月神

歴史上の人物

阿閉事代- 日本書紀に現れる豪族

-阿閉事代- 日本書紀に現れる豪族- -「日本書紀」に登場する阿閉事代- 阿閉事代(あべのことがよ)は、飛鳥時代に活躍した豪族である。日本書紀にその名が登場し、聖徳太子の側近として仕えた人物として知られている。 阿閉事代の出自については、はっきりとしたことはわかっていない。しかし、阿閉氏という氏族は、河内国阿閉郡(現在の大阪府東大阪市)を本拠地とする豪族であり、事代は阿閉氏の出身であったと考えられている。 阿閉事代が初めて日本書紀に登場するのは、推古天皇12年(604年)のことである。このとき、聖徳太子が厩戸皇子(うまやどのうじ)として皇太子に立てられ、阿閉事代は太子の側近として仕えることになった。 阿閉事代は、太子の側近として、さまざまな重要な任務を担った。例えば、推古天皇15年(607年)に聖徳太子が遣隋使として隋に派遣されたとき、阿閉事代は太子の随行員として同行した。また、推古天皇20年(612年)に聖徳太子が十七条憲法を制定したとき、阿閉事代は太子の命を受けて、憲法の条文を起草した。 聖徳太子の死後、阿閉事代は引き続き皇室に仕え、皇極天皇の時代には太政大臣に任命された。皇極天皇4年(645年)に中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が蘇我入鹿を暗殺し、大化の改新が行われると、阿閉事代は改新の推進役として活躍した。 阿閉事代は、大化の改新の翌年に死去した。享年70歳であった。 阿閉事代は、聖徳太子の側近として仕え、皇極天皇・孝徳天皇の時代にも重きをなした豪族である。阿閉事代は、日本の歴史の中で重要な役割を果たした人物の一人であり、その功績は高く評価されている。
歴史上の人物

月読尊とは?記紀に登場する月の神様

-月読尊の役割- 月読尊は、夜を照らす月の神として、農耕や漁業、航海など、人々の暮らしに欠かせない存在として崇められてきました。 月読尊は、天照大神と須佐之男命の弟神であり、三貴神の一柱に数えられています。天照大神が太陽を司るのに対し、月読尊は月を司り、須佐之男命は海や風を司るとされます。 月読尊は、月の満ち欠けによって海の水位が変化することを司り、潮の満ち引きを操るとされています。また、月読尊は、月の光を浴びた植物が成長するのを助け、豊作をもたらすとされています。 さらに、月読尊は、夜の闇を照らす月の光によって、人々の安全を守るともされています。月読尊は、人々が夜道を歩く時の道案内役であり、旅人の守護神でもあります。 月読尊の役割は、人々の暮らしに欠かせないものとして、古くから崇められてきました。月読尊は、人々の安全と繁栄を守護する重要な神様なのです。