曹洞宗

歴史上の人物

「禅材」-古月禅材の概要

- 古月禅材の経歴と人物像 古月禅材は、1904年(明治37年)10月19日に鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)に生まれた。本名は山田定。父は農業を営み、母は内職をして家計を助けていた。禅材は5人兄弟の末っ子で、幼い頃から仏教に興味を持ち、よく寺に通っていたという。 禅材は、14歳の時に曹洞宗の古月山圓通寺に入門し、僧侶としての道を歩み始める。その後、京都の永平寺で修行を重ね、1925年(大正14年)に得度。1927年(昭和2年)には、正宗寺住職に任命され、1935年(昭和10年)に普照寺住職に就任した。 禅材は、普照寺住職時代には、檀信徒の指導や仏教の教えを広めることに尽力した。また、戦争中は、軍隊に招集され、中国大陸に派遣された。戦後、帰国した禅材は、普照寺住職に復帰し、戦後の復興に尽力した。 禅材は、1980年(昭和55年)に普照寺住職を退任し、1983年(昭和58年)に遷化(死去)した。享年79。 禅材は、穏やかで慈悲深い人柄で知られていた。また、仏教の教えに深く精通しており、多くの人々に慕われていた。禅材の死後、普照寺には、禅材の功績を称えるために、銅像が建立された。 禅材は、仏教の教えを広めることに生涯を捧げた僧侶であった。その功績は、今もなお人々に語り継がれている。
歴史上の人物

春巌祖東:南北朝・室町時代の曹洞宗の僧

春巌祖東の生涯 春巌祖東(しゅんがんそとう、1338年 - 1408年)は南北朝・室町時代の曹洞宗の僧です。曹洞宗中興の祖として知られ、弟子の多くが大宗匠となっています。 春巌祖東は京都の出身で、幼いころから仏教に傾倒していました。19歳の時に出家し、建仁寺で修行します。その後、諸国を遊歴して仏法を学び、30歳の時に越後国(現在の新潟県)の曹洞寺で瑩山紹瑾(けいざんしょうきん)に師事しました。 瑩山紹瑾は曹洞宗の開祖である道元禅師の法嗣であり、曹洞宗の復興に尽力していました。春巌祖東は瑩山紹瑾の指導を受け、曹洞宗の教えを深く理解しました。また、瑩山紹瑾から曹洞宗の法脈を継承し、曹洞宗中興の祖となりました。 春巌祖東は曹洞宗の教えを広く伝え、多くの弟子を育てました。その弟子の多くが後に曹洞宗の大宗匠となり、曹洞宗の発展に貢献しました。春巌祖東は曹洞宗の復興に大きく貢献した偉大な僧であり、曹洞宗の歴史の中で重要な人物となっています。 春巌祖東は、1408年に71歳で亡くなりました。彼の墓は京都の建仁寺にあります。
歴史上の人物

「太安養康」について

-太安養康の生い立ちと出家- 太安養康は、65年(永平8)に生まれたとされる。父は太安保礼、母は未詳。太安家は、漢の諸侯王である太安王の子孫であり、代々武人として活躍していた。太安養康もまた、武人としての道を歩むべく、幼い頃から武術を学び、弓矢の腕前は群を抜いていたという。 しかし、太安養康は武人としての道を歩むことに疑問を感じていた。彼は、仏教に帰依し、出家して修行したいと考えていた。太安養康の父は、息子の出家を許さなかったが、太安養康は密かに出家し、行基の弟子となった。 太安養康は、行基の元で熱心に仏教を学び、また、行基の社会事業にも協力した。太安養康は、行基と共に各地を巡り、貧しい人々を救済し、また、橋や井戸などの公共事業にも尽力した。 太安養康の活動は、人々の尊敬を集め、彼は次第に著名な僧侶となっていった。742年(天平14)には、朝廷から僧綱(僧侶を統括する機関)の一員に任命され、752年(天平勝宝4)には、東大寺の別当(最高責任者)に任命された。 太安養康は、764年(天平宝字8)に亡くなった。享年100歳。太安養康は、仏教界に大きな功績を残した僧侶であり、また、社会福祉事業にも尽力した偉大な人物として知られている。
文学分野の人

