています。 瓊子内親王の誕生は、皇室にとって大きな喜びであるとともに、日本国民にとっても大きな喜びとなりました。瓊子内親王は、将来、日本の皇位を継ぐ可能性があり、その成長は、日本国民が固唾を呑んで見守ることになるでしょう。
歴史上の人物

一井氏政 – 南北朝時代の武将

-一井氏政の生涯- 一井氏政は、南北朝時代の武将です。常陸国新治郡一井郷(現茨城県かすみがうら市一井)を拠点としており、新治郡守護代を務めました。 氏政の生年は不詳ですが、嘉暦2年(1327年)に生まれたと推定されています。父は一井氏の家督を継いだ一井重政、母は佐竹氏の一族とされています。 氏政は幼少期から武芸に秀でており、特に弓術を得意としていました。15歳の時に元服し、氏政を名乗りました。 元弘3年/正慶2年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、氏政は南朝方に属しました。建武3年(1336年)、新治郡守護代として任命され、新治郡の治安維持に努めました。 しかし、建武4年(1337年)に北朝方の足利尊氏が京都を占領すると、氏政は新治郡を離れて常陸国南部に逃れました。その後、尊氏が九州に逃れると、氏政は新治郡に帰還し、南朝方の武将として北朝方と戦いました。 康永元年/興国3年(1342年)、氏政は北朝方の斯波家長に敗れ、新治郡を追われました。その後、氏政は足利尊氏に降伏し、北朝方に属するようになりました。 延文3年/正平13年(1358年)、氏政は斯波家長の命を受けて、南朝方の武将である新田義興を攻撃しました。この戦いで氏政は新田義興を討ち取り、南朝方に勝利しました。 康安2年/正平17年(1362年)、氏政は新治郡守護代の職を辞任し、隠居しました。隠居後は、領地の経営に専念しました。 応安4年/文中2年(1371年)、氏政は75歳で死去しました。氏政の墓は、茨城県かすみがうら市一井にある浄土宗西山禅林寺に葬られています。
歴史上の人物

「結城宗広」の生涯とその格言

- 結城宗広の生涯 結城宗広は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。下野国結城郡(現在の栃木県結城市)の出身で、結城氏の家臣でした。 宗広は、永禄3年(1560年)に父・政勝の死を受けて家督を継ぎ、結城氏の当主となりました。その後、北条氏や佐竹氏との戦いで功績を上げ、上野国(現在の群馬県)の厩橋城(現在の群馬県前橋市)を奪取しました。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が死去すると、宗広は豊臣秀吉に与しました。秀吉の九州征伐や小田原征伐にも従軍し、戦功を上げました。 文禄元年(1592年)、朝鮮出兵が始まると、宗広は宇喜多秀家率いる第二軍の参謀として朝鮮に渡りました。しかし、秀吉の死後、朝鮮から撤退することになり、宗広も帰国しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、宗広は徳川家康の東軍に与しました。しかし、主君である結城秀康が西軍に与したため、宗広も西軍に属することとなりました。 関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、宗広は改易されました。その後、常陸国(現在の茨城県)に蟄居し、慶長12年(1607年)に死去しました。享年49。 - 結城宗広の格言 結城宗広は、武勇に優れ、知略にも長けた武将でした。また、多くの格言を残しており、その中には現代でも通用するものが数多くあります。 その中でも有名な格言のひとつが「勝てば官軍、負ければ賊軍」です。これは、戦においては勝者が正義とされ、敗者が悪とされるという意味です。 また、「兵は詭道なり」という格言も有名です。これは、兵法とは詭計を用いるものであり、常に敵を欺くことを心がけるべきであるという意味です。 結城宗広の格言は、戦国時代の武将の生き方を如実に表しており、現代においても学ぶべきことが多いです。
歴史上の人物

「壺庵至簡」の人生-曹洞宗の僧としての歩み

- 僧侶としての壺庵至簡の生涯 曹洞宗の僧侶である壺庵至簡は、1619年に肥前国島原郡宮村(現在の長崎県島原市)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、16歳で出家して曹洞宗の僧侶となりました。その後、諸国を遊歴して修行を重ね、1648年に江戸の天龍寺で坐禅の修行に専念しました。 1659年、壺庵至簡は江戸の増上寺で坐禅会を開き、多くの弟子を集めました。また、1661年には江戸の浅草寺で坐禅会を開き、庶民にも仏教を説きました。壺庵至簡の坐禅会は、人々に心の安らぎを与えるものとして評判になり、多くの信者が集まりました。 1669年、壺庵至簡は江戸の霊巌寺を開創しました。霊巌寺は、曹洞宗の重要な寺院の一つであり、多くの僧侶が修行に訪れました。壺庵至簡は1682年に霊巌寺で亡くなりましたが、その教えは多くの弟子によって受け継がれました。 壺庵至簡は、曹洞宗の僧侶として、坐禅の修行に専念し、多くの弟子を育てました。また、庶民にも仏教を説き、人々に心の安らぎを与えました。壺庵至簡の教えは、曹洞宗の発展に大きく貢献し、現在でも多くの人に親しまれています。