有斎

学術分野の人

「賀川玄吾」-江戸時代中期-後期の医師

賀川玄吾の生涯 賀川玄吾は、江戸時代中期から後期の医師である。1737年に、京都の医者の子として生まれた。幼い頃から聡明で、医学を志した。1755年に、京都の医学校である「医聖堂」に入学し、医学を学んだ。医聖堂を卒業後、京都で開業し、多くの患者を診察した。賀川玄吾は、蘭学にも精通しており、西洋医学の知識も取り入れた。そのため、当時の日本の医学界では、先進的な医師として知られていた。賀川玄吾は、1799年に死去した。享年63歳。 賀川玄吾は、多くの医学書を著した。その中で最も有名なのは、「解体新書」である。「解体新書」は、人間の身体の構造について解説した書物であり、日本の医学界に大きな影響を与えた。賀川玄吾は、「解体新書」の中で、人体を解剖し、その構造を詳しく調べ上げた。そのため、「解体新書」は、日本の医学界で初めて、人体の構造を正確に描いた書物となった。賀川玄吾の「解体新書」は、日本の医学の発展に貢献した。
歴史上の人物

青山忠高 – 江戸時代中期の大名

青山忠高 - 江戸時代中期の大名 出自と家督相続 青山忠高は、1641年(寛永18年)に江戸で生まれた。父は青山忠重、母は横田氏。忠高は、青山氏の嫡男として生まれ、幼少期から家督を継ぐための教育を受けた。 青山氏は、戦国時代には甲斐の国(現在の山梨県)を治めた武田氏に仕えた。武田氏が滅亡した後、青山氏は徳川家康に仕え、江戸幕府成立後は譜代大名として徳川氏に仕えた。 忠高は、1665年(寛文5年)に父・忠重が死去した後に家督を相続した。家督を相続した忠高は、幕府の要職を歴任し、老中となった。忠高は、老中として幕府の政治を担い、徳川綱吉の治世を支えた。 忠高は、1709年(宝永6年)に死去した。享年69歳。忠高の死後は、嫡男の青山忠裕が家督を相続した。