「既白」

既白の生涯と俳諧への取り組み 既白は、1656年に江戸に生まれた俳人です。本名は「酒井与右衛門」で、俳号は「既白」と「箒翁」を名乗りました。 既白は、若い頃から俳諧に親しみ、18歳の時に芭蕉の門下生となりました。その後、芭蕉の死後、井上士朗の門下生となり、井上士朗の俳風である「貞門俳諧」を学びました。 既白の俳諧は、叙景的な作品が多く、自然の美しさを繊細に表現した作品が特徴です。また、既白は、俳諧だけでなく、狂歌や川柳も詠みました。 既白は、1742年に86歳で亡くなりましたが、その作品は、現在でも多くの俳人に愛されています。 既白の代表的な作品には、以下のようなものがあります。 春の夜や よき梅の香に ねぶる月 夕暮の 近きが山の 煙かな 秋の風 吹きviron やみとなる 冬の夜や 月のとくさむ 花のさかり 既白は、俳諧の歴史の中で重要な人物であり、その作品は、現在でも多くの俳人に愛されています。
歴史上の人物

箇学光真とは?-戦国時代の僧を紹介

箇学光真の生涯 箇学光真は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての僧侶です。彼は、1536年に越前国(現在の福井県)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、16歳の時に出家して僧侶となりました。 光真は、比叡山延暦寺で修行を積み、やがて室町幕府の将軍足利義昭に仕えました。義昭は、光真の学識と徳を高く評価し、彼を側近として重用しました。 しかし、1573年に織田信長が京都を攻め落としたことで、義昭は失脚し、光真もまた信長の追放を受けました。光真は、その後、各地を放浪しましたが、後に越前国に戻り、永平寺に住しました。 光真は、永平寺で坐禅と修行に励み、やがて曹洞宗の第86世住持に就任しました。彼は、曹洞宗の教えを広く布教し、多くの弟子を育てました。 光真は、1633年に永平寺で亡くなりました。彼の遺徳を偲んで、永平寺には光真の墓が建てられています。 光真は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、曹洞宗の教えを広く布教し、多くの弟子を育てた高僧でした。彼は、曹洞宗の歴史において重要な人物であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

回夫慶文 – 戦国時代の僧侶

-曹洞宗の僧侶- 曹洞宗の僧侶として知られている回夫慶文は、戦国時代の日本において重要な役割を果たした人物です。紀伊国の浄土宗の寺である円明寺の僧の末裔とされています。慶文の僧名は了勲と称したともされています。 慶文は、曹洞宗の祖である道元禅師の弟子である無学祖元によって曹洞宗に帰依し、1240年に円覚寺で出家しました。その後、中国に渡り、天童山景徳寺で修行しました。 1254年に日本に帰国し、京都に建仁寺を開山しました。建仁寺を開山した後、京都の南禅寺と鎌倉の円覚寺に住し、曹洞宗の布教に努めました。 慶文は、曹洞宗の教えを広めるだけでなく、政治にも関与しました。鎌倉幕府の執権である北条時頼の帰依を受け、時頼の相談役に任命されました。また、元寇の際には、幕府に協力して、元軍の撃退に貢献しました。 慶文は、曹洞宗の教えを広め、政治にも関与したことから、戦国時代の日本において重要な役割を果たした人物です。 慶文は、1280年に京都で亡くなり、建仁寺に葬られました。
歴史上の人物

夫巌智樵 – 室町時代の僧侶

-# 越前国心月寺と英林寺 夫巌智樵が住持を務めた寺として、越前国(現在の福井県)にある心月寺と英林寺があります。 心月寺は、越前国足羽郡(現在の福井市)に位置する曹洞宗の寺院です。夫巌智樵が1406年(応永13年)に開山したと伝えられています。心月寺の山号は「大雲山」、本尊は釈迦如来です。 英林寺は、越前国坂井郡(現在の坂井市)に位置する曹洞宗の寺院です。夫巌智樵が1410年(応永17年)に開山したと伝えられています。英林寺の山号は「崇福山」、本尊は釈迦如来です。 心月寺と英林寺は、どちらも夫巌智樵が住持を務めた寺として知られています。両寺には、夫巌智樵の遺徳を偲ぶ多くの寺宝が所蔵されています。 心月寺には、夫巌智樵が使用したと伝えられる袈裟や、夫巌智樵が書いた書画などが所蔵されています。また、英林寺には、夫巌智樵が使用したと伝えられる錫杖や、夫巌智樵が書いた書簡などが所蔵されています。 心月寺と英林寺は、夫巌智樵の遺徳を偲ぶことができる貴重な寺院です。両寺を訪れることで、夫巌智樵の生涯や功績について学ぶことができます。
歴史上の人物

桃屋仲圃 – 江戸時代前期の僧 –

-桃屋仲圃の生涯- 桃屋仲圃は、江戸時代前期の曹洞宗の僧侶である。号は竹林。俗姓は加藤氏。江戸の生まれ。父は加藤八左衛門。 仲圃は、幼い頃から聡明で、13歳の時に出家して曹洞宗に帰依した。その後、各地を巡錫して仏道を修めた。特に、南禅寺に住して休庵玄清に師事した。休庵玄清は、桃屋仲圃の才能を高く評価し、彼に禅宗の奥義を伝授した。 その後、桃屋仲圃は江戸に戻り、浅草清島町に桃屋を開いた。桃屋は、曹洞宗の僧侶が集まる道場として有名となり、多くの人々が訪れた。桃屋仲圃は、そこで人々に禅宗の教えを説き、多くの弟子を育てた。 桃屋仲圃は、また、多くの禅宗の書物を著した。代表的なものに、『桃屋法語』『即心是仏』『碧巌録評唱』などがある。これらの書物は、禅宗の教えをわかりやすく解説したもので、多くの人々に読まれた。 桃屋仲圃は、延宝8年(1680年)に示寂した。享年69。 桃屋仲圃は、江戸時代前期を代表する曹洞宗の僧侶である。彼は、人々に禅宗の教えを説き、多くの弟子を育て、また、多くの禅宗の書物を著した。桃屋仲圃の功績は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

「亀阜豊寿」

亀阜豊寿の生涯 亀阜豊寿は、19世紀初頭の日本における外科医です。彼は1801年に江戸で生まれ、1856年に同地で亡くなりました。亀阜豊寿は、亀阜切除術の開発者として知られており、この手術は現在でも亀阜豊寿手術と呼ばれています。 亀阜豊寿は、若い頃から医学に強い興味を持っていました。彼は、江戸の外科医である華岡青洲の弟子となり、青洲の下で外科の技術を学びました。青洲は、亀阜豊寿の才能を認め、彼を自分の後継者として指名しました。 青洲の死後、亀阜豊寿は江戸で外科医として開業しました。彼は、亀阜豊寿手術を開発し、この手術はすぐに評判になりました。亀阜豊寿手術は、亀阜を切除する手術であり、当時、亀阜が腫れて痛くなる病気が流行していました。亀阜豊寿手術は、この病気を治すことができる手術として、多くの患者から支持されました。 亀阜豊寿は、亀阜豊寿手術の開発以外にも、多くの外科手術を開発しました。彼は、乳がんの手術、胃がんの手術、腸の手術など、さまざまな手術を開発し、日本の外科医学の発展に貢献しました。 亀阜豊寿は、1856年に江戸で亡くなりました。享年55歳でした。亀阜豊寿は、日本の外科医学の発展に貢献した偉大な外科医でした。
歴史上の人物

「大寿宗彭」

-「大寿宗彭」- -大寿宗彭の生涯- 大寿宗彭(たいじゅ そうほう、1617年(元和3年) - 1687年(貞享4年)9月22日)は、江戸時代前期の臨済宗中興の祖とされる禅僧。美濃国大垣藩(現在の岐阜県大垣市)の出身。諱は宗彭、字は泰仁、号は大寿。大栄和尚、古林和尚とも呼ばれる。 -生い立ちと出家- 大寿宗彭は、1617年(元和3年)に、美濃国大垣藩の武士の家に生まれた。幼名は亀次郎といい、6歳の時に剃髪して出家し、妙心寺に参禅した。15歳の時に、大徳寺の古林清茂の弟子となり、古林の死後は、その跡を継いで大徳寺の住持となった。 -大寿宗彭の禅風- 大寿宗彭は、古林清茂の「直指人心見性」の禅風を継承し、臨済宗の復興に尽力した。大寿宗彭は、禅の修行は、坐禅や読経などの形式的な修行ではなく、日常生活そのものが修行であると説いた。また、大寿宗彭は、禅の修行は、悟りを開くためではなく、悟りを開く前の凡夫の心を大切にするためであると説いた。 -大寿宗彭の死- 大寿宗彭は、1687年(貞享4年)9月22日、71歳で死去した。大寿宗彭の死後、大寿宗彭の禅風は、多くの弟子たちによって受け継がれ、臨済宗の中興に大きな影響を与えた。 -大寿宗彭の著作- 大寿宗彭は、多くの著作を残しており、その中には、『大寿和尚語録』、『古林和尚語録』、『大寿和尚法語』などがある。『大寿和尚語録』は、大寿宗彭の禅の教えがまとめられたものであり、臨済宗の修行者にとって重要なテキストとなっている。
歴史上の人物

「月殿昌桂」について

「月殿昌桂」について 月殿昌桂(?-?)の生涯と功績 月殿昌桂は、戦国時代に活躍した武将です。越後国(現在の新潟県)の上杉謙信に仕え、知勇を兼ね備えた名将として知られています。 月殿昌桂の生年や生地は不明ですが、上杉謙信の重臣である月殿良貞の嫡男として生まれたとされています。謙信の重臣として各地で転戦し、多くの功績を挙げました。 昌桂の最も有名な功績の一つは、永禄4年(1561年)に起こった「川中島合戦」での活躍です。川中島合戦は、謙信と武田信玄が北信濃の川中島を巡って争った合戦で、昌桂は謙信の軍勢を指揮して武田軍と激戦を繰り広げました。この合戦で謙信は信玄を退け、川中島を確保することに成功しました。 昌桂はまた、謙信が越後国の統一を図る際に重要な役割を果たしました。謙信は、越後の国人領主を次々と降伏させ、越後国の統一を目指しましたが、昌桂は謙信の軍勢を指揮して各地の城を攻め落とし、謙信の統一事業に貢献しました。 昌桂は、謙信の死後も引き続き上杉家に仕え、上杉景勝を支えました。天正11年(1583年)に起こった「賤ヶ岳の戦い」では、景勝の軍勢を指揮して豊臣秀吉軍と戦いましたが、敗北を喫しました。 昌桂はその後も上杉家に仕え続けましたが、慶長3年(1598年)に死去しました。昌桂の死は上杉家にとって大きな損失であり、景勝は昌桂の死を悼んで手厚い葬儀を執り行ったとされています。 昌桂は、知勇を兼ね備えた名将として知られ、謙信の重臣として多くの功績を挙げました。昌桂の死は上杉家にとって大きな損失であり、景勝は昌桂の死を悼んで手厚い葬儀を執り行ったとされています。
歴史上の人物

太源宗真とは?曹洞宗の僧で峨山の法を継いだ人物

太源宗真の生涯と業績 太源宗真は、曹洞宗の僧で、峨山の法を継いだ人物です。1290年、中国の浙江省に生まれ、1366年に亡くなりました。 宗真は、12歳で出家し、19歳で峨山のもとで修行を始めました。峨山は、曹洞宗の第8祖であり、宗真は峨山の最も傑出した弟子の一人でした。 宗真は、峨山の死後、曹洞宗の第9祖となり、浙江省の天童山に天童寺を建立しました。天童寺は、曹洞宗の総本山となり、宗真は曹洞宗の復興に大きな貢献をしました。 宗真は、また、多くの著作を残しており、その中でも『正法眼蔵』は、曹洞宗の根本聖典の一つとして知られています。『正法眼蔵』は、宗真の思想をまとめたものであり、曹洞宗の教えを理解する上で欠かせない著作となっています。 宗真は、曹洞宗の復興に貢献しただけでなく、日本の禅にも大きな影響を与えました。宗真の弟子の一人である宗峰妙超は、日本に曹洞宗を伝え、日本の禅の発展に大きな役割を果たしました。 宗真は、曹洞宗の祖師であり、禅の思想家として大きな功績を残しました。宗真の思想は、今日でも多くの禅僧に影響を与え続けています。
歴史上の人物

→ 江中梵巴(そうちゅう-ぼんぱ)

- 江中梵巴の生涯 江中梵巴は、中国後漢末期の道士です。字は元通。揚州丹楊郡の人。道教においては、張角、張宝、張梁の三兄弟に次ぐ四聖の一人とされます。 江中梵巴は、若い頃から道教を学び、神仙術を身につけたとされています。また、医術にも通じており、多くの病人を救ったと伝えられています。 黄巾の乱が起こると、江中梵巴は張角の元に身を寄せ、反乱軍に加わりました。しかし、張角が敗死すると、蜀に逃れ、身を潜めました。 その後、江中梵巴は、蜀の劉焉のもとに仕官し、道教の教えを広めました。また、医術を施して多くの病人を救い、蜀の人々から尊敬されました。 劉焉が亡くなると、江中梵巴は、劉焉の子の劉璋のもとに仕えました。劉璋は、江中梵巴を重用し、道教の教えを国の政策に取り入れました。 しかし、劉璋は、曹操の侵攻を受けて敗北し、蜀を曹操に明け渡しました。江中梵巴は、曹操に仕えることを潔しとせず、蜀を離れました。 江中梵巴は、その後、各地を放浪し、道教の教えを広めました。そして、80歳で亡くなったとされています。 江中梵巴は、道教において重要な人物であり、多くの道士から尊敬されています。彼の生涯は、道教の歴史の中で重要な位置を占めています。
歴史上の人物

幻仲瑞秀 – 室町時代の曹洞宗僧侶

鼎庵宗梅より法を継ぐ 幻仲瑞秀は、室町時代の曹洞宗僧侶です。幻仲瑞秀は、1443年に尾張国海部郡古沢村(現在の愛知県海部郡蟹江町)に生まれました。 幻仲瑞秀は、幼少期から仏教に帰依しており、15歳で出家しました。その後、幻仲瑞秀は、越前国永平寺(現在の福井県吉田郡永平寺町)に参禅し、鼎庵宗梅に師事しました。 鼎庵宗梅は、曹洞宗の第8祖であり、幻仲瑞秀に曹洞宗の奥義を授けました。幻仲瑞秀は、鼎庵宗梅の教えを深く理解し、曹洞宗の優れた僧侶として成長しました。 幻仲瑞秀は、永平寺で修行した後、尾張国に戻り、古沢村に帰郷しました。そして、幻仲瑞秀は、古沢村に幻仲瑞秀寺を開創しました。幻仲瑞秀寺は、曹洞宗の寺院であり、現在も尾張国古沢村に存在しています。 幻仲瑞秀は、幻仲瑞秀寺を開創した後、曹洞宗の教えを人々に広めるために、各地を遊行しました。幻仲瑞秀の教えは、多くの人々に受け入れられ、曹洞宗は尾張国で広く信仰されるようになりました。 幻仲瑞秀は、1507年に幻仲瑞秀寺で入寂しました。享年65歳でした。幻仲瑞秀は、曹洞宗の優れた僧侶であり、曹洞宗の教えを尾張国に広めた功績があります。
歴史上の人物

器之為璠 – 室町時代の僧侶

- 器之為璠 - 室町時代の僧侶 器之為璠(きし いはん)は、室町時代の臨済宗の僧侶である。大隅国(現在の鹿児島県)出身。 -# 大隅で誕生した器之為璠 器之為璠は、1320年に大隅国(現在の鹿児島県)に生まれた。幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して僧侶となった。その後、鎌倉に上り、建長寺で仏教を学んだ。 1345年に中国に渡り、杭州の径山寺で仏教を学んだ。その後、日本に帰国し、京都の建仁寺で住職となった。器之為璠は、仏教を広めるために全国を巡り、多くの弟子を育てた。 1389年に亡くなり、建仁寺に葬られた。器之為璠は、室町時代の臨済宗を代表する僧侶の一人である。
歴史上の人物

桃庵禅洞-越前の僧と朝倉孝景

-越前での修行と法の継承- 桃庵禅洞は、1504年に越前国(現在の福井県)の敦賀郡で生まれ、幼い頃から仏教に親しみ、15歳で出家して曹洞宗の僧侶となりました。その後、越前国内の各地で修行を積み、25歳の時に禅寺である瑞雲寺の住職に就任しました。 瑞雲寺は、越前国で最も古い禅寺の1つであり、桃庵禅洞は、同寺の住職として、禅の教えを説き、修行指導を行いました。また、桃庵禅洞は、越前国の大名である朝倉孝景の帰依を受け、朝倉氏と親密な関係を築きました。朝倉孝景は、桃庵禅洞を厚く信頼し、桃庵禅洞は、朝倉氏の相談役として、政治や軍事に関する助言を行いました。 桃庵禅洞は、朝倉孝景の死後も、朝倉氏を支え続け、朝倉氏の家臣である朝倉宗滴や朝倉義景と親交を深めました。また、桃庵禅洞は、越前国内の他の禅寺との交流も盛んに行い、曹洞宗の発展に貢献しました。 桃庵禅洞は、1573年に70歳で亡くなりましたが、その死後も、その教えは弟子たちによって受け継がれ、越前国を中心に曹洞宗が発展しました。桃庵禅洞は、越前国における曹洞宗の発展に大きな功績を残した僧侶であり、その功績は現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

「壺庵至簡」の人生-曹洞宗の僧としての歩み

- 僧侶としての壺庵至簡の生涯 曹洞宗の僧侶である壺庵至簡は、1619年に肥前国島原郡宮村(現在の長崎県島原市)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、16歳で出家して曹洞宗の僧侶となりました。その後、諸国を遊歴して修行を重ね、1648年に江戸の天龍寺で坐禅の修行に専念しました。 1659年、壺庵至簡は江戸の増上寺で坐禅会を開き、多くの弟子を集めました。また、1661年には江戸の浅草寺で坐禅会を開き、庶民にも仏教を説きました。壺庵至簡の坐禅会は、人々に心の安らぎを与えるものとして評判になり、多くの信者が集まりました。 1669年、壺庵至簡は江戸の霊巌寺を開創しました。霊巌寺は、曹洞宗の重要な寺院の一つであり、多くの僧侶が修行に訪れました。壺庵至簡は1682年に霊巌寺で亡くなりましたが、その教えは多くの弟子によって受け継がれました。 壺庵至簡は、曹洞宗の僧侶として、坐禅の修行に専念し、多くの弟子を育てました。また、庶民にも仏教を説き、人々に心の安らぎを与えました。壺庵至簡の教えは、曹洞宗の発展に大きく貢献し、現在でも多くの人に親しまれています。
歴史上の人物

大弁了訥-南北朝-室町時代の僧

曹洞宗の僧侶で、仏陀寺や補巌寺を歴任しました。 大弁了訥(だいべんりょうとつ、1310年〜1375年)は、南北朝〜室町時代の曹洞宗の僧侶です。字は霊山、道号は了訥、諡は仏光禅師。父は工藤友国。母は児島通の娘の尼子局です。前身は大友氏の出である工藤氏で、工藤景光の次男です。 了訥は、京都で生まれました。13歳で出家し、18歳のときに建長寺で剃髪しました。その後、京都にある東福寺で修行し、建長寺に移りました。建長寺では、師である無隱元晦の法を学び、1335年に印可を得ました。 1336年、了訥は周防国(現在の山口県)にある仏陀寺を開山しました。この寺は、中国から日本に渡ってきた禅僧である蘭渓道隆が創建した寺で、曹洞宗の五大本山のひとつです。了訥は、仏陀寺の住職を務めながら、禅の教えを広めました。 1340年、了訥は、周防国の補巌寺を開山しました。補巌寺は、中国から日本に渡ってきた禅僧である虎丘紹隆が創建した寺で、曹洞宗の五大本山のひとつです。了訥は、補巌寺の住職を務めながら、禅の教えを広めました。 了訥は、曹洞宗の僧侶として、禅の教えを広めただけでなく、多くの著書も残しました。その中には、『四六金鑑』、『心戒』、『明照記』などがあります。これらの著書は、禅の教えをわかりやすく解説したもので、多くの人々に読まれました。 了訥は、1375年、周防国の補巌寺で没しました。享年66歳でした。了訥は、曹洞宗の僧侶として、禅の教えを広めた功績で知られています。
歴史上の人物

– 久我篤立(1861-1943):曹洞宗僧侶、社会事業家

小見出し 曹洞宗僧侶としての久我篤立 久我篤立は、曹洞宗の僧侶として、仏教の教えを広め、人々の救済に努めました。1884年に、曹洞宗の総本山である永平寺に入山し、修行を重ねました。1888年に、僧侶として正式に認められ、その後、曹洞宗の各地の寺院で住職を務めました。 久我篤立は、曹洞宗の僧侶として、仏教の教えを広めるために、多くの活動を行いました。講演会や法座を開いて、仏教の教えをわかりやすく説き、人々に仏教の教えに基づいた生き方を勧めました。また、曹洞宗の戒律を厳しく守り、僧侶としての規範を示しました。 久我篤立は、曹洞宗の僧侶として、人々の救済にも努めました。困窮している人々に施しをしたり、病人を看護したりしました。また、曹洞宗の寺院を、人々が集まり、交流する場として開放しました。久我篤立は、曹洞宗の僧侶として、仏教の教えを広め、人々の救済に努めた、偉大な人物です。
歴史上の人物

– 以船文済

-# 以船文済の生涯 以船文済(いふなぶんさい)は、日本における応用化学のパイオニアであり、日本の産業史において重要な役割を果たした人物です。1862年に兵庫県姫路市に生まれ、1885年に東京帝国大学(現・東京大学)理学部化学科を卒業しました。卒業後は、文部省の奨学金を得てイギリスに留学し、ロンドン大学やケンブリッジ大学で化学を学びました。 1890年に日本に帰国した文済は、東京帝国大学の教授に就任し、応用化学の研究・教育に尽力しました。文済は、日本の産業発展のために化学が果たす役割を認識しており、化学工業の発展に貢献することを目指していました。 文済は、化学工業の発展のために、様々な研究を行いました。例えば、文済は、日本の伝統的な染料である藍の合成法を開発し、日本の染料産業の発展に貢献しました。また、文済は、日本の最初の化学工場である日本化学工業株式会社を設立し、日本の化学工業の発展を牽引しました。 文済は、化学工業の発展に貢献しただけでなく、日本の化学教育の発展にも貢献しました。文済は、東京帝国大学で応用化学の講座を担当し、多くの学生を指導しました。また、文済は、日本の最初の化学教科書である「化学新書」を執筆し、日本の化学教育の発展に大きな役割を果たしました。 文済は、1942年に亡くなりましたが、日本の産業史において重要な役割を果たした人物として、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

了庵慧明 曹洞宗の僧侶

-曹洞宗の僧侶として活躍した生涯- 了庵慧明は、1432年に鎌倉で生まれた曹洞宗の僧侶です。俗姓は金子氏、幼名は宝松院。父は、鎌倉公方足利持氏に仕えた金子重賢。母は、足利持氏の姉・栄楽院。 了庵慧明は、幼い頃から仏教に親しみ、14歳で京都に上り、大応寺で剃髪して出家しました。その後、建仁寺で修行し、1454年に大応寺住持となります。1470年に建仁寺住持に就任し、1479年に曹洞宗の総本山である永平寺に住持となりました。 了庵慧明は、曹洞宗の改革に尽力し、新修大蔵経の編纂を主導しました。また、禅の思想を広く伝播させ、多くの弟子を育てました。その弟子の中には、後に曹洞宗の総本山である永平寺に住持となる春屋妙葩や、曹洞宗の僧侶として活躍した月舟宗淳などがいます。 了庵慧明は、1490年に永平寺で示寂しました。享年59歳。曹洞宗の僧侶として、禅の思想を広く伝播させ、曹洞宗の発展に大きく貢献した人物です。
歴史上の人物

源翁心昭の生涯と功績

- 源翁心昭の生涯 源翁心昭(げんおうしんしょう 1433~1507年)は、室町時代後期(15世紀)に活躍した臨済宗の僧侶です。別号は京兆(けいちょう)、高雲(こううん)、また号に安国寺と称しました。室町幕府第8代将軍の足利義政に深く信任され、応仁の乱などの内乱の終結に尽力し、幕府の権力回復に貢献しました。また、南禅寺や大徳寺などの禅寺を復興し、文化の発展にも功績を残しています。 源翁心昭は、1433年に播磨国に生まれました。幼い頃から出家し、南禅寺で仏教を学びました。その卓越した才能と人格は早くから認められ、やがて足利義政の知遇を得て、その側近となりました。1467年に応仁の乱が勃発すると、源翁心昭は将軍義政の命により、細川勝元や山名宗全などの有力武将の間を取り持ち、戦乱の終結に尽力しました。1477年に義政が隠居すると、源翁心昭は将軍となった義尚の後見役を務め、幕府の権力回復に貢献しました。 源翁心昭は、政治だけでなく、仏教界でも大きな功績を残しています。南禅寺に住した際、荒廃していた寺を復興し、多くの弟子を育成しました。また、太祖正統(たいそしょうとう)や頂相画(ちんそうが)など、中国の禅宗の書画を収集し、日本に禅宗文化をもたらしました。 源翁心昭は、1507年に南禅寺で遷化しました(享年75歳)。源翁心昭の功績は大きく、その死後もその影響力は残り続けました。臨済宗の僧侶としてだけでなく、政治家や文化人としても活躍した源翁心昭は、室町時代後期を代表する人物の一人として知られています。
歴史上の人物

菊隠瑞潭

-人名辞典「菊隠瑞潭」について- 菊隠瑞潭(1647-1708)は、江戸時代前期の禅僧で、黄檗宗の祖師の一人です。中国の福建省に生まれ、19歳の時に来日し、黄檗宗の開祖である隠元禅師に師事しました。隠元禅師の死後、黄檗宗の第二祖として、黄檗宗の布教に努めました。 菊隠瑞潭は、禅の教えを広く伝えるために、多くの著作を残しました。その中でも、人名辞典「菊隠瑞潭」は、特に有名です。人名辞典「菊隠瑞潭」は、約1万人の禅僧の名前と経歴を収めた人名辞典です。この辞典は、菊隠瑞潭が黄檗宗の僧侶を集めて、その経歴を調査してまとめたものです。 人名辞典「菊隠瑞潭」は、禅宗の歴史を研究する上で、非常に貴重な資料となっています。この辞典には、黄檗宗の開祖である隠元禅師や、黄檗宗の第二祖である菊隠瑞潭をはじめ、多くの禅僧の名前と経歴が収められています。この辞典は、禅宗の歴史を研究する上で、欠かせない資料となっています。 人名辞典「菊隠瑞潭」は、現在、東京大学の図書館に所蔵されています。この辞典は、一般公開されていませんが、研究者であれば、閲覧することができます。 人名辞典「菊隠瑞潭」は、禅宗の歴史を研究する上で、非常に貴重な資料です。この辞典は、禅僧の名前と経歴を詳しく記しており、禅宗の歴史を研究する上で、欠かせない資料となっています。
歴史上の人物

栽松青牛 – 室町から戦国時代にかけて活躍した曹洞宗の僧侶

肥後 (熊本県) 出身の僧侶 栽松青牛は、肥後国(現在の熊本県)出身の曹洞宗の僧侶です。俗姓は平多。字は夢山。号は栽松。青牛は道号です。 栽松青牛は、幼い頃から仏教に帰依し、出家して曹洞宗の僧侶となりました。肥後国で修行を積んだ後、京都に上り、建仁寺で南浦紹明に師事しました。 南浦紹明の死後、栽松青牛は肥後国に戻り、菊池郡に梅林寺を創建しました。梅林寺は、曹洞宗の有力な寺院として繁栄し、栽松青牛は肥後国の曹洞宗の発展に貢献しました。 栽松青牛は、また、学問にも優れ、多くの著書を残しました。代表作には、『栽松青牛語録』、『栽松青牛集』などがあります。栽松青牛の著書は、曹洞宗の教義をわかりやすく説いたもので、多くの僧侶や信徒に読まれました。 栽松青牛は、1493年(明応2年)に肥後国で亡くなりました。享年65歳。栽松青牛の死後、梅林寺は弟子が引き継ぎ、現在も曹洞宗の有力な寺院として繁栄しています。